カテゴリー CategoryJapanese Fashion culture | 日本のファッション文化

model wears japanese fashion brand GNU hijab for muslim women

アバンギャルドなこと、カラフルなことを特徴に成長してきた日本のファッション。では、ムスリムの女性達に向けたデザインを提案する日本のブランドがあると、聞いた事があるだろうか? 実は、リエカイノウエさんがデザイナーを務める”GNU”というブランドがムスリム地域をマーケットに見据えたブランド展開をしている。さて、これからどれくらい伸びるのか、楽しみだ。ところで、日本のブランドがそのマーケットで勝負するという事は、どういう事だろう?具体的に考えてみましょう。

Japanese fashion is known for being avantgarde, or of course for being wild and colorful. But have you ever heard of a Japanese brand designing for Muslim women? Rieka Inoue of the brand “GNU” is betting that it’s a market that will appreciate her designs, and see her brand grow. But what will it take for a Japanese brand to take that market on?

patriciaFIELD-master1050-v3

パトリシアフィールドが閉店。Patricia Field NYC Bowery Closing; photo via NYT

NYにあるパトリシアフィールドのショップが閉店するというニュースが飛び込んできた。まだ具体的な日程は公開されていないが、3月中だと思われる(追伸:2月28日!)ミーシャのショックとは裏腹に、ファッション界ではそこまで騒がれていない気がするけど、きっとこのニュースの波紋はこれから広がるだろう。彼女は、奇抜なNYファッションのゴッドマザー的存在。パティーピープルやクラブキッズたちのファッションにずっと影響を与えてきた。そんなクラブキッズたちは多くのハイファッションデザイナー達のインスピレーション源となり、それをまた彼らがアレンジしたりと、多くの良い連鎖を生んでいた。

パトリシアフィールドは、セックスアンドザシティやプラダを着た悪魔のスタイリストを務め知名度がぐっと上がってからは、他のショップでは扱われないようなフリンジ系の若手デザイナーをどんどんプッシュしていった。言ってみれば彼女のショップが閉まるといのは、ロンドンのワールズエンドや原宿のDOGが終わるのと同じ事。

ついこの間、パトリシア本人にインタビューをしたばかりなのに、その時は「閉店」なんて一言もなかった。逆に私が紹介した東京発のブランドをいくつか取り扱いたいという依頼のメールがきたくらい。本当に突然に決めたことなのかな。そしてなぜこの出来事が、嘆きのニュースとしてそ こまで広まっていないのか。きっと理由はこう。ニューヨークファッションが大きく変わってしまったのだ。クラブ系ストリートスタイルファッションのマー ケットがどんどん縮小しているのでは?「数えきれない程のショップを駆け回ってやっとおもしろいものに出会える」のだと、彼女自身言っていた。

OH NO…とショックを受けた直後、もしかしたらユニークファッションの生き残りはもう原宿だけかもしれない。という思考が働いた。これが、ミーシャがこのニュースを聞いた時に思った正直な感想。

It was a total shock when Patricia Field announced that she would be closing her famous New York City store indefinitely. No date has been set yet, but it is speculated to be in March (Update: it appears to be Feb 28!). I was actually surprised that it wasn’t MORE of a shock to the fashion community. Perhaps the grief hasn’t really set in yet. After all, she is a godmother to the unique, flashy side of New York City fashion and to all parties concerned, had been supplying the club kids with their clothes for decades. Then those NYC club kids went on to inspire many high-fashion designers and it has been a self perpetuating cycle for a long time. While she is more known for being the stylist of Sex and the City or Devil Wears Prada, she in fact did a service to the young start-up designers who made fringe clothing when no other shop would take their stuff. I suppose it would be like World’s End closing in London, or DOG closing in Harajuku.

Perhaps, there was a reason there weren’t cries of grief like I expected, and that’s probably because the fashion scene in NYC has changed so much, there wasn’t such a huge market for club-ready street-style fashion anymore? Is that what happened? Patricia herself just said she was too busy these days to run the shop, and that she got such a “good offer” on the real estate she couldn’t pass it up.

My first thought was, “Oh-no”. My second thought was, “Wow, maybe Harajuku is one of the the last bastions of unique clothing on Earth.”

TK-2015-06-07-019-001-Harajuku-600x955

原宿ストリート系の今。Harajuku style. Not closing. Photo via TokyoFashion.com

Screenshot 2016-01-21 15.01.40

東京カワイイTVといえば、日本で放送されていた人気TVプログラム。でも、カワイイインターナショナルっていうグローバル版が今放送されていることを知っている人はどのくらいいるだろう?

NHK Worldでも1,2を争う人気番組で、ミーシャはメロディー洋子とMCをやらせてもらってる!番組をお送りする中で、沢山のジャパニーズカルチャーに触れられて、毎回多くの刺激をもらう。と同時にそれを世界に向けて発信できるというのはすごく楽しい!

今日は最新エピソードのご紹介。この回では、AKBに魅了されてひとりで東京に来てアイドルを目指す19歳のアメリカンガールに密着。アイドル界って本当に奥が深い。まだまだ知らない事だらけだった事実に、ミーシャも興味津々になってしまった。

If you’ve got about 10 minutes to spare, drop everything you’re doing and watch Kawaii International online. Yes, I am serious. If you’re not entirely familiar with the show:  It’s one of the most popular shows on NHK World, and as one of the hosts (with Melody Yoko) I love learning and sharing about this really unique part of Japanese culture with the world.

Most recently, they introduced a segment called “Real Kawaii Life in Tokyo” and the first one was about 19 year old girl “Aminyan” from the US who was inspired by a an article about AKB48 to pursue a dream of being a top idol in Japan. The segment follows her daily life, from auditions to somewhat surprising locales in Akihabara.

 

Screenshot 2015-12-19 00.40.37

最後の、第3戦「エッジ」がスタート!クリスチャンダダ、Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., フレイクがレアなことに大阪に登場!下記で各ブランドと並んでいる商品の一部を紹介します。

ポップアップのご紹介:
大丸心斎橋店で開催されているポップアップショップ、”ネクストラグジュアリー”のプロデュースに参加させてもらっている私。日本を牽引するパワフ ルなブランドをセレクトさせていただき、2週間おきに入れ替わるというとてもエキサイティングな企画!というのも、もうすぐアートデコ調の素敵な建物をリ ノベーションする大丸が、その前に行うこの大きな企画にミーシャを招いたくださったのだ。

ポップアップショップは大丸の一階、御堂筋側エントランス右横でやっているのでチェックしてね!(大丸にいったならウィンドウディスプレイを観るのも忘れずに〜デザインさせていただきました!)

 

I have put together a rather unique pop-up shop for Daimaru Shinsaibashi in Osaka, as they allowed me to experiment before they close down to renovate the Art-deco-era building. Over the course of 6 weeks, three groups of brands which represent the next generation of luxury fashion from Japan will be presenting an ample lineup of their newest collections and archives for sale.

We are now into the second of the three parts, on from Dec 16 to 30th. The theme is “Edge”

I have asked 5 brands who have a strong sense of self and stand out better for it: Christian Dada, Leonard Wong, Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth., and accessories brand Flake. Please read about these special brands below and check out the store at the first floor of the grand Daimaru Shinsaibashi Department Store on the main Midosuji Road. (and don’t forget to check out the holiday windows I designed for them!)

Models at Bunka Fashion College in Tokyo

先日、イギリス発業界サイト ビジネスオブファッション (Business of Fashion.com) のランキングで世界二位の服飾学校となった文化服装学院。不動の1位は王者、セントマーチンだけど、パーソンズやFIT、を押さえてのランクインとはすばらしい。

これを際して、卒業生のミーシャやその他の関係者に同サイトからインタビューの依頼が来た。内容は、何がこうも文化服装学院のアイデンティティーを確立させたのか。一応、そのインタビューはこちらで掲載された(英語)。ちょっと語り足りなかったので、ここで補足したいと思います。

 

Bunka Fashion College (called Bunka Fukuso Gakuin in Japanese), was recently named by Business of Fashion as the number two best fashion school in the world.

That’s…incredible. It even beat the likes of Parsons, FIT, and well, everyone but Central St Martins.

As a graduate, BoF reached out to me to find out what makes the school so different from the others, and an article was written all about it. There were a few points that I offered that didn’t make it to the final cut, and I’d like to add them here.

 

Children models pose for Karl Lagerfeld kids for Melijoe

キッズ服にますます注目が集まる近年。こないだの東コレでは、ミントデザインズのランウェイにキッズモデルが登場したりした。ミーシャは子供いないけど、実は子供服に馴染みが無い訳でもない。以前このブログでCaroline Bosmansの子供服を紹介したことがある。だって、そのエッジィなデザインは大人の自分にとっても十分魅力的だったから!それがきっかけなのか、カールラガーフェルドの猫ちゃんからのお告げなのか…

Kids’ clothing is everywhere; even Japanese brands are dressing up their kids, with Mintdesigns putting children on the catwalk at last month’s Tokyo Fashion Week. I don’t have children, but I am no stranger to kids’ clothing, writing about childrens’ designer Caroline Bosmans here on this blog before because her edgy aesthetic appealed even to me as an adult….and that’s what brought me here. I had a revelation…and somehow, it was Karl Lagerfeld’s cat that brought me here. Lead away, kitty cat.

Karl Lagerfeld kids for Melijoe choupette flats

asia-awards-2015-fashion-7

 

This past weekend was Tokyo Design Week, one of the biggest conventions for design, technology, art and fashion in Japan. Within the week are the Asia Awards, awarded to young creators in a number of fields. For two years I`ve been on the judging panel, and I want to introduce to you the top three winners who masterfully blend concept with art and fashion.

One uses mattress foam to make extremely intricate 3D floral fabric, one created a fashionable piece of confounding art, and then one found the positive side to being a “hikikomori” (a shut-in). Here they are!

先日まで東京デザインウィークが開催されていた。日本のデザイン、テクノロジー、アート、ファッションの4つの分野にわたる大きなエキシビション。その企画の一環で、若いクリエイター達に賞を送るアジアアワードが開かれていた。ここ2年間、ミーシャも審査員の1人として参加させていただいているのだけど、今年の賞獲得者も素晴らしいので紹介します!

 

3Dの花柄加工を施したオリジナルファブリックを開発したものや、アートの観点からファッションを掘り下げたもの、、ひきこもりをポジティブに表現したもの、どれも面白い作品!

 

21001938752_8523c7c88a_o

前半では、ミーシャがディレクター兼スタイリストを務めた東京ストリート系祭りのショーを振り返った。NHKワールド主宰のもと、”Tokyo Above-Underground”というタイトルを引っさげて、NYのブルックリンに東京のストリートファッションブランドを持っていきました。ショーはジャパニーズカルチャーフェスティバルのようなイベントの一貫だったので、観客は日本に興味のあるひとばかりだったはずだけど、辛口評価の人も感激させるような、リアルなストリートファッションを魅せられた気がしてる!ただ、このようなショーを開催するにあたって、様々なハードルをクリアしなくてはいけなかった。業界のハードル、ロジスティックスのハードル、文化のハードルなど。

そして、そのショーを開催した結果はなにかというと??あの「Sex and the city」や「プラダを着た悪魔」のスタイリスト、パトリシアフィールドも出席していただきました。すると、後日にいくつかのブランドがすごく気に入って くれたみたいで、ショーの中から沢山のブランドを彼女自身がプロデュースしているセレクトショップに入れてくれるかを検討中という連絡がはいった(!!実 は来年あたりからブランドとのコラボを実現させる企画がうごいているらしい。極秘!w)。また、服飾学校FITのミュージアムのチーフキュレーター Valerie Steeleも観に来ていた。日本のファッションが大好きな彼女の目利きは一流。東京のファッションは多種多様で、想像のはるか上を行くようなデザインを 生むデザイナーが原宿にはわんさかいる。というように、東京のストリート系ファッションに興味を持つ層が少しでも広がる気がする。

The last post I wrote about the “Tokyo Above-Underground” fashion show I directed/styled with NHK World in Brooklyn. Since it was a Japanese culture convention, most of the spectators probably already had an interest in Japanese fashion or culture, but I think even the most hardened critic came away with a newfound respect for pure this display of unadulterated street fashion. There were a number of hurdles to clear before being able to pull such a thing off, and it involved a lot more than just grabbing some clothes and putting them in suitcases. Cultural as well as industry-wide rules had to broken and explained, and a lot of professionals needed to lend their expertise.

As for the outcome of putting on such a show? Patricia Field (stylist for Sex and the City and The Devil Wears Prada) was there and expressed a deep interest in carrying many of the brands in her Bowery shop (In fact, I hear she’s working with 6%DokiDoki on something for next year as we speak *shhh*). There was also Valerie Steele, chief curator at the museum at FIT there who has a deep respect for Japanese fashion but also knows bad fashion when she sees it. The Tokyo fashion scene is very varied, and is made up of a number of designers and styles that go beyond what most may already know about.

20985594026_2ae49b7d87_o