Models at Bunka Fashion College in Tokyo

先日、イギリス発業界サイト ビジネスオブファッション (Business of Fashion.com) のランキングで世界二位の服飾学校となった文化服装学院。不動の1位は王者、セントマーチンだけど、パーソンズやFIT、を押さえてのランクインとはすばらしい。

これを際して、卒業生のミーシャやその他の関係者に同サイトからインタビューの依頼が来た。内容は、何がこうも文化服装学院のアイデンティティーを確立させたのか。一応、そのインタビューはこちらで掲載された(英語)。ちょっと語り足りなかったので、ここで補足したいと思います。

 

Bunka Fashion College (called Bunka Fukuso Gakuin in Japanese), was recently named by Business of Fashion as the number two best fashion school in the world.

That’s…incredible. It even beat the likes of Parsons, FIT, and well, everyone but Central St Martins.

As a graduate, BoF reached out to me to find out what makes the school so different from the others, and an article was written all about it. There were a few points that I offered that didn’t make it to the final cut, and I’d like to add them here.

 

 

なぜ文化服装学院は世界にこんなにも魅力的に映っている?それはこれまで、多くのジャパニーズスターデザイナーを排出してきたからだろう。

例えば…KENZO、ヨージヤマモト、その娘であるリミフゥの山本リミ、ジュンヤワタナベ、ツモリチサト、BAPEのNIGO、アンダーカバーの高橋盾、KOLORのジュンイチアベ、イッセイミヤケデザイナーであるミヤマエヨシユキ、ケイタマルヤマ、DRESSCAMPの岩谷利和、matohuの堀畑裕之と関口真希子、FACETASMの落合宏理、ソマルタの廣川玉枝….挙げればキリがない。評判は、実績がこれでもかというくらい証明している。

私は何回も文化服装学院の体験を、留学生の視点からこのブログで書いたことがある。過去の記事ではミーシャの体験や感じた事をありのままに紹介してきた。気になる方はここで読んでください。こういった内容の記事をあげて以来、必ず週一回くらい外国の人から「文化服装学院についてアドバイスしてほしい」という連絡がくる。それほど文化のレピュテーションが世界に広がっているわけ。

もっともみんなが気になること:「文化は海外の学校とどう違う?」

Bunka Fashion College is an institution in Tokyo that has produced a heck of a lot of fashion designers in Japan.

Here, let me name some: Kenzo Takada of Kenzo, Yohji Yamamoto, his daughter Limi Yamamoto of Limi Feu, Junya Watanabe, Tsumori Chisato, NIGO of Bape (who famously claims he dropped out but I was told he DID graduate…#thuglife), Jun Takahashi of Undercover, Junichi Abe of KOLOR, current Issey Miyake designer Yoshiyuki Miyamae, Keita Maruyama, Iwaya Toshikazu of Dresscamp…the Matofu duo…Hiromichi Ochiai of Facetasm… Tamae Hirokawa of SOMARTA…shall I continue? It’s not the only fashion school in Japan by a long shot, but it certainly has the widest reputation.

I graduated in 2007 and have already written extensively what it was like, and the differences I perceived in studying here vs. studying at a fashion school in the west which you can read here (my tongue was planted firmly in cheek back then, though so be forewarned).

There’s one point I made that I offered to BoF which I mentioned in my blog post way back when, and here I will reiterate it. So what do I think is the biggest difference in education that makes Bunka stand out from all the rest?

 

 

Fashion show by students who attend Bunka Fashion College

 

よくも悪くも”グループ行動”

 

なぜ、文化服装学院がこんなにも突出しているのか?それは、日本だから。いや、外国じゃないから。と言おうか。おそらく、外国人がもっとも勘違いするのは「日本は西洋文化を取り入れているから、西洋のマインドとはさほど変わらない」ということでしょう。実は日本の文化はそこまで欧米化されていないと思う。まだまだ日本独特な方式が一般流。文化服装学院の教育は根本的にアメリカやヨーロッパのそれとは違う。国の認可校であり、きちんとした日本らしいカリキュラムを設けている。西洋の服である洋服を、日本式に学ぶことで生まれる独自の感性や視点が、世界で戦うデザイナーたちの大きな強みとなっているかもしれない。

日本の教育において、グループ行動というのは大きな要素になっている。

と聞くと、外国人はネガティブな印象を受けるだろう。みんなで決められた事をするなんて、自由が無い…みたいに。でも、実際ロボット製造のような教育がされているわけじゃなくて、そこに身をおいたミーシャ自身も実感したように、グループの一員に成って皆でひとつの事に向かうことは、たくさんのポジティブな効果ももたらす。

 

Group Mentality

One of the reasons that Bunka stands out so much from the rest of the world is simply because: this is Japan (or said differently…this is NOT the west). The education here is fundamentally different from that of The Americas and Europe, and just because Bunka is a fashion school doesn’t mean it doesn’t follow those norms set by the rest of Japanese society. This means you’re going to learn about western clothing, but in the Japanese way. This in turn creates a different viewpoint that the Japanese designers might be bringing to the table.

One of the main components of education in Japan is “Group Mentality”.

Now, many will hear group mentality and only think of the negative; following each other’s patterns and footsteps, or no free thinking. But in fact, it’s not just about breeding Lemmings. I found a lot of positives to come out of learning to be a part of the group and being conscious of its mechanics.

 

Model at Bunka Fashion College

チームワークvs 独学

海外のファッションスクールでは、一年で一番大きなイベントというと卒業ショーだ。学生たちはそれぞれのミニコレクションをそこで発表し、多くのバイヤーやエディター、大きなメゾンが観に来ては契約したり、記事にしたり、アシスタントとして雇ったりと、卒業後の活動に大きく影響する。ファッションエディターのイザベラブロウはセントラルセントマーチンの卒業ショーで見たアレキサンダーマックイーンを有名にしたことで知られている。

一方、文化服装学院の卒業ショーは海外の有名校ほど大きなものではない。ひとつのショーの中で、何人かの生徒が数体、年度末に発表するという形式。でもこれは、文化服装学院にとって、年間最大イベントではない…

じゃあなにが一番のビッグイベントかって?それは、卒業作品と違って、誰ひとりとしてクレジットが載らない文化祭のファッションショーだ。3日間で15講演以上もあり、毎年2万人以上もの観客動員数を誇る。

11月3日の文化の日を挟んで3日間行われる文化服装学院の文化祭では、数シーンで構成される大きなファッションショーが目玉イベント。

全学科が協力して作り出すショーで、企画メンバーを中心に縫製、アクセサリ、ヘアメ、PR、モデル、証明、音響、舞台など多くのパートから成る。

(ちょうど先日2015文化祭のショーを見て来たので、写真をご覧あれ!)

エンターテイメントに富んだ演出と洋服、そこには個人のデザイナーは存在しない。全てはチームワークから生まれる。作業中心のパートと、演出のパートがあって、それぞれが放課後に活動する。企画メンバーは半年も前から放課後に集まり準備を始めている。時に、終電で帰ることもあった。とてもハードで大変だけれど、経験した事の無いような充実感があったのを、今でも覚えている。もちろん、文化祭に向かって皆で歩んだ日々は楽しかった。でも、ポートフォリオには何も載せられない。

本当に、文化祭のショーは素晴らしいことだと思う!

「で?」と思う人もいるでしょう。日本では当たり前かもしれない。でもなぜ、わざわざ文化祭を取り上げるかというと、これは海外ではなかなか珍しい発想だから。専門学校ですべての学生が力を合わせてショーを作るというのは海外のファッションスクールでは考えられないことでしょう。もちろん、海外の教育には幼い頃からグループプロジェクトなどをよくするけど、大学や専門学校までいくと、それは「グループのために頑張らないといけない」から「自分のために頑張らないといけない」というマインドに変わると思う。※みんながみんなこうではないけど、ゼネラル的に競争社会はここから始まるから。

 

Graduation Collections vs School Festival

 

In the west, the biggest event of every fashion school’s year is the graduation collections. Students put out mini collections and buyers can pick them up, big fashion houses hire them as assistants, and magazines can write about their favorites. Fashion editor Isabella Blow famously bought Alexander McQueen’s entire graduation collection when she saw it at Central St. Martins.

But Bunka does not do graduation shows like most other big fashion schools do them. Students might show off one or two creations in one big show at the end of the school year, but it’s nothing like those at St Martins, etc, and is not the most important show of the year.

No, the most important collection of the year is where no students get single credit at all for their creations. It’s called the School Festival (Bunkasai), and it brings 20,000 guests every year.

The school festival is celebrated at every school in Japan in early November, and at Bunka, they prepare an extravagant fashion show of about six different mini “collections” in a show that is put on a dozen times over three days.

This event is carried out by every student on the campus, with some groups in charge of sewing, others work on the patterns, accessories, hair and makeup, PR, choreography, lighting and more.

(I just attended the School Festival Show for 2015, so those are the photos you see in this article).

The show is more entertainment than trying to show wearable, sellable collections, and it has nothing to do with individual designers in the school. This pounds into students’ brains that teamwork is of utmost importance. If you can’t be a part of a team, then you’re out. I remember being on two teams preparing for the festival, and the workload and practice after classes was so intense, we would be taking the last train home sometimes. It was hardcore, but of course there was also a deep satisfaction to it (and it was surely fun). But it was nothing I could put in a portfolio for a job.

 

Bunka Fashion College in Tokyo School Festival show 2015

 

社会競争の激しさ

そう、社会の競争なんだけど、海外ではそれは若いときから始まる。そして、それには「成績」が大切。口、人脈、自分PR、ルックス、スキル。全て優れたレベルまで磨くことが「成功」につながると思っている。さっきの文化際のことだけど、海外の人から見ると、「クレジットが載らない」作品に興味がないと思う人が多いでしょう。

本当にあれだけ時間と労力を割いても、公式には全く自分の名前が載らない(でも言っとくけど、BFGUの卒業ショーはばっちり名前が出るよ)。

文化服装学院の実績の高さの裏には理由がもうひとつ。そこには “倫理を無視したサバイバル”がないから。

デザイナーもデザインも飽和状態のファッション業界。それでも活躍を夢見るデザイナーの卵はたくさんいるわけで、世界では多くのコンテストが開催されている。そんな厳しい競争を勝ち抜き成功するためにはどんなことでもしてしまう学生がいるという話を何度も聞いた事がある。お互いにデザインやアイデア、スケッチ、素材などを盗み合い、自分たちでつぶし合うサバイバルが繰り広げられているのだ。西洋ではその、”どんなことでもする”ことが黙認されている。むしろ賞賛さえされている部分さえある。

でも日本ではちがうような気がする。

ミーシャの経験で話すと、生徒同士のちょっとしたライバル関係のようなものはあったけど、スケッチやアイデアを隠して守ったりする必要性は感じなかった。というよりは、クラスメイトのアイデアを見て刺激を受けて励みにしていた。見せたがらない子がいたとしてもそれは、盗まれるのを恐れているのではなくて、恥ずかしがっていたり、自分の作品に自信を持てないのが理由。

これは日本の社会にも共通する事で、”泥棒”はとにかく悪。お財布やお金の入った封筒があったって、触らないでおこうみたいな。

そんな日本の学校、文化服装学院に通ったミーシャにとってその環境は素晴らしくて、一切ストレスを感じなかった。(自分の縫製技術のなさには嫌になったけどね)

卒業後も、同級生とショールームをシェアしたり、お互いのショーに足を運んだりと、お互い応援し合っている姿をよくみる。

 

Cutthroat Island

 

Some of you might be thinking, “I get no credit for my work? Buh-bye.” No, not publically. You’ll have to go to the Graduate school, BFGU for that.

But there’s another reason why Bunka stood out among other schools; there is no “cutthroat island” mentality.

The fashion industry is brutally overcrowded, and most students will dream of being breakout design stars upon graduation. You can imagine that it breeds some major competition. I have heard so many horror stories of design schools abroad; students sabotage each other, stealing each other’s designs, ideas, sketches, even fabric choices! It’s every designer for himself and they may do whatever it takes to succeed. I find that this “whatever it takes” mentality is certainly favored and even applauded in the west.

But not in Japan.

 

In my experience, there was very little student-on-student competition, and I don’t recall ever feeling the need to hide my sketches or embargo my ideas. In fact, we tended to show off our ideas, hoping to illicit a little bit of encouragement from classmates. If any students didn’t want to show off their sketch, it wasn’t because they were afraid of theft, it was because they their confidence in it was nil.

It’s like this in the whole of Japanese society too- stealing is a no-no, you just… you just don’t do it, period. Even wallets and envelopes of cash go untouched. And this extends to Bunka as well.

In this way, coming to school and working on my pieces in the classroom didn’t bring any stress (other than my own sh*tty sewing skills).

Also, I felt much MUCH freer to focus on sharpening my skill rather than sharpening my tongue. In Japan, it’s not necessarily the loudest that is the most praised, but the person who gains the most respect.

After graduation, many designers who were classmates definitely support each other, often sharing showroom space and attending each other’s fashion shows.

 

Bunka Fashion College in Tokyo School Festival show 2015

最後に

 

最後にもうひとつ、文化には他のファッションスクールと異なる点が他にもある。それは、完璧主義故のハードなカリキュラムの数々。(学業に全力を注ぎ、スキルを磨くように努力をしないといけないし、立ち止まっている暇なんてない。) ランウェイモデルだけじゃなく、一般の人にも着れる服のデザインを学ばなければいけないし、他にもたくさん伝えたい事があるけれどそれはまたの機会に取っておいて…

ここでミーシャが一番よく受ける質問に答えたいと思う。

 

なぜ、ミーシャはここ”日本の文化服装学院で”ファッションを学ぼうと思ったのか?

 

私にとって、ファッション界での成功=自分にしかできないことを見つけて、新しい風を業界に吹かす事。アメリカの隅っこで育った私は、ファッションとは無縁だった。ニューヨークや他のファッションシティに行っても、どこも一緒に見えて、ゼロから始めるなら、新たな観点がほしかった。

東京は、言ってみれば別世界のように感じていた。でもある日、ファッション学業支援のプログラムを見つけた。高校生の時に一度東京に来た事があって、その時の経験が日本への想いを強くし、日本のファッションをもっと知りたいと思うようになっていた。だから、文部省の奨学金制度に応募したの。光栄な事に結果は合格!とういうわけで、東京のど真ん中、文化服装学院に通うに至った。いろいろな運があったととも言えるけど、この経験は死ぬまで大切に思っている。

 

Why would a foreigner study abroad at Bunka?

 

There are some other interesting aspects of Bunka that make it different from the other schools, like pushing perfection, frowning on extracurricular activities (you’re supposed to put your all into studying, to perfecting your skill, and doing it better and better), learning to design for “normal” bodies and not just runway models, and more. But I`ll leave those for another time or place.

I`ll leave you with this, the answer to the question I get asked the most: Why did you study at Bunka and not in the west?

“To me, it was a matter of believing that success in fashion means bringing a new viewpoint to the table that no one else can. I’m American and grew up in the U.S. with no connections whatsoever to the fashion industry so I didn’t see how going to New York or even another western-style country to study was going to offer me a really new viewpoint. To me, Tokyo was like another “world” so different from my own, and I found the challenge of navigating that while forging a career in fashion from the ground up to be invigorating. I had traveled to Tokyo once in High School and so I had a small introduction to it and it left me yearning to discover more. I applied for a Monbusho Scholarship to study in Japan and received the accolade so next thing I knew I was at Bunka studying fashion in the middle of Tokyo!”

Bunka Fashion College in Tokyo

Bunka Fashion College in Tokyo School Festival show 2015

 

Misha Janettte
Natsumi Yasuoka