celia-unnamed
Celia has the most imaginative selfies ever. Have you ever met a hot ex-model French fashion photographer who wears head-to-toe Vivienne Westwood (heels and miniskirts while shooting, of course) and has an imagination that’s a cross between Tim Walker and Takashi Murakami? I wish it were me. But no, it’s the seriously talented up-and-coming photographer Celia Humphries. I’m here with an interview, and to show off her self-portrait series.. she’s definitely upping the ante of selfies…

全身ヴィヴィアンウエストウッドを身にまとって(もちろん撮影中でもヒールでミニスカー ト!)。そして、ティムウォーカーと村上隆の中間のようなイマジネーションをもった元モデルのフレンチガールのフォトグラファーに会ったことはある?彼女は、素晴らしい才能に恵まれたホットな子、セリア・ハンフリーズ。これからインタビューを通して彼女のセルフポートレイト(自撮り)をお見せします。まさに、物語る自撮りの番長が登場!

celia-Light-sleeper-©-Celia-Humphries
“Light Sleeper”
“An obvious play on words since the character is  levitating in her sleep. The funny thing is the idea for this one came from a dream I had a year ago where I was putting this shoot together! “
“うたたね”
“主人公が眠りながら宙に浮いているとこ ろから、見た人は、すぐ彼女がうたたねをしていることがわかるはず。面白いことに、私がこの撮影をした一年前、このような夢を実際に見た の。
celia-Today-wear-blue-and-cast-a-spell-©-Celia-Humphries
(TOP) “Today Wear Blue And Cast A Spell” 
​”This ​was a Halloween story. My favourite time of the year, it is around my birthday. This little witch learns to make a small pumpkin levitate.”​
(上) “今日は青をまとって、魔法をかけましょ う”
これはハロウィンのお話。私が一年で一 番大好きなイベントであるハロウィンは私の誕生日の近くにやってくる。写真の中の幼い魔女は小さいかぼちゃを作り出す魔法を練習しているところ。これは4枚にわたるシリーズのうちの一枚なの。
A native of France, she’s been a residence of Tokyo for about 11 years now and it’s surely rubbed off. She may be extra loyal to Auntie Vivenne, but she otherwise has an apartment full of Murakami prints her husband picked up before Murakami even inked the LV deal (“I think he got them for 50 bucks”,  she told me..talk about having a good eye!) and she has an Evangelion N.E.R.V. card dangling off her camera bag.  
 
I met Celia many years ago, probably when I was still a student at Bunka and she was still modeling and lamented that she couldn’t cut or dye her hair at the time. How things have changed! I spotted her series of self-portraits on her Facebook and wanted to work with her very badly to dream up some wild situations together. And voila! You’ve seen three shoots of ours together, with another coming soon. 
 フランス生まれの彼女はかれこれ11年間東京に住んでいる。ヴィヴィア ンの熱烈なファンだけれど、「東京」は彼女をある意味育ってきた。だって、マンションにはセリアの旦那さんがセレクトしたルイヴイトン前の村上隆のプリントがあっちこっち飾ったり、彼女のカメラバッグにもぶら下がっているエヴァンゲリオンのN.E.R.Vカードがあったりする。
私達はかなり前に出会った。自分がまだ文化服装学院の生徒で、彼女がモデルをやっている時 だったと思う。セリアは思うように髪を切ったり染めたりできないことを嘆いていたっけ。あれからどれだけのことが変化したか!セリアのセルフポートレイトをフェイスブックで見つけた時、彼女と一緒に作品作りをしたいと切に願った。そしてなんと!その願いが実現して、最 新のものはまだ解禁されていないのだけれど、こうやって私達の作品が生まれたってわけ!
celia-Liquid-Ground-©-Celia-Humphries-web
 “Liquid Ground” 
​”This came about when I returned from ​France​ a couple months​ back. I was awfully homesick and couldn’t focus on creating anything. So I thought about it for a minute and kind of took a picture of that block, or anything that holds anyone down for that matter. Hence the many hands…”
“液状化した地面”
“何カ月か前に、フランスからもどった 時、ひどいホームシックに襲われて何も作る気になれなかった。そのことについてしばらく考えて、ホームシックになったあらゆる人を支える ようなものを撮ろうって決めたの。だからこの作品には手がたくさんあるのよ。”
celia-Making-friends-©-Celia-Humphries
(ABOVE) “Making Friends” 
“​This i​s the story of this girl who conjures her perfect friend out of thin air. This badass Gitane smoking ball of love (well… he’s pink after all). Her story is up to the viewer…”
“友達作り”
“これは空気から自分の望む友達を生み 出す女の子のお話。不親切なジタン(最終的に彼はピンクになるのだけれど)は愛のボールを吸い込んでいる。彼女の人生については、見る人 の想像に任せられているの。”
celia-That-morning-feeling-©-Celia-Humphries
“That Morning Feeling” 
​”Story of my life actually, and possibly every girl can relate: you get up, possibly you over-slept, your wardrobe is full of amazing clothes but you’ve “got nothing to wear” … It is also a slightly darker take on the early scene from the 90’s classic “Clueless” (the girl gets a “mismatch” from her wardrobe iPad app…).​”
 “朝の気持ち”
“これは女の子ならだれでもわかるであろう私自身の経験に基づく話。寝坊して起きて、ワードローブには服がたくさんあるのに、「何も着るものがないわ」と思うその瞬間を再現し たの。90年代の初めの映画「クルーレス」をダークに表現しているとも言える。(写真の中の女の子はiPadのアプリに載っているスタイルと自分 のもっている服が合わなくてイライラしている)”
******
It’s wonderful to meet a female photographer in Tokyo, where girls are few and far between. I’ve worked with Mami Tanabe and highly respect Mika Ninagawa. But who else gets the recognition they deserve? The following is an interview with Celia so you can get to know her and her world better, and keep her on your radar!

 

女性のフォトグラファーが少ない、もしくは全然いない東京で女性のフォトグラファーに出会 えることは素晴らしいこと。田邊麻未や大尊敬する蜷川実花とはご一緒にする機会が与えられたけれど、彼女達のように有名な女性 フォトグラファーはほかにいるかしら?これからセリアへのインタビューを掲載するから、これからも注目して!

celia ©-Celia-Humphries

1: have you always wanted to be a photographer? You were modeling before; was there an episode that made you want to be behind the camera instead of in front of it?

– To be honest, when I was modelling, I never really questioned photography techniques, I was focused on the task at hand. I was very interested in the equipment , and the retouching software though. My mother was a photography hobbyist and I really liked it when I was young but I didn’t really get the chance to shoot much. So I instead picked up video games…(haha) I reunited with photography at a fashion show, after a fascinating talk with a photographer there. It started from a joke with him really…!

1. 昔からフォトグラファーになろうと思っていたの? 以前モデルをしていたと思うけれど、 撮られる側ではなく、撮る側になろうと思ったきっかけはある?

正直に話すと、モデルをしていた時は、撮影テクニックに関心はなかったの。機材やソフトウェアでリタッチすることには興味津々だったけれど、撮影自体は即席でやっていたわ。私の母は写真が好きで、私も幼いころから母のそんな様子を見るのが大好きだったのだけれど、自分自身が写真を撮る機会というのはそんなになかったの。だからその代りに、ビデオゲームばかりしていたというわけw。とあるファッションショー後にフォトグラファーとの興味深い話を通して、私と写真は再び出会ったの。信じられないでしょうけれど、彼とのジョークからすべてが始まったの。

2: how would you describe your photographic style? I recall you have an amazing camera; can you tell me about it?

-Three elements define my style:

It is very feminine,

But often with an element of darkness (an edge I guess).

And it has a story.

If I don’t feel like making a story with  the person on the other side if the lens, well… I kind of feel like I have failed. I like to have a bit of humor too.

I typically shoot with a Leica M9. It is not film, but not far off. It is entirely manual. I love the feel of the images the Leica glass provides. My first camera when I picked up photography a couple years back, was a Leicaflex that was so old it broke after only two weeks! I followed up with a Nikon D700, but was forever trying to replicate the Leica look in post production. I also really enjoy the Leica M6 and the Hasselblad 503CW for film.

2. 自分の写真のスタイルをどのように表現する?素晴らしいカメラを持っていると思うのだけれど、そのカメラについても教えて。

私のスタイルは次の三つの性質で表現することができるわ。

※素晴らしくフェミニンであること。

※と同時に、エッジが効いたダークな部分も兼ね備えていること

※そしてすべてにストーリー性があること。

もしレンズ越しに見た被写体にストーリーを与えることができなかったら、それは失敗だと思うことにしているの。ちょっぴりユーモアを加えるのも好きね。

カメラについて話すと、私のカメラはライカのM9というモデル。完全なフィルムカメラではないけれど、マニュアルだし、撮影作業はすべて手作業ですもの。私はライカのレンズが与える独特の雰囲気が好き。数年前、写真を撮り始めたばかりの頃は、ライカフレックスを使っていたのだけれど、古くなりすぎて、二週間で完全に壊 れちゃったの >_<。その後ニコンのD700を使ったけれどライカで撮ったみたいに昔風 な写真になるようにずっと複製していたわ。ライカM6とハッセルブラッドの503CWも好きだった。

3. please tell me as much as you can about your self portrait series!

– The self portraits started (and still are) an experiment. I am self taught so this is how I test lighting and editing techniques.  If I get an idea I can make it happen right away too! They almost always start from a one liner personal joke, a quote, or sometimes even one word. They come to life in post production, where it takes a little time to fine tune as I want it to be as true to the idea as possible. I enjoy the process a lot! I typically take one or two a month, style it with a Vivienne Westwood piece from my closet and always shoot with the M9.

3. セリアのセルフポートレイトについて教えて。詳しく知りたいわ。

セルフポートレイトはお試しで始めたものだったの。私は独学で写真を身に着けたから、セルフポートレイト(自撮り)を撮ることで、照明や編集技術を練習できるの。アイディアが浮かび次第すぐに撮影できるし。アイディアはちょっとしたジョーク や引用文から得るの。その作業はとっても基本的で、できるだけ常にアイディアにアンテナを張るようにしている の。もちろんその過程はとても楽しい!通常、1か月に1.2枚を自分のクローゼットに入っているヴィヴィアンウエストウッドの洋服を引っ 張りだしてスタイリングして、ライカM9で撮影するのよ。

4: I think you’re the most fashionable photographer I’ve ever seen. And I hear you like a little designer called Vivienne Westwood… Tell me a little about what you like about her and please snap a few pics of your favorite pieces from your collection!  

– Ah! You are always so kind! I really wouldn’t call myself fashionable though… But I do like clothes. On Vivienne Westwood… Argh, it’s going to be a lengthy one! Bear with me.  I used to really, really not care about fashion, but her silhouettes have appealed to me since I was a teenager. She is also a very strong human rights and ecology activist. More reasons for me to love her. Picking favourite pieces is quite hard, it would be like saying one of your children is less worthy than the others! I really like the squiggle prints. And the Active Resistance pieces. One of my favourite is the NINSDOL (national idolatry, non stop distraction, organized lying) print from 2005. It is the brand of an imaginary mind controlling pill. The name is pretty self explanatory. The prescription is “take one a day after you’re born”.  I find the Chaos Point print (it looks like a Lorenz system) pretty powerful too: “that humanity is at a tipping point and better wake up soon or we’re all f***ed” is the message behind it. I have a few versions of the war and peace and climate change prints too. On a lighter note I loooove the mini kilts, animal toes shoes, rocking horse ballerina shoes and the Pirate boots. The Tits print is a lot of fun to wear (try it in the train!) too and I have started to collect the Cowboys t shirts… Yes I do have “that hat” (the One pharrell williams has made popular) in black, but to be honest it is more of a display piece. I find it quite hard to pull off without looking like a giant penis. I do love my John Bull hats though. And last but not least, my armour ring is kind of a lucky charm. I got it after Elite booked me a really fun shoot.

4. 私は本当にセリアのことを今まで会った中で最高におしゃれなフォトグラファーだと思うわ。ヴィヴィアンウエストウッドが好きだと言っていたと思うのだけれど、彼女のどこが好きなのか教えて。そしてセリアのコレクションの中からもっとも好きな服をピックアップして見せてちょうだい?

ミーシャって本当にやさしいのね。私は自分自身をあまりファッショナブルだとは思わないのだけれど、服は大好き!ヴィヴィアンウエストウッドについて話すとすこし長くなってしまうのだけれど、お付き合いしてね。以前私はファッションにまったく興味がなかったのだけれど、ヴィヴィアンのシルエットは10代の頃からなぜか気になっていたの。彼女は芯を持った強い女 性だし、環境保護運動家でもあるというのも私が彼女を好きな理由の一つ。ヴィヴィアンの服の中で一番好きなものを一つ選ぶというのはとても難しいわね。私にとってみれば、それは自分の子供を、この子は大切だけれど、この子は大切じゃないって区別するのと同じことだものw。私は走り書きプリントが大好きなの。積極的な抗議メッセージも好き。2005年のNINSDOL(「国家崇拝、終わりの見えない錯乱状態、組織化された偽り」という英語の頭文字)というプリントは私が好きなもののひとつ。それは、ピルをコントロールする仮想の精神の種類なの。名前自体も主張性があるわよね。処方箋には「生まれてからずっと、一日一個飲んでごらん」って書いてあるわけ。私はカオスなポイントプリント(ロレンツのスタイルみたいな)もパワフルだと思った。「人情は最重要で、すぐにでも目覚めるべき。そうでなければ私達は皆死ぬ。」っていうのが裏に隠されたメッセージなの。私はいくつかの戦争、平和、地球温暖化についてのプリントも持っ ているわ。ショート丈のキルトやアニマルシューズ、馬のバレリーナシューズ、パイロットブーツがとってもお気に入り。おっぱいのプリントTシャツも楽しいのよ。是非電車で着てごらんなさい?ww カウボーイTシャツも集め始めたの!もちろんファレルウィリアムズが有名にした黒のカウボーイハット も持っているけれど、それはインテリア用って感じね。それだけはオーバーすぎて、おばかさんに見られるかも。ジョンブルのハットも大好き。あ、最後になるけれど、私のアーマーリングはラッキーチャームなの。エリート事務所が私に面白い撮影をしようと持ち掛けてくれた後に買ったものだからね。

 celia-Vivienne-Westwood-chaos-ninsdol-climate-change-tshirt-©-Celia-Humphries

celia-Vivienne-Westwood-squiggles-bag-john-bull-animal-toes-©-Celia-Humphries

celia-Vivienne-Westwood-tits-cowboys-tshirt-©-Celia-Humphries

5. Who would be your dream model/portrait? Who in tokyo would you like to work with?

 – Oh… wish list! Well, working with you was top of my list for 2014, and it already exceeded my wildest dreams! So everything is a bonus now! Let’s dream bigger then: I wouldn’t mind taking your friend Rila Fukushima’s photograph again. She is so unbelievably beautiful, kind and talented. And perhaps the advertisements for Laforet or Lumine?! They are always so fun and creative. And obviously have you involved in all these projects!

5.憧れのモデルはある?東京では誰と、どういう仕事してみたい?

まあ、ウィッシュリストね!2014年のリストの最初に名前を挙げたのは本気にミーシャだったから! そして夢がかなったってわけ。だから今がいい方に向かっているの。もっと大きい夢をお話しすると、私は福島リラの写真を撮らせていただきたいと思っているの。彼女は信じられないくらい美人で、才能にあふれているから。そして、わがままいわせると、ラフォーレやルミネの広告かな?いつもとびきりクリエイティブで面白いから楽しくできそうなので。もちろん、ミーシャもそのプロジェクトに関わっていただきたいわ!

celia-misha-Untitled-1

See more of Celia’s and my collaboration photos here セリアとミーシャのコラボ写真シリーズはこちらご覧ください

Thanks for the time, Celia! See more of her portfolio at www.CeliaHumphriesPhotography.com

もっとたくさんのセリアの作品を彼女の オンラインポートフォリオで見てみて!

-Misha janette
-Karen Shimada

TWITTER: FashionTubuyaki

INSTAGRAM: MishaJanette
FACEBOOK: MishaJanette OFFICIAL: MishaJanette-TFD

[srp widget_title=”最近のポスト↓Recent Popular Posts” widget_title_header=”h2″ thumbnail_width=”50″ thumbnail_height=”50″ post_limit=”4″ post_content_length=”70″ post_title_length_mode=”chars” post_noimage_skip=”yes” post_link_excerpt=”yes” post_date=”no” post_author_url=”no” post_category_link=”no” targetblank_links=”yes” layout_mode=”multi_column” layout_num_cols=”4″ vf_allposts=”yes” vf_allpages=”yes” vf_everything=”no” vf_allcategories=”yes” vf_allarchives=”yes”]