カテゴリー CategoryPress | メディア

L1031230Aug-18-2014©-Celia-Humphries

For the newest issue (No. 7) of IDOL Magazine, I styled a shoot featuring some of Japan’s best AW2014-15 looks. The magazine hails from the UK and has no qualms about exploring the boundaries of fashion photography, the clothing, and it’s subjects. It’s consistently one of the most fascinating and high-quality fashion magazines from the country and has a permanent spot on my inspiration board.

For our shoot, we had a good to evil transition (or is that good *is* evil?), a transgender story, inspiration from clown cults, inspiration from regular cults, and lots of “find the wrong kanji” which is like the Where’s Waldo of Japan but a million times harder. I am obsessed, yes. Check out the freaky feature below.

IDOL Magazineの最新号で、2014-15秋冬の今回のミーシャ的ベストルック In ジャパンのスタイリングをしました。このファッション誌はイギリス発で、ファッションフォトと服の境界線を取っ払うことをテーマにかがげ、実際にそういうクリエーションを世にだし続けていることは疑いようもない。ミーシャのインスピレーションボードにいつもアイデアをくれる、魅力的なファッションマガジンIDOLのクオリティは、抜群の安定感を誇る。

今回の撮影では、栄光にすがる信仰者やカルト的な文化からインスピレーションを受けたトランスジェンダーストーリーを背景に、悪(悪は悪でもいい悪?) の遷移を表現。また、”ウォリーはどこ”?的な、でも100倍難しい、”漢字の間違い探し”をデザイン背景に。ミーシャも取り付かれたわ。この先に広がるすこし異常な恐怖をチェックしてみて。

 

Above: mintdesigns
http://mint-designs.com/

 

idol-DHYUYiU7FM_IueqjT5jdIwzU0f9CrZ_9Z2PMvO75Mmg

 G.V.G.V.
http://www.gvgv.jp/

めっちゃくっちゃな勢いで2014年を開幕!山本寛斎 x ミーシャ x 伊勢丹のコラボと限定ショップの様子をレポート!

kansai-yamamoto-isetan-store-report-18
 
I am starting off 2014 with a MUTHAFVCKIN BANG y’all. jan 2nd marked the opening of Kansai Yamamoto’s pop-up shop in Isetan Department store. I not only collaborated with him on tights, tees and headpieces, but I also was in charge of the department store’s displays, AND hosted a stage show with him on the same day….
 
私の2014年はめちゃくちゃな勢いと共に幕を開けた。1月2日、伊勢丹に山本寛斎さんのポップアップショップがオープンしたのだ。そこでミーシャは彼とコラボレーションタイツやTシャツ、ヘッドピースを製作しただけでなく、伊勢丹のディスプレイを担当したり、ステージショーに参加したりもした。
 
kansai-misha talkshow
Photo via Twitter Fashionsnap
 

 あの山本寛斎がカムバックコレクションを伊勢丹で1月2日初売りから発売。若手デザイナーとコラボも!

kansai-yamamoto-kabuki
Well it doesn’t get more ceremonious than this. THE Kansai Yamamoto is returning to his fashion brand with a bang by taking over Isetan Department Store as it opens for the new year (and the most important shopping season in Japan). 
 
Even more exciting, the hijack includes a pop-up store with collaborating “tribute” designers offering new pieces inspired by Kansai’s krazy world. …these include Writtenafterwards, Masaya Kushino and…ME!!
 
正式発表!!山本寛斎さんがファッション界に戻ってきます!なんと、日本でいちばん大きなショッピングシーズンのお正月に「Kansai Yamamoto POP UP STORE@TOKYO解放区」を伊勢丹百貨店で華々しくファッションブランドを復活させるのです。
さらに山本寛斎さんの復活劇はこれだけではなくて、彼の独特の世界にインスピレーションを受けたトリビュートデザイナーたちとコラボレーションをし、新作を引っさげたポップストアもオープン!そのなかにはWrittenafterwards, 串野 真也さん、そしてわたくしミーシャ!!
 

世界に最も愛されているファッション、ビューティー、アートの短編映画祭ASVOFFがいよいよ29日東京で開催!創立者のダイアンペルネも来日!

ASVOFF-tokyo-2013-3

REMINDER! On Sunday (1st) Diane Pernet and I will be having a live discussion before the movie screening at 14:30. The first few people to show up will score one of the cool ASVOFF Tokyo T-shirts printed on American Apparel tees. It’s also my birthday so be cool and maybe you’ll get cake (probably not true ;). See you Sunday at IDOL on Kotto-dori!! 

T-shirt:

リマインド!!明日(日曜日)、14:30から映画上映直前にダイアンとミーシャでトークショーを行います!そしてなんと!先着の方にASVOFF東京のコラボTシャツをプレゼントします!アメリカンアパレルのシャツを使用しているので、クオリティーが高い!プリントもかっこいい。あ、そう!当日はミーシャの誕生日でもあるのでうまくいけばケーキも出るかも(たぶん嘘w)。では、明日お会いしましょう!

Tシャツはこう:

furla-bags-olivia-palermo-tokyo-2014-2

台湾発ファッション誌 Zine による、美術とファッションの MAXミックスで作ったポスト原宿のハイパー東京スタイル。ミューズはなんとこの人…!

zine-misha-janette-6

This is what happens when major personalities collide. Magic! Shot for Taiwan-based alternative magazine Zine (素人)、it was concepted by my friend and stylist Kosei Matsuda and shot in Tokyo this summer. He told me he wanted to do a shoot inspired by my personal style, and asked me to gather as much of my favorite accessories, hats and wigs as I could to pair with my favorite Tokyo brands. Then he asked if I would make a cameo in the shoot..and finally, the whole shebang was named “A Lot Of Misha Janette”. I couldn’t be more humbled and happy with that honor!

強い個性を持つ撮影メンバーが集結するとこんなにマジカルな作品ができる訳。Zineという台湾発の雑誌のために今年の夏に東京で撮影したものだけれど、コンセプトを生み出したのは私の友人でもあるスタイリストのKosei Matsuda (AVGVST)。”ミーシャのマイスタイルからヒントを得た撮影をしたい”って最初に話をふってくれたから、ミーシャの好きな東京ブランドとコーデするために、とりあえず私物のアクセやヘッドピースとウィッグを用意。そして、その次は”ミーシャも出れば?”と言う話になり、最終的にストーリー名も”盛り沢山のミーシャジャネット”までとなった。驚っ!なんてうれしい!

zine-misha-janette-14

 自分の中のイメチェン季節が到来?!イメージチェンジの実例。装苑連載の2.5次元ライフより!

Screen shot 2013-10-30 at 2.20.27 PM

When I was a student at Bunka, I pretty much wore black. Black with zips of neon here and there, and some illustrative patterns, but it was pretty much black. Old-school Marios Schwab, Ann Demeulemeester etc was my jam. Only during Tokyo Fashion Week after I graduated did I step outside of my comfort zone and try new and “wild” clothes. This was quite a bit before the “kawaii” trend hit, before Kyary Pamyu Pamyu and otaku fashion blew up.

文化服装学院の生徒だった時、私はもっぱら黒い服を着ていた。黒でネオンのさし色が あちこちについたものや、はっきりした柄はついていてもほとんど黒いものを。昔のMarios SchwabやAnn Demeulemeesterなどが私の好きなブランドだった。卒業後、東京コレクションの間だけ私は自分の居心地のよいファッションの領域を飛び出して新しいかつ“激しい”服に挑戦した(それは “かわいい” ト レンド、きゃりーぱみゅぱみゅやオタクファッションが出てくる少し前のことだった)。

Photos by Mami Tanabe

soen9pre-1 

KNEONマガジンへサンクスを!ミーシャのインタービュー、そして新宿のゴールデン街での撮影を掲載

Screen shot 2013-09-15 at 8.16.24 AM

So a big ARIGATO to independent magazine KNEON ran by Victoria Jin, for interviewing me and puttin’ up some photos. The shoot was taken by Paris-based photographer Yuji Watanabe while on a stopover in Tokyo and when asked where I wanted to shoot, I was enthusiastic about doing it in the shabby bar alleys of Golden-gai in Shinjuku. For no other reason than I had never been photographed there before, and I love the mix of old Japan vs. shiny new clothing. 

インデペンデントマガジン「KNEON」へ大に感謝を!こちらはVictoria Jinという女性の方が編集長をつとめてるグローバル視点の海外ライフスタイル+ファッションマガジン。今回はミーシャが依頼をいただき、パリ拠点のフォトグラファー、Yuji Watanabeさんが来日している間に撮影を行いました。「どこで撮りたい?」と問われたら、「新宿のゴールデン街!」と即答。こういう伝統的なジャパンと新作洋服のミックスが今の気分なので。ミステリアスでシュールな雰囲気を一気に払える。私のQ&Aインタービューと合わせて掲載されていますので、気になる方はチェックしてください。もちろん、英語のみだが(残念?!)。 

KNEON-mag-misha-janette-2

ミーシャとコリアンストリートスタイルの新ブランド iSook とのコラボコレクションがついに販売開始!

isook-misha-11

It’s finally here and ready to fly! I collaborated with iSook, the new Korean Street-inspired brand and directed this mini collection for their debut. I worked with amazingly witty and talented illustrator MamiQ in Tokyo to make some colorful, street-ready tops.

You need a cat “nyan” skull? How about a toothy birthday cake? Or are you a preternatural negative/optimist? Then get the “1/2 Empty But Full” top (my favorite).

It’s on Runway Channel right now, in several color options— but still SUPER limited. If you like it, get it now! See all products and prices up close:

ついに。ついに。ついに来たー!飛んでく準備ができたよ。iSookとコラボを果たした。コリアンストリートからインスパイアされた最新ブランド、”iSook” のデビューのために設けられたこのミニコレクション。私は パーソナリティーたっぷりと、才能あるイラストレーター、MamiQ: マミキューと、東京でストリートに出かけるための、カラフルなトップスを作るために手を組んだ。

猫の “nyan” スカルT、欲しい?じゃあくちびる+キバのバースデーケーキなんかどう?それともひょっとすると、完全に否定派で見てるだけ?それじゃあぜひ “1/2 Empty But Full” のスウェットをゲットしてみてっ。(私のお気に入り)

もう今まさにランウェイチャンネルにのってる!数色のカラー展開で。だけど未だに「超」限定だから。もし気に入ってくれたら、「今」ゲットして!全商品、金額も添えてここにお届け。

Desktop  Site

Mobile Site 

isook-misha-8