Categories
Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

鱗?!ヴォーグ中国版の編集長アンジェリカチャンの独特な考え:インタービューを公開 VOGUE China’s Angelica Cheung interview as Woolmark Prize judge

image

ウールからトレジャーを紡ぐ!こんなに素晴らしいものだと想像できただろうか?

国際ウールマークプライズとは、世界規模で開かれるコンペティションで次世代のスーパースターやブランドを発掘することを目的としています。先日、アジアのセミファイナルが東京で行われました。勝者は世界の名だたる小売店に自身のコレクションを並べる権利を獲得します。たとえばパリのコレット、ミラノの10コルソ・コモ、ニューヨークのサックス・フィフス・アベニュー、東京の伊勢丹など名実共にトップクラスのラインナップ。しかもそれだけじゃない。セミファイナル優勝者には50,000オーストラリアドル(約500万円相当)、ファイナルを制したら100,000オーストラリアドル(約1000万円相当)の賞金が与えられるのです。ブランドを持っている方はこれがどれだけ素晴らしいか分かると思います。デザイナー人生が変わりますよね!

そして、なんと、2ブランドの東京のSise(メンズ部門) と中国のVmajor(ウィメンズ部門) のがまさに変わろうとしています!

アジア各国から12人のデザイナーがセミファイナルへと駒を進めた。ミーシャは個人的に、どの国が受賞するかよりもどのデザイナーが選ばれるか、とても興味がありました。すばらしいファッション界のプロフェッショナルが審査員に選出されていたため、今回の結果は”今のファッションビジネス”を示してくれるのではないかと期待したのです。

中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャンとお話させていただいた。デザイナーの方だけじゃなく、ファッションビジネスに興味がある方は必読!彼女の着眼点…とてもためになるかもしれないから

 

Who knew that gold can be spun from wool?

The International Woolmark Prize is a fashion competition held globally to find the next superstar brand, and the Asia semifinals were just presented in Tokyo. Winning it means getting into the world’s best stores like Colette in Paris, 10 Corso Como in Milan, Saks in NYC, and Isetan in Tokyo. If you have ever had a brand, you’d know just how incredible of a prize that is alone. Throw on top of that a cash prize of 50K$(aus) for the semifinals and 100k$ for the top prize and WHOAH, this could change a designer’s life.

In fact, the lives WILL change for winners Sise of Tokyo (menswear) and VMajor of China (womenswear)

12 designers from Asia made it to these finals. I was very curious to see not which country would be picked, but what designs would be picked. That’s because they were judged by some incredibly talented fashion pros and their choice would show me what is going on in fashion business these days.

I spoke to Angelica Cheung, editor in chief of VOGUE China. Whether you are a designer or someone with an interest in the business of fashion, you will find what she had to say VERY interesting….

woolmark-prize_Asia_winner

The winning looks: Vmajor, Sise

Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

The Shocker is Beauty is not Borderless 日本の境界線を超えられない美意識はあるの?

最近ネットで出回った”世界各国の美の定義”をPhotoshopで検証した記事がありました。ちょっとおかしいのもあるけど、インテンションに興味深くて取り上げます。

日本バージョンはまだ出てこないかなーと思いながら画面を下にスクロールしながら想像してみた。ラウンド型のフェイスラインに派手目のチーク、アイラインで目を強調、ちょっとだけアヒル口、つけまつげ、カラコン、髪はオレンジぽい茶色で少しウェーブの効いた肩くらいの長さかな。

“美の定義”はとても面白いトピックだと思う。上記でミーシャがイメージしたのは今日本でいちばんポピュラーな女性像 (たとえば、ローラさん)。でも外国で成功しているのはこういう女性ではない。だって、外国人が思う日本人女性の美(男性にも言えることだけど)というのは、この女性像とはかけ離れているから。ファッション界ではその傾向はいっそう強まります。さて、どんな人が”ビューティフル”で、人々の注目を集めるんだろう?

Recently there is an article going viral on the net about a woman who paid photoshoppers from a handful of countries around the world to change her into their culture’s view of beauty (some horrible photoshopping aside, it was a good idea).

I was waiting for the “Japan” version and I imagined how it would look like: rounder face, filled-in cheekbones, more defined eyelids, slight duck lips, extra large irises, fake lashes, and a wavy shoulder-length hairstyle in a light brown with orange-ish tones.

The concept of beauty is interesting, especially in fashion, because who I imagined above is one of the most popular models on the planet in Japan at the moment. But when it comes to Japanese beauties trying to become successful in the west (and men, as well), what we think of as a beautiful “Japanese” woman is very different in both cultures. It becomes even MORE obvious in terms of the fashion world…who is beautiful, and gets looked over? (continued under the Japanese)

Categories
Art | アート Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション

ザハハディドの2020年オリンピックスタジアムより、バオバオが東京に相応しいだろう? The problem: Issey Miyake BAOBAO, Zaha Hadid, and the Tokyo Olympics

issey-miyake-bao-bao-distortion

日本のトップブランドの イッセイミヤケ が展開する BAO BAO ISSEY MIYAKEがクリエーターと開発する企画 BAO BAO PARK EDITION。

過去には、あの東京の有名なファッションアイコンであるスプツニ子とのコラボを果たしたこの企画。そこから6月に待望の 4度目のコラボとして最もユニークなライン、「Distortion」が販売され、そのデザインを見た世界中の人々の間でバイラルに話題になっている。過去、現代、未来をも描くこのデザインは、来る東京オリンピックの影響で世界の人々の興味を更に引くのではないかと思う。

With a continued slew of hit accessories and offshoot lines to his name, Issey Miyake is on a roll these days. Or should I say, on a triangle these days. His biggest hit is the line of geometric bags called Bao Bao, and the newest edition is jaw-droppingly cool. In fact, I hardly ever have the joy of seeing Japanese fashion pop up on mainstream English news blogs I read, but there was Miyake’s new futuristic “Distortion” origami bag hitting viral levels around the web.

What is it about this particular bag that has viral globe-stopping properties? What does that have to do with Japanese design, and its future? And that thought led me on a joyride thinking about the Olympics, Zaha Hadid, Kanji, cursive, kimono, tailoring, and more…

 

isseymiyake-baobao-distortion

 

Categories
Best Tokyo Shopping | 東京の買物 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション

外国人にとって、日本での買物は天国でも地獄でもある理由 It’s heaven AND hell. The truth about shopping in Tokyo, a guide

shopping in japan
東京は近年どんどん観光客が増えている。それに加えてクールジャパンという大きな団体も始動していて、世界各地に日本文化を広め、人々を日本に呼び込み経済を活性化させるための様々な活動をしている。それは、人々に買い物をしてもらうということ!

東京は言わずと知れたショッピングパラダイス。もちろん、科学的な根拠があるわけじゃないけど、個人的に世界のファッション都市を旅して、世界を飛び回っている色んな人達と話した結果、全員一致で東京が世界一だと口をそろえる。それは、ショップの多様性をはじめ、ファッションの選択肢が広いことと、サービスが理由。日本のサービスは世界でトップ。でも一部の人にとっては最悪になることもありえる。 ちょっと待って?!…最悪って何??そんなことありえないでしょ?でもね、天国と地獄、その理由をお話ししましょう…

… It’s well-known that Tokyo is a shopper’s paradise. It is the mecca. The kingdom. It is the Sun, and the rest of us revolve around it with wide eyes. And the Japanese shopping experience is also known to be cosmically good. Service and cleanliness are top. But there are some things you should know before getting on a plane to drop some yen. It may not be the smooth ride you expect it to be, and sometimes that service could go from heaven to hell in a heartbeat. So here is some truth about shopping in Japan, for better or worse.

anna-dello-russo-MISHA-HM-0148

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

アヴリルラヴィーンの「ハローキティ」の本当のダメなとこ What Japanese girls REALLY think about Avril Lavigne’s Hello Kitty

avrillavigne9374949489

Avril Lavigne released the song and music video for Hello Kitty and immediately drew the wrath of the Western internet for the supposedly “racist” music video, shot in Tokyo. What’s so wrong about it, and more importantly, what do actual Japanese think about it? I asked, and now we shall know…

アブリル・ラヴィーンがハローキティのMVを東京で撮影したけど、欧米のネットでは”人種差別”っぽいと批判の声も…??そういうことじゃないんだよ!大事なのは日本人自身がこれをどう思って観てるのか…そこを知ろうじゃないの。

 

Categories
Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

よくもわるくも日本独特の “こだわり”について外国人はどう思う Kodawari should be the next word to enter English

commedesgarcons_spring2014_17

Expectations can make or break success. Tokyo relies on some of the most amazing stereotyped PR of high expectations called “Kodawari” to stay as one of the most beloved cities to visit, and one of the most amazing places to find fashion in the world. But what happens when the bar is set so high and expectations for even the smallest thing are not exactly met? Commence…”volcanic irritation”!

世界に通じにくい “こだわり” にこだわるには?

ファッションは もちろん、その他にフードやサービス業においても、色んな意味で東京は世界一 “こだわる”都市。そういう風にPRしてきたけれど、東京が様々な面に いつまでも “こだわる” ことで自然にハードルがあまりにも高く設定されすぎて、それを越すことができないと逆に印象が悪くなったりしない?

kodawari-sushiYou know “sushi” but do you know “kodawari”?  世界的に”すし”は通じるのに、”こだわり”はまったく通じない picture by Andrew Archer

Categories
Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション Tokyo East-West Life |日本⇆海外ライフ

東京へ来て10年が立つ頃に伝いたい気持ち 10 years in Tokyo, a thank you and a look back

Screen shot 2014-04-10 at 4.29.01 AM

I stood still in the middle of Shibuya scramble crossing one spring day when I was 18 years old, the crowd swarming around me in all directions like koi in a pond. J-pop played on the jumbo screen, it was a mix of words I could and couldn’t discern. It felt energetic…like a vortex, some kind of gravitational pull into an unknown planet in the center of some dream-like universe. I have always been a person of extremes; either go really safe or just go wild, quit cold turkey or inhale at once. So for American me to make a decision like this was a life-altering sacrament. I decided: “I’m going to live RIGHT. HERE.”

Well, I never expected this day to come, or that I would ever actually be saying this out loud, but I have lived in Tokyo… for TEN years! I know you all can count, but that’s 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 (!) years in one of the places considered *most* different from the culture I grew up in… (and oh how grateful I am, because I couldn’t have made it this far without lots of support…..) There is so much I have learned in these 10 years, not only about living in Tokyo, but about working in fashion in general.

ミーシャの周り360℃人だらけの渋谷スクランブル交差点、真ん中にひとり立っていた18歳の春。まだついこないだのような感じがする。流行りのJ-POPが大画面で流れて、そこには理解できる言葉とできない言葉が混ざってた。やる気に満ち溢れ、なにか大きな力によって夢の中の知らない惑星に引き寄せられたような感覚だった。極端な性格で、堅実に生きるのかワイルドになるのか、自立するのか甘えるのか.…そう、アメリカ人のミーシャは人生の誓いをたてて生きてきた。 そして、あのとき”ここ”で生きていこうと決めた。

こんな日が迎えられるなんて思ったなかった。しかも、それをこんな風に公言する日が来るとも想像してなかった。….ミーシャ、東京に来て10年経ちました!ミーシャの育った環境と180℃違う文化のこの場所に1、2、3、4、5、6、7、8、9、10年!皆さんの支えがなければ絶対にできなかった。とても感謝しています。この10年間で学んだことは数知れず。東京で生きてく術だけじゃない、ファッション界で生きて行くということとか。

roggykei

Categories
Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション

森ガールってどこの森に消えていった? Effects of deforestation; Where have all the Forest Girls gone?

Screen shot 2014-03-13 at 2.11.04 AM

If a forest girl is taken out of the forest, is she still a forest girl? Can one hand clap? Where DO all of those lost socks from the laundry go???

It’s these prodding questions that keep me up late at night.

And speaking of forest girl…it seems she’s now living in something that looks a helluva lot like a cement jungle, and not the actual jungles like before…

森ガールは、森を抜けても依然として森ガールと呼べるのかな?片手で拍手は出来るのかな?洗濯機の中の靴下はどこへ消えるのかな?!

こんな疑問が頭をぐるぐる回って夜も眠れないわけ。

森ガールの話に戻るけど、なんだか最近彼女達は森というジャングルを抜け出して街というセメントのジャングルを駆け回ってるらしい・・・

FUR-2008-spring-summer-4