Categories
Fashion News | 最新情報

BONZAI TREES AND NON-IVY LEAGUE, ALL PART OF THE MAISON KITSUNE WORLD. BEAUTIFUL SHOP N’ CAFE OPENED IN TOKYO!

合い言葉は2文字、“盆栽”。本日オープンのKITSUNEが仕掛ける新スポット、ブティックと禅カフェで精神を統一すべし!

kitsune-0339Two words: Bonzai Tree. Oh, two more: Omotesando Coffee. Reason enough to go have a chic-zen moment at the new Kitsune Cafe and boutiques that just opened today on Omotesando.

メゾンキツネの2店ショップとカフェがいよいよ東京にOPENしました!

 Photos by Mami Tanabe for TfD

kitsune-0302

kitsune-0297

kitsune-0284

kitsune-0250

kitsune-0241

“Kitsune” is a Japanese fox who in mythology is a trickster that can transform into many shapes. Kitsune then chose this as the name for their brand in 2002 because they encompass so many different arenas of creativity. Many of us probably learned of Kitsune through their music label and DJ performances, but Masaya Kuroki and Gildas Loaec also are the pioneers of the new Parisian Prepster style with their Maison Kitsune fashion label. It’s become so popular that it has its own flagship shop in Paris (check out my report from December when I visited here), New York, and now FINALLY Tokyo. We say “finally” because thees two best friends got the inspiration for and their career starts here in Tokyo. Now they are based in Paris though (and they are also now head designers of French brand Petit Bateau).

日本古来より伝わる狐伝説、幾つもの顔を持つ魔性の存在として数々の逸話が残されるこの生き物にまた新たな顔が加わったのが2002年のこと。ある時はミュージックレーベル、ある時はDJユニット、そしてまたある時には洋服ブランドとしてフレンチシックなプレッピースタイルの申し子として世間を賑わして来た。そのブランドを象徴するフラッグシップストアは2008年のオープン以来多くのパリジャンを虜にし(昨年12月のパリレポート参照)、その後ニューヨークにも旗艦店をオープンしてきたが、ついに本邦でもKITSUNE旋風が巻き起こる時がきたようだ。レーベルネームからも分かるように、日本からインスピレーションを受けて活動しているこのブランドが、この東京という地でどのようなビジョンを展開するのか、業界内外が注目するこの新店舗に一足お先にお邪魔してきました。

kitsune-0301

kitsune-0263

kitsune-0279

kitsune-0248

kitsune-0245

So I got to talk to the two guys again yesterday, after visiting the boutique (a huge, wide-open space) and then down the block is Cafe Kitsune which is totally awesome.

This of Japanese garden-meets-French-maison. The entrance is all bamboo like you’re going to a traditional Japanese restaurant, but then inside the wallpaper is a mix of POP-ified French and Japanese traditional motifs. The clothes sold here are a bit more casual and colorful street-style as well. 

広々としたブティックと、そこからほど近いところに建てられたカフェ・KITSUNEをお邪魔させて頂いたあと、デザイナーの二人と話をさせてもらうことガできたのでその様子を少しお届けしたいと思います。
 
まずこちらのカフェ、日本古式の住居を思わせるバンブー装飾のエントランスを抜けると、ポップな家紋が印象的な店内が現れる。 こちらのカフェではちょっとした小物や洋服も販売しており、カラフルなアイテムと日本のトラディショナルなインテリアが醸し出す和洋折衷スタイルがモダンな印象。

kitsune-0348

kitsune-0331

kitsune-0343

 

kitsune-0333

AND!!!…there’s a Bonsai Tree. “We have this specialist come in, and he takes care of it. It’s 50 years old, you know!” said Masaya to me, and I joked about their “Bonsai Babysitter”. But being so attentive to detail is what makes their brand and music so popular. Simple, but super high-quality. That’s their motto. Gildas and Masaya also told me that it was super hard to get the attention of the press in Paris, and they had no choice but to keep on doing their own thing because it didn’t matter anyway. “You know, to be a new or young brand in Paris is tough, because you’re competing with LVMH (Louis Vuitton etc) brands.” 

Here at the cafe they are serving Omotesando Coffee which is this super buzzed-about tiny little coffee stand that was only supposed to be open for a short time but proved so popular it not only stayed open, but now it’s been hired by Kitsune! Aside from coffee there’s also the Omotesando Coffee little cube cakes which have been talked about all over the internet. And that’s all. Again, simple but super high quality.

そして個人的にグッと心を掴まれたのが、入り口を入ってすぐのところに鎮座する盆栽!盆栽ごときになにを、と思うことなかれ、デザイナーのMasaya曰くこのディスプレイのためにKITSUNEチームは特別に熟練の盆栽職人を雇い、樹齢50年の本物の松を取り寄せたという本格派。この細やかなディティールへのこだわりこそ、このブランドないしはミュージックレーベルをここまでのし上げて来た秘訣だということを思い知らされた。事実、ブランド立ち上げ当初から“シンプルかつスーパーハイクオリティ”をモットーに活動し続けてきた彼らは、時にはその見えないこだわりから地味だと揶揄されることもあったようだが、それでも彼らの意思は曲がらなかったようだ。“パリで新人ブランドとしてやっていくということは同時に、LVMHをはじめとする世界の競合と戦わなければならないということだから簡単ではなかったよね。”と語るもう一人のデザイナーGildas。
 
ちなみにこのカフェは、インターネットで火がつき瞬く間に話題のカフェとなったあの表参道カフェがやっているそうで、こちらでは同じく話題のあの“コーヒーキューブケーキ”も提供されるとのこと。ラインナップはコーヒーとこのケーキのみ、やはりこちらでも、シンプルかつスーパーハイクオリティ。

kitsune-0330 kitsune-0323 kitsune-0324 kitsune-0328

So congrats to Kitsune, and these two spaces are definitely going to be must-visits on Tokyo shopping scourges. I`ll be happily meeting friends at the Kitsune Cafe from here on, too. 

もちろん肝心のブティックのほうも、隅々までこだわりの行き届いた快適なショッピングスポットとなっており、今から表参道の話題スポットとなることが目に見えるよう。そして足を休める人のための、カフェも。

kitsune-0237

 

〒107-0062 東京都港区南青山3-15-13     (Shop)

〒107-0062 東京都港区南青山3-17-1 (Cafe)

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

JUNK FOOD JEWELRY?! REAL YUMMY PRETZELS, CANDY, CHIPS AND MELON BREAD TO ACCESSORIZE THE APPETITE BY ROTARI PARKER

 キャンディにチップス、メロンパン、全てアクセサリーにしたらこうなった!ROTARI PARKERが織りなす、世にも美味しそうなアクセサリー達。

rotari-parker-eatme-21

A potato chip is still a fried potato by any other name… delicious, a beautiful specimen of indulgence, as long as it’s not already being digested. But HOW do we preserve this effigy of yum-yum so that one can always gaze upon it’s glistening glory?
 
Well FEAR NOT. Because now you can not only preserve your favorite snacks, but wear them as high-end accessories and jewelry thanks to Japanese brand Rotari Parker’s well-hidden techniques. Designer Rie Hirota perfected her art a few years ago, and before we go on too much further, remember that these are REAL snacks in her pieces. No fakery here. 
 
例えば目の前に美味しそうなフライドポテトがあったとき、そのままの状態でずっと保存していられたらどんなに幸せか、と考えたことのある人は決して私だけでは無いはず。

 そんな時は、そのポテトをラップなんかで包むのではなくこのアクセサリーを見て欲しい。ROTARI PARKERという名の日本のブランドは、世界初(かどうかは定かではないが,少なくとも私は他で見たことが無い)本物のフードを樹脂でコーティングする特殊技術により見事アクセサリーパーツへと(消化ならぬ)昇華させたのだ。

 
rotari-parker-eatme-16
 
rotari-parker-eatme-15
 
Think of sprinkles, pretzels (regular and chocolate-covered, natch), cornflakes, M&Ms, biscuits, cookies, croissants, sugared toast, gummi bears, crackers, danish cakes, banana chips, potato sticks and even melon bread. You name it, she can encapsulate it. But as an artist, it’s not just about plasticizing goodies, she works on each piece for balance, decoration, humor and adding it to each collection with different themes (er, snacks) every season.
 
今までにこのブランドの手によってアクセサリーへと形を変えてきたものには、チョコプレッツェル、コーンフレーク、M&Mチョコ、ビスケット、クッキー、クロワッサン、バタートースト、グミ、クラッカー、デニッシュケーキ、バナナチップ、ポテトチップス、そしてメロンパン。これを見て、食べ物を樹脂でコーティングしただけでしょ?とうがった見かたをしている人に更に説明をすると、彼女はこれらのフードをれっきとしたアクセサリーパーツとして捉え、定番コレクションに加え毎シーズンテーマにのっとったコレクションを、それぞれに応じたフードパーツを使用して製作しているのだ。
 
rotari-parker-eatme-25
 
rotari-parker-eatme-22
 
rotari-parker-eatme-23
 
rotari-parker-eatme-20
 
I used some of her pieces in a photo shoot recently and they were all so marvelous! I was STARVING the entire shoot. I can’t believe model JUN-chan didn’t try and eat her way through her neck and wrist.
 
そうして完成したアクセサリー達は、コーティングされているにも関わらず本来の美味しそうな見た目を全く損なっておらず、私がこの間撮影で衣装として使わせてもらった際にも現場でずっとお腹が空いて仕方がなかったほど…(アトリエにあった量もすごかった!なかなか決められなくて>_< )
 
harcoza
 
jenny fax
 
rotari-parker
 
Right now, just in time for some valentine’s day goodness, Rotari Parker has set up a small pop-up shop in the front entrance to Laforet. It’s called “Rotari Parker eats Laforet” and there’s tons of new items, like pretzel + gummy bear necklaces and frosted cornflake bracelets. 
 
普段セレクトショップの一画などの限られたアイテムでしかお目にかかれないこのROTARI PARKERのアクセサリー、このバレンタイン目前のタイミングにしてなんとラフォーレのエントランスでポップアップショップを開催中!こちらでは今までのアクセサリーに加え、新作もお目にかかれるとのこと。
 
rotari-parker-eatme-14
 
rotari-parker-eatme-13
 
Also, you can get some online at fashionjp.net! Pretzels for everyone!
 
その他にもfashionjp.netにても取扱しているそうなので、バレンタインプレゼント(そうでなく自分用にでも)に是非見てみてはいかがでしょう!
 
rotari-parker-eatme-17
 
I request my favorite snack: yaki-imo (baked sweet potato).Just stick that baby on a necklace, pronto! And here are lots more delectable photos from her blog and instagram. I couldn’t tell half the time if I was looking at an accessory or a dessert she was eating +_+
 
ちなみに私は最近“焼き芋”にはまっているので近くこれをアクセサリーにしてくれないかとひそかに期待しているのです。 そして、もっと、もっと見たい方は下記、Rotariのブログとinstagramの画像。作品なのか、ただのフードスナップなのな、よくわからなくなっちゃうわ *_*

  

rotari-parker-eatme-11

rotari-parker-eatme-10

rotari-parker-eatme-9

rotari-parker-eatme-8

rotari-parker-eatme-7

rotari-parker-eatme-4

rotari-parker-eatme-2

rotari-parker-eatme-1

http://www.rotariparker.com/

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

P-CHAN DRAWS MANISH ARORA FOR VERMEERIST, THE “MINNIE MOUSE” OF TOKYO TOMOKO INUZUKA.

東京の最強に個性派レディーTomoko Inuzuka!彼女のVermeeristビームスでP-chanとマニッシュ・アローラのイラストで最強なコラボを実現!

vermeerist-catalog

Let’s talk about something happy! Bright! Colorful! Unique! Have YOU been to Vermeerist yet? … I want to bring everyone’s attention to Meiji Dori in Harajuku, where the boutique BEAMS owns a block of shops ranging from a music store to a Tokyo “culture souvenir” shop to International Beams Gallery, a high-end store. Before, you could ignore those and instead steal away to a private 2nd floor boutique to find Vermeerist. Unfortunately, it was closed last year, but instead of shuttering it forever, it has its own special space inside International Gallery now ( a relief it’s still running but I’m totally bummed the boutique closed though T_T) .

This is a special little space, founded by Beams veterans and wife-husband team Tomoko Inuzuka and Katsuhiro in 2003 and the two of them run the entire Vermeerist operation in tandem-all the way down to buying and assisting with sales in the store. The couple is known among the industry for being quite the dressers. Tomoko, for her unique, colorful style that is part retro, part cartoon with bowtie lips (think “Minnie Mouse”), part ethnic, part glamour and always over the top. Katsuhiro also has his own style of gentlemanly chic, but witha  flare for patterns and color. The store reflects their style a lot with a mix of vintage and new items, many of them brands that you would be VERY hard pressed to find ANYWHERE else. Here’s Tomoko:

さてさて、今日はハッピーで、カラフルで、ユニークな話題です!フェルメリストというお店は皆さんご存知でしょうか?明治通り沿い原宿にででーんと構えるBEAMSのショップは皆さんご存知かと思いますがこの系列の中の、CDショップでも、小物などを置いているショップでも、通常のセレクトの店舗でもなく今回紹介するのは、2003年にTomokoさんとKatsuhiroさんという2人によってオープンされ、今までほぼ2人のみでバイイングから販売まで行ってきたフェルメリストというブティック。その前は単独のショップとして経営しており、今はインターナショナルギャラリー・ビームスの一画で営まれているこのお店(お店がクローズした時は大いに悲しんだものですが、小さなスペースとはいえまだその存在が残っていることにホッと一息したものです。)
 
このスペースの発起人の一人、Tomokoさんがどんな方かというと、ユニークでカラフル、そしてどこかレトロでカートゥーンちっく、エスニックな要素もありながらグラマーで、とにかくぶっ飛んでるってこと。そしてKatsuhiroさんの方も、ジェントルマンでシックな装いながらどこかパターンやカラーでいつも遊び心を踏まえたステキなスタイルの持ち主。その2人の世界観が存分につまったこちらのブティックも、ヴィンテージから日本ではなかなかお目にかかれないブランドの新作まで、ファン垂涎のラインナップで多くのファッショニスタを虜にし続けている。

vermeerist-4

STREET FASHION PHOTOGRAPHY BY PAT LYTTLE

From jstreetstyle

 

One of those brands is the inimitable Manish Arora. Where else are you going to find Manish without fail, in Tokyo?! 

中でも特筆すべきは、Manish Aroraを取り扱っているということ。日本でManish Aroraを見られる店舗なんてそうそう無いから、毎シーズン欠かさずバイイングしているこの店はファンの私にとっては天国のようなところ。 

Screen shot 2013-02-07 at 1.51.31 AM

 

To celebrate the release of the new 2013 collection, the shop teamed up with my friend and one of my favorite fashion illustrators Przemek Sobocki (nee P-chan) for a page in their catalog featuring the Manish Arora items.

It’s extremely lovely, take a look. 

 

そして今回、2013年の新作カタログ撮影に際して友人で素晴らしいイラストレーターでもあるPrzemek Sobocki(通称Pちゃん)が撮影に参加し、Manish Aroraの世界観を一冊にまとめたとのことで、見る前から期待に旨を膨らませていました。
 
そして完成したカタログがこちら、想像を遥かに上回るレベルで、可愛い。 
 
vermeerist-beams-pchan

(左)coat¥262,500
bag¥57,750
(右)sweatshirt¥47,250
skirt¥84,000/ALL MANISH ARORA

Photo:Yuya Wada
Illustration:Przemek Sobocki[AVGVST]
Text:Mika Koyanagi

 
 
vermeerist-beams-2
 

There’s also an interview between P-chan and Tomoko online to peruse (Japanese only)

If you’re in the neighborhood, please be sure to stop into Vermeerist, you never know what you’ll find there.

中ではPちゃんとTomokoさんのインタビュー記事も。 
 
他にもいつも新しいブランド、セレクトで新鮮な驚きで迎えてくれるフェルメリスト。近くに行った際には是非足を運んでみて下さい! 
Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

HERE TO PLEASE YOU: TASCHEN RELEASES “PLEATS PLEASE” BOOK WHILE ISSEY MIYAKE FOLLOWS WITH A NEW DANCING PERFUME

 プリーツ、お願い!タッシェンより出版されたイッセイミヤケ「プリーツプリーズ」。このブランドを新目線で見させてくれたのはさすがに、お寿司、アイス、ワインのプリーツ!

pleats-please-issey-miyake-taschen-1

 I sent my coffee table in my living room to the garbage pile with the glass cracked, and since then I have been piling up all of my photography books creating the illusion of a coffee table. Right now on the top of that pile is the “Pleats Please” book just published by Taschen.  

It is not just an homage to the genius that is Issey Miyake’s PLEATS PLEASE brand of clothing, but a thorough look at how it was invented, developed and finally brought to fruition. It’s like…you wonder “Who discovered that mashing up coca beans and adding sugar would make Chocolate?!” or “How did one realize that fermenting cow milk would create cheese?!”. The mysteries of life! Well, with this book, the mystery of Miyake’s impossibly permanently pleated garment, the one that can be washed and squished and stuffed and worn for eons and still keep its shape, is revealed in detail (lots of experimentation, inventing new textiles, turning and twisting a pleat on its axes..yada, yada, ohhh, nothing special).
 
つい最近のことになりますが、リビングルームで溜まりに溜まったフォトブック、雑誌類が積み上がって山のようになってしまい、とうとうローテーブルを処分しました。そうして、テーブルの替わりをなしているその山のてっぺんに今鎮座しているのは、タッシェンより出版されたPleats Pleaseの本。
この本にそこまでの思い入れがあるのは、それが単なるIssey Miyakeブランドのオマージュブックのみに留まらず、その開発から商品化までのプロセスなど具に記されているから。まるで、カカオの豆を潰して砂糖を混ぜようとした先人や、発酵したミルクからチーズが生まれることを発見した人の話を聞いているような、生命の神秘にも似たドラマがそこにあるからなのです。同ブランドのシグネチャーでもあるこのPleats Pleaseは、テキスタイルの魔術師Miyake氏の作品の中でも最大の功績との呼び声高い素晴らしい発明。普通その折り目をキープするのが難しいプリーツを、半永久的にフォルムを保て、その上水で洗うことも出来るミラクル素材に作り変えたもの。その開発に至るまでにはもちろん、想像を絶する実験の繰り返しがあるのですが、その様子もこの本から手に取るように感じられるのです。

pleats-please-issey-miyake-taschen-13

 

pleats-please-issey-miyake-taschen-11 

I love the digital prints, and am amazed at some of them like in the Guest Artist series. 

そしてこのシリーズの中でも個人的にお気に入りなのが、デジタルプリントを施したアーティストコラボシリーズ。 

pleats-please-issey-miyake-taschen-4

pleats-please-issey-miyake-taschen-5

pleats-please-issey-miyake-taschen-6

pleats-please-issey-miyake-taschen-7

pleats-please-issey-miyake-taschen-10

pleats-please-issey-miyake-taschen-12

 My image of Pleats Please was that for women who travel who might be older and given up on dressing in fancy clothes on trips. And then I saw how well Susie Bubble made the line look young and fresh and my interest was piqued. Since then I have watching it, collecting anectdotes and editorials, and even advertisements. My FAVORITE are the sushi  and 2012 40th anniversary “Delicious” ads!

このラインについて知った当初は、そのクラシカルな出で立ちから年配の女性が着るものだと勝手に決めつけていた私だが、いつだったかかのスージーバブルが若々しくこのドレスを着こなしているのを見て以来、すっかりそのフレッシュな魅力の虜となり、その後この洋服が使用されている広告やエディトリアルを集めるようになったのです。特にこのお寿司の写真なんか、最高じゃない?

7b6e79d27620e3943e831c92e70187efd844_w470

Susiebubble pleats-please-issey-miyake-taschen-2

pleats-please-issey-miyake-taschen-3

PL_WINE_A4POP_OLtoGo130212

pl-pl-happy-anniversary-2

プリント

プリント

プリント

プリント

Looking at them again, I see just how true it is that these clothes do NOT go out of style. I know it’s not how the fashion cycle works, but oh how I wish I procure some archives!

そんなことを思いながらまたしても本に手が伸びる。このタイムレスな洋服を眺めつつ、昔のコレクションを見てアーカイブが欲しくなるのは、わがままかしら。

pleats-please-shoot-1 pleats-please-shoot-2

pleats-please-shoot-3

pleats-please-shoot-4

Dazed and Confused June 2012
Photography 
Alex Sainsbury

Styling Robbie Spencer

Also, the PLEATS PLEASE brand has just released its first ever fragrance. The first people to ever wear the PLEATS PLEASE brand were dancers, so to celebrate there is a dance performance being held at Tokyo Midtown next wed. 31st. 

Miyake sure is a mad genius… and while Pleats Please has been around for many decades now, Miyake hasn’t relented on inventing new clothing. You HAVE seen his new “132 5.” origami brand right?

 加えてこのPLEATS PLEASEブランドから、初のフレグランスが先日発表されるそう。それに合わせて来週の水曜日、六本木ミッドタウンにてダンスパフォーマンスを融合したお披露目会を開催するそうで、こちらも期待大です!

発明者であるMiyake氏はPleats Pleaseのみに留まらず、その後も折り紙の技法を応用した132.5シリーズなど素晴らしい発明を発表している。本当、天才としか言いようがない。

IM10.Pyr 045

24名のダンサーによるパフォーマンス(演出:ダニエル・エズラロウ)
2013年1月30日(水)、新香水の日本発売に合わせ、ダンスパフォーマンスを行います。
PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKEの喜びをテーマにした、ユニークなダンスパフォーマンスをお楽しみください。

【会場】
アトリウム

【開催日時】
2013年1月30日(水)
16:00(開場15:30)、19:00(開場18:30)

観覧ご希望の方は、下記のウェブサイトよりお申し込みください。
http://www.pleats please.com
※各回先着200名。受付開始2012年12月1日(土)最新情報はウェブサイトにてご確認ください。

 

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Inspirations | インスピレーションの源

BERGDORF GOODMAN’S MOST WONDROUS WINDOW DISPLAYS IN HISTORY: ART DECO

バーグドーフグッドマンのウィンドウディスプレイは1920sアールデコのファタジックな世界への窓

bergdorf-1

I will never tire of the window displays at the legendary magasin in New York City known as Bergdorfs. And nothing, NOTHING tops the incredible worlds of wonder they produce for the holiday season. Sometimes, I think I keep coming to New York for the holidays just to sneak up to Midtown and take photos. It’s my own version of Audrey Hepburn staring lovingly at the jewelry windows in Breakfast at Tiffany’s.

ニューヨークの冬の風物詩といえば、老舗デパートBergdorf Goodmanのウィンドウディスプレイ。毎年趣向を凝らして制作されるこのアーティスティックなクリスマスディスプレイは、ニューヨークのみならず世界中のファッショニスタを虜にし続けている。かくいう私も大ファンの一人なのだが、去年に引き続き今年もクリスマスをニューヨークで過ごしこのディスプレイを写真に収めながら、今後もこうして毎年これを見るためにニューヨークに来るのではないかとさえ思えた。言うなれば、私の中では映画”ティファニーで朝食を”のティファニーのディスプレイに等しいのだ。

bergdorf-5

bergdorf-goodman-windows-2013-9

So the theme this year had me palpitating….”BG Follies”, in 1920s Theatre style. Explained: “The visual team spent over a year creating this extraordinary homage to Vaudeville Reviews, Busby Berkeley’s Hollywood musicals and the sumptuous atmosphere of the Ziegfeld Follies”

The Ziegfield Follies was a theatre production of song and dance and it DEFINED the style of the imaginative 1920s art deco clothing (Erte even designed many of the costumes!).

“Busby BerkeleyのハリウッドミュージカルやThe Ziegfeld Folliesにみる豪華絢爛な世界観への壮大なオマージュとして制作された今回のディスプレイは、我々ヴィジュアルチームの手によって一年以上の期間を費やして完成されました”との説明が添えられた今年のディスプレイのテーマは“BG Follies” 1920年代に人気を博した演劇であるThe Ziegfeld Folliesは、その音楽やダンス、そしてもちろん衣装の芸術性の高さからアールデコ期の象徴として知られており、その世界観がぎゅっと凝縮されたこのディスプレイを見ていると自然と胸が高鳴るのがわかった。

bergdorf-4

bergdorf-goodman-windows-2013-6

bergdorf-goodman-windows-2013-7

bergdorf-goodman-windows-2013-8

 

bergdorf-2

bergdorf-goodman-windows-2013-2

bergdorf-3

bergdorf-goodman-windows-2013-5

bergdorf-goodman-windows-2013-4

bergdorf-goodman-windows-2013-3

In Bergdorf’s windows we have circus acts, jazz music, socialites, and singers. In the audience everyone is quite scandalous….one woman steals a kiss with a theatre usher who looks like Santa Claus, while two women have a bitch-slap fight over binoculars. Which window is your favorite?

近づいて見てみると、サーカス団のメンバーやジャズの演奏隊、シンガーなどがショーウィンドウの中に。オーディエンスももちろん着席しており、中には隣の観客からキスを奪おうとする奔放なレディや、オペラグラスを巡ってキャットファイトを繰り広げる女性二人など、ディティールにまで及び楽しませてくれた。

bergdorf-goodman-windows-2013-15

bergdorf-goodman-windows-2013-13

bergdorf-goodman-windows-2013-14

 

bergdorf-goodman-windows-2013-12

bergdorf-goodman-windows-2013-11

And never to leave Bergdorf’s empty-handed, I went in and came out with a gift in new Chanel nail-polish

もちろんBergdorfに来たからには、手ぶらでは帰れません!ということで、私は自分用に新しいシャネルのネイルポリッシュを手にウィンドウを後にしました。

bergdorf-goodman-windows-2013-10 

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

THE WONDER-STRANGE OF WHITE: VISITNG THE MARTIN MARGIELA-DESIGNED HOTEL-RESTAURANT IN PARIS.

不思議かつ素敵なホワイトな世界に染まるマルタン・マルジェラによるデザインされたホテルとバーに訪れてきました。martin-margiela-hotel-1

Unless you are a die-hard fan of Martin Margiela, you probably wouldn’t know that he actually designed a hotel and restaurant in Paris. I wanted to check it out, so when I was in Paris I ventured over to Champs des Elysees and a small sidestreet where the hotel, appropriately called “The Maison des Champs Elysees” stands. It’s got 57 rooms so a bit big for a boutique hotel, and the rooms are extremely minimal…..and white. What a surprise! It’s Martin Margiela, after all! I was perfectly happy with The Mandarin Oriental hotel so didn’t book or go into the rooms. But they did have a restaurant and bar, called “Le Table 8” and that I could wander into freely as a curious consumer…
 
日本でも今だに熱烈なファンが多く、先のコラボシリーズでも大いにメディアを賑わせたマルタン・マルジェラ。しかしそのマルジェラがデザインしたホテルとレストランがパリにあることを知っている人はどれほどいるだろうか。事実、今回のパリ滞在中に見学させて頂いた私も今回このことを聞いて驚いたものだ。そのホテルというのは、シャンゼリゼ通りからすこし離れた小道を進むと突如姿を現すThe Maison des Champs Elyseesと名付けられたもの。客室数57の、パリでは比較的大きなブティックホテルだ。そして肝心のそのデザインはというと、もちろん一環したミニマルスタイルで、どこまでいっても真っ白だったのが印象的だった。そして同じくこの建物内に作られたレストラン&バーLe Table 8にもお邪魔させて頂いた。
 
martin-margiela-hotel-8
 
(As an aside, talking about Martin Margiela I am reminded of a teacher at Bunka Fashion College when I was there who was the BIGGEST MM fan. I saw his interview in a bilingual magazine as a part of a column called “Fashion Victim”. So anyways, he was obsessed with MM and had a huge collection…it was all he would wear. He had them meticulously stored in his tiny apartment under a canvas cloth..white, of course. On campus no one knew his real name, everyone referred to him as “Margiela-sensei”. I have no idea if he still works there or if he still buys MMM clothes since he’s not at the brand anymore. Anyway, this has nothing to do with anything so I digress…)
 
余談にはなるが、私がマルジェラと聞くと真っ先に思い出すのが文化服装時代にいたある講師。彼は文化で教鞭を揮いながら、彼自身自他ともに認めるマルジェラファンで、ある外国雑誌でファッションヴィクティムとして紹介されていたほど。そんな彼のワードローブは、もちろん全てマルジェラ。山のようなコレクションを、自身のアパートに綺麗に陳列し、キャンバスのカバー(もちろんこれも、白)をかけて保管していた。彼の本名は誰も知らず、生徒一同はマルジェラ先生と呼んでいた。彼がまだ学校にいるのか、はたまた未だにマルジェラの服を買い続けているのか(デザイナーも交代したし…)分からない。
 
martin-margiela-hotel-4
 
I went at about 3 or 4pm so the restaurant was pretty much empty save for a man and woman having a business meeting and two nouveau riche ladies having a big late lunch. It was pleasant and quiet. The chairs were all of random and varying sizes and styles and all covered in sheets like the place was getting ready to be painted. The table closest to the entrance was huge, like something The Mad Hatter would sit in in “Alice in Wonderland”. Then the tables and chairs in the center all appeared to be “floating” off the floor- very supernatural. Naked body forms line the hallway and the corridor that leads to the rooms was walled in curtains.
 
話は戻って、マルジェラレストラン。私が入ったのは午後の3〜4時で、席はそれほど満席ではなく待たされることなく通された。辺りを見回すと、何組かのビジネスマが午後のミーティングをしていたり、見るからに生活に潤いのあるマダム達が遅めのランチと思わしき料理を前に談笑していた。フロアに置かれた椅子は全てランダムなデザイン、サイズで、その様子は今からそこにペイント作業が始まるかのような雰囲気が感じ取られた。そしてフロアの中央エリアのテーブルとチェアは、まるで宙に浮いているかのような印象だった。ディティールまでに及んで、どこか超現実的なマルジェライズムが貫徹されていたのはさすがの一言。
 
martin-margiela-hotel-2
 
martin-margiela-hotel-3
 
martin-margiela-hotel-6
 
martin-margiela-hotel-7
 
Aside from these wonderfully strange details, it is a very sleek and chic atmosphere and big enough to hold quite large parties. 
 
スリークでシック、こんな場所でパーティーができたら面白そう。そんなことを考えながら好奇心旺盛な子供のように店内を見回していた。
 
17 rooms were also designed by Margiela:
17個ものスイートルームもMargielaのデザイン:
martin-margiela-hotel-9
 
martin-margiela-hotel-10
 
 
I wasn’t hungry so I settled on a cafe latte with soy…but they were out of soy so normal milk had to do. It wasn’t too expensive, maybe 5 or 6 euros and was quite substantial and frothy in a milkshake glass. It was a quick in and out and snap of the camera. Next time I would surely like to try a meal here because I am a vain fashion sheep like that. But not a victim. Yet. Baah!
この時は残念ながら空腹ではなかったのでラテをすするまでに留まったが、こんど来た時には是非ちゃんと食事をしにまた訪れたいなと思った。料金設定もかなり良心的(ラテで大体5〜6ユーロで、大きなグラスに注がれて来た。)で、サービスもまずまず。ファッションヴィクティムでない私でも、これはなかなか気に入った。
 
martin-margiela-hotel-5
 

 

Martin Margiela Hotel HP

 

Categories
Fashion News | 最新情報 Tokyo Brands | 東京ファッション

BUBBLES HARAJUKU IS MORE THAN JUST AIR. POPULAR SHOP OWNER “COI” TELLS ME ALL ABOUT IT

 原宿の空気を吸い尽くす、巨大なシャボン玉ここにあり。カリスマショップBubblesのオーナーCoiちゃんがその人気の秘密を公開!bubbles in the senken

Street style for men in Tokyo has been getting a fair chunk of the world’s attention lately, and with good reason – a Harajuku boy can rock deconstructed jackets and long skirts like no other. But where are my ladies at? They still know how to innovate, and this is especially apparent in the niche used-clothing styles that are keeping Tokyo’s fashion subcultures on the map. Three of the city’s most popular are “forest girl”, “80s disco”, and “neo vintage mix”, and I set out to find the girls who are making and cultivating these genres into successful new style trends.

世界が注目するストリートスタイルの宝庫といえば、我らが原宿の右に出るものはいない。特に近年、男の子達のファッションの躍進には目を見張るものがあり、何でもない日常でもスカートなどのフェミニンな装いを取り入れたスタイルがよく見られるようになった。そんな中、女の子達のファッションはどうなっているかというと、もちろんこちらも負けてはいません。中でもヴィンテージの洋服を取り入れた、独自のスタイルを提案する女の子のショップオーナーに注目が集まっている。今回は東京のストリートでも特に人気の”森ガール”、“80sディスコ”、そして”ネオヴィンテージミックス”の3つのスタイルに着目し、それぞれのスタイルを牽引するショップオーナー達のインタビューを交え分析していきます!
 

This paragraph is the opening to an article I wrote for The Senken Newspaper, a daily fashion and apparel newspaper in Japan but also available in Paris and Tokyo during fashion week. It’s titled “Tokyo’s Girl Trend Setters are Behind the Registers” and I interviewed 3 leading ladies of fashion in Japan for it. Please pop over and read it online (In English only) . Everyone is so busy that it’s hard to sit down with people and hear their stories, so I was glad to have the excuse to get a one-on-one. Since I could only fit a couple hundred words onto the page, here are their interviews more in-depth.

今回この冒頭のイントロダクションで始まる記事を、“Tokyo’s Girl Trend Setters are Behind the Registersと銘打って繊研新聞で書いたのですが、普段多忙な彼女達のインタビューはあまりに興味深く、新聞の文字数では足りない!ということでここで未公開トークも交えて披露したいと思います!ちなみに原文の記事はオンラインでもご覧頂けるので、英語の勉強がてら読んでみてもいいかも!(英文記事)

*Let’s start with my first interviewee, Coi the head honcho and used and new boutique Bubbles in Harajuku. It opened in Feb 2011 and Coi was about 27 when she jumped ship at her previous used-clothing shop position at Kinsella. She took 7 years of experience in that market and decided to open a shop that more suited her tastes….

Coi: I knew about the malls, like 109 and Laforet but to me, I wanted to wear things that were more “free”. I was working at a [famous] place called Kinsella in Harajuku and learned the ropes there. My boss told me one day, “If you want to start your own shop, I`ll help you out.”

まず最初は、原宿で今ヴィンテージスタイルのリバイバルに一役を買っている人気ショップ、BubblesのオーナーCoiちゃん。この店が出来たのは2011年の2月。当時27歳だった彼女は、もともとヴィンテージショップKinsellaで7年働いており、そこで得た知識と自分のスタイルを武器に、このヴィンテージ激戦区で新しいショップの門を叩いたのだった。

Coi: 古着はずっと好きだったね。もちろん、109とか、ラフォーレとか、ああいうショッピングセンターは頭に入ってたけれど、もっと自由なものを着たいな、と思ってた。KINSELLAで販売とかしてそこでいろいろ学んだけれど、上司に「自分のお店やってみたいなら支援してあげるよ」と言われたのがBubblesのきっかけ。

 

*I started to really pay attention to Bubbles last Dec when I heard news they were moving to a new location right off of Meiji Dori. I thought how amazing it was that a new shop was already moving to a better place from popularity! Well… 

Coi: I`m super lucky that everyone thinks we moved because of just popularity, but to be honest our new store is a little bit smaller than before. The truth is our past owner was a little bit strange and unfair and wouldn’t renew our lease even though that’s what we were promised. So I had to pack up my shop and move it away! One of the most stressful things I’ve been through!

私がBubblesに注目し始めたのは、去年の12月に前あった場所から現在の場所に移転した時。まだ出来たばかりのショップが、オープンから短期間でほぼ路面の立地に移転するなんて、ただものじゃない!と思ったのだった。

Coi:みんな今の場所に移転したのは、人気があったからだと思ってくれてて嬉しいんだけど、実は今のショップは前と比べて少しだけ小さいの。あとは、前の大家さんが凄い変な人で、契約の時は何もなかったのにある日突然更新を打ち切られて、それで移転したの。そんなこと最初は考えてもなかったから、突然のことに慌てて全て荷物を詰め込んで引越ししたな…あんな大変なこと今まで経験したことない!


*Bubbles has a rather unimposing atmosphere, and is decorated kind of like the bedroom of a girl in her 20s who doesn’t want to grow up and still nostalgic for the 70s, 80s and 90s (but also wants some MiuMiu). There’s even a Mac computer on display (is it still there?) like any stylish girl would have. That, and funky bags and backpacks strewn from the ceiling and closets full of mom’s cool vintage clothing. For the interview, Coi herself was wearing flat sneakers (she was on a bicycle), a vintage MiuMiu dress, huge gemstone costume jewelry and an NBA basketball cap. Just try and make THAT fashion cocktail yourselves! Caution! Not for the amateurs….

Coi: I just wanted a store full of stuff that I liked. And I didn’t even really have an idea or concept until 3 months before we opened. I don’t even have a name for my personal style, even though I get asked to tag it as something all the time [oops, sorry for asking!!]. I used to like 70s style a lot but now I`m more into the end of the 70s into the 80s.. a big mix. But now the 80s stuff is starting to run out. It can’t last forever! We’ll have no choice but to move onto the 90s eventually before 80s stuff gets too expensive. I go on buying trips once about every 3 months to the US. Where do you recommend I go, Misha?

Bubblesといえば、20年代の女の子のベッドルームのような印象のインテリアがまず思いつく。そこに70s、80s、90sのテイストがミックスされて、でもなぜかMiu Miuだけは手放せなくて…という女の子の心情を上手く表しているような。 そして店内には、オシャレ女子の必需品Macコンピュータもインテリアで使われており、天井からはファンキーなバッグやバックパックがぶら下がっている。そして壁には一面のクールなヴィンテージの洋服。このミックス感はもちろんCoiちゃんのセンスが反映されたもので、彼女は今回のインタビューの際にもフラットスニーカーに、Miu Miuのヴィンテージドレス、巨大なビジューネックレスにバスケの選手がかぶるようなキャップを身につけていた。もしこれを見て、うちにある洋服で真似をしてみたいと思ったあなた、これはかなりの上級者向けだから気をつけてね!
 
Coi: とにかく私が大好きなものでお店をいっぱいにしたかったの。だからお店のコンセプトも後回しで、オープン3ヶ月前にようやく決めて、みたいな。ちなみに私のスタイルはなにに当てはまるのかってよく聞かれるけど、それも分からないの。70sも好きだけど、その終盤から80sにかけてをざっくりミックスしたのが好きで、 最近は80sの割合が増えてるかな。 いつも好きなものが変わっちゃうの!でも80年代の洋服って高いから、90年代のものにシフトしようかとも思ってる。あと洋服の買い付けは3ヶ月に一度アメリカに行ってるの。どっかアメリカでいいところ知ってる??

*I had no idea, sorry…I`m in Tokyo 11 months of the year for the past 9 years….. but back to Bubbles. I spent one entire afternoon perusing her blog because she puts together some really great outfits that have an air of maturity to them, but still experimental enough to play a leading part of Harajuku culture. This blog helped spur Bubbles to instant buzz…

Coi: I really was surprised that people knew about my shop so quickly. Especially since I was doing everything myself and couldn’t do tons of proper PR. But you know, everyone gets excited about a new shop, the hard part is keeping them interested.  So I would put up lots of posts on my blog…. but then something terrible happened. Apparently one of my ideas from my shop was copied by another store. I couldn’t believe it. I felt really hurt…we are all just trying to keep Harajuku exciting and fresh and make our own way and stay in business. So now I don’t know if I should put anything on my blog anymore… even though some customers see something they like there and then come in to buy it. It puts me in a difficult position.

*あんまり分からないかな…東京に出てきて9年、一年のほとんどを都内で過ごしてるから笑 ところでこの前、お店のブログを見ていたら凄く面白いスタイルがいっぱい載ってて、結局半日見続けちゃったの。どこかマチュアなんだけど、実験的でもあって舌を巻いたわ。やっぱりブログの反響はある?

Coi: 私自身、みんながこんなに早くお店のことを知ってくれたのには驚いてるの。だって最初はバタバタしすぎてろくなPRもできなかったし。でもやっぱりみんな新しいお店には常にレーダーを張ってるみたいで、むしろこれからが大変かなと思ってる。 そのためにブログを使ってたんだけど、この前それでひどいことがあって、私がブログに載せたアイデアを他のショップに盗まれたの!私たちは自分で考えた方法で原宿に刺激を与えたいと思ってやってるのに…だからあんまりブログに載せすぎるのは良くないのかなとも思うけど…でもお客さんでブログを見てくれている人がたくさんいるのは分かってるし、なかなか難しいかな… 

*I asked about an online shop then, and she explained she was setting one up as we were speaking….herself. She does her shop’s main website as well, and pretty much everything else. POWER! Gurl keeps the reins on and won’t just relinquish to anybody. Sometimes being a female and trying to grasp so much power is looked down upon in Japan. It’s far too “masculine”. What does Coi do when she has doubts?

Coi: Ari who owns The Virgin Mary is kind of my friend-slash-mentor and she gives me advice or stops by to see me. After six months I realzied how tough running a store was…I wanted to really do everything myself and control it all. I guess it’s like a maternal instinct a woman might have. This shop is my baby. But men are able to delegate and leave work to others which allows the business to get bigger. I have to work on that, I guess. 

そうして話はオンラインショップの話題に。彼女は店舗の他にオンラインショップも近日オープンする予定だそうだ。今でさえお店の他にいくつもの仕事をこなす彼女。なんでも出来るパワーウーマンのようだが、この東京で女性がパワーを持ちすぎると多少なりとも不便が生じてくるもの。そんな彼女が道を迷ったときどうしているのだろう?

Coi: The Virgin MaryのオーナーのAriちゃんて子がいて、彼女は私の親友兼メンター なんだけど、私が困ったときには彼女にアドバイスをもらうようにしてるの。お店をオープンして半年経ったとき、その大変さを身に染みて分かったんだけど、やっぱり自分で出来る限りはやりたかったし、多分女性特有の根性強さが幸いしてなんとか切り抜けられたの。このお店は私の赤ちゃんみたいなものだからっていう考えもあるけど、でもそういう時に男性のビジネス的なやり方も必要なのかなと思って、今はそっちに頭がいってる。

*It must be really exciting though, to have so much influence and see your concept of fashion being put into practice on the streets of Harajuku with your customers.

Coi: *silence*

*Girl, you are totally influential! You know that, right?

Coi: I try not to acknowledge it…I think it’s better that way now, to not let it go to my head or influence me.

*Ok, but all of your fans love you. I know they’re there…

Coi: *silence*

*I’ve seen them on Twitter. They want to know when you’re working in the store! I KNOW you have fans!

Coi: ….I try not to think about it. It’s a funny thing. Of course I’m happy and thankful. But recently I`m not in the store as much, I`m doing back-end things.

*Cool cat, I see. 

*でもやっぱり原宿で、自分のスタイルをみんなに認めてもらえて、インフルエンサーとして認識してもらえるのは素敵なことじゃない
Coi: *無言*
 
*?だってCoiちゃんは十分人気があるじゃない?
 
Coi: それについては、あんまり意識しないようにしてるの。そこに気が向いちゃうと今の流れを乱しちゃうから…
 
*なるほどね。でもあなたのファンが沢山いるのは事実だからね!
 
Coi: *無言*
 
*Twitterでも、いつ出勤してるのかってみんな知りたがってるし。
 
Coi: …でもやっぱり考えないようにしたいな。もちろん、そうだったら嬉しいけど、実際最近はあまりお店にいなくて裏方ばかりだし….
 
*冷静なのね!笑

bubbles shop

Well, since this interview I didn’t see Coi around much, so she must be growing her balls and getting shit done. Good girl!! Your child is growing up and leaving the home…set it free! (she has a lot more employees to help out now). I suggest checking out her instagram and of course her shop’s blog. She also got her  Bubbles online store set up as well! And the shop’s Twitter account is @BubblesTokyo (Japanese, but you’re jsut going to click on the photos anyway). Bubble go forth and float, up and away~

ここで言っていたように、この後彼女をあまりお店で見かけないようになったのは事実。もちろん見えなくても、きっと裏でお店の為に走り回ってるのは明らかだが。さて、急速に育ってきた彼女のベイビーは、この後どう変化していくのか。いつか親離れは来てしまうのか。でもまぁそんな心配も、彼女の周りの素敵なスタッフを見ればする必要もなさそうね。彼女のinstagram、お店のblog、あとBubbles online storeとTwitter@BubblesTokyoには女の子必見のアイデアが盛りだくさんなので、是非チェックしてみて下さい!

Categories
Fashion News | 最新情報 International brands | 海外ファッション

TWO YEARS SHORT AND THE FASHION WORLD IS AT YOUR FEET. INTERVIEW WITH LONDON BREAKOUT STAR SIMONE ROCHA.

たった2年間で全てのファッション業界の注目を集めたミラクルなUK出身デザイナー、シモンロシャーと独占インタビュー!
simone rocha

Simone Rocha is a hot name from London that has such a nice ring to it, it seems like a brand name that has been tossed around for ages. But instead, Simone is a young 26 year old who JUST finished her MA at Central St Martins and is already well aquainted with the likes of Grace Coddington and all of the biggest fashion publications. She has only produced a few seasons worth of clothes, but EVERY review has been nothing short of glowing.

“Wonderful”, “perfect”, “lovely”, “excellent” are some of the words you see thrown in…. I mean, it’s almost disgusting how well her collection is being perceived by the fashion critics! Can one designer really do so well so young? How much is she paying them??

Well, the truth might suck even more….because at 26 years old her collections are GOOD and they keep getting better. I was introduced to her brand through these photos:

ロンドンで生まれたブランドSimone Rocha。今ファッショニスタから最も熱い視線を浴びるこのブランドのデザイナーSimone Rochaは、つい最近セントラル•セントマーチンズのMAコースを卒業したばかりの弱冠26歳でありながら、自身のブランドはグレーズコディントンを筆頭に世界中の業界人の間で注目を集めるホットなブランドにまで成長してきた。毎回ヒットを生み出す彼女の人気の秘密は何なのか。 
 
彼女のコレクションのレビューを見ると欠かさず出てくる単語、wonderful、perfect、lovely、excellent。この若さでここまで完璧な評価を得るのは並大抵のことではない。なにか裏技でもあるのか、と勘ぐりたくなるほど。
 
しかしそんな思いは裏腹に、コレクションを見れば見るほど、純粋に素晴らしい作品を作り出していることがわかる。それも、ありがちな一発屋なんかではなく、確実に毎回より良くなっているのだ。とにかく、こちらの写真をご覧下さい。

eriko nakao

Eriko Nakao in Simone Rocha

pvc shoe

She mixes a lot of inorganic textiles like PVC with organic ones like wool and presents them in a mash of girlie girl meets tomboy smoothie. She really broke out with her perspex shoes and neon lace pieces from her past collection.

Case in point on her success, her first stockist in London was Dover Street Market. She is also available in Colette, 10 Corso Como, Opening Ceremony IT in Hong Kong and now Dover Street Market in Ginza. She was here on a short trip and lucky me having good friends in Dover places, got to sit down for an interview and see her pieces there.

彼女の作品では、PVCなどの無機素材とウールなどの自然素材を組み合わせたものがよくみられる。この組み合わせは素材だけでなく、ガーリーなテイストとトムボーイスタイルなどが効果的にミックスされているのが印象的だ。そんな中でも特にその個性が際立っていたのが先シーズン。ネオンのレースの靴はシーズンを代表するピースとなった。
 
この評判が支えとなり、彼女の作品を置くショップにはDover Street Marketを皮切りに、Colette、10 Corso Como、Opening Ceremony、香港のIT、そして銀座のDover Street Marketなど錚々たるラインナップが名を連ねる。今回日本に来日した際、ラッキーなことに彼女から直接話を聞くことが出来たのでここでお伝えしたいと思います!

simone rocha tokyoMrs. Rocha (left) , me, Simone Rocha (right)

 

Q.What’s it like to be a young designer in London?

A.It’s great to be a young designer in London! I moved from Ireland to get my masters there and the education is so good. You’re allowed to be super creative but at the same time you get to be put on the same pedestal as the established designers. I even got to show in the same tent as my dad (veteran designer John Rocha). We also have all of these programs that support young talent, like Newgen which I won.

Q.You use a lot of plastic, but do you consider yourself a futurist?

A. I don’t think it is futurism at all, I actually am more attracted to classic pieces since they are what excite me. Take the pea coat for example; I love to take these masculine pieces and make them feminine somehow. My aesthetic is clean, and not necessarily part of futurism.

Q. あなたを含む、ロンドンの若いデザイナーについてどう思いますか?
 
A.ロンドンは最高よ!私は修士課程の為にアイルランドからロンドンに行ったんだけど、まずそこで教わったことがすごく大きかった。限りなくクリエイティブな考えを実現できることと同時に、卒業生である素晴らしいデザイナー達と同じ空間にいられるというのは素晴らしい経験だったわ。ある時には私の父と(彼女の父親はベテランデザイナーのJohn Rocha)同じテントでショーをしたこともあったの。その上、若い才能を発掘するプログラムが充実しているのも大きかったわ。その中のNewgenというコンテストで私は優勝したんだけど。
 
Q. あなたの作品ではよくプラスティックなどを使用されていますが、自身ではフューチャー思考があると思いますか?
 
A. 私の中では、全くフューチャー派だという意識は無いわね。むしろクラシカルなものに惹かれるの。たとえばこのピーコートも、マスキュリンな中にフェミニンな要素があったりとか、すごくクリーンな世界観に惹かれるから、それがフューチャリズムだという意識は持ってない

ss 2013

SS 2013

Q.How do you handle putting on shows and also designing a clothing line along with bags and shoes, too?

A. I have a very tight team. I am lucky because I can design and then show it to my one design assistant and then I also have a textile assistant. I work with a couple ateliers in italy who make my products, and of course my mother in Ireland who has decades more experience than me in the industry.

I am very meticulous about my shows, since I design the shoes and bags myself too. I always have a story to tell. In this way ,I tend to work with the same team since my MA show, including my stylist and hair and makeup people. They understand me and my “girl”.

Q. Speaking of your muse, does your girl actually exist?

A. Se’s an amalgam of many different people. She’s a little bit me, a little bit my mother, maybe a little bit of my friend Claire or perhaps a cool girl I see on the street…. in te end, it’s about taking a sweetness and cutting it with something stronger.

Q. あなたのショーでは洋服はもちろん、バッグや靴も注目を集めていますが、これだけのアイテムをどうやって管理してるんですか?
 
A. 私には信頼できるチームがいるの。だから私がデザインしたものを、デザインアシスタントに伝えて、そこからテキスタイルアシスタントに伝わって、そこからイタリアのアトリエで実際に製作してる。もちろん、私よりずっと長く業界にいる母の助けもあるわ。  
 もちろん私自身も、ショーには細心の注意を払ってやってるのよ。デザインは靴もバッグも自分でやらなきゃいけないし、だからいつもストーリー性を重視して製作をしてるわ。そうして作っていくショーは、スタイリストからヘアメイクまで、MAの頃から変わらない気のおけない仲間で完成するの。
 
Q. あなたのショーが思い描く女性像は、実在する人をもとに考えているんですか?
 
A. 実在するいろんな人達をかけあわせたような存在ね。その中にはもちろん私も入ってる。私の母、友人のクレア、あとはストリートで見かけたクールな女の子とか。その子達のスイートな要素を抽出して、少し強い印象を与えたようなイメージね。
 

SS 2013

Q.And what was the reference point for your latest collection?

A. I looked at a group of kids called the pony kids in ireland, and the photographs that documented them by Perry Ogden.

Q. How do you feel about your selection available here in DSM ginza, and do you have any collaborations or new projects planned?

A. I am so happy with DSM Ginza’s “buy” of my collection because there’s enough wearable pieces to choose from, but also a few experimental, more challenging pieces too. I really couldn’t be happier as a designer! And as for projects, well I have some collaborations in the works but I can’t say anything yet!

Q. 最新のコレクションについてはどんなイメージを持っていますか?
 
A. 今回は、アイルランドにいるポニーキッズっていう集団に目を付けたの。この子達のドキュメンタリーを撮ってるPerry Odgenの写真をインスピレーションにしたわ。 
 
Q. 今回銀座のDover Street Marketでの取扱いについてはどのような印象をお持ちですか?あとは、今後計画中のプロジェクトやコラボレーションなどはありますか? 
 
A. ここのDover Street Marketが私の作品を気に入ってくれたのは本当に嬉しい!もちろんウェアラブルな作品が多いけど、その中でも実験的な洋服を置いてくれてる。デザイナー冥利に尽きるわね。あとは、今後のプロジェクトについては、今のところいくつか計画中だけど、まだ私の口からは言えないの。楽しみにしててね!

neon yellow dress

 SS 2013
 
Simone Rocha 2012 AW now @ Dover Street Market Ginza