カテゴリー CategoryPhotoshoots | フォトシューティング

mm62-Misha-skye-Celia-Humphries

Sample sales are amazing. I am an muthereffin EXPERT at traversing the sample sale scene, and coming out with perhaps the weirdest, most head-scratching pieces in there. But I employ them like a pro. Take this Martin Margiela MM6 shirt piece. It’s the orange thing in the photos. It’s just a front piece of a tuxedo shirt or jacket, like the bib/collar. It’s basically a necklace and offers no real coverage. It is an illusion, and enigma, but damn if it’s not cool (it’s em em six, afterall!). 

サンプルセール大好き。ミーシャはサンプルセールめぐりのエキスパート。サンプルセールでは、クレイジーで一瞬なにこれ?って思うような服を見られる。でもやっぱりプロの仕事だから素敵なんだよね。このマルタンマルジェラMM6(エムエムシックス)のシャツとか見て。オレンジのなにかが写ってるでしょ?実はそれ、タキシードのビブカラーのパーツ。イリュージョンか?ほんと突拍子もない発想だよね。でももちろん、かっこ良くなかったら意味ない (MM6はかっこいいに決まってる)。

 

Photos: Celia Humphries

mm623-Misha-sky-raven-web-©-Celia-Humphries

Misha-toga-2014-spring-©-Celia-Humphries

Inspired by the new TOGA SS 2014 collection and a request from Singapore’s JUICE magazine for an “outfit pic”, I called up photographer Celia Humphries and we planned the most epic “outfit pic” we could muster. “I AM NOT A STYLE BLOGGER!” is something that was always kind of my personal tagline… Go ahead and call me a hypocrite. But don’t call me boring….

 シンガポールのJUICEという雑誌からインタビュー + コーディネートの写真を載せたいとオファーをもらったミーシャは、TOGA2014ssコレクションにインスピレーションを受けたスタイリングを、フォトグラファーのCelia Humphriesとタッグを組んで撮影した。話し合った結果、ふたりだからできる”大作”をつくろう!と気合い十分。ミーシャのモットーである”I AM NOT A STYLE BLOGER! ( ”私はストリートでポージングしたコーデを紹介する、というようなブロガーではない!”)はちょっとした自慢。  でも今回はとっくに楽しくコーデを撮影できたおかげか、そのいいところがすごくわかった。 偽善者と言いたければ言っていいけど、「面白くない」とは言えないから私はそれでいいわ…w
 

KNEONマガジンへサンクスを!ミーシャのインタービュー、そして新宿のゴールデン街での撮影を掲載

Screen shot 2013-09-15 at 8.16.24 AM

So a big ARIGATO to independent magazine KNEON ran by Victoria Jin, for interviewing me and puttin’ up some photos. The shoot was taken by Paris-based photographer Yuji Watanabe while on a stopover in Tokyo and when asked where I wanted to shoot, I was enthusiastic about doing it in the shabby bar alleys of Golden-gai in Shinjuku. For no other reason than I had never been photographed there before, and I love the mix of old Japan vs. shiny new clothing. 

インデペンデントマガジン「KNEON」へ大に感謝を!こちらはVictoria Jinという女性の方が編集長をつとめてるグローバル視点の海外ライフスタイル+ファッションマガジン。今回はミーシャが依頼をいただき、パリ拠点のフォトグラファー、Yuji Watanabeさんが来日している間に撮影を行いました。「どこで撮りたい?」と問われたら、「新宿のゴールデン街!」と即答。こういう伝統的なジャパンと新作洋服のミックスが今の気分なので。ミステリアスでシュールな雰囲気を一気に払える。私のQ&Aインタービューと合わせて掲載されていますので、気になる方はチェックしてください。もちろん、英語のみだが(残念?!)。 

KNEON-mag-misha-janette-2

ディオールが主役のミーシャジャネット dir. 最新作「Le Jardin Japonais」。刹那的な美しさを放つ桜の中で。トップモデルのSAKI ASAMIYAが出演!

NEWTIDE_May2013_DIOR-(0)

What is it about the Sakura season that comes off as something forged from beautiful witchery? Yes, beautiful. But witchery. Mother nature’s spell. So when it came time to cast a model, location, and theme for this DIOR-centric shoot, I knew it had to be among the cherry blossoms. It’s very easy to make the flowers appear pretty and light, but I’m not about to take the easy way out. How to give it a slight edge?
 
Step one : cast hot girl Saki Asamiya as the model. She’s edgy with a capital BITCH. 
Step two: ask hair stylist Yoko Sato to make her blonde and from a glamorous past..but with no allusion to any specific era. perhaps she’s from the future?
Step three: get super talented makeup artist Ebara on the team and give him free reign to use the face as a canvas
Finally, step four: have photographer Ban Yanzhou shoot this creature as a spirit among the blooms, neither here nor there nor anywhere, with a pallid blue worldview. 
 
When the Sakura fade, so does the spirit…. But her fabulous wardrobe stays behind. This was my final fashion shoot for NEWTIDE as their guest fashion director for 6 months. Thank you! *takes her bow*
 

四季折々の日本の風物詩。そのうちダントツに華やかで、美しいと評されるのが春を象徴する桜。蕾が開いたかと思うと瞬きをする間に満開になり、そして散って行く様が儚くも情緒溢れる日本を代表する花。その桜の舞う様子とChristian Diorのエレガンスが一つになったとき。それだけで誰もが息を呑む美しい画が撮れることは間違いない。ですが、そこで一筋縄でいかせないのがミーシャ流。どこかにエッジーな要素を加えたい!

とはいえ洋服は手を加える必要がないほど美しいわけで、だったらこだわるのはモデル。ということで今をときめくitモデル麻宮 彩希にモデルを依頼。彼女のエレガントでありながらどこかパンクスピリット溢れるアティテュードは今回のストーリーに不可欠。
お次はヘア。ヘアアーティストのYOKO SATOさんに、20sグラマラスを彷彿とさせるフィンガーウェーブを、どこの時代にもあてはまらない形で表現してほしいとオーダーし、彼女にウィッグを制作してもらいました。そしてもちろんメイク。アーティスティックなメイクには一家言あり、のEBARAにお願いしモデルの顔をキャンバスに見立ててアーティスティックなメイクを施す。
最後に要はフォトグラファー。若手再注目株のBao Yanzhouが、この完成した人物像を極めつけのテクニックで木の妖精に仕上げました。

こちらは、6ヶ月NEWTIDEマガジンでゲストファッションディレクターをつとめた最後の作品です。半年、ありがとうございました!!

 さて、桜の花びらが散るようにこの妖精も消えていっていくかのような、刹那的な美しさをご覧ください:

NEWTIDE_May2013_DIOR-(1) NEWTIDE_May2013_DIOR-(2)

NEWTIDE_May2013_DIOR-(4)

 

NEWTIDE_May2013_DIOR-(3) NEWTIDE_May2013_DIOR-(5)

NEWTIDE_May2013_DIOR-(42)

NEWTIDE_May2013_DIOR-(52)

 

NEWTIDE_May2013_DIOR-(6)

 

NEWTIDE_May2013_Cover

You know what they say about the pot of gold at the end of the rainbow? Can we have the myth that at the end of the Sakura season is a DIOR bag? Pretty please, make it REAL. I BELIEVE IN FAIRIES AND DIOR.
 
Published in NEWTIDE MAGAZINE 

 

そして最後に残ったのは、クチュール仕込みの最高級ガウンとカナージュ柄のバッグ。なるほど、このストーリーはDIORの洋服が紡ぎだした妖精の話だったってわけね。

Published in NEWTIDE MAGAZINE 

Creative director/Styling: Misha Janette @ ZOOM Emotions, Inc.
Photographer: Bao Yanzhou
Makeup: Ebara Masanao
Hair: Yoko Sato
Model: Saki Asamiya @ Image
Fashion Assistant: Shunsuke Okabe

Look at the past works I did for NEWTIDE while you’re here . Do you have a favorite? 

この半年で生み出した作品も是非ご覧ください!どれが一番お気に入り?

NEWTIDE_April2013_Wonderland-(3)

“WONDER LAND”

newtide-nightdreamer-in-neon

“NIGHT DREAMER IN NEON”

NEWTIDE_Feb2013_Fashion2-700

“RED ILLUSION”

 

NT_252999_fashion.indd

 

“DOODLE ON THE TABLE”

 

newtide-misha-janette-dec-9

“THE STYLE OVERTURE”

 

モードページ”WONDERLAND”新着!2013年春夏のアイコン的なルックをPOPなスチームパンクと合わせた斬新なミックススタイルで不思議な世界が広がる

NT_253864_fashion_S2.indd

New NEWTIDE editorial up! Featuring the season’s ICONIC looks from the runway! But…what happens when you mix luxury with POP, steampunk, and a mysterious girl who seems to have crash-landed from somewhere very, very far from her home….? Toto, maybe this isn’t Kansas anymore…

For this shoot I was both stylist and creative director and I was inspired by the “Lost Boys” of Peter Pan. It features upcoming superstars, model SAYO and photographer BAO YANGZHOU. Enjoy!

中国のファッション雑誌「NEWTIDE」のために撮ったエディトリアルが新着!今回はビッグメゾンの2013年春夏のアイコン的なルックを使って、ファンタジーストーリーをファッションで語っています。イメージはラグジュアリーとPOPなスチームパンクという斬新なミックススタイル。更に、このミステリアスな主役の子は本当に地球の人なのか、どこのものなか、不思議さに浸している世界を描いてます。インスピレーションは「OZ」のドロシーと「ピーターパン」のロストボーイズ・・・・

今回は私がスタイリストと同時に、クリエイティブディレクションを担当させていただきました!主役は新星モデルSAYO、実現者はフォトグラファーのBAO YANZHOU。それでは、どうぞご覧ください!

 

上 Above photo FEATURING: Prada dress, socks, shoes and bag

Goggles, gloves: Nude n’ Rude
Tights: Avantgarde

NT_253864_fashion_S2.indd

 Bottega Veneta dress and bangles

Parachute dress: In-process by Hall-Ohara
Goggles: Nude n Rude
Tights-as-top: Avantgarde

NEWTIDE_April2013_Wonderland-3

Versace shoes, skirt, top and bags

Parachute: In-process by Hall-Ohara
Goggles: Nude n Rude
Tights: Avantgarde

 

NT_253864_fashion_S2.indd

Diane Von Furstenberg dress
Issey Miyake pants, dress, blouse and scarves (in tree)

Corset, goggles, shoes: Nude n’ Rude
tights: Avantgarde

 

NEWTIDE_April2013_Wonderland-(3)

 Michael Kors blouse, bag, cuffs and yellow visors

Rose goggles: Nude n’ Rude

NT_253864_fashion_S2.indd

Miu Miu top, coccoon jacket, skirt, bag, gloves and shoes

Goggles: Nude n’ Rude
Tights: Avantgarde

NEWTIDE_April2013_Wonderland-(5)

Salvatore Ferragamo jacket, blouse, skirt, bag and boots

Goggles, plastic crinoline: Nude n’ Rude

 

NEWTIDE_April2013_Wonderland-5

Etro embroidered jacket, slit skirt, bag

Pink gloves: Miu Miu
Goggles, aviator top, shoes: Nude n’ Rude
Tights: Avantgarde

 

Creative direction/styling: Misha Janette
Photos: Bao Yanzhou
Makeup: Akito Teramoto
Makeup: Yoko Sato for Bumble and Bumble
Fashion assistant: Shunsuke Okabe

See more Nude n Rude
See more Avantgarde

日本の伝説的なKAWA-COOLファッションアイコン志茂田景樹さんをTOKONEタイツのカタログでWrittenafterwardsなどでスタイリング担当してきました!

tokone_kageki6

A little while ago I got an email from Tokone tights about working with Shimoda Kageki, who I did not know at first (I`m going to pull the “I wasn’t raised here” card) but a quick google search later revealed that I had been missing out on knowing one of the most iconic people in Japanese fashion ever. 

I first thought of Boy George, but it was pointed out to me that since Kageki is a Naoki Award-winning author and essayist (akin to the Pulitzer Prize), he is more akin to the legendary Quentin Crisp from the UK.
 
少し前のことにはなりますが、タイツブランドのTokoneから連絡があり、”シモダカゲキ”という人のスタイリングをやることになった。その時彼の事を知らなかった私はすぐさまインターネットで調べると(すみません、海外育ちだと言い訳にいうしかございません)、出てくる出てくる”志茂田景樹”さんの画像。どうやら聞くところによると、彼は日本のお洒落ピープル史上最重要人物のようだ。
 
一見した私の印象は、80年代のニューロマンティックのような中性的なスタイルから、日本のボウイジョージのような方なのかとお見受けしたが、実際には志茂田景樹さんは直木賞受賞作家で、エッセイストとしてもよく知られているそうで、どちらかというとイギリスの伝説の作家クウェンティンクリスプの方が的を得ているように感じた。
 
 British author Quentin Crisp
 
I was to style Kageki-san for the Tokone lookbook, wearing Tokone’s creative director Hatsuki Sugai’s “kamakiri” tights. Why hire a mature man for a tights campaign? Well, his legs are AMAZING and him wearing colorful tights and leggings is his signature style anyway. “Surprisingly, this is the first time I`ve ever modeled for a tights brand though!” he admitted.
 
その個性的なスタイル、カラフルな髪色、そして男性でありながら日常的にタイツを愛用していることから知る人ぞ知るファッショニスタとしても敬愛される彼が、今回Tokoneのルックブックモデルを務めるということで、少し聞いただけでも何やら面白いことになりそうな気がしてならなかった。Tokoneのクリエイティブディレクター、菅井葉月さんは以前より彼にモデルをお願いしたいと考えていたそうで、今回ついに念願かなってあの美脚にTokoneのタイツを履かせることになった。”タイツは普段から履いていますけど、タイツのモデルになったのは初めてですよ”と笑う志茂田景樹さんは、その奇抜な装いからは想像もつかないほどに物腰が穏やかな紳士でした。
 

tokoen_kageki3

Looking at Kageki, I knew that I HAD to get him in Tokyo-based philosophical brand Writtenafterwards without a DOUBT. I also pulled in favors from Mikio Sakabe and Prism Gem for head gear.
He was so gracious and wore anything I asked of him, including the net dress with a stuffed tiger body on it by Writtenafterwards— he even stayed longer and let us shoot an extra shot! Thank you so much, Kageki-sensei.
 
With this, we have our complete TOKONE catalog! These are sold online, and you can ALSO get them at Isetan at my SOEN x Isetan pop-up shop! Remember, it finishes at 8pm on Tuesday so hurry up!!
 
今回の衣装は、彼の独創的な世界観を最大限に生かすべくWrittenafterwardsのショーピースにMikio Sakabe、Prism Gemのヘッドピースで一切の引き算無しでスタイリングしました
 
しかし私が渾身のセレクトで用意したアヴァンギャルドな洋服も、彼は至って平然と着こなしカメラの前へ。恐るべし志茂田景樹先生 (しかも髪の毛の色までーー!)…
 
そしてこの写真を収めたTokoneのブランドカタログがついに完成したとのことで、是非皆さんこちらのオフィシャルウェブサイトをご覧下さい!Tokoneのタイツはこちらのオンラインショップをはじめ、今週火曜日まで開催中の装苑と伊勢丹のポップアップストアでも販売しています!こちらは期間限定なので急いで! ミーシャのタイツだって、オンラインは完売しているものの、ポップアップには数本あります!

プリント プリント tokone_kageki2

tokone_kageki4

tokone_kageki5

tokone_flyer_0402-2

ウチのコラボタイツは真ん中の”Sweet teeth”のもの! I designed the middle ones “Sweet Teeth” with Tokone ^^
You can pre-order online here . こちらで予約できます

to-ko-ne.com

”ネオン色のナイトドリーム”モードページ、新ワークスを公開!これがデジタル時代のゴスビューティー?Feat. ARMANI、VERSACE、PRADA、MIU MIU、BURBERRY …

newtide-nightdreamer-in-neon

DIANE VON FURSTENBERG

Whenver I get together to shoot with longtime collaborator Maciej Kucia (of GQ Japan, etc) we end up doing a lot of dark futurism. In fact, it’s been like that since we started shooting 7 years ago— but what we tried to accomplish way back when looks absolutely stunning now that we’ve honed our skills. It helps to have beautiful clothing from the world’s top brands on hand and the gorgeous face of Nana who pulls off the punk look ever so gracefully. The hair and makeup really made this shoot extra special and I had another longtime contributor Ebara Masanao and KEN work their magic. Please see all the photos below and if you feel so inclined, let me know what you think!

昔からお付き合いしてるフォトグラファーのMaciej Kucia (GQジャパンなどで大活躍)と久し振りにコンビを組んでNEWTIDE誌でモードページを撮影しました。二人ともアマチュアだった時から作品撮りをしてたけれど、いつまでも近未来系が好きな私たちの作品はどうしてもサイバーちっくな雰囲気を放ってしまう。あの時の作品より、現在プロになったことから今回の作品はずいぶん素敵なものが出来上がりました。ダークなビューティーは黒のとどまらず、ネオンやアシッド色などもゴスパンクなテイストをする。これこそが新しいゴス スタイル?ヘアとメイクなしにはできなかったものはEbara Masanao と KEN(AVGVST)のおかげ〜そして、世界の誇るトップブランドの服もパワフル。 写真ご覧ください!ご意見もどうぞ!

NT_253470_Fashion_S2.indd

EMPORIO ARMANI

 (I made all the masks- they looked great! マスクは今回ぜんぶミーシャ手作りでした〜)

NT_253470_Fashion_S2.indd

 ETRO

NT_253470_Fashion_S2.indd

 VERSACE

NT_253470_Fashion_S2.indd

 ROBERTO CAVALLI

NT_253470_Fashion_S2.indd

 MIU  MIU

NT_253470_Fashion_S2.indd

 BURBERRY PRORSUM

NT_253470_Fashion_S2.indd

 SALVATORE FERRAGAMO

NT_253470_Fashion_S2.indd

 

PRADA

Creative Director/Stylist: Misha Janette
Photography: Maciej Kucia (AVGVST)
Makeup: Ebara Masanao
Hair: KEN (AVGVST)
Model: NANA (Bellona)
Fashion Assistant: Shunsuke Okabe

See more of my work here / ミーシャの作品ブックはこちら

東京ファッションウィークのコーディネートダイアリー2日目:毒々しいワンダーby WONDER ANATOMIE

JWF-MISHA-LOOK-0072

Today was a day of joy and sadness. It started off on an uplifting beat with a show by Christian dada that was both on-point and challenging (in a good way) at the same time. If this is one road that the new generation of Japanese fashion is taking, then we should get ready to run it!

Then a few hours later it was announced via WWD Japan that their venerable editor in chief Kaz Yamamuro died this weekend from a heart attack. 
 
Did not see that one coming.
 
Utter…shock. 
 
今日は、喜びに酔いしれる瞬間と悲しみに明け暮れる瞬間が入り混じった怒涛の一日でした。まず朝一で見たChristian Dadaのショー。若手の中でも抜群の勢いのあるこのブランドのコレクションは、コンセプト、ディテール共に高い完成度が感じられ見ていてワクワクした。ニュージェネレーションと呼ばれる世代がこの勢いに続いてくれたらどれほど心強いか。そうしてショー終わりでレポートを書いていると、突如舞い込んできた全く予想だにしなかった訃報。WWDジャパン編集長の山室一幸さんがお亡くなりになったのだ。あまりの突然のことに、記事を書く手を放り出し何度も聞き返す始末。死因は心筋梗塞だったとのこと。
 
かける言葉が見あたらない。
 
とにかく、ショックでならなかった。
 
ALL PHOTOS Mami Tanabe for TfD
 
YAMAMURO-0355
Kaz dancing to “Gagnam Style” in front of PARCO last October
パルコ前で山室さんの笑いながら踊るGangnam Styleの姿
 
He was one of the most open minded and supportive people in this industry. He went to see young people’s fashion shows and always even treated me as an equal-never once patronizing me, and in fact was always laughing at my stupid jokes and was genuinely interested in what I had to say. Last I saw him was at a private seminar with Elle Girl editor in chief Sumin and iSook this year, and before that the overworked man showed up to my “Gangnam Style” flash mob in Shibuya last season to participate unanounced! I had casually mentioned I was doing it as we sat next to each other at a fashion show,  bitching about the dearth of brands in the world because some people have too much money but no taste…. *ahem* he talked real. And at my flash mob, he was undoubtedly the sharpest dressed, in what appeared to be a tailored brand-spanking-new full-body nike running suit. It was a sight to see.
 
May he rest in peace, and his enthusiasm for fashion will hopefully carry on to the next…
 
権威あるインターナショナルファッション誌の編集長でありながら、業界きっての広い心とサポート精神を持っていた彼は、若手デザイナーのショーにも足繁く通い、彼らの話を対等に、そしていつも大きな包容力を持って迎え入れていた。私の話にも常に真摯に耳を傾け、くだらないジョークにもいつも笑ってくれた山室さん。最後にお会いしたのはプライベートセミナーで対談させて頂いた時。その前には、ファッションウィーク期間中に開催された渋カル祭で私が企画したフラッシュモブに、飛び入りで参加して下さったのもはっきりと覚えている。そのシーズン、あるショーではそのブランドの裏事情を明け透けに話しながら、リアルとは何かということについて熱く語っていた。
 
これほどの大きな存在を失って恐らく、業界中が今焦燥しているに違いありません。とにかく、深く深くご冥福をお祈りすると同時に、彼の信念が今後の世代に受け継がれていくことを切に望みます。
 
 
Aside from that bit of  a wrench, today was a wonderful day. I celebrated life in the fashion lane by wearing an outfit from Bangkok-based brand Wonder Anatomie, one of my favorites. He specializes in kaleidoscope prints, 3D accessories and vinyl exoskeleton parts. I paired it all with my United Nude x iris Van Herpen shoes for a bit of  a sporty touch.
 
とはいえ悲しみに暮れるばかりではいけません。ということで今日のコーディネート。今日はタイはバンコクの注目デザイナーWonder Anatomieでトータルコーディネートです。カレドスコープのプリント、3Dアクセサリー、ビニール素材のパーツがキャッチーなこのブランドの洋服には、United Nudeとiris Van Herpenのコラボシューズでスポーティーなテイストを加えました。
 
 
JWF-MISHA-LOOK-0111
 
JWF-MISHA-LOOK-0110
 
JWF-MISHA-LOOK-0109
 
JWF-MISHA-LOOK-0106
 
JWF-MISHA-LOOK-0104
 
ALL clothing, hat, leggings, corset and necklace 洋服すべて: WONDER ANATOMIE (from Bangkok!)
Shoes シューズ: Iris van Herpen for United Nude
Watch 腕時計: ODM
Ring リング: Masaya Nishimura
Bracelets バングル: NYC purchase
Wig ウィッグ: PLUMB
 
tokyo-fashion-week-style-file
 
ちなみに、今季もstyle.comにレポートを寄稿してます。英語がお上手な方は是非読んでみてください。やはり世界が注目してくれるのはうれしいね。今日は Mastermind, Christian Dada, Dressedundressed, MintdesignsとAlice Auaa。
I`m putting up daily round ups on style.com so be sure to set your mouse over here and CLICK away– it’s great to see the world paying attention!