カテゴリー CategoryFavorites | お気に入り

image

ウールからトレジャーを紡ぐ!こんなに素晴らしいものだと想像できただろうか?

国際ウールマークプライズとは、世界規模で開かれるコンペティションで次世代のスーパースターやブランドを発掘することを目的としています。先日、アジアのセミファイナルが東京で行われました。勝者は世界の名だたる小売店に自身のコレクションを並べる権利を獲得します。たとえばパリのコレット、ミラノの10コルソ・コモ、ニューヨークのサックス・フィフス・アベニュー、東京の伊勢丹など名実共にトップクラスのラインナップ。しかもそれだけじゃない。セミファイナル優勝者には50,000オーストラリアドル(約500万円相当)、ファイナルを制したら100,000オーストラリアドル(約1000万円相当)の賞金が与えられるのです。ブランドを持っている方はこれがどれだけ素晴らしいか分かると思います。デザイナー人生が変わりますよね!

そして、なんと、2ブランドの東京のSise(メンズ部門) と中国のVmajor(ウィメンズ部門) のがまさに変わろうとしています!

アジア各国から12人のデザイナーがセミファイナルへと駒を進めた。ミーシャは個人的に、どの国が受賞するかよりもどのデザイナーが選ばれるか、とても興味がありました。すばらしいファッション界のプロフェッショナルが審査員に選出されていたため、今回の結果は”今のファッションビジネス”を示してくれるのではないかと期待したのです。

中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャンとお話させていただいた。デザイナーの方だけじゃなく、ファッションビジネスに興味がある方は必読!彼女の着眼点…とてもためになるかもしれないから

 

Who knew that gold can be spun from wool?

The International Woolmark Prize is a fashion competition held globally to find the next superstar brand, and the Asia semifinals were just presented in Tokyo. Winning it means getting into the world’s best stores like Colette in Paris, 10 Corso Como in Milan, Saks in NYC, and Isetan in Tokyo. If you have ever had a brand, you’d know just how incredible of a prize that is alone. Throw on top of that a cash prize of 50K$(aus) for the semifinals and 100k$ for the top prize and WHOAH, this could change a designer’s life.

In fact, the lives WILL change for winners Sise of Tokyo (menswear) and VMajor of China (womenswear)

12 designers from Asia made it to these finals. I was very curious to see not which country would be picked, but what designs would be picked. That’s because they were judged by some incredibly talented fashion pros and their choice would show me what is going on in fashion business these days.

I spoke to Angelica Cheung, editor in chief of VOGUE China. Whether you are a designer or someone with an interest in the business of fashion, you will find what she had to say VERY interesting….

woolmark-prize_Asia_winner

The winning looks: Vmajor, Sise

mappy-japan-1

No, Mappy is not the “Japanese Tavi”. But considering the similarities between the two, it is understandable that many would want to draw to that conclusion. “We have *totally* different style. I’m not really into what she wears now.” Asserted Mappy, now in 7th grade in a Tokyo-area school, while we talked over cafe hors d’oerves in Ebisu (For reference Tavi actually just graduated from High School). But there’s no doubt about it, Mappy is precocious and stylish beyond her years. What does she think about the buzz swirling around her and her booming online fanbase? I wanted to hang out and get to know the new-gen icon Mappy.

マッピーは”日本のタビ・ジェヴィンソン”じゃない。でも13歳にしてかなりファッションのセンスが上級者レベルだし、業界で話題になっていることなど、二人の共通点ではそう誤解しやすいかもしれない。”私たちのスタイルは全く違います。最近見てみたら着ているものに興味気なかったの”と、マッピーは断言。先日、ミーシャと東京に住む中学一年生のマッピーは恵比寿のカフェでつまみながらおしゃべりした。 確信を持って言えること、それは、マッピーは超中学生級、スタイリッシュで貴重な存在だということ。彼女の周りで渦巻くいろんな言葉に今彼女は何を感じるのか?急増加しているオンラインのファンたちになにを思うのか?ミーシャはそんなニューアイコン、本当のマッピーのことをもっと知りたいと思ったから一緒に遊びにいってきた

mappy-japan-2

 

poseidon-blonde

“Plumb” is relaunching as an accessory brand, this time with a collection of edgy headbands inspired by Grecian design fused with industrial accents. As creative director, I have made sure they are neither too sweet or too hard, just as an utterly simple way to punch up a look (and your mood) a notch or 10 for the day.

As part of the pre-launch, four looks are available online right now (Japan-only, or through email). I also will be offering the entire lineup (seen below) at Laforet Harajuku’s 1.5F BeautiK boutique for pre-ordering tomorrow, Friday the 6th. I’ll be there too, so if you are the Laforet event please stop by!

Ok, it’s time! Check out the lineup below– at least one is sure to get your style juices flowing.

「Plumb」(プラム) がアクセサリーブランドとして生れ変わりました!私をクリエイティブディレクターとして迎え、新作の編込みブレードにギリシャ的なデザインとスタッズやネジなどのエッジさをプラスしたカチューシャを打ち出してます。

甘すぎず、辛すぎず、ただ「クール」なワンポイントとしてつけてもらえるようなラインアップ。プレデビューとして、オンライン限定の先行販売4型が登場!

**NEWS** また、金曜日6日のラフォーレのショッピングイベントではなんとフルなラインアップを受注性で出します!1.5Fの BeautiKにて!ミーシャも立っているので遊びに来てください。

さて!フルなコレクションを下でご覧ください。ギリシャ女神の名前がついたこの子達、どれがあなたを一番反映しているのかしら??

 

serge-lutens-dior-9 So I want to share a story, one that has been inspiring me since it was privately told to me a few years back. It involves one of the most celebrated visionaries in history, Serge Lutens, and how he got started. The story is sprinkled with a message about believing in yourself, and also holding fast to your intuition and judgement of others. Here we go…

何年か前にミーシャが個人的にものすごい影響を受けた話をみなさんに紹介したい。それは、史上最上級ビジュアル アーティスト、メイク、フォトグラファーのセルジュ・ルタンスと著名仏日文化人のフランソワーズ・モレシャンによる話。そこには”自分自身のセンスを絶対に信じること”そして“他人を批評することの影響”というメッセージが込められている。さて… lutens3

villains-maleficent-angelina-jolie

So you’re not a superhero? Then be a villain.

There’s been a lot of colorful, cartoon-y, happy, lovely and otherwise totally cute fashion in trend these days. WTF. Villains are people too, and judging by the hype around the new Maleficent movie featuring Angelina Jolie as the anti-hero in Sleeping Beauty, villains are also pretty damn popular. I mean, if you can’t be good, why not be bad? This is a celebration of the most wonderfully villainous looks from FW 2014, and a Tokyo shopping guide on how to get the look now. Black is ALWAYS the new black, baby.

ヒーローになれないなら悪役に徹するべし。

最近は、カラフルでキャッチーなキュート系ファッションがトレンドになる傾向がある。一方で、悪役キャラクターにも注目が集まっていることは事実。アンジェリーナジョリーが眠れる森の美女の魔女、”マレフィセント”を演じる映画も話題になっているよね。悪者たちも最近はめちゃくちゃホットなトレンドのひとつと言える!ファッションの面では、みんながいい子ちゃんで居る必要なんてない!バッドガールたちもクールよ!ここで、2014秋冬のルックの中から最もパワフルな “Villains! ~悪役~ファッション” をピックアップ!さらに今東京でこのルックをゲットするハウトゥーも紹介します! ブラックはいつも最先端を走っているのよ、ベイビー!

villain-alexander-mcqueen-autumn-fall-winter-2014-pfw19

Alexander McQueen

commedesgarcons_spring2014_17

Expectations can make or break success. Tokyo relies on some of the most amazing stereotyped PR of high expectations called “Kodawari” to stay as one of the most beloved cities to visit, and one of the most amazing places to find fashion in the world. But what happens when the bar is set so high and expectations for even the smallest thing are not exactly met? Commence…”volcanic irritation”!

世界に通じにくい “こだわり” にこだわるには?

ファッションは もちろん、その他にフードやサービス業においても、色んな意味で東京は世界一 “こだわる”都市。そういう風にPRしてきたけれど、東京が様々な面に いつまでも “こだわる” ことで自然にハードルがあまりにも高く設定されすぎて、それを越すことができないと逆に印象が悪くなったりしない?

kodawari-sushiYou know “sushi” but do you know “kodawari”?  世界的に”すし”は通じるのに、”こだわり”はまったく通じない picture by Andrew Archer

Screen shot 2014-04-10 at 4.29.01 AM

I stood still in the middle of Shibuya scramble crossing one spring day when I was 18 years old, the crowd swarming around me in all directions like koi in a pond. J-pop played on the jumbo screen, it was a mix of words I could and couldn’t discern. It felt energetic…like a vortex, some kind of gravitational pull into an unknown planet in the center of some dream-like universe. I have always been a person of extremes; either go really safe or just go wild, quit cold turkey or inhale at once. So for American me to make a decision like this was a life-altering sacrament. I decided: “I’m going to live RIGHT. HERE.”

Well, I never expected this day to come, or that I would ever actually be saying this out loud, but I have lived in Tokyo… for TEN years! I know you all can count, but that’s 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 (!) years in one of the places considered *most* different from the culture I grew up in… (and oh how grateful I am, because I couldn’t have made it this far without lots of support…..) There is so much I have learned in these 10 years, not only about living in Tokyo, but about working in fashion in general.

ミーシャの周り360℃人だらけの渋谷スクランブル交差点、真ん中にひとり立っていた18歳の春。まだついこないだのような感じがする。流行りのJ-POPが大画面で流れて、そこには理解できる言葉とできない言葉が混ざってた。やる気に満ち溢れ、なにか大きな力によって夢の中の知らない惑星に引き寄せられたような感覚だった。極端な性格で、堅実に生きるのかワイルドになるのか、自立するのか甘えるのか.…そう、アメリカ人のミーシャは人生の誓いをたてて生きてきた。 そして、あのとき”ここ”で生きていこうと決めた。

こんな日が迎えられるなんて思ったなかった。しかも、それをこんな風に公言する日が来るとも想像してなかった。….ミーシャ、東京に来て10年経ちました!ミーシャの育った環境と180℃違う文化のこの場所に1、2、3、4、5、6、7、8、9、10年!皆さんの支えがなければ絶対にできなかった。とても感謝しています。この10年間で学んだことは数知れず。東京で生きてく術だけじゃない、ファッション界で生きて行くということとか。

roggykei

comme-des-garcons-autumn-fall-winter-2014-pfw8

I have found the most comfortable avantgarde fashion in the history of things.

 ​The idea of “comfort” comes up a lot in the discourse of avantgarde fashion, and it makes sense; avantgarde is never meant to be comfortable, it is the antithesis of comfort. It’s is about design and aesthetic. High fashion is not *supposed* to be comfortable!! 

But WAIT. What I am about to say may come as a shocker, but in one of the most successful “mode” brands on the planet, I have found the most comfortable clothing…
 
ファッション史上いちばん着心地がいいアバンギャルドが現れた! 
 
ファッション界では”アバンギャルドファッションに着心地を求めるのはご法度”と言われてきた。うん、納得できる。 アバンギャルドはデザイン性や芸術性にこだわったもの。そう、着心地を追求してものづくりをしてるわけじゃないの。
ちょっと待ったー!ショックかもしれないけど、心の準備はOK?なんと、とってもコンフォータブルな服を、この星でもっとも大きな成功を収めたモードブランドのひとつ、あのビッグブランドで見つけてしまった!

comme-des-garcons-2014-winter-3