「 エミリオプッチ」の持つスーパースター顔でブランド革命を遂げてる?そしてこれを真似るべきなのは・・ラフシモンズなのか??

pucci fur

I feel a bit bipolar bouncing from kimono one day to the cosmic-glam world of Pucci the next, but I ran across a behind the scenes video and it made me want to revisit my photos from the fashion show in Milan.

Let me start by saying it was hard to focus on the clothes when the venue ceilings and walls were so incredible like this:

前回は着物の話、今回はまたガラッと変わってEmilio Pucciのコズミックグラムの世界にお連れします!というのも先ほどちょうど、先シーズンのコレクションのBehind the Sceneのムービーを見ていたらミラノで見たあの光景を思い出したくなったからなのです。

まず言わせてもらいたいのがショーが始まる前のこと。会場がこんなにゴージャスじゃ、ショーで発表される洋服に集中できないでしょ!

tall ceilings

runway

 

Pucci is in the middle of an evolution-revolution. Everyone is aware of the Pucci print…that psychedelic “Lord of bright colors” swirl seen on all the stylish people’s scarves and day trip suitcases. But the clothing label has been moving away from just throwing this on the runway in color variations and instead is actually putting effort into designing clothes.

And designer Peter Dundas has been doing a tres excellent job. See these examples:

Pucciといえば真っ先に思い浮かぶのがあのサイケ柄。ブライトカラーをこれでもかってくらい詰め込んだあの柄は、スタイリッシュな人たちの間でもはや定番となっておりスカーフからバッグにいたるまでどこでも目にするようになった。しかしこのブランドも、その伝統を重んじつつそれだけでないデザイン性の高いランウェイクローズにシフトチェンジをしつつありブランドイメージの変革を起こしているのだ。

この変革の首謀者はデザイナーPeter Dundas。彼のクリエイションを一言で表すと、最高。例えばこんな感じ。

glamorous pucci

puter dundas

details

The details of this dress from the Tokyo showroom. Yes, stylists, this piece is available in Japan!

ちなみにこのドレスのディティールは東京のショールームにて拝見させて頂いたもの。
そう!スタイリストの皆さん!これ、日本で置いてるんです!

black

lily donaldson

Lily Donaldson looks like a million yen (ok 100 million to make it worth anything).

100万ドルの輝きのリリー・ドナルドソン。

slash details

This sexy slashy piece is also in the Tokyo showroom.

このセクシーなスラッシュのピースも日本で取扱あり!

pajama outfit

Pajamas as daywear! Or eveningwear, even. I know tons of celebs have worn this piece to events already.

Two awesome looks my camera couldn’t capture:

デイウェアとしてのパジャマ。(若しくは、イブニングウェア)
このルックを着てレッドカーペットを歩くセレブの姿が今にも目に浮かぶよう。

カメラが捉えきれないほどゴージャスだったルック2つ:

game of thrones

Is there something wrong with me that when I see this I just think “Someone on Game of Thrones should wear this!” 

こういう服見ると、”Game of thronesであのキャラクターが着てそう!”とか思っちゃう悪いクセ(アメリカで大人気のテレビドラマ。面白いからこっちもちぇけら)

sexy black

I will always consider a slinky, sexy black, graphical piece to be the epitome of high fashion. 

体のラインが綺麗に見えるセクシーなブラックの、グラフィカルなルックを見ると
“あ、ハイファッションだな”って思う。

So like I was saying, Peter Dundas is the designer now and he’s been giving this brand a heavy-handed spank of panache. He’s not in the tabloids like some other young designers, but he might as well be… he has to be one of the best-looking fashion designers today, with his Hollywood-ready good looks (I didn’t say it, Godfrey Deeney did). After the show many industry folk gathered at the Prince Pessa hotel bar and even though he wasn’t the only celeb there, he commanded that room like a pro.

さっきも書いた通り、Peter Dundasは現在のEmilio Pucciを一任されているデザイナーで彼がこの由緒正しきイタリアンブランドに新しい風を吹き込んでいる。彼は、他の若手デザイナーのようにタブロイドの一面を飾るようなド派手なタイプでは無いが彼自身のルックスが”ハリウッドクオリティ”なのも注目のポイント(言っておくが、これは Godfrey Deeneyのコメントですので。)実際、ミラノでのショーが終わった後プリンスペサホテルにてアフターアワーにも現れたのだが一人だけ雰囲気が違うというか、ハリウッドっぽかった。

bow

Vogue

Speaking of tabloids, gossip, and reviving brands, one of the interesting things about this show is that the venue is quite….cumbersome to get out of. You get stuck in a bottle neck with everyone else trying to rush out down 3 flights of stairs. It was pretty chill…and I was pretty chill. I guess I`m not jaded enough to care (especially since it was the last show of the day so time didn’t matter as much!). I was sandwiched between Mr. T**chi in the front, complaining about it totally cramps his style every season. And behind me was Ms. M**kes who was in uproar over the ousting of Raf Simons at Jil Sander (it was jsut announced). She certainly wasn’t happy that the blogosphere and Twitterverse were making up their own theories without letting her get to the bottom first. Not. Happy. At. All. Yikes!

ちなみにこのショーを見た時には、ミラノコレクションのハードスケジュールの最中の一日の最後に行われたショーだったので完全に疲れきっていたのだが、ショー終わりでT**CHI氏とM**KES氏「なんなの、これ、いつもぉ」だの、ラフシモンズがジルサンダーを辞めさせられたことなどを聞かされながらあまりの混雑に立ち往生していた。それと、ブロガーやツイッター族が独自のセオリーを作ろうとしてるのが気に食わない、とかね。ひぇ~~~。

Now that I think about it, it’s kinda funny that Raf Simons’ name should be mentioned here, since he is going to essentially be doing what Peter Dundas is at DIOR. That is, taking a brand so entrenched in one style and image, and try to evolve it to something new. Or maybe not. I doubt he will rehash what has been done by the other before him. Who knows. I was even in the DIOR boutique on Omotesando last week and the employees there seemed slightly unsure, “We have no idea what to expect.” Yeah, because whatever he does, the sales come down to you!

でもここにきて彼女の言っていたことが活きてくる。何がかといえば、ラフシモンズだ。まさにこの時ショーを見ていたエミリオプッチでPeter Dundusがしてきたことを今まさにラフシモンズがDIORで実行しようとしているだろう。それまでの慣習を打ち破り全く新しい風を吹き込むか、それともその慣習を守りブランドの尊厳を守るのかとりあえず今の空洞状態からは復帰してほしいと思うが…ちょうど先週表参道のDIORブティックにいたのだが、そこの方達も皆自分達のこれからに未知なる期待を抱いているようだった。とにもかくにも、今度はDIORにあの勢いが戻ることを第一に願っている今日この頃。

 

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=emk9xYQFopQ[/youtube]

pucci by taschen

 

http://www.emiliopucci.com

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー