カテゴリー CategoryParties | パーティーレポ

louis-vuitton-omotesando-2015-9

ルイ・ヴィトン社が1854年に設立。その頃の日本は終わりかけていた江戸時代(~1868)だったが、芸者や浮世絵や歌舞伎など様々な芸術が生まれたアート豊富な時代だった。そしてルイヴィトン表参道店ができた2002年、 それから13年が経った今年のはじめにリニューアルのために一時クローズをしていたが、先週とうとうそのお披露目パーティが開かれた。そのパーティですが、江戸時代を讃えた装飾が施され、季節にぴったりの”江戸時代お花見”をテーマにした豪華なイベント。ドアの向こう、生きた桜の木が!そしてドアマンの姿はなんと忍者そのもの!さらに、大人気若手歌舞伎役者の尾上松也氏による歌舞伎パフォーマンスも観る事が出来た。まさに、時空を超えた空間がそこには広がっていた。

Louis Vuitton was founded in 1854, which was the end of the era known as “Edo” in Japan (~1868) and a period in which a number of treasured arts such as geisha, ukiyo-e, and Kabuki were born. Louis Vuitton’s Omotesando store has only been around since 2002, but on the occasion of its 13th birthday, the interior saw a total remodel and re-opened earlier this year to the public. Finally last week we were invited for a housewarming party which paid tribute to the Edo period with a traditonal cherry blossom party (o-hanami). A live blooming sakura tree commanded the center of the room while ninjas manned the door, and we were treated to a Kabuki performance by one of the most popular and promising young Kabuki actors Matsuya Onoe. As you’ll see, it was a trip through time in more ways that one…

 

louis-vuitton-omotesando-2015-8

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
私の好きな英語の表現、「Like bees to honey」。蜂が甘い蜜にわんさと集まるというように、東京っ子が大好きなMiuMiuの新ショップとそのパーティで大集合した。そう、盛大で美しいパーティが行われ、そこには国内外の業界人や有名人(夏木マリ、梨花、菊池凛乎など)、中には広告を飾っている女優のミアゴスも招待されていたり、しかもラフシモンズとそのボーイフレンドといったスペシャルゲストまで招かれ(なーんて噂を聞いて)、とても盛り上がった。
 世界屈指のショッピングストリートに成長しつつある表参道、そしてミュウミュウ青山店から目が離せない。
Tokyoites love miumiu like they love drinking on weekdays. So it was no surprise that a new standalone boutique on Omotesando would make for incredible fanfare. Yes, there was a huge, beautiful party that brought out the ENTIRE industry from here Beijing to Denmark. They even invited over the actresses in their current ads like Mia Goth, and even had special guest Raf Simons and his boyfriend to Tokyo to join in the revelry.Take a look at the recent addition to possibly the world’s most decadently decorated shopping street in Aoyama, Tokyo.OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Screen shot 2014-09-28 at 4.55.22 PM

ファッションが自分自身の世界観をつくるのにとても重要な役割を担うように、メイクアップもまた大切な要素。ミーシャはハードコアなファッションムードのときに Make Up For Everというブランドの黒やオレンジのリップを使っているよ。この”ファッション”コスメティックブランドは世界でトップを争うブランド。なぜなら、数多くのファッション界やエンターテインメント業界のメイクのプロフェッショナルに愛用されているから。

今LVMHの一員となったこのブランド。創設者でありメイクアップアーティストのDany Sanzはメイクアップ界の革命児。ファッション界でいうコムデギャルソンのようで、業界にはDanyスタイルの作品がたくさんあるのだ。ミーシャは今回、パリでファッションウィーク中に開かれたこのブランドの30周年パーティに招待していただいた。また、ヨーロッパの”ハリウッド”といわれるところにも足を運んだ。そこでちょっと意外なサプライズが…。

”ファッションはあう意味アートだ” に共感するみなさん、メイクアップだってそうなのですね(男性にも特別なメッセージある!↓↓ )さて、先へ…

As much as I believe fashion is an utmost important factor in creating your own unique world and persona, there’s a LOT to be said about how makeup helps us get there. And the Make Up For Ever brand- which I use when I am in the mood to be hardcore about my personal style (think black or orange lipstick) is one of the most “fashion” cosmetics brands in the world. I say that because of how it is actually one of the most widely used brands by all makeup professionals in the fashion and entertainment business.

Owned by LVMH now, the founder is actually a makeup artist herself, Dany Sanz, and she’s a Goddess in the makeup community… a game-changer like Comme des Garcons. There is a lot of art involved here in Dany’s style… so I was honored to be a guest at their 30th Anniversary Party held in Paris during fashion week. I also visited the “Hollywood” of Europe, where there were some crazy surprises in store. If you believe fashion is art, then makeup is all that and more. Read on…

THE ART OF ILLUSION


stan-smith-launch-tokyo-adidas-9

There is absolutely no doubt about it, the world is a sneakerhead. From the streets, to couture, and back to the streets, I think the fashion pack is going to be split into two gangs this year: are you stan or not? 

Perhaps that’s why the re-release of the Adidas original signature tennis shoe, the “Stan Smith” is making such a deafening buzz. Suddenly, sneakers are the hottest thing around.

世界規模のスニーカー旋風がきてる。 ストリートからクチュールへ。最近のファッション界はもう1度ストリートに注目しようっていう流れがあるけど、今年はふたつのグループに別れるんじゃないかなとミーシャは思う:ヒールファッショニスタとスニーカーファッショニスタ/

スニーカーに魅力を感じ始めたのは私だけじゃないと思う。だから今回の「もっとも知られているスニーカーモデル」のスタンスミスの復刻について、ハイファッションまで話題がわいてた。シンプルに親しいからこそ、斬新さを感じるかも。

Embedly Powered

 

 

video from shiolle 

 ダイアンペルネ、エレンヴォンアンワース、福島リラを迎えたドンペリニョンナイト

dom-perignon-tokyo-1

Tokyo is without a doubt one of the most fashionable cities in the world with so many fans of fashion and knowledge about style. Couple that with an obsession with beautiful presentation, the best restaurants in the world and dedication to hospitality and you have one of the best cities in the world. But despite the outward appearance of tokyo being a glamorous metropolis you might be shocked to find that it is very rare to find opportunities to dress up to the nines and expect interesting company. One of the many complaints I hear here in regards to cocktail dresses and other fancy clothes is “The dress is beautiful but I have nowhere to wear it to!” 

東京は間違いなく世界的に見ても、たくさんのファッション・ファンとスタイルの知識人たちが存在する、最もファッショナブルな都市であると言える。それと、美しい町並み、最高のレストラン、至極のおもてなし精神とを合わせたら、東京は世界で最も素敵な都市だ。東京という都市の外面を見たとき、華やかな都市という印象を受けるが、その一方で自分を着飾り、ドレスアップする機会もなければ、そういう場で刺激的な交流をすることもほとんどないというのが現実だ。私が東京にいてよく耳にする不平は、「カクテルドレスやおしゃれな洋服は素敵だけど、それを着ていく場所がない」ということだった。

dom-perignon-tokyo-1s_170

 人気”it”ガールのオリヴィアパレルモ来日、フルラがモッズなジェリー系 Candybag バッグを発表furla-bags-olivia-palermo-tokyo-2014-bag4

There are two types of women in the world: those who match their bags to their outfits daily 

And then the other type, who has one bag every season and uses it every day until the bag really just wants to run away from the abuse.

Which type are you? 

世界には二種類の女子が存在する : 服に合わせてバックを日々変える子。と、バックの寿命が来るまでひとつのバッグをずっと持ち続ける子(または飽きるまでw)。
 
あなたはどっち派?

 furla-bags-olivia-palermo-tokyo-2014-10

Misha, Olivia Palermo ミーシャ、オリヴィアパレルモ

 ソーシャルメディアはブランド同士の試合なら、マイケルコースは勝てるでしょう。スーパーモデルのミランダカーと本人来日パーティーの「インスタ天国」

michael-kors-tokyo-hh2
 
If there’s any brand that knows the most about the modern generation of the Facebook/Twitter/Instagram obsessed population, it’s Michael Kors. And thanks to this digital savvy they are one of the most successful and well known brands on the planet.
 
アメリカで、Facebook, twitter, instagram中毒の若い世代の心を一番がっちり押さえてるブランドは、間違いなくMichael Kors だろう。デジタルの手腕に拍手、Michael Korsは彼らのおかげで最も成功した有名なブランドとなった。
 
michael-kors-tokyo-5
 
 

NYCでパーティに入るのが苦戦!その勝利を見せたDKNY 25周年記念ではリタオーラ、イギーアザリア、A$APロッキーと寛げた結果に…!!

dkny-25th-anniversary-party-rita-ora-new-york-9
Going to fashion parties in NYC during fashion week is always a journey. You could have your invitation, RSVP-ed, gotten put on the VIP list, and you STILL might get the dis at the door. You gotta be Miley Cyrus’ sister to get in anywhere (does she have a sister? That might be an idea…pretend to be Miley’s sister… just stick your tongue out and twerk past the rope).
 
​It was DKNY’s  *HUGE* 25th anniversary party and Rita Ora was set to perform after she walked on the runway for the show. Her friend and photographer Damon Baker hooked me and his friend, the world’s #8 male model Ben Allen up and we set out to have our adventure.
 
ニューヨークファッションウィークの間にそこでパーティーに行くことは、旅の一つだ。みなさんが挨拶の添えてある招待状を受け取り、さらにVIP リストに乗ることができたとしても、それでも”まだ”入り口のドアの前で拒否されるかもしれない。みなさんはどこにでも入って行ける、Miley Cyrus の姉妹のようでなきゃならない。(彼女には姉妹がいたかな?でもそれは一つのアイデアかもしれない。Miley の姉妹のふりを装ってみて。ただ舌を出して、そのままロープをスルーして歩いていけばいいかも。w 想像してみな!)
 
それは DKNY の “巨大な” 25周年記念のパーティーだった。Rita Ora はショーでランウェイを歩いたあと、パーティでパフォーマンスを披露することに。Rita の友達とフォトグラファーの Damon Baker は私と彼の友達をうまい具合に捕まえた。世界第8位の男性モデル Ben Allen が起き上がる。 それから私たちはちょっとした冒険をしてみようと試みる。
 
dkny-25th-anniversary-party-rita-ora-new-york-4
Ben, Iggy Azalea, Damon, Me…ここまでできたのには…?