Tokyo Fashion Diaries http://www.tokyofashiondiaries.com Fashion Blog by Misha Janette | ミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー Tue, 19 Aug 2014 16:11:17 +0000 en-US hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.9.2 The coolest Japanese brand you don’t know yet: The Reracs あっちこっちで見ている謎のブランド「ザ・リラクス」って何? http://www.tokyofashiondiaries.com/the-reracs-tokyo/ http://www.tokyofashiondiaries.com/the-reracs-tokyo/#comments Tue, 19 Aug 2014 16:09:57 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29156 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

TheReracs_14aw_04-tokyo

A brand started popping up on Numero TOKYO recently, and every time I’ve seen a cool outfit credited to this “The Reracs” I’ve gotten curiouser and curiouser. It seems chic, has a fair price point, but most interestingly at all, it was designated as a Japanese brand. Not one that I was particularly familiar with, it didn’t even vaguely ring a bell. I pride myself on knowledge of Japanese brands, but I don’t presume to know them ALL. And yet here is one on Numero with the likes of Sacai, Toga and other well-treaded labels. What is The Reracs then?? There wasn’t anything written about them in English I could even find, so consider this (maybe) the first…

そのブランドはヌメロトーキョーに突如登場した。かっこいいなと思うルックのクレジットを見るといつもそのブランド、”The Reracs”と書いてある。だから、ミーシャのなかでどんどん、どんどん気になるブランドになっていった。決して派手で、個性的というわけじゃなく、シックでフェアな価格のこのブランドだけど、確かにそれは1番興味深いブランドなのです。ジャパニーズブランドについての知識には自信があるけれど、日本のブランドととして始まったThe Reracsという名前は聞いたこともなかった。ヌメロではサカイやトーガなど名の知れたブランドと一緒に掲載されていた。いったい”The Reracs”って何者だ??このブランドについて、英語のインフォメーションはまだないみたい。だからこれが第一号になるかも…(「このブランド、初耳!」という日本人も少なくないでしょう)

TheReracsMen_14aw_32-tokyo

 TheReracs_14aw_00-tokyo

The Reracs was launched in 2010 as a casual brand by husband and wife team Naomi and Naoyuki Kurahashi, encompassing both mens and womenswear. They have a holy grail of experience between them, with Naomi a former select shop employee and patternmaker and Naoyuki with his experience in merchandising and marketing fashion brands. Any information written about The Reracs almost comes prefaced with a warning: “This brand doesn’t do any challenging designs, it’s basics”. It’s as if something has to be intimidating to be considered fashionable. But as it even pulled me into it’s curious orbit, we know that must not always be true. I have often said that “mode” (high-brow fashion) is an attitude, not a label. And this brand makes sure that comes across in spades. The models are strong, not “cute”, they look ready for action and effortless. The recent catalogue sees a military battalion of challenge-ready boys and girls just waiting for someone to question them so they can retort au chic.

The designs are simple with a razor-thin margin for detail, but even peering through pictures they look well-crafted. The brand touts full -Japan-made manufacturing and fair trade. It’s number of stockists is dizzying, so it’s popularity is quantifiable. If you’re looking to discover a cool new brand to watch out for, this may be it.

The Reracs online

2010年に倉橋ナオユキさんとナオミさん夫婦がメンズ、ウィメンズのカジュアルブランドとしてスタートさせました。彼らの経歴は、ブランドを運営するのにもってこいのもので、ナオミさんはセレクトショップで働きパタンナーを学んだ後に立ち上げた。ナオユキさんはファッションブランドのマーチャンダイジングとマーケティングの知識持ち主。

ネットで情報を調べたら、必ず添えられていた”要注意”みたいな一文が 。”ぶっとんだデザイン生はなし、ベーシックなものをつくっているブランドです。”とThe RERACSに関する開設。ファッショナブルだと認識されるために威圧感が必要だ。のような話もあるけど、ミーシャが興味をそそられたように、それは常に正しいとは言えないと思うよ。前々から私が口にしている”モードとはアティチュードであって、ブランドによって左右されるものじゃない”という言葉を裏付けてくれるような、そんなブランドだと思います。モデルは強くたくましく、キュート系ではない。動きだしそうな姿勢で着こなしている。最新カタログでは軍隊の指令を待つボーイズアンドガールズを描く。これぞシックの逆襲だ。

シンプルなデザインだけどディテールに目を向けるとレザーが駆使されていたり。画像をよくみると本当に丁寧に作り込まれているのがわかる。The Reracsのアピールポイントは、全て日本製でフェアトレードであること。人気があるということは、目が回るほどの取扱店舗の数が物語っています。クールな新しいブランドに飢えているみなさん、The Reracsを見るといいかもしれない。私も目を凍って探してみるーーー

ザリラクスHP

 

TheReracsMen_14aw_31-tokyo

TheReracsMen_14aw_27-tokyo

TheReracsMen_14aw_20-tokyo

TheReracsMen_14aw_18-tokyo

TheReracsMen_14aw_13-tokyo

TheReracsMen_14aw_12-tokyo

TheReracsMen_14aw_11-tokyo

TheReracsMen_14aw_34-tokyo

 

TheReracs-Men_14aw_03

TheReracs_14aw_31-tokyo

TheReracs_14aw_26-tokyo

TheReracs_14aw_22-tokyo

TheReracs_14aw_18-tokyo

TheReracs_14aw_17-tokyo

TheReracs_14aw_14-tokyo

TheReracs_14aw_13-tokyo

TheReracs_14aw_10-tokyo

TheReracs_14aw_08-tokyo

-misha janette
-asst natsumi yasuoka

 

LEARN MORE ABOUT 関連記事で知識を高めよう!

 

Fangophilia Brings A New Meaning to Body Modification-Beautification. New Campaign Feat. Hirari Ikeda, Si Oux, Machiko, Shunsukeファンゴフィリアのカスタムアクセにより、「意外な」ボディパーツをシックに。新ビジュアルキャンペーン

fangophilia_1_low

 

Chanel’s most surprising bags ever, from shopping carts to Bibles ◎ 買物カゴからフラフープまで、シャネルのびっくり系バッグを振返ってみる

chanel-hula-hoop-bag

 

PLUMPYNUTS IS NEITHER PLUMPY NOR NUTS, JUST A HOT, HOT TOKYO BRAND TO CONTEND WITH. PLUMPYNUTSはネーミングからして遊び心を持ちながらその心の底までシックなブランド

plumpynuts-2012010

 

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/the-reracs-tokyo/feed/ 0
Kazafuta Koki’s functional exoskeleton fashion 2014 AW 壱吾弐工機(カザフタコウキ) 世を生き抜くための戦闘ユニフォーム http://www.tokyofashiondiaries.com/kazafutakoki-2014-15-aw/ http://www.tokyofashiondiaries.com/kazafutakoki-2014-15-aw/#comments Sat, 16 Aug 2014 19:18:50 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29123 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

kazufuta-koki-noda-7

Looking at this collection. it’s hard not to mistake the photos for GIFs, as the clothes appear to actually be moving ever so subtly, like cinegram animations. The curving undulations lend to the illusion of motion on the body. That’s part of the theme revolving around the debut collection of brand KAZAFUTA KOKI, calling it “Blueprint for strengthening the fiber exoskeleton”, There’s a lot of difficult words in there (in Japanese it looks even more like WUTsauce) but the designs themselves are not as out of this world as you’d expect. It’s actually very grounded… but is this a cyborg plan for fashion?

 

最初にこのコレクションを見たとき、洋服が生きているように感じた。まるで服自体が意志を持って形を成しているような。そんな壱吾弐工機(カザフタコウキ) の今季のテーマは”繊強外骨格化画” (繊維強化外骨格計画の略)。ブランド名もテーマも漢字がたくさん連なっていてなんだか難しいけれど、実際のルックを見ると納得できるかも。

つまりは洋服のサイボーグ化!?

 

kazufuta-koki-noda-9

 

 

Designer Noda used to be head of local brand PHIZ, but is starting fresh with Kazufuta Koki and decided to really push the limits in impactful fashion for the debut. The most fascinating thing here is what the eye can’t see; the curious textiles Noda used to make his pieces. I knew there was something going on here so I asked Noda himself to explain what futuristic sorcery was afoot…

…he said he used two main fabrics for the collection , the first being cardboard-recycled sweatshirt material. It’s a pretty common type of textile for sweatshirts and pants, but here he added nylon fibers which give it a sheen akin to a cyborg’s protective shell.

The other fabric is called Hyblizatec (?? I actually have no idea how to romanize this….) which is an incredibly efficient & high-tech water-resistant cloth. Water comes to say hello and doesn’t stay awhile. It literally rolls right off like oil and…water. Repelling each other like Eminem and Katy Perry.

It’s a modern “suit”-up for the man or woman who likes to have some functionality with their fashion. it’s amazing to see such a small brand experimenting with the high-tech textiles that Japan offers for as long as they can.

 

デザイナーはPHIZで活動していた野田さん。今回、壱吾弐工機(カザフタコウキ)として再始動をするということで、インパクト大のコレクションを引っさげてリスタートを切った。

何と言ってもおもしろいのが 、使われている素材。見ただけではよく分からないめずらしいものなので、野田さん本人に伺ってみた。

彼のお話では、メインに使用されている素材は2つ、ダンボールニットとハイブリザテックという生地。
ダンボールニットとはスウェット地の一種で、そこにナイロン糸で加工を施し光沢を出したそうだ。その光沢はサイボーグの金属感を表しているというから、細部までこだわったテクスチャー表現には脱帽。
もうひとつのファブリック、”ハイブリザテック”は、水をはじき湿度を逃がす防水透湿効果のあるハイテク素材で、アウターに使用したのだそう。
サバイバルライフのような現代社会がこのまま続けば、服の義体化が進み、人間離れサイボーグの様な服の時代がやって来る日も遠くないのかな?
…いや、人間のままでいいけど、もうはやこんな便利な機能性を日常服にも落としてくれるといいのにな、と思う。
その原型のようなクリエーションを見せてくれた壱吾弐工機(カザフタコウキ)。まさにこれは現代を生きる私たちのためのモダン戦闘スーツと言えるのかもしれない。

 

 

kazufuta-koki-noda-3

kazufuta-koki-noda-4

kazufuta-koki-noda-2

 

kazufuta-koki-noda-5

kazufuta-koki-noda-6

kazufuta-koki-noda-1

kazufuta-koki-noda-8

 

kazufuta-koki-noda-10

kazufuta-koki-noda-11
-Misha Janette
Asst. Natsumi Yasuoka
LEARN MORE ABOUT Noda 関連記事で知識を高めよう!

A NEW TOKYO INGENUE! MEET PHIZ: THE PRODUCT OF A SAVVY CONSUMERIST DIGITAL GENERATION.実力派の新ブランドの出番!日本のデジタル世代のコンセプチャリズム+リアルな両立を見せる PHIZ。

dress

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/kazafutakoki-2014-15-aw/feed/ 0
Black. Bondange. Booty. Alice Auaa 2014-15 アリスアウアア秋冬2014 キーワード : ボンテージの極みを纏う http://www.tokyofashiondiaries.com/aliceauaa-2014-15-aw/ http://www.tokyofashiondiaries.com/aliceauaa-2014-15-aw/#comments Wed, 13 Aug 2014 21:01:24 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28938 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

aliceauaa-282

In 2012 Alice Auaa came back from a 13-year grave to stage a fashion show at Tokyo Fashion Week. Since then, every collection has come with a full course of avantgarde fashion, art, technical innovation and entertainment. This time designer Funakoshi took us deep into another one of the fantastical realms of his imagination, this time a world of blackness like the depth of an inkwell,  and also terribly erotic. 2012年にファッションウィークで13年振りにショー復活を果たした

アリスアウアア。毎コレクション、驚くようなデザイン、美術、テクノロジー、技術、しょして世界観を最高のクオリティで見せてくれる。いうまでもないが、まるでファッション イズ エンタテインメント。今回デザイナーの船越さんが連れて行ってくれるのは、漆黒の闇、究極のエロスがうずまくブラックファンタジー世界。

aliceauaa-326

 

Titled “The Grave of a Beast”, it’s a 180 degree turnabout from last season’s shower of white looks (telling the story of a woman drowning in a lake), but a welcome return to the skin AA feels most comfortable in. The models strut in steel tails upturned like beast ready to pounce, but you wouldn’t know these enemies for their faces are shrouded in leather masks. A half-turn on the runway reveals a cheeky addition (or subtraction) to the costume, for a stylish take on S&M paraphenalia. Alice Auaa is a”gothic” brand although the leather jackets and corsets would fit in any Givenchy or McQueen-loving girl’s closet. To get it, you’ll have to become one of its “Zealot” members, in an customer-designer relationship and community like the inner sanctum of high couture.  If you’re wondering where to start, then pick up those cute little leather half-gloves… they rev up ANY outfit ANY time. What world will Funakoshi be taking us to next? The brand is slated to appear at Tokyo Fashion Week in Oct so it’s right around a dark corner…

 

テーマは”The Grave of  a Beast” (獣の墓場) 。前回はホワイト中心に水死した女の子を描いたのに対し、今シーズンはアリスアウアアの真骨頂ともいえるオールブラックで固めている。お尻にはながーい尻尾、顔には黒いマスクをつけているモデルたちは異様な空気を纏っている。得意なゴシックテイストでありながら、身体を締め付けるような服やハーネスが多用され、今回はいつにもまして”エロス”が際立つ、まさにハードなボンテージファッション。 さすが。これは全国に”堀越ファンタジー”の虜になる、熱狂的ファンがたくさんいるよねと、あらためてうなずける圧巻のコレクション。 さて、つぎはどんなファンタジー世界に誘ってくれるのだろう?たのしみだ。

Alice Auaa OFFICIAL(grave of the beast)

aliceauaa-12

 

aliceauaa-16

 

aliceauaa-65

 

aliceauaa-84

aliceauaa-122

 

aliceauaa-123

 

aliceauaa-153

 

aliceauaa-155

 

aliceauaa-172

 

aliceauaa-175

 

aliceauaa-187

 

aliceauaa-193

 

aliceauaa-202

 

aliceauaa-205

 

aliceauaa-213

 

aliceauaa-217

 

aliceauaa-227

 

aliceauaa-230

 

aliceauaa-84

aliceauaa-305

 

aliceauaa-104

aliceauaa-107

aliceauaa-51

 

aliceauaa-139

 

aliceauaa-142

-Misha Janette
Asst. Natsumi Yasuoka

 

LEARN MORE 関連記事も読みましょう!

 

Alice Auaa: Visiting Japan’s Most Hardcore, Mysterious and Dark Gothic Brand’s New Tokyo Lair日本の最もダークでミステリアス、本格的なモード x ゴシックブランドの 「アリスアウアア」。東京でオープンした会員制 “巣” に訪れてきました

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-11

 

 

TOKYO FASHION WEEK 2013 AW: ALICE AUAA. TRANSFORMING SPIDER-GIRL BRINGS PANACHE TO THE RUNWAY東京ファッションウィーク2013年秋冬をレポート。 大阪のゴシックシーンからの刺客、突如登場したクチュールエンターテイナーAlice Auaa編 

Aliceauaa-0039


TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/aliceauaa-2014-15-aw/feed/ 0
The making of AVANTGARDE; behind the Japanese tattoo tights boom Pt 3. アヴァギャルドが出来るまで。タイツブームの裏話、パート3。 http://www.tokyofashiondiaries.com/harajuku-avantgarde-history-par3/ http://www.tokyofashiondiaries.com/harajuku-avantgarde-history-par3/#comments Sun, 10 Aug 2014 18:12:56 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29067 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

Screen shot 2014-07-30 at 4.24.52 AM

“自信を持って言えるのは、他の誰でもなく”アバンギャルド”がタトゥーストッキング現象をおこしたんだってこと。”

まっすぐな目でそう語ってくれたのは渡辺一祐さん。多くのファンを持つウラハラの代表的レッグウェアブランド、アバンギャルドのオーナーだ。彼らのストッキングは2011年の原宿ファッションシーンに衝撃を与えた。多くのブランドが彼らのようにムーブメントを起こそうとチャレンジしたが実現できずにいる。今回のインタビュー記事パート3では、彼のアイデア、成功、大流行の裏話やブランドの背景についてまとてみます。また、原宿アバンギャルドのタイツの次のステージにつづくお話も紹介します。

“I can say with absolute confidence that it was Avantgarde that made tattoo stockings such a phenomenon. No one else did it. No one.”

So swears Kazuhiro Watanabe, the founder of wildly popular legwear brand Avantgarde and owner of its landmark Ura-Harajuku store. Since their tights broke on the scene in 2011, hundreds of brands have tried to mimic their success. This 3-part interview chronicles the idea, the success, and the impending end of this massive trend and the brand behind it. Part 3 looks at the post-tights future of Avantgarde and the Harajuku culture that propelled it.

 

avantgarde-harajuku21

 

 

今、街にはタトゥータイツやカラフルなデザインのタイツを扱う多くのブランドがある。その先駆けとなったアバンギャルド。日本ではカラフルなタイツが毎日のワードローブに溶け込んでいる。夏の汗ばむような暑さの中でもたくさんの女性がタイツやレギンスを履いている。渡辺さんいわく、そのレッグウェアブランドの中でもアバンギャルドの様におもしろいことをやって目立っているのは10個程度だという。

“申し訳ないけど、アバンギャルドが終わったら何年後かにただのまねごとブランドは終わっちゃうだろうね。12,3個は残るかもだけどもって数年かも。”

 

タイツの終焉?!

“まだ決まってないけど、レッグウェアをメインでやってくのは年内とか、そのころにやめたいと思う。それと同時に今の店舗も引き払う予定です。”

それはアバンギャルド信者の方々にとってすごくショックなことだろう。だってアバンギャルドはただタイツを売る場所ではなくて、そこにはコミュニティがあるから。たくさんのファンが、お気に入りのスタッフ目当てにやってくる。ここのスタッフは上手にスタイリングをしてタイツを履きこなし、”アバンギャルド ガールズ”として雑誌にも登場。特に印象的だったのはモモと中川ジュリア。どちらも原宿ストリートのカリスマ的存在となった。洗練されたかっこよさをブランドに与えた。また、アバンギャルドは海外でも人気がでた。そんななか変化が…アバンギャルドではもう彼女たちには会えないの。

“彼女たちに出逢えたのは本当にラッキーだった。残念だけど、ふたりとも元気でやっててくれたらいいな。面白いアイデアと情熱を持った人間と一緒に働くのってとてもいいこと。最近はトランスジェンダーの男の子がインターンで入ったよ。まだ20歳ですごく若いけどポテンシャルが高くて刺激を受けてるよ。”

 

As of now, there are hundreds of brands putting out tights with tattoos or colorful designs thanks to the doors that Avantgarde opened for them. In Japan, colorful tights are still a must for many in their everyday outfits. Even in the sweltering summer, many women won’t even consider not wearing tights or leggings outside. But Kazuhiro says that out of all of those brands, only 10 or so are actually doing anything notable like Avantgarde did.

“I’m sorry but when Avantgarde ends, most of those brands will fail. The dozen or so left will last longer, maybe a few years or so,” said Kazuhiro.

 

-The end is near-

“I want to stop making legwear my main business within the year. As well, I want to leave the current shop location at the same time.”

Oh my. That is sure to be a huge shock for the legion of Avantgarde fans out there. After all, it was more than just the tights, it was a community as well. Many fans came to meet their favorite shop girls who styled their legwear in genius variations day in and day out, and appearing in magazines as “Avantgarde girls”. The most popular of these shop girls were Juria Nakagawa and Momo, both who became some of the most popular personalities in the Harajuku street scene. They cultivated an impossibly cool image for the brand, and it spread abroad as well. But as things change, so do the girls… Juria was unceremoniously let go when allegations of misconduct spread on the internet, and Momo, who once went under the blog handle ”Socks lover girl”, left legwear behind to work at neighboring store Bubbles .

 

“I was really lucky to have them then. It’s a shame it all ended up how it did, although I wish them well. I think it’s really important to have interesting people with ideas and passion working with me. Recently I hired a transgendered boy, and although he is really young at 20 years old, I see a lot of potential and courage in him.”

avantgarde-docmartens100-2

avantgarde-docmartens100

 

過去を大切にしつつ未来を見据える

この先、アバンギャルドという会社はそのまま残すけど、もうすこし広く活動していく予定だという。

“俺にとってこれは、今までやってきたプロダクトデザインと企画の拡張なんだけど、みんなには別物に見えるかもしれない。”

また、彼がこれからしようとしていることはファッションブランドとかそういったことではなくて、彼のアイデアをベースにプロダクツをつくっていくということだと話してくれた。

“アイデアはいっぱいある…オーバーサイズのボックスTシャツとか、アイデアさえ浮かべば学生でもできちゃいそうなDIYでもともとある製品をオリジナルに変身させたり。そこで唯一浮かんだのはDOG(近所の原宿ショップ) 。ここは今までかっこいいDIYのファッションをたくさん提案してきている。”

そこで彼が最初のプロジェクトとして手がけたのは”Doc Martens100”。アバンギャルドとDOGのコラボレーションブーツラインで、各100ペアずつの限定販売。これはカスタマイズできるようにデザインされていて、アバンギャルドのストッキングがブーツのレースアップとして使用出来るようにひもを通す穴が大きく作られていたりする。ショップとオンラインの両方で購入可能です!

また、9月には大手企業とタッグを組み企画したプロダクトも発表を控えているそう。伝説的キャラクターの全く新しい表現がみれるんだって。こちらはかなり大々的に告知する予定とのこと。

原宿の裏話

ミーシャはアバンギャルドの話だけじゃなくて原宿について渡辺さんの意見を聞きたいなと思ってた。原宿というエリアは、独特のストリートアイコンイメージを作り上げ、それは他のどこのエリアにも真似出来ない。そんな原宿も近年変化を重ね、海外のアパレルチェーンが進出してきたり、小さなブティックが効率よく売り上げをのばすために互いに互いのトレンドをコピーし合ったりするようになった。それでも原宿は今も世界に誇るクリエイティビティの拠点ではある。それってこのままで持続できるのかな?

“原宿ねぇー…言いたくないけどさいきんほんとつまんなくない?おもしろいキャラクターとかアイコンとかいる?池田ひらりはいいか…あとうちの女の子たちもいい。Falineのデビルくんもおもしろいね。でもいちばん気になるのはやっぱマッピーかな。でもまだ子供だから今後楽しみだね。まだ少ないなー。パーソナリティもおもしろい新しい人がもっとでてきたらいいよね。”

彼は、”原宿の商業はどんどん個性がなくなって、もう昔とはちがう”と言った。

“この間、問屋街の馬喰横町に行ったら、原宿で売ってた服が置いてあったんだよ!しかもそのショップは原宿でもエッジーなショップなんだよ。原宿のショップと問屋街のお店が同じ服を買ってるなんて信じられない。オリジナルじゃなくてそういうところから買ってきて店に置いてるなんて、本当にショック。たくさんのブランドがビッグブランドのコピーを作るエキスパートになってきている。まさかそれがウラハラで事実起きているなんて。海外のブランドばかりがパリファッションの真似をしているなんて言われているけど、それはコピー文化が根付いた日本自身のことなんだよ。”

アバンギャルドについて彼が最後に話してくれたこと、それは…

“3年間アバンギャルドをやってきて、嫉妬とか人の足を引っ張ったりとか汚いものもたくさん見て経験してきたけど、唯一自分の武器だと思ったのは”想像力”。だからレッグウェアに固執する必要もないのかなって思った。次のステージでもその想像力で新しいことをしていこうと。どうしても足引っ張ったのは誰かとか考えちゃうけど、そんなのはつまらない。時間の無駄。だから決意した。じゃあ次何やるか?新しいことを企画し続けるしかない。”

AVANTGARDEオンライン

 

-Putting legs in the past, and head into the future-

 

As for the future of the Avantgarde brand, Kazuhiro confirms that the company will stay running, it just won’t be so leggy anymore.

 

“To me, it’s an extension of what I’ve already been doing in terms of product design and idea-making, but maybe the average customer won’t see it as that. “

 

Instead, he says he is looking to make things based on ideas he has, not as a fashion brand, but as individual products.

 

“I have a lot of ideas… I just want to make some oversized box t-shirts, and some products that are DIY so even a young student can come in and make it their own. I can only think of DOG [neighboring Harajuku shop] that has done such a good job at making DIY fashion so successful.”

 

One of the first projects Kazuhiro has made reality is “Doc Martens100”, a line of boots made in collaboration with Avantgarde. Each is limited to 100 shoes each. They are meant to be customized, with Avantgarde stockings serving as shoelaces. They are currently on sale at the shop an online.

 

On top of making products, Kazuhiro is teaming up with a large company to transform a certain legendary character into something new altogether. He says that will be revealed in September with a bang.

 

-Harajuku Oz, behind the curtain-

 

It was here that the conversation turned from being not just about Avantgarde, but about the Harajuku neighborhood itself. The area creates for itself an unmatchable image of street icons and trends that cannot be recreated anywhere else. But Harajuku is slowly changing, being taken over by global clothing chains and small boutiques who purport to be unique but are just in a rat-race to making the most money as quickly as possible by copying each other’s trends. Harajuku is still one of the last bastions of creativity in the world, but is it sustainable?

“Harajuku…. I hate to say it, but it’s really boring these days, no? Is there any interesting characters or icons now? Hirari [Ikeda] is great… my girls were great… Devil from Faline is interesting too. I`m most interested in Mappy, but still waiting to see how she is. I don’t think that’s a lot though, we need more new people with personalities to sustain change.”

 

Kazuhiro says that many people don’t realize how commerce in Harajuku is becoming less and less unique like it was.

 

“I was in the wholesale district Bakuroyokocho and was shocked to see items there that were for sale in Harajuku’s supposedly most edgy shops. I couldn’t believe those stores were selling the same cheap clothes. And there were so many products, and so many of the stores are selling these things instead of being original. Not to mention that many of the stores are becoming experts at copying big brand’s clothes. And this is in Ura-Harajuku! Japanese people say it’s only foreign brands that copy designers from Paris, but it’s the Japanese themselves who are really perpetuating that copy culture.”

 

As for Avantgarde, Kazuhiro says,

 

“After running Avantgarde for three years I’ve seen a lot of underhanded things, jealousy and altogether dirtiness, but I think my strongest weapon is creativity. So even if it’s not necessarily in legwear, I want to use that creativity and bring it to the next stage. If we just spend our time wondering who is underhanding us, we are doing nothing but wasting time. So I’ve got to move on, and I’m taking my new projects and running with ‘em.”

avantgarde-harajuku22

 

 

avantgarde-harajuku20

 

アヴァンギャルドができるまで。とタトゥータイツのブームの裏話。パート2 The making …and unraveling of AVANTGARDE Tattoo tights Boom PART 2

avantgarde-harajuku5

 

アヴァンギャルドができるまで。とタトゥータイツの終幕。パート1 The making …and unraveling of AVANTGARDE Tattoo tights Boom PART 1

avantgarde-harajuku3

AVANTGARDE YOUR LEGS…A TIGHTS AND LEGGINGS HEAVEN IN HARAJUKU UNDERGROUND.タイツとレッギンズの天国が原宿の地下に登場。足下を”アヴァンギャルド”にして!

avantgarde

-Misha Janette
Asst. Natsumi Yasuoka


TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/harajuku-avantgarde-history-par3/feed/ 0
【アヴァンギャルド】タトゥータイツの大ブームの超裏舞台。独占で公開しちゃいます! The making …and unraveling of AVANTGARDE: the story behind the tattoo tights http://www.tokyofashiondiaries.com/avantgarde-tattoo-tights-harajuku-part2/ http://www.tokyofashiondiaries.com/avantgarde-tattoo-tights-harajuku-part2/#comments Wed, 30 Jul 2014 19:02:05 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29056 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

avantgarde-harajuku9

「アヴァンギャルド」タトゥータイツのブームの裏舞台パート2。パート1「アヴァンギャルドができるまで」はこちら

This is PART 2 of the AVANTGARDE behind-the-scenes story. Please read part 1 here.

 

これは日本旋風を巻き起こしたレッグウェアブームについての話。このブームは原宿の小さなショップ、”アバンギャルド”からはじまった。“世界一背の高いモヒカン”でギネス記録を持つカリスマオーナー渡辺一祐がどのようにストッキングでビジネスを成功させたのか。パート2では彼のタトゥーストッキングのアイデアの背景と彼のブランドが日本にとどまらず世界でいちばん影響力をもつそれになりつつあることについて、そしてそのブランドがタイツ業界の第一線を退こうとようとしてることについて焦点をあてます。

This is the story of the legwear boom that took Japan by storm, starting with a  little store in Harajuku called Avantgarde. See how the Guinness Book of World Records for tallest Mohawk-having charismatic owner Kazuhiro Watanabe got into the stockings game in the first place. Part 2 looks at how he came up with the idea of tattoo stockings and his brand’s rise to becoming the most influential in the country, and perhaps the world, in the printed stocking game…and it’s subsequent downfall.

avantgarde-harajuku11

 

2009年、海外からストッキングを取り寄せることに挫折し失望していた彼は良い仕事をして見返してやると決心した。それはレッグウェアカンパニー、エムエーエム アバンギャルドをはじめたころだった。

プリントストッキングが出来上がるまでにはたくさんの肯定があって、糸屋さん、編む人、染色する人、成形するひと、プリント屋さん、パッケージ屋さんて全部分かれてる。そこ全てに話をつけるとこからだから”まじで?”だった。

彼はタイツのアイデアを100社くらいに持って行ったけどみんな笑ってすぐ追い返された。100社中3社だけ興味を持ってくれたそうだ。でも、ストッキング業界は体勢が古くて大量注文をするのが普通。少ないロット数のデザイナーレッグウェアを作りたい彼に取ってはとても大きなチャレンジだった。

“レッグウェアーマーケットはくそ古くて…一度に2000足とかオーダーできるでかい会社が権力をもってる。この業界に入る前にリサーチしとくべきだったな。”

彼は1週間くらい原宿の交差点とか道とかで足だけをずっと見てた。原宿にくるひとたちはどんな”足下おしゃれ”をしてるんだろう?そして“ベージュ、黒、、生足しかない”と気付いた。

 

in 2009, dismayed and frustrated at importing stockings from abroad, Kazuhiro was determined he could do a better job himself. It was at this time he started his own legwear company, MAM Avantgarde. But this brought on new challenges he hadn’t encountered.

“For one printed stocking to get to the market there were so many different processes and hands it has to go through. There is the company that provides the fiber, the knitter, the dyer, the company that puts it into shape, the printer, and the packager,” explained Kazuhiro in frustration. “I was like, `Is this for real??`”

He took his ideas for tights to what seemed like 100 companies and was laughed out of their doors. He said about 3 of those 100 took his ideas to heart, showing interest. But the stockings market is an old one, only catering to the largest denominator of companies. This posed a huge challenge for Kazuhiro who wanted to make smaller lots of designer legwear.

“The legwear market was so fucking old. It was running on large companies who could order 2,000 pairs of one design at once. I had to do my research before dipping in.”

Kazuhiro spent a week standing at the busy Harajuku crosswalk, studying the legs of shoppers in Harajuku. He noticed that everyone was wearing plain stockings that only changed in their shades of beige or black.

 

avantgarde-harajuku8

タトゥーストッキング

“おもしろいとおもったものがまだ広まってないっとことは俺に取ってはラッキーでしかない。”

彼は自分のタトゥーにちらっと目をやった。タトゥーでなにかできるかもと気付いた。日本ではタトゥーはまだまだしたくてもできないひとがたくさんいる。それに、すでに入れてるひとも新しいものに簡単にトライ出来たらって思ってる人もいる。彼自身、スーツを着ない、タトゥーをしてるという見た目で差別された経験があったから、タトゥーのタイツをつくって、本当のタトゥーみたいに見えるタイツがあったらいいかもと考えたのだ。

“自分がタトゥーにこだわりがあるから、リアリティーをもとめた。本物のビンテージタトゥーからインスピレーションを受けてシンプルなデザインだから足に入れた本物のタトゥーがストッキングから透けて見えるようなものにした。”

 

TATTOO STOCKINGS

“I am so lucky that what I thought was interesting was something that didn’t exist at the time.”

Kazuhiro glanced down at his own tattoos. He realized he could do something here with them. In Japan, tattoos are still met with condescension and many people would like to have them but cannot. He also thought of the people who had some but wanted to try new ones easily. He even knew that he bad been discriminated against because he didn’t wear suits and had his tattoos on display. He set out to design some tights featuring tattoos designs so it would look real on the legs.

“I had tattoos myself so I just knew I wanted them to look real at the time. I was inspired by real vintage tattoos and they started out simple so as to look like the leg had real ink on it.”

 

avantgarde-harajuku10

 

 

アバンギャルド原宿

2011年10月にアバンギャルド原宿をオープン。(KDDIデザインスタジオの角を入ってた裏原の地下にある。) 下に降りて行く入り口にはいつもカラフルなタイツを履いたマネキンの足がディスプレイされている。クリスマスライトで飾り付けられた店内にはストッキングが並んだラックが置かれ、中央にはシロクマの剥製が。”カワイイ”ファッションのアイコンにはカラフルストッキングやタイツが欠かせなかったあの頃、はじめてミーシャはそのショップに行った。まだ建設途中みたいな店内で在庫も少なかった。でもそのときのレポートを欠いたブログ記事はミーシャのブログ史上も最も人気があった記事のひとつ。このショップオリジナルのクリエイティブなレッグウェアはまたたく間に広がった

信用の置ける工場と契約をつづけ、クオリティを保ったままビジネスを広げて行こうと思っていた矢先、衝撃的な事件が。彼オリジナルのタイツがなぜか原宿中に…..。

ストッキングがシースルーである限り、タトゥータイツという名でブームに乗っかってしまっている商品がたくさん出てきたのだ。他のブランドがから大量のコピー製品がでまわり、おろしていないはずのショップにも溢れていた。同時にカラフルプリントのストッキングもコピーがでまわり、終まいにはローカルブランドが独自のデザインを出すまでに。

“タトゥーストッキングにプリントするディズニーのライセンスはもってたから俺だけしかやってなかったけど… ディズニーのストッキングなんて誰も履きたくないですよと言われたことさえあったのに…。 でもそのうち日本の巨大なストッキングマーケットは、俺がディズニーで成功したのをみてコピーしたんだ。既に大手はみんなディズニーのライセンスもってるしね。”

“これが、影響力をもつようになった出来事のひとつ。このあともどんどん悪いことが起きる”

“ほんと最悪だと思った。もうタトゥータイツは作るのをやめた。でも、コピーした側の人たちはうちと”同じ”デザイン”同じ”パッケージが必要だった。ある日取引先の工場から電話が来て、”大手からアバンギャルドと同じものをつくってくれという大量発注が。もちろん断るつもりだけど、知らせておきたくて。”というジレンマを抱えた電話。この方はお金よりもうちとの関係を優先してくれた。とてもありがたいと思ったと同時に申し訳ないと感じた。すると2週間後にまた電話が来て、すでに4件もうちのコピーを作ってくれという大きなオーダーがあったという。ショックで悲しい気持ちだった。”

彼はこれは数字の世界だと分かっていた。簡単にコピーが作れてしまう以上、彼の立ち位置は厳しいものだった。そこで実験と失敗を重ねジュエルのついたタイツを発表。するとたちまちコピーが出回った。

“コピーする人たちを止められないなら、一緒にビジネスした方が良いと、この時考えた。だから、うちの商品をコピーしようとする会社に、うちのデザインの権利を買いませんかっていう話をもちかけたんだ。そしたら信じられないことに、”アバンギャルドのタイツだから売れる。だからまずアバンギャルドにあったことが大事で、アバンギャルドが扱ってないものは意味がない”と返事された。ありえないよね。いやータイツ業界が腐ってるのは知ってたけど、もういいやって思ったよ。”

 

AVANTGARDE HARAJUKU

Avantgarde Harajuku opened in October of 2011 in a nondescript basement space tucked kitty-corner to the KDDI Design Studio, in Ura Harajuku. The entrance was always marked by mannequin legs wearing colorful tights, wound up in Christmas lights. Inside was a few racks of stockings, with a centerpiece of a lifesize stuffed polar bear in roar. At the time, it was already on many people’s radars as “Kawaii” fashion was beginning to boom and along with it colorful stockings and tights were a must. My first trip into the store it seemed like it was still half under construction and stock was low. And yet, my report on the shop on my blog was one of the most popular in my blog’s history. News of the store and its original, creative tights was spreading like wildfire.

“Until I opened the shop I had only been doing wholesale. I was looking for a good spot…I was even turned down by Laforet for shop space four times (laugh). But my wholesale clients started asking for more and more, even doubling their orders. I was like, `Whoah, what’s going on here?!?`. I couldn’t even keep things in stock. When a design would come in, I’d give it to my wholesalers first, then the extra would come into the shop. I didn’t have any room for doing online sales,” said owner Kazuhiro.

As he began to grow his business, keeping quality high and working with the factories who made his company what it was becoming, he ran into something shocking; his own tights….all over Harajuku.

As long as the stockings were see-through, they were a part of the tattoo stocking boom and other brands hopped on the bandwagon like it was a rocket to riches. The colorful printed stockings from his shop were also popping up in other shops and influencing every local brand to design their own iterations.

“I had gotten the license for Disney, to make tattoo stockings of the characters. I was the only one doing that… in fact, I was told no one would want to wear Disney stockings. But then a huge stocking maker here in Japan saw the success I had with Disney and since they already had the license they did the exact same thing I did.”

It was one thing to be influential, but it started to get particularly bad.

“It got worse. It wasn’t just about making tattoo tights anymore, but the companies who were copying me had to have the *same* design, down to my *same* package. They wanted to appear to be Avantgarde tights. One of my manufacturers called me one day with an incredible dilemma, `One of your rivals called us for an order of thousands of tights. The problem is that they are your tights. Of course we will turn them down, but we just wanted to let you know.` This manufacturer was putting our relationship above making money by turning down an order that I couldn’t compete with. I was thankful, but felt guilty at the same time. Then they called me again two weeks  later and said 4 more orders from large companies came in…. all for designs copying Avantgarde. I was devastated.”

Kazuhiro knew this was a numbers game. And since anyone with a transfer sheet or marker could make their own tattoo tights, Kazuhiro was in a tough place. He developed tights with jewels on them through much trial and error, but upon their release they too were copied.

“By this time, I figured that if I couldn’t beat them, I should join them. So I called up the CEO of the companies that were trying to get my own manufacturer to copy me. I offered to design some tights for them and get royalties. But you wouldn’t believe what they told me. They said `Our tights only sell because they look like Avantgarde tights. If people didn’t see them at Avantgarde first, it wouldn’t mean anything to us.` I was floored. I knew that the tights market was fucked. And I wasn’t going to be able to do it anymore.”

AVANTGARDE ONLINE

 

 

…CONTINUED IN PART 3

LEARN MORE 関連記事も読みましょう!

アヴァンギャルドができるまで。とタトゥータイツの終幕。パート1 The making …and unraveling of AVANTGARDE Tattoo tights Boom PART 1

avantgarde-harajuku3

 

AVANTGARDE YOUR LEGS…A TIGHTS AND LEGGINGS HEAVEN IN HARAJUKU UNDERGROUND.タイツとレッギンズの天国が原宿の地下に登場。足下を”アヴァンギャルド”にして!

avantgarde

 

 

-Misha Janette
Asst. Natsumi Yasuoka

 


TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/avantgarde-tattoo-tights-harajuku-part2/feed/ 1
アヴァンギャルドができるまで。とタトゥータイツの終焉。 The making …and unraveling of AVANTGARDE http://www.tokyofashiondiaries.com/avantgarde-harajuku-tights-closing-part1/ http://www.tokyofashiondiaries.com/avantgarde-harajuku-tights-closing-part1/#comments Tue, 29 Jul 2014 19:22:16 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29045 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

avantgarde-harajuku5

【独占インタービュー公開】2011年、東京ファッションに大きな波がきた。それはギャルブームに匹敵する規模。その流行は原宿の地下に店を構える、あるひとつのショップから始まった。そのショップは”足下のおしゃれ”にスポットをあてた他に類をみないコンセプトを持っている。その名も“アバンギャルド”。世界の至る所で起きたタトゥータイツブームの火付け役。その創設者にアバンギャルドを始めるにあたってのストーリー、またここに来てアバンギャルドの終焉という選択について真相をインタビュー。今、”アバンギャルドができるまで”が語られる…

Exclusive Interview. In 2011 something occured in Tokyo that influenced fashion more than anything since the gyaru. It all started with one store in Harajuku, a basement spot that was to lead the face of how we dressed our legs everyday. This store is of course, the inimitable “Avantgarde”, a tights store that started the “tattoo” tights boom now echoed throughout the world. This interview with its founder will tell you how it started…and how it’s now calling it quits. This is the making, and unraveling of Avantgarde….

avantgarde-harajuku6

渡辺一祐さんは原宿タイツとアクセサリのショップ、アバンギャルドのカリスマ的オーナー。彼自身はビンテージのルーズバギーデニムにTシャツ、ボディにはタトゥーが、ヘアはブリーチした明るい色のロングヘアをくるっとくくり、独自のファッションスタイルを貫く。もしあのヘアを立たせて固めたら”世界一高いモヒカン”としてギネスに載っちゃう!実際に賞も取ってるしね!

さて、なにが ”こんな男” にウィメンズのタイツブランドを始めさせたんだろう?

渡辺氏は25歳の時、故郷の札幌で夢の職業、古着屋さんのバイヤーをしていた。その仕事は成功し、店を持つことにも繋がったし、なにより彼はアメリカ全土に取引先を持っていた。

彼がはじめて訪れたのはニューヨーク。目的は…”ネイティブアメリカン探し”。

“俺はインディアンになりたかったんだよ”と彼は笑った。 “ニューヨークからテキサスまでを車で移動しながら同時にインディアンを探す旅をした。でも日本で芸者とか侍を見つけるのが無理なように、当然インディアンなんて見つからなかった。それにもし彼らを見つけられたとしても、俺が日本人て事実は変わらないんだって頭では分かってた。インディアンにはなれないんだよね。だから俺は俺のままで好きなものを見つけることに徹したんだ。”

“俺は古着がなによりも好きだったし、人生そのものだった。今はヴィヴィアンとかデザイナーズブランドも着るようになったけど、それだってここ5年くらいに知った。”

彼は札幌で10年来の親友と共に古着屋を立ち上げた。そのビジネスパートナーが新品も扱い、自分たちのブランドも始めると決めたとき渡辺氏は賛成出来なかった。

“古着しか知らないし、新品には興味ない。古着をやらないならこの店に俺はいらないよ。って辞めた。でも今思えば彼は俺よりずっと先を見据えていたし、マーケットがどこへ向かうか理解していたんだと思う。

“もし俺が札幌で古着屋をやったら、親友と戦うことになるから、札幌は選択しになかった。

※※※

Kazuhiro Watanabe is the charismatic owner of Harajuku tights and accessories shop Avantgarde. He is dressed in vintage loose baggy jeans and tshirt, has a body dotted with tattoos and his bleach-orange hair is tied up in a bun. If he pulled it out and made the hair stand on its ends, he would have the Guinness World Record for tallest Mohawk. This is true, and he’s appeared in the book since 2013. What led a man like this to start a brand of tights for women? At 25 years old, Kazuhiro was in his native town of Sapporo in northern Hokkaido working his dream job of buyer for a used clothing shop. It was successful enough to open a string of stores, and Kazuhiro found himself an expert on buying used clothes in the US. His recalls his first trip to New York, in search of….Native Americans.

“I wanted to live and work as an Indian,” laughed Kazuhiro. “I went on a road trip from NY to Texas for two weeks trying to find them. But just like you won’t find geisha and samurai if you come to Tokyo, I couldn’t find them there. I also knew that even if I found an Indian, I’d still be Japanese. I could never “become” one. So I focused on my work and who I was and found a lot of love for it.” “I loved used clothing more than anything and it was my life. Now I wear designer brands like Vivienne Westwood, but this is only something I’ve started to learn about in the past 5 years or so.”

Kazuhiro worked with one of his best friends for over 10 years in Sapporo, building up the used clothing company. When his partner decided to start selling new clothing as a select shop and even starting his own brand, Kazuhiro felt a sense of betrayal.

“Used clothing was the only thing I knew. I didn’t care about new clothing at all. I thought I had no place in a company that handled new clothing, so I quit. Now I think that my partner was actually a genius who really understood where the market was going.”

“If I opened my own used clothing shop in sapporo I would only be competing with my friend so that wasn’t a choice.”

avantgarde-harajuku7 

 

インポートビジネス

アメリカへ定期的に買い付けに行っていたことにより、彼はカルフォルニアをベースとするブランド、”アメリカンアパレル”と仲良くなっていた。そのときのアメアパはまだ大々的に日本に上陸する前の段階。当時彼はそのアメアパと直接輸入取引をしていた。しかし渡辺氏が仲介人に直接取引の継続の話をしたところ彼は腹を立てたという。アメアパの重要な顧客だった彼は当時オーナーだったDov Charneyと新しい仲介人に会わせてくれと懇願し、対面。 Charnevyの前でその仲介人に激怒した。するとCharnevyから直々にアメリカンアパレルジャパンの代表をやらないか?というオファーが渡辺氏にきたそう。

“でもビジネスの世界は厳しい。そんな大きなリスクを負ってまで投資出来ないと思って断った。代わりに、アメアパ以外にもアメリカから日本に持って帰りたいと思うものもあることに気付いた。それはミネラルウォーターだったり、スタバとかクリスピークリームドーナッツだったり。と彼は語った。

 

IMPORT BUSINESS

because of his frequent trips to the US, Kazuhiro became close to a California-based brand known as American Apparel. At the time, the company had yet to officially step foot into Japan. Kazuhiro had been importing the brand directly, but when he was asked to go through a middleman distribution company in Japan, he fumed. At the time, he was considered an important wholesale customer to AA so when he requested a meeting with (recently ousted) owner Dov Charney and the new distributor, he was granted face-to-face time. His adamant attitude and subsequent blowing up of the Japanese distributor in Charney’s face, led Charney to offer the right to be CEO of American Apparel Japan to Kazuhiro himself.

“But business-wise, I couldn’t afford to risk having such a huge investment so turned it down. Instead, I turned my sights on other things that I found in the US that I wanted to import to Japan like mineral water, Starbucks and Krispy Kreme,” he said.

 

avantgarde-harajuku2

 

タイツとの出会い

彼はミュージックレッグスというアメリカのブランドでコスチュームタイツとうものを知った。そこでまだ札幌に居た頃にインポートを始めた。でもミュージックレッグスのタイツは東京から来た人たちに人気だということを発見。その頃東京ではレッグウェアショップは数少なくて、どのショップも同じブランドを扱っていた。でもそのなかで109のショップは面白いデザインの輸入品をほぼ網羅していてショッピングするにはそこがいちばんだと有名だった。(そうだ、ミーシャのストッキングコレクションもここでゲットしたんだった。こんなにレッグウェアがブームになって注目される前のはなし)

               “でも、アンチ109のひともいて、そのひとたちは109で買い物をしたがらない。じゃあそこをマーケットにしよう。”

渡辺氏は1000個のストッキングをアメリカにオーダーして日本のあちこちのショップにおろそうとした。が、しかしここで問題が。言語の壁や国境を越える配送などによりトラブル発生。1000のオーダーのはずが950しかストックがないという。ちゃんと、紙面上で約束を交わさないとだめだと思った。

“クライアントは”渡辺さんだめですね..と言った。申し訳なかったし、ショックだった。ストッキングが約束の期限に届かず、数も足りなかったためキャンセルされてしまった。

“だったら自分でブランドをはじめてしまおう。これがエムエーエム アバンギャルドのはじまり。”

 

MEETING OF TIGHTS

Kazuhiro had learned of a costume tights brand in the US called Music Legs. He started importing them while in Sapporo but found they were most popular with people from Tokyo. In Tokyo, there were only a limited number of legwear shops at the time and they all carried the same brand. One of those shops was in the 109 Mall in Shibuya, and it already pretty much covered all of the most interesting designs available for import and was well-known as the best place to shop (Oh yes, I remember purchasing a large quantity of my stockings there before the legwear boom brought out more options).

 

“But I knew there were people who didn’t want to shop at 109, no matter what. So I thought I could be a formidable opponent in the market,” he said

 

Kazuhiro was making orders for 1,000 stockings from the US to distribute to shops around Japan, but it’s a troubling game when working across borders, language, and things would get murky. When Kazuhiro’s orders of 1,000 stocking turned up only say, 950, his clients turned on him for not running a proper business and cut ties.

 

“They said I was no good. I would negotiate with the client on both sides, but the stockings weren’t coming in a timely manner and in numbers that my clients in Japan expected. They would completely cancel the order if it wasn’t perfect. It was ruining my reputation.”

“It was then that I decided to start my stockings brand. That was the beginning of MAM Avantgarde.”

 avantgarde-harajuku3

 

AVANTGARDE ONLINE

 

…CONTINUED IN PART 2 パート2で続いてます

LEARN MORE 関連記事も読みましょう!

AVANTGARDE YOUR LEGS…A TIGHTS AND LEGGINGS HEAVEN IN HARAJUKU UNDERGROUND.タイツとレッギンズの天国が原宿の地下に登場。足下を”アヴァンギャルド”にして!

avantgarde

 

 

-Misha Janette
Asst. Natsumi Yasuoka

 


TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/avantgarde-harajuku-tights-closing-part1/feed/ 1
Paper bags made of leather by Makoo will fool you 錯覚確実!革の常識を覆したMakooの”ペーパー”バッグ http://www.tokyofashiondiaries.com/makoo-paper-leather-bags/ http://www.tokyofashiondiaries.com/makoo-paper-leather-bags/#comments Sun, 27 Jul 2014 15:17:11 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=29021 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

makoo-leather-2

Leather is supposed to be a luxurious material, molded into the finest of fashion items. It’s often made to look like it’s worth it’s price upon a glance…but Makoo turns that idea on it’s head with a line of …leather goods masquerading quite convincingly as paper for paupers.

Makoo has a line of “paper” bags and clutches made from leather; daily use “throwaways” like rice sacks, snail mail envelopes and lunch bags. The most ironic thing about this brand though doesn’t stop there…

 

レザーは高級。富の蓄積を表す。そんな常識を覆すレザーアイテムなんてあるの?例えばペーパーレザー⁈

あるんです。それがMakooというブランドの作品。小麦粉の袋や輸送用の紙のように見えるレザーのステーショナリーやバッグ。しわしわな質感がユーズド感と独特の雰囲気を醸し出していて、どのアイテムも最高にユニーク。

makoo-leather-10

 

Luxury brands have been obsessed with inconspicuous luxury, and high grade leather has been made to look like supermarket paper bags and totes for half a decade. In Makoo’s case however, you won’t be spending a fortune as these goodies are as much as a day’s lunch.

I personally have my eye on the stamped paper lunch sacks, each only ¥1,500. The reason these are so attainable is that Japanese label Makoo has perfected the art of recycling leather, employing it’s techniques in it’s brand. Their goal is to bring attention to the culture of throwaway fashion and it’s front and center in all of it’s goods.

So if you’re interested in seeing all that they have (and there’s a lot) then check them out at their online shop before everything sells out.

 

今や紙やプラのレジ袋に見えたバッグがモードのファッション界で流行ってるよね。”ラグジュアリーに見えない高級品”。そんなアイロニーに根付かないに本ブランドのMakooの場合は、レザーなのにも関わらずすごくリーズナブルな価格で魅力してる。

個人的に、クリップ付きのランチバッグが本当にかわいい。しかも各デザイン、約1,500円で、本当に手に入れることは確実!

ちなみにMakooはファッショナブルなだけじゃない。MAKOO RE;USE Project は多くのものが次から次へと買われ、使われては捨てられるという現状に目を向けたところから始まった。しっかりと使われるものならば捨てずに長く使われる。それをモットーにエコブームという言葉にしばられない、デザインとしてのエコを推し進めているという。

今すぐサイトにとんで、売り切れ続出のレザーステーショナリーを早めにチェック。ユーズド感+シック感溢れるデザイン、新しい取り組みにも注目だよ。

MAKOO ONLINE

makoo-leather-9 makoo-leather-16 makoo-leather-11 makoo-leather-7 makoo-leather-8 makoo-leather-6 makoo-leather-5 makoo-leather-4 makoo-leather-3 makoo-leather-1 makoo-leather-15 makoo-leather-13 makoo-leather-12 makoo-leather-14

 

-Misha Janette
Asst. by Karen Shimada

 

LEARN MORE 関連記事も読みましょう!

Origami Paper Gets Super Stylish With Japanese Fashion Brand RBTXCO.  RBTXCO による、見たことのない”おしゃれ”な折紙!

origami-rbxtco-9

 

 

 

These neat “fake” paper WASHI bags are totally real: Matohu meets Coshell ◎驚きのフェイクに見えるリアルな和紙張りバッグ。まとふ x コシェル作

matohu-washi-bags-coshell-tokyo-4

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/makoo-paper-leather-bags/feed/ 0
The modern woman is a nomad. HISUI 2014 AW キーワード : ノマド社会人に捧ぐ。ヒスイ 2014年秋冬 http://www.tokyofashiondiaries.com/hisui-tokyo-2014-15-aw/ http://www.tokyofashiondiaries.com/hisui-tokyo-2014-15-aw/#comments Thu, 24 Jul 2014 18:07:48 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28921 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

hisui2014aw_2

Amidst the tables-under-the-skirts and wound up bundles of fabric here, there is a hidden link to the modern professional woman.

In today’s world, there’s a new way to rock a work style, and tradition has been turned on its head thanks to cel phones, tablets and Mac Airs. For my fellow girls who have to be out and about to get her work done, the world becomes her office. We are essentially working nomads, a tribe. Pummeling that point across is Hisui with this homage to the real nomads of the earth in a ethno-centric collection that gets increasingly more modern as we look through…

スカートの中にテーブル?ぐるぐる巻きの布?そこには現代社会とリンクするストーリーが潜んでいた。

女性が働くことが当たり前になった現代、ソーシャルメディアなどのテクノロジーの発達に伴いあたらしいワークスタイルが登場。ノマドワークウーマンが急増しているのかも?場所を限定することなく毎日忙しく働く女性の存在を、”ノマド”本来の意味、”遊牧民”をモチーフにした民族的なコレクションでヒスイが表現。

hisui2014aw_13

This 2014 collection from Japanese longtime brand HISUI (means “jade”) is “Hyper Nomadism”.  As a nomadic working woman myself, how nice it would be to have  a table to sit at whenever hunger strikes (funny side note: it’s not kosher to eat and walk at the same time in Japan so having a table to sit down at in my skirt would solve a lot of “I have no time to go sit in a cafe but I’m HUNGRY!!” problems), or a futon to sleep on or a curtain to shut the world out….

The collection itself is made up of pieces in various lengths so they can be layered at will. We already know the Japanese are very good at layering so this will fit right at home with those who make fashion a fun puzzle game. The designer Hiroko Ito said she made it as such, to have fun with putting outfits together in many mix-and-match ways. Here’s looking to seeing some money-honeys nomad-ing something fierce out in the metropolitan wilderness.

ヒスイの2014秋冬コレクション、テーマは”Hyper Nomadism”。ノマドワーカーをテーマのひとつにかかげています。

ちなみに、ノマド・ワーカー とは : ノートパソコンやタブレット端末を使い、自宅やオフィスでなくカフェやファストフード店などで仕事をする人のこと(ピンポーン!はい、私でございます)。そう、こたつのなかでも布団の中でも場所を選ばず仕事に励むし、現代女性のライフスタイルがバックストーリーにはあったのです (「街で食べ歩き禁止」なのに “お腹すいた!でもカフェでくつろいで食べる暇もない!”という問題にいつも遭ってる私。変な意味、スカートにテーブルあったら、外でも座りながら持ち帰りフードを食べれるかも?!なーんて思って。本当にノマド。)。

コレクション全体では、いろいろな丈の長さのものをそろえて重ね着を楽しめるようにしてみたの。とデザイナーの伊藤さんは語る。レイヤードスタイルは日本人が得意な分野だしひとりひとりがアレンジしておもしろく着こなしてほしい!

余談:カーラデルヴィーニュに似たモデルのキャスティングがすごく当たっていて、はまった理由にもあるわ♥

HISUI Online

hisui2014aw_1

hisui2014aw_3

hisui2014aw_14

hisui2014aw_7

hisui2014aw_4

hisui2014aw_5

hisui2014aw_12

hisui2014aw_8

hisui2014aw_9

hisui2014aw_10

hisui2014aw_6

 

hisui2014aw_15

hisui2014aw_16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Misha janette
Asst edit. Natsumi Yasuoka

READ MORE 関連記事も読みましょう

LIFE IN THE 2.5 DIMENSION EPISODE 3 “MIX IT UP”. CHALLENGING EVERYONE TO WEAR TWO DIFFERENT SHOES…装苑連載の『ミーシャの2.5次元ライフ』第3話、”ミックススタイルのチャレンジ”。例えば両足に違う靴をはいたりしてみれば?

2.5dimension-soen-april-

 

 

HISUI SPEAKS THE GLOBAL LANGUAGE OF FASHION. NOT ENGLISH…MONEY, HONEY! 「お金と♥」で「バランス」と「非バランス」を提案してるヒスイ。おー!モアーマネー!?

HISUI 32673

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/hisui-tokyo-2014-15-aw/feed/ 0
VOGUE China’s Angelica Cheung interview as Woolmark Prize judge ヴォーグ中国版の編集長アンジェリカチャンに、ウールマークプライズ発表式でためになるインタービューを公開 http://www.tokyofashiondiaries.com/angelica-cheung-woolmark-prize-tokyo/ http://www.tokyofashiondiaries.com/angelica-cheung-woolmark-prize-tokyo/#comments Tue, 22 Jul 2014 17:19:42 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28900 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

image

ウールからトレジャーを紡ぐ!こんなに素晴らしいものだと想像できただろうか?

国際ウールマークプライズとは、世界規模で開かれるコンペティションで次世代のスーパースターやブランドを発掘することを目的としています。先日、アジアのセミファイナルが東京で行われました。勝者は世界の名だたる小売店に自身のコレクションを並べる権利を獲得します。たとえばパリのコレット、ミラノの10コルソ・コモ、ニューヨークのサックス・フィフス・アベニュー、東京の伊勢丹など名実共にトップクラスのラインナップ。しかもそれだけじゃない。セミファイナル優勝者には50,000オーストラリアドル(約500万円相当)、ファイナルを制したら100,000オーストラリアドル(約1000万円相当)の賞金が与えられるのです。ブランドを持っている方はこれがどれだけ素晴らしいか分かると思います。デザイナー人生が変わりますよね!

そして、なんと、2ブランドの東京のSise(メンズ部門) と中国のVmajor(ウィメンズ部門) のがまさに変わろうとしています!

アジア各国から12人のデザイナーがセミファイナルへと駒を進めた。ミーシャは個人的に、どの国が受賞するかよりもどのデザイナーが選ばれるか、とても興味がありました。すばらしいファッション界のプロフェッショナルが審査員に選出されていたため、今回の結果は”今のファッションビジネス”を示してくれるのではないかと期待したのです。

中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャンとお話させていただいた。デザイナーの方だけじゃなく、ファッションビジネスに興味がある方は必読!彼女の着眼点…とてもためになるかもしれないから

 

Who knew that gold can be spun from wool?

The International Woolmark Prize is a fashion competition held globally to find the next superstar brand, and the Asia semifinals were just presented in Tokyo. Winning it means getting into the world’s best stores like Colette in Paris, 10 Corso Como in Milan, Saks in NYC, and Isetan in Tokyo. If you have ever had a brand, you’d know just how incredible of a prize that is alone. Throw on top of that a cash prize of 50K$(aus) for the semifinals and 100k$ for the top prize and WHOAH, this could change a designer’s life.

In fact, the lives WILL change for winners Sise of Tokyo (menswear) and VMajor of China (womenswear)

12 designers from Asia made it to these finals. I was very curious to see not which country would be picked, but what designs would be picked. That’s because they were judged by some incredibly talented fashion pros and their choice would show me what is going on in fashion business these days.

I spoke to Angelica Cheung, editor in chief of VOGUE China. Whether you are a designer or someone with an interest in the business of fashion, you will find what she had to say VERY interesting….

woolmark-prize_Asia_winner

The winning looks: Vmajor, Sise

 

Misha: 東京へようこそ。よくいらっしゃるのですか?

Angelica: そんなに頻繁には来ません。いちばん最後に来たのは桜の季節で、夫と娘と一緒でした。東京はクールな街だから来るのが好きです。日本人は着こなしがうまい。特に特定のエリアの若い女の子たちはいろいろな着こなし方をするのね。それからみんなすごく礼儀正しい。みなさん赤信号で止まるし、快く道を教えてくれます。私のSNSで、日本の素晴らしさについてかくこともよくあるんですよ。

 

Misha: いいですね!東京の宣伝になります (笑 。では、どのようにウールマークプライズの審査をしますか?創造的なデザイナーとコマーシャルなデザイナーどちらを評価しますか?

Angelica: 両方に目を向けます。ただし、ファッション業界は生き残りをかけた、いわば ”サバイバル” 業界だと思います。決して”アート” だけではやっていけません。だから、着やすい服というのはポイントになります。それと同時に、すでに数多くのブランドが存在しているなかで、なにか秀でるもの、他と違うものがなければいけないと思います。もちろん、高いクオリティは大前提ですが、このコンペティションの場合は、どのデザイナーもばっちりカバーできていると思います。

他のコンテストと比べると、ウールマークプライズはプレッシャーが大きい分、世に出るチャンスも大きい。ミュージアムなどで展示するような作品ではなく、百貨店に置くものを作るコンペであるため、リーズナブルな価格設定も大事になってきます。(製造業として高すぎない価格)そうしなければ、消費者は購入できないからです。

中国がこの大会に参加することはとても難しいことでした。なぜなら、中国には長い歴史をもつベテランブランドか、とても新しく、ウールマークプライズレベルにまだ達していないブランドしかないからです。ベテランブランドは負けて恥をかきたくないので出場したがりません。だから、このような経験で得ることができることの大切さを訴えることがわたしの仕事になりました。私は彼らの手助けをし、育成していきたいと思うので。

(メモ:この時のアンジェリカはとても情熱的に、このアワードの審査員を3年間務められたことや、中国人デザイナーのメンタリングや、彼らの成功、ウールマークプライズを超える経験について語ってくれました。そのときミーシャは、ヴォーグの編集長と話している感じがしなかった。だって、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループとのパイプがある彼女が、どうしてローカルブランドに手をかけるのだろう? おそらくそれは、日本ではあまり考えられないこと…驚かされた。)(下記続く)

 

Misha: Welcome to Tokyo, do you come very often?

Angelica: Not so often, but I was here at the end of the cherry blossom season with my husband and daughter. I like to come to Tokyo because it’s very cool. You guys dress so cool, you know. Especially in certain parts of the city the young girls dress in so many different ways. And it’s so polite here…people stop at the red light and happily help with directions. Sometimes I’ll even talk about it on my SNS about how nice it is.

 

Misha: Great PR for the city! (laugh) So how are you judging the Woolmark Prize? Are you picking innovative designs or commercial designs?

Angelica: I look at both. I believe the fashion industry is a *service* industry, not an *art* industry. So you have to serve the people with wearable clothes. At the same time there are so many brands already in the world, so to stand out you need to come up with something different as well. Of course, the quality must be high too, but I don’t think the designers in this competition have to worry about that.

Compared to some other competitions, the Woolmark Prize really stresses growth and getting the designs out to the people. It’s not designing for a museum but for a department store. It also should be reasonably priced (not too expensive to manufacture)  or people won’t be able to shop for it.

It was really hard to get designers in China to participate though… because we only have really long-standing veteran brands and then really new brands who don’t meet the Woolmark Prize criteria. Our veteran brands don’t want to be embarrassed if they lose. So then it becomes my job to stress the importance of gaining experience through the process. I’ve been getting to work on mentoring them.

(at this point Angelica goes on to passionately talk about being a judge at this award for 3 years and mentoring her Chinese designers and being concerned about their success and experience even beyond the Woolmark Prize and I`m thinking, “whoah, I don’t feel like I am talking to an editor of VOGUE. I mean, when you’ve got LVMH on speed dial, why would she really care about her local brands?” Perhaps because that doesn’t happen much in Japan,  I was, well, taken aback..)

 

woolmark-prize-vmajor

Screen shot 2014-07-22 at 8.17.07 PM

 

Misha: アンジェリカさんは若手ローカルブランドを成長させることに特に力を入れていることは分かりました。”世界のヴォーグ”の編集長でありながら、どうしてそれをしているのですか?

Angelica: たくさんのプロジェクトに取り組んでいますが、なかには先ほど話したように、公になっていないものも多々あります。ファッションの仕事は華やかなものばかりではありませんよね。製造、運用、経営戦略。今、ヴォーグが中国に進出してから10年が経ちましたが、10年前からすでに私はチャイニーズデザイナーに注目してヴォーグチャイナをつくってきました。当時はそんなことなどのマガジンでもしてなかったけれど、今の中国では中国人デザイナーにフォーカスすることはファッショナブルであると認識されています。だから私は今、ただ誌面でそのデザイナーたちを取り上げるだけではなく、彼らに利益がでるような賢いビジネスプロジェクトを立ち上げようとしています。彼らをニューヨークに送り、デパートのバイヤーやダナキャランなどの話を聞く機会を与えて、学ぶ場をつくるのです。これはチャリティーですが、やりがいを感じています。また、現在メディアや世論を気にしない芯の強いエディターを育成中です。そういう編集者が私の理想です。誰しもみんな、ばかじゃない。みんな自分の立場を分かっている。でもそのなかで現実をみつめられなければいけません。

 

Misha: では、ファッションのグローバル化についてお話いただけますか?ヴォーグは国際的な雑誌ですが、多くの国々、特にアジア諸国は自国のトレンドや着こなし方を持っていると思います。中国のそれをどのようにマネジメントしていますか?

Angelica; そうですね。実はこれこそ私が日本人に感心したことです!自国の文化や伝統を大切にしていて、代表的な着物には現代でも変わらぬ美しさがあります。それだけじゃなく、ストリートを見てみると洋服の着こなしにも特徴があることがわかります。私には7歳の娘がいるのですが、まだ東京に2度しか来たことがないのに、すでにジャパニーズファッションの特徴を捉えたようです。娘を連れてパリに行った時、ある女性とすれ違いました。すると娘は”あの人、日本人だと思う”と言ったのです。これってすごいことです!世界のトレンドが広がる一方で、日本の女性の様にアイデンティティを時代にあったスタイルに落とし込み服を着るという側面もまた、あるのです。

中国に話を戻すと、私たちはまだそのレベルには達していません。ごく少数の男女は独自のスタイルを持っているようにみえますが、広く浸透していません。若い世代の大部分は、確実に日本や韓国のファッション、ポップカルチャーの影響を受けたスタイルをしていると思います。だから私は今、中国のルーツを探すことにも力を入れています。中国のように貧困問題を抱えた国は約10年やそこらで突然ファッションにお金をかけられる余裕がうまれます。そうなると、過去の貧乏な時代を忘れようとするかのごとく、ヨーロッパのきらびやかなラグジュアリーブランドのものを持ちたいという心理がうまれるのです。しかし最近は変化が見え始めました。それは中国人にも言えることで、クローゼットにはファンシーなアイテムが並んでいるということがカルチャーと合っていて、自身の文化をリスペクトするようになりつつあります。先ほど着物についてお話ししましたが、中国人ももっとチョンサンを着るようにと私は人々に投げかけています。そしてもっと誇りを持ち、チョンサンを現代風スタイルに落とし込めるようになってほしいです。

(メモ:チョンサンは伝統的な未族衣装の中でもめっちゃセクシーな方じゃない??素敵なのにな)

 

Misha: Angelica, I can’t help but notice your enthusiasm for supporting local brands, especially young ones. You’ve got one of the most powerful magazines on the planet… why would you care?

Angelica: Well, a lot of the projects I’m involved in do not involve the public. There’s a lot going on in fashion that is not glamorous, you know. Manufacturing, operations, business plans. VOGUE has been in China for 10 years now and even 10 years ago my magazine was featuring Chinese designers. No other magazines would do that at the time but now it’s become fashionable to feature Chinese designers in our country. And now instead of just featuring the designers in the magazine, I try and create projects to actually benefit them business-wise, and then get them to go to NYC to learn from dept store buyers or talk to Donna Karan or something. Yes, it’s charity but I do it because I love it. I’m now educating the editors at my magazine to not care what the media or other people say because this is what I want to do. But people aren’t stupid, you’ve got to be real because everyone knows where everyone sits in the industry.

 

Misha: Can you tell me about the globalization of fashion? VOGUE is a very global magazine but I think that many countries, especially in Asia, still have their own trends and way of dressing. How do you manage that in China?

Angelica: See, this is what I admire about Japanese people! They respect their culture and traditions and the Kimono is still seen as something beautiful even in the modern day. Even in modern dressing, you can recognize a Japanese woman on the streets. My daughter is only 7 years old and only been to Tokyo twice but she knows Japanese fashion. We were in Paris and a woman was crossing in front of us and my daughter said “I think she is from Japan”. It’s really something! On one side there are all these global trends, but on the other is the way that some girls here have an identity and style that they mix in a contemporary way. It shows sophistication and education and confidence.

Going back to China, we aren’t there yet. There are some women and men who are kind of able to have their own style, but it’s not widespread. I think a lot of young people are influenced by Japanese and Korean fashion and pop culture for sure. I’ve been trying to find our roots now too. When a country was poor like we were and then for the past 10 years or so suddenly we can afford fashion, we want to grab at all of the luxury European flashy items because we are somewhat embarrassed of our poor past. But things are changing now, and even Chinese people who have closets full of fancy things are now comfortable with their own culture and respecting it more. I mentioned the Kimono before, and I am trying to even encourage Chinese woman to wear the Cheongsam and be proud of it and be able to style it in a contemporary way.

(side note: When it comes to traditional clothes, the Cheongsam is SO beautiful and sexy non?!)

woolmark-prize-sise

Screen shot 2014-07-22 at 8.17.43 PM

Angelica: …中国にはもっとパーソナリティが必要です。ミーシャ、まさにあなたのような(笑 あなたのスタイルにインスパイアされるような、そういうことが私が目指す教育です。私自身、チャイニーズブランドも着ます。今日も着ていますよ!

Misha: アジアのファッションが注目を浴びているのはとても嬉しいことですよね。その成長が楽しみです。

Angelica: そうですね。でも、アジアのデザイナーたちは、ファッション界に向けてのプレゼンテーションが得意じゃないと思います。業界では、自信に満ちたプロフェッショナルが自ら道を切り開きます。そしてはっきりと発言し、みんなを納得させることができます。時にそれは、中国人デザイナーの為に代弁者として、私がやるべきことなのかもしれない、と感じるのです。アジアの若手デザイナーたちには本当に感心しています。パワーを感じています。世界のグローバル化が進むと共に、いずれ彼らの時代がくるでしょう。

****

今回私にこのインタビューをさせていただき、ウールマークプライズのみなさまにはとても感謝しています。洞察力のあるお話を聞けてとても嬉しいです。さらに、ミーシャが知らなかったGreedilous(韓国)やNisha(香港)など、アジアの新しいデザイナーを知ることが出来ました。受賞はならなかったけれど、日本から出場したAmbellやMotonari Onoの作品もとても素敵でした。Motonari Onoのグラデーションウールレースは素晴らしかった!

自慢じゃないけど、シセが選ばれると思ってた!シセのメンズウェアは文句なしの受賞です。

ウールマークプライズのファイナリストは、ウィメンズ部門は来年の1月にロンドンで、メンズ部門は3月に北京で発表されます。さらに詳しくはウールマークプライズのHPをご覧ください。

 

Angelica: China needs more personalities, people like you. To be inspired by your look. This is the sort of education I am striving for. And I even wear Chinese brands myself now… like the dress I’m in today!

Misha: It’s exciting to see Asia in the spotlight for fashion, and I can’t wait to see it grow.

Angelica: Yes, it is. But I find the Asian designers aren’t very good at presenting themselves to the fashion community. You know, where they can be comfortable and confident around professionals abroad and articulate themselves in a language everyone understands. Sometimes I feel like I have to do that for the Chinese designers myself, like I’m a spokesperson. But I feel really encouraged by the young generation of designers in Asia and as the world gets more globalized I`m confident they will get their moment.

***

I want to say thank you to the Woolmark Prize for allowing me to conduct this insightful interview and also for introducing me to new designers in Asia I did not know, like Greedilous (Korea) and Nishe (Hong Kong). Even though they were not selected, Ambell and Motonari Ono, both from Japan, had really strong pieces. Motonari Ono’s gradation wool and lace was beautiful!

As for Sise, I don’t mean to brag, but imma brag because I knew he would win. Sise’s menswear is amazing, no contest.

The Woolmark Prize finalist for women will be announced next Jan in London for menswear and and in March in Beijing for womenswear. For more information on the Woolmark Prize, see here.

 

With eic of Vogue China, the inimitably cool Angelica Cheung @angelica_cheung who is judging the #Woolmarkprize in tokyo tonight. My god she is the funnest and most interesting editor to interview EVER #bowdown ヴォーグ中国版の編集長アンジェリカチャン様と。彼女はこれから東京で発表されるwoolmark prizeの審査員をつめてる。色々なインタビューしてきてるし、編集者はスノブなイメージだけどけど、彼女から頂く明るい話は本当に面白くて為になる。最高に好き。#voguechina

 

All photos from the fianlist show (c)Wool Mark

 

関連記事も読みましょう! LEARN MORE:

EXCLUSIVE INTERVIEW WITH IRIS VAN HERPEN, THE COUTURIER OF THE FUTURE.若手クチュール師アイリス・ヴァン・ハーペンの独占インタービュー!彼女はファッションで「未来」を作り上げてるテクノロジーの魔法使い。

iris-van-herpen00

 

My “avantgarde” interview with Victoria Beckham.◎ビクトリア・ベッカムにまさかの “アバンギャルド”なインタビューをしてきました。

victoria-beckham

 

VOGUE Japan Gets With The Program and Features Cool Locals in “A Vision of Freedom”VOGUE日本がめったにフィーチャーしないローカルなアイコンたちをピックアップ!ペリ、ひらり、Tiffany C、栗原類、アミアヤ…

vogue-japan-july-2013-vision-of-freedom-nam-7

Misha Janette

Asst edits: Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/angelica-cheung-woolmark-prize-tokyo/feed/ 1
From Tokyo to NYC: new concept brand George of Grand 東京からニューヨークへ、新コンセプトブランド 「George of Grand」 http://www.tokyofashiondiaries.com/george-of-grand-brand-nyc/ http://www.tokyofashiondiaries.com/george-of-grand-brand-nyc/#comments Mon, 21 Jul 2014 16:48:24 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28889 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

george-of-grand-6

 

Shoutout to my boy George, for the launch of his conceptual brand George of Grand. The label is a vehicle for collaborations with various artists that George meets in his travels and through his vast network as a PR maestro. Tokyo may have lost a son to New York City this year, but in return we are getting a project that could launch some underrepresented artists into the spotlight…

Georgeの新ブランド”George of Grand”の立ち上げ、おめでとう!
東京でファッションPRという場で4年間活躍し、ニューヨークに渡った、稲木ジョージ。彼が立ち上げたブランド、“George of Grand”はこれまでの自身の人生や、長年ファッションPRを行ってきた彼ならではの巨大なネットワークを通して出会った、様々なアーティストとのコラボレーションを発表する場でもある。

東京で活躍してきた彼がニューヨークへ渡った(東京からまた1人、才能有る若者が旅立ってしまったと感じられるかもしれないけど、私達はそれと引き換えに重要なものを手にしたとも言えるわ)。何故かというと、溢れる才能を持ちながらもまだ公には評価されていないアーティスト達が、様々な形でこのブランドとコラボレーションすることにより、更に活躍出来る。”George of Grand”は、そんな場になろうとしている…。

george-of-grand-5

Two limited-edition t-shirt styles are available now with a full launch scheduled in the fall. The prints were created by Japanese artist Meguru Yamaguchi and hand-printed on luxury combed cotton right in NYCs garment district (hence the somewhat pricey $195 price tag. Que sera). Meguru’s prints feature a collaged city scape and a street sign, in an illusion that looks like a massive crack in the street cement.

This time he also worked with Yuki James, a stylist who had his work published in Vman, now dipping into photography for George’s campaign.

George is very forthright even in his brand introduction that he’s not a ‘fashion designer’. “That would be rude to the designers who actually studied fashion”. But he has a wicked knack for marketing so it will be exciting to see what artists he picks up in the future and where it will go. Keep on keepin’ on!

秋の公式立ち上げに先駆けて、2型の限定Tシャツは既に発表されてる。
プリントは日本人アーティストの山口歴(ヤマグチメグル)によってデザインされいて、手描きのプリントは最高級のコットンで作り込まれたTシャツに。(Tシャツに$195 ?と少し高く感じるかもしれないけど、Made in NYC この品質なら頷ける)一見大きなヒビの様にも見えるプリントは、ふとした街並みや標識などをコラージュし、デザインに落とし込んだもの。

この他にも、GeorgeはVmanなどといった一流ファッション誌でスタイリストとしても活躍していたYuki Jamesをカメラマンとして共同制作を行っている。

Georgeは歯に衣着せず、率直に意見をいうが、彼は自らをファッションデザイナーとは決して呼ばない。それは本当にファッションを勉強してきた者に対して失礼にあたるという、彼なりの敬意の現れでもあるから。マーケティングの才能溢れる彼が、これからどんなアーティストをフューチャーしていくのか、今後の活躍がますます楽しみであることは間違いない。

George of Grand details

http://www.georgeinaki.com/blog/2014/7/6/georgeofgrand

George of Grand shopping

http://www.georgeofgrand.com/onlineshopping/

george-of-grand-7

george-of-grand-3

Meguru Yamaguchi

george-of-grand-2

Yuki James

george-of-grand-1

george-of-grand-8

 

関連記事も読みましょう! READ MORE:

True Stories of Fashion Creatives Chasing the American Dream in Tokyo and New York「アメリカンドリーム」をニューヨークと東京でつかもうとしているクリエイティブ界のピープルにインタービュー!

michael-kors-tokyo-mode-diaries-7

 

Does New York Do Tokyo Better? The New “Stardust Lounge” Club at Maison O Is a Dream-Like Crazy 80s Tokyo RepriseNYCの新OPENクラブがバブリーな東京を再現:STARDUST LOUNGE at MAISON O。こっちの方の東京が実物よりエネルギッシュに輝くかも?!

Screen shot 2013-08-19 at 12.48.03 PM

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/george-of-grand-brand-nyc/feed/ 0
A NOIR city life in amazing technicolor ◎ 「美しく彩るノアー」な人生を送る女性。 http://www.tokyofashiondiaries.com/noir-comme-des-garcons-2014/ http://www.tokyofashiondiaries.com/noir-comme-des-garcons-2014/#comments Sun, 20 Jul 2014 04:00:27 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28864 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

NOIR-Misha-edition-cropped-©-Celia-Humphries

Black is the city girl’s uniform. The newest label from Comme des Garcons, NOIR by Kei Ninomiya, is the perfect engineer for a modern urban wardrobe. The architectural details here are provoking but not overbearing; they’re ready to provide forgiving armor for the daily grind. But black doesn’t mean boring.

You see, women who wear black lead the most colorful lives….

『黒』は都会に住む女性のユニフォーム。黒を前提にした「NOIR by Kei Ninomiya」はコムデギャルソン発若手ブランド。これなら、シティガールのワードローブをサポートする最適なパトナーのではないか。…この構築的なディテールをソフトに落とされたことで、日常におけるバトルの甲冑になってくれると同時に着心地のよさをキープ。でも『黒』ばかりって、けして面白いわけじゃない…っけ?いや、違う。 だって、黒を着る女性はカラフルな人生を送ってるから。

ほら…

NOIR-Misha-grafic-opening-©-Celia-humphries

 

NOIR-Misha-grafic-cropped-©-Celia-humphries

 

NOIR-Misha-grafic-2-©-Celia-humphries

 

NOIR-Misha-Superman-©-Celia-Humphries

Photos and digital art: Celia Humphries
Styling and direction: Misha Janette
Spiral vest and skirt ベストとスカート: NOIR by Kei Ninomiya
Shoes 靴: Y3
Hat キャップ: Onitsuka Tiger
Tightsタイツ: Proef
Purple “play” ring リング: AMBUSH
Collar 襟: Johan Ku  

 

Perhaps a back to black period is in order. A woman’s mind spews a constant ribbon of fantastic colorful ideas. A black outfit will balance that palette nicely. A blindingly colorful black.

 

モードな黒にもどる時期がやってくるかも。だって、私達女性の頭にはあふれるほどカラフルなアイディアでいっぱいだもの。それとバランスをとるために黒なコーディネートが必須。

美しく彩る黒、ね。

 

関連記事も読みましょう! RELEATED POSTS:

 

Comme des Garcons Designer Rei Kawakubo’s Protege Kei Ninomiya is Back Again! “noir” コムデギャルソンのファミリーより新ブランド「noir kei ninomiya」の第2コレクションが発表!驚くテクの巧みと面白み+シック感が見所!

NOIR-comme-des-garcons-Kei-ninomiya-2014-1

 

I AM NOT A STYLE BLOGGER “Post Junk-ism” Featuring Facetasm ◎ 作品『近未来ジャンク』 feat. ファセッタゼム。「今日の私」ではないの、リアルなアヴァンギャルド

facetasm-Misha-1-Diner-©-Celia-Humphries

 

Proef Tights Are the Perfect Intersection of Street and Chicタイツをはくなら、このストリートとモードの交差するProef。

proef-tattoo-tights-japan-15

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/noir-comme-des-garcons-2014/feed/ 1
Collard shirt tabi socks by ERIMAKI SOX 2 ◎足に着るシャツ?靴下の常識を覆したERIMAKI SOX第2戦 http://www.tokyofashiondiaries.com/erimaki-sox-shirt-socks-tabi/ http://www.tokyofashiondiaries.com/erimaki-sox-shirt-socks-tabi/#comments Thu, 17 Jul 2014 17:37:42 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28855 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger
erimakisox-10
Fix your collar. Close your buttons. Make your legs look sharp, my friends. These socks are are for putting the fun in “oxford” and the classic in “kitsch”. They’re sure to draw an eye gaze downward, but only for the best reasons. Shirts for your feet. Inspired by TABI socks. Get outta town, I am not joking. They are amazing, and the second collection is finally out which means we get more colors and patterns, and better material. And menswear looks have made their debut as well!
襟を整えて。ボタンをしめて。足にもおしゃれをさせてあげましょ?お気に入りのコーデに、ちょっと背伸びしたシャツ型ソックスをプラスして、周りの視線を釘付けにしてみない? ミーシャが早くから注目していたソックスブランド、ERIMAKI SOXから、待望の第二弾のデザインに、メンズ型もデビュー!その特級のおしゃれソックスはこちら。
erimaki
erimakisox-09men

The designs are seasonless, but it helps to have the gingham plaid, stripes and white colors for summer. Socks with heels and socks with sandlas (yes, even them Birkenstocks!) are IN and these are fun and chic enough to pass and dress code.
These socks are coming after the first collection, a three-piece line of traditonal plaid went viral. When I posted about it and sent it off on Twitter it got hudreds of RTs within seconds and stands now at 6,200 for what is sure to be the most popular Tweet of my entire life (Should I engrave it on my tombstone?). These are especially cool because they are inspired by the traditional Japanese tabi split-toe sock, worn by men and women with their geta sandals.
I`m just counting down the days until some big runway brand or fast fashion house rips them off… get them while they’re REAL. And get them exclusive, because your feet deserve that.
ギンガムチェック、バイカラーボーダー、プレーンホワイト。春夏感溢れるモデルとカラーが、これからの季節のファッションをもっと面白くしてくれるはず。メンズ、ウィメンズどちらも展開しているから、ジェンダーレスで楽しめる。
驚くことに、ミーシャがERIMAKI SOXを初めてブログで取り上げた時、6200もツイートされるなど、たった2分間でバイラルに広がった。(いまでも1日に2、3回されるほど) 「足元からおしゃれを」という考えは、シンプルだけれど、日本固有の足袋に襟を装着させるってところが新しい。しかも、ERIMAKI SOXは、大物ブランドとすばらしいコラボレーションを果たそうとしているランウェイやファストファッションストアでショートソックスを見るだけで、どこのものかは一目瞭然!なんて日も近いかも。

 

ERIMAKI SOX online shop

erimakisox-03close

erimakisox-07

erimakisox-06

 

erimakisox-04a

 

erimakisox-03a

 

erimakisox-02b

 

erimakisox-01

 

erimakisox-08men

 

erimakisox-07men

erimakisox-05men

erimakisox-02mena

erimakisox-06mena

 

 

READ MORE 関連記事も読みましょう!

ERIMAKI socks are shirts for your feet  足に着るシャツ?靴下の常識を覆した「ERIMAKI SOX」

erimaki-sox-xampagne-1

 

TATTOO STOCKINGS ARE STILL BOOMING IN JAPAN. HERE ARE SOME OF THE COOLEST (AND WEIRDEST?) FOR THIS SUMMERタトゥータイツのブームが続く!日本発ブランドの今一番オモシロく、気になる夏ストッキングをまとめてご紹介!

poem by rabbit-tights5

 

Misha Janette
Asst edits Karen Shimada

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/erimaki-sox-shirt-socks-tabi/feed/ 0
Fashion competitions that you need to know and enter NOW ◎デザイナー目指す卵の応募すべきコンペを紹介 http://www.tokyofashiondiaries.com/asia-awards-fashion-design-contests/ http://www.tokyofashiondiaries.com/asia-awards-fashion-design-contests/#comments Tue, 15 Jul 2014 16:58:04 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28764 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

contests-asiaaward_top

 

自分のブランドをもつこと、それはすべてのデザイナーの夢。実現にはコネクション、顧客、お金が必要不可欠だけれど、これらを手に入れるのは、口で言うほど簡単なことじゃない。とくに若いデザイナーにとって投資家を見つけることは大きな壁になる。けれど、実はそんな夢に近づく機会がある…!? お金も手に入る…!? そう、それは ”デザインコンテスト”。可能な限り多くのコンテストに出場することがとても大事。この機会にクリエイターを目指すみなさんにぜひそれを知っていただきたい!!

今月は多くのコンテストが開かれ、たくさんのニュースがうまれている。私も注目していて、中には審査員をさせていただいたものもいくつか。私がひとつ言えることは、若手デザイナーにとって、コンペで結果を残すことはファッションショーをするよりも時に効果的だということ。どうしたら栄光を勝ち取れるか知りたい?お教えしましょう。でもその前にまず、なぜ出場するべきなのかお話します。

While it’s every designer’s dream to start their own brand, it takes connections, customers and money- easier said than done. Finding an investor is not always easy, especially if you’re young. But there is a place where opportunity and cash grow on trees..YES, really! That is at design contests. And you should be entering as many of them as you can. And I am basically using this opportunity to tell all of you aspiring creators to RUN and enter right away!!

This month tons of designs competitions are making the news and I’ve been looking hard and even judging quite a few. One thing I can confirm: Even more than having a fashion show, a design competition could be more beneficial to you as a young designer. Do you want to know how to win a design competition? I’ll tell you. But first, here is why you should enter…

contests-maiko-takeda

1. 賞金。金額はコンテストによって大小様々だけれど、金額に関わらずお金はお金。 100,000円でも  7,000,000円でも素材を買ったり展示会を開く資金になるのだから、大きな支援となるだろう。

2. ネットワーク。あなたの作品が専門家たちに認められれば、きっとアドバイスをもらったり指導を受けたりできるだろうし、次のステップへ進める話が出るかもしれない。それはお金で買えない大きなチャンス。また、そこで知り合ったプロフェッショナルの方々からは、計り知れない知識を得ることができると誓って言える。

3. エゴ、経歴、自信、経験…。ファッション界で成功するためにはまず自分のデザインに自信を持てなければ話にならない。自分の才能を確立していくこと、加えて確かな経歴を重ねて行くこと、これは大切。

で、どうやって勝つかって?

1. ほとんどのコンペはポートフォリオありきのプレゼンテーションといった流れがある。 ポートフォリオについてだけど、ストーリーブックのようにまとまりのある構成にすることをおすすめする。しっかりはじまりと終わりを設けることがポイント。最初と最後に置くイメージは、見る人を感動させられるようなインパクトのあるものを選ぶ必要があると思う。それから、人はポジティブなことと同じくらいネガティブなことが記憶に残ってしまうものだから、”微妙”なものを見せたら、他にどんなに良いものがあったとしても、あなたの評価も”微妙”に下がってしまうかも。だから、もし自信を持って出せないものがあったらそれは除外しましょう。ただポートフォリオを分厚くするだけだから、スルーした方が正解。

2. プレゼンテーション。 たぶん、多くのデザイナーの卵たちはこれに怯えて勇気が出ないのだと思う。とくに日本の学生。ミーシャが文化服装学院に通っていた頃、”人前での話し方”について初めて学んでる人がいて、衝撃を受けた記憶がある。デザインコンテストでは、プロの前で話す機会が与えられます。これは怖いことかもしれない。でもプロフェッショナルの方々はいつも新しいものに目を向け、受け入れて来たからこそ今成功している。だから勇気を持って欲しい。たくさん話す必要なんてないんだよ。

3. 3大キーワード

情熱

革新的要素

クオリティ

この3つがデザイナーを目指す上で最も重要。もしこの3つを持っているなら、あなたのクリエーションは一人歩きをするかのようにどんどん世に受け入れられるはず。

さて、特に紹介したいデザインコンペへ!

1. Money. It’s not always a lot, but any cash is welcome cash. Whether the winnings are 1,000$ or 70,000$ getting some capital to buy fabric or pay for exhibition space is a huge boost.

2.Networking. Having professionals say “yes” to your work, and perhaps offering advice and guidance, or even an offer to a next step is worth more than money can even buy. I promise that for every professional you come in contact to, you will gain a month of knowledge.

3.Ego. Resume. Confidence. Experience…. To succeed in fashion, you must be confident in your designs. Getting confirmation of your genius is one thing, but to be able to etch it onto your resume is another.

Ok, so how do you win?

1. Most contests comprise of a portfolio, and then a presentation.  As for the portfolio, I can offer you advice to keep it cohesive, like a story book. Having a “beginning” and “end”  would be key. The first and last images in a portfolio should be the strongest as they are the most impressionable. Also know that humans remember negative things as much as positive things. You are only as good as your WORST work. If there’s something you aren’t sure about, don’t include it just to make your portfolio bigger. Throw it out.

2. For the presentation, I think this scares a lot of design students off. Especially Japanese students. When I was studying at Bunka Fashion College, I was shocked to find that some students were learning how to talk in front of people for the first time. For design competitions, you will be required to speak in front of professionals, which can be scary. But professionals are successful for a reason; their minds are always open to new things. You don’t even need to talk much.

*Passion

*innovation

*quality

are the MOST IMPORTANT aspects of being a fashion designer. If you have those three elements then your work will speak for itself. So here are some of my current favorites.

 

ITS INTERNATIONAL TALENT SUPPORT

contests-yasuto-kimura

つい先週、イタリアでITS(インターナショナルタレントサポート)が開かれた。このイベントでは数々の有名な専門家たちが審査員を務めている。 (ニコラフォルミケッティ、フランカ•ソッツァーニ、ビジネスオブファッションのイムラン•アーメドなど)

ミーシャは光栄なことに去年、ディーゼルと共にこのイッツに出席しました。そのコンペティションにはディーゼルがサポートしていて、ディーゼル賞もあり、この賞を獲得した出場者はヴォーグイタリアとオンラインで取り上げられ、アフターサポートや仕事場、さらに25000ユーロ(350万円相当)の賞金が与えられる。昨年ミーシャはこのコンテストを日本に広めるプロモーション活動をしてほしいという依頼を受けて出席させていただいたのだけど…なんと今年は8人もファイナリストもいて、すべてのジャンルで日本人も受賞している!すばらしい!おめでとうございます!

Just last week the major ITS (International Talent Support) was held in Italy.  Some of the most amazing professionals judge this event, like Franca Sozzani, Imran Ahmed of Business of Fashion and Nicola Formichetti. I was honored to attend last year with Diesel, who have their own award in the  competition.  Winners are featured in Vogue Italia and online; and get a lifetime of after-support and even job placement along with cash prizes like 25,000euros for the Diesel award.

I was asked to attend last year to help promote the contest for a Japanese audience, and this year there were 8 finalists!! That’s incredible! Not to mention a TON of winners! Congratulations!

contests-yasuto kimura2

contests-Takafumi-Arai

contests-Maiko-Takeda-pale

contests-noriko nakazato

 

ASIA AWARDS AT TOKYO DESIGNERS WEEK

contests-avantgarde01

では、あなたが今すぐにでも挑めるコンテストはというと? 実は、7月31日の時点で30歳以下のデザイナーであればアジアアワードに応募可能。これは、10月に控える東京デザイナーズウィーク中に開かれるコンペ。デザイナーズウィークという名の通り、ファッション業界だけじゃなくて音楽、デザイン、アートなど各業界のプロフェッショナルに披露できる、またとないビッグチャンス。ジャッジも多様な角度から下される。

ミーシャはここで審査員を務めさせていただきます。とても光栄。そこでみなさんに言いたいこと、”立ち止まらずに、走り続けてください” そして、この大会に出場してください。これはアジア向けではなく、グローバルな規模のコンテスト。賞金は30万円から100万円。世界から大注目を浴び、デザイナーズウィーク中にはたくさんの人がエキシビションに訪れることは言うまでもないでしょう。

テーマは、”マイ アバンギャルド” ひとりひとりが自由に”アバンギャルド”を解釈して定義付けられる。参加費もなし!さあ、今こそ一歩踏み出そう!

(また、参加したいけどデザイナーじゃないよっていう方、ボランティアも募集しているのでぜひこちらからサインアップしてください。)

So what contests can you enter RIGHT now?!  Until July 31st, if you are a designer under 30 years old you can enter the ASIA AWARDS. This is an incredible competition held during Tokyo Designers Week in late October and is an incredible opportunity to not only be seen by fashion people but music, design and art professionals as well since the judges will come from every genre.

I am honored to a judge this year, and I`m  telling tyou o RUN, DON’T STOP and enter this competition. It is a global one, not just for Asia, and with cash prizes of 300,000 to 1 million yen (3,000- 10,000$). Not to mention free exhibition space during Tokyo Designers Week, one of the most-visited in the world! The theme is “MY AVANT GARDE” which means “avantgarde” is open to interpretation. It’s free to enter, so do it now!

Also, if you want to participate in Tokyo Designers Week but aren’t a designer, they are looking for volunteers so you can sign up for that here.

contests-young_art_main

contests-student_grandprix

contests-young_grandprix

 

H&M DESIGN AWARDS

これは、世界の選ばれしファッションスクールに通う生徒に参加資格がある大きなコンペティション。日本では文化服装学院、文化ファッション大学院大学、バンタンデザイン研究所の3校が選出された。応募締め切りは前述のアジアアワードと同じ7月31日。日本のファッションスクールが参加校に加わったのは今回が初めてだから、トライしてみる価値大。優勝者のコレクションは実際に世界中のH&Mのショップで販売され、さらに700万円相当の賞金が授与される。ミーシャも去年の優勝者キム•ミンジュのコレクションピースを何点かゲットした!それくらい素晴らしい作品だと感動したから。だから今年から日本からも参加者が出るのはすごく嬉しい。

Finally, here’s a big one.– if you’re lucky enough to attend Bunka Fashion College/Graduate School or the Vantan Design Institute.  It’s the H&M design awards and it’s deadline is also July 31st. This is the first year that anyone from a Japanese school is able to enter so it would be quite a good idea to try. The grand prize is a collection that will actually be SOLD at H&M all over the world as well as an incredible 50,000euro  cash prize.  I own a few pieces from last year’s winner Minju Kim and I absolutely adore it so I’m excited to see the next winner since I’ll actually be able to buy the goods.

contests-Stine-Riis_2

contests-hm-Eddy-Anemian-2013

contests-hm-fashion-minju-kim2

 

 

時には本当に運で優勝する人もいる。色やシルエットがトレンドを捉えていたからとか、審査員のムードによるのが現実。でもそれは運に過ぎなくて、たくさん出場すらばたくさんのチャンスがうまれ、勝ち目もあるはず。だかや決して諦めないで、積極的に出来る限り多くのコンテストに挑戦し続けて欲しい。

Sometimes, the winners of these contests are chosen by pure luck… whether your colors or shapes are trendy or just depending on the mood of the judges. But in that case, just like luck, the more you enter the more chances you have of winning. So don’t give up and keep on entering as many as you can.

関連記事も読みましょう! READ MORE

“ITS DESIGN AWARDS” 13 FINALISTS INCLUDE 3 JAPANESE–UP CLOSE WITH THE COLLECTIONSITSデザインアワーズの13名のファイナリストには3人が日本人、「ジャパン」をテーマにしたコレクションが多数登場。

ITS-Diesel-2013-intro-16

 

The prestigious SOEN AWARDS JAPAN 2014 winners and full collections ◎装苑賞2014年で輝いた優秀な若手デザイナーを全公開します!

soen-awards-japan-2014-93

 

EXCLUSIVE INTERVIEW: Renzo Rosso and Artistic Dir. Nicola Formichetti Reveal DieselReboot and MORE独占インタービュー!「ディーゼル」創立者レンツォ・ロッソ、ニコラフォルミケッティがDieselReboot、それ以上に色々公開しちゃう!

diesel-reboot-3

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/asia-awards-fashion-design-contests/feed/ 0
High-tech On Air clothing changes at whims like the air ◎最新テクで空気のように変化を身にまとう「on air」が誕生 http://www.tokyofashiondiaries.com/on-air-by-final-home/ http://www.tokyofashiondiaries.com/on-air-by-final-home/#comments Sun, 13 Jul 2014 07:30:05 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28742 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

onair_画像1

The city is a tough place, relentless in its aggression, challenges, and pace of change. It’s survival of the fittest out there, and if you can’t keep up then you’ve no chance. And when it comes down to the wire, the last layer of protection from the city that you’ll have is what you’ve got on your body. So what’s your armor gonna be?

都会を代表するもの。めまぐるしい変化。変化を取り入れられなければ、都会ではサバイバルできない。この果て、最後に身を守るのが服だったらどんな甲冑を選ぶの?そこでサバイバルモード「On Air」がFinal Home から誕生。

 

 

onair_画像1
The “On Air” series from Final Home is a functional collection developed so the wearer can adapt to change as quickly as the air does. The pieces come in parts, meant to be put together in a myriad of ways, symbolizing change as much as literally being able to wear it. While “designer activewear” is gaining speed, perhaps the next level will be “survivor activewear”? We modern society city-dwellers will take all the assistance we can get.
“Final Home” is designed by Kosuke Tsumura, a genius in his own right who named his under the concept of “when your house is gone, only the clothes on your back are left to protect you”. Every bit of his collections are stylish yet practical, with built-in “survival-ready” elements Tsumura develops. But while that may conjure up images of Hazmat-ready gear, it’s still just in the name of fashion. Survival of the most stylish, baby.
Final Homeのデザイナー、津村耕佑は、空気をまとうように、変化を着ることができる服、「on air」をリリースした。パラバラなパーツを着る人が組み合わせ、変化を着ることができる。これこそ都会のサバイバルウエア。最近「アクティブ系モード」が流行る中、次のステップは「サバイバル系モード」のでは?都会はけして優しい環境じゃないので、ファッショナブルにサバイバルできるウエア、なんて歓迎。

Final Home、最後の家、と名付けられたブランド自体もユニークなコンセプトをもつ。それは、「人間を最後に守れるのは服。」というもの。彼は非常事態においてデザイナーとして提供できるデザインを生み出している。新たなファッショナブルなサバイバルウエアの登場に期待!

FINAL HOME online

press_photo_140602_2.png

 

Screen shot 2014-07-13 at 12.31.03 PM

 

Screen shot 2014-07-13 at 12.30.37 PM

 

 

LEARN MORE | 関連記事も読みましょう!

THE WORLD’S SAFEST COUTURE? HIGH-TECH BUBBLE WRAP GOWNS BY FINAL HOME’S KOSUKE TSUMURA.世界一”安全”なクチュールドレスかも?FINAL HOMEによるハイテクな”プチプチ”コレクションでおしゃれ保護!

final-home-8

 

BALLOON Fashion FINALLY WILL NOT BE DEFLATING WITH THIS BOOK.もうしぼんでしまうことのない風船ファッション。DAISY BALLOONによる作品集が登場!

daisy balloon book by rie hosokai

Proef Tights Are the Perfect Intersection of Street and Chicタイツをはくなら、このストリートとモードの交差するProef。

proef-tattoo-tights-japan-16

-Misha Janette
Asst edits Karen Shimada

on air video (full ver.)
————————————
Credits
-
Art director: Naonori Yago http://www.naonoriyago.com/
Graphic design: Naonori Yago
Director: TAKCOM http://www.takafumitsuchiya.com
CGI: Kazumasa Kimura (takcomstudio), TAKCOM
CGI assistant: Motonori Suzuki
Sound design: Himuro Yoshiteru
FINAL HOME team
Designer/Director: Kosuke Tsumura
Assistant Designer: Shinichi Suda
Press/Manager: Ayumi Shimamura

Copyright© FINAL HOME All rights reserved.

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/on-air-by-final-home/feed/ 0
13 yr old Tokyo fashion blogger Mappy is not the Japanese Tavi… ◎「私はTaviじゃない!」13歳にしてファッション上級者の東京ブロガー「マッピー」を紹介 http://www.tokyofashiondiaries.com/mappy-not-japanese-tavi/ http://www.tokyofashiondiaries.com/mappy-not-japanese-tavi/#comments Thu, 10 Jul 2014 15:51:42 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28709 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

mappy-japan-1

No, Mappy is not the “Japanese Tavi”. But considering the similarities between the two, it is understandable that many would want to draw to that conclusion. “We have *totally* different style. I’m not really into what she wears now.” Asserted Mappy, now in 7th grade in a Tokyo-area school, while we talked over cafe hors d’oerves in Ebisu (For reference Tavi actually just graduated from High School). But there’s no doubt about it, Mappy is precocious and stylish beyond her years. What does she think about the buzz swirling around her and her booming online fanbase? I wanted to hang out and get to know the new-gen icon Mappy.

マッピーは”日本のタビ・ジェヴィンソン”じゃない。でも13歳にしてかなりファッションのセンスが上級者レベルだし、業界で話題になっていることなど、二人の共通点ではそう誤解しやすいかもしれない。”私たちのスタイルは全く違います。最近見てみたら着ているものに興味気なかったの”と、マッピーは断言。先日、ミーシャと東京に住む中学一年生のマッピーは恵比寿のカフェでつまみながらおしゃべりした。 確信を持って言えること、それは、マッピーは超中学生級、スタイリッシュで貴重な存在だということ。彼女の周りで渦巻くいろんな言葉に今彼女は何を感じるのか?急増加しているオンラインのファンたちになにを思うのか?ミーシャはそんなニューアイコン、本当のマッピーのことをもっと知りたいと思ったから一緒に遊びにいってきた

mappy-japan-2

 

We met at Starbucks in Ebisu on a very rainy day in Tokyo. I asked Mappy to come along with me to visit one of my favorite vintage stores, Alcatrock nearby. I wasn’t sure if her mother would be attending the playdate or not, but until Mappy is old enough to traverse more of the city on her own, it wasn’t a surprise when both of their figures came ’round the corner. “Sorry! We were kinda lost!” said Mappy, dragging her feet a bit in vertiginous Mary Jane platform shoes, robin blue tights with big red hearts running down the shins and a charming outfit neatly done in vintage knitwear. There were markings of Sharpie signatures on her weathered bowler bag. I tried not to think about when exactly was the last time I chilled with a junior high school student, but since its such a rare occurrence all I could do was be normal (it helps that my conversational Japanese is probably the same level as a Jr high School students’ anyway).

This was only the second time we’d met. Unless we count online encounters as “meeting”. I recalled running across a photo by Droptokyo randomly on Twitter and commenting on it, “Wow, this girl looks exactly like Ai Tominaga”. The tweet spread like fire. I had assumed the girl in question was a Harajuku kid, or a budding dokusha-model. But Mappy is neither, she’s in a league of her own.

東京で雨が激しく降る中、恵比寿のスターバックスでマッピーと待ち合わせをした。ミーシャは近くにあるお気に入りのビンテージストア”Alcatrock”をマッピーに紹介したかったから。マッピーのお母様もいらっしゃるかどうかどうか分からなかったけど、ひとりで街中を動いても大丈夫な歳になるまではそのほうが安全かもしれない。待っていると、ふたりの姿が曲がり角に見えた。”ごめんなさい!ちょっと迷っちゃって!”とマッピー。彼女の足下を見るとメアリージェーン厚底シューズに、カップケーキのアイシングのようなブルータイツに♥柄の線のが輝いた。さらにきちっとしたビンテージのニットウェアを着ていた。彼女のユーズドなハンドバッグに、マーカーでサインのグラフィティが描かれてたようにみえた。

ミーシャはそのとき、”最後に中学生と遊んだのはいつか”とか、できるだけ考えないようにした。でもマッピーのルックスは大げさなく大人よりも大人らしいから、年齢をすぐに忘れてた (日本語で討論するってなったら、ミーシャの日本語レベルはたぶん中学生と同じくらいってのは救いだった。w)

会うのはまだ2回目。ネット上での”出会い”を含めたら3回。初回はね…ある日ミーシャのTLに出てきた Drop-Tokyo の写真に”この子、富永愛に似てるね”とコメント付きRTしたら… ワイルドファイヤーのように広がった。マッピーのことは知らなかったので、てっきり”原宿キッズ”とか ”新人読モ”だと思ってた。でもマッピーはどちらでもなく彼女自身でジャンルレス。

mappy-japan-3

***

 

While Mappy’s stature is extremely petite, her face is austere. She has the fashion-friendly wide-set eyes like Ai’s, and lips always done in a punchy color like red, orange or black. Her hair is raven-black and cut in a blunt bob a la Rei Kawakubo. She pulls a cooler face than I ever could. When I saw her in the photo on Twitter, it never dawned on me she would be so young (just 12 years old at the time).

 

At Tokyo Fashion Week last season, I had just taken my seat at the Yasutoshi Ezumi show when the organizers excitedly visited me at my seat, whispering to me that “Mappy has arrived!” like they were letting me in on a secret. I wasn’t sure what they meant but there was a huge commotion, and a little girl emerged from the huddle. “Misha, let me introduce you to… Mappy!” And there I was staring at Ms. Little Ai Tominaga, a huge smile on her face, not at all perturbed by the mass of organizers, editors and photographers swarming our front-row seats. If there were any comparison to Tavi Gevinson, it would be this. Her mother was a little more befuddled by the spectacle but stayed simply calm and polite as they sat down next to me. “Thank you so much for your tweet! Mappy really loves to follow you, and she loves your haircut.”

 

 

*epihany* That… wasn’t a Rei Kawakubo homage cut, that was… mine? Thoroughly intrigued, I tried to catch some of the interviews my little doppleganger was doing, but my Japanese is only good enough to parse when the person is talking directly to me. All I could hear was the word “mode”. As in “mode fashion”, or fashion forward, high-design. It used to be a popular phrase but fell out of vogue in the past decade when it got too expensive and cheap streetwear took over instead. Hearing this 13 year old talk about mode sparked my interest like a match. Perhaps the new, NEW generation would be more keen on high fashion? It was at that moment, I became a Mappy fan.

 

マッピーは小柄なのに飾り気のない大人らしい顔をしていた。やっぱり富永愛さんのように、どんな洋服でも似合う切れ長な目をしていて、リップはいつもパンチの効いた赤などで決めている。黒いきれいな髪は川久保礼さんのようなぱっつんボブにカットされている。ミーシャには真似出来ないような涼しげな顔つき。Twitterではじめて彼女を見たとき、そんなに若いとは夢にも思わなかった。(当時彼女は12歳) 。

 

この前の東京コレクションでのできごと。ヤストシエズミのショーで席についていた。すると主催者側の人が少し興奮した様子でミーシャの席にやってきて秘密話みたく”マッピーがきてくれました!”と興奮。どういうことだろう?と思ったけどこれは大ごとだった。そして人ごみのなかから小さな女の子が浮かび上がってきた。….”ミーシャ、”マッピー”を紹介させて!”

 

顔いっぱいに笑顔を浮かべたプチ富永愛を見つめるミーシャ。彼女はフロントロウで多くのエディターやカメラマンに囲まれ、パパラチされてた。もしタビと比べられる所があるとしたらこれかもしれない。 お母様は独特な景色に少し困惑していたかもしれないけれど、落ち着いていて丁寧な印象を受けた。二人がミーシャの隣に腰を下ろした。”この前のツイートしていただきありがとうございます。マッピーがミーシャをフォローしてたので。そして、ミーシャのヘアカットが大好きなんです。” ん?あの時のツイートの女性がこのマッピーだった!?とピンときた。でももっと驚いたの川久保オマージュのボブはミーシャへのオマージュでも?!w

 

わくわくして、マッピーが受けているインタビューを聞き取ろうとしてみた。でもミーシャは横から拾うのは難しくて、唯一聞き取れたのは…”モードファッションが好き”。安い洋服とストリートスタイルの流行で最近街からなくなっている「モードスタイル」。この13歳の少女はそんな、ミーシャも好きなモードについて話してるのかな?きっと、新しい、”本当に新しい”世代のハイファッションの鋭い感覚をもってる?そのときミーシャはマッピーのファンになった。 mappy-japan-4

 

****

 

At Alcatrock, Mappy’s mom was rifling through the numerous racks, pulling out the smallest dresses for her daughter to try on. I took out one of my favorites, one I’d tried on just a few weeks earlier but sadly concluded it was sized for a human much tinier than me. Mappy grabbed a shiny blue bowler hat to match but it was too small. “If it’s too small for me, it won’t fit ANYONE!,” she joked. An hour or so later, Mappy had tried on a bevy of lacy, pretty things. I was actually surprised, since in my few short encounters and hearing her interview, I had thought she was a fan of chic and shiny “mode” style. I asked her about it later at the cafe.

 

“Of course I’m interested in mode. But it’s too expensive for me.” Ah, reality kicks in. I hardly even see adults wearing Ann Demeulemeester anymore anyway, I don’t know why I would have expected Mappy to be in it. Instead,she and her mother will giddily tell you about their favorite vintage haunts and great bargains they caught in Kichijoji. “My bag here was only 100 yen!!” bragged Mappy. Her sense of style is still blooming, but her sense of self is very much established. “I just started junior high school and it’s tough I guess. No makeup, no accessories… and everyone wears just plain socks!” she complained.

 

I asked if anyone knows about her being famous online and her mother kicked in. “I don’t think any of her classmates know yet, but sometimes the mothers will mention that they saw Mappy mentioned online in places.” The newfound attention means dealing with people who want a piece of the action. Her mother added, “We get requests from photographers all the time asking Mappy to be in their shoots but we often don’t know what to think of them or what to say back.” “And they barely have any followers!” piped in Mappy like a true SNS aficionado. This was definitely something that worriedly popped up in my mind when I saw the commotion at fashion week. I stressed that only working with real professional people they absolutely trust is key.

 

Alcatrockで、マッピーのお母様は所狭しと置かれたラックを動かしながらマッピーが試着できそうな小さいサイズのドレスを探していた。私は数週間前に見つけて着てみたら自分よりワン人間小さいサイズだったから着れなかった、お気に入りのドレスを手に取った。マッピーは光沢のあるブルーのボウラーハットを合わせようとしたけど、それが小さすぎた。”私で小さかったら誰も無理じゃん!”とジョークを言ってた。

1時間くらい、マッピーはあらゆる美しく、素敵なビンテージを身につけてドレスアップした。彼女の写真を撮ったり、おしゃべり​をしていた内に​、あることに気付いた。「モード」や「クール」なものに興味があると言ってたのにかなりビンテージ派寄りだった事。気になっていたので、​そのあとカフェで聞いてみた。 “もちろんモードに興味はあるけど、私には高すぎるよ” 。だよね。現実がどーんと突きつけられる。そういえば大人の私もAnn Demeulemeesterとかもうあまり見ないもんな。。マッピーになにを期待したんだろう。だって、私もいつも言っているのは「モードは値段ではなく、気分だ」なのに。だよね。代わりにお母様とよく行くビンテージショップやバーゲンの掘り出し物の話を聞かせてくれた。 “このバッグはたったの100円!だった” と興奮するマッピー。 彼女のスタイリングセンスはまだまだ発展途上だけど、彼女”そのもの”は立派に確立されている。

“まだ中学生になったばかりだけど、学校はちょっと厳しいの。お化粧もアクセサリも禁止。しかもみんな、無地の靴下を履くんだよ!”と不満がたくさんあるようだ。 学校のクラスメートはマッピーがネット上で人気を集めていることを知っているかしら?と訪ねると、お母様が答えてくれた。 “まだクラスメイトは知らないと思います。でも、お母さんの方から”マッピーの写真をネットで見ましたよ”という話はされることがあります 。注目されはじめると色々な人と関わりを持つ機械が増えます。よく、”作品撮りでモデルをしてほしい”とフォトグラファーの方からお話をいただきますが、どの人を信頼できるか、断るべきか、判断がなかなか難しい”

…”しかも、見てみるとフォロワーがいないし!”とSNSの熱狂的のマッピーがその判断の仕方を言いだす。確かにこれは心配する要素のひとつで、ミーシャにも思い当たる節がある。信用出来る本当のプロフェッショナルとしかしない方がいいですよ、とアドバイス。

mappy-japan-5

***

 

But more than fashion week, the vintage, and the clothes, there was something else altogether occupying Mappy’s brain: The piano. “I don’t want to just be a fashionista. I want to be a pianist. A fashionable pianist. I really want everyone to understand this is my priority” A pianista? And she wasn’t joking. Mappy has sights more set on being a performer at the piano bench than being an exhibition at the fashion shows. At the moment she is into jazz music and practices for public festivals. But that doesn’t mean she is going to stop attending fashion shows, or snapping her daily outfits for her instagram and blog anytime soon. The entire time we were at the cafe talking, she had been trying to edit a photo we took together for her instagram. After about an hour, she wailed, “I don’t know what filter to use! How do you think I should go??” Bright and bold, Mappy… Go brightly. And boldly.

 

ファッション界で注目を浴びる Mappy。でもファッションショーよりも、ビンテージよりも、服よりなにより、マッピーを夢中にさせるものがある。それはピアノ。 “ただのファッショニスタにはなりたくない。ピアニストになりたい。ファッショナブルなピアニスト。これがわたしの価値観だって、みんなに分かってもらいたいの。” ファッショナブルなピアニスト?ってことは、ピアニスタ…? 彼女は真剣だった。マッピーが描く将来のビジョンは、おしゃれ傍観者のではなく、おしゃれにパフォーマンスをすることだ。今はジャズミュージックにハマっていて、近所の祭りに向け練習しているそう。しかし、これは決してファッションショーに姿を見せなくなるとかではないし、毎日コーディネートをインスタにあげてブログもまめに更新している。 カフェでお話ししている間、マッピーは一緒に撮ったスナップをインスタ様に加工しようと励んでいた。一時間くらい経って、”もうわからない!どう加工したらいい?”と嘆いた。 ブライト&ボールド、マッピー….そう、明るく勇敢に。

mappy-japan-6

Mappy on Instagram オフィシャルインスタグラム

 

Night Barbecue!!!</p>
<p> </p>
<p><img class=

 

Screen shot 2014-07-10 at 4.45.19 PM

 

Screen shot 2014-07-10 at 4.44.40 PM

 

Screen shot 2014-07-10 at 4.46.56 PM

 

Screen shot 2014-07-10 at 4.44.25 PM

 

Screen shot 2014-07-10 at 4.43.50 PM

 

-Misha Janette

READ MORE 関連記事も読みましょう!

 

The Worst Candy Ever??..the Kind You Never Get to Eat. Dessert Accessories by Rotari Parker一生食べることの出来ないお菓子って最悪じゃん??いや、ちょっとまった!!

rotari-parker-eatme-22

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/mappy-not-japanese-tavi/feed/ 0
kolor 2015ss. Sportswear never meant for Sports, so what? ◎キーワード:「スポーツができないスポーツゥエアだが何か?」カラー2015春夏 http://www.tokyofashiondiaries.com/kolor-2015-ss/ http://www.tokyofashiondiaries.com/kolor-2015-ss/#comments Tue, 08 Jul 2014 01:54:10 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28621 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-001

 

The sporty trend has taken high-fashion by storm, and it’s designer Junichi Abe of Kolor’s turn to show his take on it. Ever since the oversized silhouettes of the 80s, has there been a trend to promulgate the collections for men and women such as this? Surely high fashion sportswear will top lists defining our fashion decade years from now. And this isn’t just Nike on a runway; this is de facto high fashion we’re talking about. If you actually feign to do any labor or sweating in these you will be crying over your dry cleaning bills. For example, Kolor’s “basketball shorts” for 2015 SS are more cocktail than court as they’re not lined in stretchable mesh but delicate lace….

ファッション界で今ビッグトレンドになっているスポーティテイスト。Kolor デザイナーの阿部潤一さんはそのトレンドをうまく取り込み、見事なコレクションを発表した。80年代のオーバーサイズシルエット以降、このようにメンズとレディース両方で多く登場したトレンドはあったっけ?? ハイファッションのスポーツウェアブームはこの先今世紀最大の流行になることは確実でしょう。 これは、ナイキのランウェイとかっていう話じゃなくってモードファッションのこと。もしこれを着てる時に重労働して汗をかこうものならクレジットカードの請求額を思い出して泣くことになるかもよ?例えばカラー2015ssの”バスケットボールショーツ”。だって、裏地がデリケートなレースってば….!

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-018The kitchen sink: Denim, neoprene, knit, mesh, lace… and are those sandals suede?! 素材のメドレー:デニム、ネオプレーン、ニット、メッシュ、レース、そしてサンダルはまさかスエードじゃないか?!

There are also the sneakers and sports sandals in Kolor’s collection, but these are merely Abe’s take on the shoe and not meant to be taken to the gym. Still, he fuses active-ready fabrics like nylon and neoprene with smart go-tos like knitwear…. on one item, no less! This experimentation is key and the colorblocking somewhat blurs it out but the mix textiles here are quite genius. Now if you are fabulous enough to pull off a “faux-pas” like one of the tie-dye shirts or madly mismatched t-shirt sleeve lengths then you are a true stylisto and I will tip my designer basketball cap to you. Lastly: note that Kolor’s signature smock piping technique is back after a long hiatus this season, so old fans might want to come back and reacquaint themselves with the brand if you left.

Kolor Shopping at Farfetch

カラーのコレクションにはスニーカーとスポーティなサンダルも揃っているけど、決してジム用なんかじゃない。異素材を合わせることが得意な彼は、アクティブウェアに使われるようなナイロンやネオプレンとニットなどをひとつのアイテムにのせたり….手が凝っている。また、カラーブロックが施されたブラウスだったりとかこのミックステキスタイルなんて(ネオプレーン、デニム、ニット!)絶妙なバランスで天才的。 タイダイTシャツとか個性的なアシンメトリーTシャツを上手に着こなすことができたら、もうあなたは本物のスタイリッシュピーポー。チアガール集まれ! 最後に…カラーの代名詞でもあるスモックのパイピングが長い眠りから覚めてかえって来たらしい!最近ちょっと離れてたかもしれない昔からのファンのみなさんもまた戻ってくるかもしれない。

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-006     Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-003

 

kolor_15ss_14

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-004

kolor_15ss_06   Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-010

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-005

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-009

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-007

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-010

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-011

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-012

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-013

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-014

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-015

 

kolor_15ss_39

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-016

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-019

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-020

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-002

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-017

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-022

 

Kolor-Men-Spring-Summer-2015-Paris-Fashion-Week-Collection-023

-Misha Janette -Assistant editor

Natsumi Yasuoka   ミーシャをフォロー!

TWITTER: FashionTubuyaki

INSTAGRAM: MishaJanette 

FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD

GOOGLE+ MishaJanetteFleming

WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/kolor-2015-ss/feed/ 0
The Shocker is Beauty is not Borderless ◎日本の境界線を超えられない美意識はあるの? http://www.tokyofashiondiaries.com/beauty-is-not-borderless/ http://www.tokyofashiondiaries.com/beauty-is-not-borderless/#comments Sun, 06 Jul 2014 07:56:41 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28596 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

最近ネットで出回った”世界各国の美の定義”をPhotoshopで検証した記事がありました。ちょっとおかしいのもあるけど、インテンションに興味深くて取り上げます。

日本バージョンはまだ出てこないかなーと思いながら画面を下にスクロールしながら想像してみた。ラウンド型のフェイスラインに派手目のチーク、アイラインで目を強調、ちょっとだけアヒル口、つけまつげ、カラコン、髪はオレンジぽい茶色で少しウェーブの効いた肩くらいの長さかな。

“美の定義”はとても面白いトピックだと思う。上記でミーシャがイメージしたのは今日本でいちばんポピュラーな女性像 (たとえば、ローラさん)。でも外国で成功しているのはこういう女性ではない。だって、外国人が思う日本人女性の美(男性にも言えることだけど)というのは、この女性像とはかけ離れているから。ファッション界ではその傾向はいっそう強まります。さて、どんな人が”ビューティフル”で、人々の注目を集めるんだろう?

Recently there is an article going viral on the net about a woman who paid photoshoppers from a handful of countries around the world to change her into their culture’s view of beauty (some horrible photoshopping aside, it was a good idea).

I was waiting for the “Japan” version and I imagined how it would look like: rounder face, filled-in cheekbones, more defined eyelids, slight duck lips, extra large irises, fake lashes, and a wavy shoulder-length hairstyle in a light brown with orange-ish tones.

The concept of beauty is interesting, especially in fashion, because who I imagined above is one of the most popular models on the planet in Japan at the moment. But when it comes to Japanese beauties trying to become successful in the west (and men, as well), what we think of as a beautiful “Japanese” woman is very different in both cultures. It becomes even MORE obvious in terms of the fashion world…who is beautiful, and gets looked over? (continued under the Japanese)

上掲載の画像はこっちよりの菊池凛子さん The photo above is of Rinko Kikuchi from here

Screen shot 2014-07-06 at 4.28.50 PM

ビューティコンシャス

海外の人が”ジャパニーズビューティ”を考えたときには間違いなく艶やかな黒髪に一重で、高い頬骨の”大和撫子”な、ステレオタイプの”美”が頭に浮かぶ。それは、外人から見るとレアだから。そして“レア”であることは美徳とされるわけですね。

世界のファッションメディアの目を集めた日本人としてミーシャの頭に浮かぶのは、山口小夜子、富永愛、タオ、福島リラのモデル勢と女優の菊池凛子。彼女たちが美しいのは揺るぎない事実だけど、日本国内でというよりはむしろ海外で大成功をおさめている。これは、”美の感覚”が日本国内と国外で相当違うということを示しているのでは?と思う。日本人が彼女たちのルックスを否定することはないけど、海外メディアが取り上げるようになってから日本メディアも彼女たちの魅力に気付き、注目するようになることが多い。

どうして、彼女たちのような”大和撫子”がハリウッドをはじめとする諸外国を魅了して、浜崎あ○みのような国内のスーパースターは(日本の女の子たちの憧れの的にはなるのに) 海外マーケットに広く受け入れられないのでしょう? 日本だけではない。理想的な ”アジアンビューティー”をもつ、香港の”アンジェラベイビー”や韓国の”少女時代”は自国内で人気が高いのに西洋の一般マーケットにもファッション界にも進入できなかったことを見ると、ギャップは大きいと思う。

逆もありますよ。ハリウッドのアジア系女優さんがこっちで人気なかったりすることもある。中米系の大人気女優さんでも、中国では「美人じゃないから、人気がない」という声があって、アメリカで大話題になりました。

また、日本国内マガジンが“ハリウッドで人気を誇るセレブ”をフューチャーしてもそれは国の”美的感覚”と合致するとは言えない。海外で有名な俳優や女優だって日本では全然話題にならないかもしれない。(その証拠に、日本のTwitterでは例えば海外セレブのゴシップを流しても日本人が好きなかわいい系の芸能人でないならRTとファボが非常に少ないのを観察してる。当たり前だけど、念のためあげておきました。)

beauty-sayoko-yamaguchi-2

Sayoko Yamaguchi 山口小夜子 by Serge Lutens for Shiseido

 

ヴォーグの謎??

1999年、ヴォーグジャパンが創刊されてからずっと、世界のファッション誌ファンたちがみんな、一度は感じる疑問がある。

“どうしてジャパニーズモデルが表紙に載らないの?”

外国人のなかには”ヴォーグの表紙を飾るモデルが日本人の憧れるルックスなのか?”と困惑する人も少なくない。でも実際…、ヴォーグジャパンがしているのは”海外ファッション誌がとりあげる今海外で話題のものを日本版として取り上げること。”  そして人気の外人モデルももちろん当て込む。海外をメインソースにしているヴォーグ ”ジャパン” だからって、日本人モデルがダメというわけではない。他の雑誌に目を向けると、ローカルなモデルやセレブが表紙を飾る雑誌もあるので。ただ、ヴォーグは「世界の一番知られているファッション誌」ということなので、日本人が白人のルックスの方を憧れるという誤解が外国ではよく生じるのは確か。

 

“美の感覚“はグローバル化できるのかな?

前に、イメージコンサルタントとして日本の芸能界で目を出しそうな子の発掘をしないかという話をいただいたことがある。”外国人の立場で、将来日本の女の子にはどんなものを見せてほしいと期待しますか? 日本のセレブリティで誰が美しいとおもいますか?” 外国の文化とのギャップを感じた出来事だった。

興味深いことに、アメリカやヨーロッパが今アジアンビューティーに再び注目している今、中国人のスーパーモデルが勢いを増しているし、K-popは一世を風靡している。南アメリカにもKpopのセレブの顔に憧れ、整形手術をした男性が登場したって話もある。

実は、この記事をアップする前、アジア系のアメリカ人の意見を寄せたくて読ませました。そうすると、“実はロスでキャスティングのオーディション数々では、目がくりくりしすぎてアジア人に見えない”と言われた。今在住している東京ではむしろ、”あなたの顔はアジア人っぽすぎるんだよ”とかわいそうに。ほんまにどっちやねん?!と言いたいとこw

ポップカルチャーやセレブ界がどんどんグローバル化していくなかで、人々は度々”文化を超えた”美しさ”は人気を計るものさしにはできないこと”を忘れてしまう。そして“他国が望むその国の”美しさ”と実際その国で理想とされる”美しさ”はとても遠いものだ”ということも。これは例えば〜〜国へマーケティングにしたいとかプロダクトを売りたいという時にすごく為になる。同じモデルを世界共通にできる訳じゃないってことですね。

ミーシャは、美的感覚がグローバル化して世界共通になったりするとすっごくつまらないと思うわ。世界共通語の英語の様にはなる必要がない。”美の定義”は各国のライフスタイルをうつした様々な個性を持っているべき。

余談: 無関心な人たちにとっては、日本人なのかか他のアジアの国の人なのか見分けがつかない。10年日本に住んだミーシャは今でこそ各アジア諸国の人たちひとりひとりにちゃんと個性があるってわかる。これは、ミーシャ自身の知覚が変化したから。だってね、アメリカに帰って中年男性を見かければみんな自分の父親みたいと感じる。その歳くらいの女性はみんな母親に似てくる。20代後半の男の人たちは弟みたい。白人てみんな似てるなーって思ったりするの。w”感じ方”って不思議だー。ショック。 笑

beauty-conundrum

What’s the beauty consensus?

1. “You aren’t Asian-looking enough. Your eyes are too big.”

2. “You look too Asian for this market”

#1 was said to my close Asian-American friend in LA when trying out for modeling and movie parts that called for Asian girls. #2 was when she moved to Japan to model as an Asian. I had shown her this article before I posted it to get her opinion and she shared with me the above experience. I was floored that it was still so stereotypical.

There is no doubt about it, when the western world thinks of Japanese beauties, they think of a common look: a “Yamato-nadeshiko”-like. [Yamato-nadeshiko is the term applied to Japanese women who behave traditionally in society, and also refers to a “traditional” look.] That means shiny black hair and stereotypical “asian” facial features like almond slivers for eyes and sharp cheekbones. This is because these features are more rare in Western countries, and rareity is a virtue of beauty. It’s all too true in the fashion world too, even though it really should be a celebration of unique looks all around.

Going on terms of those who have caught the attention of western fashion media, mainly girls like models Sayoko Yamaguchi, Ai Tominaga, Tao, Rila Fukushima and actress Rinko Kikuchi come to mind. They are seriously beautiful women, but they have found far more success abroad than in Japan. That’s because the expectation of beauty is so different across the oceans. No Japanese person would deny their looks, but it’s usually only after they become popular abroad does the local media really turn their attention to them.

Why is it that these women enrapture audiences in Hollywood and beyond, but mega uber local superstars like Ayumi Hamasaki cannot break into the market, despite looking like the immaculate local ideal? The same goes for those who embody “ideal” aesthetics of other Asian countries,  Angelababy from China and Girls Generation from Korea? It just hasn’t happened yet.

Ai Tominaga looking stunning どうみても最高に美しい富永愛さん

What about the VOGUE question?

Ever since VOGUE Japan launched in 1999, every single fashion magazine fan in the western world has asked the same question at least once….

“Why aren’t there Japanese models on the cover??”

Many westerners may confuse VOGUE cover models with what Japanese consider to be their own ideal in looks. In fact, this has nothing to do with it. VOGUE Japan simply is a magazine that represents what is popular in fashion in the western world, and that doesn’t preclude the biggest names in modeling there. There is no push within it’s pages that Japanese models aren’t good enough or to look more western. There are other fashion magazines here that cover the local scenes and local models/celebrities instead.

But it is interesting to note that neighboring Asian countries like Korea and China *do* prominently feature local models on the covers…

It goes both ways however, like when local magazines feature really “hot” celebrities in Hollywood that don’t really fit the beauty mold locally. An actor or actress may be all the rage abroad, but they will barely make a ripple here if they don’t sport certain features (Proof is when Japanese mags twitter gossip and certain celebs from abroad and get absolutely NO retweets/social shares vs those who fit a more local ideal of beauty/cuteness and get an avalanche of shares).

Can perceptions of beauty be globalized?

I have been asked to be an image consultant in the past for budding young entertainers in Japan, and I get asked, “What features do you expect to see in a Japanese girl from a western standpoint? Which Japanese celebrities do think are beautiful?”. That’s just how different our cultures divide.

Despite the globalization of fashion, pop culture and celebrity-dom, I think that we often forget that popularity cannot be judged on beauty when it comes to selling across cultures. And what is considered a local ideal may be very far off from how the rest of the world expects that local ideal to be. This concept is called “localization” and it’s another topic for another day.

beauty-rila-fukushima

Rila Fukushima is amazing too 福島リラも美人の美人だと思う

(Here’s a comedic look at the Asian boom in the fashion industry, a hilarious take by one of my favorite shows on V-Files. “The Asiency” これは反ふざけているけれど、アジア人モデルのブームを取り上げたコメディーショートが面白いから張っておきます。ソースはVマガジン)

 

LEARN MORE  関連記事も読みましょう!

The Beauty I Cannot Get Behind: “Ugly-but-cute” Busu Kawaii Trend今回は「ブスカワイイ」を評論したいと思う。

busu10

ミーシャをフォロー!

TWITTER: FashionTubuyaki

INSTAGRAM: MishaJanette 

FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD

GOOGLE+ MishaJanetteFleming

WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/beauty-is-not-borderless/feed/ 2
Tsumori Chisato Czech-ing in minimalist. Pre-fall 2014 ◎ キーワード:「チェコ絵本の旅」ツモリチサトのプレフォール2014 http://www.tokyofashiondiaries.com/tsumorichisato-prefall-2014/ http://www.tokyofashiondiaries.com/tsumorichisato-prefall-2014/#comments Thu, 03 Jul 2014 16:12:47 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28435 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20148 Tsumori Chisato’s world is one of endless travel, as seen through eyes of wonderment and adventure, like a child leafing through a picture book. Each page brings with it new characters (designs) and onto new territories drawn by her imagination. Where are we going to for pre-fall 2014? That would be the charming town of Prague in Czechoslovakia…but is this the most minimalist collection we’ve seen by Tsumori?!

 

毎回世界各地の風をコレクションに取り込む津森さんは、いわば旅するデザイナー。人生は”子供の絵本に描かれるようなアドベンチャー!”という心を持つ人が愛着するブランド。今回も、そのページをめくると、次から次へとチャーミングにプレイフルなキャラクター(洋服)たちが登場する。そんな彼女が今回舞台に選んだのはチェコ。めくって、めくって…これは!なんとかなりミニマリズムなツモリなんじゃないの?!… tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20143   While drawing out the characteristics of Eastern Europe (pun intended), she conveys its atmosphere in graphical bare-bones line drawings that skirt cute enough to still be Tsumori. As she is wont to do, animal motifs are sprinkled throughout and this time its the kitsune (mischeivious fox) who appears in various “deforme” states. The main motif for this season are the rows of Czech houses , making for a minimalistic (for Tsumori anyway) yet cozy collection. The knits and furs makes it seem a bit heavier for a pre-fall collection, but we’ll have to take her word that its colder over there in Prague… The collection *just* hit stores yesterday throughout Japan, and she’s offering up some Tsumori Chisato dinner plates for early bird customers…obstensibly for your Prague summer house, no doubt. Or if you don’t want to grow up *that* fast, check out Neverland instead. Tsumori Chisato online

 

東ヨーロッパの独特な雰囲気をヒきながらもグラフィカルでキュートなプリントやカッティングはツモリ流アレンジ盛りだくさん。プラハの小さな街に連なる家をメインに構成したというコレクションには家モチーフだけではなく独特なラインにも”チェコの家々”が落とし込まれている。比較的にミニマルなんだけれど、これはプレコレクションならではのシンプリシティ(分かりやすさ)を前提に発表されている。それでも、ところどころにきつねなどの動物もいたりと、目で見て楽しめるコレクションは安定。これぞツモリチサトの真骨頂。たまにはこういうクリーンなラインと大人系な色彩でリラックス感のある遊び心でも良いよな、という印象。 このプレフォールは機能お店で登場したばかりで、限定期間でノベルティもあるそう。詳細はツモリHPご覧ください tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201420

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20142

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20141   tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20144

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20145

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20146

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20147

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-20149

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201410

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201411

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201412

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201413

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201414

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201415

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201416

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201417

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201418

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201419

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201421

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201422

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201423

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201424

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201425

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201426

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201427

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201428

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201429

 

tsumori-chisato-look-book-pre-autumn-fall-201430   -Misha Janette Assistant edit. Natsumi Yasuoka

 

LEARN MORE | 関連記事も読もう

The prestigious SOEN AWARDS JAPAN 2014 winners and full collections ◎装苑賞2014年で輝いた優秀な若手デザイナーを全公開します!

soen-awards-japan-2014-73

 

Neb Aaran Do ‘s grown-up school uniforms AW2014◎大人になってもOKなセーラー服。ネバアランド2014一学期新入生

nebaarando-1

 

THE BEST ROMANCE IS A DESERT ROMANCE (BUT WHERE ARE THE CACTUSES?!) AT TSUMORI CHISATO砂漠に思いを馳せて…最高のロマンスを見せてくれたTsumori Chisato

tsumori chisato

ミーシャをフォロー!

TWITTER: FashionTubuyaki

INSTAGRAM: MishaJanette 

FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD

GOOGLE+ MishaJanetteFleming

WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/tsumorichisato-prefall-2014/feed/ 0
Neb Aaran Do ‘s grown-up school uniforms AW2014◎大人になってもOKなセーラー服。ネバアランド2014一学期新入生 http://www.tokyofashiondiaries.com/nebaarando-neverland-tokyo/ http://www.tokyofashiondiaries.com/nebaarando-neverland-tokyo/#comments Tue, 01 Jul 2014 18:14:11 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28454 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

nebaarando-3

Never grow up! If there were a “Neverland” on Earth it would certainly be Japan. Here, you can be an adult, but that doesn’t mean you have to dress like one. Lolita was an answer to that, but another genre has taken off and it’s far less Marie Antoinette and more Popeye and Olive Oyl. This is Neb-Aaran-Do (Neverland but pronounced like neva-alan-doo with a “Do” like “Just do it!”), with an entire repertoire based around the school uniform. Specifically, sailor uniforms. Step onto their time-traveling sea-ship…

ネバアランド。ファッション界における制服、とくにセーラー服からインスピレーションを得た服をファッショナブルに見せることに励んでいるブランドとして、今注目してる。

ガーリーな服や制服は、欧米人には、アレクサチャンやゴシップガールを思わせる。アレクサは、制服を思わせるような白い襟のついたトップスや、花柄のワンピース、ロリータのようなワンピースを着てもガーリーになりすぎることなく、シックでファッショナブルだよね。制服ファッションがハイファッションになり得るのかどうか、ネバアランドが何かしらの答えをこれからくれるかもしれない…

 

nebaarando-4

Every collection from Neb-aaran-do contains elements of the retro sailor uniform which is a popular motif in Japanese school uniforms. Lately, the school uniform and the sailor collar has come back into style big time as daily-wear, but before that wave hit Neb-aaran-do was already riding it. I met the two designers while on set of NHK Kawaii International, and while listening to them speak eloquently and maturely about their aesthetic, my respect was sealed.

Information on the latest collection comes with a notice that it’s the “new student” of the first trimester. It is titled “The meteor with no name” and seems to be looking to the stars. If all you’re looking for though are school-uniform inspired high-end fashion in adult sizes then they’ve got that covered. There’s ribbons and neckties galore, along with a smattering of smocks. It goes into “cosplay”-ish dresses like with the nurse uniform, but it’s definitely drawing inspiration more from retro school and work uniforms than costume.

Thanks to some influence of school uniforms on Gossip Girl (RIP) or the girlie peter-pan collars on most of the dresses in Alexa Chung’s wardrobe, this style doesn’t seem as childish as it probably should to our western eyes. Case in point below:

最新コレクションでは、シグニチャーとなったセーラー服からインスピレーションを得た「シリウス ロングブラウス」や、「名前のない惑星」、また両胸にリボンがついた「双子座ブラウス」などを発表。

ガーリーでチャーミングな服といえば、ロリータ系やドーリー系などの例があるけれど、これはまったく新しいジャンルだと思う。セーラー服だって立派なデザインの一つなのだから、もっとシックに、ファッショナブルに着ることができるという可能性をネバアランドは見せることできるかもしれない。

 

nabaarando-neverland-13

This look, without tights and some heels or booties would look seriously cool on the street in ANY city. And check out the Navy stripes on the pants pockets.これだって、生足にモードな靴を履けば”チャーミング”なルックが”かっこよく”へ変身。これはクール!

Neb aaran do
2014-15 1st trimester

名前のない彗星
ein namenloses Komet
アイン・ナーメンローゼス・コメット
The comet without a name

Keep an eye on Machiko, the model here, as she is one cool chick and brings a strangely alluring dark mood into the scenes. I think “girl-crush” is appropriate here

新作の撮影では、最近ホットな子、街子がモデルとして起用された。セーラー服をモチーフにした服を着ているのにも関わらず、街子はガーリーというより、ダークでシック、そしてファッショナブルだと思わない?

nebaarando-2

nebaarando-1

nebaarando-neverland-14

nebaarando-6

 

Neb Aaran Do Archives/アーカイブの作品達もご覧ください

nebaarando-neverland-1 nebaarando-neverland-11 nebaarando-neverland-10 nebaarando-neverland-9 nebaarando-neverland-8 nebaarando-neverland-12

nebaarando-neverland-13

The two adorable designers Eily and Jammy. デザイナー二人組のEilyとJammy。ウチのNHKかわいいインターナショナルの番組に出演した時にお会いして、とても礼儀正しく丁寧にブランドを解説してくれた。二人はいろんな意味で大人的にチャーミングな世界を造り上げているわ。

販売はツアーにて行っているらしい!近くにきたら遊びに行ってみてね

▷MITO
Babacool2
7/12 sat – 7/14 mon
〒310-0015 茨城県水戸市宮町2-3-107
営業時間:13:00-20:00 不定休
TEL:029-224-7484

▷KANAZAWA
Interval
7/19 sat – 7/21 mon
〒920-0999 金沢市柿木畠4-12 広坂中央ビル 1F
営業時間:12:00 – 20:00 水曜定休日
TEL:076-225-8553

▷TOKYO(5)
SHOP CABARET
7/25 fri – 7/27 sun
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-36-26
営業時間:12:00-19:00 月曜定休日
TEL:03-6804-6997

Neb aaran do Online
取り扱い店舗 List of stores

LEARN MORE 関連記事

Effects of deforestation; Where have all the Forest Girls gone? ◎森ガールってどこの森に消えていった?

fur-fur-2010-spring-summer-collection-look-016

 

Lula to launch Japan magazine. But are we in girlie burnout? ◎ガーリー飽和状態?日本版ルラが秋に創刊

lula-magazine-japan-4

 

HARAJUKU KAWAII VS. MODE GYARU. IT’S ON!! FT: DAKOTA ROSE, NUMERO TOKYO, RUBY MAGAZINE AND MOMOKO OGIHARA.原宿モードvs渋谷ギャル。FIGHT!

dakota rose

-Misha Janette
Assistant edit. Karen Shimada

ミーシャをフォロー!

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

 

最近のポスト↓Recent Popular Posts

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/nebaarando-neverland-tokyo/feed/ 0
Issey Miyake BAOBAO bags, Zaha Hadid, and the Tokyo Olympics ◎ ザハハディドの2020年オリンピックスタジアムより、バオバオが東京に相応しいだろう http://www.tokyofashiondiaries.com/baobao-issey-miyake-tokyo-olympics/ http://www.tokyofashiondiaries.com/baobao-issey-miyake-tokyo-olympics/#comments Sun, 29 Jun 2014 08:54:46 +0000 http://www.tokyofashiondiaries.com/?p=28409 FacebookTwitterGoogle PlusPinterestRedditTumblrBlogger

issey-miyake-bao-bao-distortion

日本のトップブランドの イッセイミヤケ が展開する BAO BAO ISSEY MIYAKEがクリエーターと開発する企画 BAO BAO PARK EDITION。

過去には、あの東京の有名なファッションアイコンであるスプツニ子とのコラボを果たしたこの企画。そこから6月に待望の 4度目のコラボとして最もユニークなライン、「Distortion」が販売され、そのデザインを見た世界中の人々の間でバイラルに話題になっている。過去、現代、未来をも描くこのデザインは、来る東京オリンピックの影響で世界の人々の興味を更に引くのではないかと思う。

With a continued slew of hit accessories and offshoot lines to his name, Issey Miyake is on a roll these days. Or should I say, on a triangle these days. His biggest hit is the line of geometric bags called Bao Bao, and the newest edition is jaw-droppingly cool. In fact, I hardly ever have the joy of seeing Japanese fashion pop up on mainstream English news blogs I read, but there was Miyake’s new futuristic “Distortion” origami bag hitting viral levels around the web.

What is it about this particular bag that has viral globe-stopping properties? What does that have to do with Japanese design, and its future? And that thought led me on a joyride thinking about the Olympics, Zaha Hadid, Kanji, cursive, kimono, tailoring, and more…

 

isseymiyake-baobao-distortion

 

The “Distortion” bag is part of a special edition “Park Bao Bao” series where an artist or creative collection is given free reign to design their own Bao Bao. Last year they had one of my favorite contemporary Japanese/British artists Sputniko! do a moon-themed pouch- it was going to be hard to topple the buzz around that. But in came N&R Foldings, a design unit comprised of Rodrigo Solorzano and Naoki Kawamoto who specialize in “folding” design. Their Bao Bao is a DIY origami piece that you fold and snap together, that is so primitive in idea but so far-flung futuristic in execution, you wonder if it’s not just a totally wishful 3D rendering of a product.

What is it about this bag, and the award-winning Bao Bao bags as a whole that is so enrapturing? For us as westerners it certainly is because it’s unlike something we get to see in our culture. From the other side, a Japanese cultural perspective,  it’s not *quite* as exciting. That is of course, because the “origami” technique is so ingrained, it’s like being excited about a dress resembling a cheerleader uniform (which conversely, in Japan, is something pretty new and very trendy right now).

 

 

今回コラボしたアーティストは、ロドリゴソロッサーと川本尚毅の二人組が立ち上げた、N&R FOLDINGS。バオバオは(もっというと、イッセイミヤケ社が)折紙などの日本にある平面の文化と、最新のデジタルなもの造りの手法を組み合わせるデザインを提唱することで知られる。今回のコラボバッグ「Distortion」は、BAOBAOの従来の三角形とは異なった変形のも三角形が使われているということだけでなく、それが敷き詰められたシートを、使う人が一からくみ上げ2Dが3Dにゆがみながら変容していく様を楽しめるという点でも、とても新しい。

最近ファッションやテクノロジーにおける、ハイテクなデザインと未来的なデザインの関係が深くなってる。そんな中、ミーシャは個々のデザインがもつ様々な違いについて考えるようになったというわけ。

イッセイミヤケは”歪んだ”バッグを作り出し、世界的に賞賛を得た。なぜ海外にまで評価されたかって?それは、シンプルな日本のデザインでありながら、同時に未来的だから。他のデザインと比べて、日本のデザインの特徴は折紙、漢字、着物に代表されるように平面的で直線的。ミーシャが文化服装学院に入学して最初に習ったのは、日本の伝統的被服である着物が、立体的である西洋の服に比べていかに平面的で、直線的であるかということだった… また、漢字を書くようになってからアルファベットを心無しか漢字みたいに角張って書いてしまうことがあるのはきっと漢字のもつ直線性に影響されているから…

zaha-hadid-tokyo stadium

Zaha Hadid’s proposal for the new National Stadium in Tokyo for the 2020 Olympics ザハハディッドの提案するスタジアムのレンダリング

From a historical standpoint, Japanese design is flat and straight, while typical Western design is curvy. When I first started studying at Bunka Fashion College in Tokyo, the very first lesson we learned was that “kimono is flat clothing, meant to be folded to the body, and western clothing is curvy, meant to be tailored to the body.” It shows up in the writing as well, where the modern chinese “Kanji” are drawn in straight-line strokes with very few curves unlike our Roman alphabet (On a personal note, my own roman alphabet handwriting has gotten very sharp and pointy since learning Kanji).

As for Issey Miyake, his entire repertoire is built around turning Japanese “flat” design into ingenious products for fashion and accessories. The fact that something as simple as the Bao Bao bag line can still look so fresh and exciting today, had me thinking that is would be perfect to implement in the Tokyo Olympics for 2020.

Just a stone’s throw away from the Miyake boutiques they will be building a new stadium, designed by Zaha Hadid. Hadid is renowned for her futuristic designs, just like Miyake is, but hers are inherently curvy, swirly and undulating. It is the antithesis to Japanese design. The stadium will be built in the heart of Tokyo (and right next to my own abode, natch), among the traditional Japanese houses and temples, like Meiji Shrine, with their blocky Japanese designs. I am a HUGE Zaha Hadid fan and find her architecture incredibly exciting. But I still wonder if it’s the way to go, and how Japanese people actually feel about the design of this stadium, and how it will come to represent their city. Or should I say *my* city as well (I pay taxes, fair enough). Personally, I think a Bao-Bao designed stadium with a geometric self-retracting folding roof would actually be so much more of an amazing design befit to Tokyo.

This is all my own pie-in-sky dreams and musings, of course. And maybe I really just want to be able to say my bag matches my stadium.

issey-olympic-stadium

BAO BAOに話を戻すと、バッグのデザインは日本的で直線的であるのに、同時にとても未来的で、だからこそ世界中の話題をさらったというわけ。

さて、未来といえば、近くやってくる2020年の東京オリンピックと、オリンピックスタジアムのデザインのことが頭に浮かんだ。スタジアムのデザインに選ばれたのは曲線的デザインで有名なイラク人のザハハディドのものだ、というのは記憶に新しいはず。ザハハディドのスタジムのデザインはBAOBAOのバッグと同じように世界から大変評価された。けれど、曲線的で近未来的なデザインは神社や寺に代表される日本の建築とはかけ離れている。オリンピックは世界に日本とは何かをアピールする機会でもあると考えると、本当に日本の人たちはザハハディドのスタジアムのデザインが東京を代表するのに的確だと思っているのかしら。。ザハハディドとイッセイミヤケの両方の大ファンであるミーシャ。だけど、オリンピックスタジアムはBAOBAOのバッグのような日本的デザインであったらよかったのにって思う。だってもしそうだったら折り畳める天井なんてクールなものが誕生していたと思わない?Distortionを単純に紹介しようと、かなり打線した記事になったけれど、みんなはどう思う?

Issey Miyake Official Online

-Misha Janette
-Asst edits Karen Shimada

Related 関連記事も読もう! 

 

イッセイミヤケの「リアリティラボ」という革新的なファッション遊び場が表参道にオープン!
Innovative Reality Lab Playground by Issey Miyake Opens in Omotesando

issey-miyake-reality-lab-aoyama

 

ZAHA HADID’s OTHERWORLDLY PRODUCTS NOW AVAILABLE TO PURCHASE BY EARTHLINGS. ZHD SHOP OPENS IN LONDON宇宙的な美造で有名な建築家ザハ ハディッドがいよいよファッションアイテムまで揃うZHDショップをオープン!

zaha-hadid-jewelry

 

ミーシャをフォロー!

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

 

最近のポスト↓Recent Popular Posts

 

]]>
http://www.tokyofashiondiaries.com/baobao-issey-miyake-tokyo-olympics/feed/ 0