カテゴリー CategoryStyle Book | スタイルブック

こんなにファンタジーなものを着るのは久しぶり。

SNSの時代になってしばらく経ち、生活の一部になり、自己表現やビジネスツールとして立派に確立されるようになった今すごく感じることがある。「制約の多い大きな企業よりもむしろ、自由な個人の方が影響力があったり、注目度が高かったりする」ということ。

ファッションも、いろいろな大人の事情の中で作った”プロダクト”より、若い感覚で自由に、パワフルに作り上げた学生の”クリエーション”の方が、何倍も心を動かされることが多くある。彼らが毎日の生活で感じていること、思い入れ、刺激を受けたこと…”自分”の全てでぶつかって取り組んだ作品のスピリットをぜひ感じてほしい。

こちらの作品はみんな、先月行われた全国文化ファッションコンテストのファイナリストより。私が審査員を務めさせているが、ランウェイだけで見るのが勿体無い!と思い、自分も着用してみました。

It’s been a long time since I put on a piece of fantasy.
After entering the era of the “Social Media” craze/haze/daze, things have changed not only for me but everyone who uses it and looks at it. What once was merely a tool for self-expression has become a business machine unto itself, and determining what is real and what’s genuine is as clear as sludge. There’s one thing for sure; that more than in corporations with rules upon rules on what someone can do, personal expression and freedom is what truly grabs attention.

Fashion also has become a product of its own demise, a fault of the “adults” who have their own reasons for doing what they can to keep whatever going because it’s comfortable that way But there are still some people, and especially the youth, who see fashion as more than a product, but as something with transformative power. And what’s interesting about young people’s collections is that they’re usually a direct response to what is going on in the world, but without the marketing jingo and heaps of trend forecasting books stacked behind them.

Perhaps it had just been too long since I wore something truly unique, but I surely felt that spirit in the clothing here, all courtesy of some creative and talented up-comers. These three pieces are from the finalists of the national Bunka Fashion Contest last month where I was judging. I just couldn’t let the storage rooms and boxes swallow them up without taking them out for a spin.

 

Time: 13:45
Location: Sasazuka
Theme: Wearing the next era Per Minute 〜ミニッツから時代の先を感じる〜

 

ここで着ている服はみんな、 Per Minuteという新人ブランドの作品です。昨年、H&M主催する若手発掘デザインコンテストのファイナリストだったというニュースが。どの辺が審査員の目を引いたのだろう?と思うと、一見ナンセンスに見える服には、どっか「今」と「ちょっと先」っぽいところを反映しているところかしら。「ちょっと先」というのがキーワード。斬新というか、ちょっと不気味なところが「ちょっと先」の味。馴染みがないので、二度見する。好きか、嫌いか、判断ができない。でもきっと、この先にはこういう服があるはず。若手のパワーはそこにあるかも。

Everything here is by a great new brand I ran across recently, called Per Minute. Chosen as a finalist in the H&M Awards contest last year, the collection wasn’t chosen but getting so far means that there is something in this wild mix that represents a facet of fashion for today with a dash of the fashion of tomorrow. That little bit of “tomorrow” is what makes you do a double take because it’s something that we are just not used to seeing worn yet. It’s a bit odd, a bit funny, and not always immediately flattering. But young designers have a way with reading the future, and giving way to new ideas on what can be considered cool or fashionable. All of this, is perhaps just around the corner…

 

TIME:  10:30 AM
LOCATION: Minami-Aoyama
THEME: The Year of the METROPOLIS ~都会年 (トカイドシ) の2017年~

 

私がニュース系ブログを開くたび、テクノロジーにまつわる記事が溢れる。人工知能やバーチャルリアリティー、とくに自動機械に関しては”人間の仕事を奪われるのではないかという危機がある”とビビらせられるようなこともよく目にするこの頃。そういえば、このような「機械が怖い」時代は過去にありました。1920年代のアールデコを代表するサイエンスフィクション映画「METROPOLIS」では近未来や先進技術などを描いた作品ですが、それを起想させたスタイルブックを撮影したかった。この映画では、今にも崩壊しそうな街が舞台になっているが、私たちの暮らすこの東京というメトロポリスは実に豊かである。変化は、野に咲く花の数だけある; 高層ビルは毎月のようにスカイラインを変えるし、他言語翻訳のデジタルメニューもどんどん増えている!地域を上げて行われるセレブレーションイベントにも変化が!ということで、渋谷のスクランブル交差点で今年から始まった” タイムズスクエアスタイル”のカウントダウンへ足を運んでみた。とても混んでいたけれど、集まった人たちはみんなとても礼儀正しくて大きな混乱もなく楽しめた。やっぱり日本文化って素敵だとおもった瞬間。東京は変化の街だ。でも変わらないこともある。近未来が本当に怖いのだろう?本当は明るいように思える。そう思いたい。

Every time I open a news site, I am reading about the newest technologies that are going to change the world as we know it. Artificial intelligence,  virtual reality and especially the automated machines that are threatening to steal our jobs. I recalled the 1920s art deco-style film “METROPOLIS” about a futuristic and technologically advanced society. The film brings drama by showing the imminent collapse of the city, but in our own reality, the Tokyo Metropolis is flourishing. The changes are popping up around us like wildflowers; skyscrapers changing the skyline monthly! digital multi-lingual menus everywhere! and city-wide celebratory events! For the latter, I ended up at Shibuya Scramble Crossing for their first ever “Times-Square-Style” city countdown. It was crowded but not , and everyone was incredibly polite- Japanese culture wins again.  The city is changing, but some things stay the same.

 

Photos: Celia Humphries

 

12月。空気が澄み、空が高くなり、街はどんどん冬らしくなっていく季節。一年で最も雰囲気のいいシーズンかもなんて、毎年12月になると思うのだけれど、、、なんだかここ最近暖かいし本気の冬ファッションになかなか移行できずにうずうずしているファッションファンも多いのでは?

それならおすすめなのがランジェリーファッション。寒すぎるとできないから、やるならいまでしょ!クリスマスのロマンティックさも、女らしさも、大人っぽさも完璧に表現出来る新しいスタイルは最近私もはまっているファッション。今日はランジェリーファッション系でお送りします。

Christmas doesn’t need to be just about red velvet and white fur….even Santa Claus thinks that’s all played out by now. And with these (un)seasonably warm temps we have to be opportunistic by going more lightweight on the body.

Perhaps this is why I am slow to move to a “winter wardrobe”. It’s all there, ready to be plucked out of my closet, but I just can’t do it. Instead, I`m stuck on this lingerie fashion style, which just seems more fitting for the holiday season. But in an elegant way, not a crude one…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LOCATION: Tokyo Tocho-mae (City Hall)
TIME: 17:30
THEME: The Golden Time ~ゴールデンタイム~

クリスタルにとって、ゴールデンタイムとはいつか?無論、夜だろう。暗くなった空の下、動くたびに街の光を受けきらきらと輝くそれに、人々の目は奪われる。

それこそ”視(聴)率が高い”、クリスタルゴールデンタイムだ。

“Because of the darkness, you see the sparkle”

It was a race to beat the sun before the “super moon” took over at the day’s yawn. Cuteness needs the daylight! …It was a lapse in calculation, an unfair prejudice against the sparkle and pink veneer of the clothes. No, these constellation prints, boudoir vetements and bejeweled baubles deserved something… darker. In a sneaky pinch, we ventured into the urban heart, to embrace the pallid streets and black curtain of night…

ランジェルック trefle

【お知らせ】!

梅田阪急FNOにランジェルックを生でお披露します!

モデルを起用したファッションショーを交えながら提案する「ランジェルック」の着こなしポイントを紹介するトークイベントを開催。ランジェリー主体のラグジュアリーファッションの拡がりを提案し、ランジェリー売場の認知拡大を図ります。

〇イベント名:『ミーシャ・ジャネット』モードランジェリーファッションイベント
〇開催日時:2016年11月19日(土)14:00~、17:00~の2回予定
〇場所:梅田阪急本店 3階 婦人肌着 『メゾン・ド・ランジェリー』 

ぜひお遊びに来てください!お待ちしてます!

 

今回は特別なスタイルブックを送りします!

レースやサテン、リボンなど、ランジェリーぽい装飾がついている洋服というのは、ファッションシーンでよく見られる。でも、本当のランジェリーを服として見せることに抵抗があるのね。ランジェリー界の大きな動きと言えば、1番近いのは80年代のマドンナブームのとき。コーンブラとコルセットを服の上から付けたルックは、当時世界を驚かせた。

実は、ランジェリーはシンプルな服と合わせるとすごくスタイリッシュに決まる。アメリカでは、多くの女の子たちがパーティーでサテンのスリップをドレスとして着ている。日本では、ビンテージTの上にブラレットを着たりする。

これは課題だなと思うのは、ブラやビスチェ、スリップやローブにお金をかけていても、それらは決して見てもらえないということだ。近年、ランジェリーはどんどん進化してすごくかっこよくなっている。中には、外に着る洋服よりスタイリッシュなものもある。ランジェリーは、コンサバな服やシンプルな服と合わせてエッジを効かせると相性が良い。また、ダークでハードなルックにはフェミニンさやソフトさをプラスすることもできる。自分のクローゼットにあるものは何でも自由に使って、ベストなスタイリングをすることは、私たちひとりひとりが持つ権利だと私は思う。

ということで、ワコールとタッグを組みランジェリールックを組むことに。ワコールの5大ラインのアイテムを使い、私物と合わせてトータルコーデを考えるというチャレンジだ。ワコールは、京都を拠点にする会社で、世界で3番目に大きなインナーウェアカンパニーだ。ハイデザイン、ハイファッションのランジェリーブランドは5ラインにも及ぶ。ワコールディア、スタディオファイブ、トレフル、ハンロ、シモーネペレール。

ここに、”ファッションとしてのランジェリースタイリング術”を10個提案したい。カラフルで元気、上品、デイタイム、オフィス、パーティーなどいろいろなテーマを設けたので、みなさんのライフスタイルにも組み込めるアイデアがきっとあるはず。あなたなら、どんなランジェルックにする?

 

UPDATE: Lingerie-Look Fashion Show at Hankyu Umeda FNO!

Come visit the 3rd floor lingerie section on Saturday the 19th where I’ll be talking about some of the styling points, while floor models show off the goods. There will be two shows, one at 2pm and 4pm. Im looking forward to seeing everyone!

In fashion, it’s not unusual to see clothing with lace, satin, ribbons, and other details that point directly to lingerie. But it’s almost never actual lingerie. In fact, the most recent lingerie revolution happened in the 80s when Madonna broke on the scene with her cone bras and corsets on top of her clothes instead of under.

In fact, lingerie can look really really stylish when worn with normal clothing. In America, many girls will wear their satin slips as dresses to a party. In Japan, girls wear bralettes over vintage T-shirts. But the fact of the matter is that we spend a lot of money on bras and bustiers, slips and robes, and they never get seen. Nowadays, lingerie is just as stylish or even more stylish than what we wear on the outside. Lingerie can be worn with something conservative and comfortable to give it an edge. And conversely, it can make something really dark or hard look more feminine and soft. It’s my opinion that it is within our right of fashion freedom to play around with everything we’ve got in our closet to make an outfit look great.

And so I`ve teamed up with Wacoal to create Lingerie Looks. The challenge: to style pieces from 5 of their most prestigious brands with clothing already in my closet to make total outfits. Wacoal is a Kyoto-based family company that is now the number 3 largest inner wear company in the world. When it comes to their high-design, high-fashion lingerie, there are no less than 5 lines to choose from. Wacoal DIA, Studio 5, Trefle, Hanro and Simone Perle.

And so here, I offer 10 different ideas for styling real lingerie with fashion. Whether it’s colorful and loud or more demure, daytime, office, or party style, there should be a scene that fits your lifestyle.

So let’s see how Japan get’s it Lingerie Looks on.

grandmatic 1

LOCATION: Sendagaya, Tokyo
TIME: 16:10
THEME: Granmatic-ally Correct ~ジュエリーの価値は値段だけじゃないもの~

世界の大富豪で、私のミューズでもあるDaphne Guinnessが、ジュエリーについて語っている。”ジュエリーは本物じゃなくても価値があるものだから。”…

One of the richest women in the world (and my muse) Daphne Guinness said; “Jewelry doesn’t have to be real to make a statement.”…