心若くして60周年記念を祝った「クロエ」が東京で大盛り上がりのパーティーをフランス大使館で開催した!

CHLOE-60th-0079

There has been a deafening lull in the season thus far and that calls for an all-out bash. Good thing then, because it was Chloe’s 60th Anniversary and they were in the mood for partyin’. This wasn’t a call to arms for all fashionistas though, it was rather an intimate “friends-only” gathering at the French Embassy… which doesn’t mean it was quiet by all means.

さて、ここ最近ファッションイベントが続きなかなかブログで紹介出来ていませんでしたが、ここいらでちょいと前に開催されたクロエのパーティーから振り返ってみたいと思います。クロエがこの度ブランド生誕60周年を記念して、フランス大使館にてプライベートなパーティーを開催しました。プライベート、というのは招待客の数のことであって、小規模ながらそれを感じさせないほど極めて華やかに執り行われたのはこのレポートを見れば分かるかと思います。

 

Photos by Mami Tanabe for TfD

CHLOE-60th-0007

CHLOE-60th-0010

CHLOE-60th-0020

Ellie-Rose on deck as DJ

まずはDJ陣から、エリーローズ。

CHLOE-60th-0017

Happy birthhhhday Mister Pressssssident

クロエの社長さんとこんなんでいいですか?

CHLOE-60th-0040

Mari Natsuki on stage (later joined by Sara Mary for a performance). Mari had bragging rights as she was wearing vintage Chloe from the period when Karl Lagerfeld was the designer (Chloe actually launched his career, and he was one of the first and most successful pret a porter designers at the time). 

夏木マリさんがステージでパフォーマンス。この後若手陣から沙羅マリーが参戦。この時夏木マリさんがお召しになっていたのは、伝説のカール•ラガーフェルド時代のクロエのヴィンテージドレス。そう、かのカール大帝もデザイナーとしての黎明期はクロエでその手腕を発揮していたのです。

 

CHLOE-60th-0076

Clare Waight Keller is the current designer at Chloe and she was super laid-back and sweet
現デザイナーのClare Waight Kellerさんと。とてもイージーゴイングでキュートだった。

Last time I checked in with Chloe I was in Paris last October celebrating the 60th Anniversary of the top ranked brand. I was chosen as one of 5 world bloggers to represent a letter of the brand name Chloe and I got “e” for embroidery. I know the impression we young’uns have of the brand is that of minimalism, simplicity and cleanliness, but don’t forget that the brand is hugely fond of surrealism, punchlines, and jokes. Check out the archives here, and then case in point, Liv Lo’s dress below of an embroidered violin perhaps inspired by a Man Ray photo (it was designed by Karl Lagerfeld in 1983 and Chloe Sevigny wore it recently in NYC here)

先シーズンパリコレクションにお邪魔した時にも本国でクロエの周年パーティーをしていたのですが、この時改めて気づかされたことが、このブランドの直近の印象は極めてフレッシュでミニマル、シンプルでクリーンでありながら、その神髄にはシュールでパンチの効いたデザインや、クスッと笑ってしまうようなジョークが根付いているということ。このレポートでモデルのLiv Loが着ているバイオリンを模した支出のドレスも、先のカール時代のクロエのもの。マン•レイにインスピレーションをうけて製作されたこちらは1983年の発表から20年以上の年月が経つが、その後クロエ•セヴィーニがレッドカーペットで着用したりとファッションシーンで長きに渡り愛されてきた一着。

CHLOE-60th-0024

This is Gene Krell, and if anyone treats VOGUE like their bible, or should I say VOGUE Japan/GQ as their bible, you will have seen him around lately for his witty columns. He is sharp, a walking wiki on fashion, and in 1 10-minute conversation he brought down some of my favorite fashion idols from their sky-high pedestals and sent them to the earth’s plane (without me telling him who they were!). I admire that greatly, and it was such a pleasure to see him out and about. My next mission is to get him to somehow come see a Japanese fashion show next season…

こちらは言わずとしれたジーン•クレール。言わずとしれた、と書くもののここ最近はめっきり表舞台でお目にかかる機会が減ってしまったのだが、彼が毎月書いているVOGUE JapanやGQのコラムは未だに高い人気を誇っている(そう、あの刺激的な文章を書くあの人です!) 小ブログの日本語エディターも世界一尊敬していると声を揃える彼は、真のファッショニスタたちが最も尊敬するファッション業界の生き字引としてその地位を確固たるものにしてきた。彼にお会いするたび、その知識の多さはもちろん、鋭い視点で業界を切り取る視点にいつものことながら圧倒されてしまう。個人的には、是非近い将来彼をジャパンファッションウィークにお招きして意見を伺いたいと思っている。

 

I wore an outfit made for the runway by MURUA, a heavy mesh vest made of crystals and sheer top with gauze skirt. The shoes are by Iron Fist and they are printed with a girly zombie print that was a perfect contrast. Chloe likes to be a little funny, right?

この日私が着ていたのは、残念ながらクロエでは無いのですMURUAのランウェイで登場したクリスタルピースです。靴はちょっとファニーなアイアン•フィスト。フレッシュ×ファニーなミックスを私なりに解釈してみました。

CHLOE-60th-0094

MURUA

CHLOE-60th-0037

Iron Fist shoes

CHLOE-60th-0095

bangle by KiNG 

CHLOE-60th-0100

Mily eye flashes in white アイラインはMilyのシールメイク!

Happy birthday to Chloe and here’s to many happy returns.

CHLOE-60th-0031

chloe.com