カテゴリー CategoryFashion News | 最新情報

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal ダンスのネオアイコン、ネオカラス族のアヤバンビ  歩く”かっこいい”アイコン、アヤバンビ!彼女たちの勢いは止まることを知らない。

アヤバンビという名前は最近すごくよく聞くようになったよね。実はちょっと前からミーシャもすごく注目してた。彼女たちの全身ブラックに気の強いストリート的なスタイルを、” ネオカラス族アヤバンビ ”と個人的には呼んでいるし。まだブログでは取り上げたことがなかったけれど、いよいよ日本を代表する女性のファッションアイコンとしての地位が確立したな、と感じてる。さて、その「確立した」とはどういうことかというと…

New Japanese dance icons AyaBambi are bringing sexy back …to fashion.

Now not to be rude, but if you haven’t heard of dancing duo AyaBambi by now then perhaps you’ve been hibernating for the past year. They have been on my radar now for awhile (I call them “neo karasu-zoku” which means “tribe of crows” or people who wear all black) and I think it’s time to designate them as truly new fashion icons to Japanese women and beyond.

 

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal ダンスアイコンのアヤバンビ

 

彼女たちの”キレキレ”ダンスは、ルミネやメッツ、Y-3なんかでみたことがあるでしょ?そしてとうとう今月号のヌメロでは彼女たちが誌面に。その写真にミーシャの目はぱっと止まった。サトウアヤとバンビの二人組は彼女たちのスタイルであるブラックボディコンのダンス衣装とセクシーなランジェリーをミックスしてドレスアップしていた。スタイリングを担当したのは、ヌメロの編集長である田中杏子さん。全身黒いボディスーツにフェミニンなインナーのミックスはシビアと同時にセンシュアル。こういう対照的な挑戦的ミックスは、時にちぐはぐになってしまっていることもあるけど、これはセクシーだけどいやらしくなくて、「今」と「一歩先」のはやりを反映していると思う。確かに、ここまでクールに出すことは、日本ではなかなか難しいのだろう。「かっこいい」という言葉を耳にすることもこの最近減っていたし。でもいよいよ、復帰させる時がきたのか?つまり、これこそ”新クールファッション”。文字通り、めちゃくちゃクール。

You’ve seen them do their “kirekire” dance in commercials for Lumine, Mets soft drinks , and now Y-3. But what really caught my eye was a fashion spread in Numero Tokyo this month. In it, Aya Sato and Bambi are dressed in a mix of their neo-black body-con dancing costumes and sexy lingerie. Styled by Numero editor-in-chief Ako Tanaka, it’s both sensuous and severe..a mix that is often too polarizing and rare to see in Japan. In other words, this is the new cool. And it is VERY cool! And does it make it any hotter that they are an engaged couple? Hot.

This sort of style would have been unthinkable in “cute is queen” Japan until recently.

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal underwear

このページのスタイリングだけど、意外と参考にできると思った。個人的に、最近90年代スタイルがマイブームで、それは女の子たちがあえてランジェリーの上にコートをさらっと羽織り、パーティに出かけていたスタイリッシュな時代だった。そう言うと、マドンナとゴルチエを思い浮かべる人が多いかもしれないけど、ミーシャはレッドカーペットでスパンクスとローブだけを着て話題になったオルセー姉妹が頭に浮かぶ。意外とカジュアルさを感じた!

アヤバンビの着ている(←この動詞がポイント)ブラジャーやスリップスカートなどのランジェリーアイテムは日本一の下着ブランド、ワコールのもの。海外でいうと高級下着メーカーのラペルラや、エージェントプロヴォケイターみたいなかっこいいデザインを出しているけど、日本でもっとデイリーに付けられる、見せて着てもかわいいアイテムも作ってると思う。もちろん、クチュールクラスの”DIA”というラインもあって、そういうものは8、9点ほどしかつくれないというので、すぐに売り切れてしまうらしい。
Numero TOKYOxAyaBambiのコラボを記念に今伊勢丹新宿で期間限定ポップアップショップを開催した。Akoさん,AyaBambi,ファッション通信、そしてヨシロッテンがクリエーションに集結。(今日が最終日だということで)、アヤバンビのヴィジュアルやムービーなど、たくさんの展示を見に駆け込んできました。ポップアップショップにならぶ素敵なブラやドレスにすごく興奮した。

ポップアップストアはもう今日で終わりだけれど、ランジェリーを着たアヤバンビはまだ3階で観れるとのこと。また、Numero TOKYOでスタイリングの詳細をCHECK。ぜひ足を運んで”新クールファッション”の風を実感してほしい。そして、目を離すことのできないネオアイコン、アヤバンビの活動を期待して応援しよう!

The bras and slips they don are by Japanese lingerie brand Wacoal, the biggest underwear maker in Japan. Imagine the designs of La Perla and Agent Provocateur but meant to be worn under daily clothes-or actually, even over it. Of course, some of the designs are true couture, where the only make 8 or 9 pieces and then it’s gone. For a limited time, Wacoal set up a pop-up shop for this collaboration within Isetan Dept Store Shinjuku, where they enlisted some of the hottest creatives like creative director Yoshirotten to give it a cutting edge. Trying to chase down AyaBambi to see what they’re up to, I ran over there on the last day to check it out (Oops, fashionably late to the party).

Personally, I have recently really getting back into 90s style where it was really common to wear slips and bras under a coat and go to a party. You might think of Madonna and Gaultier in this instance…. but actually I`m imagining the Olsen sisters when they famously wore spanx as dresses on the red carpet.

The pop-up store is over, but all of the lingerie that AyaBambi wears in the spread is still available on the 3rd floor and their pages are in the newest Numero TOKYO. Check it there and join in on the new movement of cool. I`m gonna be keeping my eyes on these girls (not like we can stop looking!).

 

https://www.youtube.com/watch?v=D81zeJlMeuM     さらに!ポップアップショップ期間中にしかみれなかったPVをここで公開させていただいてます!彼女たちのシグニチャーとなっている”手業ダンス”とミシンの手作業ごシンクロしていてかっこいい。まずこれをチェック!Also, you can see their video made just for the Pop-up store here. In it, they use their famous hand choreography to mimic the sewing machines. If you’re wondering what they’re about, first check ‘em out here.

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal lingerie

Dance icons AyaBambi appear in Numero Tokyo with Wacoal

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

wacoal dia lingerie in isetan

wacoal dia lingerie in isetan

parts to make a wacoal bra

胸を飾る大事なパーツ❤︎

 

 

wacoal dia lingerie in isetan

30メーターのリボンで作ってる。中にスリップを着て、パーティドレスとして見せたいんだけど!

AyaBambi Instagram (Aya Sato) (Bambi)
Numero Tokyo HP
Wacoal HP

 

 

Anna Sui Paradise kiss wallet  みなさん懐かしの漫画が!そう、お財布化されているの。UNICOやベルサイユの薔薇のリアル衣装バッグなども登場している?!ギャグ品に見えるかもしれないけど、ジョークじゃありません。、もうすぐアナスイから発売される立派なアイテムです!!

That’s an Anna Sui Paradise Kiss wallet, just rub your eyes to make sure you’re not seeing anything.

Look at all of these cute little bags and tschochkes. If you aren’t from Japan then you might dismiss them as just being any ol’ kawaii characters,  but let me tell you this is BIG. These are some of the biggest manga in Japanese history… think Fraggle Rock, Betty Boop, Jem and Secret of Nimh-level beloved. And they are being immortalized in accessories as a collaboration with Anna Sui. And while these cartoon collabs are a dime a dozen these days, this one is dare I say— really, really well done.

louis-vuitton-omotesando-2015-9

ルイ・ヴィトン社が1854年に設立。その頃の日本は終わりかけていた江戸時代(~1868)だったが、芸者や浮世絵や歌舞伎など様々な芸術が生まれたアート豊富な時代だった。そしてルイヴィトン表参道店ができた2002年、 それから13年が経った今年のはじめにリニューアルのために一時クローズをしていたが、先週とうとうそのお披露目パーティが開かれた。そのパーティですが、江戸時代を讃えた装飾が施され、季節にぴったりの”江戸時代お花見”をテーマにした豪華なイベント。ドアの向こう、生きた桜の木が!そしてドアマンの姿はなんと忍者そのもの!さらに、大人気若手歌舞伎役者の尾上松也氏による歌舞伎パフォーマンスも観る事が出来た。まさに、時空を超えた空間がそこには広がっていた。

Louis Vuitton was founded in 1854, which was the end of the era known as “Edo” in Japan (~1868) and a period in which a number of treasured arts such as geisha, ukiyo-e, and Kabuki were born. Louis Vuitton’s Omotesando store has only been around since 2002, but on the occasion of its 13th birthday, the interior saw a total remodel and re-opened earlier this year to the public. Finally last week we were invited for a housewarming party which paid tribute to the Edo period with a traditonal cherry blossom party (o-hanami). A live blooming sakura tree commanded the center of the room while ninjas manned the door, and we were treated to a Kabuki performance by one of the most popular and promising young Kabuki actors Matsuya Onoe. As you’ll see, it was a trip through time in more ways that one…

 

louis-vuitton-omotesando-2015-8

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
私の好きな英語の表現、「Like bees to honey」。蜂が甘い蜜にわんさと集まるというように、東京っ子が大好きなMiuMiuの新ショップとそのパーティで大集合した。そう、盛大で美しいパーティが行われ、そこには国内外の業界人や有名人(夏木マリ、梨花、菊池凛乎など)、中には広告を飾っている女優のミアゴスも招待されていたり、しかもラフシモンズとそのボーイフレンドといったスペシャルゲストまで招かれ(なーんて噂を聞いて)、とても盛り上がった。
 世界屈指のショッピングストリートに成長しつつある表参道、そしてミュウミュウ青山店から目が離せない。
Tokyoites love miumiu like they love drinking on weekdays. So it was no surprise that a new standalone boutique on Omotesando would make for incredible fanfare. Yes, there was a huge, beautiful party that brought out the ENTIRE industry from here Beijing to Denmark. They even invited over the actresses in their current ads like Mia Goth, and even had special guest Raf Simons and his boyfriend to Tokyo to join in the revelry.Take a look at the recent addition to possibly the world’s most decadently decorated shopping street in Aoyama, Tokyo.OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スクリーンショット 2015-03-05 18.28.02

Koshiro Ebata

30歳以下の新進気鋭なデザイナーたちが日本を始めとするアジア諸国から集まり、アートなファッションを披露する大会、それが東京デザインウィー ク。TDWはデザイン、テクノロジーの面からも考慮され、今世界で最も期待度の高いコンペのひとつと言える。そして毎年開かれるテントロンドン、NYC、ミラノサ ローネなどと協賛している。アジアアワードは若手のなかから選りすぐられたファッションデザイナー、ミュージシャン、アーティスト、プロダクトデザイナーなど 多くの芸術家たちが各地から出場し、80人のプロフェッショナルの審査員の前でプレゼンをするというもの。ミーシャは去年、ファッション部門の審査員をさ せていただきました。どの作品もそれはそれはエネルギッシュだった!

TDWのフォトブック発行を記念して、今後大注目のデザイナーたちをご紹介! (フォトブックはTSUTAYAにてチェクできます。※下記のビジュアルはデザイナー本人による撮影でフォトブックと関係ありません)

These are the young and the beauti-weird. These under-30 designers from around Japan and the world, presented some of the most conceptual art-as-fashion collections at Tokyo Designers Week. TDW is one of the most anticipated and attended design & technology fairs in the world, and it partners with TENT London and Milano Salone every year. The Asia Awards is a newer venture that culls the brightest fashion designers, musicians, artists and product designers from around the world to present to 80 top professionals on the judge panel. I was part of the fashion group for the past year and it was quite intense!

In celebration of the publication of the Tokyo Designers Week edition photo book, here are the best designers who are destined for great things. (the photo book is available at Tsutaya *the photos below are by the designers, with no relation to the book)

プリント

Ryota Murakami x Denpa Gumi

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

I just love that in Tokyo we have Bunka Fashion College’s graduate MA fashion course now, called Bunka Fashion Graduate University, because it not only hones the skills of local hopefuls , but also because it brings in tons of international kids who are helping to broaden the industry’s horizon. Some of the advantages to commiting to studying here in Tokyo might be that the pool of graduates is much smaller and your work will stand out; you get to learn impeccable Japanese sewing and cutting; you get to use subsidized Japanese textiles (which are AMAZING); and you get to live in of the most inspiring places in the world. The downsides being that you must learn Japanese before you can get started, and also that it’s unfortunately so far removed from the greats like Parsons and Central St. Martins, it doesn’t get the attention it deserves.

文化服装大学院大学の卒業ショーは東京が誇るデザイナーの登竜門ともいえる。それは、左脳ある日本のデザイナーの卵たちがトップレベルでスキルを競うだけでなく、国際的な横のつながりを広げられるから。東京でファッションを学ぶ利点のひとつは、海外に比べ規模が小さいため注目を集めやすいということかもしれない。日本の高い縫製技術を学べて、日本独自伝統的な素晴らしいテキスタイルに触れられ、そしてなにより世界一刺激的な街かもしれないこの東京で毎日を送る事が出来る。ただ、入学前に日本語の勉強は必須だし、今のところパーソンズやセントマーチンといった世界の服飾校にはまだ及ばないのは少し残念なところ。後は卒業生のキャリアにおける成績をあげることでしょう!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

My alma mater, Bunka Fashion College, hosts several contests for aspiring designers throughout the year. Since it is nearing graduation season in Japan (February, officially) it was time for the biggest of the campus, the Bunka College Fashion Contest. This contest invites not only students from the Shinjuku main campus to compete for cash money prizes and of course fame, but also the branches and sister-schools all throughout Japan send their best and brightest ingenues’ best work.

I was invited to be a judge on the “accessories” panel, which includes bags, shoes, jewelry and textiles. And I know there are a lot of aspiring Bunka students out there…. get a look at what level your A-game will need to be at to be considered a rising star. We had some great winners! So what are the young designers of tomorrow up to these days? Check it out:

ミーシャの母校、文化服装学院では年に何度かデザイナー志望者のコンテストが開かれる。卒業シーズンが近づく日本では同校最大規模の”文化服装学院ファッションコンテスト”が開催された。

この大会には、メインキャンパスの新宿校からだけでなく、日本各地の姉妹校から実力ある精鋭たちが、賞金と名誉をかけて大会に集結するのだ。

ミーシャはバッグ、靴、ジュエリー、テキスタイルなどアクセサリ関係(服飾工芸部門)の審査員として招待していただいた。

国内外で文化の入学志願者は沢山いると思うけど…将来を期待されるクリエーターとはどんなものか、そのレベルを見てほしい。受賞者には本当にすばらしい才能が!未来のファッション業界を引き継ぐ若手デザイナーの実態をチェックすべし!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

This was my first time judging this fashion contest, and although it’s practically school-wide, I wasn’t aware of it prior. I suppose that’s because when your campus is a vertical skyscraper where each course occupies it’s own floor and doesn’t  stray or know what’s going on in the outside world (..or I could have been daydreaming about fashion week when the subject came up), and your course (stylist) doesn’t compete in the contests then it kind of flies over your head. So I was so pleasantly surprised to see so much good work presented by students!

このコンテストの審査員ははじめてで、正直ファッションコンテストは発耳でした!

それはたぶん、コンテストのこととかもあまり競うようなものはなかったスタイリスト科だったからかな?(先生が話した時に自分は海外コレクションの妄想で耳に入らなかったから?!)。だから、今回見させていただいて、学生がこんなにも素晴らしいクリエーションをすることに嬉しい驚きを隠せなかった。

 

bunka fashion design awards 2015-30

Accessories and textiles Award 服飾工芸(小物、テキスタイル)部門

For the accessories portion, I was joined by Final Home inventeur Tsumura Keisuke-sensei (It’s functional pre and post apocalyptic workwear– fun stuff here!  And more here!), the most famous hat brand in Japan, CA4LA, hat designer Akimoto (fun fact: CA4LA is pronounced “kashira” and it means “noggin”. It took me a really long time to stop calling it C.A.-FOR-L.A.), and Bunka Fashion College Preseident Kosugi-sensei. We trawled through hundreds of sketches before picking ones we wanted to see come to life the most. Then designers were only then tasked with actually making their product and then presenting it to us in a private show where we picked a winner and two runners-up.

The winner was this incredibly cool need-it-now, hardcore black enamel woven leather “horned” backpack by Sensen Han. She called it “witch” but we all know that wonderful woman known as Maleficent and her horns had something to do with it. The construction is gorgeous, no pieces flap around or fall off, and the inside lining is painted like the milky way in glow-in-the-dark paint. Gorgeous!

I admit I was worried about the textile designers because a piece of fabric is hard to make….well, flashy and inspiring on stage. But in the end the textiles really blew us away. Perhaps because it’s just a big rectangle, you actually end up looking at it like a painting. Runner up #1  Miro Katsuya’s interpretation of “Shinjuku” through digital photos, rainbow acid-washed ombres and random spots of machine embroidery was so fun to look at. Belongs on a museum wall. Or my living room.

Then we judges chose Kasumi Saito’s bronze face mask as a second runner up. You can see the beautiful etching work done on it, all by hand. I really wish this mask existed when I was styling the Koda Kumi music video last year… it would have come in real handy for some scenes.

ファイナルホーム(実用的で斬新なワークウェアブランド(前にピックアップしたおもろい作品の一例はこちら!そしてこちらにも!) の創設者とファッションデザイナー、津村耕佑先生が審査にジョインしました。他にも審査員には、有名帽子ブランドCA4LAのクリエイティブディレクター秋元信宏さん、(余談:カシラの読み方が分からなくて、長い間ずっとカ・フォー・ロスアンジェレスって言ってたわたし。笑) そして文化からは校長の小杉先生がいらっしゃいました。

私たちは大量のイラストから、ぜひ実物が見たいと思う、魅力的なものを10枚ピックアップ。選ばれたデザイナーはそこから制作に入り、プライベートショーでプレゼンしてもらい、私たちが勝者と二人の入賞者を選ぶという流れ。

栄光を手にしたのはこの作品。今すぐにでも欲しいくらいかっこいい。受賞者はハン センセンさん!ハードコアなエナメルレザーの角バックパック。”ウィッチ(魔女)”というタイトルのそれを見て、角から発想したという、”マレフィセント”が浮かんだのは私だけじゃない。丁寧な、しっかりとした作り。中のライニングは暗闇に流れる天の川の蛍光絵。最高だわ。

テキスタイルについては、正直どこまで出来るのだろうかと心配していた。だって、生地をステージでアピールするのってすごく難しい…想像力をかきたてないとできないことだから。でも実際、そのテキスタイルの出来に私たちは驚く事になるのだった。大きな長方形で見せられたからか、”絵”のように見えるからだろう。入賞したのは、勝谷美蕗さんの”新宿”を模したテキスタイル。デジタル写真をアシッド色レインボーにグラデして入れたぼかしと、機械刺繍はとてもおもしろくて、見ていて心が躍る気分だった。博物館の壁にありそう。じゃなければうちのリビングに飾りたい。

そしてもうひとつの入賞作品はブロンズの仮面 by齋藤華純さん。すばらしい手彫りの彫刻技術が分かるでしょう。去年やった倖田來未のPVスタイリングのときにこのマスクがあったらどんなによかったか… どっかのシーンで絶対手助けになったわ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハン センセン
バッグデザイン科2年 bunka-kasumisaitod OLYMPUS DIGITAL CAMERA

齋藤 華純
帽子・ジュエリーデザイン科2年

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

勝谷 美蕗
ファッションテキスタイル科1年

 

Fashion Design Award ファッションデザイン部門

Finally, the entree, the fashion designers. I was extremely partial to the tribal feather look by Ai Hasegawa and of course the winner, Ginno Rin. This rose-covered workhouse menswear look really stole the show, and both girls and boys all around me in the audience were audibly gasping “kawaii” at the sight of it. Now this look is an obvious shoo-in for the prize because it’s made WELL and it’s also very ON-TREND. Now this is something that has been an obvious fad these days when it comes to contests, but the ones that are designing on-trend pieces tend to get the best praise (as opposed to a “seen that before” finger wag in the past). It’s like our heads are so full of noise and nonsense we don’t want to deal with anything too outside of the box in fashion. But it’s true of the modern fashion business model; don’t reinvent the wheel, just make the wheel look *cooler* than it did last season. With that said, this winning design had me swooning too— rose-covered menswear? Sign me (my man) up!

いよいよここでファッションデザイン部門に触れたい。

ミーシャ的には長谷川愛さんのトライバルなフェザールックが気に入った。そしてもちろんウィナーに輝いた林吟濃さんも。この、バラを纏ったメンズのルックはまさに実際のランウェイコレクションに出てきそうだ。ミーシャのまわりにいた観客も男女問わず、かわいいー…と、もらしていた。

そして、これが優勝者本命だなと確信した。なぜなら、とても上手く作り上げられているだけじゃなく、トレンド+アルファというフォーミュラーをしっかり捉えていたから。そう、これがまさに今のコンテスト風潮なのだ。トレンドに乗っ取った作品が賞を取りやすいという傾向がある。(前にも見た事あるような…とは全くの別物)。

ノイズでいっぱいの退屈な頭の中は新しいものを受け付けにくいようだ。これは現在のファッションビジネスシーンの縮図とも言えよう。みんな新しいものを発明するというよりは、前シーズンより”いい感じ”なものづくりをする。

といいながら、受賞者、発表者はみなさん、大変素晴らしい作品を出したと思います。優勝者の作品に関しては、フェミニンとマッチョな融合にとても刺激を受けて是非男性に着てほしいな、と!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

《デザイン大賞》 林 吟濃 (アパレルデザイン科3年)
《優秀賞》 スウェンソン パブロ アンドレス (服飾専攻科 技術専攻)
《秀作賞》 横田 匠 (アパレルデザイン科2年)
《佳作》 周 郁人 (文化ファッション大学院大学2年)
《佳作》 高村 ルリ (明美文化服装専門学校)

《服飾工芸大賞》 ハン センセン(バッグデザイン科2年)
《佳作》 齋藤 華純 (帽子・ジュエリーデザイン科2年)
《佳作》 勝谷 美蕗 (ファッションテキスタイル科1年)

All of the winners did really great though, and the designers were so fun to mingle with. Here are some more standouts- looking forward to seeing some of them in the SOEN awards this year.

秀でた才能に触れられたコンペだった。今年の装苑アワードでも彼らの作品が見れるのを楽しみにしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長谷川 愛
アパレルデザイン科3年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

周 郁人
文化ファッション大学院大学2年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

徐 冰玉
文化ファッション大学院大学2年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高村 ルリ
明美文化服装専門学校

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中野 圭史
アパレルデザイン科2年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内村 円悠
ファッション高度専門士科3年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スウェンソン パブロ アンドレス
服飾専攻科 技術専攻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

矢田 淑行
明美文化服装専門学校

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横田 匠
アパレルデザイン科2年

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

詳細に関しては、こちらご覧ください

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

What its really like to study at Bunka Fashion College Tokyo pt1 ◎ファッションを日本で勉強すると海外で勉強するとの違いは一体?前半

bunka fashion college

 

 

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

最近のポスト↓Recent Popular Posts

image

Haven’t we all dreamed of living in a world blanketed in wi-fi? The internet is the 4th leg of the three life essentials: housing, food, clothing…and mobile internet connection. First world problems, I know. But while having the world fully wired may be a pipe dream, I would settle for a near future of just having Japan covered. Or even Tokyo.

Well I have tasted the future, and it is delicious. The large city of Fukuoka, (south of Osaka, on Kyushu) is currently the most widely covered wi-fi city in all of Japan, and I was there to try it out. And I wasn’t just there to surf the internet all day; on top of being wired, Fukuoka is also crowned a “Special Kawaii District” and has it’s own ambassador. I was infinitely curious to find out what a “Kawaii District” is, exactly.

So with the Tokyo Olympics coming up, we’ve been promised that our fair metropolis will be wi-fi ready by 2020. ..and yet there are already hidden free wifi spots here I learned of which are ready for you and I to freeload off of right now. How/where do you get them? See:

いつでもどこでもwifiが使えたら〜なんて夢見た事が、誰でも一度はあるはず。インターネットは今や、三大生活必需品の、衣食住に続く欠かせないコンテンツ。そして、世界共通の大きな課題である。Wi-Fiの充実という夢のような話、近い将来日本がそんな幻想を叶えてくれるかも。という情報が!

そんな未来の日本を少し体験して来た。福岡の大都市は最近Wi-Fiの設置に力を入れているらしく、日本でいちばんのWi-Fi普及率を誇る。ということで、福岡へ送られたミーシャ。もちろん、一日中インターネットをするためだけじゃないよ…!福岡は特別カワイイ区として世界に情報を発信中。カワイイ区っていったいなんなのか、すごく興味が湧いた!

東京オリンピックにむけて、2020年までに大都市ではWi-Fi設備を整えると公言している。でもこんな2015年にまだ全然普及していない都市は実はどうやら、まだ公になっていないWi-Fiスポットが存在しているらしい。一般の人が使えるフリーWi-Fiはいったいどれ?どこでどうしたらWi-Fi読み込めるの?それに関しては下記をご覧あれ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA