装苑による『文化服装学院お仕事BOOK』

装苑のお仕事BOOKにミーシャジャネットが載っている

I was just sent my copy of the “Fashion Industry Job Book”, a sort of who’s who encyclopedia of selected Bunka Fashion College graduates. I was pretty shocked yet delighted to be asked to be in it, because there are so many amazing graduates out there in the fashion industry now besides me.

I was flipping through it and stopped at a picture of Chiho Oide, from my graduating class! She’s a pretty popular model for PS magazine now, and I am so proud of her! In fact, just recently I was running around backstage reporting on the Girls Award show, and I run right into Chiho all dressed up and looking gorgeous for the runway. Also from our graduating class is Miho Tanaka who is an excellent editor at SO-EN magazine. It’s very surreal to think that only four years ago we had no idea if we would be “allowed” into the hallowed doors of the enviable fashion world. And for me, I came an especially long way to get here.
丁度いま、私の手元に『ファッション業界お仕事ブック』が届いた。これは文化服装大学卒業生のうち選ばれた83人が載っている保存版BOOK。このブックで取材依頼が来た時、嬉しさと同時に少しショックも感じた。だって、私のほかにファッション界にも素晴らしい方達が沢山いるんだもの。私はまだまだ未熟すぎるんじゃないの?と頭をさげながら撮影とインタービューを受けました。
完成版のページをめくっていると、ふと目にとまったのが私と同じ年に卒業した大出千穂!
彼女は現在ファッション雑誌PSなどで人気モデルとして大活躍中。そんな彼女を私はとても誇りに思う!それに、実はついこの間ガールズアワードのバックステージ取材で走り回ってる時、チホにばったり遭遇したの!ランウェイのためにドレスアップしていて、とてもゴージャスだった。他にも、同じ年に卒業して、今は装苑の編集部でバリバリ活躍している田中美保ちゃんもいる。
今こうして、この時間を過ごせている事がとても不思議に感じるな。4年前は、この手の届かないファッション界という夢のまた夢のような世界の扉を開くことさえ許されるか全くわからなかったから。特にはるばるアメリカからきた私は、日本で成功できるか?どの道を選べばいいか?と不安たくさん抱えてたもの。
So En magazine's Industry Directory
続きは下記クリックして全レポートご覧下さい!| See the rest by clicking below
interview in Bunka Fashion College's  newest catalog
I am also featured in an interview in the newest 2012 school year pamphlet for Bunka Fashion College with my homeroom teacher, and it just compounds this surreal feeling I get when I think; I`m living my dream, working in the fashion industry in Tokyo. And to think I came here from a little town in Washington State, USA.
I finally don’t feel like an outsider here anymore, although I have come to accept that I will always stand out in Japan no matter what. But I actually have decided to keep one foot outside of the circle on purpose. This way, I never lose my own personal, unique perspective when looking at the fashion here in Japan. It’s best for me and also for the designers I`m analyzing.
Right now I`m only dipping my toes in the water! There’s so much more I want to do, from styling to designing and more, MORE collaborations!
Maybe I will someday be featured in the Job Book again, this time with a different title ;) After all, just 6 years ago youtube didn’t exist, “blogger” wasn’t a career path and it is highly possible that what I will do in 10 years doesn’t exist yet. How exiting!

 

私は、2012年度の文化服装学院の入学案内ブックにも載っている!元担任の先生と一緒にインタビューをうけた。その時間も、まるで夢の中にいるようだったな。アメリカ、ワシントン州の小さな町から来た私が、東京の大きなファッション界の一員として今ここにいるんだってね。
もうここで自分が外部者のようには感じない。いくら頑張って、何せよ、常に皆より目立つことは覚悟してはいるけどね。けど、枠から一歩外にはみ出すのはいつも心掛けている事、あえて。こうしていれば、日本のファッション界にいても自分のスタイルや独特見方を見失うとはないからね。私にとっても、私が分析するデザイナーにとってもそれがベストだと思うの。いまはまだ、水につま先だけが浸かってる状態!挑戦したいことはもっともっとある。スタイリングにデザインに、そしてみなさんとコラボレーション!もしかしたらまた業界ブックに登場出来るかも。けどその時はちがうジョブタイトルでね!だって、たった6年前はyoutubeは存在しなかったし、「ブロガー」で一流になれることなんても考えもしなかったな。10年後、いったい私はどういう仕事をしているのか、いまは想像できない。存在しない仕事かもしれない。考えているだけでエキサイティングだね!
-Misha Janette
Editorial Asst. Megumi Ishimura
Tokyo Fashion Diaries symbol