カテゴリー CategoryOutfits | コーディネート

MISHALOOKDAY2_MBFWT15_16aw-4

月曜日とはうってかわって、今日はすごくいい天気。なんか、シンデレラみたいに青い鳥が飛び立ちそうな感じ。おかげでおしゃれにも気合が入る。ひとりでせかせかと完璧に身支度を整えるべく準備に勤しむ。移動の車の中、窓を開けてきれいな空気を取り込み、少し手を出してネイルを乾かす。触ったら台無しだからね。

Compared to Monday, today was so bright and cheery I felt that little cartoon bluebirds were going to fly through my window and help me get dressed. Instead, I went it at it alone and managed to leave fully clothed somehow. In the car, we rolled down the windows to let in fresh air, and I stuck my hands out, letting the wind dry the last of my sticky, unfinished polish.

imageShine a light on… Beautiful People ビューティフルピープルの電球柄

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティに住むガールはモノクロのワードローブで勝負することが基本。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身もこういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…浴びるスポットライトだって追いつかないでしょう。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”ってありますよね?ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたに本物の色をリアルに身につけなくても、“さし色”をつくることができるの…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私の”さし色”にしている。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.

 

NOIR-Misha-edition-cropped-©-Celia-Humphries

Black is the city girl’s uniform. The newest label from Comme des Garcons, NOIR by Kei Ninomiya, is the perfect engineer for a modern urban wardrobe. The architectural details here are provoking but not overbearing; they’re ready to provide forgiving armor for the daily grind. But black doesn’t mean boring.

You see, women who wear black lead the most colorful lives….

『黒』は都会に住む女性のユニフォーム。黒を前提にした「NOIR by Kei Ninomiya」はコムデギャルソン発若手ブランド。これなら、シティガールのワードローブをサポートする最適なパトナーのではないか。…この構築的なディテールをソフトに落とされたことで、日常におけるバトルの甲冑になってくれると同時に着心地のよさをキープ。でも『黒』ばかりって、けして面白いわけじゃない…っけ?いや、違う。 だって、黒を着る女性はカラフルな人生を送ってるから。

ほら…

NOIR-Misha-grafic-opening-©-Celia-humphries

facetasm-Misha-1-Diner-©-Celia-Humphries copy

Come rain, come post-modern cataclysm, nothing can keep an all-American girl from her beef on bread at the neighborhood diner….

雨よ来い。ポストモダンの波よ来い。誰もアメリカ人の少女が近所のあのダイナーの不思議なバーガーをほおばるのを止めることはできない。

 Photos: Celia Humphries
Direction: Misha Janette
facetasm-Misha-5-Roller-Girl-©-Celia-Humphries

 

 

mm62-Misha-skye-Celia-Humphries

Sample sales are amazing. I am an muthereffin EXPERT at traversing the sample sale scene, and coming out with perhaps the weirdest, most head-scratching pieces in there. But I employ them like a pro. Take this Martin Margiela MM6 shirt piece. It’s the orange thing in the photos. It’s just a front piece of a tuxedo shirt or jacket, like the bib/collar. It’s basically a necklace and offers no real coverage. It is an illusion, and enigma, but damn if it’s not cool (it’s em em six, afterall!). 

サンプルセール大好き。ミーシャはサンプルセールめぐりのエキスパート。サンプルセールでは、クレイジーで一瞬なにこれ?って思うような服を見られる。でもやっぱりプロの仕事だから素敵なんだよね。このマルタンマルジェラMM6(エムエムシックス)のシャツとか見て。オレンジのなにかが写ってるでしょ?実はそれ、タキシードのビブカラーのパーツ。イリュージョンか?ほんと突拍子もない発想だよね。でももちろん、かっこ良くなかったら意味ない (MM6はかっこいいに決まってる)。

 

Photos: Celia Humphries

mm623-Misha-sky-raven-web-©-Celia-Humphries

Misha-toga-2014-spring-©-Celia-Humphries

Inspired by the new TOGA SS 2014 collection and a request from Singapore’s JUICE magazine for an “outfit pic”, I called up photographer Celia Humphries and we planned the most epic “outfit pic” we could muster. “I AM NOT A STYLE BLOGGER!” is something that was always kind of my personal tagline… Go ahead and call me a hypocrite. But don’t call me boring….

 シンガポールのJUICEという雑誌からインタビュー + コーディネートの写真を載せたいとオファーをもらったミーシャは、TOGA2014ssコレクションにインスピレーションを受けたスタイリングを、フォトグラファーのCelia Humphriesとタッグを組んで撮影した。話し合った結果、ふたりだからできる”大作”をつくろう!と気合い十分。ミーシャのモットーである”I AM NOT A STYLE BLOGER! ( ”私はストリートでポージングしたコーデを紹介する、というようなブロガーではない!”)はちょっとした自慢。  でも今回はとっくに楽しくコーデを撮影できたおかげか、そのいいところがすごくわかった。 偽善者と言いたければ言っていいけど、「面白くない」とは言えないから私はそれでいいわ…w
 

超レアのバルムングAW2013のヒロインアイテムがあなたのクローゼットに!

balmung-japan-2013-10

So I`m experimenting with a new exciting feature, which is getting some of the coolest, rare items from Tokyo (or..beyond) online so it’s available to EVERYONE. I might not do it often, but just when the inspiration strikes. 

For the first time, I have this amazing 2013 AW piece from Tokyo brand BALMUNG. You may have seen the lookbook, where the blouse/sweater/jacket hybrid was sported by this cool guy:

ということで、最近新しいことをフィーチャーすることにした。東京で最も秀でてクールなものや、レアなものをオンラインにあげて、みんなが手に入れられるようにするっていう内容。あんまり頻繁にはやらないとは思うけど、その時々のインスピで、これだ!って思うものがあったときにやろうって。

第一戦はこの!バルムングのラグジュアリースエット!

東京のブランド・BALMUNGの2013 AWコレクションの素晴らしい一着よ。この作品をイケメンモデルが着られているルックブックで目にしたことがあるかもしれないわね。

balmung04