カテゴリー CategoryGirls in Black are Colorful

Misha-Revlon-november-blue-dress-beauty-©-Celia-Humphries

 

“黒を着る女性はカラフルな人生を送る” シリーズ第三弾!そのコンセプトは抽象的にいうと、外から見る現代社会の街が濁った色に見えてくるのに実は個人個人の人生は鮮やかな色にキラキラしている。そして、分かりやすく言うと、黒を着たって、ブライトで、想像力高い女になれない訳がない!日常の「普段」の中でも、しっかり目を開けて想像して、夢に生きて、そしてあなたの人生をまばゆいばかりに輝かせよう。それをバッグに詰めてプチ旅に出るとか…また、通勤の時だけでも!全ての経験があなたの人生のキャンバスを色づけるでしょう。ほら、世界はカラフルに!!

Girls in black lead colorful lives Vol. 3. In the city we go about our days with all of the mundane details and thoughts sinking into each other like a muddy grey puddle. But open your eyes and imagination, live your dreams, and make your life blindingly colorful. Whether that means packing your bags and going on an adventure or just trying a new restaurant, or daydreamig on your way to work… every experience adds another shade of color to the canvas of our lives. And you don’t need to wear the equivalent of a light-up Christmas tree to prove YOLO. So how colorful is your life?

 

Misha-Revlon-november-black-white-station-©-Celia-Humphries

 Photos: Celia Humhpries

 

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティに住むガールはモノクロのワードローブで勝負することが基本。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身もこういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…浴びるスポットライトだって追いつかないでしょう。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”ってありますよね?ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたに本物の色をリアルに身につけなくても、“さし色”をつくることができるの…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私の”さし色”にしている。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.