アンドロジニーで泳ぐ金魚たち。ダミーヘッド デペイズメン2012年春夏メンズウェア。

dummy head ss 2012

I want to force a menswear brand down your throats. Only because it’s good… so sit back, relax, and open up that esophagus…
 
“Androgyny is not trying to manage the relationship between the opposites; it is simply flowing between them.”-June Singer
 
 
今回はメンズブランドの話。”メンズの洋服は私には関係ないわ。“と思ったそこのあなた。ちょっと待って!このブランドは本当にカッコいいから!実際着るかどうかは別にしても、是非見て欲しい!
 

“アンドロジナスというのは、男性性と女性性を両方取りまとめるべきものでは無く、いずれにも所属しうることだ”-June Singer

spring summer dummyhead

Left: Built-in thick waist-band..(psst to look skinny)
左:ウェイストバンドジャケット は細く見える効果

This is “Dummyhead Depaysemen” and it is still a larvae of a brand with 5 seasons to its name. The past seasons have piqued my interest…but the ss 2012 collection blew me away.

It is hailed as a “unisex brand with a menswear base”… but who are we kidding; this MADE to be rocked by some real style savvy men. The androgynous aspects are there in the draping, the allusion to body-conscious fits, pastel print and of course “skirts” but it retains that cool je ne sais quois that a man who would wear this possesses. The draping and ruching seems to be a brand signature, if we go off the last 3 collections, and this season the designer introduces an abstract print of a goldfish (or “koi”). This is one fishbowl you’d want to live in…

そのブランドとは”ダミーヘッド デペイズメン”。立ち上げからまだ5年と若手のブランドではあるが、私は今まで過去2シーズンのコレクションで既に俄に興味を持っていた。そして最新コレクションとなる2012年春夏コレクション。これが、今までで最高の出来映えで、完全にノックアウトされてしまった。そもそもこのブランドの洋服は、”ユニセックスで、主には男性の為に作られてる”ことが前提となっているのだが、実際にはユニセックスなんて言葉で片付けてしまうには惜しいほどしっかりとしたテーラリングが印象的。

そこに、ドレープやボディコンシャスなシルエット、パステルプリントにスカートなどの中性的なエレメントが加わっているのだ。しかし驚くべきは、スカート履かせたところで損なわれないほどに完成された男性的な美しさ。このドレープやルーシュはこのブランドのシグネチャーのようだが、ここ3シーズンはこれに金魚(か、もしくは鯉)のプリントが加わっている。ということは、アート性も入っていますね☆

tokyo lookbook

Right: goldfish print details on the pants hem

右:金魚のパンツ端のディテール♥

THIS is why Japanese menswear is so sought after in the fashion world today… it is effortlessly cool. I want to be a man and wear this. Or have my ideal man wear this. Max out my credit card and order it. I would do it too, if I knew where to full line was sold…(it doesn’t seem to be at CANDY this season…T_T). Now THIS is what I would like to see in Japanese womenswear…artistic clothes with tailoring!!! Anything with prints is always loose and LARGE. 
 
このブランドこそが、今現日本のメンズブランドが長きに渡り世界中で頂点に君臨している理由を雄弁に物語っているとさえ思えてくる。そう、気張らないカッコよさなのだ。そういう時、私はその洋服を着る為だけに男に生まれ変わりたいと密かに思うのだ。(もしくは私の白馬の王子様はこの洋服に身を包んでいるに違いない。)でも本当に男になってしまったら、このブランドがフルライン揃う店でカードが使えなくなるまで買い物をし尽くしてしまう恐怖もあるが…今季はどちらでおいているかしら・・CANDYではないみたい T_T 
 
こういうテイストは日本のレディスブランドでみないのはなぜだろう。アート的かつテーラリングが効いているデザインという。日本レディースの服といえば、クールなプリントや柄物ものだったら絶対にオーバーサイズになる・・テーラリングきかないな。困るなーー

androgynous fashion tokyo

Right: That skirt may lacey but it’s got some edgy chutzpah

右:レース地のスカートはエッジなところが目立つ

suits

Left: Mens clutch with “noose” strap

左:メンズクラッチ!

draped shirt

Noir goldfish

ノアー金魚プリント 

red toga

 Left: The PERFECT toga for the 21st century. Right: Those shorts are gorgeous.

左:21世紀に適するトーガ!右:このショーツはビューティフル

red love

Dummyhead’s draping out in full force. Man up and drape a little. So beautiful.

ダミーヘッドならではのドレーピング。本当にうつくしい男性像だわ

 

This line has come a long way in 5 seasons! The first time I remember them was at a teeny exhibition and they were showing bangles made of dried pig skin (sounds creepy, but they were pretty cool looking). I am so happy to see it is still alive, and designing some really stylish, useful pieces.

5回目のコレクションとなるこのブランドも、最初は小さなエキシビションから始まったのを覚えている。乾かしたピッグスキンで出来たバングルなど(文字にするとなんだかグロテスクだケド、実際には凄くカッコよかった。)の小物をメインに展示していたっけ…そのブランドが未だに存続していて、もっと言えばこれほどの力を付けてきたことを心からうれしく思う。

http://dummyheaddepaysemen.com

 Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー