カテゴリー CategoryPhotoshoots | フォトシューティング

Misha-Revlon-november-blue-dress-beauty-©-Celia-Humphries

 

“黒を着る女性はカラフルな人生を送る” シリーズ第三弾!そのコンセプトは抽象的にいうと、外から見る現代社会の街が濁った色に見えてくるのに実は個人個人の人生は鮮やかな色にキラキラしている。そして、分かりやすく言うと、黒を着たって、ブライトで、想像力高い女になれない訳がない!日常の「普段」の中でも、しっかり目を開けて想像して、夢に生きて、そしてあなたの人生をまばゆいばかりに輝かせよう。それをバッグに詰めてプチ旅に出るとか…また、通勤の時だけでも!全ての経験があなたの人生のキャンバスを色づけるでしょう。ほら、世界はカラフルに!!

Girls in black lead colorful lives Vol. 3. In the city we go about our days with all of the mundane details and thoughts sinking into each other like a muddy grey puddle. But open your eyes and imagination, live your dreams, and make your life blindingly colorful. Whether that means packing your bags and going on an adventure or just trying a new restaurant, or daydreamig on your way to work… every experience adds another shade of color to the canvas of our lives. And you don’t need to wear the equivalent of a light-up Christmas tree to prove YOLO. So how colorful is your life?

 

Misha-Revlon-november-black-white-station-©-Celia-Humphries

 Photos: Celia Humhpries

 

L1031230Aug-18-2014©-Celia-Humphries

For the newest issue (No. 7) of IDOL Magazine, I styled a shoot featuring some of Japan’s best AW2014-15 looks. The magazine hails from the UK and has no qualms about exploring the boundaries of fashion photography, the clothing, and it’s subjects. It’s consistently one of the most fascinating and high-quality fashion magazines from the country and has a permanent spot on my inspiration board.

For our shoot, we had a good to evil transition (or is that good *is* evil?), a transgender story, inspiration from clown cults, inspiration from regular cults, and lots of “find the wrong kanji” which is like the Where’s Waldo of Japan but a million times harder. I am obsessed, yes. Check out the freaky feature below.

IDOL Magazineの最新号で、2014-15秋冬の今回のミーシャ的ベストルック In ジャパンのスタイリングをしました。このファッション誌はイギリス発で、ファッションフォトと服の境界線を取っ払うことをテーマにかがげ、実際にそういうクリエーションを世にだし続けていることは疑いようもない。ミーシャのインスピレーションボードにいつもアイデアをくれる、魅力的なファッションマガジンIDOLのクオリティは、抜群の安定感を誇る。

今回の撮影では、栄光にすがる信仰者やカルト的な文化からインスピレーションを受けたトランスジェンダーストーリーを背景に、悪(悪は悪でもいい悪?) の遷移を表現。また、”ウォリーはどこ”?的な、でも100倍難しい、”漢字の間違い探し”をデザイン背景に。ミーシャも取り付かれたわ。この先に広がるすこし異常な恐怖をチェックしてみて。

 

Above: mintdesigns
http://mint-designs.com/

 

idol-DHYUYiU7FM_IueqjT5jdIwzU0f9CrZ_9Z2PMvO75Mmg

 G.V.G.V.
http://www.gvgv.jp/

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティに住むガールはモノクロのワードローブで勝負することが基本。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身もこういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…浴びるスポットライトだって追いつかないでしょう。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”ってありますよね?ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたに本物の色をリアルに身につけなくても、“さし色”をつくることができるの…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私の”さし色”にしている。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.

 

NOIR-Misha-edition-cropped-©-Celia-Humphries

Black is the city girl’s uniform. The newest label from Comme des Garcons, NOIR by Kei Ninomiya, is the perfect engineer for a modern urban wardrobe. The architectural details here are provoking but not overbearing; they’re ready to provide forgiving armor for the daily grind. But black doesn’t mean boring.

You see, women who wear black lead the most colorful lives….

『黒』は都会に住む女性のユニフォーム。黒を前提にした「NOIR by Kei Ninomiya」はコムデギャルソン発若手ブランド。これなら、シティガールのワードローブをサポートする最適なパトナーのではないか。…この構築的なディテールをソフトに落とされたことで、日常におけるバトルの甲冑になってくれると同時に着心地のよさをキープ。でも『黒』ばかりって、けして面白いわけじゃない…っけ?いや、違う。 だって、黒を着る女性はカラフルな人生を送ってるから。

ほら…

NOIR-Misha-grafic-opening-©-Celia-humphries

celia-unnamed
Celia has the most imaginative selfies ever. Have you ever met a hot ex-model French fashion photographer who wears head-to-toe Vivienne Westwood (heels and miniskirts while shooting, of course) and has an imagination that’s a cross between Tim Walker and Takashi Murakami? I wish it were me. But no, it’s the seriously talented up-and-coming photographer Celia Humphries. I’m here with an interview, and to show off her self-portrait series.. she’s definitely upping the ante of selfies…

全身ヴィヴィアンウエストウッドを身にまとって(もちろん撮影中でもヒールでミニスカー ト!)。そして、ティムウォーカーと村上隆の中間のようなイマジネーションをもった元モデルのフレンチガールのフォトグラファーに会ったことはある?彼女は、素晴らしい才能に恵まれたホットな子、セリア・ハンフリーズ。これからインタビューを通して彼女のセルフポートレイト(自撮り)をお見せします。まさに、物語る自撮りの番長が登場!

celia-Light-sleeper-©-Celia-Humphries
“Light Sleeper”
“An obvious play on words since the character is  levitating in her sleep. The funny thing is the idea for this one came from a dream I had a year ago where I was putting this shoot together! “
“うたたね”
“主人公が眠りながら宙に浮いているとこ ろから、見た人は、すぐ彼女がうたたねをしていることがわかるはず。面白いことに、私がこの撮影をした一年前、このような夢を実際に見た の。

facetasm-Misha-1-Diner-©-Celia-Humphries copy

Come rain, come post-modern cataclysm, nothing can keep an all-American girl from her beef on bread at the neighborhood diner….

雨よ来い。ポストモダンの波よ来い。誰もアメリカ人の少女が近所のあのダイナーの不思議なバーガーをほおばるのを止めることはできない。

 Photos: Celia Humphries
Direction: Misha Janette
facetasm-Misha-5-Roller-Girl-©-Celia-Humphries