Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

P-CHAN DRAWS MANISH ARORA FOR VERMEERIST, THE “MINNIE MOUSE” OF TOKYO TOMOKO INUZUKA.

東京の最強に個性派レディーTomoko Inuzuka!彼女のVermeeristビームスでP-chanとマニッシュ・アローラのイラストで最強なコラボを実現!

vermeerist-catalog

Let’s talk about something happy! Bright! Colorful! Unique! Have YOU been to Vermeerist yet? … I want to bring everyone’s attention to Meiji Dori in Harajuku, where the boutique BEAMS owns a block of shops ranging from a music store to a Tokyo “culture souvenir” shop to International Beams Gallery, a high-end store. Before, you could ignore those and instead steal away to a private 2nd floor boutique to find Vermeerist. Unfortunately, it was closed last year, but instead of shuttering it forever, it has its own special space inside International Gallery now ( a relief it’s still running but I’m totally bummed the boutique closed though T_T) .

This is a special little space, founded by Beams veterans and wife-husband team Tomoko Inuzuka and Katsuhiro in 2003 and the two of them run the entire Vermeerist operation in tandem-all the way down to buying and assisting with sales in the store. The couple is known among the industry for being quite the dressers. Tomoko, for her unique, colorful style that is part retro, part cartoon with bowtie lips (think “Minnie Mouse”), part ethnic, part glamour and always over the top. Katsuhiro also has his own style of gentlemanly chic, but witha  flare for patterns and color. The store reflects their style a lot with a mix of vintage and new items, many of them brands that you would be VERY hard pressed to find ANYWHERE else. Here’s Tomoko:

さてさて、今日はハッピーで、カラフルで、ユニークな話題です!フェルメリストというお店は皆さんご存知でしょうか?明治通り沿い原宿にででーんと構えるBEAMSのショップは皆さんご存知かと思いますがこの系列の中の、CDショップでも、小物などを置いているショップでも、通常のセレクトの店舗でもなく今回紹介するのは、2003年にTomokoさんとKatsuhiroさんという2人によってオープンされ、今までほぼ2人のみでバイイングから販売まで行ってきたフェルメリストというブティック。その前は単独のショップとして経営しており、今はインターナショナルギャラリー・ビームスの一画で営まれているこのお店(お店がクローズした時は大いに悲しんだものですが、小さなスペースとはいえまだその存在が残っていることにホッと一息したものです。)
 
このスペースの発起人の一人、Tomokoさんがどんな方かというと、ユニークでカラフル、そしてどこかレトロでカートゥーンちっく、エスニックな要素もありながらグラマーで、とにかくぶっ飛んでるってこと。そしてKatsuhiroさんの方も、ジェントルマンでシックな装いながらどこかパターンやカラーでいつも遊び心を踏まえたステキなスタイルの持ち主。その2人の世界観が存分につまったこちらのブティックも、ヴィンテージから日本ではなかなかお目にかかれないブランドの新作まで、ファン垂涎のラインナップで多くのファッショニスタを虜にし続けている。

vermeerist-4

STREET FASHION PHOTOGRAPHY BY PAT LYTTLE

From jstreetstyle

 

One of those brands is the inimitable Manish Arora. Where else are you going to find Manish without fail, in Tokyo?! 

中でも特筆すべきは、Manish Aroraを取り扱っているということ。日本でManish Aroraを見られる店舗なんてそうそう無いから、毎シーズン欠かさずバイイングしているこの店はファンの私にとっては天国のようなところ。 

Screen shot 2013-02-07 at 1.51.31 AM

 

To celebrate the release of the new 2013 collection, the shop teamed up with my friend and one of my favorite fashion illustrators Przemek Sobocki (nee P-chan) for a page in their catalog featuring the Manish Arora items.

It’s extremely lovely, take a look. 

 

そして今回、2013年の新作カタログ撮影に際して友人で素晴らしいイラストレーターでもあるPrzemek Sobocki(通称Pちゃん)が撮影に参加し、Manish Aroraの世界観を一冊にまとめたとのことで、見る前から期待に旨を膨らませていました。
 
そして完成したカタログがこちら、想像を遥かに上回るレベルで、可愛い。 
 
vermeerist-beams-pchan

(左)coat¥262,500
bag¥57,750
(右)sweatshirt¥47,250
skirt¥84,000/ALL MANISH ARORA

Photo:Yuya Wada
Illustration:Przemek Sobocki[AVGVST]
Text:Mika Koyanagi

 
 
vermeerist-beams-2
 

There’s also an interview between P-chan and Tomoko online to peruse (Japanese only)

If you’re in the neighborhood, please be sure to stop into Vermeerist, you never know what you’ll find there.

中ではPちゃんとTomokoさんのインタビュー記事も。 
 
他にもいつも新しいブランド、セレクトで新鮮な驚きで迎えてくれるフェルメリスト。近くに行った際には是非足を運んでみて下さい! 
Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

HERE TO PLEASE YOU: TASCHEN RELEASES “PLEATS PLEASE” BOOK WHILE ISSEY MIYAKE FOLLOWS WITH A NEW DANCING PERFUME

 プリーツ、お願い!タッシェンより出版されたイッセイミヤケ「プリーツプリーズ」。このブランドを新目線で見させてくれたのはさすがに、お寿司、アイス、ワインのプリーツ!

pleats-please-issey-miyake-taschen-1

 I sent my coffee table in my living room to the garbage pile with the glass cracked, and since then I have been piling up all of my photography books creating the illusion of a coffee table. Right now on the top of that pile is the “Pleats Please” book just published by Taschen.  

It is not just an homage to the genius that is Issey Miyake’s PLEATS PLEASE brand of clothing, but a thorough look at how it was invented, developed and finally brought to fruition. It’s like…you wonder “Who discovered that mashing up coca beans and adding sugar would make Chocolate?!” or “How did one realize that fermenting cow milk would create cheese?!”. The mysteries of life! Well, with this book, the mystery of Miyake’s impossibly permanently pleated garment, the one that can be washed and squished and stuffed and worn for eons and still keep its shape, is revealed in detail (lots of experimentation, inventing new textiles, turning and twisting a pleat on its axes..yada, yada, ohhh, nothing special).
 
つい最近のことになりますが、リビングルームで溜まりに溜まったフォトブック、雑誌類が積み上がって山のようになってしまい、とうとうローテーブルを処分しました。そうして、テーブルの替わりをなしているその山のてっぺんに今鎮座しているのは、タッシェンより出版されたPleats Pleaseの本。
この本にそこまでの思い入れがあるのは、それが単なるIssey Miyakeブランドのオマージュブックのみに留まらず、その開発から商品化までのプロセスなど具に記されているから。まるで、カカオの豆を潰して砂糖を混ぜようとした先人や、発酵したミルクからチーズが生まれることを発見した人の話を聞いているような、生命の神秘にも似たドラマがそこにあるからなのです。同ブランドのシグネチャーでもあるこのPleats Pleaseは、テキスタイルの魔術師Miyake氏の作品の中でも最大の功績との呼び声高い素晴らしい発明。普通その折り目をキープするのが難しいプリーツを、半永久的にフォルムを保て、その上水で洗うことも出来るミラクル素材に作り変えたもの。その開発に至るまでにはもちろん、想像を絶する実験の繰り返しがあるのですが、その様子もこの本から手に取るように感じられるのです。

pleats-please-issey-miyake-taschen-13

 

pleats-please-issey-miyake-taschen-11 

I love the digital prints, and am amazed at some of them like in the Guest Artist series. 

そしてこのシリーズの中でも個人的にお気に入りなのが、デジタルプリントを施したアーティストコラボシリーズ。 

pleats-please-issey-miyake-taschen-4

pleats-please-issey-miyake-taschen-5

pleats-please-issey-miyake-taschen-6

pleats-please-issey-miyake-taschen-7

pleats-please-issey-miyake-taschen-10

pleats-please-issey-miyake-taschen-12

 My image of Pleats Please was that for women who travel who might be older and given up on dressing in fancy clothes on trips. And then I saw how well Susie Bubble made the line look young and fresh and my interest was piqued. Since then I have watching it, collecting anectdotes and editorials, and even advertisements. My FAVORITE are the sushi  and 2012 40th anniversary “Delicious” ads!

このラインについて知った当初は、そのクラシカルな出で立ちから年配の女性が着るものだと勝手に決めつけていた私だが、いつだったかかのスージーバブルが若々しくこのドレスを着こなしているのを見て以来、すっかりそのフレッシュな魅力の虜となり、その後この洋服が使用されている広告やエディトリアルを集めるようになったのです。特にこのお寿司の写真なんか、最高じゃない?

7b6e79d27620e3943e831c92e70187efd844_w470

Susiebubble pleats-please-issey-miyake-taschen-2

pleats-please-issey-miyake-taschen-3

PL_WINE_A4POP_OLtoGo130212

pl-pl-happy-anniversary-2

プリント

プリント

プリント

プリント

Looking at them again, I see just how true it is that these clothes do NOT go out of style. I know it’s not how the fashion cycle works, but oh how I wish I procure some archives!

そんなことを思いながらまたしても本に手が伸びる。このタイムレスな洋服を眺めつつ、昔のコレクションを見てアーカイブが欲しくなるのは、わがままかしら。

pleats-please-shoot-1 pleats-please-shoot-2

pleats-please-shoot-3

pleats-please-shoot-4

Dazed and Confused June 2012
Photography 
Alex Sainsbury

Styling Robbie Spencer

Also, the PLEATS PLEASE brand has just released its first ever fragrance. The first people to ever wear the PLEATS PLEASE brand were dancers, so to celebrate there is a dance performance being held at Tokyo Midtown next wed. 31st. 

Miyake sure is a mad genius… and while Pleats Please has been around for many decades now, Miyake hasn’t relented on inventing new clothing. You HAVE seen his new “132 5.” origami brand right?

 加えてこのPLEATS PLEASEブランドから、初のフレグランスが先日発表されるそう。それに合わせて来週の水曜日、六本木ミッドタウンにてダンスパフォーマンスを融合したお披露目会を開催するそうで、こちらも期待大です!

発明者であるMiyake氏はPleats Pleaseのみに留まらず、その後も折り紙の技法を応用した132.5シリーズなど素晴らしい発明を発表している。本当、天才としか言いようがない。

IM10.Pyr 045

24名のダンサーによるパフォーマンス(演出:ダニエル・エズラロウ)
2013年1月30日(水)、新香水の日本発売に合わせ、ダンスパフォーマンスを行います。
PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKEの喜びをテーマにした、ユニークなダンスパフォーマンスをお楽しみください。

【会場】
アトリウム

【開催日時】
2013年1月30日(水)
16:00(開場15:30)、19:00(開場18:30)

観覧ご希望の方は、下記のウェブサイトよりお申し込みください。
http://www.pleats please.com
※各回先着200名。受付開始2012年12月1日(土)最新情報はウェブサイトにてご確認ください。

 

 

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

ROGGYKEI IS PULLING THE SOFT CURTAINS OFF THE FUTURE WITH “NEW HORIZONS”

ROGGYKEIの新コレクション “NEW HORIZONS” でソフトな未来が迎えてくれそう。

roggykei_MG_9228

One of my favorite up and coming brands is Roggykei, which hail from Osaka. They have released their newest collection “New Horizon” at long last. They first presented it in Paris during fashion week in a show of wont for global permeance which is getting rarer in high-end Japanese fashion these days, methinks. Together with Balmung they had a great showing and I hear they are going again so if you’re industry and going to PFW in Feb., be sure to look them up.

日本のモードシーンで今一番”キテる”ブランドRoggykei。大阪を拠点とするこのブランドから、新作のNew Horizonコレクションのルックが届いたので紹介させて頂きます。このコレクションは、今シーズンパリコレクションのスケジュールの中で発表したもの。東京ブランドのBalmungと共に展示を行ったRoggykei、若手の日本人デザイナーでパリに挑戦する人が年々減少しているように思う昨今、頼もしい限りだ。来シーズン2013年秋冬でも参加するようなので、パリコレに行く人は是非チェックしてみて下さい。
 

roggykei_MG_8030

Now, to New Horizon. Roggykei transcends a lot of the Japanese brand cliches and they’ve got their own style; nonchalant futurism, with a heavy dose of mixing colorful organic and inorganic textiles in minimalistic yet graphical shapes. Their lookbooks are often very edgy, saturated, cool and quite in-your-face but this season the image is much softer. Two androgynous models wander a dreamy beach lanscape in creative, pale makeup. They almost look like two otherworldly beings whose spaceship crashed on the earth at this desserted beach.

そしてそして、今回のNew Horizon。Roggykeiのお家芸といえば、有機素材と無機素材を組み合わせたフューチャリスティックスタイルですが、今回はそこに更なるカラフルなマテリアルと、グラフィカルなシェイプが加わり唯一無二のスタイルを作り上げていた。そしてその世界観を引き出すルックブックは、例年のクールかつエッジーなものと比べ幾分かソフトな印象の画で展開され、アンドロジナスなモデルとメイクも相まり、さながら砂漠に不時着した宇宙船かのような様相。

roggykei_MG_8250

That is to say their designs haven’t totally softened, although it’s a new leaf to see knitwear and an abundance of chiffon in the designs. They so fluidly waver between menswear and womenswear that it truly seems to transcend gender-specific clothing. The laser cutting and high-tech textiles they use are stunning so look at the pics closely!

洋服の方はというと、これまであまり使われることのなかったニット素材やシフォンを多用しているのは意外だったが、それでも相変わらずのエッジーさは健在でブランドの新しい一面を見たような気がした。特徴的なメンズ/レディースを区別しないジェンダーフリーな展開、そしてもう一つのお家芸レーザーカットのハイテクなテキスタイルも十分に目を楽しませてくれ、ディテールにまで趣向を凝らした珠玉のコレクションとなっている
roggykei_MG_8114

roggykei_MG_8208
roggykei_MG_8347

roggykei_MG_8359

roggykei_MG_8395

roggykei_MG_8720

roggykei_MG_8777

roggykei_MG_8829

roggykei_MG_9006

roggykei_MG_9122 21.43.06

roggykei_MG_9164

roggykei_MG_9213
roggykei_MG_9276 21.43.01

roggykei_MG_9331 21.43.01

roggykei_MG_9424 21.43.01

roggykei_MG_9494 21.43.01

roggykei_MG_9609

 

 

http://www.roggykei.com

Categories
Tokyo Brands | 東京ファッション

WRAP UP YOUR LEGS IN A CHILDREN’S BOOK WITH FANTASTIC LEGGINGS BY PIEL PIE

まるで子供の絵本のような世界で彩る「PIEL PIE」のファンタジックなレギンズとタイツを知るべき!

pielpie5

It’s winter, I`m freezing, you’re freezing my legs are FREEZING! So it’s time to wrap those babies up… but considering today’s trend of having more options than ever when it comes to legwear, it would be absolutely assinine of you to wear something like black tights, or even just one color. You probably know about Avantgarde, and then TOKONE (who I collaborated with on my own tights design, available now!). But here’s another one you may or may not (probably not!) know of:

Piel Pie.

冒頭でまず一言。寒い!寒すぎる!氷河期が再来したのかと思うような寒気に悩まされる今日この頃、特に女子の大敵足元の冷えの為の必需品について今日は書きたいと思います。近年、レッグウェアのトレンドが定番化し、それまで黒タイツ以外の選択肢が少なかったレッグウェアにも様々なデザインが登場してきています。このブログでも幾度となく紹介しているAvantgarde最近では私がアーティストコラボタイツを発表させて頂いた新進気鋭タイツブランドTokoneなどがありますが、今日はまた別のイケテるタイツを皆さんに見てもらいたいと思います。
 
その名も、Piel Pie。

pielpie

Yep. It’s an Osaka-based brand and it has a collection of some of the most wild, creative, colorful, out-there tights I have ever seen. Each design comes in either tights or leggings, for 5,250yen each. That price seems to be the going price for printed leg-wear these days. The designer is a man and he’s an awesomely cool guy with a wicked sense of humor. How could he not?! Look at some of these:

大阪を拠点に活動するこのブランドは、先の2社に勝とも劣らない、カラフルで大胆、そしてクリエイティビティあふれるタイツを作っている。男性デザイナー(彼がまた、ユーモアのセンス溢れる素敵な方)が手がけるこれらのタイツは、今までに見たことのないデザインばかりで見ているだけでワクワクしてきてしまう

pielpie2

pielpie3

pielpie4

 

pielpie6

pielpie8

pielpie9

 

As for the “kids’ illustration” type ones, they were ACTUALLY drawn by his child and printed on the tights. This was actually the first brand I had ever seen produce such bright tights, and even utilized modern printing techniques to make each leg different, as well as fronts and backs too. 

子供のラクガキシリーズのものは、なんと彼自身のお子さんが実際に書いたイラストをもとにグラフィックを製作し、プリントしているそう。これらのプリント、左右前後と微妙にデザインに変化を加えてあるところもポイントが高い。なにより、それぞれストーリーのように表現されたグラフィックがとにかく鮮やかかつモダンで、月並みな表現にはなるがオリジナリティ溢れるものばかりなのだ。

pielpie10

pielpie11

pielpie12

pielpie13

pielpie14

It’s hard to get your hands on these in the shops, but they do sell online if you read Japanese here. I have the bones ones… but want so many more! I will probably go for the leggings so they last longer…. (note sizes are Japanese!). I hope to see more collections, and also hope they don’t retire their designs… these are seasonless and as long as no evil holes burrow their way into them *cry*… they can be worn for a really long time… if you have the courage to, that is! These are definitely for the wild at heart.

その上更に嬉しいのは、これらのタイツのお値段が5000円前後とお求めやすいこと。残念ながら直営店での取り扱いはまだ少ないようですが、オンラインショップにて全ラインナップが見られるので是非見てみて下さいちなみに私は骨のプリントのものを愛用してるんですが、履けばさらにその可愛さが分かるし、何より破れづらいのも素晴らしい。本当、全部欲しい!ただでさえシーズンレスなタイツ、もっともっとデザインにバリエーションが増えて、私のクロゼットをカラフルに彩ってくれたらと願うばかりです。

pielpie7

benz

 

OH!!! And there’s mens sizes too!! Freaking amazing, really…. (is the market that strong?? Guess so!)

あ、そういえば驚くことにメンズサイズもあり!レギンズ男子はうれしいでしょー!

pielpie-men1

jjpielpiemen2

 

Categories
Inspirations | インスピレーションの源 Tokyo Brands | 東京ファッション

TOKYO’S ACCESSORY MAKING PRODIGAL SON JOJI KOJIMA’S “INSECTA” COLLECTION, AN HOMAGE TO CREEPY CRAWLIES’ SILHOUETTES

昆虫へのホマージュとして、美しいシルエットからイメージをとった最新コレクション「INSECTA」を公開した若手天才者JOJI KOJIMAの不思議なアクセサリー観。joji-kojima-6

It’s time to warp at chic speed…to the past. November, to be exact, when Tokyo’s accessory-making prodigal son held the exhibition for his newest collection “INSECTA”. Joji rose to global status as a designer when Lady Gaga wore his mask on the cover for her Monster album. But rather than get ahead of himself Joji has been working away at his couture order-only collections since in his atelier (which he just moved from the quiet south of Tokyo to ritzy Ebisu. Fancy!). This newest collection follows his from last year which was inspired by wild animals “Utopia” though this time it’s insects.

さて時間を少し前に巻き戻して、11月の話。東京のアクセサリーデザイナー、Joji Kojimaの新作“INSECTA”のエキシビションが開催された時のこと。彼の今までの作品といえば、かのLADY GAGAがCDのジャケットで着用したことでも大いに話題になったジュエリーマスクが有名だが、それ以外にも受注生産のみのクチュールピースでも数々の名作を生み出して来た。昨年には、野性動物達からインスパイアされた“UTOPIA”コレクションを発表し、最近では自身のアトリエを恵比寿に引っ越したという彼の新作を見てみましょう!

joji-kojima-13

 Rather than get too literal, he took the outline of the shape of their exoskeletons, curves, claws and horns and made them into a series of impossibly perfectly polished armor rings. My little hand does not do them justice!

 彼の作品の中でも悪名だかい、“アーマーリング”シリーズ。人間の外骨格のシェイプをベースに、よりシャープに、よりつややかに磨き上げられた極上の甲冑。私の手には少し大き過ぎたみたい…

joji-kojima-10

joji-kojima-4

Then, for a more accessible choice, these are more affordable charms inspired by different butterflies that Joji makes by hand. He said that many of his customers end up wearing them with kimono. It sounds like a magical combination!

そして今回始めての試みとして作られたバタフライシリーズは、様々な種類のバタフライをハンドメイドで表現したチャームコレクション。彼曰く、このシリーズは着物に合わせたいといって買っていく方が多いそう。斬新な組み合わせ!

joji-kojima-11

joji-kojima-12

Joji created a beautiful video to go with this collection… I watched it about 5 times before I snapped out of the hypnotizing gaze. 

今回のコレクションの合わせて製作されたプロモーションフィルム。ただのプロモーション用に作られたとは思えない、圧倒的な映像美。 

joji-kojima-3

joji-kojima-

Don’t forget his archives and past pieces, which are all amazing and have been displayed at top boutiques and hotels all around the world.

彼の過去の作品についても素晴らしく、今までにその高い完成度と独創性から世界中のブティックやホテルからディスプレイのオファーが絶えない。 

joji-kojima-8

joji-kojima-7

joji-kojima-1

小島 穣二:
1987年 アメリカ、カリフォルニア生まれ。 15歳ころから独学でジュエリー制作を始め、多摩美術大学でグラフィックデザイン、写真、タイポグラフィを専攻。 在学中からLADY GAGAのアルバムジャケットに作品を提供するなど世界から注目され、 2010年自身のブランド「JOJI KOJIMA」をスタート。「RESTIR」東京、「L’ECLAIREUR」パリ、「JOYCE」香港など、各国のセレクトショップ等でコレクションを発表する傍ら、 国内外のアーティストへの衣裳提供やアートディレクションなども手がける。

Joji Kojima:
Born 1987 in California, U.S.A.
He started learning to make accessories by himself at the age of 15 or so, and majored in graphic design, photography and typography in Tama Art University.While he was still in college, he attracted attention from different people in the world for contributing his works to one of LADY GAGA’s albums, and in 2010 established his own brand, JOJI KOJIMA.
He has published his works at first-class select shops such as
RESTIR in Tokyo, L’ECLAIREUR in Paris, and JOYCE in Hong Kong. He is also engaged in providing various artists in and around Japan with costumes and art directions.

http://jojikojima.com/

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

BUBBLES HARAJUKU IS MORE THAN JUST AIR. POPULAR SHOP OWNER “COI” TELLS ME ALL ABOUT IT

 原宿の空気を吸い尽くす、巨大なシャボン玉ここにあり。カリスマショップBubblesのオーナーCoiちゃんがその人気の秘密を公開!bubbles in the senken

Street style for men in Tokyo has been getting a fair chunk of the world’s attention lately, and with good reason – a Harajuku boy can rock deconstructed jackets and long skirts like no other. But where are my ladies at? They still know how to innovate, and this is especially apparent in the niche used-clothing styles that are keeping Tokyo’s fashion subcultures on the map. Three of the city’s most popular are “forest girl”, “80s disco”, and “neo vintage mix”, and I set out to find the girls who are making and cultivating these genres into successful new style trends.

世界が注目するストリートスタイルの宝庫といえば、我らが原宿の右に出るものはいない。特に近年、男の子達のファッションの躍進には目を見張るものがあり、何でもない日常でもスカートなどのフェミニンな装いを取り入れたスタイルがよく見られるようになった。そんな中、女の子達のファッションはどうなっているかというと、もちろんこちらも負けてはいません。中でもヴィンテージの洋服を取り入れた、独自のスタイルを提案する女の子のショップオーナーに注目が集まっている。今回は東京のストリートでも特に人気の”森ガール”、“80sディスコ”、そして”ネオヴィンテージミックス”の3つのスタイルに着目し、それぞれのスタイルを牽引するショップオーナー達のインタビューを交え分析していきます!
 

This paragraph is the opening to an article I wrote for The Senken Newspaper, a daily fashion and apparel newspaper in Japan but also available in Paris and Tokyo during fashion week. It’s titled “Tokyo’s Girl Trend Setters are Behind the Registers” and I interviewed 3 leading ladies of fashion in Japan for it. Please pop over and read it online (In English only) . Everyone is so busy that it’s hard to sit down with people and hear their stories, so I was glad to have the excuse to get a one-on-one. Since I could only fit a couple hundred words onto the page, here are their interviews more in-depth.

今回この冒頭のイントロダクションで始まる記事を、“Tokyo’s Girl Trend Setters are Behind the Registersと銘打って繊研新聞で書いたのですが、普段多忙な彼女達のインタビューはあまりに興味深く、新聞の文字数では足りない!ということでここで未公開トークも交えて披露したいと思います!ちなみに原文の記事はオンラインでもご覧頂けるので、英語の勉強がてら読んでみてもいいかも!(英文記事)

*Let’s start with my first interviewee, Coi the head honcho and used and new boutique Bubbles in Harajuku. It opened in Feb 2011 and Coi was about 27 when she jumped ship at her previous used-clothing shop position at Kinsella. She took 7 years of experience in that market and decided to open a shop that more suited her tastes….

Coi: I knew about the malls, like 109 and Laforet but to me, I wanted to wear things that were more “free”. I was working at a [famous] place called Kinsella in Harajuku and learned the ropes there. My boss told me one day, “If you want to start your own shop, I`ll help you out.”

まず最初は、原宿で今ヴィンテージスタイルのリバイバルに一役を買っている人気ショップ、BubblesのオーナーCoiちゃん。この店が出来たのは2011年の2月。当時27歳だった彼女は、もともとヴィンテージショップKinsellaで7年働いており、そこで得た知識と自分のスタイルを武器に、このヴィンテージ激戦区で新しいショップの門を叩いたのだった。

Coi: 古着はずっと好きだったね。もちろん、109とか、ラフォーレとか、ああいうショッピングセンターは頭に入ってたけれど、もっと自由なものを着たいな、と思ってた。KINSELLAで販売とかしてそこでいろいろ学んだけれど、上司に「自分のお店やってみたいなら支援してあげるよ」と言われたのがBubblesのきっかけ。

 

*I started to really pay attention to Bubbles last Dec when I heard news they were moving to a new location right off of Meiji Dori. I thought how amazing it was that a new shop was already moving to a better place from popularity! Well… 

Coi: I`m super lucky that everyone thinks we moved because of just popularity, but to be honest our new store is a little bit smaller than before. The truth is our past owner was a little bit strange and unfair and wouldn’t renew our lease even though that’s what we were promised. So I had to pack up my shop and move it away! One of the most stressful things I’ve been through!

私がBubblesに注目し始めたのは、去年の12月に前あった場所から現在の場所に移転した時。まだ出来たばかりのショップが、オープンから短期間でほぼ路面の立地に移転するなんて、ただものじゃない!と思ったのだった。

Coi:みんな今の場所に移転したのは、人気があったからだと思ってくれてて嬉しいんだけど、実は今のショップは前と比べて少しだけ小さいの。あとは、前の大家さんが凄い変な人で、契約の時は何もなかったのにある日突然更新を打ち切られて、それで移転したの。そんなこと最初は考えてもなかったから、突然のことに慌てて全て荷物を詰め込んで引越ししたな…あんな大変なこと今まで経験したことない!


*Bubbles has a rather unimposing atmosphere, and is decorated kind of like the bedroom of a girl in her 20s who doesn’t want to grow up and still nostalgic for the 70s, 80s and 90s (but also wants some MiuMiu). There’s even a Mac computer on display (is it still there?) like any stylish girl would have. That, and funky bags and backpacks strewn from the ceiling and closets full of mom’s cool vintage clothing. For the interview, Coi herself was wearing flat sneakers (she was on a bicycle), a vintage MiuMiu dress, huge gemstone costume jewelry and an NBA basketball cap. Just try and make THAT fashion cocktail yourselves! Caution! Not for the amateurs….

Coi: I just wanted a store full of stuff that I liked. And I didn’t even really have an idea or concept until 3 months before we opened. I don’t even have a name for my personal style, even though I get asked to tag it as something all the time [oops, sorry for asking!!]. I used to like 70s style a lot but now I`m more into the end of the 70s into the 80s.. a big mix. But now the 80s stuff is starting to run out. It can’t last forever! We’ll have no choice but to move onto the 90s eventually before 80s stuff gets too expensive. I go on buying trips once about every 3 months to the US. Where do you recommend I go, Misha?

Bubblesといえば、20年代の女の子のベッドルームのような印象のインテリアがまず思いつく。そこに70s、80s、90sのテイストがミックスされて、でもなぜかMiu Miuだけは手放せなくて…という女の子の心情を上手く表しているような。 そして店内には、オシャレ女子の必需品Macコンピュータもインテリアで使われており、天井からはファンキーなバッグやバックパックがぶら下がっている。そして壁には一面のクールなヴィンテージの洋服。このミックス感はもちろんCoiちゃんのセンスが反映されたもので、彼女は今回のインタビューの際にもフラットスニーカーに、Miu Miuのヴィンテージドレス、巨大なビジューネックレスにバスケの選手がかぶるようなキャップを身につけていた。もしこれを見て、うちにある洋服で真似をしてみたいと思ったあなた、これはかなりの上級者向けだから気をつけてね!
 
Coi: とにかく私が大好きなものでお店をいっぱいにしたかったの。だからお店のコンセプトも後回しで、オープン3ヶ月前にようやく決めて、みたいな。ちなみに私のスタイルはなにに当てはまるのかってよく聞かれるけど、それも分からないの。70sも好きだけど、その終盤から80sにかけてをざっくりミックスしたのが好きで、 最近は80sの割合が増えてるかな。 いつも好きなものが変わっちゃうの!でも80年代の洋服って高いから、90年代のものにシフトしようかとも思ってる。あと洋服の買い付けは3ヶ月に一度アメリカに行ってるの。どっかアメリカでいいところ知ってる??

*I had no idea, sorry…I`m in Tokyo 11 months of the year for the past 9 years….. but back to Bubbles. I spent one entire afternoon perusing her blog because she puts together some really great outfits that have an air of maturity to them, but still experimental enough to play a leading part of Harajuku culture. This blog helped spur Bubbles to instant buzz…

Coi: I really was surprised that people knew about my shop so quickly. Especially since I was doing everything myself and couldn’t do tons of proper PR. But you know, everyone gets excited about a new shop, the hard part is keeping them interested.  So I would put up lots of posts on my blog…. but then something terrible happened. Apparently one of my ideas from my shop was copied by another store. I couldn’t believe it. I felt really hurt…we are all just trying to keep Harajuku exciting and fresh and make our own way and stay in business. So now I don’t know if I should put anything on my blog anymore… even though some customers see something they like there and then come in to buy it. It puts me in a difficult position.

*あんまり分からないかな…東京に出てきて9年、一年のほとんどを都内で過ごしてるから笑 ところでこの前、お店のブログを見ていたら凄く面白いスタイルがいっぱい載ってて、結局半日見続けちゃったの。どこかマチュアなんだけど、実験的でもあって舌を巻いたわ。やっぱりブログの反響はある?

Coi: 私自身、みんながこんなに早くお店のことを知ってくれたのには驚いてるの。だって最初はバタバタしすぎてろくなPRもできなかったし。でもやっぱりみんな新しいお店には常にレーダーを張ってるみたいで、むしろこれからが大変かなと思ってる。 そのためにブログを使ってたんだけど、この前それでひどいことがあって、私がブログに載せたアイデアを他のショップに盗まれたの!私たちは自分で考えた方法で原宿に刺激を与えたいと思ってやってるのに…だからあんまりブログに載せすぎるのは良くないのかなとも思うけど…でもお客さんでブログを見てくれている人がたくさんいるのは分かってるし、なかなか難しいかな… 

*I asked about an online shop then, and she explained she was setting one up as we were speaking….herself. She does her shop’s main website as well, and pretty much everything else. POWER! Gurl keeps the reins on and won’t just relinquish to anybody. Sometimes being a female and trying to grasp so much power is looked down upon in Japan. It’s far too “masculine”. What does Coi do when she has doubts?

Coi: Ari who owns The Virgin Mary is kind of my friend-slash-mentor and she gives me advice or stops by to see me. After six months I realzied how tough running a store was…I wanted to really do everything myself and control it all. I guess it’s like a maternal instinct a woman might have. This shop is my baby. But men are able to delegate and leave work to others which allows the business to get bigger. I have to work on that, I guess. 

そうして話はオンラインショップの話題に。彼女は店舗の他にオンラインショップも近日オープンする予定だそうだ。今でさえお店の他にいくつもの仕事をこなす彼女。なんでも出来るパワーウーマンのようだが、この東京で女性がパワーを持ちすぎると多少なりとも不便が生じてくるもの。そんな彼女が道を迷ったときどうしているのだろう?

Coi: The Virgin MaryのオーナーのAriちゃんて子がいて、彼女は私の親友兼メンター なんだけど、私が困ったときには彼女にアドバイスをもらうようにしてるの。お店をオープンして半年経ったとき、その大変さを身に染みて分かったんだけど、やっぱり自分で出来る限りはやりたかったし、多分女性特有の根性強さが幸いしてなんとか切り抜けられたの。このお店は私の赤ちゃんみたいなものだからっていう考えもあるけど、でもそういう時に男性のビジネス的なやり方も必要なのかなと思って、今はそっちに頭がいってる。

*It must be really exciting though, to have so much influence and see your concept of fashion being put into practice on the streets of Harajuku with your customers.

Coi: *silence*

*Girl, you are totally influential! You know that, right?

Coi: I try not to acknowledge it…I think it’s better that way now, to not let it go to my head or influence me.

*Ok, but all of your fans love you. I know they’re there…

Coi: *silence*

*I’ve seen them on Twitter. They want to know when you’re working in the store! I KNOW you have fans!

Coi: ….I try not to think about it. It’s a funny thing. Of course I’m happy and thankful. But recently I`m not in the store as much, I`m doing back-end things.

*Cool cat, I see. 

*でもやっぱり原宿で、自分のスタイルをみんなに認めてもらえて、インフルエンサーとして認識してもらえるのは素敵なことじゃない
Coi: *無言*
 
*?だってCoiちゃんは十分人気があるじゃない?
 
Coi: それについては、あんまり意識しないようにしてるの。そこに気が向いちゃうと今の流れを乱しちゃうから…
 
*なるほどね。でもあなたのファンが沢山いるのは事実だからね!
 
Coi: *無言*
 
*Twitterでも、いつ出勤してるのかってみんな知りたがってるし。
 
Coi: …でもやっぱり考えないようにしたいな。もちろん、そうだったら嬉しいけど、実際最近はあまりお店にいなくて裏方ばかりだし….
 
*冷静なのね!笑

bubbles shop

Well, since this interview I didn’t see Coi around much, so she must be growing her balls and getting shit done. Good girl!! Your child is growing up and leaving the home…set it free! (she has a lot more employees to help out now). I suggest checking out her instagram and of course her shop’s blog. She also got her  Bubbles online store set up as well! And the shop’s Twitter account is @BubblesTokyo (Japanese, but you’re jsut going to click on the photos anyway). Bubble go forth and float, up and away~

ここで言っていたように、この後彼女をあまりお店で見かけないようになったのは事実。もちろん見えなくても、きっと裏でお店の為に走り回ってるのは明らかだが。さて、急速に育ってきた彼女のベイビーは、この後どう変化していくのか。いつか親離れは来てしまうのか。でもまぁそんな心配も、彼女の周りの素敵なスタッフを見ればする必要もなさそうね。彼女のinstagram、お店のblog、あとBubbles online storeとTwitter@BubblesTokyoには女の子必見のアイデアが盛りだくさんなので、是非チェックしてみて下さい!