カテゴリー CategoryBest Japanese Brands 2016 | 最強日本ブランド 2016年保存版

kansai yamamoto 2016

「ツアーで着たい」

デイビットボウイのそんなひと言からはじまったふたりの関係。
日本のスピリットとボウイの世界がバーンとぶつかったような衝撃的なあの図は今や伝説的だ。

一方2016年6月、満を持して山本寛斎さんが動き出した。
今までのアーカイブからグラフィックをリバイバルしたカジュアルウェアのブランドをスタートしたのだ。

今回のリバイバルライン「kansai yamamoto」は、デイビットボウイに対する寛斎さんなりの想いも込められているのではないだろうか。
男の友情、ロマン、そういう言葉の似合う方だから。

“I want to wear this on my tour”

And with these words, the longstanding relationship between designer Kansai Yamamoto and David Bowie (nee, Ziggy Stardust) began. And how these two created something new by smashing together Japanese culture with Bowie’s charismatic style is now stuff of legend.

And on June of this year, Kansai Yamamoto is embarking on another journey, trying to keep the legend alive with a brand that is far more accessible than any of his artistic pieces have ever been.

This “revived” line is called “kansai yamamoto” (stylized in small letters) and very likely came about from Kansai’s desire to re-approach the relationship he had with Bowie, in a romance that was born from art.

david bowie in kansai yamamoto costume

  1. model wears yohei ono 2016 fw collection

“ファッションを見ること”を仕事にするということ。それは、毎日毎日何時間も洋服を見るということ。そんな日々の繰り返しの中では時に、コレクションやブランドに対する意見が変わり、浮かび上がる評価は曖昧な空模様のように不安定だ。

今まで見たことないから、”良いもの”なのか?(それがやりすぎでも?)売れる服が”良いもの”だと評価されるべきなのか?(これといった特徴がない服でも?)それはむしろ数学的で、分析しアルゴリズム的手順を踏んで導かれる。それを意識しすぎると、楽しいはずのエキシビションやショーが途端に色を削ぎ取られてしまう。

でも、どのコレクションにも、”何か”感じるものが見つかるはず。チェックリストなんかにはハマらない、”何か”を感じることがある。それこそが、Yohei Ohnoの2016秋冬コレクションに対するミーシャのフィーリング。個人的な意見だけど、東京のこのシーズンでベストのコレクションの1つだと言える…

When it becomes one’s job to look at fashion all day long, every day of the year, your opinion on a collection or brand can ebb as precariously as the rainy season’s skies. Should I say it’s a good collection because it’s something I have never seen before (even if it’s far too much?). Should a collection be called good because just maybe they made something that might sell (but looks like everything else?). So it becomes very analytical and follows an algorithm like x2+$y=★. It really starts to take the fun out of trawling through exhibitions and shows.

But then every once in a while a collection comes along where you can see there’s something in there…it speaks with feeling, not with a checklist. That’s what I felt with Yohei Ohno’s FW 2016 collection and I have to say this collection his all the makings of being one of the best to come out of Tokyo for the whole season.

model wears yohei ono 2016 aw collection

 

model wears Hisui 2016 FW from Tokyo

 

ヒスイの2016 FW コレクションは、私たちに、世界の新しい見方を示してくれる; 「The gap between things」というタイトルのコレクションでは、”透き間”に着目し、写真からインスピレーションを受けたシルエットやパターンで、空間を表現した。

ヒスイのデザイナー伊藤弘子さんが彼女の作る服で、新しい世界を魅せてくれるのは初めてのことじゃない。ただ、今回のコレクションは過去の作品と比べても、すごく繊細さを極めていると思う。ヒスイは、メッセージとして作品に政治的な主張を込めたり原爆反対のランウェイをしたり、お金へ執着することをちゃかしたりもしていた。“普段、他のファッションブランドが手を出さない隙間に飛び込むヒスイ”

The Hisui 2016 FW collection invites us to look at the world in a new way; specifically the negative space of our surroundings, in  a collection titled “The gap between things”. In it, she took inspiration from photographs and created silhouettes and patterns, paying particular attention to the negative space in them.

This isn’t the first time the designer of Hisui, named Hiroko Ito, has challenged us to view the world in another way through her clothes. It is much more subtle than in the past, however. In fact, Hisui has never been shy to get political or take on the status quo, even protesting the nuclear plants several times on her own runway and making fun of the obsession with money on another. She takes the cracks in society and the world around her and throws them headlong into her collections with subtle juxtaposition to the superficial nature of the fashion industry. The question then is why hasn’t she caught on outside of Japan, as we all know the West loves a good controversy, and Hisui as a brand has been around for over a decade….

 

hisui-2016-FW-25

 

model wears 20,000,000 fragments genderless clothing 2016

20,000,000 fragmentsという日本のブランドは、まさにノリに乗っていた時期に長い沈黙へと突入した。それが、今年になって復活したのだ。復活コレクションは、すごくシャープで、ナイフよりも鋭いほど。さらに、最近すごい勢いで膨らんでいるジェンダーレストレンドをクールに表現している。ハイファッションにおけるジャパニーズジェンダーレスとはどんなものかって?それなら、20,000,000 Fragmentsの2016秋冬コレクションをみれば自ずと見えてくるでしょう。

20,000,000 fragments is a Japanese brand that was riding high in the early aughts but then took a long leave of absence. It has re-emerged this year looking to make a come-back, with a collection so sharp it could cut knives. It has also hitched onto the very cool “genderless” trend that seems on the verge of blowing up into something HUGE. If you are curious about what that Japanese “genderless” trend is when it concerns high fashion, then just take a look at this 20,000,000 Fragments 2016 AW collection and it will all become very clear.

model wear 20,000,000 fragments genderless clothing 2016

a model wears infanonymous 2016 FW

このブログは、完全にミーシャの趣味趣向によるもので、ビジネスとは一線を引いている。だから、おもしろくないブランドや、主張とかセンスを感じないブランドを扱う事は無い。つまり、このブログで紹介しているブランドは、応援したいと感じているブランドで、中にはもっと注目されるべき!というものも少なくない。そしてそのひとつが今回取り上げるインファナニマス。福嶋達郎さんがデザイナーをしている日本のブランドで、クリエイティブなブランドに必要な全てを兼ね備えていると思う。=カリスマ性、ユニークさ、力強さ、そして才能。

2016秋冬コレクションは”顔”にフォーカスている。メンツを保つ、メンツを立てる、3年目の大切な時期と向き合う…このシーズンは成功するかどうかの分かれ目だと言われる。大きなオーダーを取れるか、自分のクリエーションの方向を固められるか。さて、インファナニマスは、節目である3年目にどう立ち向かうのか?

This blog is a labor of love, so I don’t mess around with boring brands who have no voice or sense of self. With that said, among the collections I write about, there are a few that I think deserve an extra heap of attention. One of those is Infanonymous, a Japanese brand designed by Tatsuro Fukushima. It’s got all the elements of a great brand in the making such as charisma, uniqueness, nerve and talent.

The Infanonymous 2016 FW collection was all about face. Saving face, giving face, and facing that all-important 3rd year hump. It’s where every new brand can make it or break it, when they get those big orders, and stick to their guns as creatives… or not. So now as Infanonymous enters its 3rd year, how do they fare?

infanonymous_2016_fw-13

 

Koshiro Ebata 2016AW 4

 

KoshiroEbataの2016秋冬コレクションはかなり前衛的。ファッション大好き人間だと自負しているみなさん、インスピレーションを探しているならぜひこれを見るべき。彼のデニム×レザーコレクションは見て、着て、経験する価値ある。タイトルは「スパイラル」。

Koshiro Ebata has produced one of the most fashion-forward collections of the Tokyo fall winter 2016 season. So if you’re into fashion with a capital F and looking for some inspiration, then scroll down to see his denim and leather collection titled “Spiral”.

Koshiro Ebata 2016AW 12

jennyfax_taiwan_show05

台湾で生まれ、ベルギーでファッションを学び、現在東京ベースでブランドを展開しているジェニーファックス。あらゆるジャンルが飽和状態になりつつある東京という街で、特に異彩を放っているユニークなブランドだ。先日、デザイナーのジェンファンは母国である台湾で自身初のファッションショーを行った。モデルには現地の”普通の”子を採用し、”普通の”台湾ディナーを会場に。ジェニーファックスは”普通”とはほど遠い。でも、ジェニーファックスのファンの子たちは”日常着”としてそれを着る。

Taiwan born, Belgian-trained and Tokyo-based fashion brand Jenny Fax is one of the most unique labels in a Tokyo bathtub already brimming with eclectic personalities. Recently, the designer (born Jen-Fang Shueh) had her first fashion show in her home country of Taiwan. Although she hired “normal” local girls for the show, and held it in a “normal” Taiwanese diner, Jenny Fax is anything but normal, and neither are the girls who wear her clothes going about their “normal” days.

jennyfax_16fw_03

lactose-intoler-art-brandon-reierson6

90年代ファンのみなさん、90年代のカートゥーンアニメキャラが好きなみなさん、ぜひLactose Intoler-artを紹介したい。デザインをするのは、東京をベースに活動するBrandon Reierson。彼のクリエーションに興奮する事間違いなし!イラストはアメリカのアニメの『ラグラッツ』+『アー!リアルモンスターズ』等+日本のストリートスタイルをミックスしたようなスタイル。復刻ブームする90年代のパワーは、彼のブランドだけでなく、原宿ファッションへも影響し、実にユニークな動きを見せている。

If you were a 90s kid, or just love American cartoons from that period, then you’ve got to take a look at Lactose Intolerart. Tokyo-based artist Brandon Reierson’s designs are what you’d get if Ahhh! Real Monsters got together with The Rugrats and went all went shopping together in Koenji. His brand has been steadily growing a fan-base both in Tokyo and abroad, thanks to the incredible power of the 90s nostalgia boom, tapping into both that and the Harajuku fashion niche for a truly unique take on fashion.

 

lactose-intoler-art-brandon-reierson4