Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

ブラックのカムバック?!ネオカラス系など、かわいいよりかっこいい派の増殖。Is Kakkoii the New Kawaii? Why the Tokyo streets need black back.

aya-bambi-2

ネイビーブルーのドレスにブラックタキシードベストにヒールというシックな服で、手にはパステルピンクのハンドバックを持ち渋谷周辺を歩いていた夜のこと。それは、アバンギャルドでもゴシックでもなく、でも誰が見てもファッション系の人だなと分かるような、そんなスタイルだった。にもかかわらず、服に対して意味の分からない言葉をかけてきた男性の話を、まずははじめにさせてほしい。

“すみませんが…どうしたの、その服?お葬式帰り?”

 

うーん。。。。-________-

東京のストリートは、とても開かれた環境にある。デコラ、白塗り、ユメカワイイ…ジャンルを問わず受け入れてくれるそこは、まさに”なんでもあり”の世界。FRUITSの編集長、青木正一さんは”今はすごく支離滅裂な感じだから、もうすぐ大きなムーブメントが起きると思うよ”と話してくれた。”90年代の原宿みたいにね”。

ミーシャも昔はカラフルな原宿ストリートスタイルを着ていた時があった。”なんでもあり”ファッションは、人生のなかで1、2を争うくらい楽しいことだった。あの頃は、全く違う新しいことに挑戦したいという思いから、そういうスタイルを確立していった。ストリートはまるで96色クレヨンのようにカラフルで、にぎやか。でも、どんな色を着ても目立たない。

いや、ひとつだけ異質な色がある

…黒だ。

Just the other evening, I was walking home through the busy Shibuya neighborhood. I was in a chic but casual navy blue dress, black tuxedo vest and heels, and pastel pink handbag. It was definitely erring on the side of  “fashion”-y, but nothing avantgarde or gothic. Still, this dark ensemble was worn much to the chagrin of some random Japanese dude on the street. He couldn’t help but make sure I knew how annoyed he was with my outfit.

“Excuse me, but…. What’s up with those clothes? Did you come from a funeral or something?”

 

…….  -________-

There comes a point where trends become so heated that they boil over into a frenzy of incoherent parts. The streets in Tokyo have been like an open air discotheque, from the awe-inspiring costumes of decora or Shironuri, down to casual POP looks of Yume Kawaii. It is the era of “anything goes”. Editor in chief of FRUiTS Shoichi Aoki  even told me that it has become so disjointed that he suspects something big should happen soon. “It was like this right before Harajuku style appeared too, in the 90s.”

I have had my own heyday in colorful Harajuku street style, and it was some of the most fun I have ever had experimenting with “anything goes” fashion styling in my entire life. Street fashion has become like a 96-color box of crayons, with every shade represented. But no color in particular stands out among all the others.

Ah, but there is one… black.

Above: Black-color fashion icons Ayabambi

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

温暖化が東京のおしゃれをダメにしている理由 Why Climate Change is Ruining Japanese Fashion

summerharajuku

 

ひとしきり泣いたあとのように、呼吸は乱れて浅く、目が腫れている。風邪をひいてるわけじゃないのに鼻水が止まらない。指先はレーズンの様に膨れ、ビーサン以外はむくんだ足に靴擦をつくる。服は毎回汗でびしょびしょ。メイクなんて5分もしたら崩れるし、サウナみたいな匂いがする空気はたまに塩素みたいな変な匂いが混ざって、ありえないくらいの不快感。

東京の人たちには、試練のときが1年に1度やってくる。この時期はみんな生きて行けないほど弱っている。それこそ、”夏”。毎年温暖化が進み熱くなり続ける東京の夏は、ヒートアイランド現象が深刻化していて、本当に逃げ出したくなる。すでに実際、7月から9月はおしゃれが楽しめないほど暑いわけで、そのうち日本も東南アジアのような、あっけにとられる程の暑さに見舞われることも考えられる。四季がだんだんとなくなり、亜熱帯の気候になりつつある?ファッション市場、シーズン、デザイン、経済にまで悪影響する。そんな未来は意外とすぐそこかもしれない…

 

My breath becomes shallow. My eyes are swollen and damp, as if I have been crying. I`m constantly sniffling, but I do not have a cold. My fingertips are turning to raisins. Any shoe that is not a beach sandal gives me blisters. And the sweat ruins all of my clothes. Makeup lasts 5 minutes, tops. The air smells of sauna, but only with the putrid tinge of chlorine with none of the aroma oils. This must be hell.

There comes a point every year in Tokyo, a time when all of its people’s wills are tested. The weak do not survive. This is called “summer”. And no thanks to the proven “heat island” effect, it’s getting hotter each year. In fact, it may get so hot soon, that fashion as we know it will become impossible to consider from July to September. Will Japan devastatingly become like our Southeastern Asian countries and lose it’s 4-season climate to become a year-long subtropical one? (…no offense) Oh, that future may be closer than you think…

 

上:原宿で見かけた今夏のおしゃれ  Above: Fashion seen in Harajuku, summer of 2016. Source Tokyofashion.com

Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 popular

“ネオ・ギャル”に”ネオ・イケメン”。「ネオ」ブームの次に登場するサブカルは?そして”ネオ・カルチャー”は海外に受けいられるのか? What’s Neo Gal, Neo Ikemen and the “Neo” subcultures?

Screen shot 2014-11-18 at 6.48.02 PM

[UPDATE]

日本のファッショントレンドの回転は想像通り、とってもはやいもの。(昔の裏原トレンドなんて、3ヶ月ごとに変わったという伝説がある)。今の時代では、流行の寿命はもう少し長くなった、、、が、それでも”進化”が早いのは確か。この記事の中にも出てくる各「ネオ」トレンドもそう。今回特に触れたいのが(現名称)「ジェンダーレス系」だ。みなさんの記憶からはもう消えたかもしれませんが、下記の記事 をあげた当時は(旧名称)「ネオイケメン系」と呼ばれていた。やはりトレンドの回転と進化がはやいもんだな、、、

ジェンダーレス系のトレンドは「ネオ」トレンドのどれよりも発展しており、今やジェンダーレス系アイコンのユースケデビルくんがセレブの席に座れるようになっている。また、彼に憧れたジェンダーレス男子が数多く出てきて、例えばりゅうちぇるさんがファッションアイコンとしてとても有名になっていますね。(この記事に写真をたくさん追加す ると偉い長くなりますので、気になる方は各リンクをクリックし、ご覧ください)また、綺麗な顔立ちのGENKINGさんも一流芸能人となっているこの、ジェンダーレス系の認識は一般の方の間でも普及してます。

このジェンダーレス系の「今」に触れてみると、やはり海外の注目が気になるところ。i-Dマガジンが記事をあげて、”ギャル以降、一番面 白い東京のトレンドはジェンダーレス系だ”という。また、その影響のおかげか、彼らは海外のユニセックスのことを”ジェンダーレス”というふうに呼べるようになった。海外のAFP新聞はもっと 深く取り下げて、”ジェンダーレス系はフェミニズムに当てはまるか?それともアンチなのか?”と問いた記事をあげた。私も、今のジェンダーレス系にとても感心を持 ち、Z-Tokyoのコラムでは ”ジェンダーレス系はセクシャリティにも影響を与えている?”とあげてます。

ファッションはただの洋服のトレンドで終わることが多いけど、時にこういうふうに社会の傾向を反映させることもある。”私には関係ない”と思う方でも、今回はぜひ感心を 持って、みていただければと思います。今後も、こういった美少年と中性的な美少女が増えるのか?ま、、、それが「美」であるなら、増殖しても決して悪いことではないよね。

(元の記事な下記)

In Japan, we know that trends come and go very quickly (historically, new ones came and went in the span of 3 months). It takes a little longer for the modern ones to cook, and now the “neo” trends mentioned in this article below are getting to the point of being well-done. Specifically, I want to call out “neo ikemen” which as we all know, is now called “genderless” fashion. And genderless is starting to take on a life of its own now. Where are we at, exactly? First, the genderless icon above, Usuke Devil, is all over the TV airwaves and has spawned dopplegangers such as Ryucheru (with 450k followers) and more and more “pretty boys” are popping up on Instagram all the time. And who would have thought that androgynous O-nee Genking would be like the Kim Kardashian of Japan by now?

The trend has gotten so big that the world has taken notice. i-D Magazine says that Genderless is the most interesting thing to come out of Japan since the gyaru. And perhaps from this, they were influenced to start calling “unisex” fashion “genderless” instead. Then, the AFP goes so far to ask whether Genderless hurts or helps feminism. Meanwhile, most of the Genderless boys’ fans are women, and now that the trend has hit the mainstream, many girls ask the question: “Are you gay?” “Do you have a girlfriend?” The idea of blurring sexuality through fashion and actually having it relate to sexuality is fascinating to me, and I wrote a column over at Z-Tokyo asking if they’ve got anything to do with each other (read it bilingually here).

Some people think that fashion exists in a vacuum, but sometimes…it really reflects a society at large and can offer insight into where it’s headed. So are we in for pretty boys and girls for the foreseeable future? Hey, there are worse things that could happen. Read the original “Neo Ikemen/Genderless” article below.

 

***

Original Post: 11/19/2014

今やサブカルチャーというものは日本のファッションシーンにおいて重要なパートのひとつになった。ところがそれが世間に、”守り”、”誇るべき”ものだという認識がされ始めたのは最近の事。なぜ大切にされるようになったのか、それは:

  1. 世界規模のインターネットの進化 (それにより、トレンドが雑誌に限らずSNSからも生みだすことが可能になる)。
  2. 日本の経済悪化。(だが、ファッションとサブカルチャーは経済効果がある)。
  3. 官民ファンド、クールジャパン機構の設立。

特に、3つめの”クールジャパン”の影響は大きい。日本が自国のユニークなファッションを海外に押し出していけば、利益を上げる事ができると気付き、そしてクールジャパンファンドが立ち上げられ、本格的に海外に日本の商品を売り出していくべく動き出した。クールジャパンが出来る前、海外での日本のサブカル人気度などほとんど気にしていなかった時期と比べれば、とても大きな一歩である。

そして今、この新時代のビッグトレンドは”ネオ〇〇”。頭に「ネオ」をつけるトレンドは日本国内に留まらず海外でも人気を集めている。実のところ、国内発だけでなく、実は逆輸だったりして?!そして、それは最終的に海外で受けいられるか?日本で広がる”ネオ”サブカルについて具体的に掘り下げてみましょう。また、次に来る”ネオ”を大予想!

Subcultures have long been an integral part of the Japanese fashion scene, but they weren’t considered something to be *protected* and *proud of* until recently. The catalyst for this is three-fold

1. The internet globalization

2. The struggling Japanese economy

3. The advent of the “Cool Japan” initiative.

#3 was a major turn, when Japan started to realize that selling their unique fashion culture abroad could be lucrative, instead of keeping it caged inside of Japan. Right now the big trends in this new era are being given the prefix of “neo”. And they are taking off big time, in and outside of Japan. …some of these are even being created outside of Japan rather than inside! What are some of the “neo” subcultures in Japan right now, and what new “neo” subcultures might be born soon?

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

服飾学生が減少し続けるなか、他の専門分野は学生数を伸ばしている。その原因は?Why are fashion students in Japan dwindling, while those in other creative disciplines soar?

117a50913f9a9b93eea53b1363c4e87d-1024x527
ファッションを仕事にする者としてどうしても見逃せない数字がある。日本で服飾を学ぶ学生の数が、1985年をピークにどんどん減少しているらしい。ピーク時約5万人の学生を抱えていた服飾業界だが、2015年、その数は30%である約1万5000人。さらにこのまま減少していくと20年後 には5000人(全盛期の10分の1)になってしまうことになる。
なぜだろう?それは、やはりデザイナーをはじめとするファッション系の職業での成功が難しいからなのか?いや、それだけではないと思う。実際、美容系やメイク、ネイル、また映画やグラフィック、フォトグラフなど、同じように厳しい道のりになる職種だと思われるが、不学生数は伸びているようだ。では、なぜ若者がファッション系に興味を持たなくなっているのか?
As a fashion professional, there is some disturbing data out there that cannot be ignored. In Japan, the peak year for the highest number of fashion students in here was in 1985. After that, the numbers just get worse and worse. While in 1985 there were at least 500,000 students studying fashion, in 2015 there were only 30% of those numbers at about 150,000. If numbers keep going in that direction, then in 20 years there will only be 5000 students studying fashion in Japan (1/10 of the peak period).
Why? Is it because it’s becoming harder and harder to be successful as a designer, or in any other position in the fashion industry? That simply isn’t true. So then what is it? In fact, other creative fields like beauty, hair, nails, film, graphics, and photography are all also “difficult” fields and yet their number of students are growing. So then… why exactly are students here abandoning the fashion industry?
スクリーンショット 2016-07-07 14.57.41
Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

日本に残されたアジアでいちばんになる道が「東京即売コレクション」?Could Tokyo be a “See Now Buy Now” world capital?

buynow_img

 

今、世界のファッション業界で大きな議論を呼んでいるのが、ランウェイから実際に服が届くまでの(だいたい6ヶ月という)ギャップを縮めようとする”see-now, buy-now”という動きについて。(直訳すると”今見て、今買う” 。つまり、欲しいと思ってから手に入るまでの期間を短くするということ)これは、製造、販売側にしてみれば悪夢のような物流スケジュールになることは明らかだけど、それでもさまざまな矛盾が取り除かれすっきりするため、多くの人に取って結果的にはプラスに働くのではないか?と思う。

服を見て、欲しいと思ったらやっぱりすぐに欲しいし、今のペースだと服が実際に店頭に並ぶ頃にはもう次の新作、次のシーズンに頭がいってることがよくある。キャッシュフローの良いビッグブランドや、アレキサンダーワンのように資産がたくさんあるメゾンは既に”オンシーズン”のランウェイに乗り出した。さらに、この波に乗り始めるブランドもコマーシャル的なブランドからだんだん出始めている。

ファッションキャピタルシティの中でも一番コマーシャル的なニューヨーク。この街では特に”see-now, buy-now”の動きが強い。ニューヨークファッションウィークのカレンダーにはクチュールブランドではなくスポーツウェアやカジュアルウェアブランド がずらりと並ぶ。だから、ニューヨークではすでに、”see-now,buy-now”ファッションウィークが、もうすぐそこまで来ていると考えている。

ニュー ヨークが上手く回り出せば、きっと次は東京の番だ、と個人的に思う。東京はsee-now, buy-nowのアジアのキャピタルとして、沢山の人がやって来るようになると思う。すでに、クリエイティブなデザイナーの多くはトランクショーに顧客を招待して、see-now, buy-nowのファッションショーを以前から続けてきた。…東京はもしかしたら世界のsee-now, buy-nowキャピタルにもなり得るかもしれない?

Right now the huge topic of discussion in the global fashion industry is regarding disruption of the cycle from runway to delivery (usually 6 months) to”see-now, buy-now” (making looks immediately available to purchase). “See now buy now” is a logistical nightmare in terms of production and distribution, but in capitalistic terms it makes total sense. We want what we see right away, and often by the time clothes hit stores, we are on to the next thing. Big brands with cash flow and resources like Alexander Wang are jumping on the bandwagon to hold on-season runway shows and many other commercial brands are following suit.

This is especially true in New York, which has always been the most commercial of the major fashion capitals. The New York fashion week calendar is mostly filled with sportswear and casualwear instead of couture, and thus I predict a “see-now buy-now” fashion week is just around the corner.

And then, after New York gets that ball rolling, I believe Tokyo will become the See-now buy-now destination for Asia. The most creative designers here are already producing on a trunk-show schedule, and the consumers have been attending see-now buy-now fashion shows for over a decade. ..could Tokyo even become the see-now buy-now capital of the world?

Categories
Fashion News | 最新情報 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化 Tokyo Brands AW 2015秋冬の東京ブランド

洋服とミックスした浴衣の新しいスタイルを提案!What happens when you mix traditional Japanese yukata with modern fashion?

あなたの浴衣は、オーソドックス派?それともファッション派?

浴衣シーズンが近付き、今年の新作を気にし始めた頃だろうか?そういうワクワクに、日本人は洋服と和服の区別がない様に思う。昔からある伝統的なものだから、日本人にはあって当たり前のもの。でもだからこそ長い間、着方や合わせ方に大きな変化が無いところは、洋服との大きな違いだと言える。だけど、わたしの様な外国人から見ると、新しい着方や見せ方を想像するとワクワクするほど、まだまだ多くの可能性を持っているように見えるのだ。

そんなミーシャの想いを形にしたのが、伊勢丹新宿の夏浴衣フェア”Now and Tomorrow” by Misha Janette ♡。伊勢丹1階のメインイベントスペースにてお披露目してます。そこでは、7階の呉服コーナーからセレクトした浴衣と、3階のリスタイルコーナーから選ん だ洋服を合わせてスタイリング提案をさせていただいた。同じ浴衣を、オーソドックスな方法と、呉服と洋服をミックスさせたモダンな方法で着たマネキンを並 べて置いて、その違いを際立たせた展示は伊勢丹にとっても初めての挑戦だそうだ!ここでは、4つのスタイル提案を紹介&解説します。さて、あなた のお気に入りはどれですか?

In Japan, the summer season brings out a type of traditional clothing called the Yukata, which is a lightweight summer kimono. While in the west we look to the runways and streets for new styles and trends in clothing, changes in yukata trends are pretty much limited to print and color as its design (shape), and how it’s worn, never changes. In Japan, wearing the yukata as it always has been is so normal, it’s like cereal and milk. You aren’t really *supposed* to mix it up… like putting coconut water in that cereal. But to someone like me, the long robe with the wide sleeves and obi belt just seems so versatile in possibilities! Can’t we play with it… just a little?

So with that concept in mind, I have collaborated with Isetan in Shinjuku to direct the Summer Yukata Fair “Now and Tomorrow” by Misha Janette ♡ which is featured on The Stage, which is in the middle of the 1st floor! In it, I styled my favorite new yukata designs with the newest western fashion from the 3rd Floor Re-style shop. You can see how the yukata are worn in an orthodox way, as well as in a more mixed-up “avantgarde” way. In fact, this is the first time Isetan has ever mixed traditional clothing with western fashion!! Please see the four main styles below…which is your favorite?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Categories
Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

Yami Kawaii, the sick subculture of kawaii. かわいいのアンチテーゼが実は可愛すぎる。「病みかわいい」とメンヘラの関係

yami-kawaii fashion buttons

ただのパステルファンタジーじゃ終わらない、原宿のサブカルチャーが生まれるのはもはや、時間の問題だった。カワイイファッションにリアルライフが浸透したとき、どんな化学反応がおこるか?喜びや楽しさなどのハッピーな気持ちや、逆に悲しみなどのネガティブな感情をファッションに投影する原宿ファッションだが、特にネガティブな面のスタイルを”病みカワイイ”という。パッと見、普段のカワイイと変わらない皮肉っぽいユーモアのあるキュートでガーリーなスタイルなんだけど、実はすごく奥の深いサブカルチャーで、掘り下げたそこには”ホラー”的な面もあった。

It was only a matter of time before a subculture came out of Harajuku that wasn’t just a happy pastel-painted fantasy. What happens when parts of real life seep into kawaii fashion?  When people want to project whether they are happy or sad…but in this case, *especially* when sad? That’s when you get a subculture of fashion and design called “Yami Kawaii”. On the surface it’s your average cute, girly style with some twisted humor. But deep down it’s a heavy beast. Dive into this episode of Sick, Sad World….

(above: characters read “sick” and “death”, respectively)

yami kawaii idol group zenbu kimi no sei da

Yami-kawaii idol group, “Zenbu kimi no sei da” (Everything is your fault)

Anti kawaii on z-tokyo

Source: Z-tokyo

カワイイファッションの台頭する原宿には、同時にまたアンチカワイイファッションが存在する。これについては、Z Tokyoという海外のバイリンガルウェブマガジンでついこの間寄稿しました。この媒体は、ライターが自由にリアルな東京に言及出来て、比較的制約が少ない。その記事でミーシャはアンチカワイイカルチャーを取り上げ、それが東京版のアンチ系やパンクムーブメントになり得るのでは?と、述べた。”死ね!”と書かれた服を来たオタク系の人や、シニカルなタグライン( “17歳だけど、お酒を飲ませろ”)が人気の原宿ブランドMYOBなどを例に挙げている。アンチカワイイ?なにそれ!という方、ぜひ読んでみて下さい。そのページのリンクされてるBanal Chic Bizarreの”ゆるファック”コレクションも見ごたえあり。Z Tokyoのミーシャの文章を読んだ後、病みカワイイについてさらに掘り下げるこのページでお会いしましょうー!(今後もZ Tokyoには面白い記事がどんどん上がると思うので、ブックマークをお忘れなく!!)

Level 1: Anti-Kawaii

I had been noticing an “anti kawaii” movement for some time in Harajuku.  I was introduced to this subculture while writing an article for Z Tokyo, a new bilingual online magazine based out of Tokyo.

In the article, I talk about some otaku-types who wear clothes that say “DIE!!” In Japanese characters, and Harajuku brand MYOB who is popular for it’s cynical taglines (An illustration of a noose reads  “I`m 17 and you let me drink here”). If you’re not familiar with this anti-kawaii movement, please read the article there first (and see there Banal Chic Bizarre’s intriguing “YURUFUCK” collection) and then come back to go in deeper with Yami Kawaii.

“病みカワイイ”トレンドには、いくつか層が存在する。まず1つ目は、ご想像通りキュートで不思議なファッション。

病みから連想される”痛み”という概念。それに習ってフェイクバンドエイド、スカル、ピンクの血、ガスマスクなどがアクセサリーとして使われる。それは、”こわカワイイ”トレンドにも似ているが、こわカワイイでは目玉や流血した傷口があった。病みカワイイはもっとガーリーでオタクっぽくて、グロいはずの傷口や血も、もっとアニメチックなパステルカラーで表現される。

NHKの国際放送番組、カワイイインターナショナルの最新エピソードでは、このサブカルをアンダーグラウンドファッションのムーブメントとして取り上げている。(英語の勉強がてら、気になる方は今月末までここから見れます)。そのエピソード内で、モデルの麻酔いちごを紹介した(彼女のインスタは上載)。彼女は実際、楽観的な性格だけど、フリルの服にパステルカラーのピルやバンドエイジ、ちっちゃな悪魔のアクセサリをつけることで人気。

Level 2: Yami Kawaii

The word “yami” is the character for “sick” or “ill” and often alludes to physical maladies like pain or even “hospital”(病院)。There are several layers to the Yami Kawaii trend, and the first one is what you’d expect a Harajuku subculture to produce: cute, weird fashion.

Since yami means pain, the yami kawaii subculture revolves around accessories like fake bandages, skulls, pink blood, and gasmasks. It’s a little bit similar to “kowa-kawaii”, which was the “scary kawaii” trend. That one revolved around eyeballs and gore, with a goth spin on it. But Yami-kawaii has a more girly, otaku-spin with lots of pastels and anime-style illustrations for it.

NHK World TV Show Kawaii International’s newest episode is very timely, introducing this subculture as an underground fashion movement. You can watch the episode here until the end of the month. In it, we are introduced to a popular anime character who often gets hospitalized, and happy go-lucky KERA model Ichigo Masui (above), who accessorizes her frilly outfits with pills, bandages, and little devils.

yami kawaii hospital

Source

やみカワイイの好きな彼女らがよく買い物をするのは原宿にあるお洋服屋の「ネ甲」(ネシン)。ピンクの眼帯や、”死ね!”みたいなメッセージの服が沢山打っている。ほぼ全てパステルで、行過ぎるような生々しい血の表現はあんまりない。

TVショーでは、このファッションカルチャーはメンタルとは深い関わりはなく、美的センスが関わっているという見方をしている。確かに、そうだと思う。精神的疾患がないとその店で買い物が出来ないなんてことはないしね。単に、怖カワイイトレンドからの発展したものだと考えるのが自然だ。

更に、ゆめかわいいというサブカルもその中にあり、それはメルヘン+かわいい=ゆめカワイイ。パステル色にふわふわ系のものにシニカルなスパイスがきかせているスタイルらしい。どっちにせよ、エッジさが欠かせない。

個人の意見では、特にシニカルな要素はアメリカ人にとって馴染みのあるジョークだし、ただのかわいくてふわふわしたスタイルより海外で売れると思う。だってネオンピンクのガスマスクも、パステルカラーの”死ね!”スウェットも、ぷっと笑いが漏れてしまうおもしろさがある。オモシロいファッションだ。

She shops at Harajuku store Nesin (ネ申)which sells pink eye patches and lots of clothes adorned with the aforementioned cynical Japanese messages like “Die!”. Almost everything is pastel, not bloody or gory.

The show is quick to point out that it’s an aesthetic choice, and not a mental one. And that’s totally true, as it doesn’t take permission from one’s psychiatrist to shop at the store. It’s a natural progression from the scary-kawaii trend, and I think it’s actually a lot of fun. Especially being the cynical, sarcastic American that I am, I think this type of dark and twisted Kawaii fashion is actually an easier sell abroad than the fluffy, fairy kind. I mean, who wouldn’t laugh at a neon pink gas mask or a pastel green “DIE!” sweatshirt? It’s all in good fun.

This pastel and frilly style is also referred to as “Yume-Kawaii” (dream kawaii). It’s a fairy style with a heavy dose of dark cynicism. Either way, it’s all kawaii but with a serrated edge.

yami kawaii face face masks

yami kawaii sweatshirt

Nesin face masks that say “love”, “god”, “die” and the shirt says “Go to hell, Internet”. Source: http://nesin.theshop.jp/items/3001668 

メンヘラ+カワイイ=??

…じゃあ、”楽しい”じゃ終わらな買った場合は?”病みかわいい”にはユーモアが欠かせない。そして、物事にはいつも奥行き、他の面がある。”病み”という言葉には精神疾患という意味もある。ここであがるのが、”メンヘラ”というキーワード。メンヘラは2チャンなどでフリンジ的な発言を発信していたカルチャー。

彼らはインターネットをはけ口として利用してきた訳だけれど、最近おもしろい動きがある。メンヘラの人たちがアートやファッションを通して現実世界とつながりだしたのだ。日を追う毎に人気と注目を集めていった。病みカワイイファッションの人気とのつながりは否定出来ない。

メンヘラチャンを知っているだろうか?メンヘラカワイイの非公式マスコットだ。江崎びす子という若手男子イラストレーターの描くこのキャラクターは、病みカワイイを一気に広め、ビジネスへと昇華させた。江崎びす子のツイッターのフォロワーは100kにも及び、Tシャツをはじめとしたメンヘラチャンのグッズや病みカワカメラ”という画像編集アプリなどを発信している。そして、肝心なのは彼の”ダーク”な面。彼のツイートはときにすごくひねくれている。「事故はどこだった?」とかね。

Level 3: Menhera-kei

…but what if it’s not just all in good fun? While yami-kawaii mostly revolves around humor, there is another, deeper layer to all of it. That is when the word “yami” takes on a mental dimension and literally means “mentally anguished”(心に病気を患った人). The Japanese slang word for this is “menhera” which is short for “mental health”. It refers to people who are usually on the fringe, who converge on anonymous message boards like 2chan and who have serious mental issues.

These people used to only “exist” on the internet, but recently there has been a movement where people who are menhera have started creating art and fashion in real life. It has become extremely popular, and it is undoubtedly related to the popularity of Yami Kawaii fashion.

Meet Menhera-chan, the unofficial mascot of the movement. She was drawn by a young male artist named Bisuko Ezaki, who has turned the yami-kawaii popularity into a business. He has almost 100k followers on Twitter, and sends out pictures of his t-shirts and other ventures, like a photo editing app called “Yami Kawa-camera”. But make no mistake, he’s a dark dude and some of his tweets are so twisted, even I squirm a little bit (like asking his followers to play games like on “Where do you think the accident happened?”).

yami kawaii mascot menhera chan

menhera chan LINE stamps

メンヘラチャンとそのLINEスタンプ かわいいながらも、「リスカ戦士」や傷跡などのとこがかなりダーク。 Menhera-chan and her LINE stamps. In the above “map”, notice the wrist scars, the little knife, and the introduction as a “wrist-cutting warrior”. Dark.

そしてもうひとりの立役者があおいうに。彼女は、メンヘラ展をオーガナイズしているAOI-UNI。メンヘラや、病みカワイイにつながるアートを見に多くの若者が訪れる会場では、グッズも販売している。あおいうには、可愛らしくて魅力的な女性。そして彼女もまた精神疾患の病名がついたメンヘラである。入院中に病院からツイートすることも少なくないようだ。

これらは、日本で全く新しいサブカルだというわけじゃない。リサーチをしていると草間彌生が出てきた。彼女もまた、精神科に通院していると知られている。そういう人間っぽさは、ある種の親しみやすさになり、人気の理由にもなるのだろう。メンヘラちゃんみたいに。(メンヘラチャンのラインスタンプも出てる)

病みカワイイは、俗に言うカワイイファッションに比べエッジが効いている。そこが意外にも、海外では受け入れやすいのではないかと思う。実際、麻酔いちごがカワイイインターナショナルで見せたスケルトンコルセットは、今ミーシャのクローゼットにある。また、ハイファッションにもこのムーブメントの波は来てる。バナルシックビザールや、ノゾミシイグロのコラージュプリントなどを見れば頷ける。心の病気で苦しんでいる 少年少女のなかにも、こういうカルチャーでカタルシス効果を得られる子がいたら良いと思う。原宿には今、色々な病みカワイイがあるからね。

Another catalyst is a girl named Aoi-uni, who organizes a yearly art fair called the “Menhera Exhibit”. This is where young girls and boys can exhibit menhera or yami-kawaii inspired art and goods, and sell it for a profit. Aoiuni is a rather cute and attractive girl, but the truth remains; she proudly waves the banner of menhera and even Tweets from her visits to the hospital.

This isn’t all totally new in Japan, as while researching for this, a photo of Kusama Yayoi popped up. She’s known for having committed herself to a psychiatric ward. That is considered somewhat endearing to the public, such as the menhera-chan mascot (the mascot has it’s own LINE stamps).

As for Yami Kawaii, I think that the edgy-ness of it makes it a pill easier to swallow than typical “kawaii” clothing for the West.And in high-fashion, it’s seen at Banal Chic Bizarre, and even in the collage prints at Nozomi Ishiguro. I hope that the girls and boys out there who are truly suffering from menhera can find this to be a cathartic outlet, and meanwhile, you guys can shop for Yami-kawaii at various Harajuku stores.

yami kawaii mehera exhibit

少女病棟展より source

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

時間が許すなら、もっと読んでね~ Read More:

Categories
Best Japanese Brands 2016 | 最強日本ブランド 2016年保存版 Japanese Fashion culture | 日本のファッション文化

ムスリムのファッション市場で、日本のブランドは成功できるか?Can Japanese brands enter the Hijab and Muslim fashion market?

model wears japanese fashion brand GNU hijab for muslim women

アバンギャルドなこと、カラフルなことを特徴に成長してきた日本のファッション。では、ムスリムの女性達に向けたデザインを提案する日本のブランドがあると、聞いた事があるだろうか? 実は、リエカイノウエさんがデザイナーを務める”GNU”というブランドがムスリム地域をマーケットに見据えたブランド展開をしている。さて、これからどれくらい伸びるのか、楽しみだ。ところで、日本のブランドがそのマーケットで勝負するという事は、どういう事だろう?具体的に考えてみましょう。

Japanese fashion is known for being avantgarde, or of course for being wild and colorful. But have you ever heard of a Japanese brand designing for Muslim women? Rieka Inoue of the brand “GNU” is betting that it’s a market that will appreciate her designs, and see her brand grow. But what will it take for a Japanese brand to take that market on?