カテゴリー CategoryJapanese Fashion culture | 日本のファッション文化

ファッションは好きだけど、実はフィロソフィーの勉強にも励んでいた。この世に、考えさせられるような思考実験を思い出した。例えば「観察者がいなければ、月は存在しないのか」。また、「片手で叩いたときの音(隻手の音声)とは何だ?」とか。そして「ブログを書かないブロガーはブロガーなのだろうか?」という問いかけに…答えはあるのか?

ブログを放置していたことは事実。そして、その理由を記事を書こう、書こうと頭の中にはあったけれど、数日が数週間になって、それが数ヶ月となって。。。もちろんこれが書かなかったという事実に対する言い訳だとわかっていはいるけれど、この約1年間の間に、キャリアの評価やライフスタイルや健康の見直し、そしてファッション業界でのめまぐるしい変化と同じように、”ブロガー”という存在はどう変化してきたのか。。。を説明していきたいと思います。

There are several great thought questions about perception. i.e. “If a tree falls in a forest and no one is around to hear it, does it make a sound?”  “If there is no one to observe it, does the moon exist?”And my favorite, “Is a blogger who doesn’t blog still a blogger?”

I have been trying to get to writing this article for what seems like a lifetime in the digital era. A few days turned into weeks and weeks into months. Of course, I will make many excuses for the absence, because truthfully, there were many; an evolution of career, a reevaluation of lifestyle and health, changes in the fashion industry as well as changes in what it means to be a blogger.

Photo: Celia Humphries

ファッション界において、レースものやそういうディテールが施されたものがここ数年の大きなトレンドとなっている。けれどレースや刺繍、スパンコールなどのきらびやかな装飾がついたファッションアイテムはかなり前から存在する。それぞれの時代やその時のファッションアイコンから当時の「ランジェルック」を垣間見ることができる。その時代もファッションにルールはなかったわけで、自分の思うように好きなようにファッションを楽しんでいた。ランジェリーと洋服のレイヤーコーディネートもそういう発想から自然と生まれたアイディアのように感じた。

ランジェリーを洋服のように着こなすアイコンとは?と聞かれたとき、真っ先に思い浮かぶのは、マドンナ。コルセットをトップスとして着こなしステージに現れ、ランジェリールックの先駆者とも言える。その着こなし自体は複雑に見えるけれど実はシンプルなもので、それは今日でも大きなトレンドとなっている。コルセットはそれこそウェディングドレスとしてはみるものの、それ以上でもそれ以下でもなかった。しかし、最近はビスチェやコルセットをコーディネートのプラスワンアイテムのように着こなす人を多く見かけるようになった。そして、ランジェリーアイコンはマドンナ以前にも存在してた。。!それは?

In terms of fashion styles, the current trend of lace-y things has been super hot for the past few years. But as for delicate things adorned with lace and embroidery and sparkles, well, that kind of fashion has been around for hundreds of years. And each icon or era brings its own style of “lingerie looks” to the table. It goes to show that in fashion, there really aren’t any rules, and we are free to wear our clothing in any way we please. That goes for wearing lingerie layered with other clothing, too.

One of the biggest icons for wearing lingerie as outerwear that sticks out in my mind is Madonna. When she burst on stage wearing corsets as tops, both intricate and simple, it became a huge trend for the modern day. A corset had for long been nothing more than a bridal thing, but now people wear bustiers and corsets as an accessory or design fashion pieces to look as if they are laced up.

Lingerie Part1ランジェルック1
Lingerie Part2ランジェルック2

Photo By Celia Humphries

クリエイティブが必要とされる業界のリーダーでいることにおいてもっとも必要な能力は、これだ!って言われる自身を象徴するスタイルを確立することだと思う。それが作家であれ、音楽プロデューサー、グラフィックデザイナーや画家に、スタイリストであれ、その人として認識される”何か”がその人の興味をひきつけたり、良くも悪くも評価の対象となる。

それがファッション業界ならなお必要なことであって、ビジュアルがほとんど全て。

スティーブジョブスのタートルネックやアナウィンターのボブカットといったように、歴史に名を残す人物には揺るがないスタイルが必要不可欠だ。

けれど、それ以外の私たちは?自分を確立するオリジナルスタイルを見つけることは難しい。みんながみんな世間の注目を浴びるような服に対する鋭いアンテナを持っているわけではないし、パーソナルスタイルとやらは居心地の悪い世界や不安をはねのける鎧とかを作り上げる元凶にもなりうる。(よくないとわかっていてもやめられないストックホルムシンドロームみたいな。。。)私も自分のスタイルを変えることが恐怖になっていて、変えたくてもやめることができない!みたいなもどかしい悩みがここ数年続いていた。

けれどやっと決心がついて今に至る。やっと自由よ!って(笑

そんなわけで今日は個性とは何なのか。どう見つけるべきなのか。そして、その確立したパーソナルスタイルから抜け出せなくなったトラウマと、実際にそれを破るための突破口について話します。どうぞ、お付き合いください★

One of the most important skills to have as a leader in a creative industry is the ability to create and cultivate a signature style. Whether a person is an author, music producer, graphic designer, painter or stylist, the people with a recognizable style gains them more attention and notoriety. It’s especially true of fashion, the most visual medium of all. From Steve Jobs’ black turtlenecks to Anna Wintour’s bob, these people had unwavering style and will go down in history with it.

But what about the rest of us? Finding one’s own distinct personal style is already incredibly hard. Not everyone has the eye to find the type of clothing that will speak for them so they don’t have to. Personal style can become a comfort in an uncomfortable world, a billboard for your creativity, an armor for your own insecurity, and sometimes it’s an unrelenting captor (stockholm syndrome, for real). I struggled with the fear of changing my personal style, and it was an ongoing battle within myself for the past year or so. I’d like to talk here about what personal style is, how to find it, and the trauma & breakthrough that comes with tearing off the skin of “personal style”.

ファッション業界人だけでなく、ファッションファンまでもみんな口を揃えて言うことがある。”ファッションは今すごく複雑で奇妙な局面を迎えている”。 →シーズンはごちゃごちゃだし、デザイナーもトレンドもコピー商品もあらゆるところにあって、それに振り回される消費は疲れて燃え尽きてしまっている。若手デザイナーたちは終わらない不況の中でもがいている一方、ハイファッションの価格は上がり続け、お金のある人たちでさえ買うのをためらうほどになっている…。

ファッションを仕事にする者としてだけでなく、ひとりのファッションファンとして、最近思うことがある。それは私自身この業界に対してがっかりしたり、フラストレーションを感じることが多々あるということだ。そしてこの問題を投げかけるには今が絶好のタイミングなのではないかとも思う。きっと同じことを感じている人がたくさんいるから。

主に、私が感じているポイントは3つ。

デザインに関して

消費者と価格に関して

最後に、流通に関して

日本にいる身としてここで語ることは東京についての話になるが、これは世界中で起きていることに違いない。特に最初に取り上げるこの、”デザイン”にまつわる現状については。

デザイナーは、”普通の人”向けにデザインをしなければ服が売れないけれど、消費者はそれを見て、全部同じだという。答えはあるのか??

Ask any fashion industry professional or even just a fashion fan and everyone will tell you that fashion is really in a strange place right now; the seasons are all over the place, the designers are all over the place, trends and copycats are all over the place, and consumers are burnt out and frustrated. Young designers are in a state of perpetual stagnation. Prices for designer and luxury fashion keeps skyrocketing. Even people who have some money to spend can’t get the things they want.

As both a fashion professional and fashion obsessee myself, I find I am often disappointed or even annoyed at the industry’s inability to fix itself. But there are a few things that I have noticed and that I have been mulling over, and I suppose now is a better time than never to put it out into the universe. Perhaps the universe will throw a bone back.

I`ve been thinking about three points in particular:

The state of design

The state of consumers and prices

The state of distribution

Being in Japan, I can pretty much only speak for Tokyo, but it’s not all specific to this region. Especially this first point that I want to discuss: the state of design.

ZWYRD backstage

ハイファッションのランウェイと、ストリートと、その両方からトレンドは生まれる。中でも、最近はストリートの力が他に引けを取らないほどになり、どんどんパワフルでクレイジーなカルチャーが成長している。だから、そんな世界の流れの中でユニークなストリートウェアブランドにフューチャーしたファッションウィークが発足したのは自然なことなのかもしれない。「”Alternative” Fashion Week」。そう呼ばれるもうひとつのファッションウィークはストリートファッションの聖地、ベルリンで開催されている。

Berlin Alternative Fashion Week (BAFW) は私の経験上、世界一エキゾチックで、奇想天外で、ワイルドで、カラフルで、開放的で、クレイジーで、クリエイティブなファッションイベントのひとつ。そしてスクロールした先に並ぶ写真をみたら、みなさんの私と同じことを感じるのではないかと思う。

We all know that fashion trends come from both the high-fashion runways as well as the streets. But the street aspect is gaining more ground against the establishment, and it is becoming more daring, cultured and respected. So doesn’t it make sense to have a fashion week that features some of the most unique street-wear brands from around the world? It’s called an “Alternative” fashion week, and it was born in the best city to represent street fashion: Berlin.

Berlin Alternative Fashion Week (BAFW) is one of the most exotic, surprising, wild, weird, colorful, inclusive and creative fashion events I have ever seen in my life. And after you see the photos from the event, you might feel the same way too.

Backstage photos by Sebastian-Pollin

Tzuji finale

Cat Street, all shiny and new … -_- . Source; wikipedia

 

(※小声で読んでね。)

….原宿がださくなってきてる??

だとしたら、このままではまずい。

1970sから原宿というエリアは、トレンドの中心地として、日本のファッションアイコンを発信し続け、ユニークファッションのベストショッピングスポットとして世界から注目されてきた。ロリータ、ゴス、デコラ、カワイイ、ヒップホップ、ネオ、オタク、ビンテージ、制服ガール…正真正銘のサブカルワンダーランドは、いろんなファッションが一緒に盛られたおいし〜いパフェのような夢の街だったはずだけど、よそ者がたくさん入ってきてバランスを失ったパフェは今溶け始めている…?

Could it be? Is Harajuku becoming …. *whispers* uncool?

Since the 1970s the area has been THE epicenter of new trends and fashion icons in Japan and undoubtedly boasts the most unique shopping anywhere in the world today. Lolita, goth, decora, kawaii, hiphop, neo, otaku, vintage and schoolgirl, it is a veritable wonderland of subculture and chaos all blended into one scrumptious parfait. But then gentrification happened, and that parfait is melting into an unfashionable mess.

Calling it uncool is really unfair to the long history the area has endured, as well as my own affinity and memories attached to it. But what is even more unfair is letting it go and handing it off to the highest bidder. I`m talking about chain stores and fast fashion and shopping mall developers and rude tourists. Harajuku has survived both in part to foreign investment (aka tourist shopping and global chain stores) but is also becoming gentrified because of it.

Recent Jan 2017 looks directly from Harajuku. Source; Tokyofashion

making161115_03

10月のファッションウィーク中、あることに気づいた。私の周りにいるファッションガールたちの髪が、黒ボブに変わっていたのだ。こないだまで、金髪やパステルのブリーチヘアをしてたのに!黒ボブ女子をあげると…マドモアゼルユリナ、まつゆう、マッピー、エリカゴールド。たぶんこれは日本のトレンドになりつつある。”和”や”やまとなでしこ”を思わせる日本人のルーツに立ちかえる、クールなスタイルが伸びてきているっぽいぞ。

やまとなでしことは、昔から日本女性の奥ゆかしさや清らかさを称える言葉だが、今回話したいトレンドは、”奥ゆかしい”日本らしさではない。強く、かっこいい、ユニークなスタイルの”モダンやまとなでしこ”とでも言おうか。これはここ何年かの間に日本で見たトレンドの中でも、わくわくするようなベストトレンドのひとつだ。

During Tokyo Fashion Week in Oct., I couldn’t help but noticing; many of the fashion girls around me had tossed the pastel or blonde hair styles for one: the little black bob. To name a few names, Mademoiselle Yulia, Matsuyou, and of course there’s always been Mappy and Erika Gold. It’s part of a growing trend of girls in Japan who are going back to their roots, and making “wa” or modern “yamato nadeshiko” one of the coolest styles around.

Yamato-Nadeshiko is a very outdated term, but means “ideal Japanese woman”…usually very natural looking, demure, humble, good at cooking and homemaking etc. But it’s not about being demure or quiet, because this very “Japanese” style is all about being strong, cool and unique. It’s the modern yamato-nadeshiko, and it’s one of the best trends I’ve seen in Japan in the last decade.

img_9185

ファッション業界で当たり前のように使われてるベーシックな用語。中には今さら聞けないー!なんてものもありますよね。

ファッションに興味がある方、トレンドファッションを着る方、お買い物大好きな方、、

ファッションの話をしている時によく出てくるけど、実際意味がよくわからないって単語ありませんか?例えば、ファッションウィークとは何か?実際、業界で働いている人でも具体的に意味を聞かれると分からない”一般常識”がファッション界にはいくつもある。

ファッションウィークについては、私が想像もしなかったような、本来の意味と全く違う解釈をしていたという話も聞いたことがある。

「ファッションウィークって、ブランドが各国をショーをしながら回るツアーみたいなものでしょ?」

いいえ、違います。でも、単語だけ聞いていたらそういう勘違いが起きることは、すごくよくわかる

こういう勘違いは誰にでも起こりうることだ。私は建築や音楽が大好きだけど、すべての専門用語を理解しているわけじゃない。話の途中で”ブルタリストアーキテクチャー”なんて単語が出たら、話を止めてそれどういう意味?って聞かないと分からない。最近も、EPアルバムの”EP”の意味がわからなかったけど、ミニアルバムって意味だと学んだ!

そこで今日は、デザイナーの頭にアイデアが浮かんでからみなさんのクローゼットに届くまでの道のりで、とても基本的、または大切な用語を解説したいと思う。 オフスケジュールとか、プレミアビジョンとか…。

”〜〜”もわからない。とか、”〜〜”もよく勘違いされるね、って方はぜひ、ツイッターかフェイスブックかテレパシーでミーシャに教えてね!もしくはここにコメントしてくれても。

 

So you have an interest in fashion, or you like to wear trendy clothes, or like to go shopping.

But are you still confused about some things or terms that pop up all the time when talking about fashion? For example, can you describe what “fashion week” means? In fact, even some people who work in fashion don’t even know the absolute basics of fashion. For example, I`ve heard this strange explanation of “Fashion Week” from some people throughout my career:

“Fashion Week is when the brands travel to different cities and put on a show in each one, right?”

This isn’t correct, but I can completely understand that that’s how it may seem from the outside.

It happens to all of us. I really love architecture and music, but I don’t know all of their special terms. I had to stop someone mid-conversation to ask what “brutalist architecture” meant (note: I thought it was when you went inside, it crumbled around you like a deathtrap. Maybe I was imagining Fatalist Architecture?). And I only recently learned what the “EP” in an “EP album” in music meant (It means a mini album! Wow!).

So here is a list of super basic fashion terms as well as some that are super important to getting fashion from a designer’s brain and into your closet. Like “toile”, and “Premiere Vision”.

This list could get really long so I just picked my favorites, but if you are curious about a fashion term or have one to add, then let me know by twitter or facebook or or telepathy, or you could just comment if that’s how you roll.