Category Archives: Fashion News | ファッションニュース

若手デザイナーの実態をチェック!文化服装学院ファッションコンテスト Best of Japan: Bunka College Fashion Contest Winners 2015

若手デザイナーの実態をチェック!文化服装学院ファッションコンテスト Best of Japan: Bunka College Fashion Contest Winners 2015

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

My alma mater, Bunka Fashion College, hosts several contests for aspiring designers throughout the year. Since it is nearing graduation season in Japan (February, officially) it was time for the biggest of the campus, the Bunka College Fashion Contest. This contest invites not only students from the Shinjuku main campus to compete for cash money prizes続きはこちら|Read the rest here

Free Wifi in Japan? It might not be a dream… 東京等が無料wifi化されるのが夢じゃないかも?!

Free Wifi in Japan? It might not be a dream… 東京等が無料wifi化されるのが夢じゃないかも?!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Haven’t we all dreamed of living in a world blanketed in wi-fi? The internet is the 4th leg of the three life essentials: housing, food, clothing…and mobile internet connection. First world problems, I know. But while having the world fully wired may be a pipe dream, I would settle for a near future of just続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

A trip inside the mind of avantgardist Hideki Seo セオヒデキの”ファッション”で”アート”な頭の中を旅できる!?

A trip inside the mind of avantgardist Hideki Seo セオヒデキの”ファッション”で”アート”な頭の中を旅できる!?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  If you’re a card-carrying fashion freak then you should need no introduction to Hideko Seo. As of now he is still the right-hand man of Azzedine Alaia, so there’s no contesting the level of his technical clothing-making skills. On the flip side, he is also a huge purveyor of making art out of his続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

“ネオ・ギャル”に”ネオ・イケメン”。「ネオ」ブームの次に登場するサブカルは?そして”ネオ・カルチャー”は海外に受けいられるのか? What’s Neo Gal, Neo Ikemen and the “Neo” subcultures?

“ネオ・ギャル”に”ネオ・イケメン”。「ネオ」ブームの次に登場するサブカルは?そして”ネオ・カルチャー”は海外に受けいられるのか? What’s Neo Gal, Neo Ikemen and the “Neo” subcultures?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  今やサブカルチャーというものは日本のファッションシーンにおいて重要なパートのひとつになった。ところがそれが世間に、”守り”、”誇るべき”ものだという認識がされ始めたのは最近の事。なぜ大切にされるようになったのか、それは: 世界規模のインターネットの進化 (それにより、トレンドが雑誌に限らずSNSからも生みだすことが可能になる)。 日本の経済悪化。(だが、ファッションとサブカルチャーは経済効果がある)。 官民ファンド、クールジャパン機構の設立。 特に、3つめの”クールジャパン”の影響は大きい。日本が自国のユニークなファッションを海外に押し出していけば、利益を上げる事ができると気付き、そしてクールジャパンファンドが立ち上げられ、本格的に海外に日本の商品を売り出していくべく動き出した。クールジャパンが出来る前、海外での日本のサブカル人気度などほとんど気にしていなかった時期と比べれば、とても大きな一歩である。 そして今、この新時代のビッグトレンドは”ネオ〇〇”。頭に「ネオ」をつけるトレンドは日本国内に留まらず海外でも人気を集めている。実のところ、国内発だけでなく、実は逆輸だったりして?!そして、それは最終的に海外で受けいられるか?日本で広がる”ネオ”サブカルについて具体的に掘り下げてみましょう。また、次に来る”ネオ”を大予想! Subcultures have long been an integral part of the Japanese fashion scene, but they weren’t considered something to be *protected* and *proud of* until recently. The catalyst for this is three-fold 1. The internet globalization 2. The struggling Japanese economy 3. The advent of the “Cool Japan” initiative.続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

15周年記念でヴォーグ日本を語るアンナデッロルッソ An interview with Anna Dello Russo, 15 years of VOGUE-ing in Japan

15周年記念でヴォーグ日本を語るアンナデッロルッソ An interview with Anna Dello Russo, 15 years of VOGUE-ing in Japan

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

ミーシャが文化服装学院入学のために日本へやって来る前、あるインタビュー記事をネットで読んだ。そこで卒業生が “食べ物を我慢してでも、自分のデザインを作るためにベストな生地を買う”と語っていた。”すごく熱心だな”と感心した。ファッションは暮らしを豊かにする。同じ事をSATCのキャリーも同じようなことを言ってたよね。彼女の名言、生きる糧は”VOGUE”だって。そう、今日のトピックはこれ、”VOGUE” (そろそろ来るんじゃないかと思ってたでしょ?) 特に、VOGUE JAPANについて。ラグジュアリーファッション界における日本のハイファッションコミュニティを15年間に渡りずっとリードしてきたヴォーグジャパン。世界各地に自国版を持つヴォーグの中でも、最も高いクオリティを誇るひとつとされる同誌は、世界の業界人からも一目置かれる存在だ。海外からの評価の理由は、日本語が読めなくてもクリエイティブなファッションフォトを楽しめるからだと思う。 記念すべき15周年記念の今年は、スペシャル企画を行ってきた。そのシリーズ第三弾が11月号。生きる伝説、フォトグラファーのMario Testinoと日本版VOGUEのディレクター、Anna Dello Russoによるファッションエディトリアル集。紙媒体がベストという方々は、バックナンバーがオーダーできますよ。じゃなかったら、デジタル版をたったの500円でスマホにフルダウンロードできる!(だから少し遅れたこの時期ににこの記事をアップしているのはしょうがなく、正式なデジタル版ですぐに手に入れるならば後悔はなし)。アプリはZINIOというものです。 このイシューは特にスペシャルだった。10月、VOGUE Japanはマリオとアンナ自身も参加し多くのセレブを招待した大きなパーティを東京で開いた。また同日、VOGUE Japanは数人の国内有力ブロガーをAnna Dello Russoと編集長の渡辺三津子さんとのカジュアルなトークセッションへ招いていただいた。 Even before I came to Japan to study at Bunka Fashion School, I had read an interview online with an alumni who said that even if she couldn’t afford food, she would buy the best fabric available to make her designs.続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here

Berlin’s Insane Alternative Fashion Week SS 2015 ベルリンの現実領域を超えた BAFWを体験してきた

Berlin’s Insane Alternative Fashion Week SS 2015 ベルリンの現実領域を超えた BAFWを体験してきた

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

My plans for a post-fashion month trip to Berlin consisted of making NO plans. It was a total coincidence that a new event called “Berlin Alternative Fashion Week” was being held in the city while I was there. And while I had no intention of spending another week chasing runways, when my friend (an art続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here