NYコレの大御所ショーのバックステージってどんな感じか?!トミーヒルフィガーのSS 2014年で潜入!

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-12

Arriving early to the Tommy Hilfiger show meant I basically had my own private beach. There were sand dunes, a boardwalk, and surfboards dotted the landscape. In just 1.5 hrs the beach would play host to a stream of the most beautiful people in the world in strutting for the most  discerning. I was on my way backstage and I had a private “concierge” who was already an expert on what was to ensue….

Tommy Hilfiger のショーに予定より早く到着してしまったのだが、会場で私を待っていたのはプライベートビーチ。そこには砂浜と遊歩道、そして立ち並ぶサーフボードは、ビーチビューにも目がかかる。一時間半後には、このビーチで世界で最も美しいモデル達が 堂々と歩くのが待ちきれない。バックステージに向かっている途中で、私のために「コンシエルジュ」が待っていてくれた。どんな質問にも快く答えてくれる、心強いサポーターがいたことによってすごく快適なひとときを過ごしたわ。

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-8

 

The models were getting their beauty photos taken so the fitting room was calm. The stylist steamed some orange silk pants and the hair and makeup team was on stand-by. Looking through them, I determined that at least a third of them were japanese. I wasn’t supposed to snap photos of the collection before the show so I was content to check out the fabric and construction. 

バックステージは意外にも穏やかだったな。なぜなら各モデルたちはフォトグラファーにフィッティングルームへ連れ去られ写真を撮っているからだ。スタイリストは肌触りのよいオレンジのシルクパンツにスチームをあてている傍ら、ヘアメイクアップチームはモデルが戻ってくるまでしばしの休憩。ヘアメイクチームを見てみると、少なくとも3分の1は日本人だったわ。さすが、ジャパニーズは手先が器用で丁寧ね。ショーの前にコレクションのスナップを撮るのは禁じられていたから、この時間は生地やシエプのチェックで満足した。

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-4

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-5

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-6

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-7

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-9

It was getting closer to start time and i tried to sneak a cup of coffee from the catering table but it was long gone. Then the  legendary makeup artist Pat McGrath started raising her voice, clearly upset. “There’s too many photographers! I have to work!” And I took that as my cue to skedaddle.

もうそろそろショーが始まる時間になってきたわ。こそっとテーブルからコーヒーを取ろうと思っていたが、すでに全部飲み干されていてスキニーミルクしかなかった… 。すると突然、あの伝説的なメイキャップアーティスト、Pat McGrath が「フォトグラファーがたくさんいすぎて自分の仕事ができない!なんとかして!」と声をあげていたのでその場を潔く去ったわ。

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-11

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-10

In the show area, we ran into supermodel-turned-actress TAO who was looking radiant in a cream suit and long shiny hair. She obviously photographs well of course, but she is just exquisite in person with glowing skin. We also saw the Número Tokyo crew and Mademoiselle Yulia also rocking a Tommy dress from the SS collection.

 ショー会場では、クリーム色のスーツを身にまとい、長く美しい髪をなびかせ、ひときわ輝きを放っていた、スーパーモデルから女優へと昇華した TAO と偶然出くわした。彼女は実際にこの目で見ても、紅潮とした肌で優雅で、とても美しかった。それはもちろんTAO はフォトジェニックなはずだね。それから Número Tokyo のクルーや、SS コレクションの Tommy のドレスをキメている、Mademoiselle Yulia とも会った。

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-13

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-22

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-21

I took to my seat: it was in a very special section just to the right of the photographers in the best position. It was just two rows and it was all top female bloggers. It was nice to see chairs again and say hello to Man Repeller because her Instagram says it all. I still don’t feel like a “blogger” though! They all had publicists and assistants too-!!

みんなに Hiしたあとに自分の席に座った。それはとても特別なセクションで、ちょうどフォトグラファーの右隣。まさにベストポジション。丁度二列しかなく、世界中のトップ女性ブロガーたちで席が埋まっている。この席に座る事ができたことは正直とても嬉しかった。そしてMan Repeller と挨拶ができてよかった。彼女の Instagram は本当に大好き。おもしろすぎるんだもん。だけど私は未だに『ブロガー』のような気がしない。不思議な職業なので、この子達だって「ピンとこない職業だよね」というもん 笑

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-15

This was a very sporty collection- sports jerseys and surf shorts in silk and skinny denim pants were patch worked with neoprene. Neoprene! There was a lot of it. How interesting that neoprene, which is such an experimental fabric, would make its way to Tommy Hilfiger? It means neoprene has gone democratic and you can choose to wear it both in casual and Avantgarde  situations. The whole show was like a trip to Malibu with a beach boys soundtrack and sun kissed hair and skin. Malibu Barbie, eat your heart out

今回のコレクションはとてもスポーティだった。スポーツジャージーとシルクのサーフショーツ。それからスキニーデニムパンツはネオプレーンでの切り返しのデザイン。『ネオプレーン』!が今回のコレクションの主役だったわ。こんなにも実験的なファブリックでありながらも、どTommy Hilfigerらしかったわ。ネオプレーンは今やデモクラティックになってしまって、カジュアルな場でもアバンギャルドなシチュエーションでも、着やすくなっている。全てのショーはまるで The Beach Boys のサウンドトラックと共にマリブのビーチへと旅行に出かけているような感じだった。太陽が髪や肌に優しくキスする。マリブベイビー… 。あなたのハートを鷲掴み。

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-18

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-16

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-20

tommy-hilfiger-spring-2014-new-york-19

The fall/winter collection in houndstooth and even more experimental touches is also bomb:

秋冬のコレクションは千鳥格子がテーマで、より挑戦的なファブリックが私のツボだわ:

tommy-hilfiger-autumn-fall-winter-2013-nyfw