カテゴリー CategoryMagazines |ファッション誌

Screen shot 2014-12-03 at 4.26.39 PM

 

まさか自分がこのトピックを取り上げるなんて思いもしなかったけど、この間ちょっとしたカルチャーショックを受けたので。東京に住むようになって、いろいろなユニークなファッションに出逢った。ヤマンバ、サイバーゴス、白塗り、着ぐるみん等等。でも驚くほど珍しいとは思わなかった。だって、ミーシャが日本のカルチャーを尊敬しやってきたのはこういうものに触れたかったから。

でも最近、あるファッションスタイルを学んだ。自分にとっては本当にびっくりするような、理解するのが難しいタイプのもの。それはずばり、”モテ系”。

モテ系ファッションについて学ぶことで、カルチャーの難しさを改めて思い知らされた。日本とアメリカのファッションは共通点がたくさんある。だけど、男性にアピールすることが目的のモテ系ファッションを通して、両者にはまだまだ多くの違いがあることも分かった。もともと、モテ系的なファッションに注目したことはなかったけれど、偶然そういう機会をいただいた。きっと、何が起きたか知ったらみなさん驚くことでしょう…

 

There comes a tipping point, the “hump” as we’d say, when nothing in an adopted culture can really be all that surprising anymore. This is especially true in my experience working in fashion in Japan. I’ve seen my share of fashion with flair while living in Tokyo- the yamambas, cyber goth, shironuri and kigurumin, but they wouldn’t make me surprised. In fact, those are something I *expect* to see as someone interested in the subcultures.

But recently I was learning about a type of fashion that that honestly took me by surprise. I had never really cared to pay much attention to it, but when I did I was taken aback in a slow-simmer way. Kind of like hearing a country cover of a hip hop song that takes a few minutes to process. So what was this fashion that confuggled me? It’s *drum roll*

… “Mote-kei.”

Mote-kei (mo-tay-kay) is translated as Pretty-style but it literally means “attractive-style”. It is a way of dressing pretty, with a defined goal of catching or keeping a (Japanese) man/woman. Learning about mote-kei and just how penetrative its ideas for catching the opposite sex through clothing are really awakened in me a renewed urge to get to the bottom of something. Usually fashion is just fashion. But sometimes there is something more there. Luckily, I had the perfect opportunity to go head-to-head with it.  And you may find it curious as to what happened…

 

上載画像: above photo Source: ar Online. It reads, “7 rules to getting lovable hair. Rule 1: bangs. Rule 2: Curls…”
mote-kei-ar-2014-11“Mote-kei” magazine “ar”. A choice headline: “How to get a yummy face!”  Source: Amazon

image

ミーシャが文化服装学院入学のために日本へやって来る前、あるインタビュー記事をネットで読んだ。そこで卒業生が “食べ物を我慢してでも、自分のデザインを作るためにベストな生地を買う”と語っていた。”すごく熱心だな”と感心した。ファッションは暮らしを豊かにする。同じ事をSATCのキャリーも同じようなことを言ってたよね。彼女の名言、生きる糧は”VOGUE”だって。そう、今日のトピックはこれ、”VOGUE” (そろそろ来るんじゃないかと思ってたでしょ?)

特に、VOGUE JAPANについて。ラグジュアリーファッション界における日本のハイファッションコミュニティを15年間に渡りずっとリードしてきたヴォーグジャパン。世界各地に自国版を持つヴォーグの中でも、最も高いクオリティを誇るひとつとされる同誌は、世界の業界人からも一目置かれる存在だ。海外からの評価の理由は、日本語が読めなくてもクリエイティブなファッションフォトを楽しめるからだと思う。

記念すべき15周年記念の今年は、スペシャル企画を行ってきた。そのシリーズ第三弾が11月号。生きる伝説、フォトグラファーのMario Testinoと日本版VOGUEのディレクター、Anna Dello Russoによるファッションエディトリアル集。紙媒体がベストという方々は、バックナンバーがオーダーできますよ。じゃなかったら、デジタル版をたったの500円でスマホにフルダウンロードできる!(だから少し遅れたこの時期ににこの記事をアップしているのはしょうがなく、正式なデジタル版ですぐに手に入れるならば後悔はなし)。アプリはZINIOというものです

このイシューは特にスペシャルだった。10月、VOGUE Japanはマリオとアンナ自身も参加し多くのセレブを招待した大きなパーティを東京で開いた。また同日、VOGUE Japanは数人の国内有力ブロガーをAnna Dello Russoと編集長の渡辺三津子さんとのカジュアルなトークセッションへ招いていただいた。

Even before I came to Japan to study at Bunka Fashion School, I had read an interview online with an alumni who said that even if she couldn’t afford food, she would buy the best fabric available to make her designs. I was like, “wow, that’s dedication.” Fashion feeds us, just ask the same to Carrie Bradshaw who later told us her nutrient of choice, “VOGUE”, which is what we are actually talking about today (you knew that was coming!).

Specifically, our topic is VOGUE Japan, which has been keeping the Japanese high-fashion community abreast of the what’s-what in luxury fashion for 15 years. It also happens to be considered by the global community to be one of the best VOGUEs in the world, thanks to its creative fashion photography.

Celebrating the anniversary, the magazine has been putting out special volumes this year. The 3rd volume in the series (Nov.) was a whammy, with a collection of fashion editorials by legendary lensman Mario Testino and VOGUE Japan Fashion Director Anna Dello Russo. If you’re adamant about owning print copies, you can order back-numbers. Otherwise, it IS available digitally still  (and why I don’t feel so bad about getting this out late-! It’s DOWNLOADABLE FOR ¥500 on Zinio, that’s less than $5—A STEAL!!!).

This particular issue was special, and VOGUE Japan feted with Mario and Anna themselves, along with a host of celeb guests for a big party in Tokyo in Oct. That same day, VOGUE Japan held a small, casual talk session with a few bloggers and Anna Dello Russo and Michiko Watanabe (contrary to what the public thinks, Ms. Watanabe is the editor and chief of VOGUE Japan, not Anna, who is happy with where she is).

 

Top photo: Miranda Kerr a la geisha (I think she would have looked better in a brown wig?) 上載:芸者をイメージしたミランダカー(茶髪のづらがより合いそうと思うけど?!)

image

Carine-Roitfeld-mademoiselle-c

Carine Roitfeld

Anna Wintour is the reigning champ of the fashion world, but her (ex)colleague Carine Roitfeld is for those people who thinkAnna’s style could use a little hot sauce. In comes Carine with her Vogue Paris editor-in-chief title, winning over fans for sleek, sexy, eye-bags-but-I-don’t-care cool Frenchy style that spawned seasons and seasons of Carine copycats. 

She left VOGUE and started her own magazine, “CR Book” published by the same hot crew as V magazine. Following on her heels was a documentary crew that is now releasing a film about the editor’s jet-set life titled “Mademoiselle C” that’s getting a theatrical release.

アナ・ウィンターを題材にしたと言われる大ヒット映画「プラダを着た悪魔」のファンの人はいっぱいいると思う。あの映画がきっかけでアナのファンになった人も多いはず。じゃあ、フランスのアナ・ウィンターとも言われるカリーヌ・ロワトフェルドを知ってる?

世界にはアナの他にもパワフルに活動するかっこいい編集長が!そのうちのひとりがカリーヌ・ロワトフェルド。フランス版VOGUEの編集長を10年間つとめ、世界に多大な影響を与え続けてきた彼女はその誰もが憧れるポジション自ら手放した。その後自分のイニシャルから取ったCRというタイトルのファッションブックを出版し、ますますクリエイティブ力を発揮、わたしたちを楽しませてくれている。キャリアウーマンとして駆け回る日々でも常に女らしさを忘れない彼女のエピソードを追ったドキュメンタリー映画がこの春公開される!

 carine-roitfeld-8 Famous editorial from VOGUE Paris

lula-magazine-japan-4

Normally, when a foreign fashion magazine announces plans to set up a localized version in Japan, it’s cause for celebration. But the announcement of a Japanese version of “girlie” culture UK magazine Lula getting released this fall is actually bringing some furrowed brows along with it. Why would a country which *thrives* on girlie culture as Japan does, have anything glum to express? Perhaps its because most Japanese versions of foreign mags means death…

普通、海外のファッション雑誌が日本バージョンを制作すると発表すると、みんなに歓迎される。だけど、今回イギリスの「Lula」がガーリーファッションを主題にして日本進出する発表に対して、しかめ面を向ける人が多いという異例の現象が起きている。ガーリーファッションがとっても盛んな日本で、なぜLulaの日本進出への反応がしけているのか?それはもしかしたら、海外雑誌が日本へ進出してくるということ自体が、死を意味するからかもしれない。

つまり、「雑誌が死ぬ」ということ。

lula-magazine-japan-9

KO-cruise-1

What is the top fashion editorial, in terms of quality, photography, uniqueness, impact, and style for February? And which magazine is it from? 

日本のベストを探る!質、写真、ユニークさ、インパクト、そしてスタイルの全てにおいて一位を飾る最高のファッションストーリーって何?そして、どの雑誌のもの?がーん!ときた作品を勝手ながらも決めさせてもらいます。

NYC発ハイファッションマガジンTWELVの編集長をつとめるHISSA IGARASHIの第4号 “ミューズ”をリリース!ガレスピュー、ヨーコオノ等
TWELV-mag-issue-4-9

 
Japanese stylist-cum-editor-in-chief Hissa Igarashi had to have some Tanuki-sized gonads; he uprooted from Tokyo to New York City, and amid a crashing print crisis, founded his own magazine TWELV and it’s now on its 4th issue and getting better. 
 
日本のスタイリスト兼編集長である、五十嵐ひっさはある偉業をなしとげた。東京からNYに生活の拠点を移し、そんな転機の真っ最中にTWELVという雑誌を立ちあげたのだ。そして4号目を向かえた今、どんどんクオリティをあげている。
 
TWELV-mag-issue-4-2