カテゴリー CategoryFashion News | 最新情報

fondation pierre berge yves saint laurent museum paris

イヴサンローランは、ファッションに革命を起こし、歴史を作り上げてきた。服だけにとどまらず、アート作品に至るまで、現在我々が目にしているものの多くに彼の影響を受けたものがある。2017年には、イヴサンローランのライフワークをフューチャーしたミュージアムがパリとモロッコにオープンする。(モロッコは、サンローランと彼のパートナーであるピエールベルジェの別荘があった) それぞれの場所に、異なるオートクチュールコレクションのセットがローテンションで展示される。パリのミュージアムは、1974年からオートクチュールサロンとサンローランのスタジオがあった場所を、ピエールベルジェ-イブサンローラン ファンデーションと改したところに設置される。

今はまだ工事中のその内部に招待いただけたので、サロンにお邪魔して5000にも及ぶオートクチュールのアーカイブの一部を見せていただいたので紹介したい。

魅惑的なピースを目の当たりにする準備はいい?作品そのものの素晴らしさはもちろんだけど、その保存状態や、手仕事ひとつひとつの丁寧さは言葉を失うほど。これぞファッション史に名を残す、尊敬すべき偉大なデザイナーの仕事だと、圧倒された。

Yves Saint Laurent is a name synonymous with the height of decadent fashion, the kind that goes from clothing to a flourishing work of art in front of your eyes. In 2017, two museums dedicated to Yves Saint Laurent’s life work will open in Paris and Morocco (where he and his surviving partner Pierre Berge owned a vacation house), each displaying a different set of ravishing haute couture on rotation.

The Paris museum will be located at the Fondation Pierre Berge-Yves Saint Laurent, where the original haute couture salon and Yves’ own studio had been located since 1974. While the museum is currently under construction, I was invited inside anyway, to get a private sneak peek at just a few pieces of the more than 5,000 haute couture works archived inside the salon. Take the tour with me, and be ready to see not only how dazzling the couture pieces themselves are, but get to understand the depth and dedication, the record-keeping, and scope of what it took (and still does) to become one of the most revered names in fashion in history.

 

“ビヨンド エクスペクテーション”=期待以上

これは聞き慣れたフレーズかもしれない。でも具体的にハードルをどこに設定するのか、なにを期待するのかさえ曖昧だろうけど、東京に住むものとして一つ言えること、それは、「東京の人の期待値は高い」ということ。東京以外ではほぼ不可能なほど求める基準が高くなっている。東京にはおいしいご飯も、ショッピングスポットも、サービスもすぐ手の届く場所にある。どうやったらそれを超えられるのか?

期待を超える…マリーナベイサンズシンガポールが、ここ最近の東京でいちばんの、ビッグで特別なイベントを開催する。渋谷の一角をリゾート色に染めデイビットベッカムをゲストに迎え、一夜限りのスペシャルステージを披露するのだ。まさに、予想を超える圧巻のパフォーマンスが見られるだろう。

夜には数多くのエンターテインメントがあるが、その1つがファッションショーだ。マーリーナベイサンズはその、MBS主催のショーのディレクションをしないか?と私に声をかけてくれた。ファッションで”空気”を作ること。喜びや良いバイブスを感じるファッションがなければ私は生きる意味を見失ってしまう。シンガポールに行ったことがなかった自分は、ショーを作る上でインスピレーションを受けるためにも、1度シンガポールの空気を吸わなければと思った。ここでは、その刺激的な旅のダイアリーを書き留めたい。ちょっと海を越えた先の他国に足を運ばなければ生まれ得なかったクリエーションの解説にもなっている。このショーは今までやってきた色々なショーの中でも、特にお気に入りの、エキサイティングなステージなので、そのアドベンチャーに付き添ってください!

“Beyond Expectations” is certainly a loaded phrase. After all, without a bar to adhere to, we don’t even know where our expectations are set. Coming from Tokyo, I can say that mine and my fellow style-discerning Tokyoites’ expectations are set almost impossibly *high*. We already have the best food, shopping, and customer service at our fingertips… what could possibly top it?

Topping expectations…. no, knocking them down and bulldozing them and sending them out to orbit, is what Marina Bay Sands Singapore hopes to do by staging one of the largest and most ambitious events in Tokyo in recent memory. For one night, they are turning a venue in Shibuya into a parallel version of the major resort, bringing along their special guest David Beckham for the ride.

The night features a slew of entertainment, but in the middle of it is a fashion show. Marina Bay Sands called me up, asking if I would like to direct this show. Using fashion to create an atmosphere, especially one of joy and good vibes is the reason I live. And since I had never been to Singapore, I just *had* to get there myself to pick up on some inspirations to get the show off the ground. Below, find my inspiration diary, and see how a little jump over the ocean became the basis for one of my most favorite and exciting shows yet.

上:MBSに行ったことがない人でも、この”船が上に乗った”デザインは知っているのでは?ミーシャ的にはストーンヘッジみたいって思った。どう見るかは自由。インクの染みや月の模様が人によって見え方が違うように。Above: Even if you’ve never been to this hotel, you will recognize it for the singular design alone. Some call it the “ship on the towers”. I think it looks like a slice of Stonehenge. It is the “what do you see in the inkblots?” for the style set.

 

metiers_ga01

東京がまだむしむしした気候に包まれる中、みんなはやく過ごしやすくならないかと、ここ地いい秋の訪れを待ち望んでいる。それは、日本がいちばん美しい季節とも言われている。

そんなシーズンに、ショパールが伊勢丹1Fのステージでとっておきのイベントを開く。9月直前の今日からやっているそのステージのメインは、日本の女性に向けた精巧な技術が詰まったウ腕時計が展示。世界初公開のモデルもある。また、”ジャポニズム”が今もなお世界を魅了し続ける理由にもまた触れることが出来るだろう。

While Tokyo may still be in the throes of sweltering days and nights, we in the city are looking forward to a more soothing and thoughtful season, one that is arguably the most beautiful Japan has to offer. Chopard is celebrating that turn into the season of allure with a week-long event at the Isetan 1st floor stage, beginning today, the eve of September. There, it will showcase (and be available for purchase for the first time) some of the world’s most exquisite watch models created by Ancient Japanese artistry for a modern woman, as well as a look at why Japonisme is still one of the most inspiring aesthetics today.

 

7R2A7574small

kitakore-exhibit06

少年の夢… 我々女子には未知の領域。
本、アート、絵、剥製、仮面、ファッション、グラフィックなどいろんなものが混在する少年の頭の中をそのまま再現したようなカオスな少年の部屋が、カオスな街高円寺のディープなスポット、キタコレに現れた。

What happens when we girls delve into the mind of a curious boy? This one’s brimming with books, art, pictures, taxidermy, masks, fashion, and graphics, all mixed up in a cacophony of creepiness. It’s an attempt to show exactly what it’s like to be inside the mind of a boy, in its glorious chaos, all set to the background of gloriously chaotic Kitakore in Koenji, Tokyo.

この春に銀座線の車両をジャックしたファッションゲリラ集団、THE HAPPENING。数名のファッションメディア限定の”電車ランウェイショー”に呼びだされ、私がある駅のホームへ駆けつけた。突然に現れたモデルたちが電車に乗り込み、パパラチやストーカーみたいに彼女たちを追った私。電車を降りて、地下鉄の駅でポーズをとるモデルさん(表現者たち)の圧倒的な姿でメディアたちも、一般人も、どんな人でも不思議な騒ぎに巻き起され、エモーシナルなハプニングとなったのはいうまでもない。

「許可なくてもやるから!!と駅人に言ったからね」とショー後に東京発の電車ランウェイの経緯を話すファッションディレクターの伏見京子さん。「ギリギリで協力をもらった」。

そんな強い意志を持ちながら、東京の各地で”ハプニングショージャック”をしてきたTHE HAPPENINGが今回仕掛けるのは…

This spring, the fashion group known only as The Happening commandeered a few subway cars on the Ginza Line for a guerrilla runway show. I was called out to a show limited to only a few members of the media, and I found myself on the platform of an station underground. When a model appeared and stepped into the train,  I followed her inside like a paparazzi or stalker.I trained my camera and shutter finger on her, snapping away as she posed and preened in the car, the usual propriety of Tokyo’s train passengers be damned. The models in their avantgarde garb then all gathered in a nondescript hallway somewhere deep inside Ginza Station, with a gaggle of photographers and muggles all gawking at the scene.

“I said to them, `Even if you won’t give us the OK, we’re gonna do it anyway`!” said Kyoko Fushimi after the show, a stylist and the brains behind The Happening. “In the end, they gave us their permission, and helped us out with logistics.”

And with this sort of determination to bend the rules, The Happening has been happening at random places all over Tokyo, showing off fashion-forward designs from the city’s best up and coming talent. So what do they have cooking this time? Well, it’s certainly a more inclusive way to enjoy their events…

 

Screen shot 2014-11-18 at 6.48.02 PM

[UPDATE]

日本のファッショントレンドの回転は想像通り、とってもはやいもの。(昔の裏原トレンドなんて、3ヶ月ごとに変わったという伝説がある)。今の時代では、流行の寿命はもう少し長くなった、、、が、それでも”進化”が早いのは確か。この記事の中にも出てくる各「ネオ」トレンドもそう。今回特に触れたいのが(現名称)「ジェンダーレス系」だ。みなさんの記憶からはもう消えたかもしれませんが、下記の記事 をあげた当時は(旧名称)「ネオイケメン系」と呼ばれていた。やはりトレンドの回転と進化がはやいもんだな、、、

ジェンダーレス系のトレンドは「ネオ」トレンドのどれよりも発展しており、今やジェンダーレス系アイコンのユースケデビルくんがセレブの席に座れるようになっている。また、彼に憧れたジェンダーレス男子が数多く出てきて、例えばりゅうちぇるさんがファッションアイコンとしてとても有名になっていますね。(この記事に写真をたくさん追加す ると偉い長くなりますので、気になる方は各リンクをクリックし、ご覧ください)また、綺麗な顔立ちのGENKINGさんも一流芸能人となっているこの、ジェンダーレス系の認識は一般の方の間でも普及してます。

このジェンダーレス系の「今」に触れてみると、やはり海外の注目が気になるところ。i-Dマガジンが記事をあげて、”ギャル以降、一番面 白い東京のトレンドはジェンダーレス系だ”という。また、その影響のおかげか、彼らは海外のユニセックスのことを”ジェンダーレス”というふうに呼べるようになった。海外のAFP新聞はもっと 深く取り下げて、”ジェンダーレス系はフェミニズムに当てはまるか?それともアンチなのか?”と問いた記事をあげた。私も、今のジェンダーレス系にとても感心を持 ち、Z-Tokyoのコラムでは ”ジェンダーレス系はセクシャリティにも影響を与えている?”とあげてます。

ファッションはただの洋服のトレンドで終わることが多いけど、時にこういうふうに社会の傾向を反映させることもある。”私には関係ない”と思う方でも、今回はぜひ感心を 持って、みていただければと思います。今後も、こういった美少年と中性的な美少女が増えるのか?ま、、、それが「美」であるなら、増殖しても決して悪いことではないよね。

(元の記事な下記)

In Japan, we know that trends come and go very quickly (historically, new ones came and went in the span of 3 months). It takes a little longer for the modern ones to cook, and now the “neo” trends mentioned in this article below are getting to the point of being well-done. Specifically, I want to call out “neo ikemen” which as we all know, is now called “genderless” fashion. And genderless is starting to take on a life of its own now. Where are we at, exactly? First, the genderless icon above, Usuke Devil, is all over the TV airwaves and has spawned dopplegangers such as Ryucheru (with 450k followers) and more and more “pretty boys” are popping up on Instagram all the time. And who would have thought that androgynous O-nee Genking would be like the Kim Kardashian of Japan by now?

The trend has gotten so big that the world has taken notice. i-D Magazine says that Genderless is the most interesting thing to come out of Japan since the gyaru. And perhaps from this, they were influenced to start calling “unisex” fashion “genderless” instead. Then, the AFP goes so far to ask whether Genderless hurts or helps feminism. Meanwhile, most of the Genderless boys’ fans are women, and now that the trend has hit the mainstream, many girls ask the question: “Are you gay?” “Do you have a girlfriend?” The idea of blurring sexuality through fashion and actually having it relate to sexuality is fascinating to me, and I wrote a column over at Z-Tokyo asking if they’ve got anything to do with each other (read it bilingually here).

Some people think that fashion exists in a vacuum, but sometimes…it really reflects a society at large and can offer insight into where it’s headed. So are we in for pretty boys and girls for the foreseeable future? Hey, there are worse things that could happen. Read the original “Neo Ikemen/Genderless” article below.

 

***

Original Post: 11/19/2014

今やサブカルチャーというものは日本のファッションシーンにおいて重要なパートのひとつになった。ところがそれが世間に、”守り”、”誇るべき”ものだという認識がされ始めたのは最近の事。なぜ大切にされるようになったのか、それは:

  1. 世界規模のインターネットの進化 (それにより、トレンドが雑誌に限らずSNSからも生みだすことが可能になる)。
  2. 日本の経済悪化。(だが、ファッションとサブカルチャーは経済効果がある)。
  3. 官民ファンド、クールジャパン機構の設立。

特に、3つめの”クールジャパン”の影響は大きい。日本が自国のユニークなファッションを海外に押し出していけば、利益を上げる事ができると気付き、そしてクールジャパンファンドが立ち上げられ、本格的に海外に日本の商品を売り出していくべく動き出した。クールジャパンが出来る前、海外での日本のサブカル人気度などほとんど気にしていなかった時期と比べれば、とても大きな一歩である。

そして今、この新時代のビッグトレンドは”ネオ〇〇”。頭に「ネオ」をつけるトレンドは日本国内に留まらず海外でも人気を集めている。実のところ、国内発だけでなく、実は逆輸だったりして?!そして、それは最終的に海外で受けいられるか?日本で広がる”ネオ”サブカルについて具体的に掘り下げてみましょう。また、次に来る”ネオ”を大予想!

Subcultures have long been an integral part of the Japanese fashion scene, but they weren’t considered something to be *protected* and *proud of* until recently. The catalyst for this is three-fold

1. The internet globalization

2. The struggling Japanese economy

3. The advent of the “Cool Japan” initiative.

#3 was a major turn, when Japan started to realize that selling their unique fashion culture abroad could be lucrative, instead of keeping it caged inside of Japan. Right now the big trends in this new era are being given the prefix of “neo”. And they are taking off big time, in and outside of Japan. …some of these are even being created outside of Japan rather than inside! What are some of the “neo” subcultures in Japan right now, and what new “neo” subcultures might be born soon?

 

117a50913f9a9b93eea53b1363c4e87d-1024x527
ファッションを仕事にする者としてどうしても見逃せない数字がある。日本で服飾を学ぶ学生の数が、1985年をピークにどんどん減少しているらしい。ピーク時約5万人の学生を抱えていた服飾業界だが、2015年、その数は30%である約1万5000人。さらにこのまま減少していくと20年後 には5000人(全盛期の10分の1)になってしまうことになる。
なぜだろう?それは、やはりデザイナーをはじめとするファッション系の職業での成功が難しいからなのか?いや、それだけではないと思う。実際、美容系やメイク、ネイル、また映画やグラフィック、フォトグラフなど、同じように厳しい道のりになる職種だと思われるが、不学生数は伸びているようだ。では、なぜ若者がファッション系に興味を持たなくなっているのか?
As a fashion professional, there is some disturbing data out there that cannot be ignored. In Japan, the peak year for the highest number of fashion students in here was in 1985. After that, the numbers just get worse and worse. While in 1985 there were at least 500,000 students studying fashion, in 2015 there were only 30% of those numbers at about 150,000. If numbers keep going in that direction, then in 20 years there will only be 5000 students studying fashion in Japan (1/10 of the peak period).
Why? Is it because it’s becoming harder and harder to be successful as a designer, or in any other position in the fashion industry? That simply isn’t true. So then what is it? In fact, other creative fields like beauty, hair, nails, film, graphics, and photography are all also “difficult” fields and yet their number of students are growing. So then… why exactly are students here abandoning the fashion industry?
スクリーンショット 2016-07-07 14.57.41

yuimanakazato haute couture 2016

“日本人デザイナーがパリのオートクチュールに12年ぶりに登場”

そんな快挙を成し遂げたのは、レディガガをはじめとする海外アーティストなどへの衣装提供で知られるユイマナカザト。なんと12年前にモリハナエがオートクチュールショーを成し遂げてから、日本人の参加はご無沙汰だったというから驚きだ。もともと、衣装提供に力を入れていた彼は量産型のプロダクトづくりより、オーダーメイドで一点一点凝ったものを作ることに向いていると自己を分析しているし、今までのクリエーションをみてもそれは一目瞭然だ。

“It’s been 12 years since a Japanese designer was seen on the haute couture runway”

And with that, Yuima Nakazato took his ouvre of costume design for the likes of Lady Gaga all the way to the top stage, as a guest member of this year’s Haute Couture collections in Paris. As we all know, to show a haute couture collection during this fashion week, one must be specifically invited by the Chambre Syndicale de la Haute Couture so being asked to a guest spot is a huge honor.

12 years ago it was Hanae Mori with her ball gowns and intricate decor for ladies looking to be glitzy. But Yuima brought his own shade of glitz, in the form of his signature holographic fabric, which turnt out that runway like a future fantastic Bjork in hyperspeed.

yuimanakazato haute couture 2016