カテゴリー CategoryJapanese Fashion culture | 日本のファッション文化

making161115_03

10月のファッションウィーク中、あることに気づいた。私の周りにいるファッションガールたちの髪が、黒ボブに変わっていたのだ。こないだまで、金髪やパステルのブリーチヘアをしてたのに!黒ボブ女子をあげると…マドモアゼルユリナ、まつゆう、マッピー、エリカゴールド。たぶんこれは日本のトレンドになりつつある。”和”や”やまとなでしこ”を思わせる日本人のルーツに立ちかえる、クールなスタイルが伸びてきているっぽいぞ。

やまとなでしことは、昔から日本女性の奥ゆかしさや清らかさを称える言葉だが、今回話したいトレンドは、”奥ゆかしい”日本らしさではない。強く、かっこいい、ユニークなスタイルの”モダンやまとなでしこ”とでも言おうか。これはここ何年かの間に日本で見たトレンドの中でも、わくわくするようなベストトレンドのひとつだ。

During Tokyo Fashion Week in Oct., I couldn’t help but noticing; many of the fashion girls around me had tossed the pastel or blonde hair styles for one: the little black bob. To name a few names, Mademoiselle Yulia, Matsuyou, and of course there’s always been Mappy and Erika Gold. It’s part of a growing trend of girls in Japan who are going back to their roots, and making “wa” or modern “yamato nadeshiko” one of the coolest styles around.

Yamato-Nadeshiko is a very outdated term, but means “ideal Japanese woman”…usually very natural looking, demure, humble, good at cooking and homemaking etc. But it’s not about being demure or quiet, because this very “Japanese” style is all about being strong, cool and unique. It’s the modern yamato-nadeshiko, and it’s one of the best trends I’ve seen in Japan in the last decade.

img_9185

ファッション業界で当たり前のように使われてるベーシックな用語。中には今さら聞けないー!なんてものもありますよね。

ファッションに興味がある方、トレンドファッションを着る方、お買い物大好きな方、、

ファッションの話をしている時によく出てくるけど、実際意味がよくわからないって単語ありませんか?例えば、ファッションウィークとは何か?実際、業界で働いている人でも具体的に意味を聞かれると分からない”一般常識”がファッション界にはいくつもある。

ファッションウィークについては、私が想像もしなかったような、本来の意味と全く違う解釈をしていたという話も聞いたことがある。

「ファッションウィークって、ブランドが各国をショーをしながら回るツアーみたいなものでしょ?」

いいえ、違います。でも、単語だけ聞いていたらそういう勘違いが起きることは、すごくよくわかる

こういう勘違いは誰にでも起こりうることだ。私は建築や音楽が大好きだけど、すべての専門用語を理解しているわけじゃない。話の途中で”ブルタリストアーキテクチャー”なんて単語が出たら、話を止めてそれどういう意味?って聞かないと分からない。最近も、EPアルバムの”EP”の意味がわからなかったけど、ミニアルバムって意味だと学んだ!

そこで今日は、デザイナーの頭にアイデアが浮かんでからみなさんのクローゼットに届くまでの道のりで、とても基本的、または大切な用語を解説したいと思う。 オフスケジュールとか、プレミアビジョンとか…。

”〜〜”もわからない。とか、”〜〜”もよく勘違いされるね、って方はぜひ、ツイッターかフェイスブックかテレパシーでミーシャに教えてね!もしくはここにコメントしてくれても。

 

So you have an interest in fashion, or you like to wear trendy clothes, or like to go shopping.

But are you still confused about some things or terms that pop up all the time when talking about fashion? For example, can you describe what “fashion week” means? In fact, even some people who work in fashion don’t even know the absolute basics of fashion. For example, I`ve heard this strange explanation of “Fashion Week” from some people throughout my career:

“Fashion Week is when the brands travel to different cities and put on a show in each one, right?”

This isn’t correct, but I can completely understand that that’s how it may seem from the outside.

It happens to all of us. I really love architecture and music, but I don’t know all of their special terms. I had to stop someone mid-conversation to ask what “brutalist architecture” meant (note: I thought it was when you went inside, it crumbled around you like a deathtrap. Maybe I was imagining Fatalist Architecture?). And I only recently learned what the “EP” in an “EP album” in music meant (It means a mini album! Wow!).

So here is a list of super basic fashion terms as well as some that are super important to getting fashion from a designer’s brain and into your closet. Like “toile”, and “Premiere Vision”.

This list could get really long so I just picked my favorites, but if you are curious about a fashion term or have one to add, then let me know by twitter or facebook or or telepathy, or you could just comment if that’s how you roll.

screenshot-2016-10-15-00-09-53

自分のと違う文化に身を浸すと、新しい発見や刺激、トラブルにでもあう度、どうにか声をあげたくなる。それがクリエイティブな人間だとするとさらにその意欲が高まる。溜まったのをファッションや記事を通して発散している私はこのブログという箱があってとてもありがたく思います。ただ、ファッションに絞られず、色々観察・感じいていることがあるので、そういうのを8ヶ月前から始まったz-tokyoのコラムに投稿しています。z-tokyoはクールな東京のではなく、”ネオ東京”というスタンスで面白い、リアルな東京をバイリンガルで紹介しているオンラインメディア。この8ヶ月間アップしてきた記事をみなさんに紹介したく、ここにあげます。あなたには新しい発見があるかもしれない。。。

※PC版は英語・日本語並べている構成になっているが、モバイルはENGLISH→JAPANESEのボタンを好きにトグルして、お読みください

Being immersed in a different culture with a creative-leaning personality leads one wanting desperately to find an expressive outlet. I found mine in fashion and writing, which I do on this blog. But my life doesn’t revolve around fashion 24/7 and there are other aspects of this life in Japan that are fun to prod and ponder. And so I`ve been penning a bilingual column for Japanese online media Z-Tokyo (“zed-tokyo”) for 8 months now. It focuses on the grittier side of our fair city, not the cool side *cough* but the Neo side. I thought I would share these essays here, in case you missed them and/or want some bathroom reading material…

*On PC the layout has Jp-Eng side by side, but on the mobile site you will need to toggle Eng to Jp or vice versa by clicking the relevant button.

 

aya-bambi-2

ネイビーブルーのドレスにブラックタキシードベストにヒールというシックな服で、手にはパステルピンクのハンドバックを持ち渋谷周辺を歩いていた夜のこと。それは、アバンギャルドでもゴシックでもなく、でも誰が見てもファッション系の人だなと分かるような、そんなスタイルだった。にもかかわらず、服に対して意味の分からない言葉をかけてきた男性の話を、まずははじめにさせてほしい。

“すみませんが…どうしたの、その服?お葬式帰り?”

 

うーん。。。。-________-

東京のストリートは、とても開かれた環境にある。デコラ、白塗り、ユメカワイイ…ジャンルを問わず受け入れてくれるそこは、まさに”なんでもあり”の世界。FRUITSの編集長、青木正一さんは”今はすごく支離滅裂な感じだから、もうすぐ大きなムーブメントが起きると思うよ”と話してくれた。”90年代の原宿みたいにね”。

ミーシャも昔はカラフルな原宿ストリートスタイルを着ていた時があった。”なんでもあり”ファッションは、人生のなかで1、2を争うくらい楽しいことだった。あの頃は、全く違う新しいことに挑戦したいという思いから、そういうスタイルを確立していった。ストリートはまるで96色クレヨンのようにカラフルで、にぎやか。でも、どんな色を着ても目立たない。

いや、ひとつだけ異質な色がある

…黒だ。

Just the other evening, I was walking home through the busy Shibuya neighborhood. I was in a chic but casual navy blue dress, black tuxedo vest and heels, and pastel pink handbag. It was definitely erring on the side of  “fashion”-y, but nothing avantgarde or gothic. Still, this dark ensemble was worn much to the chagrin of some random Japanese dude on the street. He couldn’t help but make sure I knew how annoyed he was with my outfit.

“Excuse me, but…. What’s up with those clothes? Did you come from a funeral or something?”

 

…….  -________-

There comes a point where trends become so heated that they boil over into a frenzy of incoherent parts. The streets in Tokyo have been like an open air discotheque, from the awe-inspiring costumes of decora or Shironuri, down to casual POP looks of Yume Kawaii. It is the era of “anything goes”. Editor in chief of FRUiTS Shoichi Aoki  even told me that it has become so disjointed that he suspects something big should happen soon. “It was like this right before Harajuku style appeared too, in the 90s.”

I have had my own heyday in colorful Harajuku street style, and it was some of the most fun I have ever had experimenting with “anything goes” fashion styling in my entire life. Street fashion has become like a 96-color box of crayons, with every shade represented. But no color in particular stands out among all the others.

Ah, but there is one… black.

Above: Black-color fashion icons Ayabambi

summerharajuku

 

ひとしきり泣いたあとのように、呼吸は乱れて浅く、目が腫れている。風邪をひいてるわけじゃないのに鼻水が止まらない。指先はレーズンの様に膨れ、ビーサン以外はむくんだ足に靴擦をつくる。服は毎回汗でびしょびしょ。メイクなんて5分もしたら崩れるし、サウナみたいな匂いがする空気はたまに塩素みたいな変な匂いが混ざって、ありえないくらいの不快感。

東京の人たちには、試練のときが1年に1度やってくる。この時期はみんな生きて行けないほど弱っている。それこそ、”夏”。毎年温暖化が進み熱くなり続ける東京の夏は、ヒートアイランド現象が深刻化していて、本当に逃げ出したくなる。すでに実際、7月から9月はおしゃれが楽しめないほど暑いわけで、そのうち日本も東南アジアのような、あっけにとられる程の暑さに見舞われることも考えられる。四季がだんだんとなくなり、亜熱帯の気候になりつつある?ファッション市場、シーズン、デザイン、経済にまで悪影響する。そんな未来は意外とすぐそこかもしれない…

 

My breath becomes shallow. My eyes are swollen and damp, as if I have been crying. I`m constantly sniffling, but I do not have a cold. My fingertips are turning to raisins. Any shoe that is not a beach sandal gives me blisters. And the sweat ruins all of my clothes. Makeup lasts 5 minutes, tops. The air smells of sauna, but only with the putrid tinge of chlorine with none of the aroma oils. This must be hell.

There comes a point every year in Tokyo, a time when all of its people’s wills are tested. The weak do not survive. This is called “summer”. And no thanks to the proven “heat island” effect, it’s getting hotter each year. In fact, it may get so hot soon, that fashion as we know it will become impossible to consider from July to September. Will Japan devastatingly become like our Southeastern Asian countries and lose it’s 4-season climate to become a year-long subtropical one? (…no offense) Oh, that future may be closer than you think…

 

上:原宿で見かけた今夏のおしゃれ  Above: Fashion seen in Harajuku, summer of 2016. Source Tokyofashion.com

Screen shot 2014-11-18 at 6.48.02 PM

[UPDATE]

日本のファッショントレンドの回転は想像通り、とってもはやいもの。(昔の裏原トレンドなんて、3ヶ月ごとに変わったという伝説がある)。今の時代では、流行の寿命はもう少し長くなった、、、が、それでも”進化”が早いのは確か。この記事の中にも出てくる各「ネオ」トレンドもそう。今回特に触れたいのが(現名称)「ジェンダーレス系」だ。みなさんの記憶からはもう消えたかもしれませんが、下記の記事 をあげた当時は(旧名称)「ネオイケメン系」と呼ばれていた。やはりトレンドの回転と進化がはやいもんだな、、、

ジェンダーレス系のトレンドは「ネオ」トレンドのどれよりも発展しており、今やジェンダーレス系アイコンのユースケデビルくんがセレブの席に座れるようになっている。また、彼に憧れたジェンダーレス男子が数多く出てきて、例えばりゅうちぇるさんがファッションアイコンとしてとても有名になっていますね。(この記事に写真をたくさん追加す ると偉い長くなりますので、気になる方は各リンクをクリックし、ご覧ください)また、綺麗な顔立ちのGENKINGさんも一流芸能人となっているこの、ジェンダーレス系の認識は一般の方の間でも普及してます。

このジェンダーレス系の「今」に触れてみると、やはり海外の注目が気になるところ。i-Dマガジンが記事をあげて、”ギャル以降、一番面 白い東京のトレンドはジェンダーレス系だ”という。また、その影響のおかげか、彼らは海外のユニセックスのことを”ジェンダーレス”というふうに呼べるようになった。海外のAFP新聞はもっと 深く取り下げて、”ジェンダーレス系はフェミニズムに当てはまるか?それともアンチなのか?”と問いた記事をあげた。私も、今のジェンダーレス系にとても感心を持 ち、Z-Tokyoのコラムでは ”ジェンダーレス系はセクシャリティにも影響を与えている?”とあげてます。

ファッションはただの洋服のトレンドで終わることが多いけど、時にこういうふうに社会の傾向を反映させることもある。”私には関係ない”と思う方でも、今回はぜひ感心を 持って、みていただければと思います。今後も、こういった美少年と中性的な美少女が増えるのか?ま、、、それが「美」であるなら、増殖しても決して悪いことではないよね。

(元の記事な下記)

In Japan, we know that trends come and go very quickly (historically, new ones came and went in the span of 3 months). It takes a little longer for the modern ones to cook, and now the “neo” trends mentioned in this article below are getting to the point of being well-done. Specifically, I want to call out “neo ikemen” which as we all know, is now called “genderless” fashion. And genderless is starting to take on a life of its own now. Where are we at, exactly? First, the genderless icon above, Usuke Devil, is all over the TV airwaves and has spawned dopplegangers such as Ryucheru (with 450k followers) and more and more “pretty boys” are popping up on Instagram all the time. And who would have thought that androgynous O-nee Genking would be like the Kim Kardashian of Japan by now?

The trend has gotten so big that the world has taken notice. i-D Magazine says that Genderless is the most interesting thing to come out of Japan since the gyaru. And perhaps from this, they were influenced to start calling “unisex” fashion “genderless” instead. Then, the AFP goes so far to ask whether Genderless hurts or helps feminism. Meanwhile, most of the Genderless boys’ fans are women, and now that the trend has hit the mainstream, many girls ask the question: “Are you gay?” “Do you have a girlfriend?” The idea of blurring sexuality through fashion and actually having it relate to sexuality is fascinating to me, and I wrote a column over at Z-Tokyo asking if they’ve got anything to do with each other (read it bilingually here).

Some people think that fashion exists in a vacuum, but sometimes…it really reflects a society at large and can offer insight into where it’s headed. So are we in for pretty boys and girls for the foreseeable future? Hey, there are worse things that could happen. Read the original “Neo Ikemen/Genderless” article below.

 

***

Original Post: 11/19/2014

今やサブカルチャーというものは日本のファッションシーンにおいて重要なパートのひとつになった。ところがそれが世間に、”守り”、”誇るべき”ものだという認識がされ始めたのは最近の事。なぜ大切にされるようになったのか、それは:

  1. 世界規模のインターネットの進化 (それにより、トレンドが雑誌に限らずSNSからも生みだすことが可能になる)。
  2. 日本の経済悪化。(だが、ファッションとサブカルチャーは経済効果がある)。
  3. 官民ファンド、クールジャパン機構の設立。

特に、3つめの”クールジャパン”の影響は大きい。日本が自国のユニークなファッションを海外に押し出していけば、利益を上げる事ができると気付き、そしてクールジャパンファンドが立ち上げられ、本格的に海外に日本の商品を売り出していくべく動き出した。クールジャパンが出来る前、海外での日本のサブカル人気度などほとんど気にしていなかった時期と比べれば、とても大きな一歩である。

そして今、この新時代のビッグトレンドは”ネオ〇〇”。頭に「ネオ」をつけるトレンドは日本国内に留まらず海外でも人気を集めている。実のところ、国内発だけでなく、実は逆輸だったりして?!そして、それは最終的に海外で受けいられるか?日本で広がる”ネオ”サブカルについて具体的に掘り下げてみましょう。また、次に来る”ネオ”を大予想!

Subcultures have long been an integral part of the Japanese fashion scene, but they weren’t considered something to be *protected* and *proud of* until recently. The catalyst for this is three-fold

1. The internet globalization

2. The struggling Japanese economy

3. The advent of the “Cool Japan” initiative.

#3 was a major turn, when Japan started to realize that selling their unique fashion culture abroad could be lucrative, instead of keeping it caged inside of Japan. Right now the big trends in this new era are being given the prefix of “neo”. And they are taking off big time, in and outside of Japan. …some of these are even being created outside of Japan rather than inside! What are some of the “neo” subcultures in Japan right now, and what new “neo” subcultures might be born soon?

 

117a50913f9a9b93eea53b1363c4e87d-1024x527
ファッションを仕事にする者としてどうしても見逃せない数字がある。日本で服飾を学ぶ学生の数が、1985年をピークにどんどん減少しているらしい。ピーク時約5万人の学生を抱えていた服飾業界だが、2015年、その数は30%である約1万5000人。さらにこのまま減少していくと20年後 には5000人(全盛期の10分の1)になってしまうことになる。
なぜだろう?それは、やはりデザイナーをはじめとするファッション系の職業での成功が難しいからなのか?いや、それだけではないと思う。実際、美容系やメイク、ネイル、また映画やグラフィック、フォトグラフなど、同じように厳しい道のりになる職種だと思われるが、不学生数は伸びているようだ。では、なぜ若者がファッション系に興味を持たなくなっているのか?
As a fashion professional, there is some disturbing data out there that cannot be ignored. In Japan, the peak year for the highest number of fashion students in here was in 1985. After that, the numbers just get worse and worse. While in 1985 there were at least 500,000 students studying fashion, in 2015 there were only 30% of those numbers at about 150,000. If numbers keep going in that direction, then in 20 years there will only be 5000 students studying fashion in Japan (1/10 of the peak period).
Why? Is it because it’s becoming harder and harder to be successful as a designer, or in any other position in the fashion industry? That simply isn’t true. So then what is it? In fact, other creative fields like beauty, hair, nails, film, graphics, and photography are all also “difficult” fields and yet their number of students are growing. So then… why exactly are students here abandoning the fashion industry?
スクリーンショット 2016-07-07 14.57.41

buynow_img

 

今、世界のファッション業界で大きな議論を呼んでいるのが、ランウェイから実際に服が届くまでの(だいたい6ヶ月という)ギャップを縮めようとする”see-now, buy-now”という動きについて。(直訳すると”今見て、今買う” 。つまり、欲しいと思ってから手に入るまでの期間を短くするということ)これは、製造、販売側にしてみれば悪夢のような物流スケジュールになることは明らかだけど、それでもさまざまな矛盾が取り除かれすっきりするため、多くの人に取って結果的にはプラスに働くのではないか?と思う。

服を見て、欲しいと思ったらやっぱりすぐに欲しいし、今のペースだと服が実際に店頭に並ぶ頃にはもう次の新作、次のシーズンに頭がいってることがよくある。キャッシュフローの良いビッグブランドや、アレキサンダーワンのように資産がたくさんあるメゾンは既に”オンシーズン”のランウェイに乗り出した。さらに、この波に乗り始めるブランドもコマーシャル的なブランドからだんだん出始めている。

ファッションキャピタルシティの中でも一番コマーシャル的なニューヨーク。この街では特に”see-now, buy-now”の動きが強い。ニューヨークファッションウィークのカレンダーにはクチュールブランドではなくスポーツウェアやカジュアルウェアブランド がずらりと並ぶ。だから、ニューヨークではすでに、”see-now,buy-now”ファッションウィークが、もうすぐそこまで来ていると考えている。

ニュー ヨークが上手く回り出せば、きっと次は東京の番だ、と個人的に思う。東京はsee-now, buy-nowのアジアのキャピタルとして、沢山の人がやって来るようになると思う。すでに、クリエイティブなデザイナーの多くはトランクショーに顧客を招待して、see-now, buy-nowのファッションショーを以前から続けてきた。…東京はもしかしたら世界のsee-now, buy-nowキャピタルにもなり得るかもしれない?

Right now the huge topic of discussion in the global fashion industry is regarding disruption of the cycle from runway to delivery (usually 6 months) to”see-now, buy-now” (making looks immediately available to purchase). “See now buy now” is a logistical nightmare in terms of production and distribution, but in capitalistic terms it makes total sense. We want what we see right away, and often by the time clothes hit stores, we are on to the next thing. Big brands with cash flow and resources like Alexander Wang are jumping on the bandwagon to hold on-season runway shows and many other commercial brands are following suit.

This is especially true in New York, which has always been the most commercial of the major fashion capitals. The New York fashion week calendar is mostly filled with sportswear and casualwear instead of couture, and thus I predict a “see-now buy-now” fashion week is just around the corner.

And then, after New York gets that ball rolling, I believe Tokyo will become the See-now buy-now destination for Asia. The most creative designers here are already producing on a trunk-show schedule, and the consumers have been attending see-now buy-now fashion shows for over a decade. ..could Tokyo even become the see-now buy-now capital of the world?