Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Magazines |ファッション誌 popular

モテ系がモテない?異性にアピールする、日本と西洋の違いをモテ系で探る。When sexy isn’t pretty. A culture shock in Japanese “Pretty” style fashion.

Screen shot 2014-12-03 at 4.26.39 PM

 

まさか自分がこのトピックを取り上げるなんて思いもしなかったけど、この間ちょっとしたカルチャーショックを受けたので。東京に住むようになって、いろいろなユニークなファッションに出逢った。ヤマンバ、サイバーゴス、白塗り、着ぐるみん等等。でも驚くほど珍しいとは思わなかった。だって、ミーシャが日本のカルチャーを尊敬しやってきたのはこういうものに触れたかったから。

でも最近、あるファッションスタイルを学んだ。自分にとっては本当にびっくりするような、理解するのが難しいタイプのもの。それはずばり、”モテ系”。

モテ系ファッションについて学ぶことで、カルチャーの難しさを改めて思い知らされた。日本とアメリカのファッションは共通点がたくさんある。だけど、男性にアピールすることが目的のモテ系ファッションを通して、両者にはまだまだ多くの違いがあることも分かった。もともと、モテ系的なファッションに注目したことはなかったけれど、偶然そういう機会をいただいた。きっと、何が起きたか知ったらみなさん驚くことでしょう…

 

There comes a tipping point, the “hump” as we’d say, when nothing in an adopted culture can really be all that surprising anymore. This is especially true in my experience working in fashion in Japan. I’ve seen my share of fashion with flair while living in Tokyo- the yamambas, cyber goth, shironuri and kigurumin, but they wouldn’t make me surprised. In fact, those are something I *expect* to see as someone interested in the subcultures.

But recently I was learning about a type of fashion that that honestly took me by surprise. I had never really cared to pay much attention to it, but when I did I was taken aback in a slow-simmer way. Kind of like hearing a country cover of a hip hop song that takes a few minutes to process. So what was this fashion that confuggled me? It’s *drum roll*

… “Mote-kei.”

Mote-kei (mo-tay-kay) is translated as Pretty-style but it literally means “attractive-style”. It is a way of dressing pretty, with a defined goal of catching or keeping a (Japanese) man/woman. Learning about mote-kei and just how penetrative its ideas for catching the opposite sex through clothing are really awakened in me a renewed urge to get to the bottom of something. Usually fashion is just fashion. But sometimes there is something more there. Luckily, I had the perfect opportunity to go head-to-head with it.  And you may find it curious as to what happened…

 

上載画像: above photo Source: ar Online. It reads, “7 rules to getting lovable hair. Rule 1: bangs. Rule 2: Curls…”
mote-kei-ar-2014-11“Mote-kei” magazine “ar”. A choice headline: “How to get a yummy face!”  Source: Amazon

Categories
Favorites | お気に入り Features | フィーチャー Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

百貨店の紙袋の「おしゃれ」度を勝手にランキング!Japan department store shopping bags, ranked!

kamibukuro-hankyufuku

 

日本のファッション業界で、おそらくいちばん名声高き”毎日ファッション大賞”で先日、あるショッピングバックが賞を受賞した。そう、ショッピングバッグ。世間もざわつく?選出だ。このおめでたい賞を受賞したのは三越の新ショッピングバッグデザイン「実り」。日本に来てもう10年になるミーシャ、日本の文化は分かってきたつもりだけど、それでもやっぱりショッピングバッグがこんなに重用視されていて、その年を代表するアワードを取ってしまうなんて、独特な文化だなと思う。

そこでひとつ浮かび上がった疑問。日本人にとってデパートの紙袋は具体的にどのくらい重要なのか? “本当”に大切なのだろうなとは予想がつく。実際問題、ショッピングバッグのデザインは購買意欲につながる( 限定デザインの紙袋なんかはかなりの人気を博す )。 アメリカ人の私としては、その文化はとても素敵なものに映るのは正直。日本にやって来る前はパッケージやそのデザインを 気にしたことなど全くなかった(それがティファニーやエルメスだった場合を除いて)。そこで、東京でデザインされた”百貨店のショッピングバッグ” に着目して、”ファッション”の面から勝手にランキングしてみました。どのデパートがいちばんスタイリッシュかな?リニューアルしたら…?というデパートは?意見を添えてまとめていますよー。

At the Mainichi Fashion Grand Prix, perhaps the most prestigious awards in Japanese fashion, there was an award bestowed upon a paper shopping bag. Yes, a shopping bag. As part of the “buzz” award, it went to commemorate the Mitsukoshi Department Store’s new bag design “Minori”. I have to say, I have been in Japan quite some years and I know the culture, but I still thought it was a funny quirk that would give a shopping bag one of the highest fashion honors of the year.

Shopping bags are a MAJOR part of modern Japanese culture. Especially since they get used as wrapping for gifts (as in, are given in the same paper bag it was bought in, with the store logo displayed prominently) or are reused to haul around stuff that won’t fit in a handbag. In the west, we tend re-wrap our gifts or throw stuff into any old bag so I don’t remember saving store bags at all. Here, some limited edition store shopping bags can draw crowds, and holiday versions are especially popular (think of it like the Starbucks red cup season). A change in one of the centuries-old department store bags would definitely make the news.  So I looked at all of the Department Store shopping bag designs in Tokyo and ranked them from a “fashion” perspective. If you’re gonna be carrying it around everywhere, it might as well look good. What Department Store is the most stylish? And what, in my opinion, needs an update?


画ソース

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

後編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 3. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

harajuku-dsc01898

ファッション界で横行するコピーの数々は解決困難な状況の難題であることは言うまでもない。メディアや普段の会話で取り沙汰されるのは、海外の問題になりがちだけれど(工場が日本ではなく外国)、今回取り上げている”コピー製品”は決して観光客のためのおみやげとして作られている訳ではないし、実際に日本でコピーグッズを購入しているのもまた悲しい事に、日本の国民なのだ。これをふまえると、なにが起こっていてその結果どんなことになっているのか、これを私たち消費者が知る事から第一歩は始まるのかもしれないと考える。パート1では、原宿で繰り広げられるコピーカルチャーの流行について、パート2では実際に被害にあっているデザイナーたちと何かと影の多いローカルファッションシーンについて触れてました。そしてこのパート3では未来を見据えたいくつかの解決策を考えていきます。そこで大きな疑問が浮かび上がる。”コピーカルチャーはこのまま拡大し続けるのか?” “解決への一歩を踏み出すのは消費者かブランドか?” ”小さなブランドが反撃できるような術は日本にあるのか?” さらに、”みなさんが買おうとしている商品がコピーなのかそうじゃないのか知る方法はあるのか?もしかしたら、最新テクノロジーがその手助けになるかもしれない。

Copying in fashion is obviously a global conundrum. In the media and in local conversation it is often relegated to being an overseas problem (“the factories are overseas, not in Japan”). But there is no doubt that the copied goods are not produced to be souvenirs for tourists, and the majority of people buying the copies in Japan are local consumers. In this way, it’s up to us to know what is happening and to understand the effects. In part 1 we learned about the current trend of copy culture thriving in Harajuku, , and in Part 2 we talked with some designers being affected directly and some shady policies in the local fashion scene. Here in Part 3 I would like to posit some solutions and look into the future. But the biggest question is: will copy culture EVER be curtailed and will it be us or the brands to take the first step toward a solution? Is there any way for small brands to fight back in Japan? Also, will there be a way for YOU to find out if what you’re buying is a copy or not?  Actually, some new technology might help you with that… Read on.

Photo: Harajuku Street

Categories
Features | フィーチャー Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

中編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 2. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

harajuku-ura hara tower

PART 2

先日デザイナーの友人に会って、この話をあげなければと確信した。彼は、今ジェネレーションで成功してるストリート発ブランドのひとつ、ジョイリッチのクリエイティブディレクター、デイビッド。

彼は、あるお客さんからもらったメールについて話してくれた。

“ジョイリッチ大好きです!でも、安いチェーンストアで全く同じものが1000円で売っていたら、正直ジョイリッチの9000円の服を買う気がなくなります。”

彼は呆れたように笑った。

ジョイリッチファンがわんさかいる原宿の裏通りに入ると大きな問題が見えてくる。個性的で過激でエッジの効いたショップにパクリ問題が発生しているのだ。これは、ルイヴィトンやシュプリームのようなビッグブランドの盗作という話に収まらず、数え切れないほどのショップが、近所のショップのコピーを作り、まるで自分の製品のように平気な顔をして売っているのだ。

取引した覚えのない店に似た服を見つけたり、ロゴやモチーフのコピー商品を身に付けた消費者を見かけたり。そんな被害者はジョイリッチだけじゃない。日本のストリートカルチャーはこのままコピーカルチャーと化すのか?

 

My designer friend who compelled me to write this series has created one of the most successful brands in the street style realm of this generation. His name is David Melgar and his brand is Joyrich.

He told me about a message he received:

“I love your brand so much! But how can I spend ¥9000 on your skirt when the F21 down the street sells the same exact thing for ¥1000?”

 

David laughed. But not in a funny way, in a FML sort of way.

 

I think the bigger problem becomes clear when you step into the backstreets and alleys of Joyrich’s Harajuku ‘hood and see nearly every edgy, fringe store is carrying a knockoff of some sort. These shops aren’t just going after big wigs like Louis Vuitton and Supreme, they are digging into their own neighbors, stealing copious cups of sugar, and selling it as their own.

And Joyrich is not the only brand that is finding itself in shops it doesn’t remember selling to, or seeing people in items it doesn’t remember designing. Has Japanese street fashion really become this complacent with copy culture?

 

harajuku-japan-tokyo-harajuku-1501438-o

Harajuku Crossing. Source 

Top photo the amazing (c)JohnHathaway 上載の絵はイメージ画像であり記事とは無関係

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?パート1Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? PART1

harajuku-pakuri-takeshita

先日、私にとって大切な友人、ある原宿発のデザイナーとひさしぶりに話していた。彼の近況を聞くと、大きな悩みを抱えているという。「隣のお店にパクられていてセールスが落ちてるよ」、と。

なんて悲劇。

オリジナリティにあふれるからこそ、世界が注目する「原宿」。でも最近「何か」が少し可笑しくなっていると気づいたのは私だけじゃないはず (この前のアヴァンギャルドとの対談にも多く取り上げられている)。

グローバルに出世している原宿ブランド、渋谷ブランドが増え、その世界的な競争と戦いで全力をかけないと失敗するというのに、実は一番酷い戦いは原宿内かも?

そのコピーペイスト食い合いをどうすべきか?原宿の未来はそこにあると思う…

The other day I was catching up with one of my most dear friend and respected designer of a brand popular in Harajuku. I asked him how things are going lately, and he lamented about a growing problem he and his brand are facing. “The store next door to us is copying my designs, and eating out of our sales.”

I’m deeply saddened, but not surprised.

Harajuku is known the world over for being a bastion of creativity and originality. But recently there is a disturbance in the creative force. Something is definitely not right here, and I know I’m not the only one to notice it.

With more Harajuku and Shibuya brands getting world recognition lately, they will face the hardest battles of their careers as they fight on the world stage. But perhaps the most difficult fight they face is not a global one…but one on their own turf?

Will Harajuku copy and paste itself into irrelevance? Hopefully that future stops here…

 

harajuku-ura hara tower

“Ura-Harajuku Tower” 「裏原宿タワー」。みたことあるようなないようなものがずらりとういうのが現実に?…
(c)JohnHathaway 上載の絵はイメージ画像であり記事とは無関係

 Top photo: culturejapan.jp

Categories
Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション

アヴァギャルドが出来るまで。タイツブームの裏話、パート3。The making of AVANTGARDE; behind the Japanese tattoo tights boom Pt 3.

Screen shot 2014-07-30 at 4.24.52 AM

“自信を持って言えるのは、他の誰でもなく”アバンギャルド”がタトゥーストッキング現象をおこしたんだってこと。”

まっすぐな目でそう語ってくれたのは渡辺一祐さん。多くのファンを持つウラハラの代表的レッグウェアブランド、アバンギャルドのオーナーだ。彼らのストッキングは2011年の原宿ファッションシーンに衝撃を与えた。多くのブランドが彼らのようにムーブメントを起こそうとチャレンジしたが実現できずにいる。今回のインタビュー記事パート3では、彼のアイデア、成功、大流行の裏話やブランドの背景についてまとてみます。また、原宿アバンギャルドのタイツの次のステージにつづくお話も紹介します。

“I can say with absolute confidence that it was Avantgarde that made tattoo stockings such a phenomenon. No one else did it. No one.”

So swears Kazuhiro Watanabe, the founder of wildly popular legwear brand Avantgarde and owner of its landmark Ura-Harajuku store. Since their tights broke on the scene in 2011, hundreds of brands have tried to mimic their success. This 3-part interview chronicles the idea, the success, and the impending end of this massive trend and the brand behind it. Part 3 looks at the post-tights future of Avantgarde and the Harajuku culture that propelled it.

 

avantgarde-harajuku21

 

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション

【アヴァンギャルド】タトゥータイツの大ブームの超裏舞台。独占で公開しちゃいます! The making …and unraveling of AVANTGARDE: the story behind the tattoo tights

avantgarde-harajuku9

「アヴァンギャルド」タトゥータイツのブームの裏舞台パート2。パート1「アヴァンギャルドができるまで」はこちら

This is PART 2 of the AVANTGARDE behind-the-scenes story. Please read part 1 here.

 

これは日本旋風を巻き起こしたレッグウェアブームについての話。このブームは原宿の小さなショップ、”アバンギャルド”からはじまった。“世界一背の高いモヒカン”でギネス記録を持つカリスマオーナー渡辺一祐がどのようにストッキングでビジネスを成功させたのか。パート2では彼のタトゥーストッキングのアイデアの背景と彼のブランドが日本にとどまらず世界でいちばん影響力をもつそれになりつつあることについて、そしてそのブランドがタイツ業界の第一線を退こうとようとしてることについて焦点をあてます。

This is the story of the legwear boom that took Japan by storm, starting with a  little store in Harajuku called Avantgarde. See how the Guinness Book of World Records for tallest Mohawk-having charismatic owner Kazuhiro Watanabe got into the stockings game in the first place. Part 2 looks at how he came up with the idea of tattoo stockings and his brand’s rise to becoming the most influential in the country, and perhaps the world, in the printed stocking game…and it’s subsequent downfall.

avantgarde-harajuku11

Categories
Favorites | お気に入り Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands | 東京ファッション

アヴァンギャルドができるまで。とタトゥータイツの終焉。 The making …and unraveling of AVANTGARDE

avantgarde-harajuku5

【独占インタービュー公開】2011年、東京ファッションに大きな波がきた。それはギャルブームに匹敵する規模。その流行は原宿の地下に店を構える、あるひとつのショップから始まった。そのショップは”足下のおしゃれ”にスポットをあてた他に類をみないコンセプトを持っている。その名も“アバンギャルド”。世界の至る所で起きたタトゥータイツブームの火付け役。その創設者にアバンギャルドを始めるにあたってのストーリー、またここに来てアバンギャルドの終焉という選択について真相をインタビュー。今、”アバンギャルドができるまで”が語られる…

Exclusive Interview. In 2011 something occured in Tokyo that influenced fashion more than anything since the gyaru. It all started with one store in Harajuku, a basement spot that was to lead the face of how we dressed our legs everyday. This store is of course, the inimitable “Avantgarde”, a tights store that started the “tattoo” tights boom now echoed throughout the world. This interview with its founder will tell you how it started…and how it’s now calling it quits. This is the making, and unraveling of Avantgarde….

avantgarde-harajuku6