カテゴリー CategoryTokyo Fashion Week | 東京コレクション

menswear lookbook of john lawrence sullivan 2105-16 aw

ジョンロー レンスサリバンは高度なテーラリングを得意とするブランド。(サビルローの経験もある) シャープなカットとシェイプが特徴だ。東京ファッションウィークで発表された2015-16 秋冬コレクションはそれに加えたレトロフューチャリズムな印象。

様々なマテリアルがまるで、レトロな”未来の家”から運ばれてきたみたい。毛皮の絨毯、オレンジのランプシェイド、ツイードのカーテン、つやつやで柔らかい皮の椅子…対して、そこに添えられたセルリアンブルーやジッピーオレンジはtheモダン。ベストの重ね着といった、馴染みのあるルックも登場した。

JLS’ aesthetic is built upon a thorough knowledge of tailoring (he worked on Sevile Row) so his cuts and shapes are sharp. The John lawrence sullivan 2015-16 AW collection shown at Tokyo Fashion Week is a take on retro-futurism with some of the best looks the designer has punched out.

In fact, there are many materials here that look like they were picked up from a retro “house of tomorrow”. The fur rug, the orange lampshade, the tweed curtains, the buttery soft leather brown couch… but the cerulean blue and zippy orange together are truly a modern element for today-tomorrow..

 

menswear lookbook of john lawrence sullivan 2105-16 aw

John Lawrence Sullivan 2015-16 AW

 

MISHA_LOOKDAY6_MBFWT15_16aw-6

インパクトのあるデザインのものを着ていると、気分や振る舞いまでも変わってしまうことって、よくある。これは、ファッションにおいて、業界人などの知識のある人たちやファッションが大好きな人たちと、ただ単に生活のために服を着ている人の違いのひとつ。ドレスアップしている人にも同じ現象が起きるよね。ミーシャは、東コレ最終日とても高揚してた。この日、Facetasmの2015ssコレクションのルックを着ていたミーシャは、気分はおもちゃに囲まれたみたいにわくわく。歳なんて気にしない、時には思いのままに楽しんでもいいじゃない!

秋冬2015-16年コレクション 6日目は、ファセッタズム、リトゥンアフターワーズ (リトゥンバイ)、サルバム、ジョンローレンスサリバン、ファクトタムがありました!そんなミーシャの1日に密着!

One thing about fashion that we industry people and fans alike understand, but that people who just want to wear “clothes” don’t, is how a design acts as a direct line to the brain, changing our mood and demeanor as long as its on. Conversely, it can do the same thing to those around the person who dresses up. I was so pumped for the last day of fashion week, I felt like dressing like my own toy- courtesy of Facetasm SS 2015. No matter our age, sometimes we just want to let it all out.

Let’s see Day 6 of Tokyo Fashion Week, with Facetasm, Writtenafterwards (written by…), Sulvam, John Lawrence Sullivan and Factotum!

JOHN_LAWRENCE_SULLIVAN_MBFWT15_16aw-2John Lawrence Sullivan 2015-16 AW

 

CHRISTIAN_DADA_MBFWT15_16aw-53  ロシアのファー帽子、刺繍の効いた暴走族っぽいジャケット、着物柄のテーラードコート、(鎧のようなブーツと合わせた)…ダダは観客の心をつかんだ。と思うと、ゴスチックなロングドレスが出てきてミーシャはやられた。ダダのシグニチャーである刺繍は、やり過ぎず少なすぎず、コレクションを完璧な塩梅に仕上げた。マキシドレスの丈感とか、絶妙すぎてゴージャス。また、コレクションの大事な要素となっている着物柄。これのプリーツなんかもコレクション内ですごく光っていた。

フォトグラファーのマミタナベによる、マストチェックの全ルック写真をアップしましたので、ぜひ!

Russian fur hats, “Bosozoku” biker gang jackets with nationalistic-inspired embroidery, tailored coats (and matching armor boots) of Kimono silk… Dada was on a roll. But as soon as that long wispy goth dress decided to grace us with her presence, it was a homerun with me. Dada’s siganture has always been embroidery, and it was spotted just enough throughout the collection like the perfect amount of dijon mustard in a sandwich. Not too much, not too little. The maxi length– and I can’t say this enough- is gorgeous. And it really shines with the pleats in kimono print. See the whole AW 2015-16 winter collection as shown at Tokyo Fashion Week below. Photos by Mami Tanabe.

 

CHRISTIAN_DADA_MBFWT15_16aw-12

 

MISHA_LOOKDAY5_MBFWT15_16aw-4

ファッションウィークも5日目にさしかかると逆にアドレナリンが出てパワーアップした自分が現れる。 (だって終わりが見えてきたからね。最終日に限界が来たら点滴でもして乗り越えるしかないしw) だからなのか、この日のショーは全スケジュールのなかで一番早くから一番遅くまで予定が組まれていた。

そんな5日目はハウスオブホーランド、アデアム、ヤズブキー&シュウウエムラ、スレトシスパーティ、ヨハンクー、バナルシックビザールなど盛りだくさん。忙しい1日をまとめました。見てみましょう!

The fifth day of any big fashion week is when the adrenaline kicks in and you feel like you’ve got all the power in the world and can go on forever (Because the last day is when you crash and need to carry an IV drip for electrolytes). Perhaps this is why the first show was scheduled the earliest and the last the latest this day… It’s *biologically* sound.

Today we had House of Holland, ADEAM, Yazbukey & Shu Uemura, SRETSIS, Johan Ku and Banal Chic Bizarre. Check it out;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YOSHIOKUBO_MBFWT15_16aw_-25

世界に向けて発信するためにショーを行うブランドもあれば、顧客のためにショーをするブランドもある。   私がメンズを着ることはないだろうけど、でもしばらくは話題になりそうな周りのみんなの注目の高さを感じる。ヨシオクボは観客を砂漠へと導いた。そこでは男臭い青年たちが極限状態でスポーツをしている。デザイナーは、この状況の彼らにスーツを着せた。それも、様々なプリントや、ときにアフガン柄の光沢のあるラミネートなどをミックスさせたスーツスタイルだ。

ニットにはアスレチックストライプやネオンハイライトが効いてた。砂漠の照りつける陽の下のラグビーやフットボールが浮かんだ。一方モデルのヘアはウェットな髪で片目を隠したパンクっぽいスタイリングだった。

ヨシオクボ2015-16秋冬コレクションの様子をチェック。(フォトグラファーは田邊麻未)

Some brands put on shows for their customers, while others put on a show for the world. I won’t be wearing this collection, but I will be talking about it for days.Yoshio Kubo took us to the desert, where strapping lads play  extreme sports on the dunes.  He imagined these desert games in suits in mixed print textiles and a shiny laminate print which looked Afghan (and the Japanese press called it so) but since the models only came out halfway down the runway I can hardly say for sure. There were bits of athletic striped and neon highlights on knit that look weathered. I imagined rugby or football on the baked earth. And speaking of baked, the models were rocking that punk colored half-shaved glassy hair…

See the collection through photographer Mami Tanabe’s lens

YOSHIOKUBO_MBFWT15_16aw_-44

MISHALOOKDAY4_MBFWT15_16aw_-4

“壁にぶつかる”。今言ってるのは精神的な話じゃない。ショーの時間が迫っているとき、会場までは知りながらTwitterを見ていると”壁にぶつかる”なんてことが起きたりする。4日目というのはこのファッションウィークという名のマラソンでも正念場。別件の仕事もしなくちゃいけなかったミーシャはこの日、ファッションショーとその仕事に挟まれてサンドイッチ状態。最大級に忙しかった。でも頑張って回った1日をまとめたのでチェックして!

You know when you hit a wall? And I`m not talking mentally, I`m talking like, hitting a wall. This is what happens when you’re running to a show and trying to check Twitter at the same time to see if the show hasn’t started yet. Or just when it’s day 4 of the marathon. Thursday was possibly the busiest day of the season because of some off-duty work to be done, but it was sandwiched by some great shows. Let’s check ’em out-

Rock, goth and some rocking japanese kimono fabric equal a very cool Christian Dada クリスチャンダダ 和ロック + ゴス、、この雰囲気味わえ #tfw @CHRISTIANDADA #wwdjfw #myphoto #マイフォト #tokyofashionweek #christiandada

Christian Dada

MINTDESIGNS_MBFWT15_16aw-8

今やおなじみとなった恵比寿のガーデンホールで行われるミントデザインズのショーは秋冬2015年コレクションでもそうだった。東京では、ビッグネームのブランドのショーにはたくさんの人がやってきて会場が溢れる程の人で埋まる。そしてミントはなぜ渋谷ではんなく、恵比寿でショーをするのだろう?と考えてみたら、少し東京離れしたたヨーロッパって感じがが強いからかな?ほら、ジョエルロブションの城、都会人と豪華な首輪の犬、湧いて出るようなお金は今日はフレンチレストランだけど、明日にはあそこのメキシコレストランに落とされる。なんて、ミックスさせた無国籍なエリアだ。
そして、コレクションに戻るけど、ミントはずっと”ファニー”で”きまぐれ”なデザインを出してきたが、今ではもう独自のスタイルを確率したと言えるから”ファニー”という表現をミントに対しては見なくなった。大人が気軽に着れるというミントが今できている。ただ、もちろんファニーで独特な要素あっても否定しない。ネタとインパクトがミントデザインズの世界を創造するから。それを期待している方はバッグに注目!

It’s appropriate and probably very on-purpose that Mintdesigns chooses to show their collections at Ebisu Garden Hall every season. First, it’s big- and when you’re one of THE largest-name brands in Tokyo, you need to fit a stadium of people into a small space. Not only that, but Ebisu seems almost like….well, it’s not “Tokyo”. It’s more like a chunk of Europe flew off the continent and lodged itself a few kms from Shibuya. There’s the Joel Robuchon chateau, the yuppies and their little dogs on platinum leashes, and an air of money that’s going to French cuisine one day and the overpriced Mexican joint the next. Mint used to be “funny” and “quirky” but now it’s got a class of its own, and it’s way beyond trying to pull a fast trick. Of course, the little kitschy bits are what make Mint one of its own, and so I hope they will be able to evolve that into today’s world.

MINTDESIGNS_MBFWT15_16aw-39

今回は靴がメインのモチーフ。繊細な柄のレース、エンボス加工されたジャガードには”shoe lovers”とあった。モデルはオーガンジーで顔を覆われたりそれをフードのように被ったり。まるでネオルネッサンスの悪党ギャングが生き生きしたバイオリンやマンドリンを高々と鳴らしているよう

さて、フォトグラファー田邊麻未がレンズを通してみたミントデザインズのコレクションを紹介!

This time shoes were the main motif, like in the very intricate lace, and the embossed jacquard for “shoe lovers”. The models wore organdy face masks and hoods, like a gang of neo-renaissance thugs stomping to violins and mandolins blaring from the speakers.

See the collection through the eyes of photographer Mami Tanabe and stomp away.

 

MISHALOOKDAY3_MBFWT15_16aw_-4

朝型ではないので起きるのにも一苦労。その日の準備時間をXX分まで予測してそれにあわせてアラームを設定する…だから朝に予測外なこと起きるとちくしょーって感じ。笑 そして皆さんもご存知の通り、この花粉シティでの1日をスタートさせないといけない。ミーシャは花粉症じゃないけど、なぜか涙 が止まらなくてせっかく引いたキャットラインのアイメイクも台無しに (グランジ系がまたきてるとわかってるけど、ごちゃごちゃキャットアイは行き過ぎよな)。 ベンツの車の手配には本当に感謝。山手線で”ミーシャのメイクのハウツー”をお披露目せずに済む。笑 今日も朝から忙しかったわ。東京は遅刻者に容赦ないからね。だから念のためサングラスは必須…対策的に!よし、ショーをチェック!

I know exactly how long it takes me to get up in the morning. I can time it down to the odd minute… And I need every minute of sleep I can get, so I will stay in bed like a plank until that alarm rings. If one thing goes wrong then I`m SOL. And whaddya know, we wake up to a major pollen attack on the city. I don’t even really have allergies, but my eyes were watering so horribly I couldn’t keep my eyeliner from running down my face (NOT a Tokyo trend no matter who tells you differently). Thanks to the Benz, I could privately finish up instead of having to show the whole Yamanote-line car how I draw my cat-eye. It was another rush morning, but Tokyo doesn’t wait for late people, so I had a pair of sunglasses at the ready just in case. Let’s look at the shows!

YOSHIOKUBO_MBFWT15_16aw_-3Yoshiokubo