Categories
Style Book | スタイルブック

ランジェリーを9つのアウターウェアーとして着てみました!ワコールのスタディオファイブで! Hacking Our Lingerie: 9 Ways to Wear Everyday with Wacoal’s Studio Five

日本を代表する下着メーカー、ワコール。その歴史は70年近くにもなり、日本人なら知らない人はいないと思う。けれど、下着ブランドとして一度認知されてしまうと下着以外としての着方がわからず、もったいないなと思う。

数年前からワコールの中のいくつかブランドと協力し、素敵な下着をもっとよりたくさんの方法で楽しく着ることができるよう、色々な提案をしてきました。みなさんのクローゼットにあるお気に入りの普段着みたいに、ね。

え?ランジェリーを普段着として着ることができるかって?

答えは、もちろんYES!それは「ランジェルック」と言います!

デイタイムからパーティーシーン、そしてナイトタイムのイベントシーンにも合うようコーディネートを考えたよ。

秋冬の今シーズンはラグジュアリーで綺麗なレースと魅力的な色使いで人気のスタディオファイブとコラボ。レース使いとカラーバリエーションの幅が広いので、たくさんのコーディネートを組めるということで、スリップドレスやボディスーツ、キャミソールにもちろんブラも組み合わせて、様々な場面に合わせられるよう考えてみた。そしてコーディネートを組んだほとんどのアイテムは百貨店やオンラインストアにて購入可能となってます(一部の海外支店でも!)。

Wacoal is Japan’s largest producer and distributor of lingerie and innerwear, and their history of almost 70 years has seen them become household names over here. But that knowledge usually stops at lingerie and not a lot more. So, I have been working with them for a couple years now, collaborating with their high-end division of brands, to see if we can’t find a way to get a little more out of their pretty little things. Can lingerie be worn as fashion? During daytime?- Yes!  To parties? -Absolutely, nighttime events are made for this!

This season I am working with the Studio Five label, a Wacoal original luxury brand which is known for ornate lace and adventurous colors. It means there is a great variety for transforming them into fashion looks. These are tried and tested “lingerie looks” where I tried to incorporate their slips, bodysuits, camisoles, and even bras into some looks for all occasions. I hope you get some inspiration! And, all looks are available at Dept Stores across Japan (and some overseas branches) as well as online.

Categories
Style Book | スタイルブック

2018年SS”ランジェルック”トレンド:ランジェリーを普段着に!7 Ways to Wear Lingerie With the 2018 SS Trends

レースのディテールが詰まったアイテムをふだん使いすることにとても魅力を感じる私。ランジェリーをファッションアイテムとして身につけることがランウェイで流行り、今では当たり前かのように見かけることが多くなった。どうしてこんなに人気なのかって?

理由は2つ。

  1. レースとシルクはエレガント
  2. レースとシルクはセクシー   …でしょう。

基本的に、素材自体が女性らしく繊細で、かつ素材そのものに存在感がある。

どう2018SSのトレンドに組み込めばいいのか。という疑問もこのブログを見れば、デイリーからナイトタイム、オフィスシーンまでどの格好にでもしっかりマッチさせることができます◎ 

今回も、日本が誇る下着メーカー”ワコール”のスタディオファイブというラインのランジェリーを合わせてコーディネイトを組みました。(ワコールとの”ランジェルック”コラボは、遡ることすでにもう数シーズンにもわたる。いつもありがとうございます!)

ランジェリーをふだんの洋服に合わせたランジェルックコーディネートを計7ルック考えました。是非2018ssのトレンドと合わせてみてください。

It’s no secret, I love wearing lacy layers in my everyday outfits. Lingerie as fashion was once just a runway trend, but now it’s such a common sight that it has become cannon. Why is it so popular? Likely because 1. Lace and silk is elegant and 2. Lace and silk is sexy. Basically, it is femininity in its most delicate and most powerful forms. But how does one pull off this look with the 2018 trends? It isn’t as hard as you would think; it is very easy to turn heads in both daytime and nighttime looks, as well as some ideas even for workplaces.

Here, I was allowed free reign of the 2018 SS collection by Studio Five, which is a high-end brand by Japanese lingerie maker Wacoal. So here I get to show you 7 ways to wear lingerie fashion so it  perfectly matches your 2018 SS wardrobe.

Categories
Style Book | スタイルブック Swarovski

当てはまらない豪華さ、マスク編。Glamour, where I least expect it.

地下鉄をいくつか乗りついで、懐かしい風情漂う東京のイーストサイドをぶらついたあと、今日の目的地である小学校に到着した。土曜日だったこともあるけれど、ここに通っている子供達はとうの昔に卒業しちゃったみたい。

“デザイナーズビレッジ”と言われるここは、これから世に羽ばたこうとしているデザイナーや職人の卵を支援するためのいわば学校のような場所。一歩足を踏み入れるとそこは、達筆な文字により刻まれた”校訓”に古い建物と内装とがそのままの状態になった場所で、昔にタイムスリップしたような気分になった。日本のホラー映画を見たら、すぐに「ああ!これか!」って想像できると思う(笑

This place was further out than I had predicted. Then, a couple of transfers underground and a stroll through a traditional old-school neighborhood on the East side of Tokyo later, I arrived at my destination; a Japanese Elementary School. It was a Saturday, but the kids that attended here have been gone for a long time now. Now, it sits proudly as a collective and incubation for budding designers and artisans in Tokyo as Tokyo’s “Designers Village”. The brands here are either still finding their footing, or simply choose to work in camaraderie, among a group of truly unique and one of a kind brands. A step inside is a slip through time, with the old “school rules” in perfect calligraphy scrawled across the length of the ceiling, and all of the old structure and interior intact. If you’ve seen any Japanese horror movies, then you would recognize it immediately.

Photo: (c) Celia Humphries
Direction & model: Misha Janette

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:新たなチャレンジへ Stylebook: Softer but harder with XANADU

Time: 10:30am

Location: Setagaya

Theme: Softer but harder.

知ってる知ってる、みんな何か言いたいんだよね。

そう、、、花柄を着てまーす!

っていうのは冗談で、新たなチャレンジ精神とともに生まれたヘアセットのいらない髪型。使うシャンプーは少なくて済むし、髪の毛もかゆくならないんだけど、どんな服を着たらいいか選んでしまうのも本当のこと。ボーイッシュなヘアーはどんな格好が一番似合うかってことにこだわりがあって、いままでしたどんな髪型よりも悩んじゃう!!

I know, I know. We should first talk about the elephant in the room.

…I`m wearing floral.

Alright, so having my real hair set free comes with a new set of challenges. I may be able to use less shampoo and have a less itchy scalp with this haircut, but this kind of hair comes with a mind of its own. That is especially true when it comes to picking out what kind of clothes to wear. A boyish cut is far more picky about what it likes to look good with, more than any other hairstyle I`ve ever had.

Categories
Style Book | スタイルブック

ファッションって(たまには)プロダクトより、クリエーションであるべき。Sometimes fashion should be a product. And sometimes it should be a creation.

こんなにファンタジーなものを着るのは久しぶり。

SNSの時代になってしばらく経ち、生活の一部になり、自己表現やビジネスツールとして立派に確立されるようになった今すごく感じることがある。「制約の多い大きな企業よりもむしろ、自由な個人の方が影響力があったり、注目度が高かったりする」ということ。

ファッションも、いろいろな大人の事情の中で作った”プロダクト”より、若い感覚で自由に、パワフルに作り上げた学生の”クリエーション”の方が、何倍も心を動かされることが多くある。彼らが毎日の生活で感じていること、思い入れ、刺激を受けたこと…”自分”の全てでぶつかって取り組んだ作品のスピリットをぜひ感じてほしい。

こちらの作品はみんな、先月行われた全国文化ファッションコンテストのファイナリストより。私が審査員を務めさせているが、ランウェイだけで見るのが勿体無い!と思い、自分も着用してみました。

It’s been a long time since I put on a piece of fantasy.
After entering the era of the “Social Media” craze/haze/daze, things have changed not only for me but everyone who uses it and looks at it. What once was merely a tool for self-expression has become a business machine unto itself, and determining what is real and what’s genuine is as clear as sludge. There’s one thing for sure; that more than in corporations with rules upon rules on what someone can do, personal expression and freedom is what truly grabs attention.

Fashion also has become a product of its own demise, a fault of the “adults” who have their own reasons for doing what they can to keep whatever going because it’s comfortable that way But there are still some people, and especially the youth, who see fashion as more than a product, but as something with transformative power. And what’s interesting about young people’s collections is that they’re usually a direct response to what is going on in the world, but without the marketing jingo and heaps of trend forecasting books stacked behind them.

Perhaps it had just been too long since I wore something truly unique, but I surely felt that spirit in the clothing here, all courtesy of some creative and talented up-comers. These three pieces are from the finalists of the national Bunka Fashion Contest last month where I was judging. I just couldn’t let the storage rooms and boxes swallow them up without taking them out for a spin.

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:ユティリティ ❤︎’s エレガンス Tu es Mon Tresor. Translation: utility, meet elegance.

misha janette models tu es mon tresor rabbit fur coat

 

Time: 14:30
Location: Hatsudai 3chome
Theme: The risk that comes with wearing jeans ~デニムを身につける、という冒険~

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:ミニッツから時代の先を感じる Wearing the next era Per Minute

 

Time: 13:45
Location: Sasazuka
Theme: Wearing the next era Per Minute 〜ミニッツから時代の先を感じる〜

 

ここで着ている服はみんな、 Per Minuteという新人ブランドの作品です。昨年、H&M主催する若手発掘デザインコンテストのファイナリストだったというニュースが。どの辺が審査員の目を引いたのだろう?と思うと、一見ナンセンスに見える服には、どっか「今」と「ちょっと先」っぽいところを反映しているところかしら。「ちょっと先」というのがキーワード。斬新というか、ちょっと不気味なところが「ちょっと先」の味。馴染みがないので、二度見する。好きか、嫌いか、判断ができない。でもきっと、この先にはこういう服があるはず。若手のパワーはそこにあるかも。

Everything here is by a great new brand I ran across recently, called Per Minute. Chosen as a finalist in the H&M Awards contest last year, the collection wasn’t chosen but getting so far means that there is something in this wild mix that represents a facet of fashion for today with a dash of the fashion of tomorrow. That little bit of “tomorrow” is what makes you do a double take because it’s something that we are just not used to seeing worn yet. It’s a bit odd, a bit funny, and not always immediately flattering. But young designers have a way with reading the future, and giving way to new ideas on what can be considered cool or fashionable. All of this, is perhaps just around the corner…

 

Categories
Style Book | スタイルブック

スタイルブック:都会年 (トカイドシ) の2017年へ。Stylebook: 2017 is the year of METROPOLIS.

TIME:  10:30 AM
LOCATION: Minami-Aoyama
THEME: The Year of the METROPOLIS ~都会年 (トカイドシ) の2017年~

 

私がニュース系ブログを開くたび、テクノロジーにまつわる記事が溢れる。人工知能やバーチャルリアリティー、とくに自動機械に関しては”人間の仕事を奪われるのではないかという危機がある”とビビらせられるようなこともよく目にするこの頃。そういえば、このような「機械が怖い」時代は過去にありました。1920年代のアールデコを代表するサイエンスフィクション映画「METROPOLIS」では近未来や先進技術などを描いた作品ですが、それを起想させたスタイルブックを撮影したかった。この映画では、今にも崩壊しそうな街が舞台になっているが、私たちの暮らすこの東京というメトロポリスは実に豊かである。変化は、野に咲く花の数だけある; 高層ビルは毎月のようにスカイラインを変えるし、他言語翻訳のデジタルメニューもどんどん増えている!地域を上げて行われるセレブレーションイベントにも変化が!ということで、渋谷のスクランブル交差点で今年から始まった” タイムズスクエアスタイル”のカウントダウンへ足を運んでみた。とても混んでいたけれど、集まった人たちはみんなとても礼儀正しくて大きな混乱もなく楽しめた。やっぱり日本文化って素敵だとおもった瞬間。東京は変化の街だ。でも変わらないこともある。近未来が本当に怖いのだろう?本当は明るいように思える。そう思いたい。

Every time I open a news site, I am reading about the newest technologies that are going to change the world as we know it. Artificial intelligence,  virtual reality and especially the automated machines that are threatening to steal our jobs. I recalled the 1920s art deco-style film “METROPOLIS” about a futuristic and technologically advanced society. The film brings drama by showing the imminent collapse of the city, but in our own reality, the Tokyo Metropolis is flourishing. The changes are popping up around us like wildflowers; skyscrapers changing the skyline monthly! digital multi-lingual menus everywhere! and city-wide celebratory events! For the latter, I ended up at Shibuya Scramble Crossing for their first ever “Times-Square-Style” city countdown. It was crowded but not , and everyone was incredibly polite- Japanese culture wins again.  The city is changing, but some things stay the same.

 

Photos: Celia Humphries