カテゴリー CategoryTokyo Brands SS 2017 | 2017春夏の東京ブランド

donnah mabele 2017ss collection

パリコレから帰ってくると、今度はすぐジャパニーズブランドの新作展示会を駆け回る日々に突入するのは毎度のことだ。いつも、ファッションの本場パリでみた”THE ハイファッション”のあとに東京のブランドをみると、まあ思うことがないわけではない。でも、先シーズン感動させてくれたこのブランドならば…と期待を胸に展示会場のドアを開けた。。。

目に飛び込んできたのはMIUMIU !!?? ついこないだパリで見てきた、MIUMIUのスイムキャップのようなアイテムを発見した。早くもこのブランドは世界のトップブランドとともにトレンドを引っ張っている。ただ、MIUMIUと決定的に違うのは、デコラティブとは反対の、無駄を削ぎ落とし洗練されたスタイルだということ。そして、構築的な服かと思うと、すごく軽いしやわらかく、着心地も計算されていた。それは、このブランドには日本人らしさもちゃんと反映されているんだなと感じた要素のひとつ。

コレクションの背景を聞くと…なんと、お花だと思っていたスイムキャップのようなヘッドピースの装飾は、飛行機プロペラだった!笑
プロペラが登場するコレクションのテーマとは?今日紹介するのはDonnah Mabel の2017ssコレクション!

After Paris Fashion Week always comes the incredibly busy and packed re-see and exhibition season in Japan. After getting a taste of how luxe and inspiring fashion can be in Paris, it’s sometimes a sticker shock to come to Japan and see how watered down high-fashion can get. BUT, there are always a few surprises (and they always appear on this blog), including this one, Donnah Mabel.

The last show of the season for me in Paris was miumiu so perhaps it was just on my brain… but I walked into the exhibition and the first thing I saw were the flowery swim caps from the miumiu show. “Swimcaps are definitely a trend?!”…not to mention kudos to Donna Mabel for reading that one. But the difference between Donna and miumiu is the former’s pared down decor, and rather maxi-minimalist aesthetic. The lines are simple, but still demand attention.

And then I was asking about the inspiration behind it when I was told it was airplanes. Hm? Not flowers? Yes, upon closer look I saw that these rubber pieces weren’t flowers… these were airplane propellers.

donnah mabele 2017ss collection

hidaka 2017ss collection

“黒の衝撃”とか、”モードの帝王”とか、ファッションデザイナーたちはその功績を称えられ度々”キャッチコピー”を与えられる。最近活躍が著しい”ここのがっこう”の卒業生たちだが、彼らにキャッチコピーをつけるなら…kotohayokozawa:は「今っぽくなけど新しい」だし、akiko aokiは「少女と大人の間のモード」だし、keisuke yoshidaは「学生服に未練あり 笑」とかかな?今日紹介したいブランドHidakaも文化服装学院とここのがっこうを卒業した期待の新人ブランドだ。

キャッチコピーをつけるなら「ファッションのトランスフォーマー」といったところだろうか。コンバーチブルな服をシグニチャーにしている。

“The enfant terrible”, “the Trojan Horse”…we like to affix grandiose titles to fashion designers when they elate us with their work, like they are warriors coming to f— things up and save us from blah-dom. Well, sometimes they are (RIP Alexander McQueen). While not on that level yet but still a force to be reckoned with is Bunka Fashion College and Coconogacco graduate Shun Hidaka, the Transformer Tyrant. Too much? Maybe. But his clothes will still change the way you see yourself, while changing shapes themselves.

hidaka 2017ss collection

“女の子像”というのはひとそれぞれだ。可憐な笑顔とその立ち振る舞いでみんなを虜にするローマの休日のアン王女や、仕事に恋に一生懸命なプラダを着た悪魔のアンドレア、知的で優しいハリポッターのハーマイオニー、勇敢でまっすぐな風の谷に住むナウシカ、生意気だけど脆いレオンのマチルダ…何かに例えるとすれば、AKIKOAOKIのデザイナー青木明子は不思議の国のアリスみたいな感じだろうか。

彼女はロンドンのセントマーチン留学時代以外はずっと女子校に通い、幼稚園から高校はカトリック系のすごく厳しい校風の中で育ったという。ずっとルールに縛られながらの学校生活では、唯一休みの日のファッションが自己主張の場だったと語っている。アリスが大好きだった読書(退屈しのぎにいつも読んで空想を広げていた) は、青木明子にとってのファッションだったのだ。そしてウサギ(彼女にとっては山縣良和や坂部三樹郎に当たるだろうか。「「ヨーロッパで出会った新人たち」展を観て、大きな衝撃を受けたという。)に出会い、ウサギが入っていった穴に吸い込まれた。

今、その”不思議のファッションの国”で自由にものづくりをする彼女はますます力をつけている。本と空想の世界だけが楽しかったあの頃から、いろいろな世界を知り勇敢に立ち向かう彼女のコレクションは毎シーズンアップデートされ、業界人を驚かせている。2017ssコレクションも本当に素晴らしかったのでぜひレポートさせてほしい。

What does a girl look like? There’s a stereotype of femininity I`m aware of since coming to Japan, so much so that there’s a word for it that doesn’t translate so well; “joshi-ryoku” (女子力). It’s softness, cleverness, youthful charm and subservience and it’s seen as something powerful and a boon to have. For our designer Akiko Aoki here, she grew up in strict girls-only catholic schools until her stint at Central St Martins abroad, and she found that she could only become the girl she was inside while discovering fashion outside of school. This has led her to her signature style of uniform-style clothes with bouts of subversive sexiness and chaos.

 

kota okuda far horizon collection

寄せては返す波のような、青とオレンジがつくるおぼろげな夕焼けのような… KOTA OKUDAがつくるジュエリーの、過去と未来はその境界を曖昧にするかのように溶け合う。

セントマーチンのジュエリーデザイン科を卒業したKOTA OKUDAが、年末年始に伊勢丹でポップアップイベントをしていた。残念ながらミーシャは海外や国内を飛び回っていたのでポップアップストアに行くチャンスを逃してしまったのだけど、素晴らしいクリエーションに感動したのでここでピックップさせてほしい。

Like a wave that furls and wanes, like the oranges and blues that velcro together at the sunset, Kota Okuda pushes frenemies “the past and the future” together in a satisfying way.

A graduate of Saint Martin’s Jewelry Design, Kota Okuda had a pop up shop in Isetan at the beginning of this year to debut his line of full ready-to-wear pieces. Unfortunately I was doing my skipping and hopping around the world so I missed the store, but I was so impressed with the designs I wanted to share them here.

kota okuda its collection

↑KOTA OKUDA「PIONEER DAYS FUTURE」(ITSコンテスト2015 グランプリ受賞作品)

kotoha yokozawa 2017ss collection

女の子の気持ちはたびたび様々な形容の仕方をされる。ころころと変わる秋の空や、掴もうと思っても掴めない水…だってそう、女の子の心の中はとても忙しいから。食べ物のこと、ダイエットのこと、勉強に遊びに、恋愛や友達やお金、それに憧れとか芸能人とか噂とか…そして毎朝格闘するのが”今日何を着るか”。こんな風に、頭と心はいつだって大混雑。

そんな悩める女子たちに今日は、「冷静を保つのはむずかしい。何でもない日々に収まりきらなかったことを着る」をブランドコンセプトに、同世代女子に向けた服作りをしているkotohayokozawaの2017ssコレクションをピックアップ!

What is ugliness? What is ugly fashion? Ugly is becoming more and more a mass-accepted form of attractiveness, especially in Japan.

One of my absolute favorite new brands from Tokyo is this young but very “dark” horse, Kotoha Yokozawa (stylized as kotohayokozawa). The 2017 SS collection is called “It’s hard to stay peaceful. I am wearing everything I couldn’t finish on a nothing-special kind of day.”

Well. Even if she couldn’t finish it all, (and that theme comes out in the clothing design) the collection was so interesting, cool, feminine, and very risky. It’s part of a group of young designers, all who graduated from Coconogacco, one of the most interesting fashion schools in Japan, and it’s also part of a “imperfect is best” movement of fashion design.

kotoha yokozawa 2017ss collection

切なさ、寂しさ、悲しみ、裏切り、疑い…そういうマイナスの感情からも物は作られるし、人は行動をする。そのわかりやすい例が衝動買いではないかと思う。(あとやけ食い?笑)

彼氏に振られたから。仕事で失敗したから。なんだかむしゃくしゃしてたから…そういうモチベーションで買い物をするときって、まるでハンターみたいにすごいスピードで目が動く。=”出逢い”がすごく大事だということ。狩りをするようにショッピングモールを歩き回っているのは、”運命の出会い”のためなのだから。

そんな”衝動買いハント”で、こんなブランドに出逢えたら、それは即買いだと思う。
somnium。女性らしさの温もりと幾何学的な冷たさが同居する、日本のアクセサリブランドだ。

Sadness, loneliness, longing, backstabbing, doubt… sometimes there are products of fashion and art, created from these supposed “negative” traits. Then there are times when these feelings create a chain reaction… the easiest example is spontaneous shopping (or binge eating, I suppose!).

Because you were dumped. Because you messed up at work. Because you did *something* wrong. When that sort of shopping motivation arises, we become like starved hunters, desperately searching for anything to procure. But even in this sort of wild game, meeting the perfect product is still important… and even when circling the department store with your bow and arrow, you can end up catching the perfect thing.

And this is what happened when I met Somnium. In a crazed, “must get SOMETHING” moment, I ended up with the coolest new brand in my rolodex of love.

writtenafterwards 2017ss collection

Ring-a-Round-o’ Rosies,  バラの花輪だ、手をつなごう
A pocket full of posies,  ポケットは花束でいっぱいにして
Ashes! Ashes!  ハックション!ハックション!
We all fall down.  みいんなでころぼ。

欧米では、誰もが知っているこの童謡はマザーグースのものだ。よく、手をつなぎ丸くなって歌っている子供達を見かける。ちょうど日本でいうかごめかごめや、花いちもんめのような遊びと言えば分かりやすいだろうか。そして、国内外にかかわらず古くから伝わる同様には”怖い意味”や”都市伝説”がつきものだったりする。
Ring a Round o Rosies (RRR)も例外ではなくて、実は死を象徴するような意味が隠されていると言われているのだ。イギリスを始めヨーロッパでは、ヨーロッパ全人口の約3割を死亡させたという「ペスト(black death)」が大流行したという歴史がある。この曲はそれについて歌っていて、バラはペストの赤い斑点症状、花束はペスト予防のハーブ、そしてくしゃみはペストの初期症状を意味しているとのこと。

2017ssのリトゥンアフターワーズの展示会に行ったとき、このストーリーで頭がいっぱいになった。赤と黒(死)と白(生)のカラーパレット、まるで死から自分を守るようなサークル状の花…まさにRRRじゃん!!!ってね。

Ring-a-Round-o’ Rosies, 
A pocket full of posies,  
Ashes! Ashes!  
We all fall down.  

It’s a children’s song and rhyme that anyone from Western cultures knows. Children hold hand and sing while moving in a circle. In Japan, they have “kagome, kagome” and “hana ichimonme”. Variations of “Ring around the rosie” is said to have been inspired by the Black Death and The Great Plague in London (the rash that signifies the Plague was a pink ring on the skin, and people filled their pockets with flowers as they thought it would help to ward the sickness off). The Plague took 30% of Europe’s population, in a swift sweep of death.

Writtenafterwards’ 2017 SS collection was filled with appliques of pretty flowers on white, transparent organdy. On the floor of the gallery space was a ring of plastic flowers in yellow, red and blue. And the “main” piece of the collection was a round dress with no armholes, with flower appliques around the edges. Tucked inside some pockets were tiny satchels. Was there any doubt? It HAD to be about the song and the Black Death. This is avantgarde brand Writtenafterwards we’re talking about. Right? RIGHT??!

writtenafterwards 2017ss collection

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、ベルリンへ行く飛行機で荷物紛失事件にあった。ふたつ預けていたスーツケースのうち、失くなったのは私物の着替えが入っていたで、私はいきなりもうひとつのスーツケース(ベルリンの友人たちへ東京から持ってきたおみやげ)と、飛行機で着ていたラフな洋服という心もとない装備でドイツの寒空の下に放り出されたのだった。

市内へついた私はとりあえず最低限必要な下着やパジャマ、セーター、ジーンズなどを買わなければ!と思った。しかも、東京でも使えるような無駄にならないもの。…もちろん行き先は決まっている。ユニクロだ。

ユニクロは自社の作っている服を”ライフウェア”と呼んでいる。なんか前に”ライフウェア”をデビューさせたとき、私を含め多くの人が新ラインを立ち上げたのだと勘違いしたけれど、つまりライフウェアとはユニクロの服すべてを指す。ユニクロのもつ数々のラインやコラボレーションシリーズももちろん、総称してライフウェアと呼ぶ。おそらく、ユニクロは、”ライフウェア”という新しいワードを強く打ち出すことで、”ファストファッション”との差別化を狙っているのだと思う。「私たちが作っているのはファストウェアではない、ライフウェアだ」そんな、ブランドの想いが込められているのかも。

今ではすっかり、ユニクロといえば”機能性”というイメージが出来上がっているが、もはや機能性が高いからといって単純でシンプルな服ばかりというわけではない。ブランドDNA事態自体は多くのラインから作られていて、たとえば人気のイノベーティブ系(エアリズムやユニクロスポーツ)や、クリエイティブ系(Ines de la FressangeやUT)など。それから、ユニクロがプレミアムデニムの研究をしているとか、NYの美術館MOMAとコラボしてるなんて初耳だった。そこで、奥の深いユニクロというブランドについて、先月東京で開かれた巨大な展示会にもお邪魔して、そのDNAリサーチしてきたのでみなさんにシェアしたい。つまり、いったいどれぐらいコラボを今はたしているか、どんな風に生地の機能性を上げているか、「ベーシックな服だからユニクロのコレクションをレポートしない」のを敢えて徹底的にレポートします。世界的ブランドなのに、SS 2017年の展示会をするのはここ東京で1日だけ。スペシャルな瞬間をおすそわけです。(自分が想像した以上に大規模なブランドのため、展示会から少し間が空いてしまい、時間かかったのですが、こっち発のブランドとして誇りを持っていただき、そしてこの情報を活用させていただければ、と思っております)。では、ライフウェアのツアーを始めましょう!

Recently, on a trip to Berlin the airline lost my bag. It had all of my basic items in it, leaving me in the German chill with just my airplane clothes and souvenirs I`d brought. As soon as I got into the city, I went to the only place I wanted to go to get what I needed and would want to use when I got back to Tokyo, getting underwear, a warm sweater, scarf, jeans and pajamas. Of course, I went to Uniqlo.

Uniqlo calls it’s clothing LifeWear. When the brand debuted this “LifeWear” moniker a couple years ago, it was understandably mistaken to be a separate collection by me and many others. But, it simply refers to Uniqlo clothing as a whole, encompassing all of the smaller lines and collaborations within it. I imagine the brand asserts this LifeWear concept so strongly, so as to draw a line separating it from fast fashion. “This is not fast wear, this is life wear,” they deem to say.

The brand has become synonymous with “functional wardrobe” but it goes beyond being a few basic pieces. The brand’s DNA is made of a matrix of lines, some that come from an innovative stance (like AIRism, and Uniqlo Sports) and others that come from a creative stance (Like Ines de la Fressange and the UT t-shirts) that certainly take a little bit of digging to grasp. For example, did you know Uniqlo has a new denim laboratory? Or that it is collaborating with the MoMA in NYC? No? Well, I’ve done the research for you, at their massive  2017 spring/summer exhibition held in Tokyo last month. Because it’s considered a “basic” brand, no one really bothers to talk about its new collections. Well since I`m a rebel and a workaholic, I`ve set out to decode the DNA here for you. Despite being a global brand, Uniqlo only holds their press exhibitions in Tokyo for one day, so getting a peek at what is to come for SS 2017 is quite special.

(this brand is SO much bigger than I first expected, so bear with me as we tour through it all)

uniqlo lifewear 2017 SS street presentation
“street” scene ストリートのシーン