銀座交差点。8月。19時48分に振り返って思うこと。ファッションはデモクラシーではないこと。

ginza-aug748pm-1

Ginza, 7:48pm Aug.

I remembered the time I nearly amputated my feet in Ginza. It was my first time to visit the glitzy neighborhood over ten years ago and I was still a teen and merely a windowshopper to the fashion world-both literally and figuratively. I wanted to soak in the luxury and sink into the glamour as naturally as possible. So I put on something classy and black, and strapped on a pair of the only dressy shoes I had, some strappy mid-height stilettos…
 
 

8月の銀座 19時48分

私は危うく足を”切断する”ところだったことを思い出した。それは10年以上昔のことだけど、初めてこの煌びやかな街へやって来たときのことだった。そのとき私はまだ 10代だったし、ファッションに関しても、流れるショーウィンドウにただ夢を膨らませていただけだった。私はできることなら贅沢に浸って、できるだけ自然にグラマラスな世界へと沈んで行きたかった。そこで私は高級感のあるエレガントでファッショナブルなものを身にまとい、私が持っていた唯一のドレッシーなシューズ、ピンヒールストラップの靴紐を結んで、黒で統一させてみた…
 
 
ginza-aug748pm-2 
I was merely out for a stroll and had no real  X -marks-the-spot destination—so I just walked. And walked. And kept going…from Chanel A to Chanel B and around again. And what would you know…my feet were a bloody mess. Those shoe straps were like fish knives flaying the surface of my foot. I mustered up some adrenaline trying to get back to the subway. At the time there were no Uniqlo, Forever21, H&M or Abercrombie to buy flip-flops at, just Louis Vuittons and Guccis but I didn’t want to bleed out on their European carpets. I limped home and chided myself for being a bit naive, but I felt better in those heels than I would have in any others. They weren’t designer but I knew then what I know now; it’s the look that counts. It all cuts and coddles in the same way.
 
私はただブラブラと散歩に歩いているだけ。ここに行こうという確実な目的地も無く、ただ歩いた。ひたすら。Chanel A から Chanel B まで歩いて、その辺りをぐるぐる回って、戻ったり来たり。私が何をみなさんに伝えたいかというと、このとき私の足は、すでに歩き過ぎて血まみれだった。靴紐はまるで魚用のナイフのようで、足の表面を激しく剥ぐような感覚だった。私は体内のアドレナリンを必死にかき出すように努めて、どうにか地下鉄まで戻るようチカラを振り絞った。その当時はユニクロも Forever21 も、H&M もアバクロも無くて、手軽なビーサンを手に入れることさえできなかった。Louis Vuittons と Gucci はあったけど、でもさすがに血まみれの足で入店なんて… 。私は結局足を引きずって家へと帰った。それからちょっとナイーブだった私自身を振り返り反省した。だけどそれでもヒールを履いている方が、持ってるスニーカーを履くよりも気分が良かった。あのヒールはたぶん、ブランド物ではなかったが、今も当時も理解していたよう…それはファッションは名よりイメージということだ。そりゃ痛い目にあったりするのは当然。
 
ginza-aug748pm-3
Standing at the main crossing in Ginza today, I was amazed at how democratic the neighborhood has become…people of all walks of life crossed when the light turned green, not just pampered madams or bored OLs. I was in heels this day, but my feet were unscathed. There was no time to windowshop though, I was on my way to a work appointment. I was once on the outside looking in, now I’m the one on display. 
 
今日銀座の中心の交差点に立っていて、私はこのあたりがとても民主的な感じに変わっていたことに驚いた。信号が青になると同時に、それぞれの夢を抱き、生活を抱く、たくさんの人々が交差していく。満ち足りたマダムたちや、お小遣いぶんぶん OL たちだけでなく。そのときやっぱり私はヒールを履いていたけど、でも大丈夫。今回は無傷だった。今ではウィンドーショッピングする余裕も無く、私はミーティングへと足を運ぶ。かつてはガラス越しにただ、中をぼんやりと眺めている私だったけれど、ふと気が付くと、今となっては逆に外側から見られる存在になっていた。
 
Asst editor Yoshi Peter