カテゴリー CategoryTokyo Brands SS 2017 | 2017春夏の東京ブランド

writtenafterwards 2017ss collection

Ring-a-Round-o’ Rosies,  バラの花輪だ、手をつなごう
A pocket full of posies,  ポケットは花束でいっぱいにして
Ashes! Ashes!  ハックション!ハックション!
We all fall down.  みいんなでころぼ。

欧米では、誰もが知っているこの童謡はマザーグースのものだ。よく、手をつなぎ丸くなって歌っている子供達を見かける。ちょうど日本でいうかごめかごめや、花いちもんめのような遊びと言えば分かりやすいだろうか。そして、国内外にかかわらず古くから伝わる同様には”怖い意味”や”都市伝説”がつきものだったりする。
Ring a Round o Rosies (RRR)も例外ではなくて、実は死を象徴するような意味が隠されていると言われているのだ。イギリスを始めヨーロッパでは、ヨーロッパ全人口の約3割を死亡させたという「ペスト(black death)」が大流行したという歴史がある。この曲はそれについて歌っていて、バラはペストの赤い斑点症状、花束はペスト予防のハーブ、そしてくしゃみはペストの初期症状を意味しているとのこと。

2017ssのリトゥンアフターワーズの展示会に行ったとき、このストーリーで頭がいっぱいになった。赤と黒(死)と白(生)のカラーパレット、まるで死から自分を守るようなサークル状の花…まさにRRRじゃん!!!ってね。

Ring-a-Round-o’ Rosies, 
A pocket full of posies,  
Ashes! Ashes!  
We all fall down.  

It’s a children’s song and rhyme that anyone from Western cultures knows. Children hold hand and sing while moving in a circle. In Japan, they have “kagome, kagome” and “hana ichimonme”. Variations of “Ring around the rosie” is said to have been inspired by the Black Death and The Great Plague in London (the rash that signifies the Plague was a pink ring on the skin, and people filled their pockets with flowers as they thought it would help to ward the sickness off). The Plague took 30% of Europe’s population, in a swift sweep of death.

Writtenafterwards’ 2017 SS collection was filled with appliques of pretty flowers on white, transparent organdy. On the floor of the gallery space was a ring of plastic flowers in yellow, red and blue. And the “main” piece of the collection was a round dress with no armholes, with flower appliques around the edges. Tucked inside some pockets were tiny satchels. Was there any doubt? It HAD to be about the song and the Black Death. This is avantgarde brand Writtenafterwards we’re talking about. Right? RIGHT??!

writtenafterwards 2017ss collection

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、ベルリンへ行く飛行機で荷物紛失事件にあった。ふたつ預けていたスーツケースのうち、失くなったのは私物の着替えが入っていたで、私はいきなりもうひとつのスーツケース(ベルリンの友人たちへ東京から持ってきたおみやげ)と、飛行機で着ていたラフな洋服という心もとない装備でドイツの寒空の下に放り出されたのだった。

市内へついた私はとりあえず最低限必要な下着やパジャマ、セーター、ジーンズなどを買わなければ!と思った。しかも、東京でも使えるような無駄にならないもの。…もちろん行き先は決まっている。ユニクロだ。

ユニクロは自社の作っている服を”ライフウェア”と呼んでいる。なんか前に”ライフウェア”をデビューさせたとき、私を含め多くの人が新ラインを立ち上げたのだと勘違いしたけれど、つまりライフウェアとはユニクロの服すべてを指す。ユニクロのもつ数々のラインやコラボレーションシリーズももちろん、総称してライフウェアと呼ぶ。おそらく、ユニクロは、”ライフウェア”という新しいワードを強く打ち出すことで、”ファストファッション”との差別化を狙っているのだと思う。「私たちが作っているのはファストウェアではない、ライフウェアだ」そんな、ブランドの想いが込められているのかも。

今ではすっかり、ユニクロといえば”機能性”というイメージが出来上がっているが、もはや機能性が高いからといって単純でシンプルな服ばかりというわけではない。ブランドDNA事態自体は多くのラインから作られていて、たとえば人気のイノベーティブ系(エアリズムやユニクロスポーツ)や、クリエイティブ系(Ines de la FressangeやUT)など。それから、ユニクロがプレミアムデニムの研究をしているとか、NYの美術館MOMAとコラボしてるなんて初耳だった。そこで、奥の深いユニクロというブランドについて、先月東京で開かれた巨大な展示会にもお邪魔して、そのDNAリサーチしてきたのでみなさんにシェアしたい。つまり、いったいどれぐらいコラボを今はたしているか、どんな風に生地の機能性を上げているか、「ベーシックな服だからユニクロのコレクションをレポートしない」のを敢えて徹底的にレポートします。世界的ブランドなのに、SS 2017年の展示会をするのはここ東京で1日だけ。スペシャルな瞬間をおすそわけです。(自分が想像した以上に大規模なブランドのため、展示会から少し間が空いてしまい、時間かかったのですが、こっち発のブランドとして誇りを持っていただき、そしてこの情報を活用させていただければ、と思っております)。では、ライフウェアのツアーを始めましょう!

Recently, on a trip to Berlin the airline lost my bag. It had all of my basic items in it, leaving me in the German chill with just my airplane clothes and souvenirs I`d brought. As soon as I got into the city, I went to the only place I wanted to go to get what I needed and would want to use when I got back to Tokyo, getting underwear, a warm sweater, scarf, jeans and pajamas. Of course, I went to Uniqlo.

Uniqlo calls it’s clothing LifeWear. When the brand debuted this “LifeWear” moniker a couple years ago, it was understandably mistaken to be a separate collection by me and many others. But, it simply refers to Uniqlo clothing as a whole, encompassing all of the smaller lines and collaborations within it. I imagine the brand asserts this LifeWear concept so strongly, so as to draw a line separating it from fast fashion. “This is not fast wear, this is life wear,” they deem to say.

The brand has become synonymous with “functional wardrobe” but it goes beyond being a few basic pieces. The brand’s DNA is made of a matrix of lines, some that come from an innovative stance (like AIRism, and Uniqlo Sports) and others that come from a creative stance (Like Ines de la Fressange and the UT t-shirts) that certainly take a little bit of digging to grasp. For example, did you know Uniqlo has a new denim laboratory? Or that it is collaborating with the MoMA in NYC? No? Well, I’ve done the research for you, at their massive  2017 spring/summer exhibition held in Tokyo last month. Because it’s considered a “basic” brand, no one really bothers to talk about its new collections. Well since I`m a rebel and a workaholic, I`ve set out to decode the DNA here for you. Despite being a global brand, Uniqlo only holds their press exhibitions in Tokyo for one day, so getting a peek at what is to come for SS 2017 is quite special.

(this brand is SO much bigger than I first expected, so bear with me as we tour through it all)

uniqlo lifewear 2017 SS street presentation
“street” scene ストリートのシーン

muveil 2017ss collection

“夢見るものがあるかって?ファッションに夢中かって?いいえ、そんなものより私は猫に夢中よ”

この皮肉まじりの言葉は、世界のトレンドをつくる有名雑誌で25年以上もクリエイティブディレクターを務めた敏腕編集者のものだ。もちろん彼女は自分の仕事に情熱を注ぐ、プロフェッショナルなクリエイティブディレクターであることはまぎれもない事実だが、そんな彼女の人生を豊かにするものが3つある。…黒色、ワイン、そして猫だ。

muveilの2017 SSでは彼女をミューズとしたコレクションを発表。彼女が愛してやまない、ワインと猫がたくさん登場するハッピーなラインナップになった。

“Do I dream very much? Do I dream predominantly about fashion? No. I dream much more about cats.”

This is a quote from the much beloved and 25-year veteran fashion editor of VOGUE, Ms. Coddington. As a professional, of course she was madly passionate about her job, but she said that there were three things that fulfilled her life: the color black, wine, and cats.

Along with being one of the smartest and wittiest women in the industry, she is also muveil’s 2017 spring summer collection muse (but unofficially, so let’s keep it between you and me). It’s a collection filled with whimsical details of the things she loves like wine and of course, cats.

muveil 2017ss collection

akane utsunomiya 2017ss collection

旅行。といえば”パリ”や”ニューヨーク”などの大都市へ日本人がこぞって飛んでいた時代があった。それは、旅の目的が”買い物”だったからだ。日本で手に入らないものや、日本より安く買えるものを手に入れ、おいしいご飯を食べて…ちょうど今日本に来ている爆買い旅行客のような感じだったと想像できる。

今はどうだろう?もちろん、買い物が旅の目的のひとつであることは確かだけど、”経験”を求めている人もとても増えたと思う。その結果、ヨーロッパやアメリカに加え、アジアやアフリカなどの観光地も人気が出てきている。その土地の文化や歴史を見て感じて、写真に撮ってSNSにアップする。そんな旅行の楽しみ方が定着したのだ。

最近メキメキ成長中のAkaneUtsunomiyaは、アフリカをテーマに2017ssコレクションを展開した。海外へ行って、遺跡の写真を撮る休日もいいけど、さわやかな春夏コレクションを見て来年の春何を着ようかな〜なんて妄想する休日も、ファッションファンには大切な時間!

For a certain generation of Japanese, a “trip abroad” very certainly meant a jaunt to New York, Paris, or some other big-name city. The main goal for a vacation to these glitzy locations was for one thing; shopping. At that time, shopping abroad was undoubtedly cheaper than shopping at home, and tasting the local cuisine was the epitome of jet set modernity. You can certainly relate to the tourists in Tokyo who are going through the same joys of discovery.

But as for the reasons we travel now? Of course for the fashion fans among us we love to shop, but more than that, it’s about experiences. So then the popular locales go beyond the US or Europe, reaching to far flung places like the depths of Asia or Africa. In fact, with the rise of SNS and the thrill that comes with posting such vacay photos online, it becomes a source of pride showing places that are beyond the norm. (PSA: don’t mess up the flora and fauna mmkay?).

For rising star Akane Utsunomiya’s SS 2017 collection, she took inspiration from an African adventure. Although actually traveling abroad is the most ideal option, putting on an outfit and daydreaming about it is a fashion fan’s own idea of a thrill.

akane utsunomiya 2017ss collection

quantize 2017ss

世界では何年か前から、空前の日本食ブームだ。今やそれはただのブームではなく、確実に世界中の人々の日常に溶け込み毎日の食事のルーティンのひとつとなった。日本食レストランが増えるにつれて、人々の注目は味だけではなく、美しいその盛り付けや彩に注がれるようになった。

「japanesefood、art」と検索すると、画像検索結果には繊細なジャパニーズフレンチの盛り付けから、お寿司、巻き寿司アート、和菓子、さらにはキャラ弁まで、大量の画像が出てくる。

ミラノ万博では、日本館の入場に最大10時間も並んだそうだ。もちろん日本のテクノロジーや建築などの展示も魅力的だったが、本場日本食が食べれるというのは、食通のイタリア人にとってかなりキャッチーにうつったのだろうと思う。

デザイナーとオーガナイザーのふたりがチームを組んで手がける、福岡のブランド、Quantizeは2017ssで、料理をテーマにコレクションを制作。NYやオーストラリアでの海外経験で培ったグローバルな目で発信する、ファッション×食べるアートの世界をご紹介。

Even more than fashion (and much to my chagrin), Japanese food has blown up in popularity around the world. And more than just a fad, the wonders of “washoku” have enlivened the daily food routines of people across the globe. And as more and more Japanese washoku restaurants open up, people become privy to the custom of presentation and delicious “heaping” on the plate.

At the Milan World Fair, it was said that people waited for more than 10 hours to get inside the Japan Tent, and while technology and art is certainly a pull, being promised a chance to taste real Japanese cuisine was surely a huge selling point for cuisine aficionados like the Italians are.

Quantize is a Fukuoka-based brand born from the minds of two creative and savvy women, one a designer and the other an events and business organizer. For their 2017 SS collection, they took to the tables to create an intriguing cuisine-inspired collection, with a surprising twist.

quantize 2017ss

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-16-06-14

東京ファッションウィーク中、ショー とショーの間を縫って合同展示会をチェックしに行った。

どんなにタイトスケジュールでも必ず行きたいと思うのは、お世話になっているブランド、応援してるブランドに”say hello”しに行くためだけではない。

行けば面白いブランドとの出会いがあるからだ…

今日紹介したいのは、アクセサリブランド9BijouxCloud。身につける、全ての人にとって毎日が〝cloud 9〟(パイロット達の使う言葉で、〝ウキウキ〟〝最高にハッピー〟を表現した言葉) になるように…という思いを込めたブランド名だそうだ。トランクショーではこのブランドの前で、自然と足が止まり、手が商品に伸びていた…。

It goes without saying that with days packed full of fashion shows and writing up reports, Fashion Week is B-U-S-Y. But even so, there are many brands that opt for exhibitions instead of throwing a lavish runway presentation, and many of them are brands that I support and want to keep up with. So then it becomes a mad rush to get to the location, even if the tight schedule means that the actual time I can spend in one is just 5 minutes. Peeping in and giving that “hello!” is just as valuable as all the time in the world.

And going into one brand’s exhibit, often means another will be exhibiting in the same space. And this is how I can come into contact with so many new, interesting brands. And today, I`ll be introducing you to a fun brand I recently got to know, 9BijouxCloud.

img_1383

shiroma_17ss-069-thumb-660x440-602965

左右非対称のデザインというのは、日本のファッションにおいてとてもポイントになるディテールだ。それは、着物のカシュクールをはじめとし、ギャルソンによるアシンメトリファッション、ファッションだけでなく建築や生け花など多岐にわたって左右非対称の美学が精通しているのが日本文化の特徴でもある。

“無常観”の概念に見られるように、常に同じではないこと、時間とともに移り変わることに敏感な目を持ってきた日本人は、何かをデザインする時に風や波のような動的なものや、四季や天気の移り変わりをアシンメトリーで表現してきた。”時間の経過”に美を生み出してきたとも言える。

2017ssのSHIROMAがテーマに掲げたのは「BREAK」まさに崩れていく様、その動きや瞬間を捉えたコレクションになっている。
それに加えて加茂克也さんの手がけたヘア。退廃的でありながら動きのあるアレンジはさすがで、完璧に服とマッチし、コレクションをより魅力的にしていることは言うまでもない。

In kimono, the point where you cross one side of the robe over to the other is called “kashukuru”, which comes from the French “cache coeur” or “crossover the heart”. It refers to an asymmetrical design where one side is placed on top of the other, even in a cardigan or coat (for extra credit, make sure it’s always the left on top, as the right on top signifies a funeral). This “kashukuru” style of design takes on many forms of art in Japan, not just in fashion, but as well as in traditional architecture, or even ikebana flower arrangement. Basically, the idea is that asymmetry is beautiful.

Shiroma is a Japanese design house that takes asymmetry to another level. Almost all of their designs contain a mix and layering of textiles in an asymmetrical way. It’s all highly calculated and generally subdue in color.

For their 2017 SS collection, they teamed up with Japanese hair artist master Kamo Katsuya to enhance even further the “imperfect balance is beautiful” design ethos to great success.

shiroma_17ss-063-thumb-659x990-602959

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Yoshikimono

メルセデスベンツからアマゾンが新しくスポンサーになった東京ファッションウィーク。さて、アマゾンはどんな新しくて進歩した(?)ファッションウィークを開催してくれたのか?スポンサーが変わるということはとても大きな変化で、一回目だった今回は私も含めみんな、まだ様子を伺っている感じではあるが、アマゾンは準備をしっかりしてノウハウも学び、この一週間にだいぶお金もかけたのではないかと感じた。ただ、大々的に述べられるような大きな変化もなかったような気もする。ということで今日はその分を2017SS 東京ファッションウィークのハイライトについて話す時間に当てたいと思います!

Tokyo Fashion Week said bai-bai to Mercedes and hello to Amazon as the new sponsor, giving us the new and improved (?) Amazon Fashion Week Tokyo. I personally didn’t even fathom an opinion on the new sponsor, they’ve got resources, knowhow, and seem to be willing to sink some money and faith in the week. But in the end it seems they’re taking it slow without much (any?) change on the outside to mention, so it saves us some talking space and we can go straight into the best fashion moments of Tokyo Fashion Week 2017 SS.