カテゴリー CategoryUncategorized

ここは毎日がランウェイ。新世代の東京ファッションダイアリー、東京モードダイアリーへようこそ!

tfd-2013-codystar
 
Tokyo Fashion Diaries has entered a new phase, a remodeling if you will, as in fashion you are only as good as how well you can evolve.  We start with some home improvements..ie better search and faster loading time. And a logo that is much more reflective of who I am; a mix of east and west. It’s been over 9 years now and the switch in my brain that changes my thinking from “American” to “Japanese” is now automated.
 
One thing that won’t change is my idea that everyday is a runway, an opportunity to use fashion to own the day and to feel one’s personal best. 
 
実はこの「東京ファッションダイアリー」、今、更なる進化の段階に入っているの。もしあなたが自分改革をするなら、ファッションは、自分自身をどれだけ良い方向に高めてけるか=進化させるかという点において、最高に良い方法。それと似た感じで、私たちは今HP改造中=改革中で、それによって検索も早くなるし、読み込みの時間も早くなる。それから、和洋折衷が織り成す新ロゴデザインは、私が何者であるかを表現するのに最適だと思う。東洋と西洋のミックス。今、私は日本へ来てもう9年以上になる。それに伴って私の頭の中の思考回路も、アメリカ人から日本人へとのON/OFFスイッチが自動的になりつつ。。。
 
だけどただひとつだけ、決して変わらないもの。それは、「毎日がランウェイ」。自分だけの特別な1日を計画して演出するのに、何を着るのかっていうのは絶好の機会。そして、自分自身の個性を伝えるのにうってつけ。
 
Soon I will also start an exciting new project exclusive to TfD called “Tokyo Mode Diaries”. 
 
The main goal of TmD? Bring fashion to the front. I`m not talking about CLOTHES, I`m talking FASHION. It’s not just about covering a naked body, but about brining your consciousness to another level; one that can change your mood, make you feel better, or powerful. Think of it as a legal high.
 
それからもう間もなく、この東京ファッションダイアリーの、より専門的な、とびっきりの新しいプロジェクト、名付けて「東京モードダイアリー」も始める。
 
東京モードダイアリー、略して”TmD”とでも言おうかしら?笑 その目指すものとは… ?「ファッション」を前面に打ち出す!「ファッション」だからって、何も「洋服」のことを言っているわけじゃないの。「ファッション」ね。そんな、ただ単に裸の体を覆っているようなものだけの話ではなくて、あなたの持っているその意識を、もう一段先のレベルへ誘えるような… あなたの気分を変えられるような、もっと刺激くれるような… もしくは元気になれるとか!それだけでハイな気持ちになれると考えてみて。
 
There are many magazines and websites where you can find out about the latest clothing, but I only put my time into what is inspiring or exciting around me (and I do all of this on my own time outside of my day jobs, which is a LOT of time spent day after day…so its gotta be good).
 
The stereotype that Japan is only about black Comme des Garcons, or just lolitas and goths in Harajuku is so fucking tired. 
 
ところで今、どんな洋服が出てきているかの最新の情報を知りたければ、雑誌は山ほど出てるし、ネットを開けば何から何までホームページがあったりして、簡単に情報を得られる。だけど私は、「私の身の周り」で私を刺激してくれるものとか、興奮させてくれるようなものにだけ自分の時間を費やす。(そしてこれ全部、仕事の時間以外で自分の時間を使ってやってる。来る日も来る日も、たっくさんの時間を使ってる。… ウン。幸せ。
 
日本の原宿の頭の固いステレオタイプの人が、決まって食いつくのは黒のコムデギャルソンとかロリータだったりゴスだったり、日本のファッションはそれしかないという決まり。ちょっと言葉が悪いけど。。。ステレオタイプなんて、ぶっとばしたりしたくない? 
 
Japan is in fact, a country full of more people that love fashion than I have ever seen in my life. It’s almost like the Japanese are born with an inherent love for quality, prestige and design. But at the same time this society come with many rules. But in fashion, rules are meant to be broken. And there’s still a  whole lot more to be explored, a whole lot more to be made, and whole lot more stories to tell from both the east and west.
 
So look forward to the first stories, told soon here on Tokyo Fashion Diaries and Tokyo Mode Diaries. 
 
だけど日本は事実として、私の人生で見てきた中で、最もファッションに対する意識が高い人が格段に多い国だと思う。それは言い換えるなら、日本人は生まれながらにしてクオリティを愛する人たちなんだとも言えるのかもしれない。威信とデザイン。だけど同時にこの社会はたくさんのルールと共にいる。だけどファッションにおいては、その「ルール」も意味を成さない。そして今なお更なる探求は続いていて、より多くの物が作り出されている。そして、語られるべき多くのストーリーが東洋と西洋の間で、どちらにもある。
 
それでは、まずは第一話目のストーリーを楽しみにしていてください。もう間もなく公開。東京ファッションダイアリー、そして東京モードダイアリーより。
 
これからも宜しくお願いします。
 
 
Misha Janette
tfd-2013-eng-MODE-420

毎日が「ランウェイ」。新しい『東京ファッションダイアリー』、『東京モードダイアリー』へようこそ!

tfd-2013-codystar
 
 
Tokyo Fashion Diaries has entered a new phase, a remodeling if you will, as in fashion you are only as good as how well you can evolve.  We start with some home improvements..ie better search and faster loading time. And a logo that is much more reflective of who I am; a mix of east and west. It’s been over 9 years now since I moved to Tokyo to pursue a fashion career and the switch in my brain that changes my thinking from “American” to “Japanese” is now automated.
 
One thing that won’t change is my idea that everyday is a runway, an opportunity to use fashion to own the day and to feel your personal best. 
 
実はこの「東京ファッションダイアリー」、今、更なる進化の段階に入っている。もしあなたが自分改革をするなら、ファッションは、自分自身をどれだけ良い方向に高めてけるか=進化させるかという点において、最も良い方法。それと似た感じで、私たちは今HP改造中=改革中で、それによって検索も早くなるし、読み込みの時間も早くなる。それから、和洋折衷が織り成す新ロゴデザインは、私が何者であるかを表現するのに最適だと思う。東洋と西洋のミックス。今、私は日本へ来てもう9年以上になるので。それに伴って私の頭の中の思考回路も、アメリカ人から日本人へとのスイッチのONとOFFだって自動的になったし。。。
 
だけどただひとつだけ、決して変わらないもの。それは、「毎日がランウェイ」。自分だけの特別な1日をオーガナイズして演出するのに、何を着るのかっていうのは絶好の機会。そして、自分自身の個性を伝えるのにうってつけ。
 
Soon I will also start an exciting new project exclusive to TfD called “Tokyo Mode Diaries”. 
 
The main goal of TmD? Bring fashion to the front. I`m not talking about CLOTHES, I`m talking FASHION. It’s not just about covering a naked body, but about brining your consciousness to another level; one that can change your mood, make you feel better, or powerful. Think of it as a legal high.
 
それからもう間もなく、この東京ファッションダイアリーの、より専門的な、とびっきりの新しいプロジェクト、名付けて『東京モードダイアリー』も始める。
 
東京モードダイアリー、略して”TmD”とでも言おうかしら?笑 その目指すものとは… ?「ファッション」を前面に打ち出す!「ファッション」だからって、何も「洋服」のことを言っているわけじゃないの。「ファッション」ね。そんな、ただ単に裸の体を覆っているようなものだけの話ではなくて、あなたの持っているその意識を、もう一段先のレベルへ誘えるような… あなたの気分を変えられるような、もっとハッピーになれるような… もしくは元気になれるとか!それだけでハイな気持ちになれると考えてみて。
 
There are many magazines and websites where you can find out about the latest clothing, but I only put my time into what is inspiring or exciting around me (and I do all of this on my own time outside of my day jobs, which is a LOT of time spent day after day…so its gotta be good).
 
The stereotype that Japan is only about black Comme des Garcons, or just lolitas and goths in Harajuku is so fucking tired. 
 
ところで今、どんな洋服が出てきているかの最新の情報を知りたければ、雑誌は山ほど出てるし、ネットを開けば何から何までホームページがあったりして、簡単に情報を得られる。だけど私は、「私の身の周り」で私を刺激してくれるものとか、興奮させてくれるようなものにだけ自分の時間を費やす。(そしてこれ全部、仕事の時間以外で自分の時間を使ってやってる。来る日も来る日も、たっくさんの時間を使ってる。… ウン。幸せ。
 
日本の原宿の頭の固いステレオタイプの人が、決まって食いつくのは黒のコムデギャルソンとかロリータだったりゴスだったりとか。。。ちょっと言葉が悪いけど。。。ステレオタイプをぶっとばしたりしたくない?
 
Japan is in fact, a country full of more people that love fashion than I have ever seen in my life. It’s almost like the Japanese are born with an inherent love for quality, prestige and design. But at the same time this society come with many rules. But in fashion, rules are meant to be broken. And there’s still a  whole lot more to be explored, a whole lot more to be made, and whole lot more stories to tell from both the east and west.
 
So look forward to the first stories, told soon here on Tokyo Fashion Diaries and Tokyo Mode Diaries. 
 
だけど日本は事実として、私の人生で見てきた中で、最もファッションに対する意識が高い人が格段に多い国だと思う。それは言い換えるなら、日本人は生まれながらにしてクオリティを愛する人たちなんだとも言えるのかもしれない。威信とデザイン。だけど同時にこの社会はたくさんのルールと共にいる。だけどファッションにおいては、その「ルール」も意味を成さない。そして今なお更なる探求は続いていて、より多くの物が作り出されている。そして、語られるべき多くのストーリーが東洋と西洋の間で、どちらにもある。
 
それでは、まずは第一話目のストーリーを楽しみにしていてください。もう間もなく公開。東京ファッションダイアリー、そして東京モードダイアリーより。
 
これからも宜しくお願いします。
 
 
Misha Janette
 
tfd-2013-eng-MODE-420