how to style a fashion show

ファション界の大イベント、NYファッションウィーク。ランウェイでの発表までの経緯はなんだろう?スペイン発大手ブランドDesigualの2016ssコレクションショーをスタイリングさせていただいた、私自身の体験談。(前半はこちら)

The 2016 SS clothes are hitting the shelves… and it’s time to reflect on the 20166 SS runway show I styled for Desigual at New York Fashion Week. Why did it take me so long to write? Well, this job was a DREAM and I would be remiss for not admitting that it was one of the most challenging but rewarding experiences of my life. How does one put that into words.. much less a “blog post”, which is something so….discard-able. Well, I`ve mulled it over, read my interviews, even read all of the internet’s comments on it (Duh, call me masochistic or just too Gen Y to consider internet comments off limits) and so finally here is my tale. Part 1’s intro is here, this is part 2 folks (but part 2 is more interesting IMHO.) Here we go!

Desigual_Sept2015_jkratochvil_7118

ランウェイ用にコレクションを再デザインするって?!

さて!ショーテーマとコーディネートが決まり、次はショーの細かなディテールと本番の準備へ!アクセ、靴、音楽、ヘアメイク、モデルなど…実はコーデよりも、その「ディテール」が大事になってくる場合も少なくない!

ディ テールを詰めていく作業がいちばん大変だったかもしれません。2度目のバルセロナ出張では、バッグやシューズ決めがメイン。シューズは、なかなかイメージ 通りに行くものがアトリエになかったため、ゼロから作ることにした。PVCを使ったレインブーツやオックスフォード、スポーツサンダルなど、「ファッショ ン」だけど「ストリート」感のあるものをデザインに落とし、製作してもらいました。また、かわいい靴下が豊富な東京で70ペアもの靴下を買って持って行 き、ミックスして使ったりと、足元には凄くこだわりました。

さらに、ひとつひとつのルック全てををもう一度見直してデシグアルの優れたテイラーに手直しをお願いした。例えば、ドレスの裏地をとって、完全にスケスケにしたり、Tシャツをビスチェにしたり、ミニスカートをロング丈にしたり…大量のアレンジを加えた。

どうしてわざわざ出来上がった既製服に手を加えるかって?

コ レクションというのは、”売る”ためにデザインされる。でも、ファッションショーをするとなったらそのまま見せても物足りなかったりするもの。ショーはメ ディアを通してプレスに注目してもらうことが目的。だから、オーディエンスを感動させるために、よりインパクトが、セクシーさが、エレガントさが必要であ る。手を加えなかったルックはないんじゃないかってくらい細かいところまで調整した。装飾ひとつだって、1センチの丈詰めだって、ルックを完璧なものにす るために全て必要不可欠だった。どんなに小さな作業でも、50ルック分となったら膨大!1ヶ月以上をも費やした。

Re-designing for the runway

Styling the collection, even if it was from hundreds and hundreds of pieces, was still easier than putting together the details. On my second trip to Barcelona, I needed to accessorize with the bags and then add shoes. Since the clothing was so varied in color, mood, theme and target “girl”, I decided to design my own shoes just for this runway. I wanted it to be cool street-ready, so I made rain boots, oxfords and sports sandals out of clear PVC plastic. Since Japan has the best selection of socks in the world and socks are worn with everything nowadays (hey, I welcome that trend; much better than feet hanging out all over the place IMHO), I bought like 70 pairs of socks in Tokyo of all different patterns to pair with them, too.

And then we had to re-design the collection. Wait, what? Yes, this was the most surprising part of my job, but the one I loved the most as it shows that there can be a difference between “clothing” and “fashion” and that the company understood that. For the clothes, we went through each and every piece and had the in-house tailors change the item to our need. For example, we might tear the lining out of a dress to make it see-through, turn a t-shirt into a bustier, make a mini-skirt into a long skirt, or add tons of embellishment.

Why exactly would we change a piece of clothing, you might ask?

Well, a collection is designed to be sold in-store but a fashion show is put on to get press from the fashion media. We change looks to make them more impactful, sexy or elegant so that they’ll leave a better impression on the audience for better or worse (everyone’s got an opinion). I`d say we adjusted at least one thing on most of the looks, even if it was just to add more applique, or make it fit better. This alone was a huge amount of work and took over a month to complete!

IMG_6956

 

アクセサリ

ショーのためにフォトジェニックな、何か新しいものを作りたいと思いました。それを大前提にアクセサリデザインに入りました。デシグアルのDIYとストリートのルーツを 出すために、デニムのパッチワークを用いて、ヘッドフォンやモヒカンを作った。最初、ラフスケッチ(大変ラフなスケッチで 汗)を送ったときにはまさかそのまま再現することが可能だとは思ってなかった。でもバルセロナで活動するアクセサリデザイナーのAdriana Tousはミーシャが思い描いた通りのものを実現してしまったから感激した!彼女の手にかかればミラクルが起こる。(しかも特別にミーシャにプレゼントも くれた。ちゃんと機能する世界にひとつだけのモヒカンヘッドフォン!宝物です。) 彼女の活躍は、このショーの成功の大きな糧となった。経験上、最初のア イデアが盛り盛りすぎたりして実現困難なことが多いから今回はいい意味で裏切られた。ミーシャのアイデアを実現するためにみんなが努力してくれて、微妙 だったら切り替えてすぐ次のアイデアへ移る。才能あふれる人材がたくさん助けてくれたおかげで、とても仕事がしやすい環境だった。

おまけに ネジやボルトのブレスレットとか、シャツやパンツ、セーターで作ったターバン帽もデザインして制作をお願いした。ミーシャはバルセロナで完成に近づいて行 く課程をリアルタイムで全てみれたので、あとからここが寂しいとかもっとあれが必要とか、どんどん出きたときに、素晴らしい制作チームのありがたみ が身にしみた!なんていったって50ルック分だから、凄まじい量だもの。

Accessories

I wanted to design some totally new, photograph-ready accessories. In fitting with my theme (more on that below), I wanted to incorporate a New York City vibe along with the roots of the brand, which was in denim. So I designed headphones and hair wraps, standing up to look like spiky mohawks. When I sent the rough sketches and inspiration board to the team, I really didn’t think it would be possible to complete- but Barcelona-based accessory designer Adriana Tous made them all EXACTLY how I wanted it. She was a miracle worker! (and as a gift she made me the only pair of working mohawk headphones! They are my TREASURE). That’s the thing about this project that was so incredible; while I have often worked on jobs where an idea was “too much” or “too hard”, on this one, no idea was ever shot down. There were so many talented people around me, all I had to do was say the word and they tried their best to get it done. And then, if something  didn’t work out, then it was no harm done and we moved on.

I also designed bracelets with nuts and bolts and beach turban hats made out of shirts, pants and sweaters. And since I was in Barcelona I could see it all being made and be a part of the process at every step. For over 50 looks, it was a TON of work and I`m so happy to have had such an amazing team!

Desigual_Sept2015_jkratochvil_6821

IMG_5722

Desigual_Sketch9

ヘアメイク、音楽、モデル

いよいよ、3回目の出張は現地ニューヨークの作業場に到着!アクセサリや洋服を全て出し、並べ、最終チェックをする。運命の日が間近に迫っている事を実感してミーシャの胸は緊張と興奮で溢れた。

さ て、音楽!音楽はランウェイにとって必要不可欠。つまらないBGMとか、服にあってないものは本当にショーの損をしてします。逆に、良いBGMはショーの 一つのネタとなり、メディアに流されるチャンスでもある。私が選んだ音楽は、90年代のものかそれっぽいもの。ガールズバンドのロックなのを集めたりして 作ったプレイリストは完璧にショーとマッチした!どうしてもロック寄りのポップスにしてく、90年代代表のBlur “Song 2”などをフェィナーレに流してもらった。最高にイキイキとしたBGMだったはず!他に、Cansei de Sexy,  や Le TigreのTKO などもミックスしました。

次 はヘアメイクとネイル!これもまたすごく大事な要素。ヘアはヘッドフォンやターバンが固定しやすいように、モデル達が自分でやったような、ランダムで大き めの三つ編み。メイクはシンプルなキャットラインとオレンジリップ、クリーンな肌でまとめたモダンなストリートスタイル版エレガント!

ネイ ルについてのミーシャのアイデアは最初、デニムで覆ったネイルチップだったんだけど、参考になるものをネットで探しても見つからず…。MACのネ イルアーティストのKeri Blairが「難しいから誰もやってないんだよ」と笑いながら言った。でも、とにかく挑戦してみよう!と言ってくれて、しかもなのと…実現までしてくれ た!デニムダメージ加工をしたりして、さらにかっこよく。いつもより良いものを求めた。ジオメトリックなカラーブロックは、一緒にセットと招待状デザイン をコラボさせていただいたアーティストLauro Samblas からインスパイアされたもの。彼の作品らしく、紙をランダムに切って作った。

本 番の前に、まずは大事なモデルオーディションの日が来た。2日間で150人ものモデルを審査して(一日目だけで100人!)くたくた。1日に8個 のオー ディションをまわるモデルとか、本当に意味が分からないくらい大変だと思う!(汗 モデルは簡単に見えるが、大変なこともありますよ)。ミーシャは、いろ んな個性を持ったモデルが次々と登場するようなランウェイにしたかった。だから、ファンキーヘアーとか、タトゥーとか、独特の空気感とか独自のスタイルを もったモデルを探した。デザイナーのなかには、洋服の邪魔をしないようにと、マネキンのようなモデルを好む人もいるけれど、デシグアルはカジュアルブラン ドだし、みんなが思わずカメラを構えたくなるような ニューヨークスタイルのモデルが欲しいと思った。最近は髪に色を入れてるモデルが増えてきてるから、個性派のモデルも結構いそうと思うでしょ?それが実際 はめちゃくちゃ大変だった!最終的にブリーチしてるモデルは二人だけ見つけた。髪を染めてるモデルのなかでミーシャの推しはChloe NoergaardSita Bellan。クロエはヘアカラーのパイオニア的なモデル。シタはアップカミングモデルとしてヴォーグにも取り上げられるなど、今注目されている若手。 (ブロンドヘアのかわい子ちゃんとしてリアーナのBBHMMのMVに出てた人よ)

ふ たりのようなエッジィなモデルとの仕事はすごく楽しかっ た!もちろん、他のモデルもひとりひとりがかけがえの無い存在で、ひとりでも欠けたらショーは完成しなかった。みんなバックステージでいっぱいいっぱいに なっているミーシャに声をかけてくれたり、仕事ぶりを褒めて励ましてくれたり、とても力になった!いろんな言葉をもらったけど、モデルの「このジャケット 欲しい!」がいちばんの褒め言葉だったりして 笑。

Preparing for the show

Arriving in New York in our work loft, seeing all the looks and accessories getting unpacked made me both really nervous and excited concurrently; the reckoning day was near! Now it was time to get into the nitty gritty of putting on a show that is meant to entertain a hugely important (and usually hugely jaded) audience. First, we had to figure out the music. I wanted 90s or 90s-inspired music, especially some girl bands and rock music that was heavy on the grrrl riot genre and even modern new wave. The playlist was awesome: Le Tigre’s TKO, Cansei de Sexy, Dandy Warhols, and a finale that was a 90s opus, Blur’s Song 2. I couldn’t have asked for a cooler or more pumping set of music! Fashion and music are intrinsically linked, and a boring play list is really a downer. On the flip side, the BGM could be what puts people in a good mood for the rest of the day…thus fondly remembering our collection.

Next up, hair and makeup.  The braids came from my own style in the 90s, and since many of the looks had to change out for headphones or turbans, it was logistically easy to have them in braids. To make it interesting, we had them in totally random thicknesses and imperfect, like the girls did them themselves and didn’t care about looking perfect. And since the clothing already has a personality of it’s own (that’s an understatement), we didn’t want to go too wild on the makeup. The makeup was a simple black cat eyeliner, orange lips and clean skin, in a modern street-style elegance. …yeah, kind of like the makeup I do on myself daily.

The nails really were amazing though. I got the idea to wrap each nail tip in real denim, but when I searched the internet for references I couldn’t find any! MAC nail artist Keri Blair told me, “That’s because it’s TOUGH to do, girl!” But she wanted to try anyway, and she somehow made it work. We even created individual spots of “damage” on the denim and let it fray in places. The colored geometrics were cut out of paper and inspired by none other than collage artist Lauro Samblas’ work for the runway and invitation design. I was so honored to work with Lauro and his work is beyond beautiful. Check it out here.

Next…the most important thing other than the collection itself…our models. DUN-DUN-DUN. We saw about 150 girls in two days, 100 girls on the first day alone! If it was that tough for us, I actually can’t imagine what it must be like for the models who have to do a dozen of those a day. It ain’t as glamorous as it looks, as those of us in the industry already know. And despite coming all the way to our audition and getting only 30 seconds to impress us strangers, only 30 make the cut.

I really wanted a variety of models, especially ones that had their own “style” like some funky hair, tattoos, or a cool attitude. Some designers prefer to have blank canvases, but since this is a casual-clothing brand, I wanted to show a more varied snapshot and a city girl. You’d think that with the popularity of colored hair now that it would be easy to find some models with dyed hair, but in fact it was incredibly tough. The agencies want their girls as “normal” as possible, and the girls just want to book as many shows as they can so will comply. In the end, only two girls even had bleached hair and as for colored hair I specifically requested Chloe Noergaard and Sita Bellan. Chloe was the first girl to inspire the colored hair trend in the first place, and is one of the coolest and most professional girls I have worked with. And then Sita is already on Vogue’s list of next biggest models (and she was the bad-ass blonde in Rihanna’s BBHMM music vid). It was so much fun to work with edgy girls like Sita and Chloe, but to be honest every single model was so important to making it all go great. In fact, some of the models even helped me calm my nerves backstage or tell me how great I was doing (which actually helps to hear a lot!!). It also helped when models were like, “I want this jacket!”.

IMG_6803

Lauro Samblas collage work

Desigual-backstage-spring-2016-fashion-show-the-impression-38

IMG_6954

IMG_6953

Denim-wrapped nails デニムネイル

IMG_6764

 

ランウェイ特用ショーピースとは

見 所がたくさんあったことも、このランウェイが大成功をおさめられたひとつの要因だと思う。”売れる服” では決してなかったけれど、ブランドに興味をもってもらうには最高の演出が出来たと感じてる。ショーの最後には、2体の”ラストモデル”を用意した。ラク ロアのデザインした服をアレンジして、1体はマニッシュ、もう1体はオールホワイトのフェミニンなスタイリングに。2体目のサテン素材のジャンプスーツは まるでウェデングドレスみたいだった。デシグアルの強みは”カラフル”だけじゃない。”グラフィック”も大事なDNAとしてブランドを形成するパーツのひ とつ。だからミーシャは今回そのグラフィックに着目して、ラクロアの生み出すモチーフが白黒のキャンバスの上でどれだけかっこよく輝くか、それを見せる事 に力を入れた。マニッシュルックの方では、ラクロアの手がけた赤いコートの裏地の重なりがすごくクールだと感じたから裏表逆にして、そこにさらに、たくさ んのピンやネジ、ボルトやビーズを装飾した。(あのコート自分のものにしたい!) このラスト2体は特に自信を持って世に送り出した。フォトセッションではこの2体がリクエストされフォトグラファーのフラッシュを沢山浴びた。(これが今 の時代、凄く大事!)選択肢 アンチテーゼ フォトオープン

Runway pieces

One of the great things about a runway show is that we actually have a lot of wiggle room when it comes to what we show on the catwalk. It may seem antithesis to sales, but in fact showing creativity can go a long way to making a brand more fun and interesting. For our show, I designed two “finale” pieces, mostly created from the clothes that Mr Lacroix had designed. One of them was a “mannish” look, and the other a very feminine look in all white, like a “wedding” dress. In fact it was a jumpsuit made of satin. The brand is not short on colorful outfits, but graphics are also a big part of its DNA so I wanted to emphasize how cool Lacroix’s motifs were on a black and white canvas. For the mannish look, I took a red Lacroix-designed coat and turned it inside out since the lining was so cool. We then added lots and lots of pins, nuts, bolts, and beads (I really want to keep this coat!). I was super proud of these two pieces, and admittedly, they offered an awesome photo-op for the photographers (the whole point of it all).

IMG_5779

IMG_5719

designual-mairannybatista

desigual-spring-summer-2016-nyfw46

ショー当日!

ショー 当日はショーだけだとおもったら大間違いかも。早起きして朝から世界各地のマガジンにインタビューを受ける。スタイリングなどの服の準備は前日までにほぼ 終わっているため、この日のミーシャの仕事はバックステージに取材で入るメディアに、できるだけたくさんコレクションについて話す事。その中には有名な ファッションアイコンのアイリスアプフェル(Iris Apfel) もいた。彼女はコレクションのカラーリングやストリートスタイルの取り入れ方が素敵!大好き!と褒めてくれた。彼女がショーに足を運んでくれたなんて、感 激。一番ビッグなゲストだったことは間違いない。ファッション界の女王級。人ごみやうるさい環境の中でも、ゆっくりとファッションについて話してくれまし た。その内容はまた今度…笑。

スタートからフィニッシュまで、約15分。こうして迎えたランウェイショー当日を、私たちは無事に乗り 切った。だって、短い間のショーのために長い時間をかけてスタイリングを組んで、パッキングし て、船で送って…準備に準備を重ねてきたからね!見ている側になかなかわかりづらい、たおとえばカラフルな服もPVCのブーツ、アクセサリーのビーズ の色なども全部、ひとつひとつにストーリーが詰まっていました。

The day of the show

The day of the show was not just about the show itself… Lauro and I woke up bright and early for a number of interviews with magazines around the world. Since the styling and all of the tailoring was basically done, my job was to try and talk about the collection as much as possible with the media backstage. One of the coolest guests backstage was Iris Apfel. She told me about how much she loves color, and how drab the streets have become (PREACH!). It was truly an honor to have her at the show, and I must say more people wanted to meet her than any of the other backstage guests we had- she’s just got the power of style!

And then 30 minutes past the scheduled start time, everyone was finally in their seats. The models all lined up. I told them their “attitude” they were to take: “Cool, but not snobby, PLEASE! Just have fun!” From start to finish, the whole thing was like 13 minutes. And then it was time to take a bow backstage. I would be lying if I didn’t say I was crying. There were absolutely no problems, everything went as smooth as silk. While it took that long to put together, we were packed up and shipping out of the venue in a whirlwind of juicy colors, European kisses and PVC boots within 30 minutes of the show finishing.

desigual_retoys-back_interview_1

Getting interviewed by Marie backstage 当日バックステージでマリエにインタビューしてもらった

gisele

gisele2

Interviewing Iris Apfel backstage. 写真は雑誌のGiseleより。Photo Credit : Mayumi Nashida ©Shufunotomo.,co.ltd

 

ファッションは生き物だ

ショーの完成には2ヶ月半をかけた。その期間でスタイリング、アクセサリ制作、フィッティング撮影、ランウェイで一体ずつの撮影、ランウェイの美術、さらには大量のインタビューまでこなす激動のスケジュールをやり遂げた。

何 が一番心に残ってるか?という質問の答えは難しい。それは、夢に見たNYFWの”中”に自分がいたことであり、一緒に本番に向けて歩んだ才能あるチーム と出逢えたことであり、パワフルな大アパレルブランドと仕事ができたことであり、バルセロナという美しい都市に短期間だけど住めた事でもある。ミーシャは ただのスタイリスト。デザイナーではない。だから、今回のコレクションについては見た人によって色々な意見や解釈があると思う。今回、外からスタイリスト を迎えるというのは、デシグアルにとって新たな挑戦だったわけだけど、きっとこれからも彼らの挑戦は続くだろう。ブランドは変わらず太陽の様に明るく朗ら かなまさにバルセロナを形にしたようなイメージ。それはミーシャらしいスタイルとはちょっと違うイメージだけど、でも今回の仕事をやると決めたのは「服の 着方はいくらでもある」ことを見せたい、知ってもらいたいと思ったから。この経験はミーシャに新しい視点やファッション業界に対する洞察力をくれた。ま た、今のミーシャは何を知っているのか改めて考えるきっかけも。そしてたどり着いたのは、ファッションは浮ついたものなんかじゃない。立派な世界を確立し ている。それはライフスタイルであり、多くの人の人生を成すもの。その歯車のひとつになれたことを、心から幸せに思う。コレクションの全ルックはこちらご覧ください!

 

It continues on….

Altogether, it took over two and a half months to put the show together. We accomplished the styling, creating the accessories, fitting shoot, runway and invitation shoot, art for the runway, and tons of promo and interviews in between.

I don’t know what was most exciting; seeing my vision come to life at NYFW, seeing how much can be accomplished when a team is talented, working for such a huge and powerful brand, or even just being able to live in a beautiful city like Barcelona for a while. I`m just the stylist and not the designer, therefore there will be many interpretations of the brand, and mine won’t be the last (although it’s my favorite!). The brand is still what everyone knows it to be, the fun, sunny brand from Barcelona. I just hoped to show that there are many different ways to wear the clothes. The experience has given me new insight into the industry and also confirmed what I already know; fashion isn’t just fluff; it’s a world, a lifestyle and a way of life and career for many people and I am so happy to be a part of it! Please see the whole collection here and see everyone next season.