カテゴリー CategoryInternational brands | 海外ファッション

Green kimono in Jorge Salinas fashion show

アレキサンダーマックイーン、ジョンガリアーノ、ジャンポールゴルチエ、ティエリーミュグレー…ファッション界には彼らのように”魅せる”ことに重点を置き、”売れる”服づくりではなくエンターテインメントとして私たちを楽しませてくれたデザイナーがつい最近までたくさんいたはず。しかし残念な事にそういうファンタジーなブランドは今ごくわずかになってしまった。今活動中の例をあげると、イリスヴァンヘルペン、中国のグオペイ、それからおそらく東京のリトゥンアフターワーズ。そしてさらにもうひとつ、先日みてきたペルーのコレクションで出逢ったジョージサリナスもそのリストに加わった。

Alexander McQueen, John Galliano, Jean Paul Gaultier, Thierry Mugler….Once upon a not-so-long-ago there were runways which staged fantastical collections for nothing more than to show off some bulging creative muscles and not necessarily meant to be sold off the rack. Sadly, there is very little room left in the world for those who still create costumed fantasy. Ones that we can perhaps agree that keep on going are Iris Van Herpen, Guo Pei of China and more or less the Writtenafterwards globes and cotton toga clouds here in Tokyo. Now we can add another to the list;  Jorge Salinas of Lima, Peru.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
私の好きな英語の表現、「Like bees to honey」。蜂が甘い蜜にわんさと集まるというように、東京っ子が大好きなMiuMiuの新ショップとそのパーティで大集合した。そう、盛大で美しいパーティが行われ、そこには国内外の業界人や有名人(夏木マリ、梨花、菊池凛乎など)、中には広告を飾っている女優のミアゴスも招待されていたり、しかもラフシモンズとそのボーイフレンドといったスペシャルゲストまで招かれ(なーんて噂を聞いて)、とても盛り上がった。
 世界屈指のショッピングストリートに成長しつつある表参道、そしてミュウミュウ青山店から目が離せない。
Tokyoites love miumiu like they love drinking on weekdays. So it was no surprise that a new standalone boutique on Omotesando would make for incredible fanfare. Yes, there was a huge, beautiful party that brought out the ENTIRE industry from here Beijing to Denmark. They even invited over the actresses in their current ads like Mia Goth, and even had special guest Raf Simons and his boyfriend to Tokyo to join in the revelry.Take a look at the recent addition to possibly the world’s most decadently decorated shopping street in Aoyama, Tokyo.OLYMPUS DIGITAL CAMERA

killer-heels-exhibit-1-_christianlouboutin2-12512246-xln

先月、ファッションウィークのためにきびしーーーい寒さのNYにいた。なるべく室内に引きこもっておとなしくしてた。ショッピングデーなんてもってのほかで、むしろ寒すぎて店から店へとはしごするその一瞬でも死にそうだったから、ちょっとした空き時間も買い物に行く気になんてなれなかった。(いろんな人に話してるけど、本当に顔がひりひり痛むような寒さ!) でも、それでもどうしても行きたい展覧会があった。それは遥々ブルックリンで開かれてた”Killer Heels展”。この展示は好評のため延長されたし、いろんな人に”絶対行くべき!”とおすすめされたもの。地下鉄の階段を上がると、少なくても10センチは雪が積もっていた。それを見た瞬間、エキシビションに合わせたヒールを履いてこようか迷ったけど、Y3のフラットなミリタリーブーツにして正解だと感じた。その午後、展示されてたシューズの美しさに圧倒されて、豪雪のNYなのにもかかわらず、あの不安定なヒールをはきたい気分がわいた…

It was killer cold in New York City during fashion week last month. Moving less, staying inside, was my mantra. In fact, I didn’t even make a shopping day or even shopping afternoon or hour… the idea of stepping out between stores and getting the shock of the cold made my system shut down just thinking about it (I keep telling people, “It stings, like piranhas nibbling at your face”). But there was one place I absolutely wanted to get out to: The “Killer Heel” exhibit at the Brooklyn Museum. It had been extended until Mar 1 and everyone told me it couldn’t be missed. Exiting the subway, there was at least 10 inches of snow on the ground. I considered wearing an homage to the exhibit, but I pounded that pavement in flat Y3 military boots. By the end of my afternoon, I found myself a little more on my tippy toes, feeling the awe and beauty of the heels there.

extreme form of aesthetic mutation by joji kojima

Painting by Joji Kojima (not in the exhibit, but it should have been.)

CALVIN KLEIN Collection Presents the Women’s Fall 2015 Runway Show

ショーに、そのデザイナーの服を着て出席すること。これ以上に気分を盛り上げてくれるものはないでしょう。セレブな顧客気分に浸れるし、まだ誰も着ていない新作をゲットできるか否かのスリルもそこにはあったりする。まさに自己アピールの場。だから、NYの滞在先で宅配便のお兄さんがくるのをまだかまだかと待っていた。そう、2015ssのカルバンクラインの洋服が届くのを、本当の本当にぎりぎりまで粘って待った。どきどきはらはらしながら時計を見る。もうタクシーを呼ぶには遅すぎた。ついにタイムリミットがきてしまい、地下鉄へ向かって一直線にドアを出た。どうかショーに間に合いますようにー。…と同時に玄関に宅急便のお兄さん到着。マイペースなNYに予想もしなかったスリルをもらい心臓ばくばくだったある日。とりあえず裸は免れたミーシャ。

ブロガーやインスタグラマーが垣根を越えてショーへ進出してくる前、そしてミーシャ自身もただショーに足を運ぶだけではなくてSNSを仕事のツールとして活用し始めるようになる前、カルバンクラインのNYコレクションに出席した時の事を思い出す。当時ミーシャはジャパンタイムスと共同通信のライターをしていた。今考えれば、あの頃はライターという仕事を履き違えていたように思う。例えば、テーマはなんだろう?とこだわったり、どうやってひとつの記事にいくつものブランドを取り上げよう?と悩んだり、このブランドについて、鋭い意見を述べるだけの知識があるのか?歴史を知ってるのか?と不安になったりしていた。

でも今、重要視するのは ”落ち” はどこか。時にそれは、セレブの話やバックステージのスナップ、もしくはミーシャ目線で激写したiPhone画像。カルバンクラインはニューヨークファッションウィークでトップクラスのブランド。このショーのとき、街は大にぎわいで、と同時に欲しがりなファッショニスタたちをしっかり楽しませてくれる。まさに、NYFWの完璧なレシピ。

さて、カルバンクライン2015年FWコレクションのお味はいかがでしたかって?

There’s nothing more exciting than being dressed by a designer for their show. It makes you feel like a celebrity for one, and the other is getting the thrill of wearing something that no one has yet before. It’s a power trip, yeah. So that’s why I waited in the apartment for the messenger to deliver my garment bags from the main Calvin Klein Collection SS2015 until the absolute very last minute. I nervously watched my clock. It was too late to call a car now. And finally, I ran out the door to catch the subway, my only hope of even making it to the show on time just as the garment bags reached my threshold. The ambling nature of NYC had already given me an unexpected thrill. At least I wasn’t naked.

I do remember watching a Calvin Klein Collection show at New York Fashion Week, before blogging and Instagram-ers had transcended the rope, and before it became my job to be one or not attend at all. I was either writing for The Japan Times or Kyodo Tsushin at the time, but looking back, I was observing it in a totally different way: what was the overall theme? How can I tie it into the other shows in one article? Do I know the history of the brand enough to keenly observe it in the present? 

Now, the only thing that matters much is “where is the punchline?”. A celebrity, a sneak backstage, or a clear dramatic shot taken with my iPhone (#myownphoto). Calvin Klein is one of the top brands on the New York Fashion Week ticket, and it is both above that hullabaloo but also ready to serve it to our hungry maws at the same time. It is, at once, the perfect recipe for a New York fashion show.

So how did Fall Winter 2015 taste?


calvin-klein-collection-w-f15
 

alexander_mcqueen_w15ss_034-thumb-660x933-315703

アレキサンダーマックイーンのショーを生で見る事はずっと前から抱いていた長年の夢でした。嬉しい事にその夢は思ったよりもはやく実現させることができたのだけど、あの経験は今でも胸に響く素晴らしい瞬間で、くすんだ現実とは到底比べられない。ただの服と言ってしまえばそれまでだけど、ランウェイ上で繰り広げられるあの15分間は浮世離れした美しい世界だった。

マックイーンの生でコレクションを鑑賞したのは今回が初めてでした。デザイナーのサラバートンに心からお礼を言いたい。エディターの間でも席を確保するのが大困難な最近のコレクション事情の中でも、私がショーを見れたのは心から感謝している!

2015春夏のマックイーンは見応え抜群だった。だって、馴染みのあるディテールがいろいろ…例えば桜、侍、寿司。(って寿司は冗談!) 最高にモダンなジャポニズムの風を、マックイーンが運んできた

It had always been a dream of mine to attend an Alexander McQueen show in person- that dream was dashed quite early on in my career, but even now witnessing a show is a magical experience that can hardly be compared to anything in the realm of dull reality. “It’s just clothes!”. But for those 15 minutes it’s carnal beauty on the runway. 

It was my first time to see the collection in person, and I have Sarah Burton herself to thank for that, since it’s a bloodbath even amongst editors to get a seat.

This 2015 spring/summer collection was especially great to see, since there was something familiar here… sakura, samurai and sushi. (ok, the last one is a lie). Japonisme was in the air, in those most modernized way possible….

xalexander_mcqueen_w15ss_031-thumb-660x933-315706.jpg.pagespeed.ic.qmX-3hgArN 

Screen shot 2014-09-28 at 4.55.22 PM

ファッションが自分自身の世界観をつくるのにとても重要な役割を担うように、メイクアップもまた大切な要素。ミーシャはハードコアなファッションムードのときに Make Up For Everというブランドの黒やオレンジのリップを使っているよ。この”ファッション”コスメティックブランドは世界でトップを争うブランド。なぜなら、数多くのファッション界やエンターテインメント業界のメイクのプロフェッショナルに愛用されているから。

今LVMHの一員となったこのブランド。創設者でありメイクアップアーティストのDany Sanzはメイクアップ界の革命児。ファッション界でいうコムデギャルソンのようで、業界にはDanyスタイルの作品がたくさんあるのだ。ミーシャは今回、パリでファッションウィーク中に開かれたこのブランドの30周年パーティに招待していただいた。また、ヨーロッパの”ハリウッド”といわれるところにも足を運んだ。そこでちょっと意外なサプライズが…。

”ファッションはあう意味アートだ” に共感するみなさん、メイクアップだってそうなのですね(男性にも特別なメッセージある!↓↓ )さて、先へ…

As much as I believe fashion is an utmost important factor in creating your own unique world and persona, there’s a LOT to be said about how makeup helps us get there. And the Make Up For Ever brand- which I use when I am in the mood to be hardcore about my personal style (think black or orange lipstick) is one of the most “fashion” cosmetics brands in the world. I say that because of how it is actually one of the most widely used brands by all makeup professionals in the fashion and entertainment business.

Owned by LVMH now, the founder is actually a makeup artist herself, Dany Sanz, and she’s a Goddess in the makeup community… a game-changer like Comme des Garcons. There is a lot of art involved here in Dany’s style… so I was honored to be a guest at their 30th Anniversary Party held in Paris during fashion week. I also visited the “Hollywood” of Europe, where there were some crazy surprises in store. If you believe fashion is art, then makeup is all that and more. Read on…

THE ART OF ILLUSION


furla-1

去年イタリアのハンドバッグブランド、Furlaのビデオプロジェクトに参加したのだけれど、その”打ち上げ”ということでミラノに一週間弱滞在していました。#candycoolと名付けられたそのプロジェクトは、東京をはじめとするアジアの女性にフューチャーした4つのショートムービーを撮るもので、出来はとても素晴らしい。もし、まだ見ていない人がいたらチェックして見てください!David Lynchが東京POP文化と出逢い、融合したようなそのムービーは、ファッションビデオとして国際フィルムフェスティバルにも出展した。見ると、「こんな」東京が恋しくなる。

I just spent a little less than a week in Milan during fashion week, as an “uchi-age” (after-party) to a video project I did with Italian handbag brand Furla last year. The project was called #candycool and featured a set of four film shorts with girls in Asia, and Tokyo-not to be biased or anything- looked amazing. If you haven’t seen it, please take a look- it is like David Lynch meets Tokyo POP. It was even entered into the International Film Festival for fashion videos. It will make you fall for Tokyo all over again:

 

ミラノからボローニャに足を伸ばした。そこには本部があって、女性CEOにご挨拶をさせていただきました。それから、ミラノの歴史ツアーもしっかり行ってきましたよ。

でも、それよりなによりまずみなさんにお見せしたいものが。それは、2015ssプレゼンテーションで登場した、最先端技術を駆使したバッグ。

From here, I was taken on a trip to Bologna, Italy where the headquarter grounds are, spoke to the Furla CEO and had some historical tours of Milan.

But first, I want to show you the most exciting thing, the most technologically advanced bag I have ever seen, shown at their 2015 SS presentation…

 

 

CALVIN KLEIN Women’s Spring 2015 Collection Runway Show

 

アメリカファッションは、歴史が浅い分、アティチュードと勢いがある。Calvin Kleinは洒落感のあるスポーティなファッションという一面をアメリカに与えた。それは、セクシーミニマリズムの幕開けと共に揺るぐ事のないものとなった。2015ssコレクション、マンハッタンのトライベカで開かれたそのショーのクールな空気感ウェイブレングスはアッパーイーストまで広く渡ったでしょう。

カルバンクラインのショーチケットはニューヨークでもとても人気で、いつも最終日にショーを行う。シートには一流業界人がずらっと並んでいる。光栄な事にミーシャも招待していただいた。ショー当日、おそるおそるVarickスタジオへ向かうと、ストリートフォトグラファーたちがわんさか居てフラッシュの嵐。何シーズンもアテンドするとフォトグラファーたちはスタイルや名前を覚えてくれる。ちょうどカルバンクラインの新作を着用してたから、わくわく感がここから始まった…

What America lacks in fashion tradition, it definitely makes up for with attitude. Calvin Klein embodies the sleek but sporty side of American fashion, and it has never wavered since the dawn of sexy minimalism. In the 2015 Spring/Summer show held downtown Manhattan, there was attitude all the way to Brooklyn.

The Calvin Klein show is a hot ticket at NYFW, and always held on the last day. Seats are elusive so it’s the (non-fat)cream of the crop in attendance. I was honored to be invited, and walked up to the Varick Studios with trepidation and a wall of flash bulbs from the street photographers. The more seasons you attend, the more the photogs get to know you and your style and learn your name. It seriously starts to turn into a paparazzi experience…

image

タオ、ミーシャ、マリエ @ カルバンクライン2015春夏のコレクションショー @ NYFW
Tao Okamoto, me and Marie front-rowing it at Calvin Klein 2015 SS