カテゴリー CategoryFeatures | フィーチャー

photo1

インスタグラム。ビジュアルを重視したSNSのため、ファッション界でも特に急速に広がりを見せるプラットフォーム。殆どルールのない不安定な世界なので、プラスもマイナスもごちゃごちゃする媒体。マイナスといえば、ブランドバリューが薄まる恐れがある(インスタは偽物品の写真の巣)。プラスといえば、オンリーショップと同じようび、ブランドの世界観を発信できる場。さ、この”今”を反映させえう “ファッションインスタ界 ” の現状はどうなんだろう?

わかりやすく伝える為、ごく普通のハイスクールを設定にしたいと思う。人気者の中で、”フレンドリーな子”や ”モテモテ子”(フォローし合う、インタラクティブ)とみんなの憧れのクールな ”スノッブ子” (フォローバックしない、マイペース)もいるよね。さらに、その中でクイーンとキングも存在する。

それからね、中には”神”の域に達しているアカウントが。アップした写真はゼロ。フォローしてる人もゼロ。でもファンはどっさり!それってどんなアカウント?下記をチェック!

Instagram is one of the fastest-growing platforms for fashion in particular, since it is photo-based and we all know that fashion is all about image. There are no rules here (aside from baring nudity and nipples, natch) and the benefits are murky. A brand can lose value when too many fake photos fill their hashtag stream. But at the same time, having an instagram account allows a brand to curate its world much like a flagship shop. But what is really happening in the fashion-Instagram world now?

Let’s put it in the context of a typical highschool; out of the popular kids, who is the friendliest to everyone (is interactive, follows people)? And who is the snob that everyone hates to love (doesn’t follow back, updates at their own pace)? There’s a king and queen of the prom too.

And finally there’s “God”… this brand has zero photos, following zero people, and STILL manages millions of fans. Which is it? See the list below…

 

毎日が「ランウェイ」。新しい『東京ファッションダイアリー』、『東京モードダイアリー』へようこそ!

tfd-2013-codystar
 
 
Tokyo Fashion Diaries has entered a new phase, a remodeling if you will, as in fashion you are only as good as how well you can evolve.  We start with some home improvements..ie better search and faster loading time. And a logo that is much more reflective of who I am; a mix of east and west. It’s been over 9 years now since I moved to Tokyo to pursue a fashion career and the switch in my brain that changes my thinking from “American” to “Japanese” is now automated.
 
One thing that won’t change is my idea that everyday is a runway, an opportunity to use fashion to own the day and to feel your personal best. 
 
実はこの「東京ファッションダイアリー」、今、更なる進化の段階に入っている。もしあなたが自分改革をするなら、ファッションは、自分自身をどれだけ良い方向に高めてけるか=進化させるかという点において、最も良い方法。それと似た感じで、私たちは今HP改造中=改革中で、それによって検索も早くなるし、読み込みの時間も早くなる。それから、和洋折衷が織り成す新ロゴデザインは、私が何者であるかを表現するのに最適だと思う。東洋と西洋のミックス。今、私は日本へ来てもう9年以上になるので。それに伴って私の頭の中の思考回路も、アメリカ人から日本人へとのスイッチのONとOFFだって自動的になったし。。。
 
だけどただひとつだけ、決して変わらないもの。それは、「毎日がランウェイ」。自分だけの特別な1日をオーガナイズして演出するのに、何を着るのかっていうのは絶好の機会。そして、自分自身の個性を伝えるのにうってつけ。
 
Soon I will also start an exciting new project exclusive to TfD called “Tokyo Mode Diaries”. 
 
The main goal of TmD? Bring fashion to the front. I`m not talking about CLOTHES, I`m talking FASHION. It’s not just about covering a naked body, but about brining your consciousness to another level; one that can change your mood, make you feel better, or powerful. Think of it as a legal high.
 
それからもう間もなく、この東京ファッションダイアリーの、より専門的な、とびっきりの新しいプロジェクト、名付けて『東京モードダイアリー』も始める。
 
東京モードダイアリー、略して”TmD”とでも言おうかしら?笑 その目指すものとは… ?「ファッション」を前面に打ち出す!「ファッション」だからって、何も「洋服」のことを言っているわけじゃないの。「ファッション」ね。そんな、ただ単に裸の体を覆っているようなものだけの話ではなくて、あなたの持っているその意識を、もう一段先のレベルへ誘えるような… あなたの気分を変えられるような、もっとハッピーになれるような… もしくは元気になれるとか!それだけでハイな気持ちになれると考えてみて。
 
There are many magazines and websites where you can find out about the latest clothing, but I only put my time into what is inspiring or exciting around me (and I do all of this on my own time outside of my day jobs, which is a LOT of time spent day after day…so its gotta be good).
 
The stereotype that Japan is only about black Comme des Garcons, or just lolitas and goths in Harajuku is so fucking tired. 
 
ところで今、どんな洋服が出てきているかの最新の情報を知りたければ、雑誌は山ほど出てるし、ネットを開けば何から何までホームページがあったりして、簡単に情報を得られる。だけど私は、「私の身の周り」で私を刺激してくれるものとか、興奮させてくれるようなものにだけ自分の時間を費やす。(そしてこれ全部、仕事の時間以外で自分の時間を使ってやってる。来る日も来る日も、たっくさんの時間を使ってる。… ウン。幸せ。
 
日本の原宿の頭の固いステレオタイプの人が、決まって食いつくのは黒のコムデギャルソンとかロリータだったりゴスだったりとか。。。ちょっと言葉が悪いけど。。。ステレオタイプをぶっとばしたりしたくない?
 
Japan is in fact, a country full of more people that love fashion than I have ever seen in my life. It’s almost like the Japanese are born with an inherent love for quality, prestige and design. But at the same time this society come with many rules. But in fashion, rules are meant to be broken. And there’s still a  whole lot more to be explored, a whole lot more to be made, and whole lot more stories to tell from both the east and west.
 
So look forward to the first stories, told soon here on Tokyo Fashion Diaries and Tokyo Mode Diaries. 
 
だけど日本は事実として、私の人生で見てきた中で、最もファッションに対する意識が高い人が格段に多い国だと思う。それは言い換えるなら、日本人は生まれながらにしてクオリティを愛する人たちなんだとも言えるのかもしれない。威信とデザイン。だけど同時にこの社会はたくさんのルールと共にいる。だけどファッションにおいては、その「ルール」も意味を成さない。そして今なお更なる探求は続いていて、より多くの物が作り出されている。そして、語られるべき多くのストーリーが東洋と西洋の間で、どちらにもある。
 
それでは、まずは第一話目のストーリーを楽しみにしていてください。もう間もなく公開。東京ファッションダイアリー、そして東京モードダイアリーより。
 
これからも宜しくお願いします。
 
 
Misha Janette
 
tfd-2013-eng-MODE-420

世界の最もクリエイティブな若手デザイナーがデニムのポシビレティーを探る作品を発表!ITS ディーゼルアワード 2013年

ITS-2013-diesel-fashion-award-39

Each finalist of the ITS Fashion Awards was asked to remake one of the outfits from their collection with denim for the Diesel Award. Diesel is the main sponsors of the fashion segment and Renzo Rosso told me it was an excellent way to sieve true talent that they scour the earth for. The designers all did an amazing job of reinterpreting their pieces in denim, some creating new techniques along the way. They were presented on the runway but my photos from the rehearsal are better so prego!
 
ディーゼル賞はITSファイナリストのみな、自分のコレクションから一式のルックをデニムで作り直す別賞。ディーゼルはファッション部門におけるメインスポンサーの一つで世界の最もクリエイティブな人を発掘とサポートをしようとしている。そして 創立者 Renzo Rosso は私に言った。こういうコンペなどは本物の才能を取り出す、一つの素晴らしい方法って。デザイナーたちはみな、デニムを使って彼らなりにまた違った視点から解釈し、一癖も二癖もあるような素晴らしい出来をした。 
 

タトゥータイツのブームが続く!日本発ブランドの今一番オモシロく、気になる夏ストッキングをまとめてご紹介!

unus-tights-karl-lagerfeld1

Japanese girls have no qualms about showing off their gams, and while Shibuya-fashion girls tend to stick to bare legs, the Harajuku fashion set likes to cover up, usually with tights. So the tights/stocking obsession in Japan is still a big one, ​and since it’s summer the tattoo stockings are all over the streets.
 
日本人の女の子たちは、すらりと伸びた自分の足をさらけ出すことを気にとがめない。それと同時に渋谷ファッションの女の子たちは、生足にこだわる傾向がある。対して原宿ファッションの子たちは隠したがる。たいていタイツを履いていたり。そう。まだまだ日本では、タイツやストッキングのレッグウェアが大人気。それから夏以来、タトゥーストッキングがストリートの至る所で爆発中。
 
I love myself some tattoo stockings as well, and most of the ones I own come from the Ura-harajaruku shop “Avantgarde” which got the whole trend started. The shop had some trouble even keeping stock replenished (they still do!) and in the meantime a lot of new tattoo stocking brands with neato and artistic prints have popped up around Japan.
 
私もタトゥーストッキングを着るのは大好き!私が所有してるものの多くは、裏原のお店、「Avantgarde: アバンギャルド」からのもので、そこって全てのトレンドを発信した場所でもあるの。お店では在庫をキープするのが常に補充で大忙しくらい人気!この二年間タトゥータイツ界がのびながら、日本中で素晴らしい、アーティスティックなストッキングの新しいブランドが次から次へと出てきてる。前に大阪にいたときに、超—素敵な新しいブランド、見つけちゃった!それまで知らなかった——それプラス、今気になるタトゥータイツとそのブランドをラウンドアップしてみました。

unus-kate-moss-1

UNUS
An online tights shop and for their first collection they asked Osaka-based pop-artist Buggy (who I just talked about) to lend some of his pop-art to their stockings. You can get some Karl Lagerfeld, Galliano, or Kate Moss with a mustache. I want some of these, of course.
 
UNUS: ウーヌス
オンラインのレッグウェアショップなんだけど、ファーストコレクションでは、大阪ベースのポップアーティスト、Buggy: バギー (ちょうど前に話してた) に、彼のポップアートで夢のコラボを実現させたの。気になるならあなたも、Karl Lagerfeld: カールラガーフィールドとか Galliano: ガリアーノ、Kate Moss: ケイトモスのヒゲシリーズをゲットできるっw もちろん私だって欲しいんだから!w

 

unus-tights-andy-warhold

unus-tights-galliano-1

Cowpooooop
This is an “original brand” by select shop Kakavaka and do not ask me why it’s called Cowpooooop (that’s 5 “o”s) but I loved the wi-fi print ones enough to buy it, and wear it in my profile photo for the senken h newspaper feature up this week. To make it next-level, it would be great if they were actually wi-fi…
 
Cowpooooop: カウプープ
セレクトショップのKakavaka: カカヴァカってとこのオリジナルブランド。…でも、何でCowpooooopって言うのかなんて、私に聞かないでね。w (5個”o”が要る)。でもwi-fiプリントのヤツがめっちゃ気に入っちゃって、買うには十分だった!それでさっそくsenken h: センケンアッシュのプロフィール写真で着てみた。w 今週アップされたよっ。wifiが本当にとぶなら最高なんだけど、その未来はまだ遠いかしら。

 

 

cowpoooooop-tights-1

cowpooooop-tights-2

Poem by Rabbit:
I have the origami ones in red and the astrology tattoo print. The origami are brilliant, they are glittery and come in several colors.
 
Poem by Rabbit: ポエムバイラビット
私は赤が入ってる折紙のヤツと、星座のタトゥープリントのヤツを持ってる。折紙は光り輝いてた!キラキラしてて、何色かのカラーが取り込まれてて…

 

poem by rabbit-tights5

poem by rabbit-tights2

poem by rabbit-tights3

poem-by-rabbit-2

ONLINE HERE

Tokone

These can be ordered online and is a collaboration project among a bunch of Japanese and international artists. I did a design here… all sold out though :/

トコネ

こっちのタイツはこちらでオンライン買い可能。このブランドは国内外、様々なアーティスト達とのコラボによってコレクションを出してる。私もコラボさせてもらったけど、ついこの間完売しちゃった。汗

tights-tokone-inkrat_1

tights-tokone-miccafuzuki_poetwoman_image_11

ONLINE HERE

Boom design/ Garakuta
Pretty cheap, at about 1600yen/pair or half of some these other ones.

ブームデザイン/がらくた
お値段が比較的に安いのが魅力ーーー

tights-boomdesign-2

Invaders heart. インベーダーズ、ね

tights-boomdesign tights-designboom-3

Perfect for fashion students. 服飾学生にぴったりじゃない?

tights-designboom-4

ONLINE HERE

Proef
Clandestine minimalist geometry for the stems. Beautiful, non?

プルーフ

ジオメトリックなミニマリズム。なんか、美しい。シンプルだけど、本当に心ひかれてる。一押し!

 

tights-proef-1

tights-proef-4

tights-proef

tights-proef3

ONLINE HERE

Bonus… Cat half-tattoo tights and some ombre leggings. Just because.

ボーナス、好きな2本。キャットの影のハーフタトゥータイツ。そしてきれいなグラデーションのきいてる夏レッギンズ

tights-pamela-mann

tights-ombre

So if you’re not up for letting it all out, put on some of these tights and fake your tan (or paleness) with thiese while still having some fun.  
 
もしあなたが足を出すのに抵抗があるのなら、とりあえずどれかのレッグウェアを着てみて。気になってる日焼けとか、色が白過ぎるとかのコンプレックスもカバーできるし、その上やってみると楽しくって、きっとハマるからっ♪

Asst editor Yoshi Peter

装苑で連載中「ミーシャの2.5次元ライフ」第6話:デイドリーム公開!デイドリームって何で重要?

Screen shot 2013-06-30 at 1.48.20 PM

The next episode of 2.5 dimension life is now online at Soen so check it out! This one is about daydreaming, and I kind of lament not having the opportunity to get in my own head these days. Every minute seeks to be filled with things to do, phone calls, text messages, tweets, meetings and then (if I’m lucky) , sleep. The best time for daydreaming was during class…I didn’t say that. But yeah, I came up with a lot if great ideas while in school, furiously jotting down ideas and sketches so I didn’t confuse them with my homework notes. When do you feel the most inspired? Nowadays I get my best ideas in the moments before I fall asleep in bed. That place of limbo between consciousness and unconsciousness is very powerful and often one idea will lead to another. I also get major inspiration after reading magazines…yeah, those relics! And even following Pinterest, which is like an online inspiration board of sorts, where I am bombarded by so many amazing, axing photos at once. If you’re not familiar with Pinterest you definitely gotta check it out.

The moral of the story is to never forget to daydream, not only for getting a break from reality, but as a great motivation to level up. Read it here

 

2.5次元ライフ、次のエピソードの英文は装苑でオンライン発信中!お勉強がてらチェックしてみてっ。テーマは「デイドリーム」。だけど最近はなかなか、それを頭に入れる機会が無くて、少し悔やんでる。毎日、毎分、毎秒。何かやれることを捜し求めては、それで埋められていくの。電話が鳴る。メールが届く。ツイッター、ミーティング。それから。。。もし運が良ければ睡眠をとったり。w デイドリームに最も最適だった時間は、授業中だった。。。!学校にいる間は、いくらでも素晴らしいアイデアが浮かんだの。狂ったように浮かんだアイデアを次々とノートにメモしたり、スケッチしたり。。。でも、宿題のノートに一緒に混ぜて書くようなことはしなかったわ。あなたはどんなときに、特にインスパイアされたり 、アイデアが浮かんだりする?私はここ最近では、ベッドに入って眠りに落ちるまでのひとときがベストな時間かしら。眠りに落ちるか落ちないかの、意識があるような、無いような。。。そんな瞬間。それはとても力強くて、よく一つのアイデアが基になって、他のアイデアが生まれたり。それから雑誌を読んだ後にも大きなインスピレーションが浮かんだりもする。。。遺品みたいなものね!それからPinterestでもフォローしてたりして。いわゆるオンラインインスピレーションのひとつね。そこでめちゃめちゃ叩きのめされたことがあった。もう、びっくりした!w もしあなたがPinterestをまだ知らなかったら、完全にチェックすべきね! この話の教訓は、白昼夢に欠かせない。ただの現実逃避だけのためじゃなくて、自分がレベルアップするため起動源に!ここでご覧ください

Photos by Mami Tanabe for SOEN

SOEN7-4

SOEN7-8

SOEN7-9 Cage dress /ケージドレス:ANREALAGE
Head piece /ヘッドピース: ANREALAGE (Katsuya Kamo)
その他私物:Shoes by Priveledged, Red dress and bustier from MODCLOTH.com

Screen shot 2013-06-30 at 1.48.33 PM

The next episode, “The Fine Line Between Unique and Weird” is on sale NOW in the Aug issue! The one with Kyary Pamyu Pamyu on the cover—

次回の、「ユニークと変の境界線」は8月号、きゃりーぱみゅぱみゅが表紙を飾ってる方で発売中!!Check! Check!

soen-cover

Assistant Editor: Yoshi Peter