Categories
Fashion News | 最新情報 Inspirations | インスピレーションの源 International brands | 海外ファッション

THE FUTURE OF FASHION, THE END OF THE WORLD, IRIS VAN HERPEN COUTURE, UNITED NUDE, 3D PRINTERS, WHEW!

ファッションの未来はここにある!そして世界の”終わり”もここにある! Iris Van Herpenクチュール x United Nude、3Dプリントとその関係。

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-11

I`m here to show off the incredibly “Wow…just wow” couture 3D-printed shoes by Iris Van Herpen x United Nude. But first, let me tell you a quick story.

See I know this very cool guy named Bikke, some call him Ko-chan, some call him badass. Whatever you call him, he’s one of the last artisans in Japan who can carve intricate marble hanko (name stamp) by hand.  Oh, and he’s a competitive BMX-er, DJ and surfer. He looks just like a smiling Buddha, giant wooden dish earrings and everything, and switches between wearing kimono and skater shirts depending on his mood. I was obsessed with his little 1-room apartment in Ebisu that he built; it was all yellow and space-age, reminding me of the room from that Janet Jackson music video without the Aibo robot dog. 

クチュール界の若手ヒロインのIris Van Herpen。彼女 x United Nudeの、この信じられないくらいびっくりするクチュール、3Dプリントのシューズをお届け。…だけどご紹介の前にまず、簡単にあるストーリーを話させてプリーズ。

私が知ってるこのクールな男性、Bikkeっていうんだけど、ときに「koちゃん」って呼ばれて、ときには「badass」って呼ばれる。(…ちなみに「badass」って、直訳すると悪い意味になっちゃうんだけど、でも超クールとかイカしてるとか、超スゴイって意味でそう呼ばれてるの。)まぁ、好きなように呼んでいいと思う。彼は大理石のハンコを、手で複雑に薄く切ることができる日本の最後の職人の一人。それから彼はBMXの競技に出る、BMXのライダーでもあるの。それからサーファーでもあって、DJもやってる。彼はパッと見、笑ってるブッダみたい。坊主で、ウッドのデッカいピアスしてて、なんか全体的に。それから着物のスタイルとスケーターのスタイルを、気分によってスイッチして着こなしてる。私は彼が恵比寿に作った、小さな1ルームのはこに魅了された。オールイエローの、まるで宇宙的な感じ。ジャネットジャクソンのこのPVを思い出させた。

united-nude-3d-printing-kochan

So anyway, Bikke was cool and when Bikke talked, everyone listened. And one day, back in 2005, we were having coffee and he was talking about the Mayan calendar and the “end of the world”.

He says, “The world won’t end [it didn’t, good call Bikke!]. Rather, the world as we KNOW it will. And I think that means the way we think about life…Technology is going to jump forward, and it’s going to change everything. Do you know what I’m talking about?”

“No,” I said.

“3D Printing! It’s coming. You’ll be able to print anything… it’s going to change EVERYTHING.”

まぁそれは置いておいて、誰もが彼が話をするときには静かに聞いていた。それでちょっと戻るけど、2005年のある日、私たちはコーヒーを一緒に飲んで、マヤ暦について話してた。そう、「世界の終わり」

 彼は言った。

「世界は終わらないよ。(そう、終わらなかった!さすがね、Bikke!w)むしろ世界はオレたちの考えていることなんかお見通しさ。オレが思うにそれは、オレたちの考えているような人生や生活の方向性を示していると思うんだ。飛ぶように進むテクノロジー。それは全てを変えてしまおうとしている。…言ってる意味、わかるかい? 」

「いいえ…」私は言った。

「3Dプリント!今、きてるよ。なんだってプリントできるんだ。今こそ革命のときさ。」

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-3d-printer

3D printer

Huh. I hadn’t ever thought about 3D printing, as in early 2005 it didn’t really exist yet (neither did Youtube, Facebook, etc either!). But his prediction stuck in my mind and now, we are seeing it come true. For now, the tech is still in its infancy, but from a fashion perspective a lot of 3D tech is being used to create items so as to cut out the need for a factory. 

The first 3D printed fashion item I came into contact with was Joji Kojima’s 3D-printed skull rings from 2010. He said he scanned his own skull and had them printed… incredible! 

なるほど。そういえば近年まで3Dプリントのことは、あまり考えたことが無かった。2005年前半まで3Dプリントの存在は知らなかった (あの頃YoutubeやFacebookとかもなかったしね)。だけど彼の予告は私の頭の中に残ってて、そして今、まさに彼の予告が現実になっている。今のところその技術はまだ始まったばかりの段階だけど、ファッション業界からの見方によると、たくさんの3D技術は、もうすでに色んなアイテムを造り出すために使われ始めていて、工場の必要性が薄くなる。

私が出会った、ファッション界における最初の3Dプリントのアイテムは、2010年作の小島穣二の3Dプリントスカルリング。彼は彼自身の骨をスキャンしてプリントしたんだって言ってた!素晴らしい!

joji kojima first collection

As for Iris Van Herpen, she has been experimenting with 3D printing for a few years now, but it appears that this is the first ever completely 3D-printed shoe she’s done. According to United Nude founder Rem Koolhas, it was an extremely difficult task to see it come to fruition. And since it’s United Nude you know that they had the best technology to work with.

Her shoes were inspired by the Banyan Tree, although it *does* look like the monster from Princess Mononoke doesn’t it? 

一方 Iris Van Herpenはというと、3Dプリントを取り入れ始めて、もう何年か経つ。だけど、靴を実際に完成作品として創りあげて、世に出たのは今回のこの3Dプリントの靴が初めて。United Nudeの創設者、Rem Koolhasによると、それは実現するには極めて困難な仕事であったという。そしてあなたは、United Nudeが3Dプリントを、どれほど素晴らしいテクノロジーを持っているか知ることになる。

 
彼女の靴は東インドにあるBanyan Treeって木からインスパイアされたもので、もののけ姫のモンスターのようにも見えた。そう思わない?

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-2

For the clothing segment of Iris’ collection, it appears she took a less tech-y route and went organic…by GROWING dresses from magnets. Wowza, I can’t comprehend it, but it looks amazing.

Irisコレクションの洋服ラインのために、彼女はより無駄無くオーガニックな手段をとったように見受けられる。…磁石から発展させたドレスを見ていると!あー!なんだかよく理解できないけど、とにかく見てて圧倒する。

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-10

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-9

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-5

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-7

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-3

United-Nude-Stratasys-Iris_Van_Herpen-4

Asst editor Yoshi Peter

Categories
Art | アート Favorites | お気に入り Inspirations | インスピレーションの源 Tokyo Brands | 東京ファッション

FROM BALLOONS TO LEGOS, NEW FASHION WORK FROM DAISY BALLOON ルーンにレゴ、デザイナー兼アーティストのDAISY BALLOONによるファッション新作がどれも目新しく刺激的。

daisy-balloon-balloon_dress00Rie Hosokai calls herself a balloon artist, although most of her floaty sculptures take the form of dresses and gowns. So then it was a surprise to me to open up one of my favorite technology blogs this morning and see her and her partner Takashi Kawada’s work as duo “Daisy Balloon” being featured for a LEGO dress they made for PARCO last year. One thing led to another and I`m back on the Daisy Balloon website checking out the latest collections. They are stunning, to say the least!

細貝里枝。自称「バルーンアーティスト」。しかし、彼女のフワっとした、まるで彫刻のような作品の大部分は、ドレスやガウンを型どっている。今朝、私のお気に入りのテクノロジー系のブログのひとつ、開いたときに飛び込んできた、コラボのLEGOドレス!去年、PARCOのために制作されたものだった。気になって、久し振りに彼女とパートナーであるアートディレクター河田孝志のユニット”Daisy Balloon”のサイトに戻って最新の作品をチェックしてみた。…それはもう、なんと言っても、気絶するかと思った。みんな素晴らし過ぎた!

daisy-balloon-rie-hosokai-legodress

daisy-balloon-rie-hosokai

Artwork : Daisy Balloon
Photographer : Satoshi Minakawa
Hair : Dai Michishita
Make : Kanako Yoshida

I have often said that new silhouettes are extremely difficult to invent in fashion anymore (everything’s been done already!) but not only is designing with balloons quite innovative, but Rie & Takashi took it another step further by incorporating balloons with illustrations and patterns printed on them for some next-level artistry.

私もそうだけどよく業界評論家が言ってるのは、現代のファッションシーンにおいて、新しいシルエットを考案や開発するのはとても難しい (…全てはもう、すでに完成されているから!)そんな中で、バルーンでデザインをとるという試みは、とても革新的だった。しかし里枝はすでに別の段階にいて、遥か先を行っていた。イラストレーション、パターン、プリントを融合させた、次の段階へ向けて、より芸術性を高めて。

daisy-balloon-rie-hosokai-8

daisy-balloon-rie-hosokai-7

Artwork : Daisy Balloon
Photographer : Satoshi Minakawa
Hair&Make-up : Masaki Moritani
Moyou : Maya Shibuya
Model : Ari

daisy-balloon-rie-hosokai-6

daisy-balloon-rie-hosokai-5

Artwork : Daisy Balloon
Photographer : Satoshi Minakawa
Hair&Make-up : Masaki Moritani
Moyou : Maya Shibuya
Model : Ari

They even teamed up with one of my favorite artists of all time, Maki Kahori.

Daisy Balloon 他に勝る者の少ない、数少ない私のお気に入りのアーティスト、牧かほりとタッグを組んでいた。

daisy-balloon-rie-hosokai-4

daisy-balloon-rie-hosokai-3

Artwork : Daisy Balloon
Photographer : Satoshi Minakawa
Hair&Make-up : Masaki Moritani
Moyou : Maya Shibuya
Model : Ari

 

Last year, Daisy Balloon produced a book of photos using her balloon creations. To learn more about DB and see their work, read here and here from this blog, too.

去年、バルーンの作品を用いて、”Daisy Balloon”写真集をプロデュースした。もっとDBの活動が、次のいくつかのリンクにも載ってるから、興味があったらぜひ見てみてっ。こちらこちら!

daisy balloon book by rie hosokai

daisy balloon works book

Cover Artwork :
Artwork : Rie Hosokai / Art Direction : Takashi Kawada
Photography: Hiroshi Manaka / Make-up : Ebara
Hair : Koji Ichikawa / Stylist : Koji Oyamada
Model : Ira Shushiebina / Photo Retouch : Yoshiaki Sakurai
Set Production : Yoshihito Tada

Making dresses out of non-fibrous materials like plastic is not new, but making them out of objects is always fun to see from an artistic perspective.

糸などの繊維が全く無いものからドレスを仕立てるのって、例えばプラスチックは真新しいものでもないけど、そういう変わった素材を芸術的な観点から見るのは毎回とても楽しい。

 

daisy-balloon-rie-hosokai-2

daisy-balloon-rie-hosokai-1

Artwork : Daisy Balloon
Production : Atsushi Umezawa
Photography: Satoshi Minakawa
Styling : Kumiko Iijima
Hair&Make-up : Noboru Tomizawa
Model : Ninon Webb

http://riehosokai.com/diary/

It reminds me of the dresses Hissa Igarashi made, for his magazines Virgine and Twelv, like the McQueen one from Gummi Bears and the iPad dress. Check out more here:

それは、Hissa Igarashiの作ったドレスを思い起こさせた。McQueenからインスパイアされて作ったGummi Bearsドレスとか、iPadドレスとか…。以下とこちらをチェックしてみてっ。

daisy-thumb_867_story_large virgine magazine editorial by issa igaraishi iPad dress

Assistant editor: Yoshi Peter

Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源

CAN MUSIC VIDEOS BE ART? THE DARK BEAUTY OF DAVID BOWIE, SIGUR ROS, JUSTIN TIMBERLAKE DIRECTOR FLORIA SIGISMONDI

PVってアート?デビッドボウイ、シガーロス、ジャスティン T.等のPVを監督するフローリア・シジスモンディの美しくひねた世界観を紹介

floria-sigismondi-6

There was a time I aspired to be a music video director, after seeing a behind-the-scenes documentary on Christina Aguilera’s video for “Fighter”. I rushed to the internet to learn how one might break into the business (know someone important) and even studied the lingo, like “treatment” (screen boards). For that video, the director was a woman named Floria Sigismondi and she had wild black hair and wore a leather motorcycle jacket and chunky boots..a boss with style.

昔の話だけれど、運命のときだったのかも。クリスティーナアギレラのPV、Fighterのドキュメントムービーを観終えたあと…私はミュージックビデオダイレクターという仕事に強く興味を持ったの。そこでさっそくネットに向かって..どうやってその世界に入り込むか調べるために。前に業界の専門用語なんかも勉強してたし。例えば『トリートメント』っていうのは『企画書』を意味してたりね。その時私がクリスティーナのドキュで観たビデオのダイレクターはFloria Sigismondiという女性なんだけど、レザーのモーターサイクルジャケットにチャンキーブーツを履いていて、女性らしいというよりも、どこか男性的で独特な雰囲気の、彼女オリジナルのスタイルって感じだったわ。とにかくPVも本人もめっちゃかっこよかった。

Floria2

floria-sigismondi-5

Floria Sigismondi 本人

I think more than the idea of being a music video director, it was Floria’s worldview told through music videos that caught my attention. She got her start in the industry as a fashion photographer so there’s always an emphasis on fashion, dress and incredible costuming in every video. It’s a bit dark, twisted, beautiful and usually surprising….she was described as “unsympathetic” [to the viewer]. I think this fits.

She has gone on to produce an amazing number of videos for the world’s top artists including David Bowie’s newest single, Justin Timberlake, Sigur Ros, MUSE, Pink, The White Stripes, and Katy Perry. 

She also JUST premiered a new short on NOWNESS.com for Lawrence Rothman called Montauk Fling check it out here

PVを観ていて私の目をひいたのは、彼女はミュージックダイレクターとしてのアイデアやテクニック以上に、彼女独自の世界観をうまく表現しているように感じた。彼女はもともとファッションフォトグラファーとしてキャリアを積んで来た過去があるので、どの作品を観ても常にファッションやドレス、びっくりするようなコスチュームなどに重点が置かれている。…ちょっと暗くて、歪んだ感じのイメージで、でもとても美しくて、決まってサプライズ的な要素を含んでる。毎回、すごくインスパイアされるの。彼女はこれまでに、世界のトップアーティストたちの多大な数のPVのプロデュースを手がけてきたの。デビッドボウイのニューシングルやジャスティンティンバーレイク、ケイティペリーとか、たくさんね。

floria-sigismondi-1

floria-sigismondi-2

floria-sigismondi-8

Floria_Sigismondi_-_art09

floria-sigismondi03

Her breakout video was probably “The Beautiful People” by Marilyn Manson, and it was so incredibly shocking yet stylish at the same time… watch that one and a selection of my favorites below to fill time on a lazy Sunday.

彼女が注目されるきっかけになったのは、多分マリリンマンソンのビューティフルピープルじゃないかしら?それはとても想像を絶するくらいショッキングなんだけど、同時にスタイリッシュな要素も含んでいて、とても神秘的な感じ。…まったりとした日曜日のゆっくりとした時間に、私のお気に入りを観てみてはいかがかしら?

“The Beautiful People”, Marilyn Manson

 

“Fighter”, Christina Aguilera

 

MAC Hello Kitty Collection CM

 

Sigur Ros “Untitled” 

Hailed as one of the most impactful MVs of all time
こちらはもっともインパクトのあるPVとしてよく知られている

 

The White Stripes “Blue Orchid”

“Mirrors”, Justin Timberlake

 

“Anything Could Happen”, Ellie Goulding

You gotta watch til the end この作品は最後までみると意味がわかる

 

“Try”, P!nk

Wow, this one is pretty incredible to watch.

なんて、美しいというか、圧力というか、衝撃的に良い

 

She also directed the “The Runaways” film 
去年のThe Runawaysを監督したことで映画界にブレークした

floria-runaways_3

http://www.blackdogfilms.com/directors/us/floria-sigismondi/

 

Asst editor: Yoshi Peter

Categories
Art | アート Inspirations | インスピレーションの源

INTRODUCING BUGGY, WHO’S BLOODY NOSES ARE SO TRENDY RIGHT NOW. SO SAYS KATE MOSS, ANNA WINTOUR, TOM FORD….

ケイトモス、トムフォード、アナウィンターが鼻血!日本版のアンディー?!”バギー”の描くPOPかつシニカルな絵が注目を浴びる理由。

buggy-artist-japan-18
Buggy is the Japanese Warhol, turning fashion and music icons into saleable products, and he’s pretty damn good at it. His most famous series is “Icons”, where luminaries like Anna Wintour, Karl Lagerfeld, Iris Apfel et al are given bloody noses. 
 
Their expressions make it seem like they are completely oblivious to the bleeding spout though, which is disturbing  to say the least. If I were to analyze it, I’d say the fashion world is SO much a domed society that a thing such as a bloody nose is merely a triviality; it doesn’t matter. OR that if one person is getting a bloody nose, then everyone else will want a bloody nose, too! Because it’s cool to follow the crowd! Am i right?
 
今回の記事は日本人アーティストバギーについて。言うならばアンディウォーホールの世界観と似ている。

 
ファッション業界や音楽業界のアイコン達を売れるモノに変えることを、彼はすっごく得意としている。めっちゃ話題になったシリーズに「Icons」がある。かの有名なアナ・ウィンター、カール・ラガーフェルド、アイリス・アプフェルの肖像画に大胆にも鼻血を描いた作品。
 
この表現方法は鼻血を主張させたいのじゃなくて、少なからずメッセージを発しているわ。私的に解釈するとファッション業界は超丸っこい屋根を持った社会であり、鼻血も同じぐらい単純明快なモノ。全然オッケー。少し言い方を変えると。だれか1人が鼻血を出すと、他の人も鼻血を出したいって思うでしょう。だってみんながやってるとそれがクールってことになるのが世の仕組み。そうじゃないかな?(一種の風刺ね。)
 
buggy-artist-japan-17
Yayoi Kusama 草間弥生
 
buggy-artist-japan-11
Anna Wintour アナ・ウィンター
 
buggy-artist-japan-8
Jeremy Scott ジェレミー・スコット
 
buggy-artist-japan-20
Lanvin’s Alber Elbaz ランバンのアルベーエルバス
 
buggy-artist-japan-4
Duh, Tom Ford トムフォードなんだから
buggy-artist-japan-7
Buggy is from osaka and I met him there, he was telling me how he actually is deeply ingrained in the Japanese fashion scene. He regularly works with magazines like Numero Tokyo and he was just in Tokyo to paint at the Stella McCartney party. 
 
He’s been painting/drawing as a fine artist for 10 years although his POP-art seems to be getting the most attention. It’s funny how Andy Warhold only had to print faces of celebrities in pop-colors to cause a sensation, and now artists have to fight with each other to see HOW WEIRD they can force their subjects to be. If Andy were alive today to see this pandemonium….he would probably relish it.
 
 バギーは大阪出身だから私はこの前の滞在中彼に会ったの。彼は私に日本のファッションシーンにおける考えを事細かに根底から話してくれた。彼の主な仕事にはヌメロ東京版のような雑誌がクライアントのモノから、この前のステラマッカートニーのパーティーのときにリアルタイムでモデルの絵を描いたり、作幅広く手掛けている。
 
彼はファインアーティストとして10年間色々なモノをポップアートであることを念頭に絵を描いたりデッサンしてきた。おもしろい状況ね。かつてアンディウォーホールがセレブリティの肖像画をカラフルに描いたあのときそれはどんなにセンセーションなことだったか。そして今アーティスト達は自分自身が掲げるどう異彩を放つかという課題と戦い支配しなければならない。もしアンディーが生きててこの混沌の時代を目の当たりにしたら...彼のことならアーティスト達を応援するだろうな。
 
バギーからいただいたの言葉:

ファッションピーポーへの憧れとまた逆に蔑んだ気持ち(ファッションばかり語ると軽薄と思われがち)があると思います。その両面の感情を引き出す人々はやはり派手で目立つ人が多くキャッチーでアイコンになりやすいのでは。

僕の場合はデザイナーとか物を産み出す人が好きでKarl Lagerfeldとか Marc Jacobsとかの強さ、弱さが顔とかスタイル出てるのを見てると描きたくなりますw

 
buggy-artist-japan-12
 
buggy-artist-japan-13
 
buggy-artist-japan-14
 
buggy-artist-japan-15
 
buggy-artist-japan-10
 
buggy-artist-japan-5
 
buggy-artist-japan-3
 
buggy-artist-japan-2
 
buggy-artist-japan-1
 
buggy-artist-japan-9
 
buggy-artist-japan-6
 
とりあえずホームページをチェック。http://www.buggylabo.com
 
Asst editor Yosuke Hokita
Categories
Fashion News | 最新情報 Inspirations | インスピレーションの源

ZAHA HADID’s OTHERWORLDLY PRODUCTS NOW AVAILABLE TO PURCHASE BY EARTHLINGS. ZHD SHOP OPENS IN LONDON

宇宙的な美造で有名な建築家ザハ ハディッドがいよいよファッションアイテムまで揃うZHDショップをオープン!

zaha-hadid-jewelry

 

Even though it’s kind of unfair to trained fashion designers, I always think it’s pretty cool when an architect designs fashion pieces. And it’s *especially* cool when that designer is Zaha Hadid, one of the most famous architects living today. In fact, she has only been popular for about 10 years now, but that’s probably because her taste for futuristic, curvy, metallic lines could only be manufactured with very recent technology.

In fact, she is going to be the one to design the new Tokyo stadium for the 2020 Olympics, and you can see that maybe we won’t even have some of the tech to build this for a few years yet…. ?!

こんな風に言ったらファッションデザイナー達に対して不公平に思われるかもしれないけれど、建築家がデザインするファッションの数々は凄くクールだと私は思う。特にクールなのが、今最も有名な建築家の中の1人であるザハ・ハディッドがデザインしたもの。スーパースターの彼女が、実は建築家として有名になってから10年ほどしか経ってない(!!)のだけれど、それは彼女のデザインする建物は最新のテクノロジーを駆使しないと作れないからと思う。

 
2020年の東京オリンピック開催に向けて、ザハは新しいスタジアムのデザインを担当するのだけれど、そのスタジアムは数年後のテクノロジーを駆使してでも作れないんじゃないかって思わない…?!ほら:

zaha-hadid-tokyo stadium

Zaha is a big fan of fashion and she has done some amazing collaborations with fashion and accessories brands. For example, this art piece for Louis Vuitton in which she designed a bag that looks like it’s traveling at light speed….

建築物以外にも、ザハはファッションがとっても大好きで、今までにファッションブランドや アクセサリーブランドとの素晴らしいコラボレーションをしてきた。例えば、ルイ・ヴィトンのバッグをデザインしたのだけど、このバッグなんて、未来へワープしているみたいに見えてしまう…彼女らしいストリー性が入ってます。

zaha-hadid-louis-vuitton

zaha-hadid-louis-vuitton4

And she designed the gallery for Chanel called the “Mobile Art Gallery” that traveled the world. This gallery actually was in Yoyogi too—in 2007?  And I remember it clearly because it was so amazing. I have a tote bag with one of Karl Lagerfeld’s sketches of the structure on it and I use it to this day.

あと、彼女はシャネルとタッグを組み、「モバイルアートギャラリー」っていう世界中を旅するUFO形ギャラリーをデザインしたの。このギャラリーは代々木にも設置されて、とっても印象的だったから、今でも鮮明に覚えてるわ。 その時のギャラリーの構造を、カール・ラガーフェルドがスケッチしたものが印刷されてるトートバッグを持ってるんだけど、今日も使ってるの。

zaha-hadid-chanel-tokyo

zaha-hadid-and-lagerfeld-chanel

zaha-hadid-chanel

She also made shoes for Brazilian rubber shoes brand Melissa and they’re asymmetrical (I actually almost found some in my size at Isetan a few years ago)

さらにブラジルのラバーシューズブランド、メリッサにも靴をデザインしてて、その靴は左右がアシメトリーという特徴 (数年前に伊勢丹で、私に合うサイズをもう少しで見つけられそうだったのに!おしかった)。

 

zaha-hadid-melissa-2 ZAHA-hadid-melissa-shoes

Ok, so the big news is that she has finally opened up a shop where a lot of her products she’s designed so far can be bought by the public. Even though it’s in London, I still think it is such a great opportunity to be able to wander in and contemplate buying one of her works. A lot of them are one-of-a-kind or order made, but maybe there’s a pair of Melissa shoes for me there…

Check it out if you’re in London. See more of Zaha Hadid’s work:

で、なんでここまで彼女の紹介をしたかというと、このプロダクツが揃うお店を開くことになって、一般人でも買えるようになったから。現在はロンドンなんだけれど、見る、触れる、買う、という夢のまた夢だったのが実現できる素晴らしい機会だと思う。多くのものは1点ものだったりオーダーメイドだけれど、そこにはもしかすると私に合うメリッサの靴があるかもしれない…
 
もしロンドンにいるのなら、是非チェックしてみて。ザハ・ハディットの他の作品もここから:

zaha-hadid-gallery-shop

zaha-hadid-gallery

zaha-hadid-ice-table-2

zaha-hadid-slamp

zaha-hadid-chair

zaha-hadid-vase-alessi-1

zaha-hadid-art

Zaha_Hadid_Cultural

zaha-hadid

zaha-hadid3

http://zaha-hadid-design.com/

Assistant Editor: Chie Onozaki

Categories
Inspirations | インスピレーションの源

SHINJUKU LOUIS VUITTON IS CRAWLING WITH GIANT BUGS. WINDOW DISPLAYS AND ALL.

新宿のルイヴイットンを通りかかったらそこで出会えたのは巨大な昆虫たち?!アートとファッションとウィンドーディスプレイの関係。

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-4

 
It’s GW and things are kind of slow so I took the RARE opportunity to half-retreat into silence and remodel and redecorate my apartment. The main urge behind this is that my clothing wouldn’t fit on my measly rack anymore so I fisted the “buy” button on a closet system online that spans my room’s walls. I needed some new hangars for it so I headed over to Tokyu Hands in Shinjuku and as I was passing the Louis Vuitton boutique on the first floor, I stopped dead in my tracks.
 
What. Is. THAT. ….?!
 
Insects!! Giant insects in the windows! And not crawly, dirty, gross insects, but ones made out of manipulated and collaged LV accessories and bags. 
 
GWですね。今週は生活も少し落ち着いているので、珍しく静かにのんびりして、自分のマンションの部屋を改装してます。なぜ改装しているかというと、ちっぽけな収納に私の洋服がこれ以上収まりきらなくなったから。改装するのに、クローゼットシステムのオンラインショップで、部屋の壁にかけるものを購入。そこで新しいハンガーが必要になったので、新宿の東急ハンズへ。 その途で、1階にあるルイヴィトンのブティックを通りかかったとき、思わず立ち止まってしまいました。
えっ、アレは何?!

なんと昆虫がいたの!!ウィンドウに巨大な昆虫がいたの!ぞっとするような、汚らしくて気持ち悪い昆虫ではなくて、LVのアクセサリーと鞄が巧みに用いられ、コラージュされている昆虫でした。ぱっとカメラを出してぱちぱち撮っておいた。

 

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-8

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-9

 

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-11

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-12

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-13

 

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-5

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-14

 

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-2

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-1

 

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-3

Even in the actual product display windows, there were webs with LV monograms in the center. I wonder what kind of spider would spin this one…

実物のウィンドウディスプレイの中にさえも、真ん中にLVモノグラム柄のクモの巣がありました。一体こんなクモの巣をつくるクモってどんなのかしら…

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-6

louis-vuitton-insect-windows-tokyo-2013-7

 

This isn’t the first time LV has employed critters to promote it’s leather goods, a few years ago they had actual 3D sculptures made of leather that traveled around the world on display. 

LVが皮製品をPRするのに、生き物を使ったのはこれが初めてではありません。数年前、世界中のディスプレイに置かれた、レザーで作られた実在の3Dの彫像がありました。これも素敵だった!

louisvuitton-animals10

These windows are a masterful display of taking an familiar object and changing our perspective on it. This is my favorite part of creativity. A machine wouldn’t think of this, a robot wouldn’t and perhaps neither would an accountant (no offense to accountants). It just made me so excited to try and guess what each part was made of. It makes me appreciate Luxury brands’ windows, versus fast fashion which just wants to *show* the product and be done with it. Oh, to be a pro window dresser! I actually studied it in school and really wanted to try and do it as a career. In the end, I’ve had the opportunity to do it once before for Isetan but not since then…

So even a display can be a “window” of imagination.

これらのウィンドウは馴染みある物を使い、その物の観点を変化させる見事なディスプレイです。これこそが私のクリエイティビティーにおいて求めるものです。機械も、ロボットも、もしかしたら会計士でさへも(彼らに対して悪気はないが)、このように考えないでしょうけど。私はただ、何がどのようにできているかを考えてみるだけで胸が踊ります。やはりウィンドーディスプレイに関しては、ラグジュアリーブランドは無敵。アートとファッションの融合を常に追求しているに対して、ファストファッションはただ商品を見せることで終わり。あ〜ウィンドードレッサーという職業をちょっと憧れる!てか学校の時は目指してたからその項目の授業までとってた。最終的にキャリアとしてできなかったが、一回だけ伊勢丹のウィンドーをデザインしたことがあります!

Junior Editor: Mayu Katoh

ウィンドーだってインスピレーションの窓口になれる、ってこと^_~

Categories
Inspirations | インスピレーションの源

MEET THE COOLEST GIRL IN ASIA RIGHT NOW: THE MULTITALENTED JUDY CHOU FROM TAIWAN

世界に稀に無い、奇抜おしゃれアイコンの女性をアジアで発見!台湾出身のモノトーン魔女JUDY CHOUをご紹介します!

judy-chou-taiwan-fashion-6

Isn’t a wonderful thing to have people to look up to, style wise? I’ve never had a thing for movie stars’ style as I find them to be oh so blase, so I tend to lean towards fashion people instead. Daphne Guinness, Isabella Blow and Michelle Harper are the biggies, with ELLE China’s Leaf Greener high up there too. Locally, I find Mika Nakashima’s elegant gothicism often inspirational, and so cool is our fav-o sock girl Momo from Avantgarde, too. But I have found a new girl that totally blows the style off the pants of anyone around her, in Asia or otherwise. Time to get to know a new true style maven, Judy Chou from Taiwan.

自分の尊敬できるファッションミューズが近くにいると素敵じゃない?
 
私は映画スター達のスタイルは、コンサバすぎてとってもつまらないと思うし、特に好きじゃないの。だから私はファッションピープルに関心を向ける傾向にあるわ。ダフネ・ギネスイザベラ・ブロウミシェル・ハーパーは大物だよね。それに、中国版ELLEのリーフグリーナーも(私の中で)人気上昇中ね。ここ日本では、中島美嘉のエレガントなゴシックさに、しばしば刺激を受けるし、私たちが大好きな靴下の達人、セレクトショップAdvantgardeのMomoも超イケてると思うわ。けど、まわりの誰もを吹き飛ばすようなスタイルをもつ、新しいカワイ子ちゃんを見つけたの。新しい真のスタイルの達人である、台湾出身のJudy Chouを知る時ね。

judy-chou-1

Photo: Leslie Kee

 

Learning about who she is was a lot of fun– she hosts a TV Show broadcast on HK’s most popular channel called “Cool Taiwan”, runs a popular fashion blog and is a stylist who also runs an online shop “Re:Style”. Gezus, it’s kinda like I’m talking about myself! Judy also has her own distinct taste, which is rooted in monotone, geometric tendencies. Lots of sleek black paired with exaggerated shapes and heavy duty high-fashion “mode” style that has disappeared from the Tokyo streets nowadays. I think it’s ready for a comeback now, though. Maybe that’s why I`m over the moon to meet Judy?!

マルチに活動するJudyをリサーチュしてるのをめっちゃ楽しめた。彼女は、『Cool Taiwan』という香港で一番人気のあるチャンネルであるテレビ番組のホストをしていて、人気ファッションブログ(インスタグラム)をしていて、それでもってオンラインショップ”Re:Style”を経営するスタイリストまで!(あらま、まるで私自身のことを話してるみたいじゃない!瓜二つすぎ?0_0) Judyは、はっきりとした自分のテイストを持っていて、モノトーンで幾何学模様の傾向が定着している。流麗な黒の多くは、近頃東京のストリートからは消えた、仰々しい形と重々しいハイファッションの「モード」スタイルを組み合わせている。そろそろ東京にもカムバックするころと思うわ。多分、だから私がJudyに会うのを大喜びしているのかも!?

 

judy-chou-taiwan-fashion-5

 judy-chou-taiwan-fashion-11

judy-chou-taiwan-fashion-2

judy-chou-taiwan-fashion-3

Balmung shirt! トップスはバルムーン!

HOW many girls would dare to pull off a Balmung shirt and look SO good in it?! I just adore her eye for quality designers who are on the Fringe, rather than choosing the usual suspects to style

こんなにバルムンを着こなせる子がめったにいないのでは?!なじみの顔達を選ぶよりも、彼女がフリンジに立つ質の高いデザイナーの見る目があるとこが大好きなの。

 

judy-chou-taiwan-fashion-4

judy-chou-taiwan-fashion-7

I love Niels Peeraer too♥ 私もニールスピイラエールのファンだもん♥

Above, she is with her stylist partner Joyce, who is a bad-ass stylefucka herself. I met Judy while she was on a trip to Tokyo during Fashion Week, thanks to stylist Kosei Matsuda who introduced us over drinks at CLASKA. She was wearing an impossibly skinny black column dress that had puffy geometric shapes emerging from the sleeves. So mucho tres chic

さらに、彼女はスタイリストのパートナーであるJoyceと一緒にいて、Joyceも超スゴいオシャレな人。Judyに出会ったのはスタイリストのKosei Matsudaのご紹介で、みんなでCLASKAで飲みながらファッションの話をもりもりした。ちょうど東京ファッションウィーク中だったのでJショーで会ったJudyとツーショットを撮っておいた(下)。彼女は、肩からモコモコした幾何学的な形になっている、あり得ない程輝く黒のカラムドレスを着ていてどーんときてた。

 

 

judy-chou-taiwan-fashion-8

Misha and Judy, Black and white twins at Tokyo Fashion Week. So I’ve been following her instagram for a month now and enjoying it immensely. Add her to your list of cool girls to check out and be inspired by!

東京ファションウィークで黒白の双子な、MishaとJudy。この、1ヶ月ずっと彼女のインスタグラムをフォローしてて、とても楽しんでいるわ。ばり活躍してるクールな女子のトップにリストイン!

judy-chou-taiwan-fashion-9

judy-chou-taiwan-fashion-12

judy-chou-taiwan-fashion-13

I have this “mame” necklace too :) 私も、このマメのネックレスを持ってるわ★

judy-chou-taiwan-fashion-10

 

Re:Style shop

Facebook fanpage

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Inspirations | インスピレーションの源

BERGDORF GOODMAN’S MOST WONDROUS WINDOW DISPLAYS IN HISTORY: ART DECO

バーグドーフグッドマンのウィンドウディスプレイは1920sアールデコのファタジックな世界への窓

bergdorf-1

I will never tire of the window displays at the legendary magasin in New York City known as Bergdorfs. And nothing, NOTHING tops the incredible worlds of wonder they produce for the holiday season. Sometimes, I think I keep coming to New York for the holidays just to sneak up to Midtown and take photos. It’s my own version of Audrey Hepburn staring lovingly at the jewelry windows in Breakfast at Tiffany’s.

ニューヨークの冬の風物詩といえば、老舗デパートBergdorf Goodmanのウィンドウディスプレイ。毎年趣向を凝らして制作されるこのアーティスティックなクリスマスディスプレイは、ニューヨークのみならず世界中のファッショニスタを虜にし続けている。かくいう私も大ファンの一人なのだが、去年に引き続き今年もクリスマスをニューヨークで過ごしこのディスプレイを写真に収めながら、今後もこうして毎年これを見るためにニューヨークに来るのではないかとさえ思えた。言うなれば、私の中では映画”ティファニーで朝食を”のティファニーのディスプレイに等しいのだ。

bergdorf-5

bergdorf-goodman-windows-2013-9

So the theme this year had me palpitating….”BG Follies”, in 1920s Theatre style. Explained: “The visual team spent over a year creating this extraordinary homage to Vaudeville Reviews, Busby Berkeley’s Hollywood musicals and the sumptuous atmosphere of the Ziegfeld Follies”

The Ziegfield Follies was a theatre production of song and dance and it DEFINED the style of the imaginative 1920s art deco clothing (Erte even designed many of the costumes!).

“Busby BerkeleyのハリウッドミュージカルやThe Ziegfeld Folliesにみる豪華絢爛な世界観への壮大なオマージュとして制作された今回のディスプレイは、我々ヴィジュアルチームの手によって一年以上の期間を費やして完成されました”との説明が添えられた今年のディスプレイのテーマは“BG Follies” 1920年代に人気を博した演劇であるThe Ziegfeld Folliesは、その音楽やダンス、そしてもちろん衣装の芸術性の高さからアールデコ期の象徴として知られており、その世界観がぎゅっと凝縮されたこのディスプレイを見ていると自然と胸が高鳴るのがわかった。

bergdorf-4

bergdorf-goodman-windows-2013-6

bergdorf-goodman-windows-2013-7

bergdorf-goodman-windows-2013-8

 

bergdorf-2

bergdorf-goodman-windows-2013-2

bergdorf-3

bergdorf-goodman-windows-2013-5

bergdorf-goodman-windows-2013-4

bergdorf-goodman-windows-2013-3

In Bergdorf’s windows we have circus acts, jazz music, socialites, and singers. In the audience everyone is quite scandalous….one woman steals a kiss with a theatre usher who looks like Santa Claus, while two women have a bitch-slap fight over binoculars. Which window is your favorite?

近づいて見てみると、サーカス団のメンバーやジャズの演奏隊、シンガーなどがショーウィンドウの中に。オーディエンスももちろん着席しており、中には隣の観客からキスを奪おうとする奔放なレディや、オペラグラスを巡ってキャットファイトを繰り広げる女性二人など、ディティールにまで及び楽しませてくれた。

bergdorf-goodman-windows-2013-15

bergdorf-goodman-windows-2013-13

bergdorf-goodman-windows-2013-14

 

bergdorf-goodman-windows-2013-12

bergdorf-goodman-windows-2013-11

And never to leave Bergdorf’s empty-handed, I went in and came out with a gift in new Chanel nail-polish

もちろんBergdorfに来たからには、手ぶらでは帰れません!ということで、私は自分用に新しいシャネルのネイルポリッシュを手にウィンドウを後にしました。

bergdorf-goodman-windows-2013-10