img_9185

ファッション業界で当たり前のように使われてるベーシックな用語。中には今さら聞けないー!なんてものもありますよね。

ファッションに興味がある方、トレンドファッションを着る方、お買い物大好きな方、、

ファッションの話をしている時によく出てくるけど、実際意味がよくわからないって単語ありませんか?例えば、ファッションウィークとは何か?実際、業界で働いている人でも具体的に意味を聞かれると分からない”一般常識”がファッション界にはいくつもある。

ファッションウィークについては、私が想像もしなかったような、本来の意味と全く違う解釈をしていたという話も聞いたことがある。

「ファッションウィークって、ブランドが各国をショーをしながら回るツアーみたいなものでしょ?」

いいえ、違います。でも、単語だけ聞いていたらそういう勘違いが起きることは、すごくよくわかる

こういう勘違いは誰にでも起こりうることだ。私は建築や音楽が大好きだけど、すべての専門用語を理解しているわけじゃない。話の途中で”ブルタリストアーキテクチャー”なんて単語が出たら、話を止めてそれどういう意味?って聞かないと分からない。最近も、EPアルバムの”EP”の意味がわからなかったけど、ミニアルバムって意味だと学んだ!

そこで今日は、デザイナーの頭にアイデアが浮かんでからみなさんのクローゼットに届くまでの道のりで、とても基本的、または大切な用語を解説したいと思う。 オフスケジュールとか、プレミアビジョンとか…。

”〜〜”もわからない。とか、”〜〜”もよく勘違いされるね、って方はぜひ、ツイッターかフェイスブックかテレパシーでミーシャに教えてね!もしくはここにコメントしてくれても。

 

So you have an interest in fashion, or you like to wear trendy clothes, or like to go shopping.

But are you still confused about some things or terms that pop up all the time when talking about fashion? For example, can you describe what “fashion week” means? In fact, even some people who work in fashion don’t even know the absolute basics of fashion. For example, I`ve heard this strange explanation of “Fashion Week” from some people throughout my career:

“Fashion Week is when the brands travel to different cities and put on a show in each one, right?”

This isn’t correct, but I can completely understand that that’s how it may seem from the outside.

It happens to all of us. I really love architecture and music, but I don’t know all of their special terms. I had to stop someone mid-conversation to ask what “brutalist architecture” meant (note: I thought it was when you went inside, it crumbled around you like a deathtrap. Maybe I was imagining Fatalist Architecture?). And I only recently learned what the “EP” in an “EP album” in music meant (It means a mini album! Wow!).

So here is a list of super basic fashion terms as well as some that are super important to getting fashion from a designer’s brain and into your closet. Like “toile”, and “Premiere Vision”.

This list could get really long so I just picked my favorites, but if you are curious about a fashion term or have one to add, then let me know by twitter or facebook or or telepathy, or you could just comment if that’s how you roll.

ファッションウィーク

FASHION WEEK

通常、ブランドはワンシーズンに1度、1つの都市でコレクションを発表する。各都市にファッションウィークというものがあり、七日間前後えるその期間に集中して多くのランウェイショーが発表される。世界4大ファッションウィークがニューヨーク、ロンドン、ミラノ、そしてパリ。ブランドはスタイルが合う都市をそのなかから選び、コレクションを発表するというのが基本的な流れだ。そうすると、バイヤーからの買い付けが伸び、メディアの取材数や拡散度も上がるという仕組み。例えば、アバンギャルドでエッジィなブランドなら、ニューヨーク(コマーシャルな都市)よりもロンドンやパリで発表した方が反応がよい。今では、世界のほぼ全ての都市にファッションウィークがある。だから年中いつでも、どこかでファッションウィークが開催されているという状況になった。

 

FASHION WEEK

Normally, brands present their collections one time per season in one city that they choose. Each city has a “Fashion Week” which schedules as many shows as possible, usually for 7 days or so. The main ones are in New York, London, Milan and Paris. Usually, brands will choose to show in a city which matches their style best, so more buyers will put in orders for the collection and more media will give it exposure. It would be strange for a really avantgarde experimental brand to show in a commercial city like New York (London or Paris are better for that). Almost every country in the world has its own “fashion week” now, so at any given time throughout the year, it is “Fashion week” somewhere.

 

オフスケジュール

OFF-SCHEDULE

オフスケジュールはだいたい、ファッションウィークと同じ期間に存在する。ファッションウィークの”オフィシャル”カレンダーに載っていないブランドのプレゼンテーションに対して使う用語。オフィシャルカレンダーにあるのは、運営側のメンバーになっているブランドなのだが、それには通常会員費のようなものがかかる。オフィシャルスケジュールに載っていることで、より注目を集めバイヤーやメディアの人間を集めることができるし、プロフェッショナルな印象になるというメリットがある。オフスケジュールのブランドのなかには、制約などにとらわれず我が道を行きたいものや、反体制派の意思を示すものが多く、必然的に小さなブランドやアンダーグラウンドの場合が多い。そういうブランドが全てというわけではないが。日本ではオフスケジュールの数もけっこうあるが、パリなどは少ない。

 

OFF-SCHEDULE

Off schedule usually goes hand in hand with fashion week. It means that a brand is not on the “official” calendar for fashion week. To be on an official calendar one must be a member of the society or organization putting on the fashion week, and often comes with fees. In return, a brand will get access to venues, and will get the attention of most media and buyers as well as it looking more professional to be on the calendar. Brands that want to go their own way or are anti-establishment show “off-schedule”. This means a brand is usually small or underground, but that’s not always the case. It happens a lot in Japan, but less often in say, Paris.

 

サンプル

SAMPLE

サンプルというのは、商品の原型のようなものを指す。ランウェイでモデルが着るために作られていたりするから、”サンプルサイズ”というのはだいたいすごく細身だけどすごく長い。だから、サンプル品が商品として売られることは基本的にはない。また、サンプルのなかにはアバンギャルドで実験的なデザインのピースもある。だいたいブランドは、1つのデザインに1つのサンプルを作るが、それをワンシーズンに世界中のモデルやセレブリティたちが着るので、100万円のサンプルでさえシーズンの終わりには処分されてしまう。

 

SAMPLE

A sample is basically a “prototype” of a garment. It’s produced to be worn by a model on the runway, which is why we have the term “sample size” which is usually very small width-wise but also really long. Samples don’t always get produced to go on sale, and they are sometimes more embellished or avantgarde than what you will find on the rack. Most brands only produce one sample of any design, and so it can be worn by a hundred different models or celebrities around the world in one season. Even a 10,000$ sample can be completely trashed by the end of the season.

MUA

よく目にするけど、一体どういう意味だったMUA。これは、make up artistの略。メイクアップアーティスト!

MUA is short for make-up artist. The more you know.

 

デザイナーVSクリエイティブディレクター

ブランドのトップの人はずっと、”デザイナー”と呼ばれてきた。でも最近ビッグブランドはもう”デザイナー”という単語をつかわなくなった。デザイナーはスケッチを起こしてカットして、服作りから、ましてやコレクション全てを自身で手がけていた。でも今は、デザインチームにテーマやアイデア、ムードボードを示すクリエイティブディレクターというコレクションのプロデュースをする仕事に寄ったのだ。(クリエイティブディレクターの中には、縫えない人もいるほど。)

クリエイティブディレクターはブランドの顔として、プレスやメディア対応もするし、インスピレーションを得るために旅に出たり、人脈づくりをしたりよする。現代の”デザイナー”は、業界内部選挙とも言えるかもしれない。

 

DESIGNER vs. CREATIVE DIRECTOR

The traditional term for someone who is head of a fashion brand is “designer”. But hardly any of the big fashion houses these days call their main person the “designer” anymore. In the past, a designer would sketch and then cut or even produce a garment or collection themselves. Now, this person is more of a creative director, giving themes or ideas or mood boards to a dedicated design team who will produce most of the collection (some creative directors can’t even sew). The creative director must be the “face” of the brand, and spends much of his/her time doing press or media appearances or inspiration trips and networking. What exactly constitutes a “designer” in this day and age is hotly contested even among industry insiders.

 

コラボレーション

COLLABORATION

コラボの具体的な意味とは?

ふたつのブランドや、セレブリティが一緒に製品を作ることを言う。”垣根を超える”てコラボすることが多くて、例えばコマーシャル的なところとインディーブランドとか、マス向けのショップとハイエンドレーベルとか、ブランドとセレブ。または業界の垣根も超えてファッションとファインアートとか、建築、フードや科学まで、”コラボ相手”は様々だ。この動きは、ケイトモス×トップショップやカールラガーフェルド×H&Mなどからファッションマーケットに広まりはじめた新しいコンセプトである。

 

COLLABORATION

What exactly is a “collab”? It’s when two brands or celebrities come together to create a product. Usually, it crosses a divide, like commercial + indie brand or mass retailer + high-end label, or brand + celebrity, or even across industries like fashion + fine art or architecture or even food or science. It’s actually a fairly new concept that has now completely seeped into the fashion market, starting with Kate Moss x Topshop and Karl Lagerfeld x H&M

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーズン

SEASON

皆さんご存知の通り、春夏秋冬と4つの季節がある。ファッション業界では昔から、それを2つのメインシーズン、春夏と秋冬に分けてコレクションで発表してきた。ファッションウィーク(上記参照)は商品がお店に並ぶ約6ヶ月前に行われるため、春夏コレクションは9月から、秋冬コレクションは2月から世界各地ではじまる。だが最近、プレフォールとプレスプリング(クルーズ)コレクションの重要性が高まってきた。それぞれは、春夏と秋冬の間に入る。また、中にはオートクチュール(下記参照)コレクションを出すブランドもあるので、そういうところは年に6つものコレクションを作ることになる!

 

SEASON

We all know about Winter, Spring, Summer and Fall. In fashion, it’s traditionally split into two main seasons which are Spring/Summer (S/S) and Fall/Winter (F/W). Each season’s collections are shown at fashion week (see above) about 6 months early. So S/S is shown from September and F/W from Feb. But nowadays, two more seasons have become very important, called Pre-fall and Pre-spring (or “cruise”) to fill in the space between S/S and F/W. With some brands also doing haute couture (see below), it means they must produce 6 collections each year!

 

オートクチュール

HAUTE COUTURE

オートクチュールとは、アートとしてのファッションの最高峰であり、とても創造性の高いもの。オートクチュールではそれぞれの服が採寸されそれぞれの顧客に完璧にフィットするよう何度も試着を繰り返してできている。各ピースに当てられているチームは全て手作業で行い(ペティットメインと呼ばれる)、メンバーは既製品を作っているような工場から引き抜かれた精鋭たちだ。生地はほとんどの場合最上級の高級なもので、また、ハンドワークの装飾がつけられているものも多い。これが、なぜオートクチュールが”あんなに”高い理由だ。自分専用のデザイナーをワードローブに持つようなものだからね。認可されなければオートクチュールデザイナーになることさえできないし、招待されるか紹介されなければ顧客になることも許されない。ごくわずかな例外を除けば、オートクチュールの世界はとても閉ざされた、ミステリ明日な世界なのだ。

 

HAUTE COUTURE

Haute Couture is the height of fashion-as-art and artisanship. Each garment in haute couture is measured and fitted to the customer over several fittings. The team that works on each garment by hand (for extra credit, they’re called “petit mains”)  is different from those in the factories that make mass-produced ready-to-wear. Usually, the fabric is extremely expensive, and there are also often embellishments and handiwork done. This is why haute couture is VERY expensive. It’s like having a personal designer for your wardrobe. One cannot even become a haute couture brand without being approved first, and one cannot even be a customer without being invited or introduced. It is a mysterious and closed-off world except for very few.

 

スタイリスト

STYLIST

フォトグラファーやメイクアップアーティストの仕事なら、想像がつきやすいだろう。でも、スタイリストとなると?スタイリストはファッションショーや雑誌、テレビや映画などに使う服をコーディネートして合わせる人のこと。また、レッドカーペットのセレブにもスタイリストがついている。以前は、メディアに出す服やどれとどれを合わせるかなどを決めるスタイリストが、トレンドの鍵を握っていると言われていたが、今ではブロガーやインフルエンサーもトレンドを作る時代になった。(ミーシャのスタイリスト活動のポートフォリオはここ。笑)

 

STYLIST

It’s easy to understand what a photographer does, or a make up artist, but what about “stylist”? A stylist is the person who puts together the outfits for a fashion show, or magazine shoot, or for a TV show or movie, or for a celebrity on the red carpet, etc. It was often said that stylists push the trends, because they choose what will be worn in many parts of the media, but nowadays bloggers or influencers also take a big part of pushing trends. (psss…my stylist portfolio is HERE).

img_9222

テスト

TEST

ファッション業界のクリエイターたちといえば主に、デザイナー、フォトグラファー、スタイリスト、MUA、ヘアアーティスト。これらのクリエーションが合体するとき”テストシュート”(作品撮り)というものをする。ブランドや雑誌が関わっていない状況の撮影のことだ。”訓練”とも言えるかもしれない。関わる全ての人が、アーティスティックなおもしろい作品を作るために自分の時間と労力を費やす(モデルも)。通常出来上がった作品は全員のポートフォリオに足される。それらは雑誌などに載っているよりもはるかにアバンギャルドなものに仕上がっていることが多い。

 

TEST

The main creatives in fashion are designer, photographer, fashion stylist, MUA, and hair artist. When these creatives get together to do a “test” photoshoot, it means they haven’t been commissioned by a brand or magazine. You can call it a “practice” shoot. This means everyone is putting in their own time (including the model), to make something artistic or experimental. Usually, these shoots end up in everyone’s portfolios and are far more avantgarde than what would be published in a magazine.

 

展示会

EXHIBITION/RE-SEE

ランウェイショーやプレゼンテーションのあと、デザイナーやメディアなどの関係者を自分のショールームに招き、ちかくでよく服を見る機会を設けたりする。ここは、バイヤーたちがどのピースをオーダーするか本決定に踏み込む場であり、デザイナーやPR担当の人が、業界人とカジュアルな雰囲気で話をして、プロとしての感想や意見を置ける場でもある。ランウェイショーが出来ないような駆け出しのブランドや小さなブランドは、展示会でコレクションを発表する。よって、ファッション市場には欠かせないシステムだ。ジャーナリストやエディターの多くは、ランウェイよりも展示会でコレクションを見ることを好むけど、個人の好みの問題だ。

 

EXHIBITION/RE-SEE

After a runway show or presentation, a designer will invite the media, buyers and stylists into their showroom to have an up-close look at the clothes. This is where buyers actually decide whether to put in orders for garments, and it’s where the designer or PR people of a brand get to hear the opinions of professionals in a casual setting. Smaller brands that cannot afford to put on a runway show will always present their collection by exhibition. It is an essential part of the fashion market. Many journalists and editors prefer to see collections at exhibitions over the stress of runways shows, but it’s a matter of personal opinion.

 

ルックブック

LOOKBOOK

ルックブックも、業界では欠かせない重要な役割を果たしている。これは、商品を紹介するために撮られたブランドのカタログのようなもので、コレクションを着用したモデルがシンプルなバックグラウンドを背にしているような、シンプルなスタイルのものが基本。もちろん、クリエイティブなルックブックを作るブランドや、ランウェイの写真を冊子にしているようなものもある。だけど、大事なのは足からつま先までを見せることで、キャンペーンの写真みたいに服が隠れていたり、少ししか見えなかったりしては、ルックブックの意味がない。

 

LOOKBOOK

Another essential part of the market is the lookbook. It is a catalog of of a brand’s collection on a model shown in a very easy to see and simple format. Ie, a model in front of a simple background. Of course, some brands choose to be more creative with the setting, or just show runway photos. But the point is to show the head-to-toe look, unlike an ad campaign which can be more obscure or show very little clothing.

受注会

TRUNK SHOW

ブランドがショップにプロダクトを売る時は卸売価格だけど、実際にお店のラックにかかると小売価格に跳ね上がる。だけど、トランクショーで直接顧客に販売することによって、デザイナーはより多くの利益を得ることができるのだ。こういう仕組みは、(全てじゃないけど)プレオーダー(受注)の場合が多く、顧客は、最新コレクションをうりだす前にチェックできる。運が良ければデザイナー本人と会うこともできる。また、デザイナーにとっても、自分のつくる服のファンの子達がじっさいどこに興味が湧くのかなど、反応を生で見ることができる貴重なチャンスでもある。よって、win-winの関係が成り立っているのが受注会なのだ。ビジネスを成り立たせている小さなブランドが日本にたくさんあるのは受注会というシステムが要因とも言える。(詳しくはsee-now but-nowの記事を読んでみてください)

 

TRUNK SHOW

When a brand sells pieces to a shop, they sell them at a wholesale price, which then gets bumped up to retail price when they appear on the rack. Designers find they can make a greater profit by selling directly to customers via a trunk show. These are usually (but not always) for pre-order, so the customers get a personal preview of an upcoming collection, and sometimes get to meet a designer in person. The designer also gets to see what designs customers are actually interested in. It’s a win-win for all, and can be a way for a designer to stay afloat. These trunk shows are how many small Japanese brands stay in business (see my article on see-now-buy-now).

 

アトリエ / スタジオ

ATELIER / STUDIO

この場所で、デザイナーやクリエイティブディレクターをはじめとするチームがコレクションを制作する。英語ではスタジオと呼び、フランス語だとアトリエと呼ぶ。日本ではアトリエということが多い。巨大なものから小さなものまで様々だけど、日本ではそこで寝て起きて、布団をたたんで作業台を出し、仕事を始めるデザイナーもいる。それもまた、アトリエだ。

 

ATELIER / STUDIO

This is where you’ll find the designer/creative director and his main team working on a collection. It just depends on which country you’re in if it’s called “atelier” (from French) or “studio”. In Japan, it’s called the atelier. Some of these studios can be huge, and some can be small, like in Japan where a designer might wake up, roll up his/her futon and pull out a work table and it will still be his “atelier”.

 

プレミアビジョン

PREMIERE VISION

ファッションの始まりはどこ?デザイナー?

答えは生地やテキスタイル。生地がなければ服もない。プレミアビジョンは、世界で最も有名で大きな素材のトレードフェアだ。デザイナーたちはここで自分のコレクションに使う布をオーダーする。実際の商品化のりもかなり前に開かれるため、トレンド予測なども一緒に行われることがよくある。

 

PREMIERE VISION

Where does fashion begin? Does it begin with the designer? Actually, it begins with fabric and textile. Without fabric, there is no clothing. Premiere Vision is one of the most prominent and biggest textile trade fairs in the world. This is where designers put in orders for different fabrics for their collections, and it’s held far in advance. Therefore, using trend forecasting services to predict what will be popular is a common occurrence.

 

疑問は解決されたかな?まだよく分からないものがあっても、それを抱えてファッションアドベンチャーに出てくれたら嬉しいな!

So does it all make a little more sense now? Hopefully, there is still some mystery left for you to discover in your fashion adventures!