カテゴリー CategoryInspirations | インスピレーションの源

Leonard-Wong 2015 couture

コスモス中敵がつくっても構わないエッジィな若手ブランド、LEONARD WONG。豪華な生地で、複雑に構築的なデザインを打ち出すことが特徴だ。そして、注目したいのがその世界観!彼自身の周りに寄せるコラボ相手で最強なファッションワールドを築き上げている。先日発表された”エキスピリメンタル”(実験的)というラインのコラボレーションも、シューズアーティストのピーターポップス(Peter Popps) を迎えている。次の相手は アヤバンビだし、毎回濃いメンバーが名を連ねる。

Leonard Wong is the newest name in the ring of punch-you-in-the-face serious fashion. And this boy punches hard. His talent not only lies in effortlessly piecing together intricate patterns of noble fabrics for statement pieces, but he’s also got an eye for building up a family of collaborators making a greater force to be reckoned with. In fact, he’s just released photos from his newest “Experimental” line, in collaboration with shoe-artisan Peter Popps, and next up is AyaBambi. Let’s take a trip outta this world….

Jellyfish DNA silk by Gucci and Sputniko kimono exhibit

クラゲのように光り、バラの香りに包まれ、そしてフェロモンがむんむんと出る女性を想像できますか? それを実現しようとしているグッチとスプツニ子! による ”Transflora – エイミの光るシルク展”が東京で解禁された。バイオテクノロジーを衣服で表現しようという、最先端的な企画は要チェック!

Could you imagine a woman who glows like a jellyfish, smells like fresh roses, and emits human pheromones?
“Transflora Amy’s Silk”, Jellyfish DNA silk by Gucci and Sputniko revealed in Tokyo yesterday is the attempt to make that a reality in clothing through biotechnology .

 

Jellyfish DNA silk by Gucci, constructed by Masaya Kushino

 

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal ダンスのネオアイコン、ネオカラス族のアヤバンビ  歩く”かっこいい”アイコン、AyaBambi!彼女たちの勢いは止まることを知らない。

AyaBambi という名前は最近すごくよく聞くようになったよね。実はちょっと前からミーシャもすごく注目してた。彼女たちの全身ブラックに気の強いストリート的なスタイルを、” ネオカラス族” AyaBambi と個人的には呼んでいるし。まだブログでは取り上げたことがなかったけれど、いよいよ日本を代表する女性のファッションアイコンとしての地位が確立したな、と感じてる。さて、その「確立した」とはどういうことかというと…

New Japanese dance icons AyaBambi are bringing sexy back …to fashion.

Now not to be rude, but if you haven’t heard of dancing duo AyaBambi by now then perhaps you’ve been hibernating for the past year. They have been on my radar now for awhile (I call them “neo karasu-zoku” which means “tribe of crows” or people who wear all black) and I think it’s time to designate them as truly new fashion icons to Japanese women and beyond.

 

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal ダンスアイコンのアヤバンビ

killer-heels-exhibit-1-_christianlouboutin2-12512246-xln

先月、ファッションウィークのためにきびしーーーい寒さのNYにいた。なるべく室内に引きこもっておとなしくしてた。ショッピングデーなんてもってのほかで、むしろ寒すぎて店から店へとはしごするその一瞬でも死にそうだったから、ちょっとした空き時間も買い物に行く気になんてなれなかった。(いろんな人に話してるけど、本当に顔がひりひり痛むような寒さ!) でも、それでもどうしても行きたい展覧会があった。それは遥々ブルックリンで開かれてた”Killer Heels展”。この展示は好評のため延長されたし、いろんな人に”絶対行くべき!”とおすすめされたもの。地下鉄の階段を上がると、少なくても10センチは雪が積もっていた。それを見た瞬間、エキシビションに合わせたヒールを履いてこようか迷ったけど、Y3のフラットなミリタリーブーツにして正解だと感じた。その午後、展示されてたシューズの美しさに圧倒されて、豪雪のNYなのにもかかわらず、あの不安定なヒールをはきたい気分がわいた…

It was killer cold in New York City during fashion week last month. Moving less, staying inside, was my mantra. In fact, I didn’t even make a shopping day or even shopping afternoon or hour… the idea of stepping out between stores and getting the shock of the cold made my system shut down just thinking about it (I keep telling people, “It stings, like piranhas nibbling at your face”). But there was one place I absolutely wanted to get out to: The “Killer Heel” exhibit at the Brooklyn Museum. It had been extended until Mar 1 and everyone told me it couldn’t be missed. Exiting the subway, there was at least 10 inches of snow on the ground. I considered wearing an homage to the exhibit, but I pounded that pavement in flat Y3 military boots. By the end of my afternoon, I found myself a little more on my tippy toes, feeling the awe and beauty of the heels there.

extreme form of aesthetic mutation by joji kojima

Painting by Joji Kojima (not in the exhibit, but it should have been.)

スクリーンショット 2015-03-05 18.28.02

Koshiro Ebata

30歳以下の新進気鋭なデザイナーたちが日本を始めとするアジア諸国から集まり、アートなファッションを披露する大会、それが東京デザインウィー ク。TDWはデザイン、テクノロジーの面からも考慮され、今世界で最も期待度の高いコンペのひとつと言える。そして毎年開かれるテントロンドン、NYC、ミラノサ ローネなどと協賛している。アジアアワードは若手のなかから選りすぐられたファッションデザイナー、ミュージシャン、アーティスト、プロダクトデザイナーなど 多くの芸術家たちが各地から出場し、80人のプロフェッショナルの審査員の前でプレゼンをするというもの。ミーシャは去年、ファッション部門の審査員をさ せていただきました。どの作品もそれはそれはエネルギッシュだった!

TDWのフォトブック発行を記念して、今後大注目のデザイナーたちをご紹介! (フォトブックはTSUTAYAにてチェクできます。※下記のビジュアルはデザイナー本人による撮影でフォトブックと関係ありません)

These are the young and the beauti-weird. These under-30 designers from around Japan and the world, presented some of the most conceptual art-as-fashion collections at Tokyo Designers Week. TDW is one of the most anticipated and attended design & technology fairs in the world, and it partners with TENT London and Milano Salone every year. The Asia Awards is a newer venture that culls the brightest fashion designers, musicians, artists and product designers from around the world to present to 80 top professionals on the judge panel. I was part of the fashion group for the past year and it was quite intense!

In celebration of the publication of the Tokyo Designers Week edition photo book, here are the best designers who are destined for great things. (the photo book is available at Tsutaya *the photos below are by the designers, with no relation to the book)

プリント

Ryota Murakami x Denpa Gumi

 

alexander_mcqueen_w15ss_034-thumb-660x933-315703

アレキサンダーマックイーンのショーを生で見る事はずっと前から抱いていた長年の夢でした。嬉しい事にその夢は思ったよりもはやく実現させることができたのだけど、あの経験は今でも胸に響く素晴らしい瞬間で、くすんだ現実とは到底比べられない。ただの服と言ってしまえばそれまでだけど、ランウェイ上で繰り広げられるあの15分間は浮世離れした美しい世界だった。

マックイーンの生でコレクションを鑑賞したのは今回が初めてでした。デザイナーのサラバートンに心からお礼を言いたい。エディターの間でも席を確保するのが大困難な最近のコレクション事情の中でも、私がショーを見れたのは心から感謝している!

2015春夏のマックイーンは見応え抜群だった。だって、馴染みのあるディテールがいろいろ…例えば桜、侍、寿司。(って寿司は冗談!) 最高にモダンなジャポニズムの風を、マックイーンが運んできた

It had always been a dream of mine to attend an Alexander McQueen show in person- that dream was dashed quite early on in my career, but even now witnessing a show is a magical experience that can hardly be compared to anything in the realm of dull reality. “It’s just clothes!”. But for those 15 minutes it’s carnal beauty on the runway. 

It was my first time to see the collection in person, and I have Sarah Burton herself to thank for that, since it’s a bloodbath even amongst editors to get a seat.

This 2015 spring/summer collection was especially great to see, since there was something familiar here… sakura, samurai and sushi. (ok, the last one is a lie). Japonisme was in the air, in those most modernized way possible….

xalexander_mcqueen_w15ss_031-thumb-660x933-315706.jpg.pagespeed.ic.qmX-3hgArN 

20140314_tush_online_monster_21927_05_kopieren

 

If you’re a card-carrying fashion freak then you should need no introduction to Hideko Seo. As of now he is still the right-hand man of Azzedine Alaia, so there’s no contesting the level of his technical clothing-making skills. On the flip side, he is also a huge purveyor of making art out of his special talents.

To promote his own side projects, Hideki has taken a number of photographs and sketches of his creations thus far and is releasing his first book in a limited edition run. A peek at what’s inside is below, although beyond this it’s a mystery as to what exactly kind of beauty you’ll find inside. It’s hard not to want to dive right into this world….

There are many dissenters in this world that believe fashion can never be art. “It must be wearable, or it’s not fashion. Fashion will never be real “art”.” And yet here we have an honest-to-god clothing-maker who also believes in the artistic endeavors of fashion. He himself says, “One day, I`m going to be considered a real artist.”

 

ファッションが好きならぜひ押さえておきたい名前、Hideki Seo。ミーシャも彼のクリエーションの大ファンで、何度もブログで取り上げさせていただいている。現在アズディン・アライアのアシスタントを勤める彼の服づくりの技術は確かなもの。その一方で彼自身の活動としてFashion is アート的な制作活動にも積極的だ。

その彼の、今までの活動を一冊にまとめたカタログを発表するとのこと。下のイメージはこのカタログの中身!公開されているのはこれのみなのでまだまだ謎に包まれたカタログ。興味をそそる…。

世間には”ファッションはアートではない “、”服”である限り身につけられなければいけないのだから、アートになり得ない。”という意見もある。しかし彼はファッションの観点から”アート”を生み出し続ける。そして、 “夢はアーティストになる事”と語る。

このカタログは、そんな彼の世界に広がる奇想天外な制作の欠片に触れるチャンス。

スクリーンショット 2014-11-20 15.28.24

作品集より From the photo book

Screen shot 2014-10-06 at 8.29.32 AM

My plans for a post-fashion month trip to Berlin consisted of making NO plans. It was a total coincidence that a new event called “Berlin Alternative Fashion Week” was being held in the city while I was there. And while I had no intention of spending another week chasing runways, when my friend (an art curator) pulled out two tickets to see a group show, we jumped in.

It seemed the local fashion community was at odds with this event (Berlin has it’s own official Fashion Week in January and July which already seems to struggle for fanfare) and feigned to stay away. I really didn’t know what to expect. We stayed in the back, just in case we needed to make a swift exit early.

I live in Tokyo so you can imagine I have seen my fair share of jaw-dropping presentations before. Let’s just say those were warm-ups to this…

NYCで9月頭から始まるエレクトリックな2015SSファッションマンスに続けてベルリンに”ノープラン”でぴぴぴぴとする頭の中を修理に行って来た(そりゃ壊れるに決まってるわww)。すると、偶然にもちょうど”Berlin Alternative Fashion Week” (ベルリン オールタニティブ ファッション ウィーク=BAFW, ゲリラ的なファッションウィークって感じ)が開かれ、アートキュレーターの友達がミーシャを誘ってくれた。主催側に連絡を入れず、興味を持っただけで飛び入りで観賞をすることに。

ベルリンの正のファッション(!?)の業界人は「知らない。行かない。」とBAFWから距離をあけるっぷり。ベルリンの公式ファッションウィークが1月と7月に開かれるけど、これに対しても意見を寄せてみると「それな…」、とびみょうなリアクション。だからこのBAFWの放つ奇妙な雰囲気からなにが起こるのか本当に想像着かなかった。

東京に住んでいる私が、こっちの「奇抜なファッション」の塔はどこよりも高く立つと思ってた。でもね、BAFWをみたら東京はまだ街灯のように見えてきたかも…

 

 

 

Andrey Bartenev collection