Tokyo Fashion Diaries http://www.tokyofashiondiaries.com Fashion Blog by Misha Janette | ミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー Tue, 21 Oct 2014 09:54:38 +0000 en-US hourly 1 http://wordpress.org/?v=4.0 モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京からNYCへ!Girls in black lead colorful lives: From Tokyo to NYC. http://www.tokyofashiondiaries.com/girls-in-black-lead-colorful-lives-nyc/ http://www.tokyofashiondiaries.com/girls-in-black-lead-colorful-lives-nyc/#comments Tue, 21 Oct 2014 07:49:11 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=32011 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティガールはモノクロのワードローブで勝負することが多い。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬ正義のヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身こういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…スポットライトだって追いつかないほど目まぐるしい日々。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”。ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたにおすすめの“さし色”の作り方があるの。実際に色を身につける以外にもね…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私だけの”さし色”。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

Misha-Revlon-oct.-4-©-Celia-Humphries

 All-in-one: OAK, belt: Martin Margiela, shoes: DOG Harajuku, bag: Diesel, Necklace: Alexis Bittar

 

Misha-Revlon-oct.-5-©-Celia-Humphries

Leather jacket and pants, black oversize shirtdress: OAK 

Misha-Revlon-oct.-2-©-Celia-Humphries

 Asymmetrical pleats top: OAK, headband: Plumb accessories

 

Misha-Revlon-oct.-3-©-Celia-Humphries

 Jacket: OAK

 Photos, editing: Celia Humphries
Styling, artwork, model: Misha Janette

 

“想像力が内面から溢れ出す”というイメージの作品はいかがでした?

今回のモノクロコーデを組む際、まっさきにシティウェアの王様、OAKに駆けつけた。NYをベースにしているショップで、sohoエリアに行く度に必ず足を運びかっこいいカジュアルウェアを探しにいく大好きな場所。東京には2014年の春に上陸。キャットストリートのアメアパレディースショップの上に位置するNYっぽいロフト。ラックには、ご想像通り黒と白の服がずらっと並ぶ(たまにグレーも登場 笑) 。決してベーシックに留まらないその服はファッションワイズなボーイズ&ガールズにぴったり。アシンメトリーなカットや、ルーズなシルエット、シャープなコート、まだまだ若手のユニークなブランドAnn Sofie MadsenなどがこのOAKには並ぶ。

OAKとNYについてすこし。ミーシャはファッションウィークの期間中そこに行って、カラフルアクセントを捕えた。ほら、セメントジャングルなNYでも、目を引くような鮮やかな”色”で溢れてた!OAKオンラインショップ

Imagination appears in places and moments you’d never expect….

This time I went straight for the ultimate shop for city wear, OAK. The store is based out of New York City, and it has been my go-to place every time I visit the SOHO area to get some really cool casual clothes. The Tokyo branch opened just this Spring 2014 in Shibuya, tucked off of Cat Street and snuggled in a loft above the American Apparel women’s store、. The racks are full of…you guessed it, black and white clothes (and sometimes grey…if you’re feeling adventurous). These are not exactly next-door basics, though, they’re definitely geared towards the more confident fashion-wise girl and boy. Asymmetrical cuts, loose silhouettes, sharp coats and a select of young, unique brands like Ann Sofie Madsen round it out as one of the more useful concept shops in the city.

Speaking of OAK and NYC, I was just there for fashion week, and captured some colorful accents there. Just because it’s a cement jungle, doesn’t mean it’s not bursting with eye-catching color! Find OAK here.

 

IMG_8188

nyc-revlon-color-IMG_8027-EFFECTS

IMG_8179

 

IMG_8180

 

IMG_8181

 

IMG_7802

 

IMG_8182

 

IMG_8183

 

IMG_8184

 

IMG_8194

 

IMG_8193

 

IMG_8187

 

IMG_8186

 

IMG_8185

 

IMG_8195

 

IMG_8196

 

IMG_8197

 

IMG_8199

 

IMG_8206

 

IMG_8210

 

IMG_8208

 

IMG_8209

 

IMG_8205

 

 

IMG_8204

 

IMG_8203

 

IMG_8202

 

IMG_8207

 

ちなみに、私はモノクロばかりのコーデをしても、顔が明るく見えるように少しでも良いから色が必要と思っている。私のリップの存在感はみなさんもお気づきの通りかも (笑。特に赤とオレンジをよく使います。この撮影にはレブロンの”カラーバースト”のマットバームシリーズを使用。マットは最近”キテる”テクスチャーだからね。また、セミグロス(光沢)を出演してくれる”バームステイン”も使ってみた。大きなクレヨンみたいな形も気に入ってる。すごく塗りやすい。しかも、マットリップは乾燥しやすいと言われていたけど、レブロンのマットバームはくちびるを潤わせてくれるから塗り心地が良いの。

またまた、200%クリエイティブモードのミーシャにクレヨンを与えたら、それは白い壁にマーカーで落書きしていいよと言っているようなもの!バームをいくつか使って眉をカラフルに染めた。(もちろん真似っこは必要無し!笑 どうぞ、普通にリップのみにお塗りくださ〜い)。
さあ、”あなた”のアクセントカラーは?

“モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る”シリーズ、そして私達の現代ガールをサポートしてくださっている Revlon に心より感謝申し上げます。下記より、ミーシャが使用したカラーバーストマットバームをご覧ください。そして、このシリーズの他の写真もぜひ見てください!カラフルな人生を!

Even if I`m in all black,white navy or grey, I need a little color at least in my face to keep me looking alive. You’ll almost always find me with a color on my lip, especially in red or orange. For this shoot I used Revlon’s ColorBurst, especially the Matte Balm as matte is definitely the “in” texture these days. I also tried some of the Stain Balms for a semi-gloss effect-both have a moisturizing effect so my lips didn’t crackwith color. I also like the fat “crayon” shape as it helps make application a cinch.

And because I was in creative mode 200% and giving me “crayons” is like giving markers and a white wall to a toddler, I used some on my eyebrows for a really colorful effect (no, no imitation required! Please feel free to leave the color on your lips, only! ;) . So what is *your* accent color?

Thanks to Revlon for supporting this series of “Girls in black lead colorful lives”. See the  ColorBurst Matte Balm I used below, and check out the other photos in this series too. And have a colorful life!

image

Screen shot 2014-10-13 at 11.43.25 AM

Thanks to Revlon Japan! See where to get ColorBurst Balms here

 

Words: Misha Janette
Edits: Natsumi Yasuoka

 

READ MORE! 関連記事も読みましょう!

 

モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京編 Girls in black lead colorful lives. Featuring: Tokyo.

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

 

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/girls-in-black-lead-colorful-lives-nyc/feed/ 0
Better than Jem: Sretsis 2015 SS Tokyo キラキラ80sパレード、スレトシス春夏2015 http://www.tokyofashiondiaries.com/sretsis-2015-spring-summer-tokyo/ http://www.tokyofashiondiaries.com/sretsis-2015-spring-summer-tokyo/#comments Sat, 18 Oct 2014 10:40:00 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=32161 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

_MG_7445-2

The world is a buzz about the Jem and the Holograms live movie, but if you want to get your fill of big-haired rollerskatin’ bad-ass rockers from another planet, you need only to look at the 2015 SS collection from Sretsis. There was enough here to provide costumes for its whole film…AND the sequels. Amidst a background of a live performance by popular young elctro band the PLASTICZOOMS, we were introduced to a roller derby of super rad proportions. Sretsis may be a brand from Thailand, but they know their Japanese customer so well it will make you seethe lightning bolts (glitter and neon ones, natch).

As an aesthetic, Sretsis has a certain customer. And while I will have to dig a little to find something to complement my wardrobe, the way this brand puts on a show is one to be impressed by- and can not be matched by any other brand at Tokyo Fashion Week. The band, the drinks, the guests, the decorations and the styling are so immaculate that you lose yourself in its world for the 15 minutes the show is on in a beacon of pink light. Isn’t that what a fashion show is all about? If I had a glitter helmet on, I would tip it to them.

Jem and the Hologramsのライブムービーに世間がざわつくなか、どこかの星から颯爽と現れたローラースケートを履いたやんちゃガールロッカーを観たいって言う人は2015ssのスレトシスのコレクションをチェックすれば問題解決。たくさんの顧客が詰めかけたし、ずっとこのクリエーションに着いていきたいと思わせる”もの”を持っているから、きっとこの先もファンがどんどん増える。若手人気バンド、”プラスチックズーム”のパフォーマンスが鳴り響く中、観客は興奮、ローラーダービーレースへと導かれる。スレトシスはタイ発のブランドだけれど、日本にファンをたくさん抱えているため、様々なキラキラ仕掛けにみんな湧いた。(グリッターやネオンはもちろん)

スレトシスの”世界観”には絶対的ファンがついている。ミーシャも自分のワードローブに加える何かを発掘したい。このブランドのショーづくりは感銘を受ける点が盛りだくさん。そしてそれは東コレブランドの他のどれとも似つかない。バンド、ドリンク、ゲスト、デコレーション、スタイリング全てが完璧に重なり、ピンクのライトで照らされた会場にいる観客は15分間のショーで我を失うほどに満喫する。これがファッションショーっていうものじゃない?このブランドには脱帽!あの場でもしキラキラヘルメットを被ってたら、思わずそれをとって拍手してた!

 

Sretsis roller skate platform boots スレツイスのローラーブーツ! #tokyofashionweek #wwdjfw #mbfwt #sretsis

Photos: Mitsugu Uehara

 

The 5th day of Tokyo Fashion Week brought us some interesting shows. We saw a Japanese spiritual world unfold at Ne-Net, and Onitsuka Tiger brought some high-octane energy to the night. But out of those, the one that still rattles around the most in my brain is Sretsis.

Last time, Sretsis hired Kiko Mizuhara to open their show, which was a tick on the list of just a few things that would really get everyone riled up. For their second show here in Tokyo, they upped the ante without having to rely on celebrity (but the celebs came out to see it on their own perogative anyway).

It opened with a number by Plasticzooms, a song that was suppedly inspired by this “Runaway Run” collection. Tropical prints, glitter weaves, rollerskate boots (wow), light-up earrings (double-wow) and glitter helmets (lordy!) were a time warp to the 80s without feeling like you were drugged with a Lisa Frank pill.

There were a few black and white numbers that caught my interest, like a piano dress and zig-zag print, that reminded me of the black-haired vixen Jetta in Jem.

ファッションウィーク5日目はおもしろかったブランドがいくつか。Ne-netの和な世界、さすが!と観客を唸らせたオニツカタイガーなど取り上げたいコレクションがたくさんある中で、今日皆さんに紹介するのがSretsis。

前回水原希子をモデルに起用し、ガーリーなコレクションで話題を呼んだこのブランド。今季はどんなショーを魅せてくれるのかなと観客たちは始まる前から期待に胸を膨らます。だって会場にはウェルカムドリンクやバンド演奏セットがあるんだもの!

そんななか”PLASTICZOOMS”が生演奏を披露、今回のスレトシスのコレクションにインスピレーションを受けて書き下ろしたというナンバーからコレクションは始まった。次々に登場する80年代風なモデルたちは、”The Runaway Rum”というテーマによるもの。”トロピカル”なプリントと鮮やかな色使いがハッピーな風を送り込む。

ふと足下に目をやると、そこにあったのは”ローラースケートシューズ”! 新しい!これは、ドンピシャにハマるファッション好きがいるんじゃない?

スタイリングも素敵だった。アクセサリやメイクにも凝っていて、キラキラ光るピアスやチョーカー、ハート型のサングラスなどポップなアイテムが揃った。コレクションの中にアクセント的に登場したロックな黒いルックや稲妻ルックは、今回インスピレーションを受けたというアメリカのアニメ、”Jem and the Holograms”の”Jetta”を思わせて印象的だった。これが私、個人的にBESTクール!

そんな80sアメリカンガールたちのショーとバンドの生歌がとてもマッチしていて、七色に変わり点滅するライトの演出も加わり、観客はもうこのショーの虜。みんなの目がきらきらしてた。とくにポップで可愛いもの好きの女子にはたまらなかったはず!

_MG_7383-2

_MG_7377-2

_MG_7431-2

_MG_7427-2

_MG_7458-2

_MG_7395-2

_MG_7400-2

_MG_7361-2

_MG_7365-2

_MG_7372-2

_MG_7353-2

_MG_7343-2

_MG_7337-2

_MG_7335-2

_MG_7327-2

_MG_7359-2

On top of all this, the three Thai sisters that make up Sretsis (that’s “sisters” backwards), were in town to fete their first Tokyo boutique, dubbed the “Sretsis Inn”. Fashioned like a victorian inn-meets Cinderella’s boudoir, there are enough charming details here to fill a book. An oversize sofa commands the second floor while the third houses a members-only room (for card-carrying VIPS) replete with a large day bed and salon.

Sretsis Official

 

タイの三姉妹によるこのブランドは日本の芸能人たちにも着用されていて、ショーには国内外に関わらずたくさんのセレブが詰めかけた。それはそれは、とても華やか。そんな”愛され”ブランドSretsisの日本初のショップが青山にオープン!昨日はレセプションパーティがあって、お酒やスイーツが用意され、ホテルの様なインテリアのショップにきらびやかに服が並んでいた。3階建てのこのショップの最上階にはなんとスイートルームが出現!?暖炉やテーブルだけでなくベッドまであるという徹底した世界観。

女の子ならだれでもうっとりしてしまうような”ハッピー”を贈ってくれる、そんなブランド”Sretsis”から、今後も目が離せない!

Sretsis Japan

 

IMG_1293

IMG_1294

 

 

Sretsis Inn #sretsisinn #sretsisjapan

 

@sretsisofficial

 

とってもハッピーなニュースを皆にお届け!! 私たちSretsisが日本で初、フラッグシップショップを東京は青山に10月17日にオープンします♥︎ エントランスをくぐるとそこはまさにSretsisの世界が広がります</p>
<p><a href=@sretsisjapan 

 

#Sretsis #Sretsisjapan #SretsisInn

@angel_amo

 

#Sretsis #Sretsisjapan #SretsisInn

@angel_amo

 

Inspired by Victorian era Inns, Sretsis Inn situates on a charming alley in Minami-Aoyama as a rest stop for all travellers alike seeking the serenity of their own homes. ร้านสาขาแรกของ Sretsis ในโตเกียวตั้งอยู่ในย่านเก๋ไก๋ แถว Aoyama ตกแต่งได้กลิ่นอายย้อนยุคของโรงแรมที่งามสง่าในยุควิคตอเรียน #sretsisinn #sretsis @sretsisofficial

@marieclaire_th 

 

Welcome to Sretsis Inn⭐️ Have a magical day!! #sretsisinn

@skydancer

 

♡♡ Kly ♡♡

@angel_amo

 

tokyofashionweek-2015ss

Read up on the 2015 Tokyo SS collections
東京コレクション2015年の記事まとめ

READ MORE! 関連記事もよみましょう! 

The Day The Dead Came To Walk a Fashion Showおしゃれガールズは必見【独占レポート!】史上もっともカワイイ「死」ファッション!?

Sretsis AW13_Backstage22

Tokyo Fashion Week fall 2014-15 Day 1 ◎東京コレクション秋冬2014-15のハイライト日々まとめ!初日

sretsis-2014-tokyo-3

Words: Misha Janette

Edits: Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/sretsis-2015-spring-summer-tokyo/feed/ 0
The nightmare by Alice Auaa 2015 spring summer Tokyo 闇を注ぐ悪夢を華やかに見せた アリスアウアア 2015春夏 http://www.tokyofashiondiaries.com/the-nightmare-by-alice-auaa-2015-spring-summer-tokyo-%e9%97%87%e3%82%92%e6%b3%a8%e3%81%90%e6%82%aa%e5%a4%a2%e3%82%92%e8%8f%af%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%9b%e3%81%9f-%e3%82%a2%e3%83%aa/ http://www.tokyofashiondiaries.com/the-nightmare-by-alice-auaa-2015-spring-summer-tokyo-%e9%97%87%e3%82%92%e6%b3%a8%e3%81%90%e6%82%aa%e5%a4%a2%e3%82%92%e8%8f%af%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%9b%e3%81%9f-%e3%82%a2%e3%83%aa/#comments Fri, 17 Oct 2014 10:03:56 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=32137 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

_MG_5802

I like Alice Auaa because it’s a necessary evil in the Tokyo Fashion Week schedule. “Evil” is twofold; one, because it is a ghastly dark and brooding couture gothic brand, and two, because it’s members-only decree and illusion of exclusion (supported by a family of fanatical fans) actually makes it the more interesting of the brands we have. It’s in-your-face message of darkness and sex is only as extreme as some of our other brands’ infallible dedication to the lowest denominator of design in (what I can only assume are) high-quality fabrics.

With that said, Alice Auaa came out with a story-based collection of a girl who seemed to be put under a nightmarish spell by a magician…

個人的にAlice Auaaがとても好き。なんでかって?まずひとつめに、暗くてゴシックな”怖い”という印象を与えるような独自性。そしてふたつめに、排他的な存在感を放つイリュージョン(熱狂的ファンもその世界観づくりの重要な要素) がこのブランドにより興味を抱かせる。最低限、絶対的ハイクオリティな素材を追求するという点で共通点を持っている(とミーシャが思う)他の東コレブランドと極端に異なるのはAlice Auaaが発信する挑戦的なセクシーでダークなメッセージ。ハイクオリティハイファッションなリアルクローズを発表するブランドとAlice Auaaのようなブランド、その両極端がありきの東京ファッションウィークなのだ。だから唯一無二のAlice Auaaはファッションウィークのスケジュールには必要不可欠なブランド。

そう、そんなAlice Auaaは、魔法使いによって悪夢のような呪いにかかってしまう少女のものがたりをコレクションとして魅せてくれた…

Photos: Mitsugu Uehara

 

_MG_5774

Every season, Alice Auaa presents their collections with themes and stories to illustrate their order-made clothes, and for spring summer 2015 it was “sleep”.

Titled “The time in your bed”, this collection started when a young girl is put under a sleeping spell by a magician who appeared on the runway. After which the girl character comes out in what appears to be a flimsy bedroom curtain, in an “underground bedroom” lit only by dull lightbulbs hanging over the runway. As the girl and each character appear, (such as a “witch” with a long nose made of balls of tissue and a wizard with a helmet of condoms) they flounder between sexual excitement and freedom.

Many of the pieces that were shown had elements of lingerie in them, including the brand’s signature corsets as well as lace panties and see-thru coverups. The shoes were strappy, with thigh-high laces that looked like barbwire.

By the end of the presentation, the “girl” in frills that had been put under the spell appeared as a much more confident and stronger vision of herself, in a twisted coming-of-age ending that could certainly be a happy one for you, if your goal is to get some sick black hand-made couture into your closet.

毎回独特の世界観で観客を包み込むalice auaa が今回テーマに選んだのは”眠り”。

“The time of your bed”というタイトルの今コレクションは魔法使いの登場により始まった。

次に登場したのは魔法使いの手で眠りにつかされた少女。ベットの天蓋カーテンのようなものを被る少女は豆電球でのみ照らされた地下室に監禁されているという設定だ。そしてこのあと少女は次々に現れるキャラクターたちのエロチックな刺激により快楽と解放の狭間でもがき苦しむ事になる。

ランジェリーを主役にしたバリエーション豊かな衣装に白い大きな鼻をつけた魔女たちや金属のヘルメットを被った力強い悪魔が少女を”眠り”のなかで震わせる。その恐怖や束縛から少女が求めるのは解放か?快楽か?(この鼻はなんと、ティシューをまるめてつくったとか。メンズの登場もまた印象的。)

他にも、おなじみのコルセットやレースパンツ、シースルーのカバーが登場。有刺鉄線のようなハイヒールには思わず目がいった。

異様な雰囲気をまとったキャラクターたちと叫び声や低音が響き渡る音楽とが相まって観客も息をのんで少女の結末を見守る。

そして最後に現れた少女の姿は…? 眠りについたばかりのフリルドレスを着た姿はもうそこにはなく、大人の女へと成長していた…。

快楽か、解放か、魔女か、少女か、どちらが勝ったのかは観客ひとりひとりの胸の中に。

このストーリー性がalice auaaの持ち味のひとつ。観客はいつの間にかその世界観に入り込んでしまう。ショーのプロデュースも手がけるデザイナーの船越さんは観ている人たちを異世界へと連れ去る天才。

 

_MG_5796

_MG_5807

_MG_5812

_MG_5817

_MG_5786

_MG_5778

_MG_5764

_MG_5753

_MG_5748

_MG_5744

_MG_5737

_MG_5827

 

tokyofashionweek-2015ss

Read up on the 2015 Tokyo SS collections
東京コレクション2015年の記事まとめ

 

Black. Bondange. Booty. Alice Auaa 2014-15 アリスアウアア秋冬2014 キーワード : ボンテージの極みを纏う

 

aliceauaa-282

 

Words: Misha Janette
Edits: Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/the-nightmare-by-alice-auaa-2015-spring-summer-tokyo-%e9%97%87%e3%82%92%e6%b3%a8%e3%81%90%e6%82%aa%e5%a4%a2%e3%82%92%e8%8f%af%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%9b%e3%81%9f-%e3%82%a2%e3%83%aa/feed/ 0
mintdesigns’ domestic SS 2015 Tokyo ミントデザインズの2015年春夏で登場するMissミント http://www.tokyofashiondiaries.com/mintdesigns-2015-spring-summer-tokyo/ http://www.tokyofashiondiaries.com/mintdesigns-2015-spring-summer-tokyo/#comments Thu, 16 Oct 2014 04:40:28 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=32117 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-1

Mintdesigns seems that it’s taking housewives as their style muses. Domestic life and its aesthetic is something that international fashion people don’t exactly tout around (aprons aren’t exactly in vogue…. yet….). But luckily this is a far more abstract interpretation of being at home. Bed sheet stripes, duvet frills, pajama suits, pillow clutches, and prints of a woman baking and a disembodied head of “everyone’s” jolly grandfather (the brand calls him “Mr. Mint”) made for a cozy spring summer Mintdesigns collection…

ミントのミューズ、”Miss. ミント”に象徴される”ハウスワイフ”的世界観。それは、海外のファッションピープルたちが決して売りにしないようなドメスティックライフの新しい美学 (ヴォーグにエプロンが出てきた事はない…まだ…w)。一方今回のコレクションは”アットホーム”な要素が散りばめられた。ベットシーツのストライプ柄、ベッドカバーのフリル、パジャマスーツ、枕クラッチ…また、クッキングをする女の子や、みんな大好き”おじさん”の顔。(どうやら”Mr.ミント”と名付けられているらしい。) これらがミントの2015ssコレクションにここ地いい風を運んだ。

東京だけでなく、世界のどこでもみれない印象的なコレクションを世界に見てほしく、順にブログで紹介したいと思います…

 

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-9

Photos by Mitsugu Uehara

 

On this day we were battling a typhoon making its way up our shore (touted by the internet as being “THE STRONGEST OF THE YEAR!”) and yet no one was deterred, even when this show was being held outside at a sports stadium. There were a lot of “regular” people there, thanks to Mint holding lotteries to allow customers and the purely curious alike to come see the show. I’ve said it before, but Tokyo is actually one of the best weeks for getting into shows, even if you’re not an outsider (caveats being that it’s not about sneaking or muscling your entitled self in, but applying for tickets to individual brands in lotteries, a system that’s a reflection of Japanese culture eschewing chaos).

Anyways, as for the show…the two designers called this collection “Prism Girl”, explaining that they placed their prints on the clothing in a scattered way as if looking through a prism.

The softness of this collection is a 180 degree turn from the last season, which was a punk-leather affair. “Last time it was easy to understand where we were coming from since it was about the music, but this time it’s more about a feeling, or a scenery.” said designer Yagi.

Another facet to this collection was the expression of both “high” and “low” tech fabrics.

For high technology, the brand experimented with a material called “double raschel”, a strong fabric often used in car seats but used here to give their oversized ruffles their shape. The plaid is double layered on transparent material, giving even this “mundane”pattern it’s twisted and bent shape like light being sent through a prism.

The print of the woman in the collection follows the old “Mr Mint” man, who has been in a few of their collections and amassed some fans. The woman is called “Miss Mint” and she’s putting herself to work, whipping something up in her (presumably) prism-world kitchen.

On the low-tech side, the designers used natural linen in a number of accents like on collars and pockets, mixing textures up with the stiffer, hightech materials.

It’s an “at home” collection even if the show itself was anything but in that weather. But Mintdesign’s colorful collection helped break up the grey background, leaving an impression that will last longer than the storm.

Mintdesigns is best appreciated when looking at their fabrics, so enjoy some closeups of the collection, and embrace your inner domesticity.

まだ記憶にフレッシュな mintdesingsのコレクションが秩父宮ラグビー場で披露された。この日は台風が近づき一日中雨が降り続いていたにもかかわらず、一般のお客さんも募集したミントのショー会場にはたくさんのファンとメディア関係者、ファッションピープルたちが集まった。さすが、今最も注目を集めている東京ブランドのひとつだ。

デザイナーの二人がテーマに掲げたのは”PRISM GIRL”。プリズム越しに見た歪んだ世界や景色をコレクションに落とし込むというもの。

ここで、前シーズンのミントを思い出して欲しい。黒やレザーで反骨精神を表現したロックなコレクション。今季はまさに対照的。カラフルなカラー展開や構築的なフリルなど、ミントらしさを押し出したクリエーションに仕上がった。

「前回は音楽で象徴するものがあって想像つきやすかったのですが、それよりは気持ちとか、なんとなく思い浮かぶ風景をイメージしました」とデザイナーの八木さんが語った今回のミントの世界。

また、もうひとつポイントとなるのが “ハイテク×ローテク”の表現。

“ハイテク”パートを担うのが…”ダブルラッセル”という、通常は車のシートなどに使われるハリのあるスポーティ素材で立体感のあるフリルドレスや、トップス、フレアスカートのセットアップなどを作った。透明な生地をレイヤリングし、チェック柄が歪んで見えたりするのは”PRISMGIRL”のテーマにのっとりプリスム越しの歪みを表現している。さらに、ファンの間で人気の「Mr.ミント」おじさんの顔にもプリスムワールドが広がる。上下逆になっていたり、小さく連続してプリントしてあったり…これもまたデザイナープリズム越しの概念だ。

“ローテク”役に抜擢されたのは昔から存在する”リネン”素材。ダブルラッセルと組み合わせ、襟やポケット、袖口といった部分にアクセントとして使われたり、ハイテクボトムスとローテクトップスのように、スタイリングで組み合わせたりしていた。

毎回登場する「Miss. ミント」ちゃんは今回、お料理を楽しむプリズムワールドの住人か!?

パジャマのようなルックや枕のようなクラッチバックなど、おうちスタイル的なソースも気になる所。夕暮れをバックに本コレクションを披露したかったから外のロケーションにしたというから、夜に向かう夕暮れ時から連想したリラックス要素なのかも?

デザイナーの理想とは違い天気は雨だったけれど、グレーがかったラグビーのグラウンドにカラフルなミントのコレクションが映えて、見てる側としてはレアなシチュエーションも楽しめた。

ミントはテキスタイルが本当に面白くて、注目すべき。クローズアップ写真をたくさん載せるので、ぜひ素敵なファブリックを楽しんでください!そしてあなたの中に潜むハウスワイフを呼び起こそう。

 

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-12

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-13

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-14

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-11

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-10

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-8

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-7

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-5

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-3

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-2

 

tokyofashionweek-2015ss

Read up on the 2015 Tokyo SS collections
東京コレクション2015年の記事まとめ

 

Words: Misha Janette
Edits: Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/mintdesigns-2015-spring-summer-tokyo/feed/ 0
Deep inside the body with SOMARTA 2015 SS Tokyo ソマルタの深く追求した不思議な身体展、春夏2015コレクション http://www.tokyofashiondiaries.com/somarta-2015-ss-tokyo/ http://www.tokyofashiondiaries.com/somarta-2015-ss-tokyo/#comments Wed, 15 Oct 2014 03:18:40 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=32065 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

somarta-2015-spring-tokyo-21

 

“Where are the avant-garde Japanese designers??”. If a foreign fashion editor isn’t looking for street-style, then they’re usually on the hunt for some wild forward-thinking brands a la Comme des Garcons, Yohji, Junya, Issey, etc. High-fashion avant-gardism tends to be celebrated in Europe with more grandeur than here at home, so it’s tough to find. But one brand that they might be interested to meet is SOMARTA, if they aren’t on the checklist already. This is one of the most highly technical, business-savvy and experimental brands of Japan today.

On the flipside, local customer will be surprised to see just how couture and crazy Somarta is at heart. Their off-the-rack clothing is high quality and casual, but not overwhelming in any way, so it would take research to see just what they are. To remind us all how far they have come in terms of artistic fashion, Somarta has an exhhibition on the 7th floor gallery space of Shibuya Seibu now called “Body Geneaology”. This is timely…get there by the 19th!

The human body has played a big part in Somarta designer Tamae Hirakwa’s ouvre… which is kind of a “duh” since this is fashion, but I`m not talking waists and ankles. If you’re into the beautiful, the weird, and the the little bit gross or surprising, then this is for you. See below…

“アバンギャルドな日本のデザイナーはどこに?” ストリートスタイルにあまり目を向けていない海外エディターは、だいたいギャルソンや、ヨウジ、ジュンヤ、イッセイのようなアバンギャルドなハイファッションブランドに続くのはどこだろう?と求めがち。こういうブランドは国内よりもむしろヨーロッパで高く評価されているため、未来を担うブランドというと、探すのが難しいという現状がある。けれど、実は日本にはまだ隠し種があるかもしれない。ソマルタはハイテクニカルでビジネス力のある日本を代表する”アバンギャルド”といえるブランドのひとつだ。

一方、国内でもソマルタは人々を驚かせる最高のブランドの中心的存在。ハイクオリティでカジュアルな既製服でありながら他を圧倒するプロダクトづくりは、このブランドは何者なんだ?と興味をそそる。彼らのアーティスティックなファッションクリエーションを真近で感じる事ができる展示会が渋谷の西武、7階で開催中。タイトルは”Body Geneaology”。19日までやっているというので、とてもタイムリーなニュースです!

ソマルタのデザイナー廣川さんにとって、人体はとても重要な要素。それは、ファッションなのだからあたりまえじゃんっていう人がいるかもしれないけれど、美しく、すこし不思議でグロテスクな驚き、もっと深く追求したクリエーションを好む人にはうってつけのブランド。そんなみなさんはぜひ下記をご覧あれ。

somarta-2015-spring-tokyo-16

Photos by Mitsugu Uehara

The exhibit takes us through the body in sections like the “head”, the “guts”, the “skeleton”, the “skin” etc, winding through it like an intestine. Each area features Somarta’s couture creations relating to it, with headpieces, armor, plastic bodices, knits that look like muscle tendrils and exaggerated fiberglass crinolines.

Many of the pieces are inspired not by biology, but by mythic gods, Middle Eastern and  Indian design, warriors, futurism and traditional Japan, making Hirakawa unique among her peers. Still, I got a sense of Alexander McQueen while looking through the pieces- not because of sameness, but because of the effort to create a female figure that is more than human, almost god-like in how she dresses. The incredible detail, experimental materials and couture-level design also puts these works into that artistic stratosphere.

展示会では”頭”、”内蔵”、”骨格”、”肌”など身体の様々な部分にフォーカスし、腸のようにくねくねと作品が並んでいる。各エリアではソマルタのクチュール制作に関わったヘッドピースや鎧、プラスティックボディー、誇張されたファイバーグラスのクリノリンニットなどが見られる。

多くのピースは生態学だけでなく神話からもインスピレションを受け、中東やインドを思わせるデザインや戦士、また未来的かつ伝統的な日本を連想させるもの。デザイナーの廣川さんのユニークさが光る。その中で、ミーシャはあるマックイーンの的エッセンスを感じた。どちらも女性を超える女性らしさを作り出す上での努力が見受けられる”ゴッド”のようなルックという点が共通している。ディテールは言うまでもないが素晴らしく、最高の素材とクチュールレベルのデザインはアーティスティックな域へとクリエーションを導いている。

somarta-2015-spring-tokyo-19

somarta-2015-spring-tokyo-20

somarta-2015-spring-tokyo-22

somarta-2015-spring-tokyo-23

somarta-2015-spring-tokyo-24

somarta-2015-spring-tokyo-25

somarta-2015-spring-tokyo-27

somarta-2015-spring-tokyo-28

somarta-2015-spring-tokyo-18

somarta-2015-spring-tokyo-17

somarta-2015-spring-tokyo-15

somarta-2015-spring-tokyo-14

 

 

At the same time, the media was treated to a close up look of their newest ready-to-wear collection, titled Khronos, the Lion-god of time. This is heavily influenced by traditional Japan, with a lot of Somarta-signature tribalism thrown in. The list of traditional techniques and Kyoto-based artisans who collaborated with them reads like an *encyclopedia* of ethnic Japanese garb… Kimono Nishijin-ori weaves from 4 ateliers that would equal a millennia of history together, digital yuzen-dye, hybrid yuzen-dye with gold leaf and embroidery, stencil yuzen and hand-dipped yuzen, Japanese washi-paper fabric, urushi lacquer which was *woven* into nishijin-ori fabric to make it look metallic (how the heck did they do that?!)…. the list goes on! See if you can spot the horizon where old-meets-new and couture-meets-clothing.

同時に、ready-to-wearのコレクション、”クロノス”の展示も同時に行っている(神話に出てくる”時間”の神の神格化)。 メディアはこぞってディテールの接写を撮っていた。このコレクションはソマルタの得意なトライバルと共に日本の伝統に強く影響を受けている。京都の友禅染の老舗や、4社に渡る西陣織業者とのコラボレーションにより様々な技術でエスニックな日本の民族衣装を作り出す。…合わせて1000年も超える歴史が詰まった。デジタル友禅染、金色の葉の刺繍のハイブリッド友禅染、型友禅、手染め友禅、和紙の生地、漆が織り込まれた西陣織はメタリックに見えた。(なにこれ、もうどうなっちゃってるの〜〜〜!?)…リストはあげればキリがない! “古”と”新”の境目と”クチュール”と”既製服”の境目なんてそこにはもう存在しない。

somarta-2015-spring-tokyo-13

somarta-2015-spring-tokyo-11

somarta-2015-spring-tokyo-12

somarta-2015-spring-tokyo-10

somarta-2015-spring-tokyo-9

somarta-2015-spring-tokyo-8

somarta-2015-spring-tokyo-7

somarta-2015-spring-tokyo-6

somarta-2015-spring-tokyo-5

somarta-2015-spring-tokyo-2

somarta-2015-spring-tokyo-4

somarta-2015-spring-tokyo-3

somarta-2015-spring-tokyo-1

 

See more from Tokyo Fashion Week and other Spring Summer 2015 Japanese collections here:

 tokyofashionweek-2015ss

Read up on the 2015 Tokyo SS collections
東京コレクション2015年の記事まとめ

 

Words: Misha Janette
Edits: Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/somarta-2015-ss-tokyo/feed/ 0
Dresscamp tags Kazzrock for Tokyo SS 2015 ドレスキャンプ2015年春夏レポート http://www.tokyofashiondiaries.com/dresscamp-tokyo-spring-summer-2015/ http://www.tokyofashiondiaries.com/dresscamp-tokyo-spring-summer-2015/#comments Tue, 14 Oct 2014 03:27:46 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31930 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-23

I had an internal struggle on how to blog during Tokyo Fashion Week this season… do I do a short daily roundup on everything that happened? i.e. “Insider” bon mots like ‘Tilda Swinton crossed my path like a black cat and I am forever cursed because I`ll never come across someone so mesmerizing again…? And she isn’t as tall as I thought, but still PERFECT`?

..but babble is cumbersome to put together and even more to read, especially if you’re not actually here. So instead I`m just going to talk about the collections that tickled my fancy because that is why we are all here (ON THE PLANET), non?

Ok then, let’s start with Dresscamp! It’s like the Jean Paul Gaultier of Tokyo Fashion Week, always bringing the beauty of oddity to the runway. Except in designer Iwaya Toshikazu’s case, the oddity is in his clothes and not on the models (who all looked like cutie supermodel “it” girl  Edie Campbell in pouts and pixie cuts).

今シーズンの東京ファッションウィークはどんな風にブログを書いていこうかなって考え込んでた。1日の出来事をおさらいするショートダイアリー?たとえば、「ティルダスウィントンがミーシャの前を黒猫みたいに通り過ぎたから生涯呪われたかもーだってあんなに魅力的な人の前横切るなんてもう二度とないと思うのぉぉ!!」…とか。

でもいろんな話題を詰め込んだら読む量も増えるしちょっと大変でしょ?とくにたまたま興味を持ってここに来てくれた人たちにとくにそうだと思います。だからその代わりに、ミーシャの目線でおもしろいと感じたコレクションをピックアップして紹介することにしました。だってファッション好きな私達、そのために生きてる、そうでしょ?

よし、では今日はドレスキャンプを紹介!ここは東京ファッションウィークのゴルチエみたいな存在(やめないで!)。いつもランウェイ上に奇異な美学を繰り広げる。デザイナーの岩屋さんのケースに限ってはその”奇異”は服でのみ表現され、モデルはスーパーモデルのようなルックスの”itガール”が揃う。今回は仏頂面でいたずらっ子のようなスタイルのEdie Cambellとか。

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-7

Photos: Mitsugu Uehara

 

There are always a set of descriptors for DC’s clothes, kind of like a madlibs where it’s only as predictable as it’s wild predilections:

“A flurry of____” …rosette bodices and Birthday-cake sprinkle tulle

 

“Quirky prints made by good friend ____” …Kazzrock, the grafiiti artist extraordinaire.

 

“Flamenco silhouette with a sporty vibe….” …painted in retro collages, oversized sweatshirts and graphical wave pattern that reminds me of the walkway at Ipanema in Rio de Janeiro.

 

“An eclectic audience made up of ____” …celebrity icon Maki Nomiya of Pizzicato Five and Anna Dello Russo, who I helped on the pronounciation of “awesome” because I couldn’t stop saying it to everyone backstage (“It’s handsome? Awesome?”). She would wear everything, I know.

 

“Gender barriers broken by____” …Some chiseled women in fluffy tulle babydoll dresses and men in kneehigh lip socks and skirts.

 

The styling is always quite weird and unexpected, and this oddity has come to represent “Tokyo fashion” on a whole. But looking at the style, it is without a country, decade or imitator… it goes to show that Dresscamp doesn’t kowtow to a playful Tokyo, Tokyo has just come to embrace the playful style of Dresscamp.

Oh, and on a last note… the lighting this time was *impeccable* (if you understand the struggle, then you understand this relief ;))

 

いつもデスクリプターのセットが登場するんだけれど、それはアドリブみたいなワイルド思考ならみんな好きなイメージの服。

目をキラキラさせた→ ”ロゼットボディとバースデイケーキのスパンコールチュール

アイロニー溢れたアーティストとのコラボは→ “Kazzrockという唯一無二のグラフィティアーティストによるデザイン”

ドレキャならではのスポーティな要素にラティン的ないきいきした雰囲気を表現した→  ”レトロなコラージュのペイント、オーバーサイズのセーターシャツ、リオデジャネイロのイパネマを思わせるようなグラフィックな並のパターン”

さすが!と思わせる大ファンの幅広いそろいを見せたオーディエンスには→ “セレブリティのアイコン、Pizzicato Fiveの野宮真貴うあAnna Dello Russo様等。”(彼女にバッグステージに入れてもらったとき、たくさん人が居るにも関わらず、ミーシャは”awesome”を連発した。きっと耳にタコができるくらい”awesome”の発音を聞いただろう。Anna様は絶対全部着るつもりでいるな、あれは。)

ジェンダーバリアは壊された…→ 彫りの深いレディースモデルがチュールのかわいらしいドレスを纏い、メンズはニーハイのリップソックスとスカートを身につけた。

 

いつも予想不可能なちょっと変わったスタイリングをする。そしてこの”違和感”こそ東京ファッションの”性格”を表す。でも地域のくくりを取っ払ってこのスタイルを見ると、ドレスキャンプが”いたずらな東京”に沿っているのではなく、東京が”いたずらなスタイルのDresscamp”を受け入れたのだと分かる。

あ、そうそう最後に… 今回のライティングは申し分なかったです。完璧! ;))

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-1

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-2

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-3

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-4

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-5

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-6

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-8

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-9

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-10

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-11

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-12

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-13

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-14

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-15

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-16

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-17

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-18

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-19

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-20

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-21

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-22

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-24

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-25

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-26

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-27

dresscamp-tokyo-spring-summer-2015-29

 

Words: Misha Janette
Edits: Natsumi Yasuoka

 

READ MORE! 関連記事も読みましょう!

Bananas, blood and body rocking is your DRESSCAMP Pulp Fiction for spring 2014ダブル鼻血のスマイリーくんにバナナ柄が富永愛とランウェイに登場し、ファンキーな春夏へとブギーに迎えられそう。ドレスキャンプSS 2014年

tokyo-fashion-week-moment-dresscamp-courtesy

 

THE DRESSCAMP GIRL MAY LOOK LIKE A TREMBLING ROSE, BUT SHE’S A VENUS FLYTRAP WITH ‘TUDE. 2013 FW TOKYOドレスキャンプの女性像はデリケートなバラどころか!ジャングルにひそむ巨大食虫植物のようなクイーンなんだから。2013秋冬コレクションをレポート!

DressCamp-0338-2013-tokyo

 

BITCH IS BACK! IWAYA RETURNS TO DRESSCAMP FOR A TRIUMPHANT SHOW. 2013 SS TOKYO FASHION WEEKビッチ・イズ・カムバック!再びドレスキャンプのデザイナーに就任、華やかなリベンジを見せた岩屋俊和。東京コレクション2013年春夏.

JFW-DressCamp-0523

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/dresscamp-tokyo-spring-summer-2015/feed/ 1
Eri Maki Sox newest shirt socks エリマキソックスより膝丈と新柄が登場! http://www.tokyofashiondiaries.com/erimakisox-2014aw/ http://www.tokyofashiondiaries.com/erimakisox-2014aw/#comments Sat, 11 Oct 2014 16:29:16 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31633 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

8×10仕様①

Everyone’s favorite shirt-socks (the only shirt socks?) are back!  These are the ones that went viral when they debuted in Tokyo this year, and every new iteration brings on a steamroll of fans. And this time they come with more personality than ever. Check out the dalmation print in a knee-high design, the first of its kind. I am personally amassing quite a collection of these puppies (pun. intended)…

話題沸騰の”エリマキソックス”に新作登場!以前紹介したときはなんと、ヴァイラルな話題を巻き起こした「足に着るシャツ」!

今回は新しく4つのパターンが仲間入り。2014年10月10日金曜日に発売です。また、今まで同様ショート丈にもハイソックスとおなじ4つのパターンが加わる。新柄は、存在感のあるキャラの濃いメンツからなににでも合わせやすい無地まで充実!

他人と差をつけたいあなた、足下を着飾っておしゃれのレベルアップを!

 

仕様①

Inspired by Japanese tabi (split-toe) socks and western button-up shirts, these socks all come with its own little collar and snap-on buttons. For the new collection, there are 4 patterns that include solid colors, tartan plaid, dalmation, and a gaggle of lips.

In Tokyo, “legwear” is a huge business, and with winter coming soon, schoolgirls in their uniforms and stylish business women will gladly take any style accessory that doubles for warmth that they can get. These new designs went on sale on Friday, and can be ordered online here with some English guidance at about ¥3,300 each (About USD$33)  (Official English site here, though it doesn’t look updated)

その新しい4パターンとは、無地(白、黒、赤、紺)、新柄タータンチェック(赤、青)、ダルメシアン(白、黒)、リッププリント(白、黒、紺)。

伸ばして履いてスクールガールっぽく履いてもよし、たるませて履いてこなれた感じを出してもよし、何か他の靴下と重ねて履いて自分だけの足下スタイリングを楽しむもよし!

これから寒くなってくると足下おしゃれのシーズンも本番。誰がベストフットウェアドレッサーかな?それにはエリマキソックスが一役買うかもしれない。オンラインショップはこちら

8×10仕様⑥

8×10仕様⑤

8×10仕様④

8×10仕様③

8×10仕様②

②L1025528

①L1025644

②L1025529

①L1025655

①L1025591

L1025582

L1025531

L1025597

L1025532

③L1025525

②L1025600

②L1025524

①L1025603

②L1025527

①L1025616

②L1025521

①L1025562

②L1025519

①L1025563

②L1025523

①L1025572

②L1025520

①L1025567

②L1025774

①L1025782

②L1025796

①L1025801

②L1025788

①L1025793

③L1025684

②L1025664

②L1025711

①L1025692

②L1025752

①L1025748

②L1025761

①L1025759

②L1025769

①L1025765③L1025725

②L1025716

L1025741

L1025740

②L1025736

①L1025729

 

http://shop.erimakisox.com/

 

-Words: Misha Janette & Natsumi Yasuoka

READ MORE!関連記事も読みましょう!

ERIMAKI socks are shirts for your feet  足に着るシャツ?靴下の常識を覆した「ERIMAKI SOX」

erimaki-sox-xampagne-4

 

Collard shirt tabi socks by ERIMAKI SOX 2 ◎足に着るシャツ?靴下の常識を覆したERIMAKI SOX第2戦

erimakisox-10

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/erimakisox-2014aw/feed/ 0
City Surfing with G.V.G.V 2015 Spring Summer ジーヴィージーヴィー 2015年春夏のシティ サーフ http://www.tokyofashiondiaries.com/gvgv-2015ss/ http://www.tokyofashiondiaries.com/gvgv-2015ss/#comments Wed, 08 Oct 2014 10:31:34 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31546 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

GVGV_2015ss_12

Back in Paris, which already feels like years ago… but more like a week, I got to see a number of exhibitions of upcoming Japanese brands in the back-widing alleyways of the Le Marais district. Brands like Divka, mame, and GVGV show their collections to the best buyers in the world, and their Tokyo-born status usually gets them an automatic foot in the door; but charisma gets the sales.

GVGV has been prying for the global eye for three seasons now, and it was a huge loss for the Tokyo Fashion Week which reveled in the brand’s celebrity and pomp for their fashion shows. To see them relegated to a few lifeless racks does make me yearn for the days when things were much more entertaining.

But despite the calm, the brand is doing well overseas, catching the eyes of Colette in Paris and Alter in Shanghai- two of the world’s best boutiques. GVGV is sure riding the wave…. and it goes to say that they are taking it literally, with a surf-inspired collection for 2015 SS.

 

2014ssからパリデビューを果たしたG.V.G.V(ジーヴィージーヴィー)。あいかわらず東京でも圧倒的人気を誇るブランドであることに変わりないのだけど、その秘密はどこに?

デザイナーMUGさんのカリスマ性と毎シーズン様々なテーマでいろんな表情を魅せる飽きさせないコレクションに東京中の女の子は夢中になる。

先日、待ちに待った新作 “2015春夏コレクション” がパリにて発表されたのでさっそく紹介したいと思う!私ですが、ちょうどパリに行ったから、ショールームに足を運んで、自分の目で確かめました。

東京で発表する時はセレブ系の大規模のショーだった、と思うと、展示会でのラックにかかった生き生きのない服達に少し寂しさを感じる。この時はルックブックをみて、元気を取り戻す。GVGVのルックブックはいつも完璧なスタイリングで「馴染みやすさ」と「斬新さ」の絶好ミックスを見せることでよく知られている。

さ、今回のテーマは”City Surf”。ROXYとニューえらとコラボ。と、なんとも興味深いぞ!

G.V.G.Vファン、あつまれー!

GVGV_2015ss_28

The lifeless clothes instantly get their mojo back when you see how they are styled in the lookbook- ad GVGV’s styling is always perfectly on-pitch. This one and cool and sporty with textured cotton, SoCal-ready boho-cum-sporty layers and a collaboration with ROXY that takes me back to my Jr High School days (shopping from the Alloy catalog, of course) .

The theme is “City Surf”. Here, the eye-catching pieces are most definitely the shoes (as has been par for the course for the past few seasons), with pointed platforms in punchy colors and stripes.

今季はというと、雰囲気はがらっと”レディ”(大人)に。

“City Surf”をテーマに掲げている通りタウンウェアでありながらリラックス感のあるシルエットやデニムなどリゾートっぽい要素もあるようだ。

また、ROXYやニューエラとのコラボにより全体的に”スポーティ”でトレンドもしっかり取り入れていてさすが!ちなみに中学製の時はスケーターガールになりたくてどれぐらいのROXYグッズを集めてたか…w

毎シーズンファンの心をつかんで話さないシューズだが、今回もやっぱりかわいい!こんなアイキャッチーな靴で東京の街を颯爽と歩きたい。

GVGV_2015ss_01

GVGV_2015ss_02

GVGV_2015ss_03

GVGV_2015ss_04

GVGV_2015ss_05

GVGV_2015ss_06

GVGV_2015ss_07

GVGV_2015ss_08

GVGV_2015ss_09

GVGV_2015ss_10

GVGV_2015ss_11

GVGV_2015ss_13

GVGV_2015ss_14

GVGV_2015ss_15

GVGV_2015ss_16

GVGV_2015ss_17

GVGV_2015ss_18

GVGV_2015ss_19

GVGV_2015ss_20

GVGV_2015ss_21

GVGV_2015ss_22

GVGV_2015ss_23

GVGV_2015ss_24

GVGV_2015ss_25

GVGV_2015ss_26

GVGV_2015ss_27

GVGV_2015ss_29

GVGV_2015ss_30

GVGV has always been about brining a lil bit of the boys to the girls with mannish elements to their collections. City Surf brings that home, but it comes as a refresh since the past few seasons were just dripping in girlieness. Let’s compare. 2014 aw was inspired by a teddybear, while 2014 aw was a direct homage to 90s cult favorite movie Clueless.

ここで少し過去のコレクションのおさらいも含めて今回のコレクションを見ていきたい。

前回の2014awは”テディベア”をテーマに、2014ssでは”スクールガール”や”チアガール”チックなルックの数々が目立ち、どちらも”ガール”(若い)印象があった。色使いもどちらかというとパステルカラーがメインで女の子らしい印象。

G.V.G.V. 2014ss collection

gvgv_14-15aw_21

gvgv_14-15aw_14

gvgv_14-15aw_12

G.V.G.V 2014aw collection

GVGV_2014ss_19

GVGV_2014ss_11

GVGV_2014ss_03

It’s always fun to see what theme this brand comes out with every season, since the trends are always sure to follow. Looking forward to when GVGV gains its confidence (and funds) enough to bring back their shows on a much more global scale.

GVGVの毎回のテーマが楽しくて、はやく世界有名になって、ショーを復活させてほしいですねーーー

GVGV online

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/gvgv-2015ss/feed/ 0
後編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 3. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? http://www.tokyofashiondiaries.com/knockoff-paradise-harajuku-part3/ http://www.tokyofashiondiaries.com/knockoff-paradise-harajuku-part3/#comments Sun, 05 Oct 2014 12:17:30 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31419 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

harajuku-dsc01898

ファッション界で横行するコピーの数々は解決困難な状況の難題であることは言うまでもない。メディアや普段の会話で取り沙汰されるのは、海外の問題になりがちだけれど(工場が日本ではなく外国)、今回取り上げている”コピー製品”は決して観光客のためのおみやげとして作られている訳ではないし、実際に日本でコピーグッズを購入しているのもまた悲しい事に、日本の国民なのだ。これをふまえると、なにが起こっていてその結果どんなことになっているのか、これを私たち消費者が知る事から第一歩は始まるのかもしれないと考える。パート1では、原宿で繰り広げられるコピーカルチャーの流行について、パート2では実際に被害にあっているデザイナーたちと何かと影の多いローカルファッションシーンについて触れてました。そしてこのパート3では未来を見据えたいくつかの解決策を考えていきます。そこで大きな疑問が浮かび上がる。”コピーカルチャーはこのまま拡大し続けるのか?” “解決への一歩を踏み出すのは消費者かブランドか?” ”小さなブランドが反撃できるような術は日本にあるのか?” さらに、”みなさんが買おうとしている商品がコピーなのかそうじゃないのか知る方法はあるのか?もしかしたら、最新テクノロジーがその手助けになるかもしれない。

Copying in fashion is obviously a global conundrum. In the media and in local conversation it is often relegated to being an overseas problem (“the factories are overseas, not in Japan”). But there is no doubt that the copied goods are not produced to be souvenirs for tourists, and the majority of people buying the copies in Japan are local consumers. In this way, it’s up to us to know what is happening and to understand the effects. In part 1 we learned about the current trend of copy culture thriving in Harajuku, , and in Part 2 we talked with some designers being affected directly and some shady policies in the local fashion scene. Here in Part 3 I would like to posit some solutions and look into the future. But the biggest question is: will copy culture EVER be curtailed and will it be us or the brands to take the first step toward a solution? Is there any way for small brands to fight back in Japan? Also, will there be a way for YOU to find out if what you’re buying is a copy or not?  Actually, some new technology might help you with that… Read on.

Photo: Harajuku Street

 

今年の夏、渋谷で買い物をしていたときのこと、神南エリアでのセレクトショップでおもしろいシャツをゲットした。緑の大きな唇が刺繍されたネットの、他の人と差を付けられるようなアイテム。購入後すぐ仕事に着ていくと、装苑の編集長とお会いした。するとそのシャツを見た編集長が”あ!先週それと同じようなシャツを撮影しましたよ” と。”どこのブランドだったか、思い出せないけどミーシャは分かっているはず”

嘘でしょ。

と慌てて”lips net top”とググった。私がお金を出して買ったそのシャツがまさかハイエンドブランドのコピーだったなんて信じられなかった。コピー製品を作り消費者をカモにしているようなブランドは避けていたのにだまされるとこだった…。恥をかいたじゃない。

もし買う前にそれがコピーだと知ってたら、絶対にコピーにお金をかけたりそなかった。あのショップはもう信じられない。

I was shopping in Shibuya during the summer season this year and purchased a funky shirt on sale at a select shop boutique in the Jinnan area. It was a bit more “outrageous” for the average person, made of netting and adorned with an embroidered giant green pair of lips. Soon after, I wore it to a job I was working at, with the editor and chief of SOEN magazine. He said to me about the shirt, “Oh! We just shot something like that for the magazine last week. That brand was… I can’t remember…but you know what I’m talking about.”

Oh, hell.

I furiously Googled “lips net top” to no avail. I couldn’t believe that the shirt I spent money on was just copying a high end brand. I almost felt tricked by it, since I try so hard to avoid buying things that are obvious rip-offs, and it ended up embarrassing me in the process.

If I had been able to find out beforehand that it was a copy, I would have definitely not spent my money on it, and never trust that shop again.

 

Working on a shoot behind the scenes as a creative is SO different than when in front of the camera. There are so many battles: time, budgets, constraints, availability, and always second guessing your own taste. Working on one of the biggest projects of my career and can't spare any concentration. I may be quiet until it's done; don't forget me! Lol ブロガーみたいにさ、表方のではなく、裏でクリエイトしてる時って本当に違う...名前とネットうえの人気度じゃ足りない。プロとしてやっていくには頭の中にあるものを実現させようと不安、悩み、管理、整理、寝不足と時間不足と戦う日々が続く。最終的に世界観が伝わるかな?人生一大きい撮影日が迫る。集中する。静かにしてても、見捨てないでねw

この子、プリンシパルで、もう着れないよな 泣 Sayonara, cute top….

 

テクノロジーの手を借りる

じゃあ…そういうことが調べられるアプリはあるのかな?

答えはno。まだないみたいだけどきっとすぐ出来ると思う。

今のところ、Googleイメージ検索に写真をアップして似ている画像をweb上で探すというのがいちばんの方法のようだけど、それでもまだ具体的なアイテムを探すには十分ではない。(しかもiPhoneではまだ出来ない) だから、ミーシャのリップシャツをスナップしてみてもGoogleイメージでは探し出せない可能性もある。

でも実は、ワンランクレベルアップした検索エンジン”Average Explorer”というものがあることを発見。これを使うと、画像を平均化して検索し、要求した基準を満たした検索結果を表示してくれる。

秋のリリースまで使用出来ないけれど、ニューヨーカーによると、このアプリの制作者はすでにいくつかのアプリを考案した実力者だという。オンラインショッピングは足を使わずに自分に合った欲しいものを驚くほど簡単に手に入れることが出来る。

すばらしい。これがさらに進化して買い物をする時に似た者が他に世に出ていないか知る事ができるようになったらいいなと願う。そう、そしたらミーシャもあのリップトップスがランウェイブランドが同シーズンに発表したもののコピーだと知る事が出来たのに。

パクリを防止するひとつの方法はもちろん、お金で決める方法もある。つまり、偽装品を買わないことだ。

アバンギャルドの渡辺さんは、”偽物アイテム返却カウンター”をもうけるべきだと話す。”日本ではほとんどのショップが返却禁止だけど、もし買ったものがなにかのコピーだと分かったら返金できないなんておかしいよ”と。

これに対して、ブランドは自身を守るためになにができるのか?

 

Is there an app for that?

So I wondered…is there an app for that?

Not yet, but there may be one soon.

For now, Google image search allows you to upload photos from the Internet and it will find ones similar to it on the web. But it’s not yet good enough to recognize specific items or objects in photos (and it’s not available on the iPhone yet). So snapping a photo of my lips shirt Google image searching it might not bring up results.

But there is a group of computer scientists taking image search to the next level. It was announced just this year that a new image search engine called AverageExplorer will allow you to manipulate images (“average” them) to satisfy your criteria and then have the software find items online like it that exist.

You won’t be able to play with it until the software is released in the fall, but its creators already have several real-world applications in mind, according to the New Yorker. Online shopping is a no-brainer, as people could pick products based on very specific physical attributes that they’d like their clothing to have.

It’s amazing. I hope that it will be developed to also help us all when we are shopping to see if similar items already exist in real-time. In other words, I could have used it to discover that my lips top was in fact a copy of a runway brand from the same season.

One of the ways to curb complete copying is to talk with our wallets, of course.

Watanabe-san of Avantgarde suggests getting a “window of return” on fake items. “Most brands have a no-return policy in Japan, but if you find out that something was a copy of something else all along, you should be able to demand your money back,” he says.

 

Screen shot 2014-10-04 at 8.59.18 PM

AverageExplorer in action

法律に守られない

悲しい事に立ち向かえる術は多くない。ファッションデザインを守るための法律もなかなな難しい(実は、これを調べるのに日本語のググる様じゃなかなか出てこなかったけど、海外のサイトだと「日本の法律の方が整理されている」と書かれたが、実際にその法律について詳しく見つかりませんでした。詳しい方いましたら、下記のコメント欄に是非申していただきたい…)。ただ、もしあったとしても、裁判で戦うためのお金や時間のことを考えるとデザイナーたちの考えも納得だ。プリントやペインティングに関しては、違反に鳴らないようにするために少し手を加えたりするようだ…たとえばジバンシーのあの有名なプリント…これは今やグレーゾーンに。(アレンジされたコピー製品を選ぶか、本物を選ぶかは消費者の選択にかかっている。)

100%全く同じプリントのコピーは大問題。これはキャラクターやロゴを始めとする、ブランドが使用する際にはライセンス料を払わなければいけない真実。例えば、スヌーピーのライセンスを獲得したい場合、ブランドはお金を払って権利を買う。独占権利はおそろしく高いため(しかも権利を独占するのはほぼ不可能) 、ブランドは払える範囲の限られた権利を得る。それでそのキャラクターグッズがよく売れると(キャラクターが”cool”にされていると) キャラクターライセンスを握る側が同じキャラクターを他のブランドに売るのだ。最初のブランドからのサクセスストーリーの横流しというわけ。これが最近いろいろなショップで同じキャラクターを見かけるようになった理由だ。どこかがかっこいいものをつくると、みんなそれに追って行きたい。ビジネスだから当然だけど、上で言ったように、そこから生まれる「100%まるまるコピー」が大問題と窃盗ほかありません。

大手ファストファッションブランドの◯21はたちが悪い。何度他ブランドのプリントをパクってきたことか。こう言った恥知らずのパクリは決して海外のアパレル大企業だけの話ではない。渋谷から裏腹にかけての小さなローカルショップでもまた同じことが起きているのだ。そこには近所のユニークなショップのコピーを店に並べ、どこがオリジナルなのかバレないようにしているショップがあるのだ。

国際的に見ると、ファストファッションに立ち向かっているブランドもあるし、カナルストリートのようなパクリパラダイスも警察に入られ、厳しくなっていると言う話をよく聞く。見えないところで戦いたい小さなブランドがたくさん。ひとつの大きな例として、◯21を訴えたTrovataが挙げられる。そして見事に解決した。でも、日本のコピー被害を受けたブランドが相手を訴えて成功した例は見つけられなかった。だが過去にはBAPEやComme des Garconsは違反者を追って訴えたりという活動もしていたことで知られている。デザイナーの権利に関しては、デザイン保護や侵害防止のためにVOGUEアメリカの編集長、アナウィンターが一役かっている。これは、登録されたデザインを3年間保護する、”Design Protection and Piracy Prevention Act”というもの。

 

The Weak Arm of the Law

In the meantime, what can brands do to protect themselves?

Sadly, not much. There are no laws that can protect a fashion design. Even if there were, the cost and time that would be necessary to fight for it is too great for most designers to consider. As for a print or painting, it only takes a small adjustment for it to remain legal. But while adjustments…like the famous Givenchy prints… fall under a grey area (it’s up to consumers to choose whether they want something that is just an arranged copy or if they want the real thing), it’s the complete 100% same exact print copies that are a huge problem. This is especially true of prints that involve cartoon characters or trademarked product logos that fashion brands must pay to license. What happens when a brand wants to license an image of say, Snoopy, for example, the fashion brand must pay for the rights. It would be incredibly expensive for most fashion brands to get “exclusive” rights (and near impossible anyway), so the brand gets limited rights for a price they can pay. If the fashion brand sells those character goods well (and makes the character “cool”), then the character license holder will sell the same character and print to other brands, offering the first brand as a success story. This is why you start to see the same characters on different fashion brands; when one brand makes it cool, everyone wants to follow. This is Business 101, sure, but a 100% copy of the original is not practicing good business, it’s stealing.

Big fast-fashion brand Forever21 is a high-profile offender, and it has been well-documented how many times they copy other brands’ prints. But it’s not just the big overseas brands that are creating embarrassing knockoffs without regard, it is happening in the small, local Japanese brands as well, from Shibuya to Ura-hara. There, you will see shop after shop copying the unique, crazy prints of their neighbors, hoping young kids won’t know where it originally comes from.

Globally, there are several high profile cases being waged by brands against fast fashion and knockoff paradises like Canal Street. Small brands are also fighting back, but the biggest case, Trovata who sued F21, ended in a hung jury and was settled. I could not find an instance of a local Japanese brand successfully suing another for knocking them off, but BAPE (A Bathing Ape) and Comme des Garcons have been known to go after copycats in the past.  As for the designers’ rights, the Design Protection and Piracy Prevention Act is supported by VOGUE e-i-c Anna Wintour in the US, which will help to protect designs for 3 years after they are “registered”

harajuku-pakuri

ヴィトンに続いての人気パクリアイテムはジバンシイのプリント…Givenchy knockoffs are the new LV knockoffs (LV will be happy!) 

 

最後に…

ファッションはとても面白い世界。だって、形が変わることのない人間の体に制限されているから(変な話、Iris Van Herpenのように実験的な服はマスマーケットに受け入れらる日が来るのを期待w)。”ファッションでは全ての古いものは再び新しくなる”という説があるから、誰かのクリエーションからインスパイアを受けることはいい事だと私は思う。そのまんまコピーするんじゃなければね。

私は、法律家じゃないし、何かを変えるには影響力が足りない。だけど日本や世界各地には若いデザイナーの友達がたくさんいて、彼らがここ東京でコピーの被害にあっているという現実。(例えば他国の若手ブランド、Niels Peeraer, Ek Thongprasert, やMoo Eyewearなどでも、偽装品を東京で見かけてるもん。) また、私はハンドメイドのカチューシャブランド”Plumb”をやっているのだけれど、原宿に自分がデザインしたものがショップに並んでいるのを見るのはとても気持ちいい。それなのに、隣のショップにパクられるってどれだけ嫌な気分になるのだろう。正しい認識や教育がこの東京のコピーカルチャーを食い止めてくれると願う。そうすれば消費者は”コピー商品を売っていますね”と声を大にして言う勇気が持てるだろう。そしてショップは気をつけるようになるはずだ。

最後に、ただただ原宿がパクリパラダイスにならないことを強く願って、シリーズを終えたいと思う。

 

Lastly…

Fashion is an interesting industry because it is restricted to the human body which will never change shape. In some ways, it seems that anything that could be done already has been; and huge experimental clothing like Iris Van Herpen’s will not be hitting the mass market anytime soon. In fashion, everything old is new again, and I do not even condemn being inspired by someone else’s work, as long as the intention is not to outright clone it (check out the Tumblr Fashion History Repeats Itself for lots of takes on that http://fashionhistoryrepeatsitself.tumblr.com/).

I am not a lawyer nor influential enough to change anything. I am however, a friend to a lot of young brands in Japan and around the world who are already getting knocked off and sold here in Tokyo (Like Niels Peeraer, Ek Thongprasert, and Moo Eyewear for example from Asia). I have my own brand of hand-made headbands Plumb, and it’s an incredible feeling to see my designs in the store in Harajuku. But how awful it would be to see a knockoff just next door. Hopefully, some awareness and education will keep Tokyo’s copy culture at bay, and consumers will have the confidence to say out loud, “You are selling a copy” and the stores will be more careful.

In the end, let’s just hope that Harajuku never really becomes a Pakuri Paradise.

 

「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?パート1Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? PART1

harajuku-pakuri-takeshita

 

中編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 2. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

harajuku-japan-tokyo-harajuku-1501438-o

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/knockoff-paradise-harajuku-part3/feed/ 0
Lad Musician meets The Velvet Underground 2014-15 AW ベルベットアンダーグラウンド対ラッドミュージシャン秋冬2014-15 http://www.tokyofashiondiaries.com/lad-musician-2014-15-aw/ http://www.tokyofashiondiaries.com/lad-musician-2014-15-aw/#comments Fri, 03 Oct 2014 19:22:39 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31308 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

ladmjsician25

 

Lad Musician takes it’s relation to music seriously, in the way that people consider it a lifeline when down in the depths- LM too cops itself a lifeline to the same crowd with inspirations that “the eye can’t see”. This mix of fashion and sound has carried the brand for almost 20 years.

Inspired by the rock n roll legend Lou Reed who passed into the great stage i the sky in 2013, Japanese brand Lad Musician’s collection was inspired by his music caravan The Velvet Underground for 2014-15 AW

2013年にこの世を去ったミュージシャンのルー・リード(Lou Reed)と彼が活動していたバンド、ザ ベルベットアンダーグラウンドにインスピレーションを受けた2014-15awのラッドミュージシャン。

このブランドは、”音”から得られる”目に見えない”インスピレーションを洋服という”形のあるもの”で自由に表現する。落ち込んだに救ってくれる音楽のように、着る人にとってライフ ラインとなるレーベルを目指す。そんな、”音楽と洋服の融合”をコンセプトにかかげるラッドミュージシャンが見せる今季のコレクションをチェックしてみましょう。

ladmjsician37

The collection consists of The Velvet Underground’s wardrobe staples like turtlenecks and a dulled black palette- one meant to reflect the “sun-swallowing” dark but emotionally sharp lyrics of the band.  Within that base color are slivers of navy and grey, and textured in materials like leather, metallics and mohair.

And Warhol, a a connection to them that couldn’t be ignored, is repped here with the famous “flower” motif and the HEROIN album cover embroidered in caps etc, lending a pop-influence to the collection.

What’s more, prints by photographer Adam Ritchie (who took Lou Reed’s debut-era photos) are printed on t-shirts in a special collaboration.

In all, it’s a recognizable Lad collection, with an oversized, slouchy silhouette and comfortable necks in designs that make the eye travel as smooth as velvet.

http://www.ladmusician.com/

黒とタートルネックをよく着ていたthe velvet undergroundのスタイルと、太陽の光を避けるような彼らの歌のフレーズからヒントを得て、肌の露出を抑えたブラックを中心のコレクションを導きだした。

ブラックをメインにネイビー、グレーや、レザー、ラメ、モヘアなど絶妙な変化を加えダークトーンでまとめながらニュアンスの違いを見せる。

アンディ・ウォーホールと深い関わりを持つ彼らにちなんだ”花” (ウォーホールの代表作)のモチーフや、彼らのアルバム曲”HEROIN”の刺繍を入れたキャップなど随所にポップな要素も入る。

また、デビュー当時のLou Reedらを撮影したAdam Ritchieとのコラボレーションで、Tシャツのグラフィックに彼の撮った写真を使用。

様々なビッグアーティストに影響を与えた巨匠、Lou Reed と The Velvet Underground に捧げる敬意のつまったコレクションだ。

http://www.ladmusician.com/

ladmjsician17

ladmjsician06

ladmjsician01

ladmjsician02

ladmjsician03

ladmjsician04

ladmjsician05

ladmjsician07

ladmjsician08

ladmjsician09

ladmjsician10

ladmjsician11

ladmjsician12

ladmjsician13

ladmjsician14

ladmjsician15

ladmjsician16

ladmjsician18

ladmjsician19

ladmjsician20

ladmjsician21

ladmjsician22

ladmjsician23

ladmjsician24

 

ladmjsician26

ladmjsician27

ladmjsician28

ladmjsician29

ladmjsician30

ladmjsician31

ladmjsician32

ladmjsician33 ladmjsician34

ladmjsician35

ladmjsician36

 

ladmjsician38

ladmjsician39

ladmjsician40

ladmjsician41

ladmjsician43

ladmjsician44

ladmjsician45

ladmjsician46

ladmjsician47

ladmjsician42

 

READ MORE! 関連記事を読みましょう!

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/lad-musician-2014-15-aw/feed/ 0
You MUST know: Mintdesigns AW 2014-15 世界が知るべきミントデザインズ。秋冬2014-15年アナーキー。 http://www.tokyofashiondiaries.com/mintdesigns-2014-15-aw/ http://www.tokyofashiondiaries.com/mintdesigns-2014-15-aw/#comments Sun, 28 Sep 2014 20:24:36 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31006 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

mint_2014aw_09

Just this week, Japanese brand ANREALAGE wowed the fashion industry with their debut on the Paris Fashion Week schedule. After speaking to some international press, a general consensus was that is was of course, “Amazing”, but they also wondered what other brand from Japan is also worthy of being brought into the limelight. That of course, would have to be mintdeisgns, the long-running brand that will be the TOP ticket during Tokyo Fashion Week starting Oct. 13. Just why is it one of the best? …

 

つい先日、東京発ブランドの「アンリアレイジ」のパリデビューで世界的に大注目を浴びた。海外メディアの意見を聞いてみると、「他に注目すべきブランドってなんでしょう?日本から次にパリデビューしたらいいというのあるかしら?」と。来る10月13日からはじまる東コレでも見れる、私が断然にすすめたいのは東京馴染みのミントデザインズ。それはなぜかというと…

 

mint_2014aw_31

Mintdesigns is masterful at developing their own textiles, especially woven jacquards that you won’t find anywhere else in the world. Becoming a highly respected high-end brand requires some knowledge and history of making one’s own textiles, so that’s where they already have a leg up. From there, their fabrics and designs see a sort of cute but dark humor, which juxtapose the somewhat girlie silhouettes. It’s a strange and curious brand, and its surreal shows (often with fantastical hair and makeup by the incredible Katsuya Kamo) make it one you’ll want to know more about but can’t “get it” all the way through. And that’s a good thing.

For the AW 2014 season, the theme was “It’s A Mintdesigns”. The “A” stands for anarchy, as the design duo of Yagi and Katsui were studying at Central St Martins and became fascinated with the concept. Of course, true Anarchy in fashion really cannot exist, but in the context of Mint and how it’s traditionally been designed, this is definitely the most `punk` and `rule breaking` we’ve seen them be.

Flocked prints of luxury belts, safety pins and studs that are actually in the shape of little dolls (brillllllliant) adorn the wide-silhouetted pieces which are it’s signature aesthetic. The dark purple and black, as well as the leather studded pieces are certainly a edgy departure for the brand.

I think that this collection in particular will bring in some new forward-thinking fans, and yet still please the old ones. But if we are talking global scale here, there is still a lot of people who yet need to discover Mintdesigns for themselves.

mintdesigns.com

ミントはテクスタイルの開発者…というのは、オリジナルの織り、ジャカードが世界で他に見ることのできない。オリジナルテキスタイルも作れるのは業界スターの基盤。そこから、ミントならではのユーモアーとひねたエッジさがプラスして、ユニークなレシピからなってる。海外からみると、キュートで少女っぽい要素もあり、さらに「もっと知りたくなる」ブランドである。

今回というと、「It’s”A” mintdesigns」をテーマにかかげた2014-15awコレクション。力強く反骨的な印象を漂わせる。

黒レザーのライダース、スタッズ、モッズコート。。エッジィな要素が目に留まるこのコレクションに秘められた”A”の意味とは?

実はデザイナーの八木さんと藤井さんは共にロンドンのセントマーチンで学んでいた。二人が作り出す今季のミントは、ロンドンのパンク精神や、チェック柄などのブリティッシュ要素を取り入れている。

そんなパンク精神こそがテーマに入った”A”につながるのだ。そう、この”A”が意味するのは”アナーキー”。あえてイニシャルの表現にする事で抽象的な”反骨”をコレクションに落とし込んだ。

さて、今季のオリジナルテキスタイルというのは?…それはおもしろいプリントがたくさんあってボリューミーな内容になっている。

例えば安全ピン柄、ベルト柄、風変わりなチェックなど、ミントファンにはたまらないだろう。おそらく、今回のコレクションで新たにファンになった人も多いのでは?と思う。黒やライダース、スタッズなどのパンチの効いたアイテムはミントにはめずらしいものだけれどしっかりミントの世界になじんでるあたりがさすが。

http://mint-designs.com/

mint_2014aw_02

mint_2014aw_03

mint_2014aw_05

mint_2014aw_12「@」 mint_2014aw_14

mint_2014aw_17

mint_2014aw_20

mint_2014aw_22

mint_2014aw_25

 

mint_2014aw_27

mint_2014aw_29

mint_2014aw_31

mint_2014aw_33

mint_2014aw_35

mint_2014aw_37

mint_2014aw_38

mint_2014aw_41

mint_2014aw_43

mint_2014aw_46

mint_2014aw_47

mint_2014aw_49

mint_2014aw_51

mint_2014aw_53

mint_2014aw_55

mint_2014aw_44

mint_2014aw_56

mint_2014aw_59

mint_2014aw_62

mint_2014aw_64

mint_2014aw_68

mint_2014aw_69

mint_2014aw_70

 

LEARN MORE! 関連記事も読みましょう!

 

SITTING IN THE DEEP END WITH “THE DARKSIDE ISSUE”. MINTDESIGNS 2013 TOKYO.ディープにダークな面を珍しく披露したミントデザインズ2013年春夏コレクション”ザ ダークサイド イシュー”

JFW-MINTDESINGS-0138

 

-Words Misha Janette
-Edits Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/mintdesigns-2014-15-aw/feed/ 1
メイクアップフォーエバー30周年記念をパリコレで開催!Make Up For Ever 30th Anniversary with Kenzo, Pucci http://www.tokyofashiondiaries.com/makeupforever-30th-anniversary-art-of-illusion/ http://www.tokyofashiondiaries.com/makeupforever-30th-anniversary-art-of-illusion/#comments Sun, 28 Sep 2014 07:55:51 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=31252 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

Screen shot 2014-09-28 at 4.55.22 PM

ファッションが自分自身の世界観をつくるのにとても重要な役割を担うように、メイクアップもまた大切な要素。ミーシャはハードコアなファッションムードのときに Make Up For Everというブランドの黒やオレンジのリップを使っているよ。この”ファッション”コスメティックブランドは世界でトップを争うブランド。なぜなら、数多くのファッション界やエンターテインメント業界のメイクのプロフェッショナルに愛用されているから。

今LVMHの一員となったこのブランド。創設者でありメイクアップアーティストのDany Sanzはメイクアップ界の革命児。ファッション界でいうコムデギャルソンのようで、業界にはDanyスタイルの作品がたくさんあるのだ。ミーシャは今回、パリでファッションウィーク中に開かれたこのブランドの30周年パーティに招待していただいた。また、ヨーロッパの”ハリウッド”といわれるところにも足を運んだ。そこでちょっと意外なサプライズが…。

”ファッションはあう意味アートだ” に共感するみなさん、メイクアップだってそうなのですね(男性にも特別なメッセージある!↓↓ )さて、先へ…

As much as I believe fashion is an utmost important factor in creating your own unique world and persona, there’s a LOT to be said about how makeup helps us get there. And the Make Up For Ever brand- which I use when I am in the mood to be hardcore about my personal style (think black or orange lipstick) is one of the most “fashion” cosmetics brands in the world. I say that because of how it is actually one of the most widely used brands by all makeup professionals in the fashion and entertainment business.

Owned by LVMH now, the founder is actually a makeup artist herself, Dany Sanz, and she’s a Goddess in the makeup community… a game-changer like Comme des Garcons. There is a lot of art involved here in Dany’s style… so I was honored to be a guest at their 30th Anniversary Party held in Paris during fashion week. I also visited the “Hollywood” of Europe, where there were some crazy surprises in store. If you believe fashion is art, then makeup is all that and more. Read on…

THE ART OF ILLUSION


 

30周年記念カクテルパーティはPalais de Tokyoの高級なラウンジと外のテントで行われた。この排他的な雰囲気のパーティではモデルやドラッグクイーンたちが奇想天外なコスチュームを着て、それにマッチしたメイクアップで自身を飾っていた。

YoYoと呼ばれるPalais de Tokyoの地下のクラブへ人々が群がり、6つのブランドをMake Up For Everアーティストがどう表現するのか注目していた Art of Illusion。そのブランドとは、Kenzo、JC Castlebajac、 Emilio Pucci、 Shiatzi Chen、Zuhair Murad, & Valentin Yudashkin 。ボディペイントやビジューのみので、洋服をボディの上に再現する、と挑戦的な演出!個人的にはPucciがとても良かった…どっちがどれす、どっちがペイントなのか…レベル高すぎる!実際、メイクアップマスターたちは”ファッション”をファブリックまで拡大させたのだ。

The 30th Anniversary Party cocktail reception was held at the Palais de Tokyo, in the posh lounge and tents outside. At this exclusive reception, models and drag queens dressed in out-of-this-world costumes and with incredible makeup to match.

Then the crowd moved into Yoyo, a club venue deep underneath Palais de Tokyo, to see how the Make Up For Ever artists were able to recreate fashion from 6 top brands: Kenzo、JC Castlebajac、 Emilio Pucci、 Shiatzi Chen、Zuhair Murad, & Valentin Yudashkin with just body paint and bijoux in The Art of Illusion. The Pucci one was so good, it was hard to tell which was which from up above the stage! For this, the makeup masters proved that “fashion” extends beyond fabric… afterward, DJ duo Girls Girls Girls played into the night.

makeupforever-30th-6

makeupforever-30th-7

 

makeupforever-30th-8

 

IMG_8969

 

makeupforever-30th-9

makeupforever-30th-12

makeupforever-30th-10

THE ART OF ILLUSION - SHIATZY CHEN

IMG_8978

IMG_8977

IMG_8976

IMG_8975

IMG_8974

IMG_8973

DANY SANZ創立者の Dany Sanz

 

 

翌日、ヨーロッパの”ハリウッド”と呼ばれる”Le Cite du Cinema” へ連れて行っていただいた。2012年にオープンしたばかりのこれは、LeonやThe Fifth Element, LUCYなどのLuc Bessonによって設立され、数々のスタジオが集まり、アカデミーやスーパースターが見れる。 そこには映画のセットや置物たちがそこら中にいてそれに興奮した私。Make Up For Everは映画やテレビのメイクを学ぶ6ヶ月集中コースをこの9月にここにオープンした。現在わずか14人の生徒が在籍、実に専門的な技術を学んでいる。(プロの方はアプライ出来るからトライしてみてもいいかも! ?) そこでは、偽物の血の入った瓶や人口装具、ひどいあざのあとなど今までみたことないような様々な特殊メイクを拝見。

ツアー中、ゾンビ…そうゾンビ!が予期せぬところから飛び出てきて私たちを驚かせた。ミーシャはScarlett JohanssonがLUCYの撮影中に滞在していたアパートメントでバスルームのドアを開けたとき、なんとトイレにまでゾンビがぁ!!そのシチュエーションは現実離れしていたけど、Make Up For Everというブランドがどれだけクリエイティブか知るのにはとても楽しめる方法だった。(ゾンビでエディターたちを驚かしてアピールするブランドがどれだけあるだろう?w 本当に楽しかった!)

ここでCEOからの自信満々の一言:「どのファッションショーで、どのコスメブランドがスポンサーで入ったとしても、我々の製品を使っている。」ウォー。

The next day I was whisked to the “Hollywood of Europe” or Le Cite du Cinema, a huge complex of studios and academies and superstars that just opened in 2012. It was founded by Luc Besson of Leon (the Professional), The Fifth Element, and LUCY. There are props from the movies everywhere which made a Luc Besson fangirl like me very excited. Here,Make Up For Ever opened a special studio which is a 6 month course on learning how to do makeup for movies and TV. They only have 14 students now, so it’s extremely specialized (but if you’re a pro already, you can try and apply!). There were jars of fake blood (in three different consistencies), prosthetics, “bruising” agents and other crazy makeup I had never seen before strewn about.

Throughout the tour, zombies…YES, ZOMBIES would pop out of nowhere and lurch for us. I was in the apartment that Scarlett Johansson lived in while shooting for Lucy, and when I opened a bathroom door, a zombie was in there on the toilet!! It was very surreal, and of course a fun way to know just how creative theMake Up For Ever brand is (how many brands would have zombies chasing fashion editors?? It was so much fun).

IMG_9130

IMG_9119

IMG_9123

IMG_9120

IMG_9144

IMG_9250

 

パリの(Le Marais区)フラッグシップショップと専門ショップへミーシャはトライしてみたいメイクと黒アイライナーを買いに行った。これは、私は黒リップを2014年は本当にお世話になってる。これのつけるコツですが、ムラをカバーするのに12月に出るものがあるので、また報告したいと思います。アイシャドウはこのブランドを一躍人気にしたアイテムで、フランスでは210色も販売されている。アーティストシャドウは専門家に任せるのがいちばんだっていつも感じてるから、(そして上手く使いこなせる人を尊敬している) 自分で使う前にレクチャーを受けたいと思う。汗

Back at the flagship shop in Paris (in Le Marais) and the professional shop, I went shopping for some black eyeliner to supplement my black lipstick, which I cannot live without for 2014.

The eyeshadow colors have made the brand extremely popular, and there are 210 available in France. I have always felt that colored eyeshadow is best left to the professionals (and respect anyone who knows how to use them well) so I’ll need some lessons before trying them out.

IMG_9257

IMG_9259

IMG_9261

makeupforever-30th-2

makeupforever-30th-1

makeupforever-30th-3

ここでDanyと1対1のトーク。燃えるような赤いヘアの創設者はPatricia Fieldを思わせる。新商品をデザインする彼女のオフィスは半分ムードボードのような、実験室のような感じ。

ミーシャは、女に生まれてよかったという話を彼女にした。だって、顔の見え方を変えたいと思ったときや、疲れた顔をしているときはメイクをすればごまかせるけど、男の人はそんな簡単にいかないじゃない?と笑った。彼女がストレートの男性やドラッグクイーンの男性のメイクについてどう考えているのか気になったから。

彼女は、それは考慮すべきマーケットであり、注意を払わなければいけない。現代の男性もパウダーやコンシーラー、アイブロー、リップクリームを使ってるのが事実。ただ、カラーまではまだ使わないよね。近い将来使い始めるかもしれないけどね?と語った。

また、世界トップクラスを誇る発色の良いアイシャドウのテクノロジーについても伺ってみた。まるで年々小さく圧縮されるコンピューターやスマフォのデータと同じように、より高濃度なシャドウを作り続けられるのか気になった。

見苦しく見えない限り、何色でも合わせて使えるのよ。と彼女。ファッションに置いてのファブリックのように、テクノロジーがこの先メイクアップにおいて大きな役割を果たすことは間違いないでしょうね。

Make Up For Everについてたくさんのことを知る事ができた。そして、”メイクアップこそアート”だという考え方を強く実感した。日本では見かける機会が少ないかもしれないけれど、新宿伊勢丹やEst NationにはMake Up For Everのブースがあって、ミーシャもそこで黒リップをゲットしてるよ!是非足を運んでみてください〜

国内情報のくわしくは makeupforever.jp

I got to speak to Dany one-on-one, the fiery red-haired founder who reminded me of Patricia Field. Her office was half full of mood-boards but also a laboratory, where they design new products.

I mentioned to her that I was so thankful that I was a woman, in that if I wanted to change how my face looked… or if my eyes looked tired or I needed a pick-me-up I could just put on some makeup… but for men it’s not that easy. I wondered what she thought about makeup for straight men or men in a non drag-queen context.

She said that it’s a market that must be considered seriously but also taken carefully. Men wear powder, under eye concealer, eyebrow gel and lip balm, but not color yet. Perhaps in the near future?

I also asked about the technology behind the eye shadows since the concentration of color (発色) is one of the best in the world. Just like data on our computers and in our phones, we are able to squish more and more into smaller spaces by the year. Is it the same with color? Could they keep making it more and more concentrated, like data on a microchip?

She said that you could still only put so much color together before it begins to look ugly. But it goes without saying that technology is playing a huge part in the future of makeup, just like fabric is with fashion.

I learned quite a bit about Make Up For Ever, and it’s attitude which is “makeup IS art”. In Japan it’s a bit tougher to find, but you can get many items at their corner in Isetan Dept Store (Shinjuku) and Est Nation. It’s where I get my black lipstick! And in December they will be releasing a liner that will help with the application- can’t wait for it!

makeupforever.com

 

We transition from day to night concrete jumble outta mind outta sight. #plumbaccessories hair band + ear cuff </p>
<p> </p>
<p>-Words Misha Janette<br />
-Edits Natsumi Yasuoka</p>
<p style=TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/makeupforever-30th-anniversary-art-of-illusion/feed/ 0
Takahiro Miyashita the Soloist goes LIVE 2014-15 AW タカヒロミヤシタ the ソロイストがLIVE演奏 秋冬21014-15 http://www.tokyofashiondiaries.com/takahiro-miyashita-soloist-2015/ http://www.tokyofashiondiaries.com/takahiro-miyashita-soloist-2015/#comments Wed, 24 Sep 2014 10:18:15 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=30831 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

soloist_14aw_21

 

Takahiro Miyashita is Japan’s answer to Hedi Slimane. When he was designing (n)umber (n)ine, he was hailed as a genius, but also a  recluse, and just as obsessed with music and photography along with his fashion dayjob. His subsequent brand, “Soloist” is an extension of that eclecticism. The idea is that “Every person performs in their own world.”

In that vein, the theme for his 2014 AW collection is LIVE. Miyashita said he wanted to create clothes “with a `live` atmosphere”. What exactly did he mean by that?

ソロイストの宮下タカヒロは日本のヘディスリマンのような存在だ、と私は思う。元ナンバーナインのデザイナーだけあって、その天才性が世界に認められる中、表に殆ど出ない、しかも音楽やカメラワークにも幅広く自分の才能を注げるロックスターレベルのデザイナー。

彼の現在手がけているブランド “ソロイスト”には、各個人が独自の世界を奏でる”独奏者”になれるようにと、デザイナーの意志が詰まっている。

そんな精神に基づいた、タカヒロミヤシタ ザ ソロイストの2014awのテーマは”LIVE”。LIVE感のある服をつくりたかった。と語るデザイナーミヤシタさんが送り出す”LIVE感”とはどんなもの?

soloist_14aw_17

To Miyashita, `live` means changing up the way each item is worn for that moment. For this, he made sure his pieces could be worn in different ways, ie to blouse the velvet or not to blouse the velvet? Or wear it tight one-the-town pants, or instead chill-at-home loose pants?

There are some signature go-to pieces here as well that Miyashita often comes back to. Long gowns, leather jackets, velour and mouton, all mixed together for an edgy collection of rock-n-roll but feminine-lined menswear.

Also, we can’t miss talking about the incredible collaborators this time.   They include shoe brands Authentic Shoe & Co., Foot the Coacher, Yoshiko Creation Paris, and Bluebird Boulevard, who put out some cool accessories to round out the collection.

ひとつひとつのアイテムとひとりひとりの消費者が出会うことで生まれる新しいLIVE感。

例えば、ビッグシルエットのアイテムの数々はベルトマークやブラウジングで十人十色の着こなしができ、着る人の体型や動きによってLIVE感が生まれる。リラックスウェアを着る事で感じるLIVE感。

また、デザイナーが好きなものを詰め込んだという今季のラインナップには、超ロング丈のガウンや、レザージャケット、ベロア素材やムートンなど様々な要素が組み込まれ、エッジの効いた側面とフェミニンな面の両方が見て取れる。

さらに、豪華なコラボレーションメンバーにも注目したい。オーセンティック シュー&コー(AUTHENTIC SHOE & Co.)、フットザコーチャー(FOOT THE COACHER)、ヨシコ クリエーション パリ(YOHiKO CREATiON PARiS)、ブルーバード ブルーバード(BLUEBIRD BOULEVARD)など、アクセサリーを中心に7ブランドが製作に携わった。

 

http://www.the-soloist.net/

soloist_14aw_01 soloist_14aw_02 soloist_14aw_03 soloist_14aw_04 soloist_14aw_05 soloist_14aw_06 soloist_14aw_07 soloist_14aw_09 soloist_14aw_10 soloist_14aw_11 soloist_14aw_12 soloist_14aw_13 soloist_14aw_14 soloist_14aw_15 soloist_14aw_16 soloist_14aw_18 soloist_14aw_19 soloist_14aw_20 soloist_14aw_22 soloist_14aw_23

 

LEARN MORE! 関連記事も読みましょう!

Tokyo menswear trend AW 2014: the hybrid puff-jacket ◎2014秋冬の東京コレクションのメンズウェアトレンド:ダウン地のハイブリッド

mr-gentleman-1-tokyo

 

-Words Misha Janette
-Edits Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/takahiro-miyashita-soloist-2015/feed/ 0
FURLA Neo Pop bags for SS 2015 フルラのネオPOPな春夏バッグたち2015。ミラノより中継! http://www.tokyofashiondiaries.com/furla-milan-2015-spring-summer/ http://www.tokyofashiondiaries.com/furla-milan-2015-spring-summer/#comments Mon, 22 Sep 2014 08:07:35 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=30940 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

furla-1

去年イタリアのハンドバッグブランド、Furlaのビデオプロジェクトに参加したのだけれど、その”打ち上げ”ということでミラノに一週間弱滞在していました。#candycoolと名付けられたそのプロジェクトは、東京をはじめとするアジアの女性にフューチャーした4つのショートムービーを撮るもので、出来はとても素晴らしい。もし、まだ見ていない人がいたらチェックして見てください!David Lynchが東京POP文化と出逢い、融合したようなそのムービーは、ファッションビデオとして国際フィルムフェスティバルにも出展した。見ると、「こんな」東京が恋しくなる。

I just spent a little less than a week in Milan during fashion week, as an “uchi-age” (after-party) to a video project I did with Italian handbag brand Furla last year. The project was called #candycool and featured a set of four film shorts with girls in Asia, and Tokyo-not to be biased or anything- looked amazing. If you haven’t seen it, please take a look- it is like David Lynch meets Tokyo POP. It was even entered into the International Film Festival for fashion videos. It will make you fall for Tokyo all over again:

 

ミラノからボローニャに足を伸ばした。そこには本部があって、女性CEOにご挨拶をさせていただきました。それから、ミラノの歴史ツアーもしっかり行ってきましたよ。

でも、それよりなによりまずみなさんにお見せしたいものが。それは、2015ssプレゼンテーションで登場した、最先端技術を駆使したバッグ。

From here, I was taken on a trip to Bologna, Italy where the headquarter grounds are, spoke to the Furla CEO and had some historical tours of Milan.

But first, I want to show you the most exciting thing, the most technologically advanced bag I have ever seen, shown at their 2015 SS presentation…

 

 

 

プロジェクションマッピングを利用した新しくてハイテクなこのアイテム。”バッグの色や柄を変える”なんてことは今じゃ考えられないようなことだけれど、何年後かには実現されるのでしょうね。

ミーシャの目は、Furlaらしい”レディライク”なモデルたちと共に部屋中に広がるポップカラーに釘付け。もちろんそこには2010年から大人気シリーズの仲間入りを果たした”キャンディバッグ”(ビニル素材のバッグ)も存在感を放っていた。

This one is achieved by projection mapping, which in itself is still a highly new technology. We are still a bit off from getting our bags to change skins real-time, but it can’t be more than a few years out from now.

My eyes danced around the room with all of the POP colors, in Furla’s signature “ladylike” models, as well as their popular vinyl PVC “Candybag” which has put them on the trend-making map since 2010.

 

furla-milan-2015-7

furla-milan-2015-8

furla-milan-2015-4

furla-milan-2015-6 furla-milan-2015-5

furla-milan-2015-1

furla-milan-2015-2

キャンディバッグは”キャンディ”、”クッキー”と”バブル”と3つのサイズ展開がされ、それぞれビッグサイズ、ミディアムサイズ、ミニサイズとなっている。ちっちゃいバブルの方が今頃めっちゃ人気らしい。

ミーシャが気に入ったのは、限定のドロップペイントキャンディバッグ。各100個しか世界に出回らないみたい(!!!)

The candybags come in 3 sizes, “Candy”=big, “Cookie”=mid and now “Bubble”=mini (above)

My favorite were these limited edition drip-paint candybags, all limited to only 100 each worldwide.

furla-milan-2015-10

furla-milan-2015-9

高速列車で1時間程のボローニャへ行き、”Furla”というブランドについて少し学んできた。駅から車にのって伝統的でゴージャスな庭園のゲートへと進むと、その中には3つのヴィラが建っている。そこに、Furlaファミリーの本部はある。そこでミーシャはCEOのGiovanna Furlanettoさんにお会いするため座って待つ事に。彼女は創設者ファミリーのひとり。(1927年創設)

上の階の部屋からは大規模なモダンペイントが飾れた、窓を通すt庭園が広がっていた。そこで、華やかながら落ち着きのある雰囲気の女性と話しながらFurlanettoさんを待つ。

…しばらく話した頃、彼女の口からある事実が。”これ、わたしのペイントなんです….”そこで、彼女がCEOだったんだ!とピンと来た。あまりにもクールでリラックスすぎた彼女に明かしたら二人とも笑いながら流したw。そのあと、私たちはアートとファッションの関わりについて熱い議論を交わした。彼女は、Furlaはこれから多くのアーティストとコラボレーションをして、彼らのハンドバッグに新たな側面を加えていく方針であると語ってくれた。(最近は東京ベースに活動するフラワーアーティスト、ニコライバーグマンとコラボレーションの企画を進めていて、10月25日に発売を控えている。)

Furlanettoさんは、Furlaが”Premio Furla”というアワードを14年前に創設した事について話してくださった。これは、尊敬すべきアーティストを発掘することを目的にしていて、この経験を通して、アーティストとのコラボレーションをするべきだと感じることになったという。”決して、浅はかな考えだと思われたくないのだけど、私たちはまずアーティストの現実社会での経験をサポートしていきたいのです。”

実は、最初にコラボレーションをしたのは日本人の”子供絵本のブックイラストレーター”だ。東京都美術館(MOT)のチーフキュレーターの推薦で決まったという。コラボバッグの発表は先になるが、ファンキーなものになるのは確実みたいだ。

I learned a bit about the Furla brand with a little sid trip to Bologna, which was about an hour away by high-speed train. From there we took a car to a gated compound which contained three villas situated around a gorgeous traditional garden. This was the Furla family headquarters. There, I sat down to meet the CEO, Ms. Giovanna Furlanetto who is part of the founding family (established 1927).

We were in an upstairs room with sweeping views of the lush garden and decorated with modern large-scale paintings and I was talking with a bright but relaxed woman, waiting for Ms Furlanetto to show up.

…it was half way through the talk when she mentioned “These, my paintings…” when it clicked that I had been in her company all along! (I felt like a highschool yearbook-level journalist for the misgiving. Oy vey! Luckily she laughed it off when I confessed.). After that we had a rousing talk on the relationship of art and fashion, and that’s when Ms. Furlanetto said that the brand would be working with lots of artists from here on out to add a new facet to their handbags (they are currently working with Tokyo-based flower artist Nicolai Bergmann on a collaboration out Oct 25th worldwide).

Ms. Furlanetto told me that Furla established one of the most respected young artist search awards “Premio Furla” in Italy 14 years ago, and only with that amount of real-world experience did she feel it was time to start working with artists on collaborations. “We didn’t want to appear shallow about it, we wanted the respect and real-world experience of supporting artists first.”

The first artist to collaborate is actually a Japanese children’s book illustrator, recommended by the Metropolitan Museum of Art Tokyo (MOT) curator. The bags themselves will be presented later on, but they’re sure to be funky.

 IMG_8417

IMG_8441

IMG_8409

furla-milan-2015-3

Candycoolビデオキャンペーンに参加した他の女性たちを紹介します。Mirem(韓国版ハーパースバザーのエディター)、Leaf Greener (元 中国版Elleのエディター)、Ellie lcon Lee (香港のファッション/ライフスタイル ブロガー)。私たちはミラノの中心にあるお城のような”Casa Atellani家” へ行った。その素晴らしい館は、あのレオナルドダヴィンチも”最後の晩餐”の創作中に泊まった事があるという。通常、観光用にオープンしているものではないみたいなので、とても貴重な機会をいただきました。

ミーシャ自身は、今回の旅のお供にFurlaのバッグを持っておめかしをした。”Alice”バッグというそれは、リアルフォックスファーで覆われている。(ミラノの陰気な天気からこのバッグを必死で守ってた。まるでお母さんが我が子を守るみたいに。w)

Pictured are the other girls who participated in the candycool video campaign, little Mirem (Harper’s Bazaar Korea editor), Leaf Greener (ex Elle China editor), and Ellie Icon Lee (Hong Kong based fashion/lifestyle blogger). We took a tour to an incredible castle-house called “Casa Atellani” in the middle of Milan, supposedly where Leonardo Davinci stayed while painting The Last Supper. The house is not usually open to tourists, so it was an incredible opportunity.

I myself went a little posh with my Furla bag this trip, with an “Alice” bag covered in real fox fur (I was shielding it from the Milan rain like a mother would her child).

furla-5

furla-2

IMG_8502

furla-3

IMG_8508

 

furla-4

Furlaにあまりなじみがないという方、また、少しでも気になった方、青山や銀座にショップがあるので覗いてみてください。ミラノコレクションで発表されているブランドといっても、他のブランドに比べたらとてもお手頃なのでチェックする価値あり。個人的にはこれからどんどんアーティスティックなバッグが発表されるのが、とても楽しみ!

If you’re not so familiar with Furla, or see something you like, you can find their stores in Aoyama  or Ginza. Also, it may be showing during Milan Fashion Week but the prices are far more reasonable than most brands so it’s totally worth checking out. I myself am looking forward to more artistic bags in the future!

 IMG_8423

 

この度は素敵な経験をさせていただきました。お礼申し上げます。Thank you, Furla★

FURLA ONLINE はこちら

There’s also Wonderfurla, with hundreds of street snaps of stylish women from Tokyo and beyond そして、スタイリッシュな女性たちのリアルなストリートスナップを見ることのできるコーナー、ワンダフルラはこちら

 

LEARN MORE 関連記事を読んで、知識を深めましょう!

MASSIVE GLOBAL CREATIVE PROJECT “CANDYCOOL by FURLA” KICKS OFF IN TOKYO フルラの #CANDYCOOL 世界規模クリエイティブなプロジェクトの第一戦は東京で!そして、なんと私とコラボ!!「2.5次元」的なカオスな東京をあの人気キャンディーバッグで表現してみたら世が賑わいた?!

 

furla-japan-candycool-candy-bag-18

 

-Words Misha Janette
-Edits Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/furla-milan-2015-spring-summer/feed/ 0
“written by…” the new crazy is calm. Tokyo 2014-15 「リトゥンバイ…」狂気と冷静の隙間。秋冬2014-15 http://www.tokyofashiondiaries.com/written-by-writtenafterwards-2015/ http://www.tokyofashiondiaries.com/written-by-writtenafterwards-2015/#comments Fri, 19 Sep 2014 12:44:20 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29488 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

written_by_14-15aw_07

Designer and artist Yoshikazu Yamagata has come up from the wayside to be one of the most celebrated representatives of Japanese fashion culture as art.

He is a creator and a teacher at his own fashion school, but it seems it has been a while since we had seen any fashion from him. In comes his new line “written by…” a contemporary answer to his experimental and goosebump-inducing ideas put forth in his writtenafterwards  brand.

日本を代表するクリエイターのひとり、山縣良和。

多才なアーティストでありながら、ファッション教育にも力を注ぐ彼はどのように己の道を進んできたのか?また、新しくスタートさせたwritten byとはどんなブランドなのか?writtenafterwardsとの差別化は?

アーティスティックな彼が発信するクリエーションはエネルギッシュでパワフルで、見る人を圧倒する。まさに鳥肌もの。

written_by_14-15aw_01

 

Although Yamagata is known for the craziness that is the “anti-fashion” fashion label of writtenafterwards, in 2014 he started written by as an answer to his own idea of wearable clothing. Ah mon dieu! It’s hard to imagine if you are familiar with his work, but sticking to menswear he has come up with a modern set of clothing that is both strangely simple…and simply strange, at the same time. The theme speaks for itself; “Fall and winter….sometimes Spring”
Yamagata is a graduate of Central St Martin’s menswear course and worked as assistants at Alexander McQueen and John Galliano before starting his own line Writtenafterwards in 2007. He has won numerous accolades, including 3 different awards at the ITS competition in Italy alone.
He also started a private fashion school “koko no gakko” (“this school here”) where he is teaching advanced techniques one-on-one to students who themselves go on to win a number of accolades abroad. Look out for more “written by” soon, ad skirt the space between crazy and calm.
彼はこのように、writtenafterwardsで奇抜でアートに特化した創作活動に取り組んできたわけだけれど、2014年に、メンズを中心にリアルクローズを展開する新ライン、”written by”を立ち上げた。つまり、彼なりの”着られる”服づくりの場だ。
数々の海外経験とwittenafterwardsでのクリエーションを経た彼だからこそつくれるリアルクローズとはどんなものだろう?2014-15aw コレクションをチェック。テーマは”秋と冬、ときどき春も”。
セントラル・セント・マーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を卒業、在学中からアレキサンダー・マックーンや、ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを経て帰国。2007年、Writtenafterwardsを設立。また、イタリアの国際大会。ITSでは3部門受賞という経歴の持ち主。

さらに、教育、社会、文化、環境的観点を持ったコミュニケーションツールとしてのファッションの提案に取り組んでいて、学びの場”ここのがっこう”を主宰したり、京都精華大学の教員もつとめる。装う事のいとおしさを伝え、流行の成り立ちや本質を伝える事。創造性を持て”今”を表現していく事、そして心に届ける事を。
これをブランドテーマに掲げクリエーションを発表している。
written_by_14-15aw_02
written_by_14-15aw_03
written_by_14-15aw_04
written_by_14-15aw_05
written_by_14-15aw_06
written_by_14-15aw_08
written_by_14-15aw_09
writtenafterwards09
written_by_14-15aw_10
written_by_14-15aw_12
written_by_14-15aw_13
written_by_14-15aw_14
written_by_14-15aw_15
written_by_14-15aw_16
written_by_14-15aw_17
written_by_14-15aw_18
written_by_14-15aw_19
written_by_14-15aw_20
written_by_14-15aw_21
written_by_14-15aw_22
written_by_14-15aw_23
Check out his amazing “out there” archives for his more experimental line “writtenafterwards”
そしてメインラインとしての「実験的」なライン、writtenafterwardsはこんなにアーティスティック:
lookbook13
writtenafterwards01
writtenafterwards02
writtenafterwards03
writtenafterwards04
00writen-2013ss-121020_037-thumb-500xauto-144145
00writen-2013ss-121020_054-thumb-500xauto-144128
writtenafterwards07
LEAR MORE 関連記事を読んで、知識を深めましょう! 
]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/written-by-writtenafterwards-2015/feed/ 0
中編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 2. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? http://www.tokyofashiondiaries.com/knockoff-paradise-harajuku-part2/ http://www.tokyofashiondiaries.com/knockoff-paradise-harajuku-part2/#comments Wed, 17 Sep 2014 07:16:39 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=30738 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

harajuku-ura hara tower

PART 2

先日デザイナーの友人に会って、この話をあげなければと確信した。彼は、今ジェネレーションで成功してるストリート発ブランドのひとつ、ジョイリッチのクリエイティブディレクター、デイビッド。

彼は、あるお客さんからもらったメールについて話してくれた。

“ジョイリッチ大好きです!でも、安いチェーンストアで全く同じものが1000円で売っていたら、正直ジョイリッチの9000円の服を買う気がなくなります。”

彼は呆れたように笑った。

ジョイリッチファンがわんさかいる原宿の裏通りに入ると大きな問題が見えてくる。個性的で過激でエッジの効いたショップにパクリ問題が発生しているのだ。これは、ルイヴィトンやシュプリームのようなビッグブランドの盗作という話に収まらず、数え切れないほどのショップが、近所のショップのコピーを作り、まるで自分の製品のように平気な顔をして売っているのだ。

取引した覚えのない店に似た服を見つけたり、ロゴやモチーフのコピー商品を身に付けた消費者を見かけたり。そんな被害者はジョイリッチだけじゃない。日本のストリートカルチャーはこのままコピーカルチャーと化すのか?

 

My designer friend who compelled me to write this series has created one of the most successful brands in the street style realm of this generation. His name is David Melgar and his brand is Joyrich.

He told me about a message he received:

“I love your brand so much! But how can I spend ¥9000 on your skirt when the F21 down the street sells the same exact thing for ¥1000?”

 

David laughed. But not in a funny way, in a FML sort of way.

 

I think the bigger problem becomes clear when you step into the backstreets and alleys of Joyrich’s Harajuku ‘hood and see nearly every edgy, fringe store is carrying a knockoff of some sort. These shops aren’t just going after big wigs like Louis Vuitton and Supreme, they are digging into their own neighbors, stealing copious cups of sugar, and selling it as their own.

And Joyrich is not the only brand that is finding itself in shops it doesn’t remember selling to, or seeing people in items it doesn’t remember designing. Has Japanese street fashion really become this complacent with copy culture?

 

harajuku-japan-tokyo-harajuku-1501438-o

Harajuku Crossing. Source 

Top photo the amazing (c)JohnHathaway 上載の絵はイメージ画像であり記事とは無関係

 

 

去年、あるプロジェクトの話が舞い込んだ。ヨーロッパへ「今」の東京ブランドをいくつかを取り上げ、業界のトップエディターやバイヤーの前でファッションショーをさせるというもの。ビジネス+東京っぽさで考えると、渋谷のストリートブランドを超えるものは無いでしょう。

でもあることで、リスクを見えていた。

それは数々のアイテムがヨーロッパのハイファッションのコピー商品っぽいことだった。そのショーに出席していただくプロのエディター達とバイヤーにすぐにバレるでしょう、と。日本のオリジナルイメージはあっという間に餌食になってしまうかもしれません。”。結局、ショーは行われずに流れた。

これは、全てのブランドがコピーの上に成り立っていると言っているわけではありません。日本には次のシーズンに向け、自分たちの道を極め、おもしろいものづくりをしているブランドが数え切れないほどたくさんあるはず。特に世界中の”小さなブランド”がこの、価値ある”変わり続けるファッションサイクル”を作り上げている。これらの小さなレーベルは小さなスペースで作り、小さなスペースで売り(原宿でみられるケース)、毎シーズンついてきてくれるようなファンや友人のコミュニティを広げ顧客を獲得し生き残っていく。一瞬の気のゆるみが、ビジネスの大失敗に繋がるかもしれないし、彼ら自身の商品を上回る程売れるということも、起こりうる。

何年か前、元原宿バブルスのバイヤー、コイちゃんに繊研新聞のためのインタビューをしたときのこと。彼女は他の原宿ショップが自分のお店のコピーをしているのを見つけたと話していた。”同じプレゼンテーションまでしている!あり得ないでしょ。”

コイちゃん、残念なことにあれから事態は悪化してしまったのだよ。

Last year, I was asked to participate in a project that would bring several Japanese brands to Europe to do a fashion show in front of top fashion industry editors and buyers. When it came to popularity and business strength, nothing could top a 109/Harajuku brand. But as popular as that brand was here, I immediately told the organizers how much a disaster it would be:

“I could point out every single high fashion brand that every item of theirs is knocking off. And the editors there could do the same. The image of Japanese originality would be pulverized,” I warned. The organizers listened. The event never went through.

That is to say, not every brand survives on copies. There are more original and unique brands than I can count still fighting their way through to the next season in Japan. This “small-brand” mentality makes for an extremely varied and ever-changing fashion ecosystem that is envied the world over..although it IS volatile. These little brands basically sell out of their closets (literally, in some Harajuku cases) and they survive by their teeth by creating a small community of loyal fans and friends who come back every season. Even one little burp could put them out of business, and getting outsold on their own design is one way that could happen.

A few years ago I was interviewing Coi-chan, the ex-buyer for Bubbles in Harajuku, for an article in Senken newspaper. She had just discovered another shop that was copying her own. “They were selling my stuff, all the way down to my VMD! Can you believe it??”

Sorry Coi-chan, it just got worse.

 

harajuku-100_4409

Joyrich’s Betty Boop print is now everywhere ジョイリッチが打ち出したベティブープ柄

 

マスマーケットはなぜ今、ストリートに注目しているのか? 

原宿ではコピー商品を売るショップが拡大している。オリジナル商品ではないのは明らか。大型工場や、馬喰横山や韓国の問屋で仕入れたアイテムを店頭に並べている。ミーシャは、これにどうしても違和感を覚える。なぜ消してマスマーケットとは言えない、原宿の奇抜なブランドのコピーに走るのか。原宿のファッション生態系が原宿を取り込んでしまっているのが理由だろう。なにかが狂ってしまった。

原宿タイツショップの「アヴァンギャルド」のオーナー、渡辺さんがお話してくれたように、そのままの、陰湿なコピーアイテムを作り出す大企業は、”あなたが最初にかっこいいものを作ったからコピーをするのだ“、と。

 

げっ。

 

これと同じことがジョイリッチでも起きている。デイビッドがデザインしたノスタルジックなキャラクタープリントは爆発的人気を博した。事実、彼が所有するキャラクターのライセンスを持つところが、彼の作り出したトレンドにのっとり、彼のグラフィックをコピーしたものを販売しているのだ。ミーシャとデイビッドはふたりで歩いているとき、そのものを着ている人を何百人、何千人も見た。”俺のデザインだよ、どうみても。どうすればいいだろう?”と困り果てていていた。

ミーシャのお気に入りブランドのひとつ、Vive VaginiaはSi Ouxがスタートさせた小さなレーベル。UFOチックなグラフィックタイツで人気(^_~)。何年もの間、彼女はこのタイツを自らプリントし、技術を伸ばしてきた。小さなブランドだけど、ファンはたくさんいる。しかし、彼女は自分のタイツが海外オンラインサイトで売られているのを見つけた。パクリ事件はここにまで広まったのだ。

“最初はショックだった!ひとつ注文してみたら、クオリティは最悪だし、グラフィックは上下逆だし、私のスナップを宣伝に使ってたの。しかも売り切れだった。”彼女は言った。

渋谷と原宿では小さなブランドがコピーされるという事態がさらに横行しはじめた。

もしかすると…これ…?!消費者の心理は、同じ商品でも ”手頃な値段”=”マスで安全”、”高い”=”モードすぎて手が出せない”となってしまっているのかも?!

 

Mass market manufacturers: Why are they interested in street culture now?

These shops in Harajuku selling knockoffs definitely aren’t manufacturing clothes on their own. They come from giant factories and wholesale stores in Bakuro-yokoyama or the Korean markets. It seems strange to me that fashion manufacturers would go out of their way to copy these fringe Harajuku brands which are certainly not considered mass-market. There’s a reason the fashion ecosystem of Harajuku has been contained in Harajuku… it’s loud, weird and daring.

As Avantgarde tights brand owner Watanabe Kazuhiro told me, when he rang up an insidious large-scale manufacturer who was directly copying his tights-down to the packaging- he was told that anything he did would be copied “Because you make it cool for us first.”

 

*gulp*

 

That is what happened with Joyrich. The nostalgic character print graphics that David designs (after hurdles of negotiations with license holders who bank on the brand’s “cool” factor) have proven to be TOO popular. When we were out together we saw the thousandth person walk by wearing one. He groaned, “These are MY designs. What do I do??”

One of my favorite brands is Vive Vagina, a very small label started by Si Oux, known for it’s “UFO”-ish graphic *cough vagina cough* on the shins of tights. For years, she only sold these tights that she screen printed by hand at home using a technique she developed, gaining a small but loyal following. Then she discovered her tights being sold online overseas.

“I was so shocked at first! I ordered a pair and the quality was awful. The graphic was upside down. And they were using my own street snaps to promote them. And then…they were sold out,” said Si Oux.

As Shibuya and Harajuku get more and more mainstream, the little brands get copied more too. It seems to me that in the mind of the customer, somehow if something is “cheap” it must be “mainstream and safe” while if something is more “pricey” it’s considered “too fringe to wear”. Ironic, don’t you think?

 

harajuku-Kyary-Spinns-Harajuku-2011-08-04-G98361懐かしい… from Tokyofashion.com
ファッションジャンルが豊富な中、「オリジナリティ」を追いつけるか

今日は最後にお伝えしたいのが、プロデューサーと呼ばれる方や、モデルや芸能人が立ち上げたブランドの多くはいわゆる「日本のファストファッション」。プロデューサーの人気によってブランドの人気も変わる。絶大な人気を誇るプロデューサーのブランドは大儲けってわけ。こういう市場は現在欧米ではなかなか見なくて、(まったく嫌みではなく)日本の素晴らしく斬新なビジネスだと思う。

プロデューサーがクリエイティブだったり、いいデザイナーで、「今」と「次」をうまくキャッチしてファッションで表現できる方だったらめっちゃめっちゃ良しとしたい。そのプロデューサーも面白い子だったりするとなおさら人気が出て、ロイヤリティのあるお客さんになってくれて、大成功できる。欧米はこういう上手なビジネスを嫉妬するでしょう!!

私はこのアイディアに賛成で、これによってオリジナルなものが沢山生まれてきたと思う。そして、実際にかっこいい”プロデューサーブランド”はいくつもある。私が出演しているNHK国際放送「カワイイインターナショナル」という番組で東京のかっこいいストリートブランドを厳選して世界に発信しているし、色々お勉強になっている。

ただ、多くのプロデューサーがデザイナーではなかったり、ブランドを持続させるオリジナリティに十分な能力がないこと、それが問題なのだ。海外ファストファッションと変わらず、コピー品をたくさん流出してしまうの。

ここでちょっとした逸話をご紹介。

ある時、ミーシャにプロデューサーブランドからコラボの企画のお話をいただきました。わくわくしながら新しいデザインのスケッチを用意しました。そしてパタンナーの方との打ち合せと、ブランクな商品図をお願いしたら、ミーシャ、ぽかん顔。

彼らが発した言葉にショックをうけた。

“この方法だと出来ません。雑誌の切り抜きを持ってきて、好きな洋服のどのパーツを使いたいかおっしゃっていただければ、その通り作ります”

 

ゲッ。

 

日本のストリートはこのようなブランドで溢れて数年が経った。(消費者がこれに気付いているか気付いてないかは置いといて)。悲しいのは、原宿スタイルのプロデューサーまでもこれをやり始めてしまったこと。本来であるすべき、原宿は世界に誇るユニークファッションエリアで、クリエイティビティの宝庫だったのに。

やすいコピー品は日本のファッションではないはず。なのに、メディアは『ジャパニーズファッション』のように扱いはじめている。パクリカルチャーは広まりすぎているのではないか…。よくもわるくも日本の文化の特徴である ”グループ行動” =誰かひとり、動き出したら、みんなが安心して追って行く。お互いにコピーし合ってもOKという、無限ループなのだ。

私は消費者と市場には様々な事情があるのはわかっています。せめるだけではなにもかわらない。

でも、革命は知識からはじまる、と私は信じてます。

パート3は、この問題に解決方法はあるのか、また、海外ではどのように立ち向かっているのかを話したいと思います。

(海外コレクション巡回で少しばたばたしているため少し間があくかもしれませんが、最後まで是非お付き合いください)

 

Copy Culture in “Producers”

 

Lastly for today, I want to bring attention to a problem growing at home. These are brands run by so-called “producers” (creative directors), or mini celebrities like magazine models who are given their own clothing brands like they’re candy. 90% of these are Japanese fast-fashion labels.The brands come and go with the popularity of the producer, but one with a loyal following can make a killing.

Some of these producer-led brands are actually unique, and if the producer is creative or a good designer, it can really be a bright spot in the Japanese apparel scene (and the whole process and community around it is so unique, I’m sure any American brand would kill to have that loyalty. Learn about that here.). I’ ve met a few producer-led brands that are quite cool, especially on my NHK World Broadcasting show “Kawaii International“ which is good at picking the best brands to showcase.

….The problem is that many of the producers are not designers, or aren’t creative enough to run a long-lasting brand. Some are even appallingly shady. I will leave you with this anecdote:

I was invited to collaborate with one such brand, and I excitedly (naively) came up with a series of sketches of designs I thought would match the brand but still be new and fresh. I asked for some garment “blueprint” sheets and to meet with the patterner. I was met with blank stares.

What they said still shocks me:

“We can’t do it that way. Just bring in some recent magazine clippings of your favorite items and show us the parts of it you like and we will make it.”

 

 

*gulp*

 

The streets are full of brands like this, and has been for a long time (whether shoppers know it or not). The sad part is when the Harajuku-style producers do the same thing. Harajuku is supposed to be the most unique fashion neighborhood in the world, and its denizens full of creativity.

This is not Japanese fashion. But the media treats it like Japanese fashion. The culture of copying has become far too mainstream for comfort. The way that Japanese culture works is after one person does something, others will feel safe to follow. So as long as these local brands and shops are copying each other, it will continue on and on.

I understand that it’s a dog-eat-dog world and everyone has their situations and all. And yelling about it won’t fix it. However, I believe that change and revolution starts with knowledge.

Part 3 will talk about some opinions I’ve garnered on what may be done about it, and how the fight is being waged abroad.

 

Words: Misha Janette
JP edits: Natsumi Yasuoka

LEARN MORE 関連記事も読みましょう!

後編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 3. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

harajuku-dsc01898

 

「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?パート1Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? PART1

harajuku-pakuri-takeshita

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/knockoff-paradise-harajuku-part2/feed/ 0
モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京編 Girls in black lead colorful lives. Featuring: Tokyo. http://www.tokyofashiondiaries.com/girls-in-black-lead-colorful-lives-no-2/ http://www.tokyofashiondiaries.com/girls-in-black-lead-colorful-lives-no-2/#comments Mon, 15 Sep 2014 08:17:27 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=30211 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.

 

  Photos: Celia Humphries

previewL103162228-08-14-©-Celia-Humphries-edit
Jacket, shoes: Onitsuka Tiger by Andrea Pompilio. Skort: Jenny Fax

 

preview-Misha-Back-crop-©-Celia-Humphries-edit
Chiffon panel sweater: Cherie

 

Preview-Misha-Beauty-Large-crop-©-Celia-Humphries-edit
Jacket: Yuge . Makeup: Colorstay liquid foundation and Skinlights pressed powder

revlon-Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries

(special thanks to PR01)

Photos & direction: Celia Humphries

Styling & Artwork: Misha Janette

 

以前から続けているこの撮影。今はレブロン の協力のもと続けることができています!題して、”クリエイティブな都会の女性のセレブレーション”シリーズ。” 人生に彩りを与えるように、メイクアップにより色をポイント的に使います。

たとえば、白黒いコーデのスタイリングに自分のイラストをコラージュをしました。そこにポイントカラーとして、イマジネーションを潜める大都市のカラーポイントを撮りおろしました。今回は東京だけど、次はニューヨークとヨーロッパに連れて行きます!

私のカラフルなライフを送る、東京のブリリアントな一こまを撮りおろした写真をシェアします:

 

I started this series with a photo set from before. Now I have partnered with Revlon to continue the series of shoots, celebrating creative girls in the city. Just like with makeup, we can add in “points” of color into our lives through great experiences. I am going to share my own imagination with you, through these photos of black outfits I put together, collaged with my own illustrations. And then I have photos of the city, in colorful “point-color” style. First up is my home of Tokyo, next I will take you to New York and Europe!

 

Here are some snapshots of Tokyo, where I spend my own beautifully colorful life.

IMG_7519.JPG

 

IMG_7520.JPG IMG_7516.JPG IMG_7554.JPG

 

IMG_7525.JPG

 

IMG_7557.JPG

 

IMG_7556.JPG

 

IMG_7603.JPG

 

IMG_7560.JPG

 

IMG_7559.JPG

 

IMG_7518.JPG IMG_7506.JPG

 

IMG_7510.JPG

 

IMG_7515.JPG

 

IMG_7514.JPG

IMG_7563.JPG IMG_7511.JPG

IMG_7564.JPG

 

IMG_7561.JPG

 

IMG_7562.JPG

 

IMG_7565.JPG

 

IMG_7605.JPG

 

revlon-ezgif-maker

 

ファンデーションは自分の指で塗るのが1番だと、前に雑誌で読んだ事があった。それは正直面倒!でも、肌に早く馴染むし無駄遣いもしなくてすむ。軽いフェイスマッサージのようなものだと思ってます。レブロンのファンデーション「カラーステイ メイクアップ」を素肌に使用、仕上げに「スキンライト プレストパウダー」で陶器のような肌に。このリキッドの特徴は、ソフトに肌に馴染み込ませても長時間のメイキャップをキープできること。 え、あなたもクリエイティブガール?それなら教えて!きっとあなたもこのシリーズでフューチャーされるべき女性! サポートしていただいているレブロンに感謝申し上げます。

 

I read in a magazine that the best way to put foundation on your skin is with your fingers. It’s the messiest for sure, but it melts into your skin faster and doesn’t waste product. Life can get messy, but this is a piece of cake. I wore Revlon Coverstay makeup foundation in Buff and finished it with Skinlights Pressed Powder in lavender for a porcelain complexion. Are you a creative girl too? Let me know! Maybe you will feature in this series too! Big thanks to Revlon for their support.

revlon-img_main45

READ MORE! 関連記事も読みましょう!

A NOIR city life in amazing technicolor ◎ 「美しく彩るノアー」な人生を送る女性。

NOIR-Misha-grafic-2-©-Celia-humphries   Photos & direction: Celia Humphries

Styling, artwork, instagram photos and words: Misha Janette

Edited by Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki

INSTAGRAM: MishaJanette 

FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD

GOOGLE+ MishaJanetteFleming

WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/girls-in-black-lead-colorful-lives-no-2/feed/ 1
Calvin Klein 2015 Spring Summer and Reveal Release Party カルバンクライン春夏2015年、Revealの豪華パーティレポート http://www.tokyofashiondiaries.com/calvin-klein-2015-spring-summer/ http://www.tokyofashiondiaries.com/calvin-klein-2015-spring-summer/#comments Fri, 12 Sep 2014 21:08:01 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=30518 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

CALVIN KLEIN Women’s Spring 2015 Collection Runway Show

 

アメリカファッションは、歴史が浅い分、アティチュードと勢いがある。Calvin Kleinは洒落感のあるスポーティなファッションという一面をアメリカに与えた。それは、セクシーミニマリズムの幕開けと共に揺るぐ事のないものとなった。2015ssコレクション、マンハッタンのトライベカで開かれたそのショーのクールな空気感ウェイブレングスはアッパーイーストまで広く渡ったでしょう。

カルバンクラインのショーチケットはニューヨークでもとても人気で、いつも最終日にショーを行う。シートには一流業界人がずらっと並んでいる。光栄な事にミーシャも招待していただいた。ショー当日、おそるおそるVarickスタジオへ向かうと、ストリートフォトグラファーたちがわんさか居てフラッシュの嵐。何シーズンもアテンドするとフォトグラファーたちはスタイルや名前を覚えてくれる。ちょうどカルバンクラインの新作を着用してたから、わくわく感がここから始まった…

What America lacks in fashion tradition, it definitely makes up for with attitude. Calvin Klein embodies the sleek but sporty side of American fashion, and it has never wavered since the dawn of sexy minimalism. In the 2015 Spring/Summer show held downtown Manhattan, there was attitude all the way to Brooklyn.

The Calvin Klein show is a hot ticket at NYFW, and always held on the last day. Seats are elusive so it’s the (non-fat)cream of the crop in attendance. I was honored to be invited, and walked up to the Varick Studios with trepidation and a wall of flash bulbs from the street photographers. The more seasons you attend, the more the photogs get to know you and your style and learn your name. It seriously starts to turn into a paparazzi experience…

image

タオ、ミーシャ、マリエ @ カルバンクライン2015春夏のコレクションショー @ NYFW
Tao Okamoto, me and Marie front-rowing it at Calvin Klein 2015 SS 

 

 

calvin klein-2015-ss-IMG_8680

 

逃げるように中に入ると、会場はNYの空から降り注ぐ陽の光につつまれていた。カルバンクレインのショーに完璧なシチュエーションだ。余計なものを全て取り去った、ストレートな空間はまさに、このブランドの目指すものだから。

もちろんエンターテインメント要素も満載。今回はサラジェシカパーカーと女優ルーニーマーラがアナウィンターの隣に着席していた。そしてショーが始まる頃、ミーシャも席に着いた。

音楽はダークでムーディー、インダストリアル系の音楽は最後まで鳴り続いていた。モデルたちが分厚いアクリルの上を歩き、光沢のあるジャガード地のドレスが輝く。後ろ姿は金属で装飾されていた。これはまさに前衛的。遠い未来ではなく…たとえば5分先を行くような、フォーワードなNOW感。

日本のスーパーモデル、タオがお気に入りのディテールを教えてくれた。それは、ロングオープンスリーブの効いたデザイン。また、ロングなシルエットのものは、彼女の着こなしを見てみたい!とても親切にこのショーに関する質問に答えてくれた彼女は本当にプロフェッショナルだった!

ミーシャが気に入ったのは胸元が大胆にカットされたネックラインのシャイニードレス。そして真っ赤なコートにも目を奪われた。

 

I ducked inside, and the show venue was filled with sunlight from the New York City sky. It’s the perfect setting for the Calvin Klein show, as it is a brand that tries its best to be straightforward in what it does. This means stripping away any distractions; it’s natural and airy.

Of course, there is plenty of entertainment in the celebrity arena, such as Sarah Jessica Parker & Rooney Mara sitting next to Anna Wintour at the show this time (above). I took my seat right as the show started.

The music pulsated dark, moody, industrial sounds that never let up until the end. Girls walked out in chunky acrylic platforms, and gleaming dresses in glossy jacquard. The backs were embellished with silver hardware. This was definitely forward, but not far-off futurism. Like… 5 minutes in the future.

Tao, the Japanese supermodel was there and told me her favorite looks were the long open sleeves and the elongating double-length skirts. And of course the plunging neckline, because she can pull it off. Tao was extremely obliging with answering my questions about the show- such a pro!

My favorites were the shiny dresses and the plunging neckline. The red coat is also an eye-catcher.

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-002

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-010

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-012

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-013

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-014

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-016

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-023

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-025

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-029

 

calvin-klein-collection-w-s15-091114-ph_lecca-dan-031

calvin klein-2015-ss-IMG_8675

calvin klein-2015-ss-IMG_8671

コレクションのスタイリングで見るように、「靴をコーデの色にマッチングさせてもいいって!」というトレンドが流行するかもね。

数日前の月曜日にはカルバンクレインの新しい香水”Reveal”のリリースパーティがあった。これが本当に素晴らしかった… 4WTC (ワールドトレードセンター)で開かれたのだが、実はまだ公にはオープンしていないもの!! ワープするように、エレベーターで68階まで上がった。マンハッタンの向こう側までも一望出来る景色は目を見張る程美しかった。でもそこには他にも人々の注目をさらうものが。プライバシースクリーンの裏で繰り広げられるダンサーやモデルたちによるセクシーなパフォーマンスだ。そういう控えるとこのないはニューヨークっぽい!とすごく感じました。

パーティ途中に証明が更に暗くなり、イギーアゼリアとリタオラがステージで登場!すごくアツいパフォーマンスを披露してくれた。

NYや他の大きな都市で催されるパーティはおもしろい。セレブリティたちが顔を出し、友人とおしゃべりをしたりしてその空間を楽しんでいるなかで、他の人たちもごく自然なの。スタッフで囲まれたセレブが5分しかいれなくて、全然楽しめない、東京とは大違い。 Sky Ferreiraは会場でともだちと一緒にいて、ファッションエディターたちとのおしゃべりに花を咲かせていた。

As you can garner from the styling in the above collection, it appears it’s going to be OK to get really matchy-matchy with your shoes and outfit for next season. I`m allllll over that, it’s easy on the eyes and super chic.

Just a few days earlier, on Monday, was the release party for Calvin Klein’s newest perfume called “Reveal”. The party was absolutely stunning… held at the 4 WTC (World Trade Center) which is just nearing completion and not even open to the public yet, we zipped up (elevator to space style) to the 68th floor. The views over Manhattan and beyond were certainly arresting. But there was something else grabbing our attention; The sexy performance by dancers/models being held behind a privacy screen.

Then the lights were dropped even lower, letting the city light up the room. Iggy Azalea took the stage and brought Rita Ora up for a song as well.

It’s interesting at these parties in NY and other big cities, where celebrities come to the party and chill for awhile, chatting with friends and other people very naturally. Unlike in Tokyo where celebs only stay for 5 minutes and are totally surrounded by staff, not really able to enjoy themselves. Sky Ferreira was there hanging out with her crew, talking with fashion editors gushing about how they are fans.

 

Global Launch of REVEAL Calvin Klein

calvin klein-2015-ss-IMG_7738

calvin klein-2015-ss-I

calvin klein-2015-ss-IMG_8154

Global Launch of REVEAL Calvin Klein

Iggy Azalea and Rita Ora

 

 

 

Global Launch of REVEAL Calvin Klein

[INSERT EVENT CAPTION]

 

calvin klein-2015-ss-IMG_7749

calvin klein-2015-ss-IMG_8153

ハネリさんい紹介してもらった♬ Model/Blogger Hanneli and Misha 

カルバンクレインでの経験は全てがミーシャにとって新しかった。アメリカファッションの中心を担う人たちと席を共にし、間近でその空気に触れられた。この、キレイめスポーティ、エレガントなルックはミーシャがとても気になっていて、試したいスタイル。きっと、みなさんにとってもトライしやすいものだと思う!

The whole Calvin Klein experience was a new one for me, being a part of such a historically central figure to American fashion and getting an up-close view. The sleek, sporty, elegant look is definitely something I want to experiment with, and I think it will be something easy for all of you to try as well.

calvinklein.com

 

TWITTER: FashionTubuyaki

INSTAGRAM: MishaJanette 

FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD

GOOGLE+ MishaJanetteFleming

WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

Runway: © 2014 Dan Lecca

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/calvin-klein-2015-spring-summer/feed/ 0
Meet somnium ,where hallucinations become accessories. 身につけられる夢と妄想?空想をアクセサリーに落とすソムニウム を紹介 http://www.tokyofashiondiaries.com/somnium-accessories/ http://www.tokyofashiondiaries.com/somnium-accessories/#comments Thu, 11 Sep 2014 15:36:48 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29931 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

somnium32

This is a brand that is all over the Tokyoites and other Japanese who are one step ahead in fashion. It’s called somnium, a Latin word which means feverish dream (where we get “insomnia”).

True to its namesake, the accessories are daydream and fantasy-like, and still ethereal in their lightness and airy form. These are supposed to take the wearer one stratosphere up, closer to the cosmos and are a badge of in-the-know cleverness. There’s a sense of mangled pureness here, like something is slightly off. Not too pretty but not too strange. See the huge look book below for yourself:

今、一歩先をいくファッションピープルたちを虜にしているアクセサリーブランドがある。

その名もsomnium、ラテン語で”夢や幻想”を意味するそうだ。

その名の通り、”頭の中で抱いている、空想、妄想を、身に着けられるものへ変えていく。身に着けた人の生活にちょっとした非現実感を与える。そんな願いをアクセサリに込めて”というコンセプトのもと、なんとも言葉で表現しがたい独特の空気感をまとったアクセサリを展開する。

ピュアでありながらユニークでしっかりと主張するソムニウム  アクセサリーの数々を紹介。

somnium10

Somnium is at its best when it is architectural. Many of the pieces also seem inspired by mathematics or chemistry as well. Yet in true wabi sabi form, they are calm and not pushy; a simple way to dress up a look with something truly unique.

The brand is garnering fans for an attention to details. I myself became a fan when I picked up a wooden bib necklace made with traditional Japanese techniques by artisans. These wood pieces feature heavily in the brand’s repertoire and is a fluid mix of yesteryear and today. They also mix up their materials, like using pearls, cotton, metal and wood on one item.

The lookbook this time is modeled by popular twins Yusuke Devil and Asami as Gemini. See it for yourself:

得意とするのは構築的で立体的なシェイプ。特に、科学やジオメトリーからインスパイアされた作品が数々。ユニークなデザインで存在感を残しながら、服のコーディネートを邪魔せず、アクセントとなるような細いラインからなるアイテムたち。

さらに、見えないところや細かい所までおしゃれに気を配られたデザインも、ファンを増やす要因になっている。また、ウッドビジューと金属や、コットンパールと金属など、異素材の絶妙な組み合わせもこのブランドの持ち味。ウッドのアイテムにすぐにひかれた記憶はある。職人系の伝統技術を使用したもので、特別なワンアイテムで、すぐにつけたくなった。

今回のルックブックでは双子座を演技するYusuke DevilとAsami兄弟が登場。

http://somnium-web.com/

somnium15

img_461295b589feddcb9ae0680bfee42576

img_f7475a7d9cf759f75f9471ab3d3eb3a1

somnium01

somnium04

somnium05

somnium06

somnium07

somnium08

somnium09

somnium11

somnium12

somnium13

somnium14

 

somnium17

somnium18

somnium19

somnium20

somnium21

somnium22

somnium23

somnium24

somnium25

somnium26

somnium27

somnium28

somnium29

somnium30

somnium31

 

somnium33

somnium34

somnium35

somnium36

somnium37

somnium38

 

http://somnium-web.com/
Words: Misha Janette
Asst editor: Natsumi Yasuoka

 

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/somnium-accessories/feed/ 0
Naturally male AND female. Helmaph and Roditus 2014-15 キーワード:男女両性の一体。新人ヘルマフ & ロディタス、秋冬2014−15 http://www.tokyofashiondiaries.com/helmaph-roditus-2014-15-winter/ http://www.tokyofashiondiaries.com/helmaph-roditus-2014-15-winter/#comments Mon, 08 Sep 2014 19:03:18 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29737 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

helmaphroditus-look-book-autumn-fall-winter-20144

Now for something new! Established in 2013 by the Higuchi siblings, this is Helmaph and Roditus. It came onto my radar by looking through a number of overseas fashion zines and it kept coming up… it was a surprise to me to find it was a Tokyo-based brand. Titled “Beautility”, this collection fuses decidedly frilly trimmings and patchwork lace with heavyduty outerwear and working casual designs.

This mix of texture and utility is a signature of Sacai, and I think it is having a good influence on the next generation of Japanese designers….

2013年に兄と妹でブランドを立ち上げて以来着実に人気を集め、ますます注目されるhelmaph & roditus。

2シーズン目の2014-15awコレクションでは”beautility”をテーマに、白とデニムでまとめた。ブランドコンセプトである”性差を問わず感じる美しさ、スマートさを追及”に沿ったクリエーションは女性的な印象のあるレースと、男性的なミリタリー要素が混ざり合う。海外のweb媒体やセレクトショップなどでも多く扱われているhelmaph & roditusをチェックしましょう。

helmaph2014617-20140319_003-thumb-500xauto-287856

 

 

Designers Kimihiro and Ayano both went abroad to hone their skills as buyer and patterner, respectively, before establishing Helmaph. Now, I need to get to their exhibit just to ask them about their name and what it means. Unless I am allowed to conclude that the “female and male” parts of the design concept is what I think it is… a play on the word “Hermaphrodite” (A human born with both male and female genitalia). It’s a philosophy that is really on-point with the fashion mood these days and if the brand can make it past their first 4 seasons then there could be great things in store. 2 down, 2 more to go…

To learn more about Helmapg & Roditus see their official HP

樋口公博さん、彩乃さん兄妹は、長年それぞれの場でファッション関わりをもってきた。

互いに海外での経験を通し、男女差のないファッションに触れたことをきっかけに”メンズ、ウィメンズと分けるのではなく洋服という大きな括りで見てもらいたい”という思いを共有し、2013年AWでブランドデビューを果たした。

ブランドタイトルは、ヘルマフロディタスという両性具有者のギリシャ神話の神を由来につけられ、男女の区別をとっぱらい、美しいものは美しいと感じられる人間の精神を刺激する。男女の兄妹でつくりあげるブランドだからこそこのおもしろいタイトルとそれに負けないおもしろいクリエーションが可能なのかもしれない。

おしゃれなカップルに、相手の服を”あ、これイケてる!貸してー”と言わせるのが狙いだと語っていた。

HELMAPH & RODITUS official HP

helmaph2014617-20140319_008-thumb-662xauto-287862

helmaph2014617-20140319_004-thumb-500xauto-287857

helmaph2014617-20140319_005-thumb-500xauto-287858

helmaph2014617-20140319_006-thumb-500xauto-287860

helmaph-roditus-tokyo-2014_aw_06

helmaph-roditus-tokyo-2014_aw_05

helmaph-roditus-tokyo-2014_aw_04

helmaph-roditus-tokyo-2014_aw_03

helmaph-roditus-tokyo-2014_aw_01

helmaph-roditus-tokyo-

helmaph-roditus-tokyo-2014_aw_07

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/helmaph-roditus-2014-15-winter/feed/ 2