グッチのイタリア工場へお邪魔しました!ブロガーとして東京からフィレンツェへワープ!

gucci museo

There has been so much Gucci in my life the past few days I could literally get drunk off of it. I was invited by the grand maison to Italy to attend the fashion show in Milano of course, but to also take a side trip for two days to Florence, to see the Gucci factory (where the magic is made) and the Gucci “museo” or museum, which opened last September (which is where the spells are fashioned into wishes come true).

The factory is in Florence, a large compound that is sleek inside like a laboratory ( -and the workers wear Gucci-labeled labcoats) but still carries the air of artisans working on their well oiled machines and hands that show the callouses of manual work

この数日、未だ経験をしたことのない怒濤のグッチラッシュに見舞われ、既にベロベロに酔っ払う寸前!

というのも、今回ミラノにショーを見に行く為に招待して頂いた上に、グッチの工場(このグッチマジックの発信地)と、グッチミュージアムの見学までさせて頂き、その為にフィレンツェに行っていたからなのです。

このグッチミュージアムというのは、去年の9月にオープンした、グッチの歴史上が丸わかりな夢の神殿なのです。

まず工場ですが、工場とは言うもののその外見はおおよそ実験所というべきものなのだが、(その理由の一つは、作業をしている人達が”GUCCI”刺繍の入った白衣に身を包んでいるから。)そこで働くのはやはり本物のアルティザン達。
素晴らしい手捌きで工具を操作しています。
 
gucci visitor
 
building
 
 
We were told about the leathers and the tanning, dyeing and stretching processes that go with turning it into a product.  The last fabric is made by hand by an artisan, and only 15cm are made a day! 
 
ここでは、レザーについての知識と、タンニング、染色、ストレッチの工程について教わってきたのですが、
なんと最後の生地はアルティザンの技術をもってしても一日に15センチしか製造出来ないと聞いて驚愕!
 
 
 
warehouse
 15 cm fabric
 
In the cutting room, we saw the 14 member crew cutting leather by hand, in the iconic shapes that will probably get a bamboo handle and tassel and show up hanging off of discerning arms in a year. I loved the pink and glossy leathers the best, it looked like something perfect for the streets of Tokyo. To get the crocodile glossy, we watched a worker buff the hide with agate stone. 
 
こちらはカッティングするところ。この時は14人の職人のテニスよって、レザーが切り出されていた。おそらくこれは、あのアイコニックなバンブーハンドルやタッセルを加えられ、近日街なかのおしゃれな女性の腕からぶら下がっていることと思われる。
特にお気に入りだったのは、このシャイニーピンクとパープルのレザー。東京のストリートにも似合いそう!
この後、クロコダイル艶感を出す為にミノウの石で磨いているところも見せてもらった。
 
python
 
cutting
 
 
 
pink gucci leather
 
gucci leathers
 
Next we were shown the prototype rooms where they make bags that will appear in one years’ time, which is why we weren’t allowed to take photos. But they did show us this trunk which is so expensive you’d need a mortgage, and they make a crocodile version for 240,000 euro that takes two men two months to do (hello, Paulo and Marco!). J.Lo ordered one last year (dot dot dot)
 
そして次に案内されたのは、バッグのプロトタイプが作られている部屋。
こちらはなんと一年に一度しか公開されないそうで、その為写真不可だったんです…
その代わりと言ってはなんですが、そこで見せてもらったのがこちらのトランク。こちら、目玉が飛び出る程高価なんです。
そしてさらに高価なこちらはクロコダイル製。その値段おおよそにして240,000ユーロ(!)
ちなみにこちら、ジェニロペが昨年オーダーしたそう。ぎゃーーー!!目がテンテンテンww
gucci trunk
 
Finally we went to the bamboo room where we watched an expert heat and bend a bamboo handle over the flame. Although the bamboo is organic and defects are expected, one that is not considered divinely perfect will never see the light of day. The level at which perfection is expected in this factory throughout reaches OCD tendencies. 
  
そして遂にこちらがバンブールーム。ここではバンブーを熱して、あの取手シェイプに曲げる工程をみせて頂けた。
使っている竹はすべてナチュラルなので中にはもちろん不揃いなものも。
しかしパーフェクトであるものじゃないと処分されるというわけ。
ナーバスになるほどこの工場のすべての過程での完璧主義度はすごい。
 
bamboo
 
bamboo handles
 
making the handles
 
With the knowledge of how a bag is brought into the world (and it’s not by stork! Although I thought of the prototype room as a bag maternity ward) we were off to Gucci Museo in the heart of Florence for lunch and a tour. Gucci museo opened last September to signify the 90th anniversary of the brand. It is a three story museum that chronicles the origins of the brand as well as a selection of archives, photos, and films.
 
そしてグッチの工場で、バッグがいかにしてショップに並ぶあの姿になるかという知識(コウノトリが気ままに運んでるわけでも、分娩室で完全体として生まれるわけでも無いってことね。)を得た一行。
次に、ランチとツアーをする為に向かったのはフィレンツェにあるグッチミュージアム。ブランド創立90周年を祝って昨年9月に建てられたもので、ここではブランドの歴史、アーカイブ、写真、そしてフィルムを通してグッチを存分に堪能できる。
 
misha in florence
 
gucci museo
 
lunch at gucci
 
cappucino
 
lunch
 
These bags are representative of the 50s, 60s, 70s and 80s, respectively (the 90s..where I began my Gucci love affair…were conspicuously absent. lol.)
 
こちらは、50年代、60年代、70年代、80年代に作られた代表的なバッグ。(90年代はここにはない模様。涙)
 
bags
 
trunk
 
Audrey Hepburn at the Gucci store! She’s so tan, I had to doublecheck the photo credit to make sure I was right.
 
オードリー at グッチ!当時はめっちゃ日焼けしてたみたいで一瞬わからなかったw
 
audrey hepburn gucci
 
car
 
car
 
flower
 
box
 gold bag
 
The couture gowns were my favorite of the bunch of course. You know Gucci has a couture division now! It’s called Gucci Premiere and it’s quite new.    
 
このクチュールガウンは本当に素晴らしかった。
ご存知の方もいるかと思いますが、グッチにはグッチ ピメリエール というクチュールラインがあるのです。
 
couture
 
details
 
gucci couture
premiere gucci
 
I kind of snuck off on my own and caught a photoshoot in process in the upstairs room. 
 
ちょっとグループと外れていったら、あるすみ部屋での撮影現場を目撃。
 
photoshoot
 
Down in the museum shop, some chocolates exclusive here. I would say that chocolates are perhaps more practical than a real handbag! Haha.
 
ミュージアムショップの下には、ここでしかお目にかかれない世にも貴重なチョコレートが。
チョコレート、ね…バッグと比べたらかなりお求めやすいかも(笑
 
gucci chocolates
And as I finish writing this post…during sunset on a bench outside the saint Maria church (it is as romantic as you imagine it to be yourself) I want to give a big thanks to Gucci for inviting me to meet the brand face to face. Fashion Blogging in japan is still a young and underrepresented industry, so I am truly grateful for the honor to meet influential bloggers around the world. 
 
And now I am off to find a tiny little restaurant I was recommended for some true Firenze cuisine and wine. Forza!
 
そして私はというと、今このポストを書き終えて
セントマリア・デルフィオーレ教会を臨む絶景を目の前にサンセットを眺めているところです。
(こうやって文字に書くだけでどれだけロマンティクか想像できる…)
今回、こんな風にブランドについて真摯に向き合える機会を与えて下さったグッチには本当に感謝してもしきれません。
やはり日本では、ファッションブロガーというと未だ新興の分野だし、評価されにくいのが事実。
だからこそこうやって、世界で影響力を持つブロガー達と交流を持つことができるのはこの上ない名誉だと感じているのです。
 
さて、それではそろそろディナーの時間なので、知り合いに勧めてもらった街なかのレストランにいって、本物のフィレンツェ キュイジーヌを頂いてこようっと!
 
フィレンツェでまたをお会いする日まで!
 
 
 misha gucci

 
Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー