a model wears infanonymous 2016 FW

このブログは、完全にミーシャの趣味趣向によるもので、ビジネスとは一線を引いている。だから、おもしろくないブランドや、主張とかセンスを感じないブランドを扱う事は無い。つまり、このブログで紹介しているブランドは、応援したいと感じているブランドで、中にはもっと注目されるべき!というものも少なくない。そしてそのひとつが今回取り上げるインファナニマス。福嶋達郎さんがデザイナーをしている日本のブランドで、クリエイティブなブランドに必要な全てを兼ね備えていると思う。=カリスマ性、ユニークさ、力強さ、そして才能。

2016秋冬コレクションは”顔”にフォーカスている。メンツを保つ、メンツを立てる、3年目の大切な時期と向き合う…このシーズンは成功するかどうかの分かれ目だと言われる。大きなオーダーを取れるか、自分のクリエーションの方向を固められるか。さて、インファナニマスは、節目である3年目にどう立ち向かうのか?

This blog is a labor of love, so I don’t mess around with boring brands who have no voice or sense of self. With that said, among the collections I write about, there are a few that I think deserve an extra heap of attention. One of those is Infanonymous, a Japanese brand designed by Tatsuro Fukushima. It’s got all the elements of a great brand in the making such as charisma, uniqueness, nerve and talent.

The Infanonymous 2016 FW collection was all about face. Saving face, giving face, and facing that all-important 3rd year hump. It’s where every new brand can make it or break it, when they get those big orders, and stick to their guns as creatives… or not. So now as Infanonymous enters its 3rd year, how do they fare?

infanonymous_2016_fw-13

 

 

福島さんは、ロンドンカレッジオブファッションで学んだ後、5年間デザインアシスタントとしてキャリアを積んだ。その後、自身のブランドインファナニマスを立ち上げたのが今から5シーズン前のこと。ブランドコンセプトはストリートウェア+ヨーロピアンデコの打破、ピカソ様並みのシルエットとシュールさ。そう聞くと、かなりアバンギャルドなのを想像すると思うけど、と同時に実際はすごくストリートでカジュアルな要素が強い。過去3シーズン分をまとめてチェックしてみて!どのシーズンも、今見てもわくわく心が躍る!

Tatsuro Fukushima studied at the London School of Fashion, and spent 5 years as a design assistant before starting his brand Infanonymous 5 seasons ago. His brand concept is streetwear with dashes of European decor, Picasso-worthy silhouettes and a big helping of surrealism. In theory, it’s quite avant-garde but in practice it’s still a bunch of street wear so it’s quite casual. Just look at the past 3 seasons, which I am still excited to look at:

 

Screen shot 2016-04-17 at 8.26.18 PM Screen shot 2016-04-17 at 8.25.44 PM Screen shot 2016-04-17 at 8.25.13 PM

インファナニマスは、三年目に突入した。この、3年という時期は、ブランドをやってくうえですごく重要な時期と言われる。5,6シーズン目までに注目を集め、バイヤーのオーダーをとるべく前進していかなければいけない。それは、ただ簡単に作れて売れる個性の無い服を作るのとは比べ物にならないプレッシャーが共なる、険しい道だ。言ってみれば、3年目まではそのブランドのコンセプトやデザインが、流動的に変化するマーケットの中でやっていけるのかどうか試されているということ。多くのブランドがこの壁を越えられず、つまらない、売るためだけの服をつくったり、トレンドを無視して残念な方向に進んでいったりする。

2016aw コレクションを見ると、インファナニマスはその3年の壁を越えつつあると思う。”顔”ニットトップスやスカートはユニークだし、ブランドらしさも健在。” ウェーブ”トップス、ボトムスはスウェットシャツみたいなマテリアルではなくて、100%ニット素材。赤と金のジャガードはなんと一日に80センチしか織り進められない貴重な素材で、100万円の値札が目に浮かぶ。デザイナーの福島さんは、その生地が高すぎると承知の上で、それでもなお可能性に挑戦した かったのだそう。ブラボー!

この服たちがぜひ、雑誌のエディトリアルに使われたらいいなーと思う。このホワイト背景のルックブックでは、服のかっこよさが引き出しきれていないと思うから。

インファナニマスが気になった方、 Fake Tokyo, Farfetch,  H. Lorenzoでお買い物出来ます!今は限られたものしか買えないけど、チェックすべき!

Infanonymous is now heading into its all-important 3rd year. It’s said that (in Japan), it takes 3 seasons for anyone to even look at your brand, and three years for good buyers to buy anything. By the time the 5th and 6th collection rolls around, designers are burnt out from trying to get attention and orders, and under immense pressure to abandon experimental designs and instead just make easy, sellable clothing. I consider this a test if a brand will be able to navigate the murky market waters and merge their design concepts into wearable clothing. Many brands fail… they become boring and flat and “sell out” OR they stay too out of touch with the fashion trends.

I think Infanonymous hits the sweet spot, with their 2016 AW collection. The “faces” in the knitwear and skirts is unique, yet still meshes well with its surroundings. The “wavy” tops and bottoms are full knit, and aren’t made of sweatshirt material like they seem in the lookbook photos (which would be too easy and a cop out, I think). The red and gold jacquard is made on a loom that can only produce about 80cm per day. As such, the pants and top outfit made from it comes in at a whopping 1 million yen pricetag. Fukushima knew it was too expensive to produce a lot of it, but he still wanted to experiment with the possibility. Bravo!

Hopefully, some of these clothes will get used in magazine editorials because the white background of the lookbook photos don’t do the cool clothing justice. Meanwhile, you can shop for Infanonymous at Fake Tokyo, Farfetch, and  at H. Lorenzo. In fact, there’s a few pieces available now, pick them up here!

www.infanonymous.com

Infanonymous 2016 Fall Winter :

infanonymous_2016_fw-15

infanonymous_2016_fw-14

infanonymous_2016_fw-11

infanonymous_2016_fw-10

infanonymous_2016_fw-9

infanonymous_2016_fw-8

infanonymous_2016_fw-7

infanonymous_2016_fw-6

infanonymous_2016_fw-5

infanonymous_2016_fw-4

infanonymous_2016_fw-3

infanonymous_2016_fw-2

a model wears infanonymous 2016 FW

 

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

READ MORE! お時間許すなら、もっと読んでね!