dakota rose

In the newest issue of Numero Tokyo is a fascinating interview between legendary photographer Yonehara (Yone-chan) Yasumasa and Dakota Rose (Dako-chan), the 16 year old American who dresses in “princess” lolita clothing. Discovered on YouTube, she is like this generation’s Leah Dizon, but in a hard-core otaku way that fits in with the huge success of the “kawaii” trend today.

現在発売中のNumero Tokyo最新号(7、8月合併号)で掲載されている非常に興味深い対談について。その話し手はお馴染みフォトグラファーのヨネちゃん(米原さん)と、アメリカから来た16歳の女の子Dakota Rose(ダコちゃん)。この姫系ロリータの衣装に身を包んだダコちゃんは、YouTubeで人気が出た所謂ポスト・リアディゾンのようなネットアイドル。彼女は、16歳にして完全なるセルフプロデュースによるスーパーハードコアなオタク感で世界中に”カワイイ”旋風を吹かせている。
 numero tokyo july 2012
The “Kawaii” issue
「カワイイ」をテーマにした最新ヌメロ東京
The entire interview Yone-chan is telling her what it’s like to be in Japan and Dako-chan spends the entire length of the text saying “Really? For real???” In total culture shock. I read the entire thing intently and came out of it actually feeling a sense of  understanding her completely, but I kept switching between both her American way of thinking and the Japanese way as it progressed.
Yone: “You’re going to dress like this forever?”
Dakota: “Maybe til I`m 25 or so”
Yone “You know in Japan, you could dress like this forever and the guys would still be head over heels for you.”
Dakota: “Whoah, really??!”

インタビューでは全編に渡りヨネちゃんの”日本ってこんなところ解説”とダコちゃんの”Really?For real?”の繰り返しなのだが、読み進めるうちにダコちゃんに妙な親近感を覚えてしまった。日本の”カワイイ”について、日本人としての理解と、アメリカ人としての理解が入り乱れている、って感じ。特に中盤で、ヨネちゃんの”その格好をいつまで続けるか”という問いに対して”25歳までかな…”という現実的に答え、それに対してまたしてもヨネちゃんが”でも日本では何歳になってもその格好をしていたいと思い、そして男性もそんな女の人を理想としてるんだよ”と説明した時に心の底から”え~、うっそ~!!?”と驚くシーンには腹を抱えて笑ってしまった。 

I laughed. Because I see why Dako-chan wouldn’t want to dress like this forever. As an American we are taught to dress older, stronger, sexier from a young age and there is no room for childishness. In Japan on the other hand….cute til you die is OK. This is a culture that I think is really inherent only to this country…and it may be difficult for a them to understand Dakota’s honest surprise, as much as it was for her to get theirs. You know girlfriend has likely gone through some hardships dressing the way she does in the US.
何が面白いのか、それはダコちゃんが実際現在身を包んでいるファッションには期限があると捉えていること。アメリカでは理想の女性像はいつの時代だって”強く”、”セクシー”で、そこに”少女性”なんてものは微塵もないから。その一方で日本では、”可愛く”いることに年齢制限は無い。実際この文化は世界中のどこを見たって日本でしか存在し得ない独特の文化なのだ。もっといえば、ダコちゃんはきっと、あのカワイイ服装のせいでアメリカで差別を経験しているはず。
tokyofashion.com
Kawaii fashion today, as seen on snap portal site TokyoFashion.com
海外で人気スナップサイトtokyofashion.comで見る原宿カワイイ系ファッション
Thanks to the extreme popularity of cuteness and cartoonishness in Tokyo street style, recently I have come to embrace it for it’s fun take on what is usually “serious” fashion. It’s silly, fun and colorful. What’s not to like?! So as I have gotten older, I actually feel like I`m getting younger! Is this good?  Well: when I go overseas I`m faced with a dilemma… do I dress like a proper fashion-conscious girl? More skin, more “mode”, less craziness, more mature? Or, do I just transplant what I would wear here there? In the end I go for the latter…with some compromise. I always get the feeling that they don’t really “get” where I`m coming from style-wise though. I’m not Japanese so it’s not so easy to “get” at first sight (Until I say I live in Tokyo and they’re like, “ohhhh”). Because you have to be deep in the scene here to really understand how normal it can be. Over there I`m probably like a cartoon character.
私自身東京に来たばかりの頃こそ戸惑ったものだが、今となっては豊富な”可愛い”資源や”マンガみたいな”資源のおかげでこの文化を十分に享受出来るまでになった。そうして考えてみると、この文化においてファッションは、”シリアス”なものではなく”楽しい”ものとして捉えられているように思う。いつもどこか馬鹿げていて、楽しくて、そしてカラフル。そうして私はついに、”歳をとるほど若返る”環境を手に入れたのだ。なんて魅力的!!
……ん?ちょっと待って。でもそうなってくると今後、ひとたび日本から外に足を踏み出ることがあった時に困ってくる。もしこの”可愛い”スタイルが、真の意味でファッションコンシャスなモードとしてこの格好をしているつもりでも、この文化を知らない人たちの前ではただ単に異文化にしか過ぎない。そしてその異文化感覚を打ち破るに足るほどの感覚が植え付けられているかというと、正直自信もない。だからこそ、その二つの文化の狭間にいるアメリカ人としては、完全に慣れたつもりでいてもふとした時にルーツの違いを感じてしまうのだ。このままの格好じゃ、海外に行った時にアニメのキャラクターにしか思ってもらえない (日本人の顔をしていないのでもっと難しいなぁ。「東京に住んでいます」といえば、「ああ!なるほど。」、と少し理解してくれるけど。)
misha in milan
Trying to be chic in Milan
ミラノでシック勝負
So this brings me to the opposite end of the spectrum: mode.
If Tokyo street style is cartoon and kawaii, where did the “mode” (chic, high-fashion) go?
….It’s on the gyaru.
Can you believe it!? What a 180 degree turn!
Just last year a new street style magazine was born from the same family as Fruits, Tune and Street. It’s called “Ruby” and it follows the stylings of uber fashion-conscious gyaru.
ということで、最近はもっぱら原点回帰してモード思考になっているのですが、東京の可愛いファッションのメッカが原宿なら、東京の本当にモードはどこから発信されているのか?これが、ウソだと思うかもしれないが、ギャルの子達なのだ。

 

!!!!!!今までのイメージでいうギャルファッションとモードファッションは、全くもって正反対の性質を持っていたわけですが最近はこの二つのスタイルがどんどん接近している模様で、昨年には人気ストリートスナップマガジン”FRUiTS”、”Tune“の姉妹マガジン(厳密にはFRUiTSの別冊として創刊されたのだが)としてファッションコンシャスなギャルにスポットを当てた”.RUBY”なる雑誌まで発売された。
ruby magazine
ruby magazine street shotShe’s kind of a mix, but her gyaru makeup and LV bag give it away.
この子は少し原宿系もミックスしているが、やっぱメイクとあのバッグで「ギャル」って証拠。
And you can’t forget the brands that helped create this “mode gyaru” trend; EMODA and MURUA, both 109 brands. Now I will be the first to admit that both Murua and Emoda are quite excellent. I am a big fan of Murua and Ogihara Momoko, the “face” of the brand. If this were anywhere other than Tokyo, then Momoko would be junior editor at VOGUE by now. Girlfriend has STYLE!! Always on top of the trends. And she got Kate Lamphear to style her new collection. A force to reckon with!
そうしてこのトレンドの発信源となっているのが、もちろんそこは変わりなくギャルの聖地109。
EMODAとMURUAを筆頭株として、最近のギャルブランドはどんどんハイファッション化を遂げているのだ。正直この二つのブランドのファッション感度の高さについては評価せざるを得ないし、特にMURUAブランドの顔オギハラ モモコさんは個人的に大ファンだと公言出来る。彼女は本当に素晴らしいファッションセンスとトレンド感覚の持ち主で、これが東京でなかったらローカル版VOGUEのエディターにでもなっているんじゃないかとさえ思える。(ちなみに、今回発表されるMURUAの新作ファッションショーではあのケイト・ランフィアーがスタイリングを手がけるとのこと。ス、スゲェ!)
momoko ogihara
momoko ogihara MURUA FNO 2011
During Fashion’s Night Out last year. Above photos from Momoko’s blog
ツーショットは去年のFNOより。上の写真は桃子のブログから
Now, I hope “mode gyaru”  doen’t fall too much into “blogger style” i.e. Rumi Neely and her ilk because that’s just far too casual to be interesting, but if these mode gyaru keep it up then I am going to have to be a more vocal fan.
I personally prefer a more creative, avantgarde look which is why I drift toward the “kawaii harajuku” aesthetic, but I do love me some 109 every once in a while (One Spo is cool!).
今後こうしてファッションに対して俄然強め(ギャル語、らしい。)の姿勢を保ってくれたら本当に頼もしいな、と思う。これが今後、カジュアル一辺倒な”海外ブロガースタイル”に変貌しないことだけを祈る。もちろん、未だに原宿から発信される可愛いスタイル含め、よりクリエイティブでアヴァンギャルドで創造性の高いスタイルは尊敬に値するけど、その一方で109に行くとアガるのもの事実。 

onespo shibuya mode gyaru
With that said, the genres are still pretty segregated. I don’t yer hear Harajuku kids clamoring over EMODA’s newest collection like they would for, say, Christian Dada. It’s just amazing to see how Tokyo style has flipped. I wonder what’s going to happen next??
TL;DR… I can haz 109?
ここまで言っても、やはり原宿キッズの間ではまだ109ブランドの人気にそんなに噛み付いてないよう。やはりジャンルというか、ライフスタイルが違いすぎるからかしら。でもま、こうして新しく発展したギャルファッションの勢いに感心するも、やっぱり気になるのは”じゃあこの次に来るのは?”ということ。東京スタイルに終わりは無い。
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー