カテゴリー CategoryTokyo East-West Life |日本⇆海外ライフ

boyish-style-tokyo-crossdressing-13

Japan takes “tomboy” to another level. What about females who dress as boys, talk like boys, are treated as boyfriends, and become famous as boys? It’s more than just pants and pressed collars and goes WAY beyond just being a fashion trend. It’s called “boyish-kei” (ボーイッシュ系 ) and it’s *fascinating*.

日本はトムボーイを進化させた?女の人が男として着飾って、男の様に話して、仕草なんてまるで彼氏。最終的に男として有名に?ただ、パンツをはいてきりっと衿付きシャツを切るだけじゃなくてファッショントレンドの上を行くそのファッションは、ボーイッシュ系と呼ばれる。うーん、魅力的!

 

boyish-style-tokyo-crossdressing-16

「セレクトショップ」という発想は、もう21世紀にはあてはまらない?

select-shops-united-arrows-1

Japan has the largest number of mixed-brand boutiques, or “select shops” in the world. But is the idea of the “select shop” going to die out?

日本は世界でもトップクラスの数のミックスブランドショップやセレクトショップを持つ。が、セレクトショップの概念は変化しつつある。

select-shops-miu-miu

Will only flagship stores survive? 生き残るのは、オンリーショップとフラッグシップショップ?

 

2014年行きたくなる東京の新ショップをリストアップ!原宿、表参道、青山 編

Japan had been having a rough time in the retail sector the past couple of years but 2013 saw a slew of new store openings, including ever more luxury brands as well as edgy street outlets. Take a look at this list the next time you want to find some new shops to visit in 2014

2013年は見事にショップOPENが相次いだ。その中で、行く価値ありのお店をピックアップしたいと思います。2014年のショッピングに参考できるリストをどうぞ〜

Harajuku/ Omotesando/ Aoyama

Christian Dada

christiandada-harajuku

Popular Tokyo-based high end brand Christian Dada’s first shop. Think studs and gold embroidered yakuza tattoo motifs on sharp, slim jackets. Lady Gaga and KISS have worn designer Morikawa’s designs. 

新店舗は、デザイナー森川マサノリが最も影響を受けたという街、原宿に出店。「CHRISTIAN DADA」は、「アドッセンス(思春期)性を持ったプロダクトアウト」をコンセプトに、服を単に「着る」という概念にとらわれず、各個人のアイデンティティを1つのツールとして表現しているブランド。Fashionsnap

住所:渋谷区神宮前3-26-2 NS-Tビル B1F
 営業時間:11:00-20:30

 2014年行きたくなる東京の新ショップをリストアップ!渋谷、代官山、銀座、丸の内 編

Japan had been having a rough time in the retail sector the past couple of years but 2013 saw a slew of new store openings, including ever more luxury brands as well as edgy street outlets. Take a look at this list the next time you want to find some new shops to visit in 2014

2013年は見事にショップOPENが相次いだ。その中で、行く価値ありのお店をピックアップしたいと思います。2014年のショッピングに参考できるリストをどうぞ〜

 

Shibuya

Madstore Undercover 

 undercover_madstore_shibuya-001-thumb-660xauto-213879

This concept store by Undercover is found on the 1st floor of Shibuya PARCO and sells diffusion lines SueUNDERCOVER and JohnUNDERCOVER as well as accessories and other small goods from the main line.

「SueUNDERCOVER」と「JohnUNDERCOVER」のほか、「UNDERCOVER」のベーシックラインや小物雑貨などを編集して販売する初のコンセプトショップとなる。Fashionsnap

MADSTORE UNDERCOVER
 住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコパート1 1F
 TEL:03-3464-5111(代表)

 

新年おめでとうございます!東京ファッションダイアリーより “毎日がランウェイな2014年を!”

happynewyeargreeting2014x

 

東京ファッションダイアリーとミーシャジャネットから ”毎日がランウェイな2014年を”! 皆様、2013年は大変お世話になりました。おかげさまで2013年は上達、延長、発達、猛烈、情熱な年でした。 2014年もよろしく願い申し上げます。

Happy New Year 2014! 2013 ROCKED.  Imma keep on keepin’ on. Much love from Tokyo-

 

x
M

“ゆる”ブームを呼んだ2013年。2014年は”ゆるくない”スタイルでいきましょう!

yuru-chara-1

The word of 2013 in Japan is “rin 輪” or circle, but I would nominate “yuru 緩” for loose.  Yuru- is a prefix added to anything to make it seem like you’re not really trying.  It started as a fashion genre of loose, baggy clothing or leisure-wear but the whole “yuru-kei” has taken on a life of its own reaching into all aspects of life. What started as a cool “out” for people to take it easy and stop being so perfectionist has become an excuse for being  “half-assed”. Thatz not okay.

いよいよ2014年ということで今年の振り返りと来年の抱負と決意を。 まず、今年流行ったことのなかにみんながみんなフォローすべきなのかな?と思ったことがあった…

2013年はいわゆる”ゆるブーム”が目立ってたけど、2014年はゆるく”ならない”スタイルの年にするなんてどう?
yuru-ezgif-save2
ゆるくないスタイルで

 ダイアンペルネ、エレンヴォンアンワース、福島リラを迎えたドンペリニョンナイト

dom-perignon-tokyo-1

Tokyo is without a doubt one of the most fashionable cities in the world with so many fans of fashion and knowledge about style. Couple that with an obsession with beautiful presentation, the best restaurants in the world and dedication to hospitality and you have one of the best cities in the world. But despite the outward appearance of tokyo being a glamorous metropolis you might be shocked to find that it is very rare to find opportunities to dress up to the nines and expect interesting company. One of the many complaints I hear here in regards to cocktail dresses and other fancy clothes is “The dress is beautiful but I have nowhere to wear it to!” 

東京は間違いなく世界的に見ても、たくさんのファッション・ファンとスタイルの知識人たちが存在する、最もファッショナブルな都市であると言える。それと、美しい町並み、最高のレストラン、至極のおもてなし精神とを合わせたら、東京は世界で最も素敵な都市だ。東京という都市の外面を見たとき、華やかな都市という印象を受けるが、その一方で自分を着飾り、ドレスアップする機会もなければ、そういう場で刺激的な交流をすることもほとんどないというのが現実だ。私が東京にいてよく耳にする不平は、「カクテルドレスやおしゃれな洋服は素敵だけど、それを着ていく場所がない」ということだった。

dom-perignon-tokyo-1s_170

フォトグラファーTANABE MAMI が送る東京へのビジュアルなラブレター。第一話。

mami-tanabe-dec-16

Young photographer and artist Mami Tanabe welcomes us into her Tokyo, a limbo of reality and poetic fantasy. A love letter to the calm among the chaos. Enjoy.

若手フォトグラファー、アーティストのTanabe Mamiが彼女のレンズを通す、カオスと冷静の間に存在する東京へ招きしてくれます。ご覧下さい。

mami-tanabe-dec-4

 

“Love Me”