カテゴリー CategoryChinese Fashion | 中国スタイル

 90年代のビジュアル系が中国でリバイバル?!もっとも”嫌われている”ファッション族 SHAMATEを紹介shamate-chinese-trend-1

So Visual-kei as it was once known, a mind-f+ck of color and big hair and badass attitude a la Hide from X-Japan in the 1980s/90s… is alive! In China! Whodathunk?! But with some edits of course….  meet the tribe known as “SHAMATE”

 鮮やかな色使い、盛られた髪の毛、そしてまるで1980s/90s頃のX−JAPANのHideのような”オーバー”な雰囲気を兼ねそろえた「ヴィジュアル系」は、一時期とても人気だった。それが、今も生きているらしい!中国で!もちろん、少しアレンジされているけどね。ということで、中国で「最も嫌われているサブカル」として知られている「SHAMATE」を今回はご紹介しましょう。shamate-china-杀马特-2

I am not surprised at “Shamate`s” outlandish fashion or hairstyles, we’ve seen all of this before… I am just surprised to see it in China, where underground street style seemed to be non-existent . I went on a few research trips over the past few years to see what’s going on, but I was looking for used clothing shops (there really aren’t any…Chinese people want new things, not old things, I was told) or at “dirty” clubs like the Shelter in Shanghai which are still too hip for the Shamate, since they are considered outcasts.

風変わりなファッションとヘアスタイルで有名なShamateを見た時、私はあまり驚かなかった。それは、日本にいる私はもうすでにヴィジュアル系というカルチャーをよく知っていたから。だけど、何に驚いたって、それがアングラなストリートスタイルが存在しないと思っていた中国で見られるということ。ここ数年、何度か調査のため訪問したけど、古着の洋服屋さんさえなく(中国ではあまりなくて・・・中国人は、みんな新しいものが欲しくて、古着はあまり人気人気がないと聞いた)後、上海にあるシェルターというアングラ系のクラブで探していたの。だけど、Shamateはアウトキャストとされているから、そのようなところにでは見られなかった。

shamate-china-杀马特-11

shamate-china-杀马特-10

According to this article on Buzzfeed, the Shamate are school dropouts and often don’t live with their own families, instead running to the cities to become “families” with each other. There’s a heirarchy, with leaders, PR people, and workers all having a role to play. It reminds me a lot of the gyaru tribes in Shibuya back in the day, all moving together in groups. They too, were considered outcasts by society and gawked at like zoo animals. 

Buzzfeedのこの記事によると、Shamateは学校を辞めた人たち、なおかつ自身の家族と共に住んでいない人たちが、その代わりとして都市に出てお互いの「ファミリー」になっているんだって。どうやらここには、階層(ハイラキー)ともちろんリーダーがいて、PRの人も、ほかの人もみんな役割があるらしい。これを聞いた時、一昔前に渋谷でたむろしていたギャル集団を思い出した。彼らも動物園の動物みたいに社会からじろじろと見られて、相当なアウトキャストだったね。

shamate-china-杀马特-8

shamate-china-杀马特-12

The Chinese seem to be a bit more harsh in their criticism than Japan was toward the gyaru, and similarly the V-kei kids or gothic lolitas. I asked a Chinese friend to tell me more about it and she was quite disgusted.. “You think this is interesting?? It’s not cool at all. I don’t like it.” Well, we’re not talking about beauty contests here.  

中国では、日本よりももう少しギャルに対して批判的らしい。ギャルだけでなく、それはV系やゴシックロリータにも同じだ。中国人の友達に、もっと詳しく教えて!と聞いたら、彼女は嫌な顔をしながら「これ、面白いと思う?全くクールだと思わない。私は好きじゃない。」と言った。だけど、彼女は1999年のShamateの中国での出現についての記事を教えてくれた。

shamate-china-杀马特-13

shamate-china-杀马特-3

The name “SHAMATE” seems to translate to “Smart”, but apparently they dig themselves a hole in their surroundings by being reclusive, defensive and unruly instead of rolling with the punches..maybe not so smart. In any case, they have NO direct relation to Visual-kei other than the fashion style, and tend to prefer more hardcore EDM music instead. They also seem to have a mother “queen” who is leader of them all, who looks like a ghost/vampire hybrid (which I think is some awesome makeup skill, tbh).

What do you think about SHAMATE? I hope to see some evolution of more Chinese street style into something really unique and all their own.

SHAMATEという名前は、英語でいうとSmart(賢い)という言葉に訳されるらしい。だけど、彼らは周囲に落とし穴を堀りまくって、自身を隔離し、防御し、誰にも頼らないという少し反抗的な態度をShamate以外の人間にとるようだ。まあ、あんまり賢くはないかもしれない。とはいえ、ファッション以外には彼らとヴィジュアル系の間には全く直接的な関連はないらしく、X-JapanやBalzacのような音楽よりハードコアなEDMを好むらしい。それに加え、彼らには「クイーン」と呼ばれるお化けのような、ヴァンパイアみたいな格好をしたリーダーがいるようだ(このクイーンのメイクはとっても優れた技術力ではあるとおもう)

さあ、あなたはShamateについてどう思う?

中国のストリートスタイルがもっと発展してとてもユニークでオリジナルなものを生み出すことに期待。

shamate-chinese-trend-2

shamate-china-杀马特-9

shamate-china-杀马特-5

shamate-china-杀马特-1

 

Asst editor Lisa Ishiwata

何What For?何ピエールバルマンとステラルーナ?何レトロWong Kar Wai的なデザイナーズ宿?一体何よ、上海?!

shanghai-2013-pierre-balmain-4

The Paramount, Shanghai パラマウントシアター、上海

It all started with an Instagram. I was wearing a pair of “What For?” shoes in a snapshot from Tokyo Fashion Week, and the head of PR there saw it. “Why don’t you come to Shanghai for our event next week?” 

And I was off! “What For” is the younger sister line to Stella Luna, the wildly popular shoe line in China and Asia with a staggering number of something like 200 stores…. *_* And one in Paris, too. The crew in Shanghai was holding a “retro-modern” pop-up shop to celebrate a collaboration with big HK-based accessory brand Daydream Nation. I went in and dressed up the store with Plumb wigs and Tokone tights to add some neon funk. I did interviews with Chinese Youtubes Tudou and Youku on shoe trends and even talked about my 2.5 Dimension personal style. We then snapped “vintage” purikura and munched on macarons for a day well filled.

ことの始まりはinstagramにわたしが投稿したある写真から始まった。東京ファッションウィークのある日、以前仕事を一緒にさせて頂いたことのあるWhat for?という中国のブランドの靴を履いていたのだが、ちょうどそれを見たそのブランドのPR担当から、“来週うちのブランドが上海でイベントをやるんだけど、来てくれない?“とコメントが。仕事のためならどこへでも、が信条の私は二つ返事で上海行きの飛行機を予約。

What for?は、中国を中心に高い人気を誇るシューズブランドであるStella Lunaのヤングラインで、販売店舗数はアジア全土で200にものぼるというから驚きだ。今ではパリにも支店をもつこのブランドが今回本国である上海で、また他の香港を拠点に置くアクセサリーブランドDaydream Nationとのコラボポップアップショップをオープンするということで、特別ゲストとして今回オープニングに飛び入り参加させて頂きました!そしてなんとこのショップで急遽私のブランドPlumbと、私のお気に入りレッグウェアブランドTokoneもディスプレイもらえることに!そしてTudou、YoukuといったYoutube的な動画先でインタビューをしたあと、優雅な週末を過ごそうとコーヒーショップで計画を立てていた時のこと。

shanghai-2013-pierre-balmain-1

shanghai-2013-pierre-balmain-2

shanghai-2013-pierre-balmain-3

Cute metallic tweed pumps! こメタリックツイードパンプスもかわいい★

shanghai-2013-pierre-balmain-24

So I extended my trip and was going to spend the weekend working from some of the cute coffee shops in the French Concession when I woke up the next day to a message: “SOS! We have a VOGUE China fashion show tomorrow at the mall! Can you help style for Stella Luna and Pierre Balmain?”

Oh!! Weekend plans foiled, but I enjoy having a purpose to be somewhere SO much better! A day off? Huh?

So after a faboo lunch with the VOGUE China editors, Stella Luna group PR head Anna and I went shopping— and we pulled off the VOGUE China x Stella Luna and Pierre Balmain show the following day with aplomb! The show was held at Grand Gateway mall which is rival to Plaza 66 in terms of swankiness. The malls are constantly holding PR events such as this, I bet it’s hard to keep up…(and if you have store there you better comply with all the events lest the mall move your store to a space in the back..no joke!).

同じく先のPR担当の方かた一本の電話が。“大至急!今週末中国版VOGUEの企画でStella Lunaとピエール•バルマン(中国では彼女の会社がこの2つを取り仕切っている)のショーがあるんだけど、スタイリングをお願い出来ないかと思って!” ということで、優雅な週末のプランはお預けで急遽衣装の手配に追われることに…でもやっぱり仕事してる時が一番幸せなんだもん、喜んで休日くらい返上します!

そしてStella LunaグループのPR、中国版VOGUEのエディター達というメンツに囲まれてランチをした後、衣装の買い出しに上海の街を奔走すること丸一日。ショーが開催されたのは、Grand Gatewayというモール。このモールは市内でも屈指のハイセンスなショップが並ぶ注目のスポットとして名が通っているため、同じく人気のPlaza66とはライバル関係と揶揄されることもしばしば。

shanghai-2013-pierre-balmain-10

shanghai-2013-pierre-balmain-25

shanghai-2013-pierre-balmain-26

shanghai-2013-pierre-balmain-27

 

shanghai-2013-pierre-balmain-8

 Anna looking like a doll in Plumb! I`m wearing my new What for shoes that match my Fangophilia ear cuff.
Skirt is Wonderanatomie, Jacket is Beautiful People. Glasses by Moo Eyewear

Inbetween all of this, I managed to see the city a bit. I love, love, love Shanghai thanks to its crazy mix of uber-futurism and old-world art deco architecture. Speaking of art deco, I stayed at a hotel called Casa Serena right across the street from Xintiandi that was like something straight out of a Wong Kar Wai film. So Chinese noir! And it’s a boutique hotel with two hip restaurants, a spa and was NOT that expensive. I booked through agoda.com and got an amazing deal.

その前に、上海のシティウォークを少し。上海の街は、超が付くほど近未来的でありながら、歴史を感じさせるアールデコ様式が随所に点在しており、独特のミックス感を醸し出している。私の滞在していたCasa Serenaというホテルもアールデコ様式の美しい建物で、Wong Kar Waiの映画から飛び出してきたようなインテリアが素敵でした。ホテル館内のレストランもスパも素敵で、値段もそこまで高くないので、これから上海に旅行に行くことを考えている人は是非一度からagoda.comでもチェックしてみて下さい!

shanghai-2013-pierre-balmain-7

shanghai-2013-pierre-balmain-22

shanghai-2013-pierre-balmain-21

shanghai-2013-pierre-balmain-23

iPhone dock! iPhoneドックもあって、超モダン

The nightlife in Shanghai is extremely varied… one night I was above the world in fancy places like Bar Rouge, Mint, Muse, Unico etc, and the next I was at local artist and hipster joint Arcade and The Shelter. The latter is one of the dirtiest, darkest, dank and COOLEST clubs I have been to. It’s literally “underground” and just a huge concrete bomb shelter(?) room covered in graffiti. You wouldn’t really see it though because the only lights in there emanate from the bar on the far side of the room. The music was HYPER and people were dancing like they meant it. It was great to just go wild. 

そして上海といえばナイトライフ!ゴージャスな上海ナイトは、ある日は超高層ビルにあるBar Rouge, Mint, Muse, Unicoというバーで行われるパーティーであったり、ある日はThe Shelterというグラフィティのひしめくアンダーグラウンドなクラブ、とにかく毎日がお祭り騒ぎ!その場にいる人たちもみんなクレイジーなくらいノリが良くて毎晩最高にファンキーな夜を過ごしました。

shanghai-2013-pierre-balmain-6

shanghai-2013-pierre-balmain-5

shanghai-2013-pierre-balmain-19

Here I was with Sonja, owner of “Alter” and Masha Ma at Unico. Masha Ma is like the TOP designer in China, and on the Paris Fashion Week schedule. She was actually very very cool and humble. And the 3 of us drank that whole flute!
ここでは、Alterというお店のオーナー、友人のSonjaとMasha Maというデザイナーと3人とめちゃ呑みした。実はMasha Maはチャイナでトップなデザイナーの一人で、パリコレのオフィシャルでショーを開催してる。でも楽しくて、謙虚あって、ファンになりました★

 

shanghai-2013-pierre-balmain-20 The deep tunnel leading to The Shelter
The Shelterへ導くトンネル。深い!

I actually happened to be in Shanghai during their Fashion Week. And we in Tokyo thought we had some problems…. well. Let’s just say that most fashion people don’t even really acknowledge it, and complain about lack of organization and attendance and The Government messing up the image (hey! This all sounds like Deja Vu). The tents are set up in Xintiandi.

I actually saw one show off-schedule, La Chambre Miniature. They actually served us wine and champagne. Fashion! I like the minimalistic structured lines and sequin series. 

そして私が滞在していた時、実は上海ファッションウィークが開催されていたのですが、おそらく日本にいる人はほとんどがこのことについて知らないのではないでしょうか?というのも、現地のファッションピープル曰くファッションウィークの運営団体の働きかけが行き届いていないせいで、海外などに対するアピールが全くといっていいほど行われていないそう。あれ、これって中国だけの話かしら?

というわけでファッションウィーク中、オフスケジュールで開催されたLa Chambre Miniatureのコレクションをちょっとだけレポート。構築的なデザインと、スパンコールのシリーズが最高にクールでした。

shanghai-2013-pierre-balmain-17

shanghai-2013-pierre-balmain-18

shanghai-2013-pierre-balmain-15

Above: VOGUE China stylist Yi and Sonja, and Sonja’s shop Alter below. She’s going to be expanding to a 2nd shop and cafe later this year! Go girl~
上はショー後にVOGUE チャイナのスタイリストのYiとSonjaと合流。SonjaのショップAlterは下載。彼女は年末に2店舗をオープンするとビジネスのりのりのサクセスウーマン。

 

shanghai-2013-pierre-balmain-14

 Every brand seems to be available in Shanghai..but I wanted underground! Where could I find some REALLY good local fashion? I think I finally found the spot: Dong Liang!

 It’s the name of a select shop that sells 3 floors of local indies designers in a cute cottage house and I was in love. I picked up a top and a cool collar here. They didn’t really want me to take photos inside, but then they asked me to take *my* photo so I insisted on a trade-off ;)

その他に現地で発見したクールなショップといえば、Dong Liangというローカルなインディーズ系を扱う名のセレクトショップ。3階建てコテージ状のローカルショップであるこちらは、中国デザイナーのものを多くあつかっており、特に気に入ったこちらのトップスとカラーをお買い上げ。店内の写真を撮らせてほしいと言ったところ、最初は断られかけたものの、あちらが私の写真を撮りたいと申し出たため、物々交換方式で特別に撮らせてもらいました笑

shanghai-2013-pierre-balmain-11

shanghai-dong-liang

Looking forward to going back to Shanghai! But not in the summer. NOOOOOOO. No summer. Nope nope nope. +_+

次にまた上海に来られるのはいつになるのか、すぐにでもまた行きたいけど、灼熱の夏場だけは勘弁かな…(マジ勘弁!) 

 shanghai-2013-pierre-balmain-12

shanghai-2013-pierre-balmain-13

おー、上海!久しぶり!最近はどうだい?ずいぶん成長してるね!・・なんて話かけようっと。

shanghai-streetstyle

from p1.cn

Besides November, I have been called overseas with my blog every month since last September and now I’m on my way to Shanghai for a last-minute trip. It wasn’t until this time that I actually, really, honest to god felt like a g*%#$€ blogger.  

I’m not sure what I’m going to get up to this time, but shanghai is one of my favorite cities in the world so I’m really curious as to how it’s changed since the 12 months ago I last came. the one thing I always really look out for is street style and street brands and I’m really curious to see if it will evolve like it has in neighboring tokyo, Korea, Taiwan and Hong Kong. 
 
昨年の末あたりから、何のご縁か毎月どこかしら海外に呼んでいただいているのですが、今回の行き先は上海です。というのも、今ちょうど向かってるところなのですが、ここ最近の傾向として、“ブロガーの”Misha Janetteという括りでお声がかかることが増えてきたので、そろそろ私も本格的にブロガー宣言をすべきか考えながら搭乗口に向かいます。
 
例に洩れず、現地で何をするのか詳細が分からないままなのですが、とにかく上海は大好きな都市なので思う存分楽しみたいと思います!(もちろん、仕事もしながら)最後に上海に行ったのはちょうど一年前、その時と街の様子がどれだけ変わっているかしっかりと観察すること、あとはストリートのファッションも興味深いがあるし、ストリートブランドは何が人気なのかも知りたいし…
 
Of course, many fashion people are already in LA for coachella so it may be quieter than usual…which is still screamingly loud since this city is really hardcore. Tomorrow I’ll be at the What For x Dream Nation popup shop at Gand Gateway Mall (see below). After that hanging around ALTER at Xintiandi. If anyone is around, say hello!If my VPN is set up correctly I’ll still be able to keep in touch via twitter and Facebook…otherwise, try and assume I haven’t died (or whatever suits you mmkay)
 
この時期、ファッションピープルの大半はLAのCoachellaにいることと思われるので、恐らく上海はいつもより閑静かと予想されますが、それでもエネルギー溢れるこの街のこと、きっと何か面白いことが待ち受けているに違いない!まず明日はグランドゲートウェイモールにオープンする、シューズブランドのWhat for?とDream Nationのポップアップストアにお邪魔して、そのあとXintiandiのAlterにて散策する予定です!近くにいる人は是非寄って行って下さい!あと日本にいる人は、もしかしたら中国のネット環境の影響で連絡が取りづらくなるかもしれませんが、生きてますのでご安心を!
shanghai-whatfor
shanghai-whatfor2