アイリス・ヴァン・ハーペン。王様はもう、裸ではない。

iris van herpen couture berlin

The Queen has left the building. McQueen, that is. And while I appreciate what Sarah Burton is doing with the brand, it has gotten softer since his departure. The fashion world needs something that is a little more fantastical, shocking and frankly…dark to get off on. I didn’t think I would ever find another brand to fill that void-and who am I kidding, I don’t know if I will-but Iris here is giving me fashion O-face.

And then when our industry is at a crossroads and “genius” tagged to the same copy-cat designs is being thrown around left and right, what are we to believe? Well, Van Herpen is definitely the real deal. In this case, ladies and gents, the emperor IS wearing clothes.

サラ・バートンがマックイーンのブランドを引き継げて、とてもほっととはしていますが、ブランドの雰囲気が少し柔らかくなったというのは確かだと思います。業界から失った、マックイーンが送りしたショッキングにファンタジックな世界観、取り戻せるデザイナーは現れないかしら?もちろん、マックイーンとまったく同じレベルまでいく人はいないだろうが、このアイリスさんの作品にあまりの感激で、こっちはパッションの極みに浮いている気分・・!

ファッションサイクルが早まるにつれて、「次の天才デザイナーここで、いや、そこで、・・」とわけわからなくなり、「オリジナル」というデザインが実は完璧なコピーという嵐が今の現実。だったら、何を信じればいいか、分かりづらい。全体的な答えはないのですが、これだけは信じてほしい・・アイリス・ヴァン・ハーペンは天才その物だ。今回は裸の王様、「実は服を身に着けている」と言えるわ。

iris van herpen couture

iris van herpen berlin 2011

iris van herpen berlin

iris van herpen young couturist

She is from the Netherlands and studied at ARTEZ, which is not a well-known school and I’m a little pleased that she didn’t go to St Martins or the Royal College Antwerp or one of those “supers”. It means she has inherent talent, I think. She actually did stints as an intern at Alexander McQueen before showing her own couture label in 2007. She has worked most famously with Bjork and has done exhibitions all around the world, including the Mememachine Gallery here in Shibuya in 2008.

I love the darkness and the odd uncomfort she brings to these designs- unsettling to the unfashion-trained eye at worst but magnificent at best. These photos are from her most recent couture show in Paris, in which she was specially invited, which was a selection of all of her past collections.

Wonder ful sure, but the thing that McQueen really shined at was showmanship-Lee knew how to put on a show. So yes, I spiced up the photos a little bit because the plain white wall was giving me eye spasms, but keep your own eyes focused and opened wide to take in the details (continued…)

オランダ出身の彼女は「セイントマーティンズ」やベルギーの「ロイヤルカレッジ」など、スーパー服飾大学を卒業しているのではなく、ARTEZというオランダのファッションスクールでMAを取得した。きっと、彼女のタレントは生まれつきなもんだろうな。実は彼女が一時期、アレキサンダー・マックイーンでインターンしてたのですが、2007年から自分のクチュールコレクションを出すようになった。若手ながらも、Bjorkやアーティストとコラボ、世界中のギャラリーにて展示を行っているなど、知名をあげている。実は2008年に、渋谷の「ムーミマシンギャラリー」でも作品を展示したらしい!

彼女の作品の放つダークネスと不慣れさはファッションに鈍い人には「無理」かもしれないが、磨けたセンスの持つ人には「素晴らしい」なはず。

ここでアップしている画像はついこの間、彼女は特別に招きされたパリクチュールコレクションで発表したばかりのショーより。作品は過去のコレクションから集結した。

んー、でもやっぱりマックイーンの大の強みは「プレゼンテーション」だった。毎回毎回、必ず、面白い見せ方でコレクションを披露していたね。それだけがこっちは欠けていると思います。だから勝手ながら、少し編集をさせていただきました・・目を凝らして素晴らしいデテールを堪能してください。(続く・・)

structure by iris van herpen

irisvanherpen creation

iris van herpen young couturieur

iris van herpen invited to berlin

iris van herpen takes a bow

The designer, right (we’re the same age! Good for her!) | 右側はデザイナー本人。実は同い年なの〜すごい!

www.irisvanherpen.com

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー