カテゴリー CategoryInternational brands | 海外ファッション

ロサンゼルスは、ファッション過疎地?ストリートスタイルのパラダイスってわけでもないし、クチュールメゾンがはびこってるわけでもないけど、今敏感な人たちは感じている: ロサンゼルスが、ニューヨークを差し置いてファッション業界を牽引するビッグシティになろうとしていることを!

“モスキーノがロスでショーやったのね!” と興奮した様子の友達。”エディスリマンがサンローランの拠点をロスに移動したし!”と、また他の友達。ふたつのブランドのふたつのショーってだけじゃ、まだファッションキャピタルとは言えないけど。

では、LAのクリエイティビティの根源はどこにあるのか?隅々までチェックする必要があると思う。それが、一体どこで生まれ、どこで大きくなっているのか。ニューヨークやどこか他のファッションシティのコピーではなく独自のスタイルを確立しているのか。ロスにファッション性をもたらしている新しい動きは誰によるものなのか?何によるものなのか?直接足を踏み入れてこの目で確かめる価値あり。

 

Is Los Angeles a fashion wasteland? No…. but, it’s not exactly flush with the waters of street style parades or endless couture maisons either. But there are certainly whispers in the air that LA is going to be ramping up its fashion pull to try and put a dent in rival New York City. “Moschino is going to be showing here!” squealed one friend. “Hedi Slimane moving Saint Laurent here has and will continue to do wonders!” said another. But two brands and two shows does not a fashion capital make.

So then we have to look deeper, into the nooks and crannies and see where the creatives in LA really are. The ones forging their own style born and bred by the city, and not just mimicking those of NY or abroad. It’s people like this that bring a city into the fashion spotlight, bringing something new to the table that people will happily travel long distance to see in person.

There, I was able to meet up with Steve David, a hair artist and designer of avant garde headpieces who loves the city he grew up in and is banking on it getting its (and his) time to shine.

airplane at the louis vuitton volez voguez voyagez tokyo

ブランドが好きな日本人。その中でもルイヴィトンは、人気も知名度も抜きん出ている。ファッションピープルはもちろんだけど、まったくファッションが分からないという街のお肉屋さんだって知っているブランド名だ。

なんでかって?それはヴィトンと日本が強い関係を長く築いてきたから。

モノグラムの柄は”紋”がインスピレーション源になっているし、村上隆や草間彌生など、日本を代表するアーティストとのコラボレーションでも話題を呼んだ。

そのルイヴィトンが、ガリエラ宮パリ市立モード美術館 館長のオリヴィエ・サイヤールのキュレーションによって集めた膨大なコレクションの展示を行っている。「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展というタイトルのこのエキシビションは、一歩中へ足を踏み入れればたちまち、創業者一族のアーカイヴから現在までのルイ・ヴィトンのクリエーションの膨大な歴史をたどる旅がスタートする。

Japan is a nation that has a penchant for the good things in life, and that includes designer goods. And one of the most beloved in the whole nation is Louis Vuitton. And that’s not just among the rich or fashion bourgeois, but no doubt that the baker or butcher down the street knows the brand, or may even have his own LV wallet at home. And that’s because the relationship between Louis Vuitton and Japan goes back a very long way.

The “LV” monogram itself is inspired by Japanese “mon” or coat of arms, and no less than three Japanese artists have been tapped for major collaboration since the start of this century (Takashi Murakami, Comme des Garcons and Yayoi Kusama).

So now Louis Vuitton has chosen Tokyo to be the second city to get their large-scale exhibit, “Volez, Voguez, Voyagez- Louis Vuitton“. Stepping inside, you’ll find a myriad of rooms displaying the personal trunks of founder George Vuitton and his friends and family through the decades. It’s a literal “trip”, taking you through the desert, into the air, on trains, and more.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現代社会の進化によって、アナログにも最先端なテクノロジーが必要とされているけど、それはどういう意味か知っている?

その答えをみつけべく、先週ロサンゼルスに世界初のマスタークロノメーター、オメガの革命的進化をこの目で見る為に駆けつけた。

意外かもしれないけど、ファッションブログを運営する身としても、まず朝起きてテクノロジーやサイエンスの最新ニュースを発信するブログをチェックするのが日課。実はその手のオタクになりつつある…だってテクノロジーは最もエキサイティングな最先端分野。それは、正直ファッションにおいても例外ではなく、テクノロジーが大きな影響を与えているから。

時計というのは、この世に初めて生まれた”ウェアラブルなテクノロジー”といえる。小さいながら、中には確かにエンジンが存在している。ゼンマイを巻き上げれば正確に動くこの仕組みはとても原始的に思えるが、実は今の世の中に腕時計に悪影響与えているものがある…

Even the most analog of accessories is being forced to upgrade using super high-tech advancements. But what does that mean?

To find the answer, last week I visited Los Angeles to witness a revolution in mechanical watches, the world’s first Master Chronometer from Omega.

Although I run a fashion blog, when I wake up in the morning the first thing I check are technology and science blogs, because I’m a big nerd inside and let’s be honest: technology is the most exciting frontier, even in fashion. And watches are in fact the first ever “wearable tech”, considering they have little mechanical “engines” inside. Their simplicity seems almost primitive, and expecting them to work 100% on every occasion is a given. However, apparently there is something in our modern daily lives that is messing with even the most luxury of mechanical watches and rendering them faulty… can you guess what that is?

joji-kojima-bal-masque-7

ジュエリーデザイナーであり、アートディレクションもつとめるジョージコジマの華やかなキャリアはスタートからエキサイティングだった。東京の美大を卒業した間もない間に、レディガガのアルバムのカバー写真に彼のマスクが起用され、すぐに世界から注目された。その後、最先端3Dプリントの作品を含めて、インパクトのあるのジュエリーを得意としている彼の持ち味は、全体的にダークでミステリアスにエキゾチック。例えると、それはヒロインというよりヴィランズを思わせる。

彼の最新作はビューティーブランドCle de Peauのコスメティクス & スキンケアラインから登場する”Bal Masque”のヴィジュアルとパッケージデザイン。今の季節だと春物で出始めて、普通明るくてハッピーな物が沢山打ち出されるけど、この極寒い1月の日々だからダークでかっこいいのがよりぴったりだよね。リアルな話。だからこのムードはミーシャには持ってこいのコレクション。

It’s been so exciting to follow the career of Joji Kojima, the fine jewelry artist and art director who blew up right after art school graduation in Tokyo with a mask that ended up as a Lady Gaga album cover and followed it with some incredibly eye-catching 3D-printed pieces. His style is dark, mysterious, and exotic, with a taste for villains rather than heroines. Recently, he was commissioned by beauty brand Cle de Peau for a line of cosmetics and skin care, called “Bal Masque”. I know that the spring collections are hitting the shelves and everything should be bright and happy and yadda, yadda, but where I’m at, it’s still dark and cold so this moody collection hits the spot right now.

 

joji-kojima-bal-masque-1

_ARC1004

気がつけば耳にするのは悪いニュースばかりで世知辛いここ数年、ファッションは逆に鮮やかなプリントや遊びの効いたデザインなど、ポップなコレクションを発表する事でバランスを取ってきた気がする。それこそ、ミーシャはピンクのパイソン地にうさぎがプリントされたコートとグラフィカルな目玉とばってんがチャーミングな60年代風スパンコールTシャツドレスを着ておめかし。どちらもプラダの2016 pre-springコレクションのもの。こんなにドレスアップして向かった先はといえば、そうプラダの最新コレクション。プラダ メンズ ウィメンズの秋コレクションがミ17日の日曜夜にミラノで開催された。

今回はミウッチャプラダはここ最近発表してきたポップなコレクションとは全く別世界の、いわばアンチポップなランウェイを打ち出した。それは現代人の生きるとげとげしい世界を具現化したかの様なダークなもの。さて、いよいよヘビーでダークなファッションの時代再来か?

Fashion has spent the past few years creating a remedy to the real world’s problems by ushering in collections of POP grandeur, in fun and peppy prints and playful designs. I myself was swaddled in a pink python coat printed in bunnies and a 60s-style t-shirt dress featuring graffiti eyeball stencils and pretty plastic paillets from the Prada pre-spring collection currently in stores now. This is certainly one of the most peppy, uplifting, and buzzworthy collections in a long time. But as the audience shuffled into the venue for the Prada mens and womens fall show in Milan on Sunday night, it was like we’d stepped into a different world. This collection that Miuccia Prada showed for fall 2016 was an antithesis to pop, and was instead a snapshot of a dark and twisted tale… and that tale is reflecting the reality of the harsh world we live in. Is fashion finally coming to terms with it by going dark and heavy?

 

MILAN, ITALY - JANUARY 17: Misha Janette attends the Prada show during Milan Men's Fashion Week Fall/Winter 2016/17 on January 17, 2016 in Milan, Italy. (Photo by Stefania D'Alessandro/Getty Images) *** Local Caption *** Misha Janette

how to style a fashion show

ファション界の大イベント、NYファッションウィーク。ランウェイでの発表までの経緯はなんだろう?スペイン発大手ブランドDesigualの2016ssコレクションショーをスタイリングさせていただいた、私自身の体験談。(前半はこちら)

The 2016 SS clothes are hitting the shelves… and it’s time to reflect on the 20166 SS runway show I styled for Desigual at New York Fashion Week. Why did it take me so long to write? Well, this job was a DREAM and I would be remiss for not admitting that it was one of the most challenging but rewarding experiences of my life. How does one put that into words.. much less a “blog post”, which is something so….discard-able. Well, I`ve mulled it over, read my interviews, even read all of the internet’s comments on it (Duh, call me masochistic or just too Gen Y to consider internet comments off limits) and so finally here is my tale. Part 1’s intro is here, this is part 2 folks (but part 2 is more interesting IMHO.) Here we go!

Desigual_Sept2015_jkratochvil_7118

Misha Janette styles Desigual New York Spring 2016

ファション界の大イベント、NYファッションウィーク。ランウェイを組み立てる上で重要な事はなんだろう?

これは私自身の体験談。

2015年9月、スペイン発のブランド、Desigualは2016ssコレクションを発表した。とっても光栄な事に、そのショーのスタイリストをやらな いかと声をかけて頂いた。しかも、NYFWのオンスケジュール、一番大きなオフィシャル会場のランウェイコレクションのスタイリスト!ミーシャの役目は、 スタイリングだけではなくて、アクセやシューズのデザイン、ヘアメイクさんへのオファー、音楽、モデル、そしてランウェイピースのデザインにまで多岐に渡 り、本当にたくさんの事を経験させてもらった。もちろん、プレッシャーに押しつぶされそうになったこともあった。でも、最終的に大成功!今までのデシグア ルのショーのなかで、ベストなものが出来たと思う(自分で言うのもあれだけど!)。本当に夢のような時間だった。クリスチャンラクロワとアイリスアプフェ ルにも会えた。 2016春夏の洋服がもうすぐお店に並ぶので、その前にミーシャがそのアイテムをショーのなかでどうやってスタイリングしたのか、ぜひみなさんにみていた だきたい!

What does it take to put together a fashion show for one of the most important events of the year, New York Fashion Week?

This is my experience.

In Sept of this year, Spanish brand Desigual showed their 2016 spring/summer collection. I was so honored to be asked to style this collection which showed on the official calendar, in the new NYFW official venue, in the largest hall they have there. I was to style the show, design accessories and shoes, offer suggestions for hair/makeup, music, models and even design some special runway pieces. Talk about pressure! But in the end it went so wonderfully, and I may be biased, but I think it was their best show ever! And I had an amazing time (and got to meet both Christian Lacroix and Iris Apfel!). Now that the new pieces will be hitting the stores soon I want to share with you all about what it took to put this runway show together.

Finale for Desigual 2016 Spring New York style by Misha Janette

 

Children models pose for Karl Lagerfeld kids for Melijoe

キッズ服にますます注目が集まる近年。こないだの東コレでは、ミントデザインズのランウェイにキッズモデルが登場したりした。ミーシャは子供いないけど、実は子供服に馴染みが無い訳でもない。以前このブログでCaroline Bosmansの子供服を紹介したことがある。だって、そのエッジィなデザインは大人の自分にとっても十分魅力的だったから!それがきっかけなのか、カールラガーフェルドの猫ちゃんからのお告げなのか…

Kids’ clothing is everywhere; even Japanese brands are dressing up their kids, with Mintdesigns putting children on the catwalk at last month’s Tokyo Fashion Week. I don’t have children, but I am no stranger to kids’ clothing, writing about childrens’ designer Caroline Bosmans here on this blog before because her edgy aesthetic appealed even to me as an adult….and that’s what brought me here. I had a revelation…and somehow, it was Karl Lagerfeld’s cat that brought me here. Lead away, kitty cat.

Karl Lagerfeld kids for Melijoe choupette flats