カテゴリー CategoryFeatures | フィーチャー

 

最後のブログを更新してから結構日にちが経ってしまったので改めて自己紹介します。。。?! w

東京在住のミーシャジャネットと申します。文化服装学園を卒業し、スタイリストやファッションジャーナリストといったファッション関係の仕事をしています!

。。。というより今の仕事の割合からいうと、ただいまなん美容業界でクリエイティブディレクターとして働いているのです!(おーー!美容界?!)
今になってやっとクリエイティブコンサルティング会社「合同会社トッテオキ」を設立しましたと胸を張って言うことができる。私は7ヶ月前より素敵な仲間達と共に日本が誇るメイクアップアーティストブランド「シュウウエムラ」のインターナショナルオフィスでクリエイティブディレクターの仕事をしています。

何かのひとつのことに時間を費やしていると、自分が最高だと思える出来栄えを追求したくなって今までとは違うものや新しいものが作りたくなる。それが今までにやり遂げたことのないものであれば、それは自分自身へのチャレンジでもあるから、より多くの時間や努力、それに対する集中力が必要となってくる。

私のシュウでの立場は、今までに経験したこと全てが求められ、試される。アイディアを形にするための集中力や創造力、みんなでひとつの方向に向かう団結力、物事を柔らかに考える柔軟性、このプロジェクトにはどんな人が適しているのかといった人脈などなど。

完璧であることを求めすぎるあまり、このブログも少々おやすみしていました。(もちろん、更新する時間を忘れるくらいに毎日忙しかったこともあります。)

けれど!ちゃんと戻ってきました!このブログをまた定期的に更新するようになれて本当に嬉しい!言いたいことや書きたいことが山のようにあって、ファッションの世界はめまぐるしく変わっていく。まずは、シュウウエムラで起きたことが楽しくて、刺激的であったから。。。

I feel like it has been so long since my last update that I almost need to reintroduce myself. My name is Misha and I live in Tokyo. I graduated from Bunka Fashion College and I work in the fashion industry. Well…technically, if we were to go by statistics, then I should say I work in the beauty industry now….Yes, I feel like it is finally time where I can be confident to announce that I started my own consulting company Totteoki Co. late last year, and for the past 7 months I have been working head deep with the amazing team at the Shu Uemura International offices in Tokyo as a creative director.

There are many influencers, bloggers, and other professionals who “consult” for brands, offering their name-power and a few meetings each year to lend their opinion, offer expertise or bring in other influential resources that the brand wouldn’t otherwise have access to.

It’s usually more of a “floating” position that one piles on top of other day-jobs.

This isn’t that.

When I work on a project I get really invested in it, wanting to do the absolute best, and doing something that is new and different. I also challenge myself a lot to do things that I have never done before, which always takes more time, effort, and concentration.

My position with Shu has been something that takes EVERYTHING I have ever experienced before and puts it to the test. Connections, creativity, organization, spontaneity, flexibility, and a rolodex of ideas. I am obsessed with perfection and that has made me put aside my blog for just a little while. (and on top of that I am moving and it took up every extra minute I had!)

But I am happy to say that I am BACK and I am so excited to blog regularly again! I have so many things to say and write about and the fashion world keeps turning. But first, I am SO excited about what is happening at Shu Uemura.

Creative direction Misha Janette. Photo: Uroku

kamibukuro-hankyufuku

 

日本のファッション業界で、おそらくいちばん名声高き”毎日ファッション大賞”で先日、あるショッピングバックが賞を受賞した。そう、ショッピングバッグ。世間もざわつく?選出だ。このおめでたい賞を受賞したのは三越の新ショッピングバッグデザイン「実り」。日本に来てもう10年になるミーシャ、日本の文化は分かってきたつもりだけど、それでもやっぱりショッピングバッグがこんなに重用視されていて、その年を代表するアワードを取ってしまうなんて、独特な文化だなと思う。

そこでひとつ浮かび上がった疑問。日本人にとってデパートの紙袋は具体的にどのくらい重要なのか? “本当”に大切なのだろうなとは予想がつく。実際問題、ショッピングバッグのデザインは購買意欲につながる( 限定デザインの紙袋なんかはかなりの人気を博す )。 アメリカ人の私としては、その文化はとても素敵なものに映るのは正直。日本にやって来る前はパッケージやそのデザインを 気にしたことなど全くなかった(それがティファニーやエルメスだった場合を除いて)。そこで、東京でデザインされた”百貨店のショッピングバッグ” に着目して、”ファッション”の面から勝手にランキングしてみました。どのデパートがいちばんスタイリッシュかな?リニューアルしたら…?というデパートは?意見を添えてまとめていますよー。

At the Mainichi Fashion Grand Prix, perhaps the most prestigious awards in Japanese fashion, there was an award bestowed upon a paper shopping bag. Yes, a shopping bag. As part of the “buzz” award, it went to commemorate the Mitsukoshi Department Store’s new bag design “Minori”. I have to say, I have been in Japan quite some years and I know the culture, but I still thought it was a funny quirk that would give a shopping bag one of the highest fashion honors of the year.

Shopping bags are a MAJOR part of modern Japanese culture. Especially since they get used as wrapping for gifts (as in, are given in the same paper bag it was bought in, with the store logo displayed prominently) or are reused to haul around stuff that won’t fit in a handbag. In the west, we tend re-wrap our gifts or throw stuff into any old bag so I don’t remember saving store bags at all. Here, some limited edition store shopping bags can draw crowds, and holiday versions are especially popular (think of it like the Starbucks red cup season). A change in one of the centuries-old department store bags would definitely make the news.  So I looked at all of the Department Store shopping bag designs in Tokyo and ranked them from a “fashion” perspective. If you’re gonna be carrying it around everywhere, it might as well look good. What Department Store is the most stylish? And what, in my opinion, needs an update?


画ソース

Screen shot 2014-10-06 at 8.29.32 AM

My plans for a post-fashion month trip to Berlin consisted of making NO plans. It was a total coincidence that a new event called “Berlin Alternative Fashion Week” was being held in the city while I was there. And while I had no intention of spending another week chasing runways, when my friend (an art curator) pulled out two tickets to see a group show, we jumped in.

It seemed the local fashion community was at odds with this event (Berlin has it’s own official Fashion Week in January and July which already seems to struggle for fanfare) and feigned to stay away. I really didn’t know what to expect. We stayed in the back, just in case we needed to make a swift exit early.

I live in Tokyo so you can imagine I have seen my fair share of jaw-dropping presentations before. Let’s just say those were warm-ups to this…

NYCで9月頭から始まるエレクトリックな2015SSファッションマンスに続けてベルリンに”ノープラン”でぴぴぴぴとする頭の中を修理に行って来た(そりゃ壊れるに決まってるわww)。すると、偶然にもちょうど”Berlin Alternative Fashion Week” (ベルリン オールタニティブ ファッション ウィーク=BAFW, ゲリラ的なファッションウィークって感じ)が開かれ、アートキュレーターの友達がミーシャを誘ってくれた。主催側に連絡を入れず、興味を持っただけで飛び入りで観賞をすることに。

ベルリンの正のファッション(!?)の業界人は「知らない。行かない。」とBAFWから距離をあけるっぷり。ベルリンの公式ファッションウィークが1月と7月に開かれるけど、これに対しても意見を寄せてみると「それな…」、とびみょうなリアクション。だからこのBAFWの放つ奇妙な雰囲気からなにが起こるのか本当に想像着かなかった。

東京に住んでいる私が、こっちの「奇抜なファッション」の塔はどこよりも高く立つと思ってた。でもね、BAFWをみたら東京はまだ街灯のように見えてきたかも…

 

 

 

Andrey Bartenev collection


koda-kumi-dance-in-the-rain-misha-10

“最高にクールなプロジェクト”の話が舞い込んだ。その内容は、

  • J-POP界のクイーン、倖田來未
  • 世界初バーチャルリアリティ装置オキュラスリフトを使ったミュージックビデオ
  • 幻想的なファッション
  • そして監督はYKBX

と、この上なく豪華。

このお話をいただいたとき、ミーシャはすぐに話に乗った。オキュラスリフトはFacebookが買収したというニュースを知って以来ミーシャも注目していたものだった(いや、有名な話かもしれないけどファッションブログよりもテクノロジー系のブログを常にチェックしている)。そして初音ミクのデジタルオペラ”The End”を手がけたYKBX (初音ミクがルイヴィトンのコスチュームを着たホログラムだった)。それに、ミーシャが10年前に日本へ来る前からすでにスターの地位を確立していた倖田來未。 ぜひ、革新的でプロフェッショナルなこの方たちと一緒に、今まで見たことないものを生み出したかったからLET’S GO!な勢いで取り組みだした。

完成したものは想像を遥かに超えていた!それは、世界初の360°バーチャルリアリティミュージックビデオ!!!

( ただ今東京デザイナーズウィークにて体験出来ます!)

完成品には本当に、心底満足している。特に服。ファンタジーだけどファッショナブルなものにしたかったから、コスチュームデザイナーなどではなく、よりリアルなファッションブランドで衣装を調達する必要があった。そして協力していただいたのが、Yohji Yamamoto、Limi Feu、Roggykei、Kotaro Sakadume。

倖田さん本人には、今まで確立されてきたイメージがついているかもしれないけれど、「このプロジェクトで”モード”な服を着ることができて嬉しい」と話してくれた。

このバーチャルリアリティムービーはテントロンドンでの世界デビューが決まっていたから、「日本発」ということを守りたかった。倖田さんも「ヨージヤマモトさんとは以前からコラボしたかった」と。今回に限ることはもちろんなく、実際、倖田さんの私服はとてもスタイリッシュ!!アレキサンダーマックイーンやマリオスなどを着ていた☆

PVの衣装の詳しい内容や撮影秘話はまだまだ続きますよ〜下記をお読みください。また、PVのトレーラーを貼りました。フルダウンロード+シングルの予約はこちら!

 

When I was asked to be in charge of the fashion for a “really cool new project” that involved:

  • J-Pop-Queen Kumi Koda
  • Virtual Reality device Oculus Rift
  • Director YKBX
  • Epic RAD fashion

I was IN. The Oculus Rift has been on my radar since news broke that Facebook bought it this year (I am more of a gadget geek than fashion freak…maybe). Then I needed no introduction to Koda Kumi, who has been a star since even before I arrived to Japan 10 years ago. Then there was YXBX, who was responsible for Hatsune Miku’s digital opera “The End” (in which Louis Vuitton provided costumes). I REALLY wanted to work with these people, some of the most well-known, innovative and professional in the industry.

What we created was even beyond my expectations! The world’s first 360deg virtual reality music video. (which you can experience at Tokyo Designer’s Week NOW… details at the end).

I was so incredibly happy with how it turned out, and especially the clothes. I wanted it to be fantasy but also fashionable. So I needed to work with real fashion brands and not costume designers. For this I called upon Yohji Yamamoto, Limi Feu, Roggykei and Kotaro Sakadume.

Kumi may have a certain image, but for this project she told me she was really happy to wear “fashion forward clothing”. She also was the one to suggest working with Japanese brands, since the team was all based in Tokyo, and the virtual reality would be showcased at Tent London. Kumi is already very stylish..even in her normal clothes she has incredibly good taste, donning the likes of Alexander McQueen and Marios to fittings.

Below find more info on the clothes, and behind the scenes stories from the music video and filming. Trailer is below (available for full download along with the single on pre-order here).

 

 

Screen shot 2014-09-28 at 4.55.22 PM

ファッションが自分自身の世界観をつくるのにとても重要な役割を担うように、メイクアップもまた大切な要素。ミーシャはハードコアなファッションムードのときに Make Up For Everというブランドの黒やオレンジのリップを使っているよ。この”ファッション”コスメティックブランドは世界でトップを争うブランド。なぜなら、数多くのファッション界やエンターテインメント業界のメイクのプロフェッショナルに愛用されているから。

今LVMHの一員となったこのブランド。創設者でありメイクアップアーティストのDany Sanzはメイクアップ界の革命児。ファッション界でいうコムデギャルソンのようで、業界にはDanyスタイルの作品がたくさんあるのだ。ミーシャは今回、パリでファッションウィーク中に開かれたこのブランドの30周年パーティに招待していただいた。また、ヨーロッパの”ハリウッド”といわれるところにも足を運んだ。そこでちょっと意外なサプライズが…。

”ファッションはあう意味アートだ” に共感するみなさん、メイクアップだってそうなのですね(男性にも特別なメッセージある!↓↓ )さて、先へ…

As much as I believe fashion is an utmost important factor in creating your own unique world and persona, there’s a LOT to be said about how makeup helps us get there. And the Make Up For Ever brand- which I use when I am in the mood to be hardcore about my personal style (think black or orange lipstick) is one of the most “fashion” cosmetics brands in the world. I say that because of how it is actually one of the most widely used brands by all makeup professionals in the fashion and entertainment business.

Owned by LVMH now, the founder is actually a makeup artist herself, Dany Sanz, and she’s a Goddess in the makeup community… a game-changer like Comme des Garcons. There is a lot of art involved here in Dany’s style… so I was honored to be a guest at their 30th Anniversary Party held in Paris during fashion week. I also visited the “Hollywood” of Europe, where there were some crazy surprises in store. If you believe fashion is art, then makeup is all that and more. Read on…

THE ART OF ILLUSION


furla-1

去年イタリアのハンドバッグブランド、Furlaのビデオプロジェクトに参加したのだけれど、その”打ち上げ”ということでミラノに一週間弱滞在していました。#candycoolと名付けられたそのプロジェクトは、東京をはじめとするアジアの女性にフューチャーした4つのショートムービーを撮るもので、出来はとても素晴らしい。もし、まだ見ていない人がいたらチェックして見てください!David Lynchが東京POP文化と出逢い、融合したようなそのムービーは、ファッションビデオとして国際フィルムフェスティバルにも出展した。見ると、「こんな」東京が恋しくなる。

I just spent a little less than a week in Milan during fashion week, as an “uchi-age” (after-party) to a video project I did with Italian handbag brand Furla last year. The project was called #candycool and featured a set of four film shorts with girls in Asia, and Tokyo-not to be biased or anything- looked amazing. If you haven’t seen it, please take a look- it is like David Lynch meets Tokyo POP. It was even entered into the International Film Festival for fashion videos. It will make you fall for Tokyo all over again:

 

ミラノからボローニャに足を伸ばした。そこには本部があって、女性CEOにご挨拶をさせていただきました。それから、ミラノの歴史ツアーもしっかり行ってきましたよ。

でも、それよりなによりまずみなさんにお見せしたいものが。それは、2015ssプレゼンテーションで登場した、最先端技術を駆使したバッグ。

From here, I was taken on a trip to Bologna, Italy where the headquarter grounds are, spoke to the Furla CEO and had some historical tours of Milan.

But first, I want to show you the most exciting thing, the most technologically advanced bag I have ever seen, shown at their 2015 SS presentation…

 

 

harajuku-ura hara tower

PART 2

先日デザイナーの友人に会って、この話をあげなければと確信した。彼は、今ジェネレーションで成功してるストリート発ブランドのひとつ、ジョイリッチのクリエイティブディレクター、デイビッド。

彼は、あるお客さんからもらったメールについて話してくれた。

“ジョイリッチ大好きです!でも、安いチェーンストアで全く同じものが1000円で売っていたら、正直ジョイリッチの9000円の服を買う気がなくなります。”

彼は呆れたように笑った。

ジョイリッチファンがわんさかいる原宿の裏通りに入ると大きな問題が見えてくる。個性的で過激でエッジの効いたショップにパクリ問題が発生しているのだ。これは、ルイヴィトンやシュプリームのようなビッグブランドの盗作という話に収まらず、数え切れないほどのショップが、近所のショップのコピーを作り、まるで自分の製品のように平気な顔をして売っているのだ。

取引した覚えのない店に似た服を見つけたり、ロゴやモチーフのコピー商品を身に付けた消費者を見かけたり。そんな被害者はジョイリッチだけじゃない。日本のストリートカルチャーはこのままコピーカルチャーと化すのか?

 

My designer friend who compelled me to write this series has created one of the most successful brands in the street style realm of this generation. His name is David Melgar and his brand is Joyrich.

He told me about a message he received:

“I love your brand so much! But how can I spend ¥9000 on your skirt when the F21 down the street sells the same exact thing for ¥1000?”

 

David laughed. But not in a funny way, in a FML sort of way.

 

I think the bigger problem becomes clear when you step into the backstreets and alleys of Joyrich’s Harajuku ‘hood and see nearly every edgy, fringe store is carrying a knockoff of some sort. These shops aren’t just going after big wigs like Louis Vuitton and Supreme, they are digging into their own neighbors, stealing copious cups of sugar, and selling it as their own.

And Joyrich is not the only brand that is finding itself in shops it doesn’t remember selling to, or seeing people in items it doesn’t remember designing. Has Japanese street fashion really become this complacent with copy culture?

 

harajuku-japan-tokyo-harajuku-1501438-o

Harajuku Crossing. Source 

Top photo the amazing (c)JohnHathaway 上載の絵はイメージ画像であり記事とは無関係

 

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.