CHLOE’S HISTORIC “ALPHABET” IS THROWING SOME MAJOR ‘TUDE. BREAKING IT DOWN WITH “E” FOR EMBROIDERY.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

クロエ初期の”アルファベット”コレクションは60周年お記念してChloe Attitudesとして復帰!このブログは特別コンテンツ、レッター”E”=刺繍について公開します!

chloe cool

Something about Chloe that I just learned, embarrassingly late perhaps for a fashion journalist showing that my fashion history is not exactly up to snuff, is the Alphabet collections. The brand was founded in 1952 and the designer Gaby Aghion wanted to make her collections stand out amongst the rest with a bit of creativity. She started from the letter “A” and every item was given a name starting with that letter…next was “B” and so on. The “alphabet” collections live in legend, and now the idea is being revived for the brand’s retrospective exhibit of archives “Chloe.Attitudes” for the 60th anniversary at Palais de Tokyo in Paris from the 28th.

今回のパリコレ観覧にあたり、遅ればせながらパリの老舗メゾンChloeについて新しく知ったことがあった。ファッションジャーナリストとして恥ずべきことは承知の上、私はこのアルファベットコレクションのことについて今回初めて知ったのだ。ブランド創設は1952年、創始者のギャビー・アギョンは当時のスタンダードのコレクション発表の仕方に退屈を覚え、この発表方法に少しクリエイティブなエッセンスを加えたのだ。彼女のコレクションはAとともに始まり、そのシーズンのアイテムは全てA〜と名付けられたのだ。そして次のシーズンはBコレクション…というようにこのアルファベットで始まるコレクションは、Chloeの現代に伝わるまでの人気を支えて来た、控えめながらも遊び心溢れるフィロソフィの形成に一役買っていたに違い無い。そしてブランド設立から60年が経った今、このChloeアティテュードに今一度立ち返り、今までのアーカイブを有したエキシビションがパリのPalais de Tokyoで今月28日から行われるのだ。

26 worldwide bloggers were given a letter of the alphabet to introduce, and starting the 27th we will be revealing them one at a time until 11/14. 

As for this blog, it was chosen specially to receive one of the hallowed letters from the CHLOE name. Yes, I’d say that’s an honor! So as my letter is “E”, why don’t I talk a bit about E for Embroidery.

それと平行して、アルファベットは26文字に因みということで世界中のトップファッションブロガー26人が選出され、各々割り当てられた1文字をお題にブログを書くというプロジェクトが今月27日から11月14日までの期間開催される。

そして何とも光栄なことにこのブログをこの26のうちの1つに選んで頂いたばかりか、この26文字の中でも特にスペシャルな5文字として”C-H-L-O-E”の中から”E”の文字を授かってしまった(しまった、と言うしか無いでしょ?!こんな名誉!!)ので、今日はEの付くクロエに因んだ話題、”E”mbroidery(刺繍)についてお話したいと思います。

Gaby was against the rigidity of the haute couture world but also knew how important the skills and techniques were. Thus she was one of the first designers to introduce the idea of “luxury pret a porter” by utilizing intricate beading into her ready-to-made collections. But she wasn’t into traditional bouts of embroidery a la duchesses and noblepeople, she instead brought in touches of humour and kitsch, making her ouvre one of fun.

Karl Lagerfeld latched onto this when he was head designer at Chloe, creating embroidery motifs out of shower heads, lightbulbs, and circus animals.

 

初代クロエのデザイナー、ギャビーは当時最盛期を誇っていたオートクチュールの堅苦しい気風を嫌っていた一人だったのだが、それと同時に高い技術をもって製作される工芸手法を大切にしていたのだそう。そこで彼女が考え出したのが、既製服に贅沢なビーズ刺繍などを施した“ラグジュアリー・プレタポルテ”という新しいジャンル。しかしここでも彼女は伝統に囚われず、古くから伝わる伝統の技法をベースに、ユーモアと若々しさ、そして遊び心を織り込んだのです。
 
カール・ラガーフェルドがChloeのデザイナーに就任した時にもこの創始者の機智に富んだアイデアを反芻し、シャワーヘッドや電球、気球やサーカスの動物をモチーフにした刺繍作品を残しています。
 

 epaulet

Embroidery is a funny thing, it’s true that it tends to come off as matronly and old. How many bouquets of flowers does one need to be painstakingly added to their frock? Take that off! The surreal and kitschy work that comes from the creative mind…and increasingly considered avant garde…is where it’s at. Now we don’t have embroidery, we get everything studded, right? Embroidery costs a pretty penny and is definitely a skill of couture and a lot of luxury. I took embroidery classes at Bunka Fashion College and it was a nightmare to try and get my hands to work the needle properly. I would be kicked out of an atelier tout suite!

太古より伝わる刺繍という装飾。多くの場合伝統に囚われるがあまり無難で古めかしい仕上がりになりがちなのだが、そこにほんの少しのクリエイティブマインドを注入することでシュールでキッチュな刺繍が出来上がり、そこに生まれるのが真新しいアヴァンギャルドなもの達なのだということを彼女は教えてくれている。とはいえやはり刺繍は骨の折れる作業。私自身文化服装学院に在学していた当時、刺繍の授業では毎回上手く刺さらない針とにらめっこをするのが苦痛で仕方が無かった。餅は餅屋、ってことね。

flowers

embroiderys

pants

See more in this short film  on the intricately fun work of embroidery by Chloe. Since I`m in Paris, I`ll be reporting on the archive opening and afterparty soiree later on! 

Chloeの刺繍についてもっと知りたい!という方はこちらの動画を是非見てみて下さい!先のエキシビションの方も、パリから中継しますので楽しみに待ってて下さいね!

chloe.com/alphabet

 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー

ここまで読んでくれたらシェアやいいねして下さい!レブログも歓迎。Tell me you read to the end! ↓

Pinterest

Leave a reply