カテゴリー CategoryTravel | トラベル

millesgarden with volvo v40

スウェーデンは、デザインに定評のある国だ。ファッションの分野を見ても、アクネ・ストゥーディオス、アンソフィーバック、チープマンデーなどどれも人気があるし、何より、イケアの家具や雑貨は今や世界中のどの家庭にもひとつくらいあるのではないか?そんなミニマリストで魅力的な美的センスに触れるべく、スウェーデンの大都市ストックホルムへ行ってきました。

ボルボは、スウェーデンの会社の中でも特に大きくて有名な企業のひとつで、環境に優しい最新クリーンディーゼル車V40を開発した。最新車公開のコマーシャルや広告板の制作にあたり、ストックホルムの若き才能あふれるイノベーターたちを迎えたそうだ。そのプロポーション方法は無駄がなくスタイリッシュな(実は素朴でもある)ものとなっている。

Sweden already has high favorability points among design apostles; they have given us Acne Studios, Ann Sofie-Back and Cheap Monday in fashion, and no one can deny that the charming furniture from Ikea hasn’t found it’s way to every house on the planet. To discover this world of minimalist eye-candy for myself, I went to the capital of Stockholm.

One of the biggest and most renown Swedish companies is Volvo, and they’re gearing up (pun intended) for the global rollout of their city-and-highway friendly car, the V40. For it, they enlisted a handful of young artistic innovators in Stockholm which appear in commercials and billboards all over the city. I got to meet one of them who is one of the most promising young fashion designers today, and was taken on a journey of epically stylish (and frankly idyllic) proportions on the way.

Misha Janette Tokyo Fashion Diaries for Volvo V40 City Experience in Stockholm.

omega-ladymatic-event-03

腕時計といえば?何を思い出す?

…ロレックス?スポーツウォッチ? 今時はiWatch?ってとこかな。

なーんてみんなかなりマスキュリンだと思う。でも実は、まだ男性がポケットウォッチを持っていた時代に、女性用の時計として作られたのが腕時計だということを、知っていますか?

1899年、オメガが最初に女性をターゲットにした腕時計に着手した。その時代、女性が腕時計を身につける事はかなり贅沢な事だった。今となっては多くのデザインが存在するけれど、っやっぱりステータスを示す時計って憧れ!

先日ミーシャはミラノで、そんなオメガのイベントへお邪魔させて頂いた。そこでは、100以上もの女性用腕時計の展示を見て、フェミニストのファッションの歴史も少し学べた。そして、ニコールキッドマンをゲストに迎えたQ&Aもあって、その美しさにうっとり。

 

She who has time, has infinite power.

Think quick; what are the first three things you think of with the words “wrist watch”?

Rolex. Sportswatch. iWatch.

One of those answers *should* be “women”. The wristwatch was actually first invented as a way for women to tell time when only men wore pocket watches. It was watch brand Omega that marketed the first wristwatch to women around 1899, back when it was seen as gauche for women to pay attention to such trivial things as “time”. Now, we have had hundreds and thousands of elegant designs that look beyond gender, but for all purposes concerned, this event was a celebration of women’s watches AND the myriad women who wear them.

Last week, I was in Milan to witness over a hundred years of women’s watch designs, and learned a little bit of this feminist piece of fashion history along the way. There were dazzling designs, a brilliant gala, and a riveting Q&A with Nicole Kidman.

omega-ladymatic-event-06

Green kimono in Jorge Salinas fashion show

アレキサンダーマックイーン、ジョンガリアーノ、ジャンポールゴルチエ、ティエリーミュグレー…ファッション界には彼らのように”魅せる”ことに重点を置き、”売れる”服づくりではなくエンターテインメントとして私たちを楽しませてくれたデザイナーがつい最近までたくさんいたはず。しかし残念な事にそういうファンタジーなブランドは今ごくわずかになってしまった。今活動中の例をあげると、イリスヴァンヘルペン、中国のグオペイ、それからおそらく東京のリトゥンアフターワーズ。そしてさらにもうひとつ、先日みてきたペルーのコレクションで出逢ったジョージサリナスもそのリストに加わった。

Alexander McQueen, John Galliano, Jean Paul Gaultier, Thierry Mugler….Once upon a not-so-long-ago there were runways which staged fantastical collections for nothing more than to show off some bulging creative muscles and not necessarily meant to be sold off the rack. Sadly, there is very little room left in the world for those who still create costumed fantasy. Ones that we can perhaps agree that keep on going are Iris Van Herpen, Guo Pei of China and more or less the Writtenafterwards globes and cotton toga clouds here in Tokyo. Now we can add another to the list;  Jorge Salinas of Lima, Peru.

 

Peru Moda 2015 jorge salinas

マチュピッチュ。アルパカ。…マッチュピッチュ。「ペルー」といえばやはり頭に浮かぶものはそれに限る人が多いだろう。

だから“ペルーモードっていうコレクションを見に行ってたんだよね”と言うと、みんなは驚いた顔で聞いてくる:”ペルーのファッション!? どんなものなの?”

Macchu Picchu. Grazing Alpacas. …Macchu Picchu.
When I told people I just got back from Peru to see their international fashion presentation called “Peru Moda” in Lima, they responded with faces of slight unbelief and curiosity. “Fashion in Peru??”

Since style is in the eye of the beholder and usually found among a myriad of choices given, such reactions can only come from the viewpoint of a privileged country with a long established fashion market. Personally, I went into Peru Moda 2015 with an open mind and came back satisfied with learning about their burgeoning scene…and yes, finding style there as well.

 

furla-1

去年イタリアのハンドバッグブランド、Furlaのビデオプロジェクトに参加したのだけれど、その”打ち上げ”ということでミラノに一週間弱滞在していました。#candycoolと名付けられたそのプロジェクトは、東京をはじめとするアジアの女性にフューチャーした4つのショートムービーを撮るもので、出来はとても素晴らしい。もし、まだ見ていない人がいたらチェックして見てください!David Lynchが東京POP文化と出逢い、融合したようなそのムービーは、ファッションビデオとして国際フィルムフェスティバルにも出展した。見ると、「こんな」東京が恋しくなる。

I just spent a little less than a week in Milan during fashion week, as an “uchi-age” (after-party) to a video project I did with Italian handbag brand Furla last year. The project was called #candycool and featured a set of four film shorts with girls in Asia, and Tokyo-not to be biased or anything- looked amazing. If you haven’t seen it, please take a look- it is like David Lynch meets Tokyo POP. It was even entered into the International Film Festival for fashion videos. It will make you fall for Tokyo all over again:

 

ミラノからボローニャに足を伸ばした。そこには本部があって、女性CEOにご挨拶をさせていただきました。それから、ミラノの歴史ツアーもしっかり行ってきましたよ。

でも、それよりなによりまずみなさんにお見せしたいものが。それは、2015ssプレゼンテーションで登場した、最先端技術を駆使したバッグ。

From here, I was taken on a trip to Bologna, Italy where the headquarter grounds are, spoke to the Furla CEO and had some historical tours of Milan.

But first, I want to show you the most exciting thing, the most technologically advanced bag I have ever seen, shown at their 2015 SS presentation…

 

 

NYCで経験しているもっともおしゃれなデザイナーズホテル3つをランキング!ちなみに、東京にデザイナーズホテルが少な過ぎるの何故かな?!

nyc-hotels

 

[UPDATE] An interesting thing happened after I posted this…there was a *discussion* (I’m always really excited when articles spur a discussion). So, it came down to this: some of the Japanese readers think that high-design hotels are “over” or that maybe Japanese people wouldn’t feel comfortable in them because they stand out TOO much. Legitimate opinions! Maybe I used the word “designer hotel” wrong. Perhaps it is the WORD that is passe and not the hotels.  Because in Japanese, these type of words come and go with the fads. It’d be like me calling them “bling-bling hotels” I guess.  Because I don’t know one person who would choose to stay in a boring chain hotel where every room is the same when they can choose to stay in a stimulating hotel with fun decor.  Especially in the case of a smaller hotel, a boutique hotel, or a bed and breakfast, they are just like the “ryokan” lodging where every room is laid out differently, and often have different names anyway. 
I still think that Tokyo NEEDS more boutique hotels and interesting designer hotels for foreign tourists, because many are used to staying in unique or fun hotels around the world. And the love hotels actually have a good reputation but aren’t going to let you leave your luggage there when you go out sightseeing…. 
So what do you think? Would you rather stay in a Hilton or a W? Or how about a boutique hotel like Crosby? if there was one in the city? 
 

【追加】この記事をアップしたあとに面白い事が1つ起きた。それは… 「論議」。(私が書いた記事が人々を刺激し、時に討論を引き起こすことを私は非常に嬉しく思う。) それはこんな感じでやってきた。: 日本人の読者の中には、こう思う人がいると思う。ハイデザインホテルは「終わってる」もしくは日本人にとっては「全然落ち着かない」って。なぜならあまりにも「目立ち過ぎる」から。これは正論よ!… ひょっとすると『デザイナーズホテル』という言葉を使ったのが間違いだったのかもしれない。もしかすると死語で、「ホテル」ではなかったのかも… ? なぜなら素敵で楽しい装飾のある刺激的なホテルを選ぶことが可能なのにも関わらず、わざわざどの部屋も同じで、退屈なチェーン展開のホテルを選ぶなんて人がいるとは思えないから。特により小さなホテルやブティックホテル、または朝食の付いた宿泊の場合、それらのホテルはまるであらゆる部屋が違って配置された「旅館」の宿のようで、大抵違った名前が付いている。
それでも私は未だに東京にはもっとブティックホテルや、興味をそそるようなデザイナーズホテルが海外からのツアーリストの為に必要だと思っている。だって多くの人がユニークなホテルに泊まることに慣れているし、愉快で素敵なホテルが世界中のあちこちにある。日本では実は、ラブホテルが海外勢にとても評判が良かったりする。だけど観光に出かけて来るからって荷物を見守っていてくれたりはしない… 。
みなさんはどう思いますか?むしろヒルトンホテルに泊まりますか?それとも機会があれば Crosby のブティックホテルと、どちらが良いでしょう?

My mom always told me, “If you have family or good friends in a city that you visit, you should stay with them.” But my Dad was all, “Nope. Nope. Nope. Even a motel is a better idea.” I swing both ways, but have also come to appreciate a great hotel room that makes me feel excited yet relaxed at the same time as I travel the globe, and I am so very picky about the atmosphere I surround myself in.

For example, designer hotels are the BEST. Unique, comfy, fun, and special. Tokyo has only TWO designer hotels… CLASKA (which is so far away from everything it might as well be in Korea) and Granbell (a budget hotel, so may be a bit too squishy for many experienced travelers). When it comes to unique, modern or boutique hotels, Tokyo sucks. Just gotta put that out there.

But I was half a world away in New York City thanks to the new American Airlines Haneda to JFK route and since I was to have an adventure I chose three different hotels to stay in. That in itself is not easy…but I think you’ll see exactly why I chose them:

ママは私にいつも言ってくる。「もし滞在先で家族や友人がいたら、その人たちに泊めてもらうといい」…それに対してパパはというと… 「何を言ってるんだい。ホテルで過ごすのが一番だろう」。私は両親の意見の間で揺れる。だけど私が世界を旅して過ごすその滞在先のホテルとその部屋は、私を興奮させてくれるのと同時にリラックスできる大切な場所で、そんな素敵な滞在先に巡り会えたことと過ごせた時間に感謝したい。更に私は、私を包むその空気やムードにとても厳しくもある

例を挙げてみると、何と言ってもデザイナーホテルがベスト!ユニークだし居心地が良いし、楽しくて特別な場所だから。東京には2つのデザイナーホテルしかない(少なっ!)。1つが CLASKA。(だけど韓国にあった方が良かったんじゃないかって思うくらい、都内から遠く離れてるよ) それから Granbell。(ビジネスホテル。ひょっとすると経験豊かな旅行者にとってはちょっとぴちぴちしてるかも… ) 個性的とか現代的だとか、ブティックホテルだったり… その点に関して東京はまだまだ。誰かそういうホテルを持って来て!

幸運にも私は地球の半球遠くへ飛び、アメリカンエア羽田⇆JFK空港の新ルートのおかげニューヨークにいて、そこでクールなホテルをたくさん吟味すべく、3つ違った場所をチョイスしてみた。これからご紹介するホテル、なぜ私がそこを選んだのか、みなさんも納得して頂けるはず。

nyc-hotels-crosby-street-9

 

後半。ミートパッキング、イーストビレジ、ロングアイランドシティ。ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク

nyc-2013-american-airlines-13

 

Meatpacking:

Now the number one destination spot for the stylishly concerned. Shopping, chic cafes and the best hotels (and the parties they host) abound. I stayed here at the Dream Hotel which gave perfect walking access to the best pizza slice in New York, Artichoke Pizza. This had the yummiest, creamiest sauce…! There’s also the Highline Park and along with it The Boom Boom Room and Le Bain clubs at the Standard Hotel. There’s also great street art and even better experimental architecture. I also ate here at the Fatty Crab, which I may be biased cuz my little bro works here, but has the best sliders (mini hamburgers) in town.

ミート・パッキング

今やスタイリッシュな関係者各位、全てのオシャレな人たちの目的地となっているスポットでしょう。ショッピング、シックなカフェ、そして最高のホテルたち(それから彼らが主催するパーティー)が広がっている。私は Dream Hotel に滞在して、歩いて行ける NYC で最高のピザスライスが食べられる場所へのアクセスがばっちり。Artichoke Pizza!う〜ん、クリームソースがおいしい!そこには Highline Parkもあって、加えて著名クラブ The Boom Boom Room と Le Bain が Standard Hotelにある。ストリートアートも素晴らしくて、更により優れた実験的な建造物の数々。それから Fatty Crab でも、また食べちゃった。ちょっと偏食気味。だって、弟がそこで働いているから。だけどそこにはこの街一番のスライダー (ミニハンバーガー) があるからなの。

前半。ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニーュヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク、ニューヨーク

nyc-2013-american-airlines-51

 I take a vacation maybe once a year if I`m lucky, and one of my favorite destinations is NYC. When you step off the airplane you take in the vitality immediately. Americans are always saying something ​whether it’s friendly or a complaint; there’s ALWAYS something going on around you. I hopped on an American Airlines route from Haneda to JFK, a rather new route that’s not so well-known yet and the business class seats are CHEAP (augh shhhhh don’t tell everyone or it will always be full!). Leaving Haneda at 7am and arriving in NYC at about the same time means a full day to fill with fun. Thanks to AA for the hospitality.

I stopped in to some favorite haunts as well as some new places. I break it down by neighborhood. First up is Brooklyn, Chelsea and Soho.
 
私はもし運が良ければ、年に1度だけバケーションを取れる。そしてそんなひとときを過ごすのにお気に入りの場所の1つが NYC 。みなさんも飛行機に乗り、その地に着いて一歩足を踏み入れるとすぐに、バイタリティ溢れる空気や人々を目の当たりにすることでしょう。アメリカ人は常にフレンドリーに話しかけて来るか、もしくは何かのグチを言っていることが常。そこでは何かしら必ず、常に!私は羽田から JFK 空港へ向かうアメリカン・エアラインに飛び乗った。まだそんなに知られていない新しいルート。しかもビジネスクラス安すぎる!!(あんまり誰にでも教えちゃダメだよ!いつもいっぱいだって言ってて!笑) 羽田を朝7時に出発して、 NYC に、出発したのとほぼ同じ時刻に着く。これが意味しているのは… 到着した1日をエンジョイできるってこと。親切なおもてなしをありがとう、アメリカン・エアライン!
 
私はいくつかのよく出入りするお気に入りの場所に立ち寄って、新しい場所へもちょっと挑戦してみて、ご近所さんとして辺りを制覇してきた。今回紹介するのは、ブルックリン、SOHO、チェルシーらへんのフード、アート、クラブ、ファッション、アトラクションなど…

nyc-2013-american-airlines-10