INTRODUCING BUGGY, WHO’S BLOODY NOSES ARE SO TRENDY RIGHT NOW. SO SAYS KATE MOSS, ANNA WINTOUR, TOM FORD….

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

ケイトモス、トムフォード、アナウィンターが鼻血!日本版のアンディー?!”バギー”の描くPOPかつシニカルな絵が注目を浴びる理由。

buggy-artist-japan-18
Buggy is the Japanese Warhol, turning fashion and music icons into saleable products, and he’s pretty damn good at it. His most famous series is “Icons”, where luminaries like Anna Wintour, Karl Lagerfeld, Iris Apfel et al are given bloody noses. 
 
Their expressions make it seem like they are completely oblivious to the bleeding spout though, which is disturbing  to say the least. If I were to analyze it, I’d say the fashion world is SO much a domed society that a thing such as a bloody nose is merely a triviality; it doesn’t matter. OR that if one person is getting a bloody nose, then everyone else will want a bloody nose, too! Because it’s cool to follow the crowd! Am i right?
 
今回の記事は日本人アーティストバギーについて。言うならばアンディウォーホールの世界観と似ている。

 
ファッション業界や音楽業界のアイコン達を売れるモノに変えることを、彼はすっごく得意としている。めっちゃ話題になったシリーズに「Icons」がある。かの有名なアナ・ウィンター、カール・ラガーフェルド、アイリス・アプフェルの肖像画に大胆にも鼻血を描いた作品。
 
この表現方法は鼻血を主張させたいのじゃなくて、少なからずメッセージを発しているわ。私的に解釈するとファッション業界は超丸っこい屋根を持った社会であり、鼻血も同じぐらい単純明快なモノ。全然オッケー。少し言い方を変えると。だれか1人が鼻血を出すと、他の人も鼻血を出したいって思うでしょう。だってみんながやってるとそれがクールってことになるのが世の仕組み。そうじゃないかな?(一種の風刺ね。)
 
buggy-artist-japan-17
Yayoi Kusama 草間弥生
 
buggy-artist-japan-11
Anna Wintour アナ・ウィンター
 
buggy-artist-japan-8
Jeremy Scott ジェレミー・スコット
 
buggy-artist-japan-20
Lanvin’s Alber Elbaz ランバンのアルベーエルバス
 
buggy-artist-japan-4
Duh, Tom Ford トムフォードなんだから
buggy-artist-japan-7
Buggy is from osaka and I met him there, he was telling me how he actually is deeply ingrained in the Japanese fashion scene. He regularly works with magazines like Numero Tokyo and he was just in Tokyo to paint at the Stella McCartney party. 
 
He’s been painting/drawing as a fine artist for 10 years although his POP-art seems to be getting the most attention. It’s funny how Andy Warhold only had to print faces of celebrities in pop-colors to cause a sensation, and now artists have to fight with each other to see HOW WEIRD they can force their subjects to be. If Andy were alive today to see this pandemonium….he would probably relish it.
 
 バギーは大阪出身だから私はこの前の滞在中彼に会ったの。彼は私に日本のファッションシーンにおける考えを事細かに根底から話してくれた。彼の主な仕事にはヌメロ東京版のような雑誌がクライアントのモノから、この前のステラマッカートニーのパーティーのときにリアルタイムでモデルの絵を描いたり、作幅広く手掛けている。
 
彼はファインアーティストとして10年間色々なモノをポップアートであることを念頭に絵を描いたりデッサンしてきた。おもしろい状況ね。かつてアンディウォーホールがセレブリティの肖像画をカラフルに描いたあのときそれはどんなにセンセーションなことだったか。そして今アーティスト達は自分自身が掲げるどう異彩を放つかという課題と戦い支配しなければならない。もしアンディーが生きててこの混沌の時代を目の当たりにしたら...彼のことならアーティスト達を応援するだろうな。
 
バギーからいただいたの言葉:

ファッションピーポーへの憧れとまた逆に蔑んだ気持ち(ファッションばかり語ると軽薄と思われがち)があると思います。その両面の感情を引き出す人々はやはり派手で目立つ人が多くキャッチーでアイコンになりやすいのでは。

僕の場合はデザイナーとか物を産み出す人が好きでKarl Lagerfeldとか Marc Jacobsとかの強さ、弱さが顔とかスタイル出てるのを見てると描きたくなりますw

 
buggy-artist-japan-12
 
buggy-artist-japan-13
 
buggy-artist-japan-14
 
buggy-artist-japan-15
 
buggy-artist-japan-10
 
buggy-artist-japan-5
 
buggy-artist-japan-3
 
buggy-artist-japan-2
 
buggy-artist-japan-1
 
buggy-artist-japan-9
 
buggy-artist-japan-6
 
とりあえずホームページをチェック。http://www.buggylabo.com
 
Asst editor Yosuke Hokita

READ SOME MORE! | もっと読もう!:

PHOTO SESSION WITH STYLIST-PHOTOGRAPHER KOSEI MATSUDA. LIFE THROUGH ANOTHER LENS.
スタイリストーフォトグラファー松田晃斉のレンズと通してのフォトセッション。 I love street snappers in Tok...
HEY TOKYO, LOOSEN UP! GETTING LOST AND CRAZY IN THE WORKS OF MIZO.
 ねぇ東京、ちょっとクレイジーになればいいじゃない!MIZOの作品で見る自由さ。 I look at this photo and I...
ITS INTERNATIONAL TALENT AWARD 2013 GIVES THE STATUE TO? THE YAKUZA, THE MEXICAN WRESTLER, THE SOUL ...
世界で輝く、12年目のITSアワードの受賞者はヤクザのコレクション?それとも侍?メキシカンレスラー?テーマパークの魂の?さ、今明らかになる!...
Pearls, Crystals and...Paper?! Jill Stuart and Katsuya Kamo's Super Unique Jewelry Collection
パールにビジューに…紙?!ジルスチュアート x 加茂克也のシュールなコラボアクセサリーは必見 Yesterday I talked a...

ここまで読んでくれたらシェアやいいねして下さい!レブログも歓迎。Tell me you read to the end! ↓

Pinterest

Leave a reply