カテゴリー CategoryNew York City | ニューヨーク

Misha Janette styles Desigual New York Spring 2016

ファション界の大イベント、NYファッションウィーク。ランウェイを組み立てる上で重要な事はなんだろう?

これは私自身の体験談。

2015年9月、スペイン発のブランド、Desigualは2016ssコレクションを発表した。とっても光栄な事に、そのショーのスタイリストをやらな いかと声をかけて頂いた。しかも、NYFWのオンスケジュール、一番大きなオフィシャル会場のランウェイコレクションのスタイリスト!ミーシャの役目は、 スタイリングだけではなくて、アクセやシューズのデザイン、ヘアメイクさんへのオファー、音楽、モデル、そしてランウェイピースのデザインにまで多岐に渡 り、本当にたくさんの事を経験させてもらった。もちろん、プレッシャーに押しつぶされそうになったこともあった。でも、最終的に大成功!今までのデシグア ルのショーのなかで、ベストなものが出来たと思う(自分で言うのもあれだけど!)。本当に夢のような時間だった。クリスチャンラクロワとアイリスアプフェ ルにも会えた。 2016春夏の洋服がもうすぐお店に並ぶので、その前にミーシャがそのアイテムをショーのなかでどうやってスタイリングしたのか、ぜひみなさんにみていた だきたい!

What does it take to put together a fashion show for one of the most important events of the year, New York Fashion Week?

This is my experience.

In Sept of this year, Spanish brand Desigual showed their 2016 spring/summer collection. I was so honored to be asked to style this collection which showed on the official calendar, in the new NYFW official venue, in the largest hall they have there. I was to style the show, design accessories and shoes, offer suggestions for hair/makeup, music, models and even design some special runway pieces. Talk about pressure! But in the end it went so wonderfully, and I may be biased, but I think it was their best show ever! And I had an amazing time (and got to meet both Christian Lacroix and Iris Apfel!). Now that the new pieces will be hitting the stores soon I want to share with you all about what it took to put this runway show together.

Finale for Desigual 2016 Spring New York style by Misha Janette

 

calvin-klein-collection-spring-summer-2016-nyfw42

 

オートク チュールとか、敷居の高いファッションはパリに任せっきりのニューヨーク。日々目まぐるしく変わる街はまるでハムスターのホイールのように忙しく、そこで 自分の居場所を探す私たち人間はハムスターみたいなものかもしれない。いろんな人がいるシティ、少しくらいハンデがあった方が燃えるよね。それでも、平等にアメリカ ンドリームの権利があるのが、そう、ニューヨーク。もちろん、常に”新しい”ものにウェルカムな街だが、パリなどと同じく、ヒストリーのあるものに誇り高き思う街でもある。

New Yorkers are not known for leading the scene of haute fashion, but their cool optimism in the face of constant, dizzying change in their city is something to give nod to. Yes, it may seem a bit like a farm of hamsters in wheels trying to keep their place, but damn if they aren’t some good-looking hamsters. There’s certainly a magnetism, and the city is something that anyone with some gall can take on and conquer. And while the “new, cool thing” is always welcomed, NYC still takes great pride in its constants.

 

calvin-klein-collection-spring-summer-2016-nyfw16

killer-heels-exhibit-1-_christianlouboutin2-12512246-xln

先月、ファッションウィークのためにきびしーーーい寒さのNYにいた。なるべく室内に引きこもっておとなしくしてた。ショッピングデーなんてもってのほかで、むしろ寒すぎて店から店へとはしごするその一瞬でも死にそうだったから、ちょっとした空き時間も買い物に行く気になんてなれなかった。(いろんな人に話してるけど、本当に顔がひりひり痛むような寒さ!) でも、それでもどうしても行きたい展覧会があった。それは遥々ブルックリンで開かれてた”Killer Heels展”。この展示は好評のため延長されたし、いろんな人に”絶対行くべき!”とおすすめされたもの。地下鉄の階段を上がると、少なくても10センチは雪が積もっていた。それを見た瞬間、エキシビションに合わせたヒールを履いてこようか迷ったけど、Y3のフラットなミリタリーブーツにして正解だと感じた。その午後、展示されてたシューズの美しさに圧倒されて、豪雪のNYなのにもかかわらず、あの不安定なヒールをはきたい気分がわいた…

It was killer cold in New York City during fashion week last month. Moving less, staying inside, was my mantra. In fact, I didn’t even make a shopping day or even shopping afternoon or hour… the idea of stepping out between stores and getting the shock of the cold made my system shut down just thinking about it (I keep telling people, “It stings, like piranhas nibbling at your face”). But there was one place I absolutely wanted to get out to: The “Killer Heel” exhibit at the Brooklyn Museum. It had been extended until Mar 1 and everyone told me it couldn’t be missed. Exiting the subway, there was at least 10 inches of snow on the ground. I considered wearing an homage to the exhibit, but I pounded that pavement in flat Y3 military boots. By the end of my afternoon, I found myself a little more on my tippy toes, feeling the awe and beauty of the heels there.

extreme form of aesthetic mutation by joji kojima

Painting by Joji Kojima (not in the exhibit, but it should have been.)

Screen shot 2014-12-15 at 4.54.12 PM

 

 

It was flowers before death, with Thom Browne’s  SS 2015 collection (I’m letting my mind project to Spring now since it’s actually marrow-chillingly cold now). But this lovely scene painted a photo of 6 sisters, each with a distinctly odd personality. The girls paraded in a square around what appeared to be a lovely spot to just have a picnic. But that was no park- it was the prettiest graveyard you’ve never seen.

New York tends to work the fashion industry with “extra credit”, in that the clothes tend to take a back seat to the celebrity, the after parties, and the gossip. The fashion- more or less, is a lot of sportswear and lifestyle brands that are projecting an image of adventure and comfort (while Paris is more about fantasy and luxury).

But when it comes to Thom Browne, it is another world. It is the feast, it is the cake, and it is every cherry on top….

花よりトムブラウン!トムブラウンの2015ssコレクションは、まるで散る事を知らずに鮮やかに咲き乱れる散り際の花。(最近寒すぎるからせめて脳内だけでも…と春モードに。) これは、6人の姉妹のストーリー。ひとりひとりが風変わりなパーソナリティを持つ。姉妹はピクニックをしに、四角く囲まれた公園へぞろぞろと入ってきた。…いや、そこは公園なんかじゃなかった。今まで見た事のないような史上最強にプリティーな墓地だった。

ニューヨークではパーティやゴシップが優先されて取り上げられ、ファッションは後回しにされる事があるような気がする。ニューヨークのファッションは多かれ少なかれ、スポーツウェアブランドやライフスタイルブランドが“アドベンチャーな人生”と共に、着心地の良い服の提案をする。(パリはがぜん、ファンタジーでラグジュアリー)

でもトムブラウンは例外。宴会にケーキにトッピングのさくらんぼ…ようするにすべてが最後の一押しを演出するザ・ファッション。

thom-browne-spring-summer-2015-nyfw23

 

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティに住むガールはモノクロのワードローブで勝負することが基本。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身もこういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…浴びるスポットライトだって追いつかないでしょう。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”ってありますよね?ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたに本物の色をリアルに身につけなくても、“さし色”をつくることができるの…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私の”さし色”にしている。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

CALVIN KLEIN Women’s Spring 2015 Collection Runway Show

 

アメリカファッションは、歴史が浅い分、アティチュードと勢いがある。Calvin Kleinは洒落感のあるスポーティなファッションという一面をアメリカに与えた。それは、セクシーミニマリズムの幕開けと共に揺るぐ事のないものとなった。2015ssコレクション、マンハッタンのトライベカで開かれたそのショーのクールな空気感ウェイブレングスはアッパーイーストまで広く渡ったでしょう。

カルバンクラインのショーチケットはニューヨークでもとても人気で、いつも最終日にショーを行う。シートには一流業界人がずらっと並んでいる。光栄な事にミーシャも招待していただいた。ショー当日、おそるおそるVarickスタジオへ向かうと、ストリートフォトグラファーたちがわんさか居てフラッシュの嵐。何シーズンもアテンドするとフォトグラファーたちはスタイルや名前を覚えてくれる。ちょうどカルバンクラインの新作を着用してたから、わくわく感がここから始まった…

What America lacks in fashion tradition, it definitely makes up for with attitude. Calvin Klein embodies the sleek but sporty side of American fashion, and it has never wavered since the dawn of sexy minimalism. In the 2015 Spring/Summer show held downtown Manhattan, there was attitude all the way to Brooklyn.

The Calvin Klein show is a hot ticket at NYFW, and always held on the last day. Seats are elusive so it’s the (non-fat)cream of the crop in attendance. I was honored to be invited, and walked up to the Varick Studios with trepidation and a wall of flash bulbs from the street photographers. The more seasons you attend, the more the photogs get to know you and your style and learn your name. It seriously starts to turn into a paparazzi experience…

image

タオ、ミーシャ、マリエ @ カルバンクライン2015春夏のコレクションショー @ NYFW
Tao Okamoto, me and Marie front-rowing it at Calvin Klein 2015 SS 

 

marc-by-12

There have been many debut collections for designers at well-known brands this season, starting in Paris during couture fashion week with Marco Zanini at Schiapparelli, and then this season at NYFW with Stuart Vevers at COACH (ex Loewe) and Jeremy Scott at MOSCHINO. But of all the first turns on the catwalk we’ve seen this season, Marc by Marc Jacobs was the best. We are sad to see him go, but this was fantastic.

今季は、有名ブランドの新就任デザイナーによるデビューコレクションが多数見られた。例えば、パリのクチュールファッションウィークではSchiapparelliの新デザイナーMarco Zanini,そしてこのシーズンニューヨークファッションウィークではStuart veversLoeweからCOACHに移動して、MOSCHINOではJeremy Scottなどなど。だけどその中でも群を抜いた素晴らしいショーを見せたのは、Marc by Marc Jacobsのデザイナー担当を引き継いだLuella BartleyとKatie Hillierだった。

marc-by-9

nyfw-2014-moncler

Monclerの圧倒的な発表

Fashion weeks are a ringer where you’re passed through the psychological stages of euphoria and denial all in one fell swoop;

This show is going to be AMAZING!!
…that was awful, right? It’s not just me? It was awful, right???? God, I hope it doesn’t become a trend.

I look SO good in this outfit, every street snap photographer will love it!
…umm…hello, guys, anyone here? FML.

FASHION WEEK IS SO MUCH FUN I COULD DO THIS FOREVER!
…I AM SO TIRED.

 ファッションウィークは多幸感をくれると同時に拒絶感情もうまれたりして人々をふりまわす。

このショーぜったいかっこいいよーー!!
…..え、ぜんぜんよくなかった。よね?そう思うよね?これトレンドになったらやだーーー。

ねえ、このわたしイケてない?ストリートスナップのフォトグラファーたちに大注目されることは確実!
…..あれー?もしもしー?誰かいますかー?

ファッションウィークは最高に楽しい!死ぬまで楽しませてもらいたい!
…..でもとりあえず疲れた〜〜。…

nyfw-2014-art