エトヴァス・ボネゲ 秋冬2011年 東京コレクション | 地震後のシンボリズム

etw vonneguet banner

 

Japan Fashion Week was originally scheduled for Mar. 18-25, but was subsequently
canceled due to the Great Kanto-Tohoku Earthquake. This did not sit well with
designer “Olga” of etw. vonneguet.

She took to twitter and her blog lamenting the fact that a cancelation of the show
meant canceling out the hard work of not only her, but a whole scheme of people
as well. She weighed her options and decided to have a show on the 22nd, even
amid amid aftershocks and blackouts.

 

ジャパンファションウィークは本来3月18日から25日までの一週間開催される予定だった
が、東北関東大震災が発生したため、正式にキャンセルとなってしまった。けれど、この
キャンセルはetwのデザイナー、Olgaにとって納得がいくものではなかった。

彼女は今回のショーのキャンセルについて、彼女だけではなく多くの人々の努力までが
キャンセルされてしまったも同然だ、ということをツイッターやブログで訴えた。どのような
選択をするか悩んだ末、彼女は余震・停電を覚悟で22日にショーを行うことを決意した・・。

tokyo fashion week etw vonneguet

Hers was the only show to actually go on during the originally scheduled Japan Fashion Week.

 

JFW期間中に開催された唯一のショーだった。

 

how can we be special?

 

olga blog

olgaのブログより

 

from olga's twitter feed

 

tweeting to me her conviction.

 

I spoke to her on the night of the 15th, as I was quickly putting together an article
for The Japan Times about the JFW cancellation. I wanted some good news, and
although it seemed like her voice was quivering (the whole quake and aftermath was
especially straining everyone at this point), I was impressed at her fortitude.

etw. vonneguet is still a young brand, and this is her second presentation. using
“olga” as an alias, she does a lot of work with techniques using digital printers,
mimicing the look of hand-dye work. So really, she had nothing to lose and a lot to
gain by attempting to show.

 

15日の夜、ちょうどジャパン・タイムズへのJFWキャンセルの記事を作成している時、彼
女と話す機会があった。いいニュースを期待していたが、彼女の声は震えているようにも
聞こえたのだ(余震や二次災害で皆気が張り詰めていた事もあっただろう)。この時私は
彼女の不屈の精神に強く感銘を受けた。

etw. vonneguetはまだ新しいブランドで、彼女にとっても今回が2回目のショー
だ。“olga”を別名として使い、デジタルプリンターを操るテクニックを駆使し、まるで手で染
めたかのような作品をつくり出す。今回のショーに参加するということは、まさに彼女に
とって失うものはなく、得るものは多くあった。

 

etw vonneguet at jfw

 

The show was held at Rin in Kita-Aoyama, and by the time I got there…15 minutes
early, it was already packed. I humbly took the last seat off to the side. I admit I did a
mental check of the facilities… reinforced concrete…the lights overhead seemed
secure…. I then relaxed.

The collection was small, consisting of a few looks with individualistic tendencies that
she had the models cover with a coat before doing a second turn on the catwalk.

See some photos I took below:

 

ショーは北青山のリンで行われた。私は15分前に到着したのだが、会場はすでに準備
万端。控えめにサイドの最後の席に座った。この時、念のために施設チェックもした。鉄
筋コンクリート・・頭上の照明も安全そう・・一安心だ。

コレクションは小規模であったが、個性的なルックもいくつかありました。また、モデルが
一回ランウェイを歩いた後に、コートを覆って、また歩く、という工夫で発表された。
下記の写真をご覧いただきたい:

 

a look from the aw collection

 

menswear from etw vonneguet 2011 fw tokyo

 

two looks from the collection

 

at the show

 

surrounded by photographers

 

Crushed by journalists after the show.

 

ショー終了後はジャーナリスト達でいっぱいだった。

 

olga designer

 

I could say that the mood in here from the audience was somber at best. Of course,
Japanese fashion shows are rarely a raucous affair so perhaps it was business as
usual, although it seemed amplified this time. The testy, wet weather outside didn’t
help much.

After Olga finished her photo-ops I ran over to her to give her a hug. That’s not
usual in this society, but it’s time to let go of stale propriety a little. It was great to
see her smile. After her show, other deisgners have started to follow suit,
announcing dates for rescheduled shows.

Kudos, Olga!

 

会場は、よく言えば厳粛な雰囲気であった。もちろん、日本のファッションショーは騒が
しいほうがまれだ。けれども、今回はいつにもまして、という感じだった。外の挑戦的な
天気とは打って変わってだ。

彼女自身の写真撮影会が終わったと同時に私はハグをしに駆けて行った。この社会で
はノーマルな事ではないけれど、今だからこそ古い常識に捕らわれなくてもいいのでは
ないかと思う。彼女の素敵な笑顔を見れて本当によかった。そしてショー終了後には、他
のデザイナー達も後に続き、延期していたショーの開催日をアナウンスするなどの嬉しい
ニュースも。

お疲れ様、オルガ!

-Misha Janette

Edit. assistant Megumi Ishimura

Tokyo Fashion Diaries symbol