Erte. The Godfather of Art Deco Lives in…Aoyama?!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

エルテ=アール・デコのゴットファーザー

Yesterday I introduced the Erte book of illustrations that I am donating to SO-EN magazine’s charity flea market. So who is Erte? In short, when it comes to art deco in fashion, he is the godfather. The big bang. The freaking MAN. I would never say that you “should” know a historical artist or “have to” know a historical artist. I am merely saying that this is one awesome %&$#”! person that you all might enjoy seeing and reading about.
And something really amazing to set your heart aflutter: the largest collection of Erte’s ouvre can be found in Tokyo…in AOYAMA! I know, you just peed a little in your knickerbockers, right? Well, more on that below….

 

昨日、装苑のチャリティフリーマーケットに出す予定のエルテの本を紹介しました。そこで、エルテとは誰だかご存知でしょうか?手短に言うと、彼はアール・デコのゴットファーザーなのです。
歴史的な有名アーティストを絶対に知っておく必要はないと思うけれど、この方は本当にすごいのーーー!きっと、みなさんも見て読んでエンジョイ出来るはず。そして、もっとすごいことは何かというと・・世界でエルテの作品を最もコレクションしているミュージアムは実は・・東京にあります!!しかも近所の青山で!詳細は以下を読んでね。

 

 

 

 

 

Before art deco in the 1910s, there was “art nouveau” which was inspired by Japan and Janponisme. In contrast, “art deco” was inspired by Egyptian and Middle Eastern aesthetics. This is because the tomb of King “Tut”, the Egyptian Pharoah, was discovered around this time.  Also, the rich class loved traveling to Middle Eastern and African resorts like Casablanca, which were like the Hawaii of the early 20th Century.
So back to Erte. Erte himself was Russian, but quickly became famous after moving to Paris. He started drawing covers for Harpers Bazaar magazine, before fashion photography became the norm. In this right, he was the Steven Meisel, Knick Knight, La Chapelle all rolled into one. On top of this, he was a costume designer and illsutrator. He was INCREDIBLY influential in art, fashion, *and* entertainment.

 

アール・デコは1910年代後半に、アート・ヌーヴォーのすぐ後に登場した。日本とジャポニスムに影響を受けていたアート・ヌーヴォーとは対照的に、アール・デコはエジプシャンや中東美学にインスパイアされていた。なぜなら丁度この頃、ツタンカーメン王の墓が発見されたから。更に、リッチな人々は中東やカサブランカといったアフリカンリゾートに遊びにいくのが大好きだったみたい(20世紀前半の「ハワイイ」というデスティネーションと同じような感じでね)。

エルテはロシア人だが、パリに引っ越してからあっという間に名が知れ渡った。雑誌の表紙が一般的に写真になる前から、ハーパーズバザーの表紙を描いていたのだ。彼の描く表紙は、スティーブン・マイゼル、ニック・ナイト、ラシャペルら全員を合わせたパワーと影響力を持っていた、といっても過言ではない。それに、彼はコスチュームデザイナー・イラストレーターとしても活躍していた。そう、彼はアート、ファッション、そしてエンターテイメントにおいて大きな影響をあたえていた人物なのよ。

See the rest below (or after the jump) | TOPページからは下記クリックして続きご覧下さい

 

 

Erte’s illustrations were (and still are) popular because they threw the observer into a fantasy world of glamour, dreams, love, lust, beauty, confusion, and color. The women curve and stretch like Gumby, with mischievous airs and quite “crazypants” tendencies. The fashion he created was so different from the usual corsets and hourglass shapes of the previous era that he was considered oh-so deliciously scandalous and avant-garde.

 

エルテのイラストは今もなお大人気。なぜなら、ファンタシーでグラマー、ラブ、欲望、美、混乱、そしてカラーの別世界を描き出せるから。彼の描くガンビーみたいにカーヴィーな女性は茶目っ気があって少しクレイジー。それに彼のつくり出すファッションは独特。コルセットや時計のシェイプ外れはとってもスキャンダラスでアバンギャルドだったわ。



During the art deco movement of the 1920s, the most popular from of entertainment was the “revue” on stage, and Erte’s costumes were the most spectacular of them all. I have to say, it was SO HARD to find photos of his real costumes! I finally found some, you can see below. Of course, I am a big fan of keeping his costumes in illustration where they are more dreamy and out of this world.

 

1920年代のアール・デコ運動では、ステージ上で行われる“レビュー”が大人気だった。エルテのカスタマーがその中でも一番豪華だったそう。
彼の手がけた本物のコスチュームの写真を探し出すの、本当に大変だったの!やっとみつけたから、下記でみてね。もちろん、私はイラストとして描かれているコスチュームも大好き。もっとドリーミーでまるで別世界の物のようよね。

 

Erte himself loved to dress up, and he has been likened to John Galliano, who (used to be) everyone’s favorite pirate/matador/spaceman.
エルテも衣装でドレスアップすることが大好きで、みんなから愛され(た)パイレーツ・マタドール・スペースマンのジョン・ガリアーノの手本じゃない?という説もある。

The largest collection of Erte’s prints and bronze statues can be found at Museum 1999 in Minami-Aoyama. It is a high-end restaurant and members-only club, housed in a real art-deco mansion that was built in the 1920s. I have been here before and received a tour of the house and stopped to look at EVERY Erte piece. They are wonderful! Go see them in person!
エルテの作品や彫像のコレクションは南青山の1999美術館で拝見出来ます。そこは最高仕様のレストランで会員限定メンバーズクラブ。1920年代に建てられた、まさにアート・デコといったマンションにあるの。以前そこへいってツアーをしたけど、エルテの全ピースの前で足を止めて見入ってしまったくらい。どれも素晴らしかったわ!機会あればチェックしにいってね!
erte muesum 1999
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

READ SOME MORE! | もっと読もう!:

ここまで読んでくれたらシェアやいいねして下さい!レブログも歓迎。Tell me you read to the end! ↓

Pinterest

2 Responses to Erte. The Godfather of Art Deco Lives in…Aoyama?!

  1. Morgan says:

    Sounds fascinating! Do you need to be a member or get invited by one to view the paintings?

    • mishajanette says:

      Not at all; but you probably need to fork out for a lunch or dinner. I believe the chef has a michelin star, so that alone is something to pay out for!

Leave a reply